Nationals Nation

マックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグ、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、マイケル・コペック、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、戸田真琴ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

カテゴリ: NPB

5
若月健矢

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017081105/top

この日はオリックスがディクソン、楽天が岸の先発だった。
共に防御率がパ・リーグ上位にいる好投手同士のマッチアップだった。
ロースコアの投手戦になると思っていたけど、予想外の打撃戦になった。

オリックスは、2回二死満塁からT-岡田が押し出しで1点を先制した。
正直なところ、こういう場面では期待できないT-岡田だったので、押し出しで良かったと思った。
ここで吉田正が打って一挙に試合の流れを掴みたかったけど、空振りの三振だった。

そして、前回もそうだったけど、ディクソンは好投しながら勝ち星が付かないことが多かった。
しかし、この日はディクソンの調子が良くない。
3回表に銀次とアマダーにタイムリーを打たれて、1‐2と楽天に逆転されてしまった。
オリックスの投手陣はアマダーに打たれ過ぎじゃないの?
この日も5打数3安打だったし、入念にスカウティングして弱点とか調べているのか疑問に思うよね。


T-岡田

好投手の岸相手にリードを許すのは厳しいと思ったけど、4回裏の一死二連類の場面で若月がタイムリー二塁打を放って、オリックスが3‐2と逆転した!!
さらにT-岡田がタイムリーを放って、4‐2となった!!

T-岡田は、すでに1点を勝ち越して楽になった場面とかにタイムリーを打つんだよね。
先日みたいに同点の場面とかではなかなか打てない。
もっと、勝負強さが欲しいところだね。
まあ、このタイムリーも貴重だったとは思うけどさ。

吉田正が三振の後、マレーロが10号2ランで6-2となった!!
やっぱり、本塁打の威力は大きいよね!!
出塁率が高い打者を上位に集めた方が本塁打を打ったときに走者がいるので本塁打の威力が増すからね。
この打順は本当にいいと思うよ!!


小島脩平

ディクソンの調子が上がらず、6回途中で降板した。
ディクソンは、5.0回を2三振、1四球、8安打、自責点3だった。
まあ、ディクソンといえどもこういう日もあるだろう。

ヘルメンは2.0回を2三振、1四球、3安打、自責点1だった。
これで6-4とまた勝負の行方はわからなくなってしまった。

そんなとき、7回の二死一二塁から貴重なタイムリーを放ったのが小島だった!!
これで8‐4となってオリックスの勝利が濃厚となった。


近藤大亮

それでもセーブシチュエーションと同じような投手起用をする福良監督。
4点差あるんだから、他の投手を投げさせればいいじゃない。
こういう使い方をするから黒木も平野もバテるんだよ。
よほどの場面でなければ、セットアッパーやクローザーはセーブシチュエーション以外では起用しないというルールを徹底させるべきだと思うよ。


平野佳寿

平野も二軍から上がって来たばかりなので、無理な使い方はやめた方がいいと思う。
こんな使い方をすれば、またバテて打たれてしまうだろう。


福良監督もいい投手を酷使するのではなくて、こういうケースで他の投手にチャンスを与えるべきだよ。
そうしないから、平野、黒木、近藤以外に信頼できる投手が育たないんだと思うよ。
こういうケースで金田とか大山とか小林にチャンスを与えて、成長を促すべきだと思うよね。
オリックスは、クライマックス・シリーズは絶望的なんだから、来季以降に備えて、もっと若手の底上げをすべきだ。
それは、オリックスにとって目先の1勝よりも大事なはずだからね。


中島宏之

そして、今日は中島が4打数4安打の大活躍だった!!
中島が6番というのは本当に怖い打線だよね!!
まあ、欲をいえば、7~9番がまだ弱いと思うけどね。


青山愛188

【めぐたんの一言】
今日は、素晴らしい逆転勝利でしたね!!
これを機に若月選手も打撃海岸になって欲しいですね!!
西武戦に続いて楽天戦も勝ち越したいですね!!
次は山岡投手に期待しましょう!!
頑張れ、オリックス!!

5
吉田正尚

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017081006/top

西武の先発は菊池、オリックスは松葉とサウスポー対決だった。
方やプロ野球屈指の左腕である菊池で、方やオリックスでも西、ディクソン、山岡、金子に次いで5番手投手である松葉のマッチアップなので、私は正直なところ勝ち目が薄いと思っていた。


近藤大亮

しかし、会社に着いて途中経過を見てみると2-1でオリックスが勝っていた。
松葉が菊池に投げ勝つとなれば、松葉にとって大きな自信となり、投手として一歩成長できるのではないかと思ていた。
ところが、8回にセットアッパーとしてマウンドに登った近藤が浅村に痛恨の13号同点ソロを打たれてしまった…。

近藤も本当にいい球を投げているんだけど、セットアッパーとして起用されてプレッシャーがあったんだろうね…。
近藤は素晴らしい速球を投げるけど、カッターの空振り率が20.90%、フォークが13.73%、スライダーが20.00%と素晴らしいので、もうちょっと変化球を織り交ぜた投球をした方がいいね。
そうすれば、もっといい成績が残せると思うし、セットアッパーやクローザーも充分に務められると思うよ。


黒木優太

近藤は近藤でいいとしても、クローザーで2試合失敗したからといって、黒木をセットアッパーからも外すのはいただけないなぁ。
福良監督は、安達はあれだけ打てなくても起用し続けるのに、黒木には冷たいんじゃないの?
こういうときこそ投手を信じて起用し続けるべきじゃないの?


T-岡田

2-2と同点にされたオリックスだったけど、大城が四球を選び、安達がバントを決めて一死二塁となった。
さらに伊藤が四球を選んで一死一二塁となった。
ここで打席にはT-岡田が入った。
私は、T-岡田が三振して、吉田正が打ちそうと思った。

すると案の定、T-岡田が三振だった。
あのど真ん中を空振りするとは本当にここぞというチャンスに弱いよね…。

そして、打席に期待の吉田正が入った!!
吉田正は菊池の外角の速球を逆らわずに見事な流し打ちを見せてくれた!!
吉田正は、パワーだけではなくて、こういう技術の高さも持っているから高打率も残せるんだよね!!
これは本当に嬉しい勝ち越しタイムリーだったね!!

オリックスは菊池に相性が悪いらしいけど、その菊池から4点も取って勝ったのは大きな自信になると思うよ。
これで松葉に勝ち星が付いていればなお良かったんだけど、これは仕方がないね。


平野佳寿

9回はオリックスの守護神である平野がマウンドに登った。
私は打たれたときも書いていたようにオリックスのクローザーは平野が適任だと思っているからね。
この日も二塁打を打たれてしまったけど、本当にクローザーに向いてない投手はここで動揺して打たれてしまうからね。
平野には、走者を出しても落ち着いて投げられる強心臓があるのだ!!

先日の黒木を見ても、いい球を投げられればクローザーができる訳ではないことは明白なんだよ。
クローザーにいちばん必要なのはこの強心臓なんだよ。
これからも、オリックスの守護神として平野には頑張ってもらいたいよね!!


青山愛187

【めぐたんの一言】
今日は、吉田正選手の素晴らしい勝ち越しタイムリーでオリックスが勝つことができましたね!!
明日からの楽天戦もぜひこの調子で勝ち越してもらいたいですね!!
頑張れ、オリックス!!

5
吉田正尚

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017080806/top

初回、T-岡田の22号ソロでオリックスが先制した。
T-岡田は1番転向後はいい働きをするようになったね!!
本塁打も良く打つようになったし、私が思っていた以上に1番に向いていたみたいだね。
この調子なら30本塁打も狙えるかもしれないね。
T-岡田が新しい1番像を示すことで、野球界に1番打者の革命を起こして欲しいと思う。


安達了一

2回は二死一三塁から安達が三塁打で3-0となった!!
3回表に1点を返されたけど、その裏に無死満塁から中島のタイムリー二塁打で2点を加え5-1となった。
しかし、ここから小島が繰りバントで一死二三塁としたけど、その後に追加点が奪えなかった。
というか4点差もあるのにまだ送りバントが必要かい?


金子千尋

金子は、中島の2個のエラーに泣かされた面があるにしても、内容は本当に良くなかった。
5.0回を7三振、4四球、7安打だった。
自責点こそ2ながらも失点は5だし、5.0回で116球も球数を要したのも不満だ。
やっぱり、全盛期から比べるとかなり力が落ちてきているんだろうね。
オリックスは金子にしろ平野にしろ、複数年契約した投手は劣化する傾向にあるね。


中島宏之

金子が打たれ、5-4と勝負の行方もわからなくなったけど、二死一二塁から中島のタイムリーで1点を追加した。
さらに小島が四球で二死満塁となってから、代打小谷野が走者一掃の三塁打を放った!!
これで9-4と勝負ありだった!!

そして、5回は吉田正が6号2ラン、7回も吉田正が7号ソロを放った!!
吉田正はこれで21試合で、.347、7本塁打、13打点となった!!
1年間このペースで打てるなら三冠王になれるよね!!
山岡がオリックスの小さなエース、吉田正がオリックスの小さな主砲となって欲しいなぁ!!
こういう小さな選手が活躍するとアマチュアの小柄な選手の励みになるよね!!


相手が絶好調の西武だけに5‐4となったときは逆転負けするのかと思ったけど、勝てて良かったよね!!
もう、クライマックスシリーズ出場も絶望的だけど、西武に勝ち越して意地を見せて欲しいよね!!


青山愛186

【めぐたんの一言】
金子投手は良くなかったですけど、その分、打線がカバーしてくれましたね!!
西武相手だけにこの勝利は大きかったですね!!
そして、何よりも吉田正選手の大活躍が嬉しい試合でしたね!!

5
西勇輝

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017080604/top

今日は西の打たせて取る投球が見事だったね!!
西が登板するときはいつも打線が打たなかったり、リリーフが逆転されたりして勝ち星が付かないことが多い。
でも、強いチームなら絶対に15勝以上挙げて、最多勝争いもできる投手だと思うよ。

スライダー、チェンジアップ、カーブと変化球の質も高いけど、チェンジアップは130キロ台半ばでカーブは110キロ台と変化球も球速の差に幅があるのがいいね。
速球と同じフォームでチェンジアップを投げて打者のタイミングを崩し、カーブで緩急を付ける投球スタイルだね。
また、西はコマンドがいいところが最高だね!!

今日の見どころは大谷から2三振を奪ったところかな。
今季の大谷は投手としては先日のオリックス戦に投げただけだけど、打者としては30試合で、.300、3本塁打、6打点とまずまずの成績を残している。
でも、私は結局投手としては中途半端になっているので、投手に専念した方がいいと思うけどね。

そういえば、中田が今季FAで移籍先のひとつにオリックスが挙げられているらしいね。
福良監督が日本ハムのコーチをしていたときに中田の師匠のような役割をしていたのが理由らしいね。
私も日本人の長距離砲は欲しいけど、一塁にはマレーロがいるからね。
指名打者には吉田正もいるしね。
現状ではオリックスのポジションも空いてないから微妙だね。


マレーロ

打線は、3回表の二死一塁からマレーロの8号2ランで先制した!!
4回は一死一三塁から安達のタイムリーで1点を追加し、西野が倒れた後、T-岡田の2点タイムリーで5‐0となった。

T-岡田はきのうに続いて走者ありで打てたよね!!
やっぱり1番が向いているんだと思うよ。
この打順にしてから、オリックスも2試合で11点だしね。


吉田正尚

そして、我らが吉田正は4打数2安打で、.328、5本塁打、10打点となった!!
今季はこの調子で打ちまくり、来季こそ本塁打王を狙って欲しいよね!!

私は野球のいちばんの魅力は圧倒的な速球投手だと思っているけど、その次はホームランバッターだと思っているからね。
イチローは別格としても、基本的にはホームランバッターが魅力だと思うよ。
その意味でも吉田正はオリックスの看板選手になれる存在なので、ぜひこれからも頑張って欲しいよね!!


黒木優太

そして、この試合では黒木がセットアッパーに戻っていた。
最速151キロで、速球は甘いコースが多かったり、スライダーが空振りを除けば全てボールになっていたりとまだ課題は多いけど、今日は抑えてくれて良かった。
今日は、1.0回を2三振、0四球、1安打、自責点0だった。
これをキッカケに良かった頃の黒木に戻って欲しいよね!!


ヘルメン

そして、この日も抑えはヘルメンが務めた。
今日も最速152キロの速球とチェンジアップ、スライダーで1.0回を1三振、1四球、0安打m自責点0で2セーブ目を挙げた。
平野が戻ってくるまで頑張って欲しいよね!!




そういえば、2ちゃんねるとかで平野が何で「ワーニン」と呼ばれているか不思議に思っていたんだけど、こういうPVがあったからなんだね。
平野の調子が悪くなってからは炎上警報だと揶揄されていたとか…。
でも、私は平野が二軍で再調整して、オリックスの守護神として戻って来て欲しいけどね。
そして、来季は黒木を先発に回して欲しいと思っているんだよ。


ところで、西武が13連勝して、勝率も6割になり、優勝争いに絡んできたね。
オリックスが西武と3位を争っていた日々が遠く感じられるよね(笑)
でも、4位だけはキープできるようにオリックスも頑張って欲しいよね!!
まずは、その好調西武との3連戦で勝ち越して意地を見せて欲しいね!!
頑張れ、オリックス!!


青山愛185

【めぐたんの一言】
今日は西投手の好投が光りましたね!!
そして、T-岡田選手の1番もなかなかハマっているようです!!
ぜひ、この調子で頑張って欲しいですね!!

5
ロメロ

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017080504/top

3-4とリードされた6回表、オリックスは二死から吉田正が二塁打を放ち、マレーロがタイムリーで同点とした。
そして、オリックスの主役ともいうべきロメロが145キロのど真ん中の速球を捉え、勝ち越しの20号2ランを放った!!
やっぱり、ロメロは格が違うよね!!


オリックス・ロメロと契約延長 来期から新たに3年 - 野球  日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/1866947.html

ロメロは年俸250万ドルで3年契約した。
これでオリックスも打線の軸を確保できたよね!!


この日の試合もロメロの本塁打で決まった訳だし、昭和の時代と違って、シングルヒッターの1番が単打で出塁し、2番がバントで送ってという野球じゃないんだよね。
現代の野球は出塁率の高さと長打力だよ。
オリックスは打線がつながらなくて、得点が奪えずに負けてしまうことが多い。
しかし、それも非力な打者をスタメンで使うからそうなってしまうんだよね。
もっと長打力がある打者を並べていたら、もっと点が入ると思うよ。

ましてや、オリックスのシングルヒッターは四球も多くて出塁率が高い訳でもないし、盗塁が多い訳でもないからね。
他に突出した能力がある訳でもないんだから、そういう選手をスタメンで起用するべきではないよ。
同じシングルヒッターなら、打率が高い武田をスタメンで使うべきだね。


T-岡田

そして、この日、ようやくT-岡田を1番で起用した!!
やっぱり、1番T-岡田は効果があっただろ?
せっかく吉田正とかロメロとかチャンスに強い打者がいるんだから、その前に出塁率が高い選手を置かないとね。

ここまでは吉田正やロメロの前に走者がいなくて、長打力も威力を発揮できなかった。
また、吉田正やロメロが出塁しても、6番や7番を打っているT-岡田がチャンスに弱くて、残塁を重ねることも多かった。
やっぱり、長打力のある打者の前に出塁率が高い打者を置くのは野球の常識だからね。
これでやっと、1番と2番は小技ができる足が速い打者という昭和の野球から脱却できるよね!!


吉田正尚

しかし、吉田正も19試合で.317、5本、10打点と素晴らしい活躍をしているよね!!
個人的には、2番に小谷野か中島を置いて、3番吉田正、4番ロメロ、5番マレーロの方がいいと思うけどね。
しかし、少なくともチャンスに強い吉田正が1番を打つよりも2番の方がいいに決まっているからね。
メジャーリーグのカブスだって、ブライアントを2番に置いているくらいで、2番にいい打者を置くのは流行りだからね。

これからガンガン打ちまくって、来年はぜひ本塁打のタイトルを獲得して欲しいよね!!
頑張れ、吉田正!!


山岡泰輔

この日の山岡は、5.0回を4三振、0四球、6安打、1本塁打、自責点4で3点のリードを守り切れず、勝ち投手になれなかった…。
とはいえ、山岡の場合は、好投しても味方が打てずに勝ち投手になれなかった試合の方が多い。
だから、この試合だけで山岡のことを責められないだろう。
でも、この日は二死から打たれ過ぎたのは反省しなければいけないと思うよ。

勝ち投手になれなくて残念だったけど、10勝&防御率2点台を目指して頑張って欲しいよね!!
今月はシャーザーのオーセンティック・ユニフォームとか買ったので無理だけど、来月は山岡のハイクオリティ・ユニフォームを買おうと思っているんだよ!!
頑張れ、山岡!!


大山暁史

そして、この日の勝ち投手はプロ初勝利の大山だった!!
プロ初勝利、本当におめでとう!!
最初、大山を見たときは速球も140キロ台前半だし、変化球もあまり良くないと思ったんだけど、速球の空振り率が9.38%でスライダーも13.40%とまずまずだったんだね。
しかも、13.2回で18三振で、奪三振率11.85と素晴らしいのだ。

左の中継ぎは貴重だから、ぜひこれをキッカケにブレイクして欲しいよね!!
ナショナルズのオリバー・ペレスみたいな奪三振率が高いリリーフ投手になって欲しいと思う。


ヘルメン

8回途中からヘルメンが登板したけど、9回もイニング跨ぎでヘルメンが投げた。
最速152キロの速球とチェンジアップで1.1回を2三振、0四球、2安打、自責点0に抑えてNPB初セーブを挙げた。

やっぱり、黒木はクローザーに戻さないんだね…。
頑張っていたのに本当にかわいそうだよね。
打たれたのは黒木がクローザーに向いてないのではなくて、これまでの酷使で疲労がたまっていたからだと思うよ。
何とか立ち直って欲しいよね!!

それはそれとして、ヘルメンはNPB初セーブおめでとう!!
これからも頑張ってね!!


次の試合も勝ち運がない西だけど、今度こそ西が勝ち投手になりますように!!


青山愛183

【めぐたんの一言】
今日もロメロ選手の劇的な本塁打で勝負が決まりましたね!!
山岡投手は残念でしたが、これからも頑張って欲しいですね!!

1
西勇輝

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017073005/top

本当に惜しい試合だったと思う。
しかし、こういう試合で3連勝できないのがオリックスの実力なのであり、3連勝させないのが楽天の実力なんだと思う。
西は、今日も7.0回を9三振、1四球、8安打、自責点2の好投だった。
西の速球とフォークは本当にいいね!!
しかも、ストライクをボールと判定されても顔色ひとつ変えないで落ち着いて投げられるところが最高だと思うよ。
今日は、ちょっと球数が多かったけど、それでも勝ち投手に相応しい内容だったと思う。

でも、西も本当にかわいそうだよね…。
防御率3.24はリーグ8位なのに4勝5敗だからね。
他のチームなら7勝か8勝はしていて、シーズン15勝も狙えたと思うよ。
こんなに好投しても好投しても勝てないとなると、嫌気が差して、FAになったときにオリックスを出て行ってしまうだろう。

もっと点を取ろうよ!!
オリックスの投手陣はこんなに素晴らしいのに、それに相応しい勝率になってないのは、打線が不甲斐ないからだよ!!


近藤大亮

近藤は速球は一流なので、質の高い変化球をマスターすべきだね。
いくら素晴らしい速球を持っていても、速球一本ではプロ野球は通用しないからね。
プロの打者に打ち勝つには速球に加えて絶対的な変化球が必要だと思うからね。

近藤はフォークをいくらか投げていたけど、ことごとくファウルにされていたので、切れは良くないんだろうね。
個人的には質の高いスライダーをマスターした方がいいと思う。
速球投手にいちばん合うのはスライダーだし、スライダーは動きも少ないのでコマンドもしやすく、かつ空振り率も高い最高の変化球だからね。
メジャーリーグでもフォークは故障の原因になるからという理由で、カーブは変化が大きいのでコマンドしにくいという理由で敬遠されがちなので、スライダーを投げる投手が多いんだよ。


黒木優太

そして、1点のリードを守り切れず、敗戦投手となってしまった黒木…。
僅差のセーブシチュエーションでプレッシャーがかかったのか、二死から連続四球で一二塁とされ、聖澤に逆転タイムリー二塁打を打たれてしまった…。
野球って無常だなと思ってしまうよね…。

確かに1点差しかなくてプレッシャーもかかっていたのかもしれないけど、黒木は3連投で、しかも楽天戦の初戦は6点差の9回に登板させられている。
クローザーがこんな場面に登板するのはおかしいし、結果として無駄に疲労蓄積させて、今日のBSにつながったといえなくもない。
もっと黒木を大事に使った方がいいよ。
こんな使い方をしていたら無駄に打たれて、黒木も自信をなくしてしまうからね。


マレーロ

打線はマレーロだけが奮起し、3打数2安打3打点1本塁打だった。
今日は小谷野がブレーキになってしまった…。

しかし、ポジションの関係上仕方がないとはいえ、ロメロのセンターって怖いものがあるよね。
打線が打てないので、守備を犠牲にして打撃優先という意図だから仕方がない面はあると思うけどね。
それにしても、もうちょっとT-岡田がしっかりしてくれたらなぁ。
本来ならT-岡田がしっかりと4番に座るのが理想形だからなぁ。


まあ、残念ながらこれがオリックスの限界ということだろうね。
ここから勝つためには何が必要なのかを考えて行かなければいけないだろうね。
それにしても、偏った采配をして、勝ち星を逃し続けている福良監督だけは交代させた方がいいと思うよ。


青山愛180

【めぐたんの一言】
黒木投手は本当に残念でしたね…。
この悔しさを糧にこれから頑張って欲しいですね!!

5
山岡泰輔

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017072905/top

この日の山岡はいつもに比べて球の切れも良くなかったと思うけど、ベテランのように調子が悪い中でも結果を残せるところが素晴らしかったよね!!
7.0回を2三振、1四球、6安打、自責点2は首位の楽天が相手だけに本当に価値があるよね!!
ペナントレースも残り2ケ月ちょっとだけど、ぜひこれから勝ちまくって10勝&新人王を目指して頑張って欲しいよね!!
私もボーナスが出たので、山岡のハイクオリティ・ユニフォームを買って、山岡とオリックスを応援するからね!!
ぜひ、頑張ってね!!


吉田正尚

試合は、3回一死二塁から吉田正の二塁打でオリックスが1点を先制した!!
吉田正は得点圏打率が.385もあるんだから、1番に置くよりもクリーンアップ、特に3番に置いた方がいいと思うよ。
最強の打者は3番に置くべきだからね。

確かに吉田正も出塁率が.400あるけど、何度もいうように出塁率が.396で得点圏打率が.250のT-岡田を1番に置くべきなんだよ。
T-岡田の得点圏打率が.250とはいっても、ここぞという場面ではタイムリーが打てないからね。
こういう打者を1番にするべきだよ。
T-岡田が出塁して、吉田正が返す形が望ましいと思うよ。


伊藤光

しかし、山岡が4回に2点を失い、1-2と逆転されてしまった。
オリックスは5回一死二塁から伊藤のタイムリーで同点となった!!
やっぱり、打撃に関していえば、絶対に若月よりも伊藤の方がいいんだよね。


安達了一

6回は無死満塁から安達が二塁打を放って、オリックスが2点を勝ち越した!!
安達は今日は守備でもいいところを見せていたので、今日の試合のMVPだよね!!
ただ、これで気を良くした福良監督がまた安達を3番とかにしませんように(笑)
さらに伊藤の犠牲フライも出てオリックスは5-2となった!!


ヘルメン

8回はヘルメンが登板した。
ヘルメンは球が速いのはいいけど、こんなにコマンドが悪いのでは使いにくいよね。
走者なしでイニングの頭から登板させてもこれなんだから、走者ありでは到底使えないと思うよ。
近藤をセットアッパーにした方がいいと思うけどなぁ。


黒木優太

9回は黒木が登板した。
クローザーなら負けている場面では投入されにくいので、酷使を防ぐにはクローザーがいいかもね。
しかも、オリックスのリリーフでいちばん安定しているので、安心して9回を任せられるしね。

ただ、このままクローザーで固定すると平野が戻ってきたときが困るね。
平野も走者ありの場面では使いにくい投手だからね。


楽天戦は本当に苦しんでいたけど、やっと楽天に連勝できた!!
それでも楽天戦は3勝11敗と負け過ぎだし、クライマックス・シリーズ出場がかかっているようなプレッシャーがある試合で楽天に勝たないと意味がない。
オリックスは発展途上のチームなので、なかなか難しいと思うけど、これから徐々にそういう試合も勝てるようになって欲しいよね!!
次も西で勝って、楽天をスイープしますように!!

ここ最近、オリックスが8連敗もして、日本の野球を見る気が失せていたけど、この連勝でまた日本の野球を見る気が出てきたよ!!
これも山岡と吉田正のおかげだね!!
この小柄な2人はオリックスの希望の星だよね!!
 

青山愛179

【めぐたんの一言】
山岡投手の好投で楽天に連勝できて本当に嬉しかったですね!!
ぜひ、西投手も好投して、この流れに乗って欲しいですね!!

5
金子千尋

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017072804/top

会社に着いて、途中経過を見てみたら7‐2でオリックスが勝っていた。
ここまで一方的に負けていた楽天に大差で勝っていたのは、クライマックス・シリーズ出場が絶望的となってプレッシャーもなくなり、ある意味気楽になったせいもあると思う。


ロメロ

オリックスの先発の金子は初回に1点を失ったけど、オリックスはロメロの17号ソロで同点とした。
そして、3回は吉田正の3号ソロで1点を勝ち越した。
しかし、金子がピリッとせず、銀次に本塁打を打たれて再度同点となった。

オリックスは、5回に一死満塁からワイルドピッチで1点が入り、安達のファーストゴロでさらに1点を追加した。
そして、小谷野が四球を選んだ後、ロメロに18号3ランが出て、7-2となった。
ロメロもオリックスと複数年契約を結んでから調子が落ちていたので、心配していたんだよ。
食うや食わずで必死になって野球をしていたところに大型契約を結ぶと、ついつい気が緩んで成績が悪化することがあるからね。
今日の打撃を見ているとロメロはその心配はなさそうだね。


私は、金子の力が落ちていると書き続けてきたけど、5点差あるなら心配ないだろうと思っていた。
ところが、7回に5連打を浴びてしまい、金子に代わってヘルメンが登板した。
この日の金子は6.0回を6三振、0四球、8安打、2本塁打、自責点5と敗戦投手並みの成績だった。
もう金子はオリックスでも4番手くらいの投手になっていると思う。


中島宏之

7‐5と勝負の行方がわからなくなったけど、7回二死満塁で中島が打席に入った。
単打でもいのでタイムリーを打ってくれと心から祈った。
するとフルカウントから金刃の外角の速球を上手く流し打って、5号グランドスラムを放ったのだ!!
この一打は本当に大きかったよね!!

中島は、イケメンで女性人気が高いけど、ネットで見たところによるとオリックスの選手でいちばんファンサービスがいいらしいね。
やっぱり、ファンは選手に温かく接してもらうと嬉しくなるよね!!

私も25年前にイチローと話をして、サインをもらったときのことを忘れてないからね。
あのときの思い出があるから今でもイチローを熱心に応援しているんだからね。


黒木優太

8回は近藤が登板し、9回は黒木が登板した。
平野が二軍で調整中なので、当分の間黒木がクローザーになるのだろう。
この日はセーブシチュエーションではなかったけど、クローザーの予行演習ということなのだろう。


これで長かった連敗も8で終わった。
この試合は色々と象徴的な試合だったと思う。
オリックスの絶対的なエースだった金子の衰えが顕在化し、投手陣の再編成が必要となった。
そして、福良監督が志向するバントで進塁させてタイムリーを放つ野球ではなくて、出塁率と長打力を重視した野球の方が効果的であることも示された。

せっかくロメロ、マレーロ、吉田正という長距離砲がそろっているんだから、その前に走者を置いた方が得点力が上がると思うよ。
出塁率が低い駿太、大城、小島を1番や2番で置くよりも1番T-岡田、2番小谷野の方が点が入るよ。
福良監督も固定観念に捉われないでぜひ試して欲しいと思う。


次は山岡が先発なので、ぜひ山岡が勝利投手になりますように!!


青山愛178

【めぐたんの一言】
ようやく長い連敗も終わりましたが、この連敗によってクライマックス・シリーズも絶望的となりました。
来季以降に目を向けて、目先の勝利にこだわらず、勝てるチームを作って欲しいですね!!
頑張れ、オリックス!!

1
西勇輝

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017072304/top

今季は、実に14年ぶりにオリックスを応援してみた。
応援し始めた途端に5月の泥沼が始まった、
それでもめげずに応援していたら交流戦で絶好調になり、一時はクライマックス・シリーズにも出場できるんじゃないかという希望を持った。

しかし、それが限界だった…。
5割を目前にするといつも失速し、Aクラスへ向けての進撃が始まらなかった。
まあ、去年、オリックスはブッチギリの最下位だったので、それに比べれば成長したということで満足すべきなんだろうね。

新人の山岡と西、ディクソンは素晴らしい投球をしていたし、全盛期の力はないにしろ金子もまあまあの投球をしていた。
黒木も素晴らしかったし、平野も失敗はありつつもクローザーの役目を果たしていた。
要するに投手陣は良かったのだ。

しかし、打線があまりにもひど過ぎた…。
T-岡田はチャンスに打てないし、1番と2番の出塁率も低すぎる。
中島も吉田正も故障が多過ぎる。


そして、何もよりも問題なのが理想の野球に固執し過ぎて、勝つ野球を徹底できない福良監督の采配だと思う。
今日もセーブシチュエーションなのに西を引っ張り過ぎて楽天に負けた。
初戦の金子のときも書いたことだけど、セーブシチュエーションなら基本的にセットアッパーとクローザーを投入するべきだと思う。
点差があるとか、ノーヒッターとかそれに近い投球とか、そういう場面でなければ、投手は交代させるべきなのだ。
村田兆治の時代じゃあるまいし、先発完投とか考えが古いんだよね。


まずは福良監督が理想主義を捨てて、現実に即した野球をすること、そして非力な打者をはずしてもっとパワーと選球眼がある打者をそろえること、それがオリックスを強くする方法だと思う。

また、楽天がいくら強いといっても、同じ相手にこれだけ一方的に負けるのはスカウティングにも問題があると思う。
ハッキリいってしまうと親会社やフロントも刷新しないと強くなれないだろうね。


ここまで頑張ってナショナルズとオリックスの2チームのレビューを書いてきたけど、1チームでもしんどい野球のレビューを2チーム共続けるのは無理があるからね。
これからは、何かあったときだけオリックスの記事を書くことにするよ。
前途多難だけど、オリックスがまた強くなりますように!!


青山愛177

【めぐたんの一言】
本当に残念な5連敗でしたね…。
これが野球の難しさなのでしょうね…。

1
山岡泰輔

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017072204/top

オリックス最後の希望であった山岡まで散った…。
その山岡は4.0回を6三振、2四球、8安打、2本塁打、自責点6。
投手は好投を続けながら勝てない試合が続くとだんだん1点もやれないと萎縮した投球になり、かえって大量失点を招いてしまう。
まあ、これが野球の厳しさなんだろうね。

山岡は本当に才能があるいい投手なので、ここまでの好投に見合った勝ち星を挙げていれば、自信をつけて、もっといい投手になっていただろうね。
防御率3.07で3勝7敗とかおかしいだろ!!
いいチームに入っていれば、今頃最多勝を争っていて、防御率も2点台だったと思うよ。
本当に惜しいよね…。

金田、大山、ヘルメンももっと登板機会を与えて使ってあげないと成長できないよ。
勝っていても負けていても黒木、黒木、黒木では黒木も潰れてしまうし、他の投手の成長にもつながらないからね。


中島裕之

オリックスは15安打で7点、楽天は11安打で8点。
この差は何かというと本塁打の差なんだよね。
オリックスはT-岡田の1本だけ、楽天はアマダーの3本と今江の1本で合計4本。
本塁打は得点効率がいいので、これだけの差が出てしまうんだよ。
今どき、安打をつないで得点するという野球は古いんだよ。

だから、このブログで何度も出塁率が高い1番、2番を置いて、クリーンアップが本塁打で大量得点を目指すという方針を書いていたのにね。
福良監督が出塁率が低いシングルヒッターを1番、2番に置くことに固執する意図がわからないよね。
もっと現状に即した得点効率がいい打順を組めばいいのに。
やっとT-岡田を1番に置くというアイデアに至ったのに全然実行しないじゃないか。
理想ばかりじゃなくて勝てる野球をやってくれよ!!


今季、福良監督の柔軟性がない采配で何回負けただろうか?
もっとオリックスの実情に即した采配をしていれば、今頃は西武と3位を争っていたと思うよ。

最下位のロッテにも勝てない、首位の楽天にも1勝10敗1分で、オリックスも4連敗だ。
3位の西武とは7.5ゲーム差になった。
この4連敗でもうクライマックス・シリーズも絶望的となった。
今季も終戦という訳だ。


確かに去年のブッチギリの最下位からは良くなったと思うよ。
でも、采配が良かったら、3位になる可能性はあったんじゃないの?
私は福良監督が現役の頃を知っているだけに応援したい気持ちはあるけど、監督は交代させるべきだと思うけどね。
本当に残念な4連敗だったね…。


青山愛176

【めぐたんの一言】
これでオリックスもBクラスが確定的になってしまいましたね…。
これからは来季につながる試合を期待したいと思います。

このページのトップヘ