Nationals Nation

マックス・シャーザー/スティーブン・ストラスバーグ/タナー・ロアーク/ダニエル・マーフィー/トレイ・ターナー/フアン・ソト/マイケル・コペック/イチロー/ワシントン・ナショナルズ/佐倉絆/友田彩也香/星美りか/かさいあみ/天使もえ/鈴村あいり/音市美音/石原莉奈/大橋未久/羽月希/橋本環奈/長濱ねる/辰巳シーナ/藤原亜紀乃/三田羽衣/神谷えりな/窪田美沙/について語る星鈴のブログです。

カテゴリ:MLB > エリック・フェッド

1
エリック・フェッド

https://www.mlb.com/gameday/red-sox-vs-nationals/2018/07/04/530695#game_state=live,game_tab=box,game=530695,lock_state=live

夜勤中で試合を観てなかったんだけど、フェッドは1.0回で降板していた。
原因は、肩の痛みだそうだ。
この際、フェッドが1回で降板しようがするまいが大した違いはない。
なぜなら今日も完封負けだからだ。
ただでさえ勝てないのに、絶好調のレッドソックスが相手では勝てるはずもない。

6月だけで8回も完封負けし、ナショナルズは6月8日以来6勝18敗で、メジャーリーグ全体でも同期間にこれよりも悪い勝率なのはオリオールズとロイヤルズだけだそうだ。


こんなときにハービーとイグレシアスをトレードで獲得するという話があるらしい。
冗談じゃないよ。
こんな状態で補強しても無駄骨になるだけさ。
ナショナルズがやるべきことは買い手になるのではなくて、売り手になることだ。

失敗したときのリスクを考えなよ。
ハービーとイグレシアスを獲得して、薄手のマイナーからさらに若手を放出して、ポストシーズンにも進出できず、ハーパーはオフにFAで移籍する。
この状態でポストシーズンなんて出れると思うかい?
可能性はあるとはいっても限りなくゼロに近いと思うよ。

ナショナルズの公式のコメント欄でもマルティネス監督に対する不満が大きくなってきているし、チーム内でなにか不協和音があるのではないかという意見もある。
私も同感だ。
そして、故障者続出で、不振の選手が多いとはいっても、借金するなんてマルティネス監督の手腕も疑問符が付くし、もはや選手に対する求心力も失われているのではないだろうか?


安上がりで監督やコーチを追い求めた結果、チームの危機に誰1人対処できないスタッフになってしまった。
去年の状態を見て、キンツラーとか絶対に成績が悪化しそうだったのに500万ドルも出して契約してしまった。
こんな金があるんだったら、もっと経験豊富な監督を雇うべきだったのでは?

今のナショナルズを見てわからないかい?
選手に覇気がなく、戦意喪失しているよ。
こんな状態で補強したところで焼け石に水だよ。
ましてやハービーなんてチームをほっぽり出して深夜のパーティーで遊び惚けている選手じゃないか。
こんな選手を入団させたら、チームの結束が乱れるよ。


前進し続けて、何もかも失ってボロボロになるよりも、いったん後退して、チームを立て直した方がいい。
後退する勇気を持とう。


2018-19 MLB Free Agents - MLB Trade Rumors
https://www.mlbtraderumors.com/2016/12/2018-19-mlb-free-agents.html

ハーパーをトレードに出して、ファームを充実させ、ハーパー、ゴンザレス、マーフィー、マドソン、ウィータース、ケリー、アダムスの退団で浮く7,879万ドルを使い、オフにFAでいい選手を獲得すればいいじゃないか。
今年で野球が終わる訳ではないのだから、今年に何もかも全てを賭ける必要もないと思うよ。
今年を割り切って捨ててしまい、来季に戦力を整えて勝負してもいいんじゃないの?

いい方に考えれば、ハーパーと長期契約しなかったので、不良債権化せずに済んだのだ。
年俸4,000万ドルの13年契約をしてて今の成績だったらもっと気が重かったと思うよ。


2456bba812670c29f6cd19394642cf75

しかし、今季はメジャーリーグに賭けていたのにこんなにダメダメで、せめてサッカーはと思っていたらバルセロナもアルゼンチンもダメダメで、スポーツはいいことが何もないね。
今年は、東京に行って、マスカッツ仲間の女の子と飲みに行って、翌日はお台場に遊びに行くんだけど、これだけが楽しみだわ。
お台場の観覧車から見る夜景は綺麗だろうなぁ。
私はギャルゲーの月姫が好きなので、アニメ版で志貴とアルクェイドがデートしていたサンシャイン水族館にも行きたいんだけどなぁ。

最近、週2回以上この子と長電話しているんだけど、この子がいなかったら、ナショナルズが勝てないストレスで押し潰されていたと思うよ。
本当に今年はつらい。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=4&year=2018&game=gid_2018_07_04_bosmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=607200&prevGame=gid_2018_07_04_bosmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=74&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/red-sox-vs-nationals/2018/07/04/530695#game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=530695


橋本環奈015

【環奈ちゃんの一言】
今年のメジャーリーグはストレスがたまることばかりですね。
せめてシャーザー投手のサイ・ヤング賞だけは獲得して欲しいのですが…。

5
エリック・フェッド

https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-phillies/2018/06/29/530637#,game_state=live,game_tab=plays,game=530637,lock_state=live

今日のフェッドは、5.0回を3三振、3四球、8安打、2本塁打、自責点5だった。
打順1巡目は無難に抑えることができたけど、2巡目になって、フィリーズの打者の目が慣れてくると脆さが露呈した。
4回に2点、5回に3点を失ったが、打線が爆発したので、メジャーリーグ初勝利を挙げることができた。

フェッドは5.0回で115球も投げ、ストライクはわずか69球、ストライク率は60.0%に過ぎなかった。
シンカーの最速が96.8マイル、平均が94.3マイル、空振り率は5.7%だった。
変化球は、スライダーが13.3%、カーブが13.3%、カッターが0.0%、スプリッターが5.0%とどの変化球も決め手に欠けていた。
そして、全球種でストライク率が低かった。

空振りが奪える絶対的な球がないので、ファウルで粘られやすい。
バットに簡単に当てられるだけに被安打も多い。
打たれたくない一心でコーナーを狙った球がボールとなって、四球3つにつながった。
球速こそまずまずだけど、コマンド、変化球のクオリティー、修正すべき点がまだたくさんある。

ただ、初勝利で自信を付け、成長のための起爆剤になればいいと思ったね。
ナショナルズには先発で使えそうな若手が他にいないので、フェッドにかかる期待は大きい。
ぜひ、頑張って欲しいと思う。


マット・グレース

グレースは1.0回を1三振、0四球、0安打だった。


ティム・コリンズ

コリンズは、1.0回を0三振、1四球、2安打、自責点2だった。
コリンズは2試合自責点2なので、ここが踏ん張りところだ。
メジャーリーグで生き残っていくためにも頑張って欲しいよね!!


サミー・ソリス

ソリースは、1.0回を1三振、1四球、0安打、自責点0だった。
今年こそひと皮むけた成績を残したいよね!!
せめて、防御率3点台前半を目指して欲しいと思う。


ジャスティン・ミラー

ミラーは、連続失点が5で止まった。
今季初登板から連続無死点が効いているので、防御率は2.75とまずまずだ。
コリンズと同様にここで踏ん張らないとメジャーリーグで生き残っていくことはできない。
頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=29&year=2018&game=gid_2018_06_29_wasmlb_phimlb_1%2F&pitchSel=607200&prevGame=gid_2018_06_29_wasmlb_phimlb_1%2F&prevDate=629&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-phillies/2018/06/29/530637/final/video#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=530637


トレイ・ターナー

打線は、初回、無死一塁からターナーの9号2ランで先制した!!


ホアン・ソト

ハーパー三振の後、レンドンが二塁打を放ち、ソトが7号2ランで2点を追加し、4-0となった!!


レンドン2

2回は二死一二塁からレンドンが10号3ランを放ち、7-0となって勝負ありだった!!


ハーパー3

ナショナルズはさらに攻撃の手を緩めず、4回には無死一二塁からハーパーが20号3ランを放った!!
ハーパーは6月は.193、2本、9打点と散々だった。
今日の本塁打もフィリーズの敗戦処理からの本塁打なので、調子が上がっている訳ではないだろう。

フィリーズに5点を返されたけど、6回にレイノルズの犠牲フライで1点を追加し、12-5となった!!


ブライアン・グッドウィン

9回はグッドウィンの2号ソロ、ソトのこの日2本目の8号3ラン、レイノルズの7号ソロで5点を追加し、17-7でナショナルズが圧勝だった!!
これで打線が良くなればいいけど、今年は打線の良さが長続きしないのが欠点だ。
次のシャーザーの先発でもまた3安打完封負けとかありそうだからね。

しかし、そんな中でソトが6打数4安打2本塁打5打点と素晴らしい活躍だった!!
今年の打線で唯一頑張っている選手だね!!
次はぜひシャーザーのときに打って欲しいよね!!


橋本環奈008

【環奈ちゃんの一言】
今日は久しぶりの打線が爆発しましたね!!
ソト選手は素晴らしい活躍でしたし、フェッド投手のメジャーリーグ初勝利も嬉しかったですね!!
この良さを明日以降も継続して欲しいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

1
エリック・フェッド

https://www.mlb.com/gameday/phillies-vs-nationals/2018/06/23/530552?#,game_state=live,lock_state=live,game_tab=box,game=530552

ノラとフェッドのマッチアップだから負けると思っていたけど、予想以上にフェッドが頑張っていた。
6回の裏までにもう1点取っていれば、フェッドが勝ち投手になる可能性があった。
しかし、その1点が今日も奪えない。
こんなに頑張っている若手投手にメジャーリーグ初勝利をプレゼントしてやろうという姿勢が見えてこない。

最近は、どうせまた点が取れないんだろうと思って、中継を観ている。
マルティネス監督は、こういう状況を打開しようと何か手を打つということがない。
打順を変更するくらいだ。

今日もフェッドにメジャーリーグ初勝利をプレゼントしてあげたいという気持ちはわかるけど、6回終了時点で球数も97球だったし、もう見てても限界だった。
私は7回頭から投手交代すると思っていたけど、無理に引っ張って7回の失点を招いてしまった。
マルティネス監督は、中継ぎのローテーションをしたりして、投手を無理使いしないのは素晴らしいと思うけど、先発を引っ張り過ぎる傾向がある。
あの場面は、頭からマドソンに代えていれば、7回の失点はなかったのでは?


ケルビン・ヘレーラ

8回はヘレーラが登板したけど、早々とヘレーラもナショナルズに染まって来たね。
ナショナルズに移籍してきたリリーフは長持ちせずに劣化する投手が多いからね。
去年と比較しても、去年も今年もいいリリーフってドゥーリトルくらいだしね。

それにしても何でこんなにホームで弱いんだよ?
ナショナルズのファンもこんな試合ばかり見せられてウンザリしているのでは?


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=23&year=2018&game=gid_2018_06_23_phimlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=607200&prevGame=gid_2018_06_23_phimlb_wasmlb_1%2F&prevDate=623&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/phillies-vs-nationals/2018/06/23/530552?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=530552


ハーパー3

今日も打線は6安打で3点だけ。
チーム得点312はメジャーリーグ全体で22位、1位のレッドソックスとは85点も違う。
1試合1点以上違うんだから、勝率もこんなに違うはずだよ。
チーム打率.238は20位で、1位のアストロズと.027も違う。
今年のメジャーリーグは、全体的に去年ほどチーム打率が良くないことを差し引いても打てなさ過ぎだ。

私は、オープン戦からずっと悪いままの打線を立て直せないことに関しては非常に不満を持っている。
オープン戦が始まってから4ヶ月になろうというのに、どこか良くなったのかね?
マルティネス監督には、打線に関しては修正能力がないのかと思ってしまう。


前の試合のレビューでも書いたけど、やることなすことが上手く噛み合わないというのは2015年にすごく似ている。
こんなに勝てないとマルティネス監督の求心力が落ちる可能性があると思っていたけど、もうすでに落ちているのかもしれない。
ウィリアムズ監督のときも何か不協和音があるのではないかとブログに書いていたら、案の定、後で問題が発覚していたからね。

前任のベイカー監督がデータ軽視だったから、後任はデータ重視のマルティネス監督を持ってきたんだと思うけど、マルティネス監督はデータ重視のあまり人心掌握が上手くないのかもしれないね。
あと、チームの雰囲気が良くなさそうに感じるんだけど、可能性があるのはやはりハーパーだろうね。
これだけ打てないのにいつまでもレギュラーから外されないことについて、他の選手に不満がたまっている可能性もある。

正直なところ、この調子だと地区優勝も無理だろうね。
何かを劇的に変えないとたぶん良くならないと思うよ。
私が考える劇的な変化はハーパーのトレードだよ。
そうすれば、チームの雰囲気が良くなるかもしれないし、仮に良くならなくてもプロスペクトが得られるからね。


今日の試合を観て、地区優勝すらできないことに対しての心の準備ができたよ。
今年、地区優勝すらできないのであれば、マルティネス監督は解任するべきだし、任命責任でリゾーGMも解任するべきだよ。


橋本環奈002

【橋本環奈ちゃんの一言】
今日も残念な試合でしたね…。
負けても何か明日につながることが見えてくるならいいですけど、何も見えてきませんね。
きっと明日も同じように負けるんでしょうね。

1
エリック・フェッド

https://www.mlb.com/gameday/yankees-vs-nationals/2018/06/18/530046?#,game_state=live,game_tab=,game=530046,lock_state=live

5回を抑えれば、フェッドのメジャーリーグ初勝利も見えてきたんだけど、またしても5回に踏ん張り切れなかった。
5回にヒックスに9号2ランを打たれ、またしても初勝利はお預けとなった。
しかし、マイナーリーグでも3勝2敗、防御率4.76なんだから、これが精一杯なんだろうね。
まあ、この試合は負けると思っていたので、仕方がないよね…。

フェッドって本当に才能を無駄遣いしているよね。
95マイルを超える平均球速があり、スライダーもそれなりにいいのに、3Aで3勝2敗、防御率4.76っておかしくない?
やっぱり、これだけの球速とスライダーがあるんだから、シンカーを捨てて4シームで高めを攻めて、スライダーで低めを攻めて、高低を上手く使った投球をした方がいいのでは?

シャーザーと同じ投球スタイルを目指した方がいいよ。
打たれやすいシンカーは捨てた方がいいと思うけどなぁ。


ワンダー・スエーロ

スエーロもソリースも今日2回目の登板だったので、疲れているみたいだった。


ショーン・ケリー

ケリーとグレースは、1.0回を自責点0だった。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=18&year=2018&game=gid_2018_06_18_nyamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=607200&prevGame=gid_2018_06_18_nyamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=618&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/yankees-vs-nationals/2018/06/18/530046?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=530046


ハーパー3

それにしても打てない。
得点圏で11打数0安打で勝てるはずもない。
ハーパーは4打数0安打でまたしても大ブレーキになった。

ハーパーの1打席目は3球全てボール球なのに2球もボール球に手を出してサードゴロ。
2打席目も2球ともボールなのに2球とも手を出してサードゴロ。
3打席目はボール球のカーブに手を出して三振。
4打席目は真ん中の甘いカッターをショートゴロ。
全く打てる気がしない…。

もうハーパーを下位の打順を打たせるというよりもレギュラーから外した方がいいレベルだ。
守備力を犠牲にして、全く打てないハーパーにセンターをさせる意味などない。
ライトですらUZR-4.0なのに、打率.212とサッパリの選手にセンターをさせるのはデメリットしかない。
打撃好調でセンターの守備もUZR1.7と守備も上手いテイラーを外す必要はないのだ。
今やハーパーは、打撃でもテイラー以下だからね。


157d6cd6569ce8ee748671bcdf92623d

それでもヤンキースなら…。
ヤンキースならきっと何とかしてくれる…。


そんなハーパーをヤンキースにトレードしてあげよう!!
ハーパーをセンターにすれば、スタントン、ハーパー、ジャッジの超銀河系打線ができるよ!!
守備はボロボロだと思うけど(笑)
ヤンキースならきっとハーパーに年俸4,000万ドルの13年契約をしてくれるさ!!

ジャッジでも獲得したことがないMVP受賞者でもあり、オールスターに5回も出場している大選手をトレードしてあげようというんだから、交換要員はセベリーノでいいよ(笑)

ナショナルズは、シャーザー、ストラスバーグ、セベリーノ、ゴンザレス、ロアークの超銀河系ローテーションができるよ!!
ヤンキースは超銀河系打線ができて、ナショナルズは超銀河系ローテーションができるからウィン・ウィンじゃないか!!
キャッシュマンさん、ぜひともご検討下さい!!(笑)


それにしても6回に無死一三塁で1点も入らないとはね…。
レイノルズは12球粘ったといえば聞こえがいいけど、5球もあったド真ん中の球を打ち損じて、最後は三振だった。
マーフィーも初球のド真ん中を見逃して、続くボール球を2球とも空振りして三振だった。
セベリーノもド真ん中のスライダーをショートフライで無得点だった。
こんなに甘い球を見逃したり打ち損じているなら点が入るはずもない。

本当にひどい打線だよ…。
この試合は2-4でヤンキースに負けてしまった…。


【ジオ・ゴンザレス 】【MLB2018】 Game70 フアン・ソトの2ランでヤンキースを撃沈!!  Nationals Nation
http://strasburg37.blog.jp/archives/24547477.html

1試合目もちゃんとレビューを書いているので、ぜひ見てね!!


s-滝川クリステル117

【クリ様の一言】
まあ、フェッド投手なので、この負けは仕方がないですね…。
それにしてもハーパー選手も本当にひどい状態ですね。
髭を剃っても全く効果がなかったですね…。

5
ナショナルズ066

https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-yankees/2018/06/13/530425#,game_state=live,game_tab=box,game=530425,lock_state=live

本当は、きのうのロアークとサバシアのマッチアップで勝っておきたかった。
今日の先発はフェッドだと予想されていたので、3Aでも今一つなフェッドがヤンキースの打線を抑えられるとは思わなかったからだ。
なので、きのう勝って、今日負けて、1勝1敗でこのシリーズを乗り切ればいいと思っていた。

ところがきのうはナショナルズの打線がサッパリで、負けてしまった…。
こうなった以上は、今日勝つしかない。
きのうのブログで書いたようにナショナルズが打ち勝つしかなかった。

ナショナルズが初回に一死二三塁からレンドンの犠牲フライで先制するも、フェッドが3点を失って、1-3となった。
きのうのナショナルズ打線の不甲斐なさを考えると、今日も負けるのではないかという不安が心をよぎった。


しかし、その流れを変えたのが、我らが期待のプロスペクトであるフアン・ソトだった!!
今季、ナショナルズは外野手の故障が相次ぎ、やむなく2Aに昇格したばかりで、わずか8試合しか出てないソトをメジャーリーグに昇格させた。
今季、マイナーリーグでは39試合で、.362、14本、52打点とはいっても、19歳のマイナーリーガーがいきなりメジャーリーグで打てるとは誰も思ってなかっただろう。

ところが、昇格するといきなり打ち出し、素晴らしい成績を残した。
今やナショナルズには欠かせない主力選手になったのである。
そして、1-3とリードされている4回二死一三塁から、外角の95.9マイルの4シームを逆らわずに見事な流し打ちで3ラン本塁打を放ったのだった!!

本当に価値ある本塁打だったよね!!
これが19歳の若者の打撃だよ!!
今季、ハーパーが抜けても余裕で大丈夫と思わせる一撃だったね!!


ところが、フェッドがピリッとせず、5回に4-4の同点に追い付かれてしまった。
しかし、またしても7回にソトが真ん中の甘い91.8マイルの4シームを本塁打にして、ナショナルズが5-4と勝ち越した!!
これが決勝点となり、ナショナルズはこのシリーズを1勝1敗とした!!
きのう負けた時点ではスイープされる可能性も高いと思っていたけど、これが野球なんだろうね!!

ソトは、メジャーリーグに昇格して14試合で.344、5本、12打点、1盗塁と大活躍だ!!
本当に素晴らしい活躍だよね!!
今日は本当にソトのおかげで勝つことができたよ!!
本当にありがとう!!


アダム・イートン

また、復帰したイートンも絶好調だね!!
マーフィーも1本出れば打ちまくると思うので、イートン、ソト、マーフィーで打線を引っ張って欲しいよね!!
投手陣が絶好調なので、打線が打てばナショナル・リーグ東地区でも独走できると思うよ。


エリック・フェッド

今日の先発はフェッドだった。
ストラスバーグとヘリクソンがDL入りしているので、その代役だ。
しかし、今季は3Aでも3勝2敗、防御率4.76なので、期待はできない。

今日も3点を失いながらもソトの3ランで一時は勝ち投手の権利も得たけど、5回に1点を失い、メジャーリーグ初勝利はお預けとなった。
今日は、5.0回を3三振、1四球、6安打、2本塁打、自責点4だった。

4点を失ったとはいえ、シンカーの最速は97.7マイル、平均は96.0マイルとシャーザーやストラスバーグに匹敵する球速だった。
しかし、シンカーの空振り率は3.6%と極端に低い。
このブログで何度も書いてきたことだけど、シンカーって球速はあってもバットに当てやすい球なので、フェッドもシンカーではなくて、4シームに切り替えた方がいいんじゃないの?

チェンジアップとスライダーは6球ずつ投げて空振り率は0.0%、カーブは15球投げて空振り率は26.7%とかなり良かった。
いい球は投げているし、3Aでも56.2回で61三振を奪っている。
しかし、被安打が69本もあるから防御率4.76になるのだろう。
もっと4シームを使って、空振り率を上げて行けば、いい投手になると思うよ。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=13&year=2018&game=gid_2018_06_13_wasmlb_nyamlb_1%2F&pitchSel=607200&prevGame=gid_2018_06_13_wasmlb_nyamlb_1%2F&prevDate=613&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-yankees/2018/06/13/530425?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=530425


ジャスティン・ミラー

何点取られるかわからないフェッドが降板し、6回からミラーが登板した!!
垓下の戦いで韓信の援軍が到着したときの劉邦のような頼もしい気持ちになるよね!!
何と心強い投手だろうか!!
ガチでメジャーリーグ最高の中継ぎかもしれない。
というか、この使い勝手の良さまで考慮するとメジャーリーグ最高のリリーフかもしれない。

今日も1.2回を4三振、0四球、1安打の素晴らしい投球だった!!
ミラーが登板すると打線も打ち始めるので、今日も勝ち投手になり、4勝目を挙げた!!
9試合投げて、4勝0敗、防御率0.00、10.2回で21三振、0四球、2安打という圧倒的な内容だ!!
奪三振率は何と17.72だ!!

球速以上に威力がある4シームは最速95.1マイル、平均93.8マイルで、空振り率14.3%だった。
スライダーは空振り率38.5%だった。
正にアンタッチャブルなリリーフだね!!


ドゥーリトル

ミラーの後は、ソリースとマドソンでつないで、9回は守護神ドゥーリトルが登板した。
ドゥーリトルは1.0回を1三振のパーフェクトリリーフだった!!
去年の序盤は、ナショナルズのブルペンはメジャーリーグ最低レベルだったけど、ミラーやコリンズが加入した後はメジャーリーグ最高レベルになって来たのではないだろうか?


今日は厳しいマッチアップだったけど、きのうの借りを返すことができて本当に良かったね!!
復帰したイートンとソトが絶好調だし、マーフィーも戻ってきたので、これからは打線も頑張って欲しいよね!!
先発もブルペンもメジャーリーグ最強の投手陣に加えて、打線も打ちまくってシーズン100勝を達成して欲しいよね!!
頑張れ、ナショナルズ!!


ナショナルズ060

ナショナルズ062

https://jp.shop.gopro.com/cameras

ところでMLB.TVのこのカメラのCMめちゃくちゃ音がうるさくない?
私はいつも音を小さめで観ているんだけど、それでも割れんばかりの大音量だし、夜中に観戦しているときも大音量で近所迷惑になる。
しかも、音声をオフにしていても強制的に大音量が鳴るという迷惑ぶり。
私も頭に来たので、TwitterのMLB.TVの公式にこのCMの音がうるさいから音を小さくしてくれと書いたんだよ。
でも、レスもなくて無視されたけどね。

本当に大概にしとけよ、このCM!!
みんな迷惑しているだろうから、いつか音も小さくなるだろうと思っていたんだけど、全然変わらないじゃないか!!
本当に迷惑なので、やめてくれ!!
というか、こういうのはどこに文句いえばいいの?


s-滝川クリステル113

【クリ様の一言】
ソト選手の2本の本塁打は本当に素晴らしかったですよね!!
1-3の劣勢の場面で逆転3ラン、同点に追い付かれてのソロといい場面で打ちましたよ!!
私も外野手にけが人が多くて止むなく昇格させただけと思ってましたが、ここまで活躍するとは夢にも思わなかったですよ!!
これからは低迷するナショナルズ打線を引っ張って行って欲しいですね!!
今日は素晴らしい活躍をありがとうございました!!

1
エリック・フェッド

https://www.mlb.com/gameday/padres-vs-nationals/2018/05/23/530143?#,game_state=live,game_tab=box,game=530143,lock_state=live

今日は、雨の影響でフェッドが先発となっていた。
フェッドはマイナーリーグで1勝1敗、防御率4.35だった。
マイナーリーグで防御率4点台の投手がメジャーリーグでいい投球はできないだろうと思っていたけど、なかなかいい投球を見せてくれた。

シンカーは最速96.6マイルで、平均が95.2マイル、空振り率が6.1%だった。
スライダーが素晴らしく、空振り率は25.9%とシャーザーに匹敵するレベルだった。
94球投げて57球がストライクで、ストライク率60.6%は課題が残ったけど、かなりいい投球だったと思う。

しかし、結果は5.2回を6三振、1四球、5安打、自責点3と今一つだった。
というのも、6回のライトフライをハーパーが捕球できなかったからだ。
あれば普通は普通に捕球できるだろ!!

今季、ハーパーは大幅に守備が劣化している。
去年、DRSは4だったけど、今季はまだ5月も終わってないのに-6だ。
今季が終わる頃にはどれだけマイナスになっているか想像もつかない。
打撃も極度の不振だし、25歳でこれだけ守備が劣化するなんて、近い将来DHしかできなくなるんじゃないかと思ってしまうよね。

ジョーダン・ジマーマンにしろ、デスモンドにしろ、ナショナルズの長期契約を断った瞬間に劣化が始まり、「やっぱり長期契約しなくて良かった」となることが多い。
ソニータイマー」ならぬ「ナショナルズタイマー」があるんじゃないかと思えてくるよね(笑)
ハーパーもナショナルズの長期契約を蹴ったから、ナショナルズタイマーが発動したんだと思うよ。

その代わりに獲得したシャーザーやターナーがどれだけ活躍しているか考えるといい。
前にも書いたけど、あれだけ安定していたプホルスでも劣化するんだから、今の状態を見て、ハーパーと長期契約とかリスクが大き過ぎると思わない?

私個人としては、どうしてもハーパーが必要だとは思わないんだよね。
外野手はロブレスもいるし、ソトも良さそうなので、ハーパーに大金を突っ込む必要はないよ。
そのお金でブルペンを整備した方がバランスがいいチームができると思うよ。

今日もハーパーがあのライトフライを捕球していれば、フェッドは6.0回を6三振、1四球、4安打、自責点1となり、メジャーリーグでもやっていけるという自信が付いたと思うんだけどなぁ。
本当に残念だよ…。


ティム・コリンズ



今日もコリンズが0.2回を自責点0に抑えた。
この後に投げたゴット、ソリース、ケリーは当てにならないので、ぜひコリンズがしっかりと結果を残して、信頼できるリリーフになって欲しい。

コリンズは165センチの小さな体から最速94.2マイル、平均90.9マイルの4シームを投げ、空振り率は16.7%もあった。
カッターの空振り率も100.0%だった。
今日は良くなかったけど、カーブもなかなかいいからね。
本当に期待しているので、スエーロと2人で頑張って欲しいよね!!

私は先発はシャーザーやストラスバーグみたいなエリートが好きなんだけど、リリーフはこんな感じの苦労人を応援したくなるんだよ。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=23&year=2018&game=gid_2018_05_23_sdnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=607200&prevGame=gid_2018_05_23_sdnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=523&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/padres-vs-nationals/2018/05/23/530143?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=530143


マット・アダムス

打線はアダムスが3打数3安打1本塁打と一人で頑張っていたけど、7安打、1点では勝ちようもない。
メジャーリーグ最高の先発投手陣を擁しながら、メジャーリーグ最低クラスのブルペンとメジャーリーグでも平均レベルまで落ちた打線。
得点こそ12位だけど、弱いチーム相手に大量点を取って嵩上げしているだけだ。
ちょっとでもいい投手が投げてくると今日みたいに打てなくなる。
せっかくの先発投手陣が宝の持ち腐れになるので、もうちょっと打って欲しいよね…。


s-CCサバシア

https://www.mlb.com/gameday/yankees-vs-rangers/2018/05/23/530141?#,game_state=live,game_tab=box,game=530141,lock_state=live

去年、私が書いていたようにサバシアは出来過ぎだった。
今季も序盤は好スタートを切っていたけど、セイバーメトリクス系の数値は悪く、いつか大崩れすると思っていたよ。
案の定、サバシアは崩れてきたね。
しかし、4.1回を1三振、3四球、6安打、2本塁打、自責点7なのにヤンキースが打ちまくって負けが付かないのが悔しいよね。


ジェイコブ・デグロム

https://www.mlb.com/gameday/marlins-vs-mets/2018/05/23/530140#,game_state=live,game_tab=,game=530140,lock_state=live

マーリンズも情けない…。
デグロムとシャーザーは防御率のタイトルを争っているのだから、デグロムから1点くらいは取って欲しかったよね。
マーリンズがメジャーリーグ最弱なのは知っているけど、1点くらいは何とかしてくれよ!!

次の先発でシャーザーが無失点に抑えて、防御率1位に返り咲こうと思っていたのに遠のいてしまったよ…。
でも、ファミリアから1点を取って、デグロムの勝ち星を消してくれたのは嬉しかったよ!!


s-滝川クリステル89

【クリ様の一言】
今日も打線がサッパリでしたね…。
ハーパー選手の守備にもガッカリですね…。
マーフィー選手が早く戻って来て欲しいですね!!

5
エリック・フェッド

https://www.mlb.com/gameday/cardinals-vs-nationals/2018/03/16/534106?#,game_state=live,game_tab=,game=534106

今日は、夜勤中に2台もトラックが故障して大忙しだった。
やっと落ち着いてMLB.TVを観てみたら、ちょうどフェッドが投げていた。
すると98マイルの速球を投げているではないか!!
一瞬見間違えたのかと思ったら、次は99マイル出ているではないか!!

しかも、カーブが絶妙なコースに決まってて、カーブで空振りの三振を2つ奪っていた。
デフォルトで97マイル出ているし、とても去年のフェッドと同じ投手とは思えなかった。


bbb732d1

Dioのスタンド「ザ・ワールド」を体験したポルナレフのような心境になる私(笑)

去年、オープン戦で見たときは93~94マイルの速球を投げ、最速は95マイルでコマンドもそれなりにいい投手だという印象を受けた。
このときは夏くらいにはメジャーリーグに昇格して、それなりに好成績も残せると思っていた。

2Aでは3勝3敗、防御率3.03とまずまずの成績を残していたが、3Aに昇格すると1勝2敗、防御率4.76と散々だった。
それでもナショナルズの先発5番手が不足し、ダメ元でメジャーリーグ昇格を果たした。
しかし、予想通り打ち込まれ、0勝1敗、防御率9.39と無残な結果に終わった。

去年のフェッドは、シンカーの平均球速が93.04マイル、最速が96.47マイル、空振り率が6.04%だった。
スライダーの空振り率が8.51%、スプリッターが12.50%だった。
要するに球速も変化球も絶対的な武器がない投手だった。

それが、今日は最速が99マイル、カーブは切れ切れだったのだ。
今日はオープン戦だから、PITCHf/xがないので球種は表示されなかった。
個人的には、あの82~83マイルの変化球はカーブだと思ったんだけど、去年までの持ち球にカーブはないんだよね。
スライダーやスプリッターにしたら落差が大き過ぎるから、あれはカーブだと思うよ。
スライダーも投げていたけど、スライダーのコマンドは良くなかった。


ルーカス・ジオリート

2014年、ルーカス・ジオリートは100マイルの速球とカーショウ級のカーブ、そして素晴らしいコマンドがあるといわれていて、プロスペクトで投手部門最高の評価を受けていた。
ところが、メジャーリーグに昇格すると速球は93マイル程度で最速も96マイル、カーブはストライクも取れずに、コマンドは最悪という惨状だった。

そして、レイナルド・ロペスも制球難で、ジオリートと共にトレードでホワイトソックスに放出された。
その代わりにフェッドに頑張ってもらいたいと思っていたら、そのフェッドも0勝1敗、防御率9.39だったから、もうナショナルズの若手投手は壊滅状態なのだと思っていたよ。

それがオフの間にフェッドがここまで成長しているとはね!!
何をどうしたらあんなに良くなるんだ?(笑)
97~98マイルの球をあれだけ投げられるなら、100マイルにも手が届くだろうね。
これは本当に嬉しかった!!
このオープン戦でいちばん嬉しい出来事だったね!!

仮にフェッドが先発5番手になるとしても、投球回制限になると思うので、ロスが復帰すればロスを先発にして、フェッドがリリーフに回ればいいと思うよ。
めちゃくちゃ夢が広がるよね!!


ゴンザレス

今日はゴンザレスも5.0回を3三振、1四球、4安打、1本塁打、自責点1の好投だった。
ゴンザレスが今季も15勝、防御率3.50くらい挙げてくれるとナショナルズもシーズン100勝も狙えるだろう。
ぜひ頑張って欲しいよね!!

そして、今日もコリンズが好投していた。
コリンズは頑張っているので、ぜひ開幕ロースターに残ってもらいたいよね!!


【今日の投球】


【今日の動画】 



ハーパー3

1点をリードされたナショナルズは、6回無死一三塁からハーパーのタイムリーで同点となった!!
レンドンが四球で、続くマット・アダムスがタイムリーで勝ち越し、ケンドリックの犠牲フライとワイルドピッチも加わって、一挙に4点を挙げた!!

9回に1点を奪われたが、4‐2でナショナルズが勝った!!
今日は、今までのオープン戦でいちばんいい試合だったと思う。


イチロー

イチロー、1番で先発も打席に立てず 右ふくらはぎに張り…開幕戦に暗雲 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000003-sanspo-base

まあ、仮に開幕戦に間に合わなかったとしても、焦らずにじっくりと治して欲しいよね。
焦って、状態が悪いままレギュラーシーズンに突入するのがいちばん悪いからね。
今季はイチロー最後の1年になると思うので、万全の状態で試合に出場したいからね。


エンゼルス・大谷、サイ・ヤング賞右腕に完敗 2戦9打席連続無安打で打率1割に (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000082-sph-base

まあ、私はメジャーリーグで二刀流は無理だと思うよ。
日本だって、どっちつかずの成績になって、怪我ばかりしていたんだからね。
エンゼルスとしては、ある低緯度打者でやらせてみて、ダメならさっさと投手に専念させるつもりだろう。


ダイヤモンドバックス・平野、また2戦連続本塁打浴びる (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180315-00000150-sph-base

というか、平野はオリックスでも結果的に抑えていただけで、アップアップの投球だったからね。
私はとてもメジャーリーグで活躍できる投手ではないと思うけどなぁ。


滝川クリステル023

【クリ様の一言】
今日は、フェッド投手に尽きますね!!
あの投手が最速99マイルの速球投手になるなんて、誰が予想したでしょうか?
この調子で頑張って、先発5番手を確保してもらいたいですね!!
頑張れ、フェッド投手!!

2
エリック・フェッド

https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-astros/2018/03/10/534023?#,game_state=final,game_tab=box,game=534023

土日は大阪に行ってて、きのうは23時50分くらいに帰宅した。
起きてみたら朝の8時で、バタバタ用事を済ませたけど、もう寝る時間だ。
今日は駆け足でレビューを済まそう。

この日はフェッドが先発だったけど、3.0回を3三振、2四球、2安打、自責点1だった。
まあ、強力アストロズ打線を相手にしてこの結果なので、満足すべきかもしれないね。
正直いって、炎上しなかっただけマシだったのではいだろうか?
とはいえ、何とか頑張ってメジャーリーグに昇格して、先発として定着して欲しいという気持ちもあるので、頑張って欲しいよね!!


ライアン・マドソン

マドソンは貫禄の1.0回を0三振、0四球、0安打、自責点0だった。
今季もセットアッパーはマドソンで決まりだね!!

ベノワの1.0回を1三振、1四球、0安打、自責点0は嬉しかった、
ベノワはぜひ開幕ロースターに残って欲しいよね!!

ミローンは、2.0回を1三振、1四球、1安打、自責点0だった。
ロスが戻って来るまでの間、ミローンが先発5番手最有力になっているのではないだろうか?
A.J.コールやジャクソンよりも良さそうだからね。


【今日の投球】


【今日の動画】 



ハーパー3

9回に2点を奪って引き分けに終わったものの、わずか3安打だった。
本当に打てないよね…。

というかハーパー、ターナー、ウィータース以外のレギュラーは試合に出てないんだけど、他のレギュラーは試合に出るのが遅過ぎない?
もう3月10日だよ?
レギュラー出てないんだから、打てなくても仕方がないけど、ちょっと調整が遅過ぎじゃないかと心配になるよね。


s-滝川クリステル018

【クリ様の一言】
投手はともかく、野手の仕上がりが遅いのではないかと心配になりますよね…。
オープン戦とはいえ、そろそろスカッと勝つ試合が観たいですよね…。

1
コール

https://www.mlb.com/gameday/astros-vs-nationals/2018/03/06/533959?#,game_state=live,game_tab=,game=533959

かつて、ナショナルズの有望株だったA.J.コールも26歳だ。
予想外に早く衰えが来てしまい、球速は落ちる一方だ。
球速がないために甘いコースに投げると長打を打たれてしまうので、コーナーを狙うが、コマンドが悪いためにボールになってしまう。
四球を避けようとすると今日のように打たれてしまう。

今日のA.J.コールは、3.0回を4三振、0四球、5安打、1本塁打、自責点3だった。
去年は3勝5敗、防御率3.81と一見まずまずの成績を残しているけど、BABIPこそ.293ながら、FIPが5.20、xFIPが5.21、LOB率が83.1 %と粉飾決算だったのは明らかだ。
球速に代わる変化球やコマンドなどの武器が得られるなら良かったけど、残念ながらこれが限界なのではないだろうか?

メジャーリーグっていうのは本当に厳しい世界だよ。
A.J.コールだってきっと頑張っているんだろう。
しかし、大人になるとわかるのだ。
努力だけではできないことがある、と。

A.J.コール自身ももうダメかもしれないな、野球を辞めたらどうやって生活して行こうかな、と考え始めているかもしれない。
こうやって、大半の選手は夢叶わずにメジャーリーグを去って行き、ごくごく一部のエリートだけがメジャーリーグで活躍するんだろうね。


エリック・フェッド

ゴーフォースやメンデスという投手は名前も知らないけど、彼らには彼らの人生があって、必死でやっているのに打たれてしまって、眠れない夜を過ごしたのかもしれないなぁ。
フェッドもドラフト1位で入団したけど、メジャーリーグに昇格したら、モンスターみたいな選手ばかりで、本当にこの世界でやって行けるのかと不安になったかもしれない。
当たり前だけど、誰でも打たれたくて打たれているんじゃないんだよね。

そんな中、メジャーリーグ最少の投手であるコリンズは今日も1.0回を1三振、0四球、0安打、自責点0と好投していた。
私も164センチと小さいので、ぜひ頑張って欲しいと思っているよ。


【今日の投球】


【今日の動画】 



ハーパー3

今日は、ハーパーとレンドンが出場してて、11安打で5点とそれなりには打っていた。
まあ、ナショナルズも主力が出場すればそれなりには打つだろうからね。
ただ、ディフォとかグッドウィンとか、もうちょっと控えや若手にアピールしてもらいたかったよね。


s-滝川クリステル014

【クリ様の一言】
今日も何かと残念な試合でしたね…。
ナショナルズもストラスバーグやハーパーの頃はドラフトでいい選手を獲得できていましたが、ここ数年はチームも強くなって、ドラフト指名権が下位になっていることが響いてきたのかもしれませんね。
明日は気分が良くなるような試合が観れますように!!

1
エリック・フェッド

https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-braves/2018/02/26/533840?#,game_state=live,game_tab=box,game=533840,lock_state=live

私は、去年のオープン戦でフェッドを見て、球速もそれなりにあるし、コマンドも良さそうなので、9月くらいにメジャーリーグに昇格して、将来の先発候補になるのだろうと思っていた。
ところが、現実は、3Aでも1勝2敗、防御率4.76と苦戦し、先発不足でやむなくメジャーリーグに昇格させても0勝1敗、防御率9.39と散々だった。

全体的にそこそこのレベルでまとまっていると思ったんだけど、裏を返せば絶対的な武器に欠けているということだったのだろう。
ジオリートとロペスをトレードでホワイトソックスに放出してしまったので、唯一の若手の先発候補だったけど、無残に夢が砕けてしまった。

今日もフェッドは1.0回を1三振、1四球、4安打と良くなかったみたいだね。
コマンドなり、変化球なり、絶対的な武器が必要なのかもしれない。


ルーカス・ジオリート

そういえば、去年、ジオリートがホワイトソックスで3勝3敗、防御率2.38という好成績を挙げたけど、これは18勝したときの松坂大輔レベルにいかがわしい成績だと思うよ。
BABIPが.189、FIPが4.94、xFIPが4.42、LOB率が92.0%とあからさまに出来過ぎだからね。

私は、野球の経験はないけど、その私から見てもあのフォームはダメだと思うよ。
今どきあんなに大きなフォームで投げる投手を見たことがないからね。
まるで80年代の投手みたいだ。
あんな投げ方でコマンドが安定するはずがない。

メジャーリーグ選手名鑑に「技巧派投手」とか「才能を結果に結びつけている」とか書かれていたけど、それは過大評価なんじゃないの?
技巧派というか、単に非力なだけで技術がある訳ではないし、結果は単なる運でしょ?
こんな投球がいつまでも続くと思えないので、今年はメッキがはがれる可能性が高いと思うよ。


エニー・ロメロ

ロメロは、0.2回を2三振、1四球、2安打、自責点1だった。
ロメロも100マイル投手なのに、今一つ、結果を残せてないよね。
今季こそ、最速102マイルの4シームで、防御率2点台の投球を見せて欲しいよね!!


コリンズは今日も無失点だった。
コリンズの身長は公称5フィート7インチで、2012年のメジャーリーグで最も背が低い投手だったらしい。
体が小さくてもリオネル・メッシみたいに活躍して欲しいよね!!
左腕だし、ぜひ頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】


【今日の動画】 


ビクター・ロブレス

打線は10安打を放ったものの、わずか1点に終わった…。
そんな中、ロブレスが3打数2安打だったのが収穫だった。


s-滝川クリステル004

【クリ様の一言】
今日は投打共に残念な試合でしたね…。
期待していた投手がピリッとせず、打線も不調ではブログを書く気も失ってしまいますよ。
ぜひ、次はスカッと勝ちますように!!

このページのトップヘ