Nationals Nation

マックス・シャーザー/スティーブン・ストラスバーグ/タナー・ロアーク/ダニエル・マーフィー/トレイ・ターナー/フアン・ソト/マイケル・コペック/イチロー/ワシントン・ナショナルズ/佐倉絆/友田彩也香/星美りか/かさいあみ/天使もえ/鈴村あいり/音市美音/石原莉奈/大橋未久/羽月希/橋本環奈/長濱ねる/辰巳シーナ/藤原亜紀乃/三田羽衣/神谷えりな/窪田美沙/について語る星鈴のブログです。

カテゴリ: NPB

1
山岡泰輔

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018040106/top

グランドスラムを打たれたのは真ん中高めの速球だった。
5回までは最速151キロの速球と切れのいいスライダーで、2三振、1四球、3安打、自責点0と完璧な投球だった。
しかし、6回表にやっとオリックスが2点を先制したので、リードを守り切らなければならないという意識が強く働いたのだろう。
カウントは2-2で、3-2にはしたくなかったため、速球が甘く入ってしまった。
中村は決して長打力がある打者ではないが、この球を完璧に捉えたのだった。

思えば、山岡は去年から打線の援護がないため、オリックスがリードしたときに守ろうとする意識が強すぎるのだと思うよ。
味方がいつでも得点できる強力打線であれば、ここで同点にされてもその後に味方が打って勝ち投手になれると開き直った投球ができる。
しかし、去年、散々オリックスの貧打に泣かされた山岡はそういう意識を持つことができないのだろう。

萎縮した投球をするよりも開き直った投球をした方が好結果を生みやすいのだけど、山岡はその点で大きく損をしているよね。
去年も打線が打ってくれればもっと勝ち星は増えたと思うし、勝ち星が増えれば自信もついて、もっといい投球ができただろう。
具体的にいえば、去年もオリックスの打線がもっと打っていれば、13勝、防御率3.20くらいは達成していたはずだ。

今日もオリックスの打線は山岡が投げているときは2点しか取れなかった。
もっとチーム全体で若い投手を援護してやろうという意識が希薄な気がするよ。
本当に山岡がかわいそうだよね…。


黒木優太

きのう、黒木を負けパターンで使わないようにと書いていたのに、早速2点差で負けている場面でも使う福良監督…。
こういう使い方をするから去年は終盤で息切れしたんでしょ?
何でこんなに学習能力がないの?

何でこんな監督を続投させるのか意味不明なんだけど、頭を冷やして考えれば、オリックスがずっと低迷しているので、監督のなり手もいないのかもしれないね。
それでも福良監督の頑迷ぶりには驚くしかないよね。


松葉貴大

榊原は育成枠出身で、まだ若いので、1アウトも取れずに1四球、4安打、自責点5も仕方がないだろう。
これを糧に今度の成長を期待したいと思う。

しかし、松葉は違う。
今季は先発がたくさんいるので、松葉は先発から外されたけど、かといって松葉がリリーフに向いている訳ではない。
去年、速球の被打率は3割を超え、決め球のスライダーですら空振り率は13%、奪三振率5.70と三振が取れず、打たれやすい松葉はリリーフには不向きだ。
いくらオリックスが左の中継ぎがコマ不足とはいっても、松葉が投げれば火に油を注ぐだけになりかねない。

そうするくらいなら大山の方がはるかにいいと思う。
大山が決してベストな選択だとはいわない。
しかし、大山と松葉はWHIPがほぼ同じでも、大山の奪三振率は10.38と松葉を圧倒している。
無死三塁、あるいは一死三塁の場面では三振が取れる大山の方が失点する確率は低いのでは?
福良監督のいちばん良くないところは、データを見ないで思い込みだけで選手を起用するところだと思うよ。


マレーロ

打線も本当に寒い。
去年、7勝6敗、防御率4.57のソフトバンク先発の中田からロメロの2ランだけしか得点できなかった。
5.1回で4三振、4四球、6安打、1本塁打、自責点2。
4四球も出しているし、6安打も打っているのに、チャンスであと1本が出ない。
9回に吉田正のソロ本塁打が出たけど、12‐2からのソロ本塁打に価値がある訳ではない。

前から何度も書いているけど、そろそろ1番と2番に出塁率が低い打者を置くのをやめよう。
何度も同じやり方で負けているんだから、そろそろやり方を変えるときだと思うよ。
俊足巧打の1番と2番を育成したいという理想はわかるけど、そろそろ現実に目を向けて、現有戦力で勝てるような野球をやってくれ!!
福良監督の理想に付き合って、オリックスが勝てる試合を落とし続けるのを見るのは耐えられない。

二軍に落としていたT-岡田は.429も打っているし、何のために二軍に落としたんだ?
しかも1試合で一軍に戻すし。
さらにそのT-岡田も打順は7番だよ。
こんな采配をするから勝てる試合も勝てないのだろう。
本当に腸が煮えくり返る試合だったね…。


s-青山愛028

【めぐたんの一言】
山岡投手はあの1球に泣いてしまいましたね…。
とはいえ、この1球も去年からずっと打線の援護がないという伏線があってのことです。
山岡投手だけを責められないと思いますね。
オリックスはもっと効率的に点を取る方法を模索すべきだと思いますよ。

5
オリックス001

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018033106/stats

きのう、試合中はブログでオリックスとナショナルズの記事を書いていて、15時からは京都サンガの試合を観ていた。
なので、この試合はダイジェストしか観てないんだけど、田嶋がプロ初勝利を飾ったようだね。

しかし、5.0回を4三振、3四球、1安打、1本塁打、自責点1というのは正に和製ランディ・ジョンソンといったところだね(笑)
しかし、今日は前回見たときと違って、最速150キロ出ていた。
ただ、試合が進むにつれて、球速が落ち、142キロ前後に落ちていた。
コマンドの問題に加えて、スタミナ面でも不安があるのではないかと思った。

ただ、プロ1年目の投手なのだし、最初から完全な投球はできないと思うので、これは今後の課題でいいと思うよ。
これから長いシーズンを過ごしていく中で、少しずつ経験値を上げて行けばいいと思う。


黒木優太

6回以降は小林、黒木、金田とリレーした。
去年、酷使された影響で黒木はシーズン終盤にスタミナ切れを起こしていたけど、今季はもっと計画的に黒木を使って欲しいと思う。
具体的には勝ちパターンと同点以外で黒木を使わないで欲しい。
金田は素晴らしい速球があるので、もうちょっとコマンドを改善すればいい投手になると思う。


増井浩俊

日本ハムから移籍してきたクローザーの増井は本塁打を打たれていたけど、点差もあったし、気にすることもないだろう。
オリックスが勝ちまくって、増井が40セーブできるような展開になれば理想的だね。


吉田正尚

私は相性が悪いソフトバンクが相手だけに開幕3連敗もあるのではないかと思っていた。
1点を先制されて嫌な空気になったけど、二死三塁から吉田正がタイムリーを放って、1‐1の同点となった。


ロメロ

6回は無死一塁からロメロが2ランを放って、3‐1とオリックスが勝ち越した。


T-岡田

続く小谷野が四球、マレーロが安打で無死一二塁となって、T-岡田がタイムリーを放った!!
だから、1試合で一軍に戻すくらいなら最初から二軍に落とすなという話なんだよね。
こういう場当たり的なことしかできないから福良監督はダメなんだよ。
もっと大局を見据えて、選手を育てるということができないのかね?


マレーロ

7回は二死満塁からマレーロがグランドスラムを放った!!
ロメロとマレーロが共に.280、30本、100打点くらい打ってくれるとオリックスもクライマックス・シリーズに出場できると思うよ!!


宗佑磨

そして、今日は宗が5打数2安打と活躍していた。
レギュラーになりたてでプレッシャーも大きいと思うけど、.280、15本、50打点、20盗塁くらい目指して頑張って欲しいよね!!

また、大城の三塁も1試合でやめて、今日は小谷野が三塁に入っていた。
T-岡田と共に本当に場当たり的で、一貫性がないよね…。


1試合目と違って、この試合は最高だったね!!
この調子で大嫌いなソフトバンクに連勝しますように!!


s-青山愛027

【めぐたんの一言】
今日は打線が奮起して、田嶋投手にプロ初勝利をプレゼントしてあげられましたね。
投手は勝ち星が何よりも自信になるのですから、この勝利は大きかったはずです。
まだ粗削りですが、裏を返せばそれだけ成長の余地があるということですからね。
ぜひ、新人王目指して頑張って欲しいですね!!

1
西勇輝

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018033006/top

オリックスは、2012年から開幕戦は6連敗していた。
2013年はサヨナラ負け、2014年もサヨナラ負け、2015年は完封負け、2016年もサヨナラ負け、2017年は延長戦負けと劇的な負け方が続いていた。
しかし、去年は山岡や吉田正などの若手が活躍し、ロメロやマレーロも期待できそうなので、今季こそは開幕戦は勝てると思っていた。

thumbnail

試合前日の私は「今年こそ開幕戦も勝てそーうじゃねーか、オリックス。安心したぜ」と思っていたんだよ!!
西もいい投球が期待できそうだし、後は打線が頑張ってくれればと思っていた。


私は、20時前に会社に着き、DAZNで中継を観始めた。
去年まではパ・リーグTVで観ていたけど、今年からDAZNで中継してくれるのはありがたいよね。
元々、DAZNはJリーグを観るために契約していた。
その後、リーガ・エスパニョーラの中継も始まり、2018-2019からはチャンピオンズ・リーグの中継も開始されることになり、今季から巨人戦を除くプロ野球の中継も始まったのだ。

これだけの放送が全部観れて1,890円は本当に安いよね!!
2年前は、WOWOWが月々2,484円、Jリーグオンデマンドが2,962円、欧州サッカーセットが3,980円、プロ野球セットが3,980円で合計13,406円もかかっていたものが今やDAZN1本で1,890円ぽっきりだからね。
本当にDAZNは素晴らしいと思うよ。
これにMLB.TVの1,072円(MLB.TVの年一括払い12,866円を月割りで計算した額)を加えると、合計14,506円から2,962円になるんだよ。
月に11,544円安くなるのは大きいよね。


話が逸れたけど、中継を観始めたら予想通り西が好投していて、0‐0だった。
あとはオリックスが点を取ればいいだけなのに、全く走者が出ない。
すると8回裏についに西も力尽き、2点を奪われてしまった…。

しかし、7.0回を8三振、1四球、7安打、自責点2の西を誰が責めることができるだろうか?
打線が点を取っていれば、きっと西は完封していたと思うよ。
あまりにもオリックスが点を取れないので、1点もやれないと萎縮してしまったから、8回に失点したのだろう。


T-岡田

オリックスT岡田開幕2軍、打撃不振で4年ぶり屈辱 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00162678-nksports-base

打線は完封されるだけではなくて、わずか1安打と散々だった。
ルーキーの山足が1安打しただけというお寒い内容だった。

そもそも私はT-岡田の二軍落ちが納得できなかった。
オープン戦で調子が悪いのは事実だったと思うけど、去年のチーム本塁打王だよ?
それをこんな風に子供扱いにするからいつまで経っても一皮むけないんじゃないか!!
T-岡田よりももっと打てない安達はずっとレギュラーだし、開幕戦も出てるじゃないか?

日本の野球の体質なのかもしれないけど、これだけ打っている打者を7番にしてみたり、二軍にしてみたり、T-岡田本人からすれば腸が煮えくり返っていると思うよ。
だから、打席で必要以上に力んで打てなくなっているんじゃないの?
監督なら、もっと選手がリラックスして力を発揮できるように努めるべきじゃないの?

それにソフトバンクの開幕投手は千賀だとわかっているのに、何で三塁は中島じゃなくて大城なのさ。
1点を争う試合になるから守備を重視して大城を入れたつもりなのかもしれないけど、その結果が今日の1安打完封負けじゃないか。
1点を取られることを恐れるよりも、まずは1点取れる打線を組むべきでは?
わざわざT-岡田、中島をスタメンから外して、それで完封負けなら世話ないよ。
本当に福良監督って、安達とか大城みたいな非力で小粒な選手が好きだよね。


BObrbkXCUAA7e2_

めちゃくちゃ期待して観た開幕戦も感想も「なぜオレはあんなムダな時間を…」だよね。
今年は、ナショナルズやバルセロナの試合もあるから全試合は無理だけど、かなりの頻度でオリックスの記事も書こうと思っていたんだよ。
でも、シーズンが終わった後で、「あんなに時間をかけてこの結果だったなら、AVの記事でも書いていた方がアクセス数は上がったのに…」と後悔しそうだからね。

なので、基本的には大ファンの山岡のときだけ記事を書いて、書きたくなったときだけオリックスの記事を書くことにするよ。
生温かい気持ちで見守ってね(笑)


平野佳寿

ダイヤモンドバックス・平野 セットアッパーで開幕 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180328-00000151-sph-base

ところで、平野はダイヤモンドバックスでセットアッパーになるらしいね。
野球は8回にクリーンアップに打順が回る確率が高いので、9回に逆転される確率よりも8回に逆転される確率の方が高い。
だから、考えようによってはクローザーよりもセットアッパーの方が大変だといえる。

私は日本であれだけ四苦八苦していた投手がメジャーリーグでセットアッパーができるとは思えないけどなぁ。
平野は打ち込まれて中継ぎに降格し、遠くない将来に日本に帰ってくると思うよ。


s-青山愛026

【めぐたんの一言】
西投手はあんなに頑張っていたのに、それに応えられない打線が歯がゆいですね…。
投手は1人では勝てないので、もっと打線は奮起して欲しいですね!!
次は勝ちましょう!!
頑張れ、オリックス!!

5
山岡泰輔

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018032505/top

山岡の投球を見たけど、速球も149キロ出てて、内角も外角もいいコースに決まっていたね。
スライダーはまだいいコースに決まるのとそうないのの差があったけど、全体的にはかなりいい感じだったと思うよ。
山岡は、体が小さい分だけ、体全体を使って投げないと球速が出ない。
なので、必然的にフォームが大きくなり、コマンドが悪くなってしまう。
それは速球の球速やスライダーの切れで補っていくしかない。

中継で解説がいってたけど、今季から山岡はスライダーの曲がりを小さくしたらしい。
変化球の曲がりが大きいと我々ファンは視覚的な効果でいい変化球だと思いがちであるけど、大きければ大きいほどコマンドが難しくなってしまう。
そして、打者に見送られるとボールになる可能性も高くなる。

それよりも球速を上げて打者の手元で鋭く曲がる変化球の方が有効なのだ。
例えば、サイ・ヤング賞を3回獲得したマックス・シャーザーのスライダーは、平均球速が86.07マイルで、横1.66インチ、縦1.16インチの変化で空振り率が27.15%だ。
これに対してシャーザーのカーブは、平均球速が77.69マイルで、横5.28インチ、縦-4.56インチの変化で空振り率が6.46%だ。
これを見ても、空振り率の高さは変化の大きさに比例するのではなく、球速があって、打者の手元で小さく、かつ鋭く変化する球だというのがわかるだろう。

だから、山岡がスライダーの曲がりを小さくしたのは大きな効果があるかもしれないね。
小さくすることでもっと扱いやすくなり、ストライク率も上がるだろうからね。
究極の変化球は空振り率が高くて、かつ見送られてもストライクになる変化球だからね。

山岡は、6.0回を5三振、0四球、1安打、自責点0の素晴らしい内容だった。
オープン戦の防御率も1.64と好成績を残しているので、今季は本当に期待できそうだね!!


吉田正尚

打線は、吉田正の本塁打による1点のみだった。
オリックスの個々の打者を見れば、いい打者がそろってきたのに、なかなか得点に結びつかないよね。
やっぱりマレーロとT-岡田の不振が響いているよね。

宗はセンターの守備でファインプレーがあったね!!
元々はショートらしいけど、守備の負担を取り除いて、打撃面の良さを引き出すにはセンターの方がいいよね。
足も速いしね。

サードは小谷野だとあまりにも守備面で不安なので、中島の方がいいと思うよ。
打撃も小谷野と中島では大差がないだろうし、そうなれば守備で勝る中島が三塁を守った方がいいからね。
あと、伊藤が打ちまくっているので、捕手は伊藤になりそうで嬉しいね。
若月はあまりにも打てなさすぎるからね。


今日は引き分けだったけど、山岡が好投したので満足できる試合だったよ。
西に続いて山岡の好投は本当に嬉しかったね!!
この2人でオリックスのツートップになってもらいたいよね!!


s-青山愛025

【めぐたんの一言】
今日は山岡投手の好投が嬉しかったですね!!
去年は勝ち星に恵まれずにかわいそうな面がありましたが、今季は打線の奮起を期待して、15勝くらい挙げて欲しいですね!!
頑張れ、山岡投手!!

5
田嶋大樹

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018032405/top

今日、田嶋の投球をDAZNで観てみた。
最速152キロの和製ランディ・ジョンソンという売込みだったけど、正直なところ、期待したほどでもなかったという印象だ。

その前にスリークォーターの件について書いておこう。
日本では未だに上から投げ下ろすオーバースローが唯一無二の正しいフォームだと思っている人が多い。
特に年配のファンほどその傾向が強い。

しかし、オバースローの場合、投げる瞬間に上半身も腕と一緒に上から下に動くのだ。
目線も上から下に大きく移動するし、体の軸も大きく動いてしまう。
スリークォーターの場合、上半身の動きが少ないし、目線も体の軸も大きく動かない。
体の可動域を狭くしてフォームをコンパクトにするので、ブレが少なくなり、リリースポイントが安定するのである。
しかも、オーバースローと違って、腕を長く伸ばして使えるので、腕の遠心力を利用して、速い球が投げられるのだ。

90年代の速球投手って、与四球率が3.00以下だとコントロールがいいといわれていたけど、現代の速球投手は2.00以下である投手も多い。
その速球投手のほとんどがスリークォーターであることが上の仮説の証明になるだろう。
ランディ・ジョンソン、ペドロ・マルティネス、そしてマックス・シャーザー。
メジャーリーグの超一流の速球投手はスリークォーターが多いのだ。
オーバースローじゃないといけないというのは昭和の野球観だよ。


話が逸れたけど、私はアマチュア時代の最速何キロというのはデマだと思っている。
なので、私も田嶋の最速152キロは誇張だと思っていた。
現実には、最速147キロで平均が142キロくらいだろうと思っていた。
ところが、今日見た感じでは、最速が145キロ程度で、平均が140キロくらいという印象を受けた。
137~138キロの速球もあり、思ったほどの球速ではなかった。

さらに、テイクバックが大きいため、フォーム自体が大きくなってしまい、コマンド(「コントロール」はストライクを投げる能力で、「コマンド」は狙ったところに投げる能力。メジャーリーグではこの2つを区別している)が安定しないだろうと思った。
それにテイクバックがこんなに大きいと走者を出したときに盗塁されやすいのが難点だ。
スリークォーターということでコンパクトなフォームに違いないという先入観があったんだけど、ちょっと予想外だったね。

DAZNで1回の投球だけは観たんだけど、やっぱりコマンドが安定しておらず、変化球が高めに浮いているのが目についたね。
その高めの変化球を打たれていた。
特にカーブが高めに浮いていた。

もっと球速があるなら、高めの速球で攻めて、打者の目線を高めに釘付けにしておいて、同じ高めの軌道から変化球を落として打者の目を欺くという高低を使った攻め方ができるんだけどなぁ。
高めを攻めるにはちょっと球速が足りない気がするね。
期待していただけに、ガッカリだったね…。


吉田正尚

オリックスは、初回に2点を先制されたけど、2回一死二三塁から山足のタイムリーで1点を返した。
続く大城がセカンドゴロの間にもう1点を返して、2‐2の同点となった。
さらにここまでオープン戦不振だった吉田正が2ランを放った!!
吉田正は4回にもタイムリーを放っていた!!

今日の吉田正は5打数3安打1本塁打3打点の大活躍だった!!
今季はぜひ.280、30本、100打点を目指して欲しいよね!!

T-岡田は、4打数1安打だったけど、2三振しているのでまだ調子が悪いんだろうね。
また、打率.246、出塁率.285に過ぎない大城を上位で使うのは絶対にやめた方がいい。
せっかく長打力がある主軸があるんだから、打率.285、出塁率.360の中島を2番に置けばいいじゃないか。
あんなに出塁率が低いなら、少々盗塁ができて、バントが上手くても大城を上位で使うのはいただけないよ。
未だに2番は足と小技が大事という昭和の野球観は捨てた方がいいと思うよ。


s-青山愛024

【めぐたんの一言】
田嶋投手はそれでも期待の左腕ですから、ぜひ新人王目指して頑張ってもらいたいですよね!!
打線も不振だった吉田正選手に当たりが出てきたので良かったですね!!
本当にいい試合でしたね!!

西勇輝

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018032305/top

開幕投手に決まっている西は6.0回を4三振、0四球、3安打、自責点1だった。
西はコマンドもいいので、今季は打線の援護を得て15勝&防御率2点台を目指して欲しいね。

エースの金子は空振り率が下がり、与四球率が悪化している。
金子は、球速が下がってきたから、甘いコースに投げると痛打された。
そのため、コーナーを狙い過ぎた結果、与四球率が悪化したのだろう。
金子も今季で35歳なので、成績は下がる可能性が高い。
その金子に代わるエースとして、西の成長が求められる。

余談になるけど、西は外角のコマンドがとても素晴らしいのだけど、京セラドームのカメラの位置が悪いため右打者の外角がことごとくボールに見えるのだ。
天井のカメラで見たらちゃんと外角ギリギリに決まっているのに、センターから映しているカメラがあまりにも右に寄り過ぎているので、右打者の外角の球がボールに見えるのだ。
中継で見てて、オリックスのファンは気にならないのだろうか?
私はもっと真ん中にカメラを寄せた方が見やすいと思うけどね。


増井浩俊

今季は7回近藤、8回黒木、9回増井のリリーフトリオで頑張ってもらいたい。
近藤はいい速球を投げていたので、今季は辛抱強く使ってくれればきっと才能が開花すると思うよ。
黒木は去年酷使されてしまったので、今季は心配していたけど、今のところは大丈夫そうだね。
今一つ信頼性に欠けていた平野に代わって増井が入ったのは大きいね!!


T-岡田

オリT-岡田、打率0割でも“吉兆”? 「この時期、良かったことないですから」 (Full-Count) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180322-00113915-fullcount-base

T-岡田は不振というよりも2年続けて好成績を残したことがないので、まずは去年並みの成績を挙げることを目標にしてもらいたい。
そしてT-岡田は7番なんて打たせずに、もっと打順を上げてもらいたいよね。
マーリンズ時代のスタントンみたいにT-岡田を2番にするのもありだと思うけどなぁ。

この試合では中島が6番だったけど、中島が2番でもいいんだよね。
この場合は、3番吉田正、4番ロメロ、5番T-岡田、6番マレーロなら打線もプラトーンになって理想的だよね!!


宗佑磨

オープン戦4本塁打で突如注目株に。オリ宗佑磨、今は天真爛漫を封印。 (Number Web) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180322-00830246-number-base

それにしても宗は本当にいいよね!!
今はパワーとスピードの選手だけど、将来的にはもっとパワーが付いてバリー・ボンズみたいな完成度が高い打者になって欲しいなぁ!!

今季は去年よりも打線が打ちそうなので、クライマックスシリーズの出場も期待できるかもしれないね。
頑張れ、オリックス!!


s-青山愛023

【めぐたんの一言】
今日は、西投手の素晴らしい投球が光りましたね!!
西投手と山岡投手がオリックスのツートップになって、共に15勝してくれればクライマックスシリーズ出場の可能性が高まりますね!!
宗選手の成長も本当に楽しみですね!!

5
伊藤光

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2018031706/top

本当に久しぶりにオリックスの記事を書くね(笑)
きのうのオリックスは、1点をリードされた7回裏にロメロ二塁打、マレーロ四球、小谷野が安打で無死満塁となった。
ここでT-岡田が犠牲フライを放って、まずは同点とした。
続く伊藤がタイムリーを放って、オリックスが2‐1と勝ち越した。


宗佑磨

【オリックス】宗、12球団トップタイの8戦4号 プロ3年で0発男が急激進化したワケ (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000060-sph-base

安達が三振の後、今話題の宗がタイムリーを放って、3‐1となった!!
宗は本当にすごいよね!!
宗が1番で定着してくれると、オリックスの打線も相当良くなると思うんだけどなぁ。

西野とか俊太とか安達とかがあまりにも非力で、出塁率が低いだけではなく、走塁でも盗塁数は期待外れというのが現実だった。
T-岡田の1番起用を批判していた記者がいたけど、あの辺を1番にするよりも出塁率が高い分だけT-岡田が1番を打った方がはるかにいいと思うけどね。

それか思い切って、中島か小谷野1番でもいいと思うよ。
とにかく1番は出塁率がいちばん大事で、盗塁ができるとかバントが上手いとか、昭和思考の野球から脱却しないといけない。

それに福良監督もT-岡田は90打点くらい挙げないといけないといってたけど、T-岡田が90打点ないのは主に7番で起用した福良監督自身に責任があると思うけどね。
単純に考えて、3番や4番で起用するよりも7番で起用しただけでも数十打席は打席が減るんだから、打点が減るのも当然じゃないか。

宗が1番で固定できるなら、メジャーリーグのスタントンみたいな超攻撃的2番として吉田正、3番ロメロ、4番マレーロ、5番岡田でいいと思うよ。
西野や安達は8番や9番を打たせておけばいいのだ。

また、私は捕手は若月よりも伊藤の方が好きなんだよね。
オープン戦では伊藤が打撃好調なので、ぜひ正捕手確保に向けて頑張って欲しいよね!!


西勇輝

この日の先発は西だった。
去年、故障で117.2回しか投げられなかったので、今季は故障せずに15勝目指して頑張って欲しいと思う。

また、今季は金子が年齢的な問題からさらに成績が悪化すると思われるので、金子に代わるエースとして山岡が頑張って欲しいと思う。
山岡が15勝、防御率2点台の成績を残してくれると嬉しいんだけどなぁ。

外国人投手だとアルバースの評判がいいみたいだね!!
ディクソンも打線の援護さえあれば勝てる投手なので、2人で13勝ずつを期待したいね。
金子と田嶋は10勝ずつしてくれれば、先発だけで76勝できるよ!!


増井浩俊

今季は、抑えに増井が入団したのが大きいよね!!
平野は結果的に抑えていただけで、本当に不安定だったからね。
7回近藤、8回黒木、9回増井で最強リリーフ陣を形成してくれると嬉しいよね!!

今季のオリックスは本当に期待できそうだね!!


s-青山愛021

【めぐたんの一言】
今年のオリックスは本当に期待できそうですね!!
私は吉田正選手に期待しています!!
ぜひ、.280、30本、100打点を目指して欲しいですね!!
頑張れ、吉田正選手!!

4
田嶋大樹

鈴木康平

https://www.nikkansports.com/baseball/professional/draft/2017/team/buffaloes.html#draft02

きのうプロ野球のドラフト会議があった。
注目の清宮幸太郎は日本ハムが当てた。
ダルビッシュ有といい、中田翔といい、大谷翔平といい、日本ハムは大物が良く当たるよね。

とはいえ、個人的には清宮はどうかなという気もするけどね。
仮にプロ野球で活躍できたとしても、本命のメジャーリーグは厳しいと思うなぁ。
やっぱり、一塁しか守れないのがネックだね。
メジャーリーグの一塁は本当強打者がそろっているので、せめてレフトは守れないとね。

あの松井ですらメジャーリーグでは一度しか30本しか本塁打を打てなかったくらいだから、私個人としては日本人の長距離砲は厳しいと思うんだよ。
仮に20本くらいしか本塁打が打てないんだとしたら、一塁ではなくて外野が守れた方がいいからね。


個人的には清宮よりも中村奨成の方が良さそうな気がするけどなぁ。
何よりもあの広島が指名しているくらいなので、才能がありそうだよ。
私としては、オリックスは中村を指名して欲しかったなぁ。

オリックスは投手はそれなりにそろっているので、もっと打線を強化した方がいいよ。
特に長期にわたって軸になる打者を獲得して育てた方がいいよ。
いつもいつも目先の即戦力を追い求めるから、その場しのぎの補強しかできないんだよ。


そのオリックスは、社会人ナンバー1といわれていた田嶋大樹を獲得した。
中日との競合になったけど、オリックスがくじを当てたのだ。
オリックスがくじを当てたのはいつ以来だろうと思っていたら、何と新垣渚以来19年ぶりだそうだ(笑)
しかも、新垣に逃げられているし!!

オリックスはくじでは11連敗していたらしいね。
そして、くじに強かったソフトバンクは1位を3回も外していた。
やっぱり、くじも確率の話になるので、長くやっていればどこも同じくらいの確率になって来るんだろうね。

田嶋は最速152キロの左腕らしいけど、アマチュアの最速って本当に詐欺だからね。
本当に最速152キロなら、平均球速も147キロくらいあるはずだけど、実際に投げてみたら、最速が147キロで平均が142キロくらいなんじゃないかなぁ。
まあ、左腕なので最速147キロでも充分だとは思うけどね。


2位は鈴木康平だった。
最速151キロで、110キロのカーブと併せて40キロの球速差で攻める投球だそうだ。
ロッテの石川歩みたいなタイプなんだろうね。

でも、相変わらずオリックスは大卒社会人が好きだね。
大卒社会人は年齢が高く、伸びしろが少ないから、私はもっと高校生を獲得して育てて欲しいんだけどなぁ…。
まあ、オリックスは高卒選手の育成が下手で、今の主力で高卒を育てたといえるのはT-岡田と西くらいだからなぁ。
私は、オリックスはもっと育成有能なコーチを雇って、育成に力を入れた方がいいと思うね。

オリックスの高卒1位といえば、駿太で失敗しているんだけど、やっぱり1位で指名するんだったら、もっと長打が打てる選手にした方がいいよ。
ドラフト1位というのはエースや4番を獲得する順位だと思うからね。

駿太みたいなタイプは4位とか5位で獲得しておけばいいんだよ。
あのイチローだってドラフト4位なんだからね。
3位の福田とかいかにも福良監督が好きそうな選手だね。
私としては、もっとパワーがある選手を獲得して欲しかったけどね。
何はともあれ、オリックスに来た以上はみんな一流の選手になって欲しいけどね!!


青山愛208

【めぐたんの一言】
田嶋投手は山岡投手と左右のツートップになれるように頑張って欲しいですね!!
金子投手、山岡投手、西投手、ディクソン投手、田嶋投手、鈴木投手の6人でプロ野球最強ローテーションを作って欲しいですね!!

4
山岡泰輔

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017093006/top

山岡は前からいっているようにプロ1年目で144.1回も投げているので、疲労が蓄積しているんだと思う。
球速も落ちてきているし、コマンドも悪くなって、投げた瞬間にボールとわかる球も多くなってきた。
小さな体で球速を上げるために体全体を使うフォームになっているので、疲労も大きいのかもしれない。
ここ3試合は6.0回で自責点5、7.1回で自責点5、そして、今日は4.1回を4三振、4四球、7安打、自責点6だった。
9月9日は、8勝8敗、防御率3.13で、二桁勝利と防御率2点台も可能と思われていたけど、今日で8勝10敗、防御率3.74となった。

とはいえ、プロ1年目からローテーションを守り続け、防御率3点台をキープできたのは立派の一言に尽きる。
この疲労では、オリックスの今季最終戦である10月9日のロッテ戦の先発も微妙かもしれないね。
もう、山岡も規定投球回に達したし、オリックスも4位が確定したのだから、山岡はこの先発が今季最終先発でもいいと思うよ。

山岡はルーキーなので、1年を通じたペース配分もわからなかったと思うし、これを糧に来季は15勝、防御率2点台を目指して欲しいと思う。
そして、オリックスの打線ももっと山岡を援護して欲しいよね。


マレーロ

試合は、6回表が終わった時点で2-7とオリックスが敗色濃厚だった。
しかし、ここからオリックスはソフトバンクのリリーフを攻略し始めた。
6回裏にマレーロの20号ソロで反撃を開始し、3-7となった。

マレーロは、先日プロ野球通算10本目の本塁打を放っていた。
マレーロの来日初本塁打がホームベース踏み忘れで幻になってなければ、通算99,999本目の本塁打を放っていたT-岡田が10万本目になるはずだった。
それがT-岡田ではなくて自分になるなんて、何て運命のイタズラだろうか?
きっと10万本記念Tシャツも出るんだろうなぁ(笑)


そして、7回裏は二死満塁から吉田正の押し出しで1点を返し、4‐7となった。
8回は一死一二塁から杉本の二塁打で1点を返した。
さらにT-岡田が四球で一死満塁となり、大城が倒れたけど、吉田のタイムリーで7-7の同点となった!!

ここでまたしてもマレーロが二塁打を放ち、オリックスが9‐7と逆転したのだった!!
ロメロもチャンスに強いけど、マレーロも最高だね!!


今日の打順は、1番T-岡田、2番吉田正、3番マレーロだった。
やっぱり、1番、2番に出塁率が高い打者を置くと得点力が変わって来るんだよ。
オフは中島を残留させて、1番T-岡田、2番中島、3番吉田正、4番ロメロ、5番マレーロにするといいと思うよ。


平野佳寿

8回表に投げていた金田に勝ち投手の権利が入ってきた。
金田もいい速球を投げているので、もうちょっとコマンドと変化球を磨けばいいリリーフになると思うよ。

9回は平野が登板した。
平野は2三振のパーフェクトリリーフだった。
平野はメジャーリーグに移籍する話が出ているけど、私はオリックスでクローザーを続けていた方がいいと思う。
平野の速球は日本では速い方だけど、メジャーリーグでは平均的だからね。
私はオリックスのクローザーとして活躍する平野が見たいのもあるし、ぜひオリックスに残って欲しいよね!!


今日は、私が大嫌いなソフトバック相手に見事な逆転勝利が見れたので最高だったね!!
マレーロマジ最高FOOOO!!!!!!


青山愛203

【めぐたんの一言】
今日はマレーロ選手のためにあるような試合でしたね!!
来季もオリックスに残って、オリックス日本一を目指して頑張って欲しいと思います。
頑張れ、マレーロ選手!!

1
山岡泰輔

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017092304/top

金曜日は4時間しか寝ないで夜勤に行き、夜勤明けの土曜日に帰宅してからナショナルズの試合を観て、15時からは京都サンガの試合を観ていた。
この試合も観ようと思っていたけど、さすがに体力が尽き果て、サンガの試合が終わると寝てしまった。

何とか山岡に勝ち投手になってもらいたかったけど、ネットで結果を見たらオリックスは0-5で負けていた。
山岡は7回まで自責点2と好投していたけど、例によって山岡の先発のときに打線が沈黙して、体力が尽きた8回に西武に3点を奪われてしまった。
終わってみたら、7.0回を5三振、1四球、9安打、自責点5で10敗目を喫してしまった…。

本来ならば、QSしているんだから、打線が3~4点奪い、8回からセットアッパーの近藤、9回からはクローザーの平野に継投すべき試合だった。
ところが、打線が西武の先発の野上を打ちあぐね、野上にプロ初完封勝利を許してしまった。
野上は速球も140キロ台前半だし、コマンドも甘いので、手も足も出ないほどいい投手とは思えないんだけどね。
事実、今季も10勝10敗、防御率3.84だ。
悪くても~2点は取らないと。


今日は打率.205の安達が1番、.255の駿太が2番だったけど、そろって無安打だった。
1番、2番は出塁率よりも足の速さを重視しているのかもしれないけど、安達はわずか4盗塁で盗塁失敗が3、駿太も同じく4盗塁で盗塁失敗が3だ。
それでいて、安達の出塁率は.307、駿太に至ってはわずか.292だ。
要するに何も取り柄がない。

こういう選手を1番、2番でスタメン起用して、打率.295、出塁率.323の武田を二軍に落とす福良監督のセンスが信じられないよね。
福良監督はバントや守備を過大評価しているとしか思えないよね。
今の野球は出塁率と長打が大事だということがわからないらしい。
この監督が指揮している以上は、これ以上の成績は望めないと思うよ。

イチローをオリックスの監督にしたいという意見もあるみたいだけど、いくらイチローでもあのオーナーがいて、あのぬるま湯体質では結果を残すのは難しいと思う。
それにコーチの経験もないイチローの指導者としての資質は未知数であり。優秀だとは限らないからね。
知名度の高さだけでイチローを監督にしようとする発想自体がこのチームの体質を示していると思う。


あと、あらかじめ釘を刺しておくけど、日本ハムの中田はいらないからね。
一塁やDHは選手がたくさんいるし、多少本塁打を打てたとしてもあの低打率ではチームの役に立たないと思うからね。

中田を獲得するくらいなら、1番や2番が打てる出塁率の高い打者を獲得した方がいいと思うよ。
まあ、そんなことをするくらいなら、T-岡田を1番、中島を2番にした方が手っ取り早いと思うけどね。
今季で小谷野と中島の契約が切れるみたいだけど、オリックスは中島だけは契約を延長する意向みたいだね。

オリックスは、JR東日本の最速152キロの左腕である田嶋大樹を獲得しようとしているみたいだけど、目先のことだけを見ないで、将来性やスター性を重視して、広陵の中村奨成を獲得して欲しいね。
オリックスは目先の即戦力ばかり追い求めて、長期的なビジョンに欠けた球団運営をしてきたから失敗してきたことを思い出すべきだ。
今季はクライマックス・シリーズの出場も絶望的になったので、数年はじっくりとチームを立て直した方がいと思うよ。


青山愛201

【めぐたんの一言】
今日も自責点5で負け投手になってしまいました。
慣れないプロ野球の1年目で体力的にも厳しいのかもしれませんね。
次が今季最終先発なのかもう1試合あるのかはわかりませんが、最後まで頑張って欲しいですね!!

このページのトップヘ