Nationals Nation

マックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグ、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、マイケル・コペック、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、戸田真琴ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

カテゴリ:NPB > オリックス2017

1
松葉貴大

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017071805/top

本当に情けない…。
きのうはサヨナラ負けしたかと思えば、今日は2安打完封負けを食らうとはね。

ロッテの先発の唐川が若月への危険球で退場になった。
その後に投げた東條は防御率6.00なのに1.1回で1安打しか打てなかった。
次に投げた防御率3.21の有吉からは2.0回で1安打しか打てなかった
そして、南、大谷、内は1.0回ずつ投げたけど合わせて3.0回で1安打も打てなかった。
せっかく中島が帰ってきても全く効果がなかった。

東條以降の投手はそんなに手も足も出ないほどいい投球をしていたのかい?
私は6.1回で2安打しか打てないほどいい投球をしていたようには見えなかったよ。

せっかく4連勝して、借金もあと3になったのに、何でオリックスは勝率5割目前になるといつも失速するんだい?
相手は最下位のロッテなんだし、ここは連勝して、勝率5割目前にして首位楽天との連戦に臨みたかったじゃないか。
それを連敗とは信じられないよ。
悪くても1勝1敗で抑えておかないと。


松葉も頑張っていたのに、打線が点を取らないから緊張の糸が6回に切れたんじゃないか!!
打線が3点くらい取っていれば、7.0回を自責点0、もしくは自責点1に抑えていたと思うよ。
きのうも平野ばかりが責められてしまうけど、打線が点を取っていればきっと違った展開になっただろうしね。


やっぱり、野球は点を取らないと勝てないんだよ。
これだけ打線が点を取れないんだから、非力な駿太とか大城とかを1番、2番で起用するのではなくて、T-岡田、小谷野を塁に置いた状態で吉田正、ロメロを迎える状態を作らないと。
走者なしでクリーンアップを迎えるから、打たれてもソロ本塁打というリラックスした状態で相手投手を投げさせてしまうんだよ。

それにプロなんだから、同じように淡白に抑えられて負けるのはやめて欲しいよね。
同じ負けるにしても、今日はここを改善しましたというのを見せて欲しいんだよ。

次の楽天戦が正念場になるだろうね。
ここでスイープされるようならクライマックス・シリーズ出場も無理だろうね。
オリックスの意地を見せてくれ!!


青山愛173

【めぐたんの一言】
今日も本当に残念な試合でしたね…。
まだまだ試合は残っているので、あきらめないで頑張って欲しいですね!!

1
平野佳寿

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017071704/top

せっかく大城が9回にロッテの内から勝ち越し1号ソロを放ったのに、平野が打たれて負けるとはね…。
平野も二死なんだからもうちょっと落ち着いて投げて欲しかったよね。
しかし、オリックスも3位の西武を追い抜いて、クライマックス・シリーズ進出を狙っているんなら、最下位のロッテに6勝9敗と負け越したらダメじゃないか!!
やっぱり、西武と6ゲーム差も開いているのは、ロッテに取りこぼしがあるのと楽天に一方的に負け越しているからだと思うよ。

それに無死満塁で1点しか取れなかったり、一死満塁で1点も取れず、チャンスを活かせない打線にもガッカリだね…。
本当にT-岡田はここぞという場面で打点を挙げることができないよね…。


ディクソン

先発のディクソンは球数こそ多かったけど、6.0回を4三振、0四球、5安打、1本塁打、自責点1は合格点だと思う。
これからは、山岡、西、ディクソンが三本柱になって、その次に金子が来るくらいにならないとダメだと思う。
私が思うに金子は一時的に調子を落としているのではなくて、力が落ちてきているからだ。


T-岡田

オリックス中島復帰で超攻撃オーダーも 1番・T岡田いてまえ打線復活-野球-デイリースポーツ online
https://www.daily.co.jp/baseball/2017/07/14/0010368839.shtml

先日、福良監督がT-岡田を1番で起用するプランを披露した。
私がこのブログで書いていたようにやっとその気になったのかと思った。
ところが、この日のスタメンは1番が小島、2番が駿太だった。
やっぱり、福良監督も昭和の野球から抜け切れず、1番と2番は俊足で小技ができるタイプという固定観念から抜け切れないよね。

今の打線は出塁率と長打だと思うんだよ。
今どき、投手は誰でもクイックができるから、昔ほどは走れないんだよね。
特にオリックスはチーム盗塁が16しかないんでしょ?
駿太がいくら足が速いといっても、わずか3盗塁だからね。
駿太は出塁率が.308しかないから、走る機会が少ないし、足が速い割にはスタートが悪いなどの原因があって盗塁数が伸びないんじゃないの?

福良監督は、駿太を立派な1番もしくは2番に育てるという理想を持っているのかもしれないけど、野球はまずは勝たないといけないんだよね。
強力なクリーンアップを持っているんだから、その前に走者をたくさん置いた方がいいに決まっているじゃないか!!

1番 T-岡田
2番 小谷野
3番 吉田正
4番 ロメロ
5番 マレーロ

でいいと思うよ。


福良監督は福良監督の理想があるんだろうけど、もうちょっと現実に即した野球をしないといつまで経ってもAクラスには入れないよ。
絶対にこっちの方が点が入るよ。
特に2番は小技タイプの打者を入れるのではなくて、強打者タイプを入れるのがトレンドだからね。


そうそう、この日の解説は有藤さんだったけど、吉田正が素振りで重いバットを使っているのを聞いて、「王さんは素振りでも同じバットを使っていた」といってたんだよ。
何で日本の年寄りの解説者っていつまで経っても「王・長嶋」から抜け出せないんだろうね?

王・長嶋って何十年前の話だよ。
そんな昔のやり方が今でも有効なら、この何十年もの間、日本の野球は進化が止まっていたということになるけどね?
両翼88メートルで圧縮バットを使っていた昭和のやり方がグローバル化のこの時代にまだ通用すると思っているとはね。
こういう解説者が幅を利かせているから、もっと合理的な野球ができないんだと思うよ。


今日は悔しい負けだったけど、終わったものは仕方がないので、次は松葉が好投してオリックスが勝ちますように!!


青山愛172

【めぐたんの一言】
本当に悔しい敗戦でしたね…。
これではいつまで経っても西武との差が縮まりませんよ。
もっと打線が頑張って欲しいですね!!

5
山岡泰輔

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017071401/top

きのうは、例によって仕事中で試合も観れなかったけど、山岡が勝ち投手になって本当に嬉しかったよ!!
2.0回を1三振、0四球、2安打、自責点1で失点してしまったのは悔しかったけどね。
でも、初出場で緊張もあったと思うし、ここで勝ち投手になれたのは後半戦に向けて大きな糧になると思うよ。
あとは、山岡に打球が当たってしまったので、大事にならなければいいけどね。

オリックスも金子の力に陰りが見えてきたし、西は2番手タイプだと思うので、これからは山岡がエースとなってチームを引っ張って欲しいと思う。
これから、毎年オールスターに出場できる投手になって欲しいなぁ!!


1_1

http://shop.buffaloes.co.jp/goods_detail.php?id=3179

ところで、きのう、オリックスのオンラインショップで山岡のハイクオリティ・ユニフォームを買おうと思ったんだよ(山岡のサンプルはなかったので、サンプルの画像はT-岡田のハイクオリティ・ユニフォームだ)。
そして、山岡のユニフォームを選択して、ボタンを押してみたらビックリだった…。
何と「商品の在庫がありません」と表示されたからだ!!

通販とか常に在庫がキープされているものだと思っていたからね。
8月に大阪で開催されるAV女優の友田彩也香ちゃんのイベントに着て行こうと思ったので、ますますガッカリだったよ…。


1_1H16LKLMW

http://shop.buffaloes.co.jp/goods_detail.php?id=3200

ない物は仕方がないので、代わりに山岡のTシャツを買おうと思ったら、これも売り切れだった。
もうちょっと在庫をキープして欲しかったよね!!
それじゃあ、2番目に欲しかった吉田正尚のTシャツはないのかと思って探してみたら、これはあったんだよ。
だから、吉田正のTシャツを買ったんだよ。

8月19日は、この吉田正のTシャツを着て、友田彩也香ちゃんと2ショット写真を撮ることにするよ。
2ショット写真を撮る日が楽しみだね!!


オールスター第2戦は金子と黒木が好投して、T-岡田が打ちますように!!
頑張れ、オリックス!!


青山愛171

【めぐたんの一言】
山岡投手のオールスター初勝利は嬉しかったですね!!
今日もオリックス勢は頑張って欲しいですね!!

5
金子千尋

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017071205/top

日ハムとの初戦に勝った後、2戦目の先発が斎藤佑樹と知って、オリックスの先発は西だから勝てると思っていた。
案の定、2戦目も勝って、オリックスはロッテ戦から合わせると3連勝となった。

しかし、問題は3戦目で日ハムの先発は大谷で、オリックスは金子だった。
オリックスは過去9度の対戦で大谷に勝ったことがなく、しかも今季の金子は衰えが見受けられる。
私は、正直いって分が悪いのではないかと思っていた。


ところが、夜、目が覚めてみると何と4‐0でオリックスが勝っていた。
しかも、大谷はすでに降板していた。
このまま勝ってくれと思いつつ、私は会社に向かった。

会社に着くとスコアは5‐1になっていた。
仕事をしながらチラ見していたら、オリックスが5点を取った2回裏は一死満塁から大城が四球を選んでオリックスが1点を先制し、ここで大谷が降板したみたいだった。
何でこんなに早く降板したのかと疑問に思ったけど、後でネットで見たところによると大谷は最初から30~50球で降板する予定だったようだ。

しかし、日本ハムも何でそれくらいしか投げれない大谷を先発させたんだろうね?
もうちょっと投げられるようになってから先発させればいいのにね。


伊藤光

日ハムの投手はメンドーサになったけど、ここでオリックスは伊藤が走者一掃の二塁打を放ったのだ!!
これで4‐0となり、小島も安打で続いた。
そして、駿太が犠牲フライを放って、5‐0となったのだ。
伊藤のタイムリーは本当に大きかったよね!!
3回に1点を返されたけど、オリックスも4回に小島のタイムリーで1点を追加して5-1となったのだった。


しかし、先発の金子が良くない。
甘いコースの球を打たれ、5回も2点を失い、5.0回を7三振、3四球、5安打、自責点3で降板した。
金子は、球の威力がなくなっているような印象を受けるし、もっとコマンドもいい投手だと思っていたんだけどね。
全盛期の金子を見てないからわからないけど、ダルビッシュや松坂みたいに球の勢いでボール球を振らせるタイプだったのかもしれないね。

ダルビッシュや松坂も日本にいるときは与四球率も低く、「コントロール」がいい投手だと思われていた。
しかし、メジャーリーグに移籍するとメジャーリーグの強打者は選球眼が良く、ボール球に手を出さなかった。
というのも、メジャーリーガーはスイングが速いので、その分、ボールをじっくり見れるからなのだ。
日本の打者はスイングが遅く、その分、スイングの始動を早くしないと打てないのである。
だから、メジャーリーガーほどボールを見極めれられないので、ボール球でも振ってしまうのだ。

ここでヤンキースの田中将大みたいに狙ったところに投げられる能力である「コマンド」が良ければ四球も増えなかっただろう。
しかし、金子は田中みたいにコマンドの良さで勝負するタイプではなくて、ダルビッシュや松坂みたいにボールの勢いで勝負するタイプだったのだろう。
こういうタイプは球速が下がってくると苦しくなってくるからね。


日本の野球はストライクを取る能力である「コントロール」と狙ったところに投げられる能力である「コマンド」をごちゃごちゃにしているところがある。
ダルビッシュや松坂は「コントロール」は良かったけど、「コマンド」が悪かったのだ。

日本では球速があれば甘いコースでも空振りすることが多いけど、メジャーリーグで甘いコースに投げてしまうと長打を打たれてしまう。
だから、長打を避けようとしてコーナーに投げようとするけど、コマンドが良くないためにストライクが入らず、見送られてボールになる。
これがダルビッシュや松坂がメジャーリーグに行って、四球が激増した原因だ。
金子もこれと同じような症状になっていると思う。

まあ、それでも金子なら防御率3.50~4.00くらいの投球はできるだろう。
だけど、これからは1~2番手が山岡と西で3番手が金子くらいに考えていた方がいいかもしれないね。


平野佳寿

7回以降は、大山、近藤、黒木、平野でオリックスが無失点のリレーで逃げ切った。
意外と評価されていないけど、私は近藤は結構いい投手だと思うんだよ。
黒木はいつもながらいい投球だったね!!
平野も過小評価されながらも良く頑張っていると思うよ。


オリックスは、10試合目にして初めて大谷に勝った!!
大体、オリックスもプロなんだから、どんなに大谷がいい投手でも10試合のうち3試合は勝たないと。
これから優勝を狙えるチームになりたいなら、最低でも4勝6敗、理想的には5勝5敗の五分五分にしないとダメだよ。
いい投手だから打てないということでは、いつまで経っても優勝はできないからね。


大谷翔平

ついでに、私の大谷に対する考えを書いておこう。
去年の大谷は、投げては10勝4敗、防御率1.86、打っては.322、22本、67打点というあり得ない成績を残していた。
こんなマンガみたいな成績を残して、世間は絶賛しているけど、本当にそうだろうか?

まず、日本のプロ野球史上、誰も成し遂げられなかった成績を残したという点で、才能があることは間違いがない。
とはいえ、投げる方はいくら内容がいいとはいっても、規定投球回にすら達していないのである。
そして、今季の故障も去年無理をしたことと因果関係がないといえるだろうか?
仮に今季の故障が二刀流と関係がなくても、積み重なった疲労が将来爆発しないとも限らない。

打撃の才能もあるのは認めるけど、私は投手に専念すべきだと思う。
打撃で目を見張るような成績を残しつつ投手としては規定投球回未満という成績よりも、投手に専念して20勝、防御率1点台を達成した方が評価も高くなると思う。
メジャーリーグに早く移籍したいなら、そうした方がいいと思うけどね。


斎藤佑樹

あと、斎藤佑樹もやっと二軍に降格になったけど、依怙贔屓みたいな起用はやめた方がいいと思う。
あれくらいの投球なら、もっといい投球ができる投手が日ハムの二軍にいるだろうからね。
高校野球でスターだったからという理由だけで起用し続けると、チームの不協和音になりかねない。
日ハムの二軍で頑張っている投手からすれば、「何で斎藤ばかり起用されて自分の出番がないんだ」という不満を持つだろうからね。

こういうところはプロなんだから、ちゃんと結果で判断すべきだよ。
球速も130キロ後半しかないし、変化球も突出したモノがないし、コマンドも良くないでは、何も取り柄がないからね。
私も高校時代はもっといい投手になると思っていたけど、やっぱりプロの世界は厳しいよね…。


青山愛170

【めぐたんの一言】
大谷投手に初めて勝ったということで私もテンションが上がりますよ!!
これで4連勝です!!
さらに連勝を続けてまずは5割に戻し、西武を抜いてクライマックスシリーズに出場しましょう!!
頑張れ、オリックス!!

5
吉田正尚

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017071004/top

きのうは例によって夜勤で試合を観れなかったんだけど、吉田正の超特大先制1号2ランは感動したよね!!
やっぱり、吉田はすごい打者だね!!
山岡と吉田正の小柄だけどパワフルなコンビでオリックスの投打の軸になって欲しいよね!!




吉田正のスイングを見ていたら、吉田正が憧れているナショナルズのブライス・ハーパーによく似ているよね!!
ハーパーは、メジャーリーグの通算本塁打記録を更新する可能性があるといわれている選手で、今年も三冠王も狙えるペースで打ちまくっているんだよ。
吉田正もぜひ和製ハーパーといわれるような選手になって欲しいよね!!
私は、山本浩二の大卒の本塁打記録である536本を更新して欲しいと思っているんだよ!


627513109_640

きのうは、オリックスにしてはめずらしく11安打、11得点と打線が爆発した!!
吉田正がこんなに打ているなら、その前に走者を置きたいので、2番に小谷野を置いてみたらどうだろう?
出塁率.402のT-岡田が1番、出塁率.334の小谷野を2番に置けば、吉田正の前にたくさん走者がいるので、オリックスの得点も増えると思うよ。

出塁率.306の駿太が1番、出塁率.297の大城を2番だと吉田の前に走者がたまらないよ。
福良監督は古い野球観の持ち主だから、1番と2番は足が速くて小技のできるタイプという固定観念があるんだろうね。
しかし、駿太にしても盗塁はわずか3、大城もわずか1だからね。
いくら足が速くてもこんなに盗塁が少ないのでは意味がない。
それよりも出塁率重視で1番、2番を固定した方がいいよ。
2番打者に強打者を置くのはメジャーリーグでもトレンドなので、小谷野の2番はいいと思うけどね。

オリックスはマレーロもいいので、4番ロメロの後に5番マレーロを置けばロメロが敬遠されることもないからね。
その上で、センターは武田にして、武田が3割をキープできそうなら、1番武田にして、6番T-岡田にすればいいと思うよ。


山崎福也

そして、きのうは山崎福がプロ初の完封勝利を挙げた!!
9.0回を8三振、1四球、7安打、自責点0だった。
スポナビの情報を見たら、速球は138キロ前後だったけど、いいコースに決まっていたし、カーブとフォークも良かったみたいだね!!
貴重な左投手なので、これを機にブレイクして、ローテーションに定着し、10勝以上上げられる投手になって欲しいよね。
プロ初完封、本当におめでとう!!


今日は、西と斎藤佑樹のマッチアップなので、ぜひ日ハムに連勝しますように!!
頑張れ、オリックス!!


青山愛169

【めぐたんの一言】
吉田正尚選手の超特大本塁打は本当に感動しましたね!!
この調子で打ちまくって、クライマックス・シリーズ出場を目指したいですね!!

5
吉田正尚

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017070906/stats

そもそも私が再びオリックスに興味を持ったのは吉田正がキッカケだった。
私はメジャーリーグのナショナルズというチームのファンなんだけど、そのチームに若き主砲でブライス・ハーパーという選手がいるんだよ。
吉田正がこのハーパーの大ファンで、あの豪快なスイングもハーパーのスイングを真似しているんだよ。

ナショナルズ・ファンの人が吉田正のスイングをTwitterで紹介していたので、私も吉田に興味を持ち、あれこれチェックしてみたんだよね。
私も元はオリックス・ファンだったから、そのときに色んなことを思い出して、懐かしいなと思うようになったんだよ。
オリックスの思い出は、どちらかというとつらいことの方が多くて、それが嫌でオリックスから離れたんだけど、それでも嬉しかったことや楽しかったこともたくさんあったんだと思い出したんだよね。

私がオリックスをチェックし始めたのは5月頭で、その頃からオリックスは連敗の泥沼にハマってしまった。
2003年にオリックスのあまりの弱さに絶望して離れてしまったけど、途中で何度もオリックスのことはチェックしていたのだ。
しかし、私がチェックし始めるとオリックスは必ず連敗が始まり、私もやっぱりオリックスを見守るのはつらいと思ってまた離れるのが常だったのだ。

今回はせめて連敗が終わって勝ち続けられるようになるまで見守ろうと思ったんだけど、それから4連敗してから1勝、6連敗してから1勝、9連敗してから1勝と何と3勝19敗というかつてないほどの泥沼にハマったのだった。
ここまでひどいチームだとは思わなかったけど、5月28日に山岡の好投で勝ったときは本当に感動したね!!

この月、オリックスは19敗して月間最多敗戦のチーム記録に並んでいたし、残り試合も全敗すれば日本プロ野球記録も更新だった。
しかし、山岡のおかげで日本プロ野球記録を阻止できたのは嬉しかったよね!!
そして、ヤクルトにも連勝して、オリックスのチーム記録更新も阻止したのも嬉しかったね!!


その感動で、私はオリックスの試合を観ようと思い立ち、パ・リーグTVを契約したんだよ。
私が応援していた当時はネット放送とかなくて、ソフトバンク戦のときにTV中継があるくらいだった。
だから、私が中継を観た試合もわずかだったけど、今はこうして全試合観れるのがいいよね!!

6月は11勝9敗1分と割と好調で、5月の6勝19敗から大きく進歩していた。
7月も西武に連勝し、出足は好調だったけど、そこから4連敗してしまった。


ディクソン

嫌なムードで迎えたこの試合だったけど、先発のディクソンが素晴らしい投球を見せてくれた。
140キロ台後半の速球と鋭いナックルカーブで7.0回を9三振、1四球、5安打、自責点0の完璧な投球だった。
ディクソンは投球フォームが大きいので、コマンドがやや不安定になりがちだけど、これがなければメジャーリーグで先発できる力がある投手だと思うよ。
本当にいい投手だと思ったね!!


先制点が欲しいオリックスは3回二死満塁から吉田正が豪快なスイングでセンター前にタイムリーを放って2点を先制した!!
やっと吉田の安打を見ることができたよ!!
本来、吉田に興味があってオリックスをチェックし始めたのに、肝心な吉田正は2か月後にやっと試合に出たんだからね。
本当に待ち長かったけど、待った甲斐があったよね!!


黒木優太

8回は黒木が登板し、1.0回を1三振、0四球、0安打のパーフェクトリリーフだった!!
黒木も本当に頑張っているよね!!
でも、故障が怖いので、絶対に負け試合では使わないで欲しいと思うよ。


ロメロ

8回裏は無死一三塁からロメロがタイムリーを放って3-0となった。
小谷野が倒れて二死三塁となったけど、T-岡田がタイムリー二塁打を放った!!
私は、6月1日からパ・リーグTVを契約したけど、私が中継を観ているときにT-岡田が得点圏で安打を打ったのは初めてだった(笑)


平野佳寿

9回はセーブシチュエーションではなかったけど、平野が登板した。
平野は何かと叩かれているけど、私は立派なクローザーだと思うよ。
これくらいの投手は簡単に見つかる訳がないんだけど、みんな平野がいなくなってからしかその価値に気が付かないんだろうね。


オリックス015

そして、ヒーローインタビューはディクソンと吉田正だった。
ディクソンはストライク先行の投球ができたのが大きいといってたね。

それにしても吉田正は本当に日焼けしているよね。
二軍でハードトレーニングを積んできたんだろうなぁ。
第一声の「アメイジング」は笑ってしまったよね!!
色んな苦労があったと思うけど、これを糧に来季は本塁打王を狙えるように、今季はその足掛かりを作って欲しいよね!!
将来はハーパーみたいに打ちまくって、タイトル&MVPを獲得できる選手になりますように!!


青山愛168

【めぐたんの一言】
今日は吉田正選手の今季初安打、初タイムリーが光りましたね!!
最下位のロッテ相手に3連敗したらさすがに今季のクライマックス・シリーズ進出も絶望的じゃないかと思っていましたけど、ここで踏み止まったのは大きかったですね!!
これで打線も光明が差してきたので、ぜひこれから連勝しまくって欲しいですね!!
頑張れ、オリックス!!

1
松葉貴大

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017070806/stats

この日は松葉が5.2回を3三振、2四球、5安打、自責点3だった。
松葉は球速がなさ過ぎるので、速球の被打率が.299もある。
フォークも.325もあり、スライダーが.190、チェンジアップが.154だ。
スライダーとチェンジアップはなかなかだけど、配球の45.2%を占める速球と25.4%と占めるフォークがこれでは投球が成り立たないのは仕方がない。
これだけ球速がないなら、速球を2シームにして打者にゴロを打たせるとか空振り率15.0%を超える変化球を2種類以上身に付けるとかしないと厳しいと思う。


黒木優太

今日も負けているのに黒木を投入し、黒木は0.2回を1三振、2四球、1安打で自責点2だった。
福良監督は黒木を潰すつもりか!!
こんなに才能がある投手なのに1年で故障で潰されたらたまったものではないよ!!
黒木は勝っている試合、もしくは同点の試合以外で使わないで欲しい。
将来的には先発に回して、山岡と2トップになって欲しいと思うので、無理な使い方はしないで欲しいと思う。

現在、データ的に金子の衰えが激しいので、金子はもはや3番手くらいの力だと思っていた方がいい。
来季以降は、黒木を先発に回し、山岡、西、金子、ディクソンに加えて、左の先発をドラフトで獲得するのが望ましいと私は思っている。

金曜日は平野が打たれたけど、それでもオリックスのリリーフも平野を含めて良くやっていると思うよ。
近藤もいい球を投げているしね。
今日の展開では、近藤が投げていないので、黒木の代わりに近藤が良かったと私は思っているけどね。
何にしてもオリックスが勝てないのは打線が原因だよ。


ロメロ

だから、せっかく武田が3割打っているのに.257の駿太を1番にしたり、.245の小島を2番にしたりするのはやめようよ!!
せっかく、小谷野、ロメロ、マレーロの素晴らしいクリーンアップがあるのにその前に走者がたまらず、相手投手にプレッシャーがかけられないじゃないか!!
控えクラスの野手を1番、2番で起用する野球なんて見たことがないよ。
こんなんで野球に勝てるはずがない。


3位の西武をスイープして追撃態勢が整ったのに、そこからソフトバンクに連敗して、最下位のロッテにも連敗するとはね。
最下位のロッテに完敗するとか福良監督も考えを変えないとダメだよ。
独自の野球理論があるのかもしれないけど、それで勝っているならいざ知らず、負け続きな訳じゃないか。
もう、意地を張らないで、もっとシンプルでオーソドックスな野球をしようよ!!

1番T-岡田、2番武田だとクリーンアップの前に走者がたまるので、もっと点が入るはずだよ。
野球は点を取らないと勝てないからね。
T-岡田に6番を打たせて得点圏で凡退させるよりは、1番を打たせてチャンスメイクさせた方がいいって!!
1番T-岡田、2番中島でもいいかもね。
中島もタイプからいって、ジーターみたいな2番になれるかもしれないね。


次こそいい加減に勝って欲しい。
最下位のロッテに3連敗してズルズル沈んでいくなら今季もクライマックス・シリーズは無理だと思うよ。


青山愛167

【めぐたんの一言】
オリックスの打線は深刻ですね…。
せめて3~4点は取って欲しいですよね。
次こそ打線が火を噴きますように!!

1
山岡泰輔

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017070706/stats

この日、山岡は8.0回を11三振、1四球、4安打、自責点1という素晴らしい投球だった。
しかし、打線が9安打を放ちながらもわずか1点しか取れず、山岡の4勝目は消えた…。

山岡は防御率2.54でパ・リーグ5位なのに3勝6敗とかおかしくない?
同じくらいの防御率の投手なら、ウルフが防御率2.57で6勝2敗だよ。
防御率2点台の先発投手とか野球界のエリートなのに、それが12試合投げて3勝とかどんな野球をしているんだよという話なんだよね。
この防御率なら悪くとも先発12試合のうちの半分は勝ってないとおかしいでしょ?

本来ならここで勝ちまくって自信を付けていたら、今頃西部の菊池や楽天の則本と最多勝や防御率のタイトルを争っていたと思うんだよね。
これだけ好投ししても勝てない試合が続くと、1点もやれないという萎縮した投球になってしまい、せっかくの才能も花が開かなくなってしまうよ。

せっかくルーキーがこんなに素晴らしい投球をしているのに、チーム一丸で点を取って勝ち投手にしてやろうという気概が感じられないよね。
まあ、以前思ったんだけど、だからといって一死からバントするのは違うと思うけどね。
DH制がなくて、一死から投手が打席に入るならまだわかる。
でも、若月が非力な打撃しかできないのは知っているけど、一死からバントさせるのは間違いだよ。

それに、何で武田は3割打っているのにわざわざスタメンから外すの?
確かに武田は四球が少なく、打率の割に出塁率は高くないけど、それでも打率が高い選手は貴重なんだって。
西野は四球はそこそこ多いけど、打率.223の選手に2番を打たせて効果はどうだったか考えてみるといい。
小島も武田を上回る実績を残してからスタメンで起用した方がいいよ。

T-岡田も得点圏打率.222とこれだけチャンスに打てないなら、出塁率は.411もあるので、1番か2番を打たせてみたらいいと思うよ。
出塁率が高いクリーンアップの後を打たせても得点圏で打てないなら仕方がないでしょ?
得点圏打率.222とかいっても、勝負所で打った記憶が全くないからね。
点差がある場面で帳尻を合わせているだけじゃないか。
T-岡田はそれならそれで割り切った起用をした方がいいよ。

元ヤンキースのトーリ監督がジーターを2番で起用したように、カブスのマドン監督がブライアントを2番で起用したように、T-岡田を2番で起用して、1番武田でもいいと思うよ。
1番が出塁して、2番は送ることに徹するというのであれば、1番T-岡田、2番武田でもいいよ。
小谷野、ロメロ、マレーロのクリーンアップはみんな3割前後打っているので、こっちの方が点が入ると思うよ。
個人的にはT-岡田がもうちょっと得点圏で打てるなら、1番武田、2番中島でクリーンアップはそのまま、6番T-岡田でもいいけどね。


まあ、何かと不満だけが残る試合だったと思う。
次は勝ちますように!!


青山愛167

【めぐたんの一言】
こんなに素晴らしい投球をしているのに勝ち投手にしてあげられないところにもどかしさを感じますよね…。
オリックスは投手陣は素晴らしいので、打線がもっと頑張ってもらいたいですよね。

5
マレーロ

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017070205/top

今日は、ローテーション通りなら西が先発だったんだけど、西武戦に強いということでディクソンが先発だった。
個人的には、オリックスの試合をじっくり観戦できるのは日曜だけなので、日曜日の西を動かさないで欲しかったけどね。
今日は、司法書士の試験で試合は観戦できなかったので、ダイジェストだけ観てレビューを書くよ。

ディクソンは、初回に中村と栗山のタイムリーで2点を先制された。
オリックスは、その直後の2回にロメロの14号ソロで1-2と追い上げた。
4回は無死一二塁からマレーロのタイムリーで2‐2の同点となった。
しかし、その後に送りバントを失敗し、若月が併殺打でチャンスを潰したのが惜しかったね。

その裏には炭谷のタイムリーで再び2-3と負け越してしまった。
勝ち越しの点を奪えなかったこと、同点の直後に点を取られたこと、もたいないことだらけの野球だった…。


ロメロ

5回は二死二塁からロメロのタイムリーで3‐3の同点となった!!
上記の通りオリックスにとっては嫌な展開だったし、二死からのタイムリーだったし、ロメロの勝負強さに救われたよね!!

さらにこの後、二死満塁となって、マレーロが2点タイムリーを放ち、5‐3となった!!
マレーロもなかなかいいところで打ってくれたよね!!
マレーロも来日後、16試合で.292、6本、12打点と素晴らしい働きをしている。
もう5番で固定してもいい感じがするけどね。


近藤大亮

6回は近藤が登板して、無死一三塁のピンチを迎えた。
5-3と2点差あったので、この場面は1点は覚悟していた。
ところが、ここから近藤が素晴らしい粘りを見せてくれて、この回を無失点で切り抜けてくれた。
ここがターニングポイントになったと思う。


小島脩平

8回は一死三塁から小島のタイムリーで1点を追加して、6-3となった。
この1点は本当に大きかったと思う。


黒木優太

8回裏には黒木が登板した。
黒木は酷使されているにも関わらず、この回は最速155キロも出ていた!!
本当に素晴らしい投手だと思ったよ!!
黒木は1.0回をパーフェクトリリーフだった!!


平野佳寿

9回裏は、黒木に負けじと平野がパーフェクトリリーフを見せて、オリックスが6-3で勝った!!
西武をスイープするなんて何年ぶりに見ただろうか?
本当に嬉しいよね!!

一時はもう追いつけないと思った西武だけど、これでゲーム差も3.5となった。
楽天やソフトバンクに追い付けるとは思えないけど、せめて西武を追い抜いてクライマックスシリーズに出たいよね!!
そのためにもこの3連勝は本当に大きかったよね!!

私がパ・リーグTVを契約して以降、13勝10敗1分、勝率.565とまずまずのオリックス。
ぜひ、この調子でオリックスが勝ちまくりますように!!


青山愛164

【めぐたんの一言】
西武戦の3連勝は本当に嬉しかったですね!!
ロメロ選手とマレーロ選手の打のツインタワーでこれからも打ちまくって欲しいですね!!
明後日からはソフトバンクをスイープしたいですね!!
頑張れ、オリックス!!

5
大城滉二

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017070105/stats

この日はオリックスが松葉、西武が十亀のマッチアップだった。
オリックスとしては、この日も勝って、西武との対戦前は6.5ゲーム差だった西武とのゲーム差を4.5に縮めたいところだった。

オリックスは2回無死満塁から大城のタイムリーで2点を先制した。
さらに若月が送りバントで一死二三塁となり、駿太の2点タイムリーも出て、この回一挙4点も取った。
この4点は本当に大きかったよね。


松葉貴大

この日の先発は松葉だった。
松葉は制球が課題なんだけど、この日は制球も良く7.0回を4三振、0四球、5安打、1本塁打、自責点2の素晴らしい投球だった。
三振は4つだけだったんだけど、効果的なところで奪えたのが良かったと思う。

松葉は6月3日以来、実に1か月ぶりの勝利だった。
この勝利で自信を付けて、これから勝ちまくって欲しいよね!!
今季もまだ3勝だけど、レギュラーシーズンもまだ半分残っているので、ぜひ10勝目指して頑張って欲しいよね!!


黒木優太

8回からは黒木が登板し、1.0回を1三振、1四球、0安打、自責点0だった。
やっぱり、黒木の存在は大きいよね!!
これからこの調子で頑張って欲しいと思う。


平野佳寿

9回は平野が登板した。
1.0回を0三振、0四球、1安打、自責点0で17セーブ目を挙げた。
走者を出しつつも抑えてくれる平野の存在も大きいよね!!


ロメロ

ロメロの絶好調も止まらず、今日は4打数3安打だった。
今季の成績も.331、13本、32打点となっている。
得点圏でも.349、3本、18打点と素晴らしい。
本当に頼れる主砲だね!!


T-岡田

今日のT-岡田は4打数1安打だった。
今日はせっかく5番に入っていたし、4打数のうち3打数でロメロが塁上にいたんだから、ぜひタイムリーを打って欲しかったんだけどね…。

オリックスは投手陣は平均を上回っているので、打線も平均くらい打ってくれればクライマックスシリーズ出場も夢ではないと思う。
そのためにも、ぜひT-岡田がチャンスで打てるようにならないといけない。
ぜひ、頑張って欲しいよね!!


この日は、楽天も負けたので、調べてないけど、オリックスの自力優勝が復活したと思われる。
とはいえ、楽天とのゲーム差は13.0である。
野球で13.0ゲーム差をひっくり返すのは難しいので、現実的な目標は西武に勝って3位になり、クライマックスシリーズに出ることだろうね。


青山愛163

【めぐたんの一言】
3位の西武に連勝できたのは大きかったですね!!
明日勝てば、西武とのゲーム差は3.5となり、射程圏内に入りますが、負ければ5.5と大きく遠のきます。
ディクソン投手に頑張ってもらって、ぜひ西武をスイープして欲しいですね!!

このページのトップヘ