Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、マイケル・コペック、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃん、辰巳シーナちゃん、恵比寿マスカッツについて語る星鈴のブログです。

カテゴリ:MLB > ジオ・ゴンザレス

5
ゴンザレス



【Wikipedia】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%BB%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%AC%E3%82%B9

【成績】
http://www.fangraphs.com/statss.aspx?playerid=7448&position=P
http://www.baseball-reference.com/players/g/gonzagi01.shtml

【投球分析】
http://www.brooksbaseball.net/landing.php?player=461829

【PITCHf/xとは】
https://ja.wikipedia.org/wiki/PITCHf/x

2004年のドラフト1巡目補完(全体38位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名されてプロ入り。
2005年にフィリーズに移籍し、2006年12月にトレードでホワイトソックスに戻った。
2008年1月にアスレチックスに移籍し、メジャーリーグに昇格した。
アスレチックスで16勝12敗、防御率3.12の好成績を挙げた2011年オフにナショナルズにトレードされた。
ナショナルズでは21勝8敗、防御率2.89とブレイクして最多勝を獲得した。
最多勝獲得後は成績も下降線を描いていたが、2017年は見事復活し、自己2番目の好成績を残した。


20171112-19

【平均球速】
21勝した2012年の4シームの平均球速は94.15マイルだったが、年々球速が低下し、2017年は4シームの平均球速は90.49マイル、シンカーは89.58マイルまで低下した。
カーブに至っては5マイル以上低下しているが、これは球速低下に対する対策として緩急を付けるために意図的にやっているものだと思われる。


20171112-20

【最速】
4シームの最速も2012年の97.41マイルから93.25マイルまで低下している。
2016年辺りで下げ止まると思っていたが、下落傾向は変わらなかった。


20171112-21

【配球】
4シーム 31.42%
シンカー 24.83%
チェンジアップ 18.64%
カーブ 25.09%

球速低下を補うために変化球の割合を増やしたことが好成績に結びついたのだろう。
シンカーは、横9.99インチ、縦5.70インチと横の変化が非常に大きくなっている。
また、カーブは横-6.28インチ、縦-8.35インチと昔のストラスバーグのように大きなカーブだ。


20171112-22

【球種】
4シームは、空振り率7.54%、シンカーは4.83%と高くない。
しかし、奪三振率が8.42と高いのはチェンジアップが15.93%、カーブが12.06%と高いためだ。
とはいえチェンジアップは2015年の20.66%から下がり続けている。

2016年はBABIPが.316、LOB率67.6%と運が悪く、FIPは3.76、xFIPは3.80だったので、内容も悪くはなかった。
その反動が出たのか今季はBABIPが.258、LOB率81.6%、FIPは3.93、xFIPは4.24だった。
ここ2年間運が悪かった分、運が良くなった感じだった。

球速が低下した分、甘いコースが打たれやすくなってきたので、コーナーを狙わざるを得ない。
コマンドが良くないので、コーナーを狙った球がボールとなり、与四球率は2.99から3.54まで悪化した。
これはナショナルズの捕手のウィータースのフレーミングの悪さも関係しているかもしれない。


20171112-23

【対左打者・対右打者】
対左が.181、対右が.223だ。
どちらも非常に優秀ではあるが、BABIP.258ということを考えれば、今季は被打率の悪化は避けられないだろう。


20171112-24

【ピンチにおける強さ】
走者なしでは.226、走者ありなら.201、得点圏に走者ありなら.208とピンチで粘り強かった。
これが2017年に好成績を残せた最大の要因だろう。


2017年の成績は過去2年間の反動が良い意味で出たといえるだろう。
この好成績のおかげでゴンザレスは2018年の契約を勝ち取っている。
しかし、真価を問われるのはFAとなる今季だ。
球速低下に歯止めがかからず、変化球の空振り率も低下している状態とあっては、2018年は現実的に13勝、防御率3.80くらいを目標にするべきだろう。

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_10_12_chnmlb_wasmlb_1&mode=classic

何もかもが終わった。
ここ6年間で4回目のNLDS進出だったけど、またしても勝てなかった…。
敗因はたくさんあると思うけど、投打共にカブス以上の戦力を有していながら、それを使いこなせなかったベイカー監督の責任が大きいと思う。

今日こそ打線が打ちまくったけど、1~4戦目まで安打が極端に少なかった。
ハーパーがDL入りしてから、メジャーリーグ最強だったナショナルズの打線は急降下し、打撃不振となった。
早々と地区優勝を決めていたので、NLDSに向けてどう調整していくのか注目していた。

ところが、ここでベイカー監督は不必要と思われるくらい野手に休養を与えまくった。
ある程度の休養は必要だと私も思う。
しかし、極端な話、162試合目でポストシーズン進出が決まる場合もあるのだし、選手は1年間戦い抜く体力はあるはずなのだ。
そもそもがレギュラーシーズンとNLDSは中4日もあるんだから、ここで休みは充分に取れるはずだ。
むしろ、休ませすぎることによって、試合感覚が失われることを恐れていたのだ。

その予感は的中した。
打線は4戦目までサッパリ打てなかった。
これは本当にベイカー監督の準備不足と批判されても仕方がないんじゃないの?
そして、シーズン中から目立っていた継投のミスもNLDSでミスを繰り返した。
NLDSで勝てなかった最大の原因はベイカー監督だと思う。
ベイカー監督が少しでもナショナルズのためを思うなら、ぜひ辞任して欲しい。
そうでなければ、ナショナルズはベイカー監督を解任するべきだと思う。
あの監督では勝てないよ。

リゾーGMはチーム編成にかけては天才的だけど、監督の選び方は致命的にセンスがない。
ジョンソン監督はストラスバーグのときに主力打者を1~2人欠場させる奇癖があり、結果としてストラスバーグの先発時には極端な得点力不足に陥り、防御率3.00なのに8勝9敗と負け越した。
ウィリアムズ監督は硬直した采配しかできず、パペルボンとハーパーの喧嘩も止められないほどの統率力のなさを露呈していた。

そして、このベイカー監督だよ。
メジャーリーグの監督で通算1,800勝して世界一になれなかったのはベイカー監督を含めて2人しかいないそうだ。
あの采配を見ていたらそれも当然だと思う。


他にもNLDSで勝てなかった原因は色々あるけど、もう書く気力がない。


スティーブン・ストラスバーグ

今季、いちばんの思い出はストラスバーグがブレイクしたことだね。
長年待っていたけど、第4戦の好投は一生忘れないと思う。
これが見れただけでも今季は価値があったと思う。


あと、今後はポストシーズンの記事を書く予定はありません。
今季は、ナショナルズの世界一に全てを賭けていたので、何もかも燃え尽きて、矢吹ジョーみたいに白い灰になりました。
敗退した悲しみから立ち直るまで、ちょっと野球から離れたいのです。
また、残ったチームもヤンキース、アストロズ、ドジャース、カブスと含むところがあるチームばかりなので、これらのチームの提灯記事なんて書きたくないですからね。

ナショナルズの全試合でレビューを書くというのは、思っているよりも大変で、他のことを全て犠牲にしてやってきました。
なので、オフの間くらいは、シーズン中に書けなかったことを書いていきたいと思います。
ショックから立ち直れば、また「MLB好投手列伝」でも書きますので、しばらく待ってて下さいね。


アクセス解析02

それと私は今季終了に当たり、3人の読者さんにお礼をいいたいと思っています。
まずはuserreverse.dion.ne.jpの回線を使っている北海道の読者さん。
だいたい18時過ぎにブログを見てくれていますね。
ほぼ毎日見てくれて、本当にありがとうございます!!
私のアクセス解析ソフトでは、612回もブログを見てくれて、読者の中ではいちばん多いです。

最初にこのブログを見てくれたのは2015年11月29日ですから、前のブログが削除されて数日後です。
たぶん、前のブログからずっと読んでくれていた人でしょうね。
嫌な負けた方をしたときや、私が落ち込んでいるときは正直ブログを書きたくないこともありました。
でも、この人が毎日見てくれているから頑張ろうと思って書いてきました。
本当にありがとうございました!!


上記の画像は、「忍者ツールズ」というアクセス解析ソフトの画像です。
この画像のように初めてアクセスした日はいつで、何月何日何時にどのページを見たかなどの情報が得られるのです。
名前が付けられるので、ある程度の回数を見てくれている人は、ジャンル+都道府県+アルファベット+各都道府県におけるアクセス数のランキングで名前を付けて管理しています。

ジャンルはMLB、AV、サッカーなどで区別され、都道府県については忍者ツールズは福岡県の私のIPアドレスでも佐賀県になったりするなど正確性に欠けるので、別サイトで調べて記入しています。
アルファベットは3ヶ月に1回くらいAから順番に更新していて、現在Gになっています。
これは、ブログを読まなくなった読者をはじくためです。
1号とかいうのは各都道府県で1番アクセスしている人という意味です。


アクセス解析03

次にosk.mesh.ad.jpの回線を使っている大阪府の読者さん。
いつも深夜0時過ぎにブログを見てくれることが多いのですが、いい試合のときは何度も繰り返しブログを見てくれるみたいです。
去年の7月に初めてこのブログを見たのに、閲覧回数545回は1日当たりのペースではこのブログ最高です。
土曜日とか眠くてブログを更新できずに寝てしまうことがあるのですが、そういうときは昼にチェックしてくれますよね。
私はよく大阪に行くので、もし良かったらぜひ一緒に飲みに行って、メジャーリーグのことを語り合いましょうね!!


アクセス解析01

最後にsoftbank***** .bbtec.netの東京都の読者さん。
一時期、ブログを見てなかったみたいだったので、もう見てくれなくなったんだなと寂しく思っていましたが、また戻て来てくれて嬉しかったですよ。
初回閲覧が2015年12月12日なので、たぶん前のブログから見てくれている人だと思います。
通算閲覧回数も472回で当ブログでは3位です。

私のブログは、2年前の11月にたぶん海外のヌード画像を載せたせいで削除されたんですよ。
予告もなくいきなり削除されたので、読者さんたちに移転先もお知らせできなかったのですが、この人はあのブログはどこに行ったんだろうとこの新しいブログを探してくれたんでしょうね。
そんな読者さんですから、私もこの読者さんはすごく大事なんですよ。
これからも更新頑張りますので、ぜひこれからもよろしくお願いしますね!!


これ以外にもスマホなどで見てくれている人も多いとは思うのですが、アクセス解析ソフトがスマホなどに対応してないんですよ。
なので、スマホほどで毎日見てくれている人がいれば、こちらも本当にありがとうございました!!
アクセス解析ソフトでPCからのアクセスなら過去の分までわかるのですが、スマホは非対応なので、ブログに備え付けの過去ログで直近200回のPVしかわかりません。
なので、スマホは足取りがつかみにくいのです。

ブログの読者さんはみんな友達だと思っているので、みなさんが福岡に来ることがあれば、ぜひコメントして下さいね。
ぜひ、一緒に飲みにでも行きましょう!!


みんなが待ち望んだ結果にはならなかったですが、来季こそは世界一になれるように応援頑張りましょう!!
今季も本当にありがとうございました!!
しばらくの間、メジャーリーグとは別のことを書こうと思っていますが、それも私の一面なので、読んでいただけると嬉しいです。
それぞれのジャンルにはそれぞれのジャンルの魅力があるので、その魅力を感じていただるると幸いです。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=10&day=12&year=2017&game=gid_2017_10_12_chnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_10_12_chnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=1012&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/cubs-vs-nationals/2017/10/12/526496/final/video


滝川クリステル518

【クリ様の一言】
後悔することが多いシーズンでしたが、今季もこれで終わってしまいました。
みなさん、お疲れ様でした!!
来季も頑張りましょう!!

ナショナルズ040

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_10_07_chnmlb_wasmlb_1&mode=classic

きのうはわずか2安打で完封負け、今日も7回までわずか2安打だった。
大していいとも思えないカブスの投手陣に完全に抑え込まれ、マドン監督の高笑いが聞こえてくるようだった。
2014年のNLDSもジャイアンツの投手陣の前に打線が沈黙し、敗れ去った。
またあのときの過ちを繰り返すのか。
またナショナルズはNLDSで敗退するのか。
悔しさで胸が一杯になりながら、私はこの試合を観ていた。


DSC00038

8回裏、代打のリンドが久々の安打で出塁した。
続くターナーが三振して、打席にはハーパーが入った。
私は、今日、ハーパーのTシャツを着て応援していた。
こんな悪い流れを断ち切るのは大舞台に強いハーパーしかいないと思っていたからだ。

カブスの投手は、5勝4敗、防御率2.98、66.1回で94三振、奪三振率12.75のメジャーリーグ屈指のリリーフであるエドワーズだった。
エドワーズは、4シームの最速が98.23マイル、平均が95.52マイル、空振り率が4シームとしては驚異的な14.62%だった。
カーブも鋭く、空振り率は19.01%だ。

ハーパーは、1球目にそのエドワーズの落差の大きなカーブを空振りした。
私はこのとき、ハーパーは変化球にタイミングが合ってないんじゃないかと思った。
そして、エドワーズは4シームが3球続けて大きく外れて、カウントは3-1となった。
ここでエドワーズが投げたのは、タイミングが合ってないと思われたカーブだった。
このカーブが高めに浮いた。


ナショナルズ042

この一瞬がまるでスローモーションのように感じられた。
ハーパーはこの球を見逃さず、フルスイングで捉えた球は打った瞬間に本塁打とわかる当たりだった!!
打球はアッパーデッキまで飛び、暗く沈んでいたチームを、球場を、そして世界に散らばるNationals Nationを狂喜させた!!
ハーパーは一撃でこの流れを変えてしまったのだ!!

かつて、『Slugger』でメジャーリーグで最高の選手は誰かという企画があり、その記事ではトラウトとハーパーが比較されていた。
その口ぶりは、両者の本塁打は同数ながらも打率と守備で勝るトラウトの方が上といわんばかりだった。
その記事を見たときに私は思ったのだ。
「トラウトにハーパーほどの勝負強さがあるのか?」と。

私は、大舞台で勝負強さを発揮できる打者を人生で2人見たことがある。
その1人がハーパーであり、もう1人は全盛期のアルバート・プホルスだ。
プホルスは、ポストシーズンに77試合出場し、.323、19本、54打点と打ちまくった。
特に2011年の活躍はすさまじく、18試合で.353、5本塁打、16打点とこの年のポストシーズンはプホルスのためにあったようなものだった。
プホルスは私の人生で見た最高の打者だった。
ハーパーは、あの偉大なるプホルスと同じ道を歩もうとしている。


ハーパーがいたときのナショナルズ打線はメジャーリーグ最強だった。
しかし、ハーパーが故障してDL入りすると同時にナショナルズの打線は失速した。
DH制があるアストロズだけではなくて、ロッキーズに抜かれ、カブスにも抜かれた。
ところが、ハーパーはこの一撃でナショナルズの打線をメジャーリーグ最強に引き戻したのだ!!


ナショナルズ041

息を吹き返したナショナルズの打線がカブスの投手陣に襲い掛かった。
ハーパーの同点2ランの後、レンドンが四球で出塁し、マーフィーが安打で続き、一死一二塁となった。
ここで打席に入ったのはジマーマンだった。

私は、去年のカブス戦の屈辱を忘れていない。
カブスとの3連戦で3番を打つハーパーがことごとく敬遠され、そして、4番のジマーマンがことごとく凡退したのだ。
あのリベンジをする機会が巡ってきたのだ。

ジマーマンも本当に悔しい思いをしたことだろう。
そのジマーマンは、マーフィーから本塁打を量産する打法を伝授されて、.303、36本、108打点という素晴らしい成績を残していた。
あのときとは違うことを証明して欲しい、それはナショナルズ・ファン全ての思いだった。


ナショナルズ043

打った瞬間はレフトフライかと思ったけど、打球は予想を超えてグングン伸びた。
まるでジマーマンの執念が打球の後押しをしているようだった。
勝ち越しの3ランだった!!

私は、ハーパーの本塁打も感動したけど、それ以上にこの本塁打に感動した!!
本当に良かったね、ジマーマン!!
あの頃の弱々しかったジマーマンはここにはもういない。
ここにいるのはマドンのワールドシリーズ2連覇の野望を打ち砕くジマーマンなのだ!!

割れんばかりの歓声に包まれるナショナルズ・パーク。
こんな試合が見たかったのだ!!
ナショナルズは劣勢だった試合を8回の5点でひっくり返し、6-3で勝利した!!
これで1勝1敗のタイでエースのシャーザーに託すことができるのだ!!


ゴンザレス

今日のゴンザレスは、5.0回を6三振、2四球、3安打、2本塁打、自責点3と良くなかった。
しかし、シーズン終盤の最悪の時期よりは良くなっていたと思う。
今回はいい投球ができなくて満足できなかったかもしれないけど、NLCSではいい投球を期待しているよ。
そのチャンスは、きっとチームメイトが作ってくれるだろう。


マット・アルバース

カブスは押せ押せだったので、勢いに飲まれてしまえばワンサイドゲームになる恐れもあった。
しかし、その流れを断ち切ったのがアルバースだった。


s-サミー・ソリス

ソリースも最速96.3マイル、平均95.3マイルの4シーム一本槍で押しまくり、空振り率は驚異の37.5%だった。
ポストシーズン前は左の中継ぎに不安があると思っていたけど、ソリースがこんな投球ができるなら頼もしいよね!!


ドゥーリトル

最後はドゥーリトルが締めて逆転勝利を飾った!!
ドゥーリトル、これからも頼んだよ!!


次はシャーザーが圧倒的な投球をしてナショナルズが連勝しますように!!
頑張れ、ナショナルズ!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=10&day=7&year=2017&game=gid_2017_10_07_chnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_10_07_chnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=107&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/cubs-vs-nationals/2017/10/07/526493?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=526493


ロッチ・ヒル

ロボー・レイ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_10_07_arimlb_lanmlb_1&mode=classic

前から書いていたようにヒルやウッズなどのドジャースの先発は出来過ぎなのだ。
だから、ポストシーズンでは打たれると思っていた。
確かにその通りで、ヒルも4.0回を4三振、3四球、3安打、1本塁打、自責点2だった。
炎上する前に交代させたけど、内容は本当に悪かった。

しかし、それ以上にレイが悪かった。
やはり、ワイルドカードゲームで使ったのが良くなかったのだろう。
あそこで負ければ後がないのはわかるけど、私はポストシーズンといえども先発投手をリリーフで突っ込むべきではないと思うよ。
実際、レイもボロボロだったしね。

でも、それ以上に悪かったのがダイヤモンドバックスのリリーフだった。
結果論になるけど、レイの4失点だけで抑えておけば、逆転の芽があったからね。


これでダイヤモンドバックスは後がなくなってしまった。
ナショナルズがNLDSを勝ち抜くとすれば、せめて第5戦までもつれこんで、第5戦でカーショウを使わせてからNLCSで対戦したいのだ。
ぜひ、ダイヤモンドバックスはここから連勝して欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=10&day=7&year=2017&game=gid_2017_10_07_arimlb_lanmlb_1%2F&pitchSel=592662&prevGame=gid_2017_10_07_arimlb_lanmlb_1%2F&prevDate=107&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/d-backs-vs-dodgers/2017/10/07/526488?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=526488


滝川クリステル515

【クリ様の一言】
今日はハーパー選手の素晴らしい2ランが見れましたね!!
そして、ジマーマン選手の屈辱を晴らす3ランも見事でした!!
これでナショナルズが本来の力を発揮できるようになったと思いますよ!!
頑張れ、ナショナルズ!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_10_01_pitmlb_wasmlb_1&mode=classic

本当にこんな試合をしててポストシーズンは大丈夫かと思わせるような試合だった。
ゴンザレスは8月20日の時点で防御率は2.39で、キャリアハイの2.89の更新は確実と思われていた。
しかし、8月31日から急速に調子を落とし、6試合で2勝3敗、防御率5.85だった。
確かに出来過ぎの面があったけど、ここまで大きな揺り戻しがあるとは思ってなかった。

ここ6試合は、32.1回で16四球と制球が乱れているのが不調の原因だ。
これは、速球の球速が落ちてきたので、コーナーを狙い過ぎているからだろう。
元々、細かいコマンドがないので、変化球の切れで勝負するタイプだった。
ただ、その変化球を活かすには最低限の速球が必要なんだけど、それが悪くなってきたからね。

今日も4シームの最速が90.3マイルで、平均が89.1マイル、空振り率は8.3%、2シームの最速が90.2マイルで、平均が88.8マイル、空振り率は3.6%だった。
速球が良くないので変化球も活きてこず、チェンジアップの空振り率が13.6%、カーブが10.5%に過ぎなかった。

初回に5点も取られてしまい、防御率でキャリアハイを出すのは難しくなったけど、それ以降立ち直ればまだチャンスはあった。
しかし、5回も1点を失い、防御率2.96でシーズンを終えた。
キャリアハイの更新はならなかったけど、防御率2点台をキープできたのは幸いだった。


タナー・ロアーク

さらにショックなのがロアークが打たれたことだった。
リリーフで出てきたロアークは、1.0回を2三振、1四球、3安打、自責点2だった。
防御率はさらに悪化し、4.67となった。
2015年に慣れないリリーフに回って調子を落としたけど、そのときでも防御率は4.38だった。
2017年はさらなる躍進を期待していたロアークだけど、今季は自己最悪のシーズンとなってしまった…。

メジャーリーグ最強の先発4本柱と思っていたのに、シャーザーが故障、ゴンザレスとロアークが乱調ではポストシーズンが心配だよね…。
NLDSは6日からなので、それまでに良くなるといいんだけどね…。


オリバー・ペレス

今日はペレスも0.2回を1三振、1四球、3安打、自責点3と大乱調だった。
最近、ロペスも球速が下がってきて打たれるようになってきたし、これでは左で信頼できる中継ぎもいなくなってしまうよね。
ソリースは最近抑えているけど、たまたまな気がするしね。
本当に投手陣が心配だわ…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=10&day=1&year=2017&game=gid_2017_10_01_pitmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_10_01_pitmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=101&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/pirates-vs-nationals/2017/10/01/492525?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492525


ハーパー3

打線は、試合に負けはしたけど、16安打8得点と奮起してくれた。
一時はメジャーリーグで1位だったチーム得点も今や5位で、ナショナル・リーグでもカブスとロッキーズに次いで3位となってしまった。
ここ最近の打線の調子を考えれば、完全にカブスに負けていると思う。

そんな中、最後までハラハラさせていたジマーマンとレンドンも打率3割をキープできたのは良かったね!!
ハーパーとマーフィーも併せて打率3割が4人とか最高じゃないか!!
私は野球の花形は速球投手だと思っているけど、その次は打線だからね。
ナショナルズは、投打共に理想のチームになったよね!!


6日からNLDSだけど、カブスの先発は不安定なので、勝つチャンスは充分にあると思うよ。
NLDSさえ突破すれば、ポストシーズンで勝てなかった呪縛から解放されて、ナショナルズ本来の力が発揮できるだろう。
ぜひ、頑張って欲しいよね!!
シャーザーとストラスバーグがポストシーズンで勝ちまくり、マーフィーとハーパーが打ちまくって世界一になりますように!!



イチロー2

イチロー、代打記録にあと1本届かず…「2位じゃ駄目なんですよ。忘れ去られちゃう」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171002-00000085-spnannex-base

今日のイチローは代打で出場し、1打数0安打だっだ。
メジャーリーグの代打安打記録まであと1本が届かなかった。
残念だったけど、今季もイチローはよく頑張ったと思うよ!!

今季の成績は、.255、3本、20打点だった。
今季も本当にお疲れさまでした!!
来季もぜひ頑張ってね!!


滝川クリステル510

【クリ様の一言】
今日は本当に悔しい敗戦でしたね…。
こんな形でレギュラーシーズンを終えるのが悔しいですね!!
ポストシーズンでは、メジャーリーグ最強先発投手陣とメジャーリーグ最強打線を取り戻して、ぜひ世界一になって欲しいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

5
ナショナルズ038

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_09_28_pitmlb_wasmlb_1&mode=classic

ここ2試合、4本柱のうちの2人が打ち込まれ、嫌な負け方をしていた。
今日はせっかく勝っていたのに、ここ最近、安定していたクローザーのドゥーリトルが打たれて、9回に4-4の同点とされてしまった。
これで負けたらさらに悪い流れとなってポストシーズンにも悪影響が出る恐れがあった。

9回裏にレンドンとマーフィーの連打で無死一三塁の絶好のチャンスを作った。
ただし、ここで打席には.140、0本、6打点、去年も.205、6本、25打点と全く打てないデアザが打席に立った。
デアザは、今季はアスレチックスとマイナー契約を結んだものの、開幕前にFAとなった。
その後、ナショナルズとマイナー契約を結び、8月16日にメジャーリーグ昇格を果たしたのだった。

デアザは、メジャーリーグ昇格後もほとんど打てなかったので、私も正直なところ期待できなかった。
併殺打さえ避けてくれれば、次はリンドなので犠牲フライは打ってくれると思っていた。
ところがデアザは内角の厳しいコースのスライダーを強引に引っ張り、一塁ライン際にサヨナラタイムリーを放ったのだ!!
去年、今年といい成績を残せず、このまま消えていくかと思われた男の意地の一打だった!!
これでナショナルズもいい形で連敗を脱出できたよね!!


ダニエル・マーフィー

打線は、初回、一死一三塁からマーフィーのタイムリーで1点を先制した!!
3回にパイレーツに逆転を許したけど、リンドのセカンドゴロで同点に追い付いた!!

7回は、一死一塁からデアザのタイムリー三塁打とリンドの犠牲フライで4‐2と勝ち越した!!
これで決まりかと思っていたけど、同点に追い付かれて、9回のデアザのサヨナラにつながるのだった。


エドウィン・ジャクソン

今日は、またジャクソンが炎上するのかと思っていたけど、6.0回を7三振、2四球、4安打、自責点2とまずまずの投球だった。
4シームの最速は98.1マイル、平均が93.9マイルで、空振り率は11.5%だった。
変化球もチェンジアップは0.0%だったけど、スライダーが22.2%、カーブが25.0%と素晴らしかった。
こういう投球が安定して続けられるのなら、私も来季は先発5番手を任せたいんだけどね。


ブランドン・キンズラー

ライアン・マドソン

キンズラーとマドソンは素晴らしい投球で、両者ともにパーフェクトリリーフだった!!


ドゥーリトル

今日はドゥーリトルがベルに26号2ランを打たれてしまい、ドゥーリトルはBSとなってしまった…。
ドゥーリトルはナショナルズ移籍直後で1回BSがあっただけで、それ以来のBSだよね。
最初は走者をたくさん出す「劇場型」のクローザーだったけど、最近は本当に安定していたよね。
まあ、こういうこともあると思うので、明日からまた頑張って欲しいと思う。


明日以降ははストラスバーグ、シャーザー、ゴンザレスが1回ずつ先発してレギュラーシーズンが終わる。
最後はこの3人で連勝できますように!!
この3人はポストシーズンに向けてファンが自信が持てるような投球を見せて欲しいね。
ナショナルズも野手も奮起して打ちまくって、この3人に勝ち星を付けることができますように!!
頑張れ、ナショナルズ!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=9&day=28&year=2017&game=gid_2017_09_28_pitmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=429719&prevGame=gid_2017_09_28_pitmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=928&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/pirates-vs-nationals/2017/09/28/492482?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492482


イチロー2

イチロー鮮やか右前打、代打27安打でMLB記録王手! 二盗成功で米17年連続盗塁 (Full-Count) - Yahoo!ニュース
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=9&day=28&year=2017&game=gid_2017_09_28_pitmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=429719&prevGame=gid_2017_09_28_pitmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=928&league=mlb

今日のイチローは代打で出場し、1打数1安打1盗塁だった。
今日は盗塁も決めて、メジャーリーグでは17年連続、日米通算では24年連続盗塁になるそうだ。
今季の成績は、.263、3本、20打点となっている
メジャーリーグの代打安打記録まであと1本だ!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル506

【クリ様の一言】
ドゥーリトル投手が打たれたときは焦りましたけど、サヨナラ勝ちできて本当に良かったですね!!
明日は、ストラスバーグ投手が素晴らしい投球をして、キャリアハイに並ぶ15勝目を挙げて欲しいですね!!
最終3試合は、ストラスバーグ投手、シャーザー投手、ゴンザレス投手のBIG3が全員勝ち投手になってレギュラーシーズンを締めくくりたいですね!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_09_26_wasmlb_phimlb_1&mode=classic

今日は忙しくて試合が観れなかったんだけど、ゴンザレスが5.0回を7三振、5四球、5安打、自責点3と良くなかったみたいだね…。
109球投げて55球がストライクでストライク率はわずか50.5%だった。
これは私が見てきた中で最悪の数字だ。

最速91.7マイル、平均90.5マイルの4シームはストライク率は77.3%、空振り率は18.2%と良かった。
しかし、2シームのストライク率は44.4%、空振り率は2.8%、チェンジアップのストライク率は45.5%、空振り率は9.1%、カーブのストライク率は40.0%、空振り率は16.7%だった。
防御率でキャリアハイを更新しそうなゴンザレスだけど、ここ5試合は

5試合 2勝2敗 防御率4.82 28.0回 34三振 13四球 26安打 4本塁打 自責点15

と調子を大きく落としているのが気になる。


あまり認めたくはないのだけど、ゴンザレスのBABIPは.249、FIPが3.91、xFIPが4.17、LOB率が何と84.2%だ。
シビアな見方をすれば、今の成績は出来過ぎで、その反動が来ている可能性もある。
ゴンザレスがローテーション通り中4日で投げれば、レギュラーシーズン最終戦に先発することになるけど、そうでなければ次はNLDSになる。
いずれにしてもNLDSまで時間がないけど、何とか立ち直って欲しいよね。


エニー・ロメロ

7回はロメロが登板して、1.0回を1三振、1四球、0安打、自責点1だった。
メジャーリーグ屈指の球速がありながら、ここまで防御率3.69だ。
もっとできるはずなのに、今一つ才能を活かし切れていないよね。

最速101.95マイル、平均98.30マイルの4シームは空振り率14.27%と素晴らしい。
そして、変化球の空振り率もチェンジアップが17.07%、カーブが16.33%、カッターが12.21%と悪くない。
もうちょっとコマンドが良く成れば大化けできる投手だと思うんだけどなぁ。
速球投手は野球の花形なので、ぜひ大切に育てて欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=9&day=26&year=2017&game=gid_2017_09_26_wasmlb_phimlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_09_26_wasmlb_phimlb_1%2F&prevDate=926&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-phillies/2017/09/26/492458?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492458


ハウィー・ケンドリック

今日も4安打でケンドリックの9号ソロ本塁打で1点しか取れなかった。

つーか、今日もマーフィー休みなの?
どこか悪いの?
そうでないとしたら、こんなに休ませる必要があるの?

10月1日にレギュラーシーズンが終わり、6日からNLDSだから中4日あるんだよ。
それなのにこんなに休ませる必要がるのかと疑問に思うよ。
こんなに休ませたら試合勘がなくなるんじゃないの?
もう、投手も野手も充分休んだと思うので、もう通常体制にもどしていいんじゃない?
最近、あまりにも休ませ過ぎで、勝っても負けてもいいみたいな雰囲気が漂い過ぎじゃないの?

もっと緊張感を持って残り試合を戦っていこうよ!!
じゃないとポストシーズンも勝てないよ!!
そのためには、まずベイカー監督が勝っても負けてもどうでもいいや的な選手起用を止めるべきだと思うよ。


ハーパー3

今日は、ハーパーが復帰していたけど、もう万全なのだろうか?
本当に状態が気になるよね…。


イチロー2

今日のイチローは出番がなかった。
メジャーリーグの代打安打記録まであと2本だ!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル504

【クリ様の一言】
今日は本当に残念な試合でしたね…。
打線も本当に心配になってきました。
ナショナル・リーグのチーム得点1位も微妙になってきましたしね。
来週にはポストシーズンが始まるのですから、そろそろ調子を上げて行かないとまずいですよね。

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_09_20_wasmlb_atlmlb_1&mode=classic

今日は、本当にハラハラドキドキの試合だったね(笑)
ナショナルズはこういうスリリングな野球が多いけど、今日はもっと早い回に点を取って、もっと楽にゴンザレスを勝たせたかったよね。

ここ最近、ゴンザレスの内容が良くなかっただけに、ここが踏ん張りどころだと思っていたけど、今日は7.0回を8三振、1四球、3安打、2本塁打、自責点2の好投だった。
今日の4シームは最速92.0マイル、平均90.3マイル、空振り率が4.8%、2シームは最速90.7マイル、平均89.4マイル、空振り率が0.0%だった。
速球系の球は良くなかったけど、変化球はチェンジアップが31.3%、カーブが16.7%と良かった。

104球中63球がストライクで、ストライク率は60.6%だった。
前回は66.7%とストライクを揃えて打たれていたので、ゴンザレスはこれくらい荒れ球の方が的が絞りにくくて打ちにくいのかもしれないね。
これでゴンザレスは、15勝となった。
あと1回、もしくは2回先発があると思うので、全勝して欲しいよね。
防御率も2.68となり、2002年のキャリアハイの2.89を更新する可能性が大きくなってきたね!!


シャーザー 15勝4敗 191.1回 253三振 防御率2.59
ストラスバーグ 14勝4敗 162.2回 190三振 防御率2.60
ゴンザレス 15勝7敗 191.2回 179三振 防御率2.68
ロアーク 13勝9敗 168.2回 154三振 防御率4.43


とナショナルズの先発四天王はメジャーリーグ最高だね!!
ポストシーズンは先発4人で回すので、ジャクソンもロースターに入らないだろう。
この投手陣とハーパーが戻って来たらメジャーリーグ最強の打線があれば、絶対に世界一になれると思うよ。


マット・アルバース

アルバースはいつも忘れた頃に打たれるよね。
結構打たれているイメージがあるのに防御率が1.74なのが信じられないよね。


ブランドン・キンズラー

アルバースの後にペレスを挟んで、9回はキンズラーが登板した。
キンズラーはパーフェクトリリーフだった。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=9&day=20&year=2017&game=gid_2017_09_20_wasmlb_atlmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_09_20_wasmlb_atlmlb_1%2F&prevDate=920&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-braves/2017/09/20/492377?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492377


トレイ・ターナー

打線は、初回表にターナーの10号ソロでナショナルズが先制したけど、その裏、フリーマンの28号ソロ本塁打で同点に追い付かれた。
6回裏にはカート・スズキの16号ソロでブレーブスが2-1と逆転した。


ダニエル・マーフィー

何とかゴンザレスを勝ち投手にするためにも8回にナショナルズが逆転して欲しかった。
その8回、一死から連打と四球で満塁とし、マーフィーに打席が回ってきた。
ここでブレーブスもビスカイーノを登板させた。
犠牲フライでいいので、まずは同点と思ったけど、マーフィーはストレートの四球で押し出しとなった。
これでナショナルズは2-2と同点となった。


アダム・リンド

続くジマーマンとレンドンも連続押し出しとなり、4-2となった。
ここでビスカイーノはここで降板になったけど、ここからリンドとテイラーが連続タイムリーを放って、7‐2となった。
アルバースが1点を失ったものの、ナショナルズが7‐3で勝った。

この3連戦が始まるまではブレーブスとの対戦成績は8勝8敗だったけど、これで10勝8敗と勝ち越しが決まった。
今年はブレーブスにしてやられた試合が多かったけど、最後に勝ち越せて良かったと思う。

また、ナショナルズは3連勝で、ドジャースは4連敗なので、ドジャースとは3.5ゲーム差だ。
ドジャース戦にゴンザレスを投げさせておけば勝っていたと思うので、そうすれば1.5ゲーム差だったんだよね。
まあ、終わったことをいっても仕方がないので、残り14試合で何とか逆転して、メジャーリーグ最高勝率でポストシーズンを迎えたいよね!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場し、1打数0安打だった。
今季の成績は、.262、3本、20打点となっている
メジャーリーグの代打安打記録まであと2本だ!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル498

【クリ様の一言】
今日はゴンザレス投手が15勝目を挙げることができて本当に良かったですね!!
ナショナルズの先発四天王はメジャーリーグ最強ですね!!
明日もロアーク投手が勝ちますように!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_09_12_atlmlb_wasmlb_1&mode=classic

ゴンザレスは、前回、前々回と2試合続けて3四球と制球が悪かった。
ポストシーズンも近いので、そろそろ立ち直って欲しいと思っていた。
今日のゴンザレスは、5.0回を8三振、1四球、7安打、1本塁打、自責点5だった。
90球中60球がストライクで、ストライク率66.7%はゴンザレスにしてはかなりいい方だった。

しかし、見方を変えれば、ストライクゾーンを積極的に攻めた結果、簡単にバットに当てられたといえる。
5.0回で7安打も打たれ、ファウルで散々粘られたので、5.0回で90球も投げてしまった。
ゴンザレスは荒れ球なので、打者に的を絞りにくくさせるというメリットもあったんだけど、そのメリットが今日はなかった。

4シームの最速は90.7マイル、平均が89.2マイルで、空振り率は14.3%だった。
チェンジアップの空振り率が13.0%、カーブが12.0%だった。
もうちょっと変化球が切れていれば、違った結果になったと思う。

8月20日は2.39だった防御率もここ4試合は不振で、防御率2.68まで悪化した。
しかし、キャリアハイの2.89を更新する可能性は残っている。
ローテーションどおりだとあと3試合残っているので、防御率2.50くらいのキャリアハイが出せるように頑張って欲しいよね。


コール

ゴンザレス降板後は、A.J.コールが投げたけど、2.0回を0三振、0四球、5安打、1本塁打、自責点3だった。
今日のA.J.コールは、34球中24球がストライクと積極的にストライクで攻めたけど裏目に出てしまったようだね。
ゴンザレスといい、.J.コールといい、コントロールが悪い投手がせっかくストライクが入るようになったのにこんなに打たれてしまうなんて、野球は本当に難しいよね…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=9&day=12&year=2017&game=gid_2017_09_12_atlmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_09_12_atlmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=912&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/braves-vs-nationals/2017/09/12/492254?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492254


ジマーマン2

今日はジマーマンとテイラーが2安打だったけど、打線はつながりを欠き、完封負けを喫してしまった。
得点圏でも5打数0安打だった。
いつもメジャーリーグ最強打線と呼んでいるけど、最近は完封負けが多過ぎるよね。

また、ブレーブスとも相性が悪く、今季は7勝7敗のタイだ。
明日はシャーザーが好投してスカッと勝ちますように!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場し、1四球だった。
今季の成績は、.257、3本、16打点となっている
メジャーリーグの代打安打記録まであと2本だ!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル491

【クリ様の一言】
今日は残念な試合でしたね…。
地区優勝して一安心しているのかもしれませんが、選手それぞれ、いい成績が残せるように最後までベストを尽くして欲しいですね!!
自分のために頑張りましょう!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_09_06_wasmlb_miamlb_1&mode=classic

今日、あれこれ用事を済ませていたら、6回表になっていて、無死満塁の場面から観始めた。
この回でゴンザレスに代打が送られ、ゴンザレスは5回で降板となった。

今日のゴンザレスは、5.0回を4三振、3四球、3安打、自責点0だった。
101球中ストライクは55球で、ストライク率は54.5%だった。
今日は2シームのストライク率が48.5%、カーブのストライク率が41.2%と良くなかった。
前回のストライク率は56.5%だったから、ほぼ横ばいだった。

とはいえ、今日は悪いなりに無失点に抑えたので、防御率は2.50と良くなった。
ゴンザレスの自己ベストである2.89を更新する可能性が大きくなってきたね!!
これでナショナル・リーグの防御率2位がシャーザー、3位がゴンザレス、4位がストラスバーグとなっている。
メジャーリーグで7人しかいない防御率2点台の投手なのにナショナルズには3人もいるのがすごいよね!!
メジャーリーグ全体で見ても、2位シャーザー、3位ゴンザレス、5位ストラスバーグだからね。

ロアークの調子も上がってきたので、ロアークも加えたナショナルズ四天王は、間違いなくメジャーリーグ最強だよね!!
やっぱり、ポストシーズンは投手力が大事なので、ぜひこの強力な先発投手陣を軸に世界一を狙って欲しいと思う。


マット・グレース

6回で6‐0と点差が開いたので、ブラントン、ケリー、ロメロ、グレースの継投となった。
ブラントンやケリーは、開幕直後はいつか良くなると思っていたけど、9月になっても防御率6点台のままだ。
ソリースと共に点差がある場面しか使えないよね。
グレースも最近は毎回点を取られているよね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=9&day=6&year=2017&game=gid_2017_09_06_wasmlb_miamlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_09_06_wasmlb_miamlb_1%2F&prevDate=96&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-marlins/2017/09/06/492192?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492192


ジマーマン2

打線は、初回、一死一二塁からジマーマンとケンドリックのタイムリーで2点を先制した。
4回もジマーマンの31号ソロで1点を追加し、3‐0となった。


s-ジェイソン・ワース

6回は無死満塁からワースの犠牲フライで1点を追加した。
テイラーが敬遠され、ロバトンが押し出し、リンドのショートゴロで2点を加え、6‐0となった。


テイラー

8回はテイラーの14号ソロ、9回はレンドンのタイムリーが出て、ナショナルズが8-1の圧勝だった!!
ナショナルズも3連勝だ!!
ぜひ、100勝して欲しいので、ナショナルズもインディアンスやダイヤモンドバックスみたいな大型連勝をして欲しいよね!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場し、1打数1安打だった。
今季の成績は、.255、3本、15打点となっている
メジャーリーグの代打安打記録まであと3本だ!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル486

【クリ様の一言】
今日は、打線がいい攻撃を見せてくれましたね!!
ゴンザレス投手は調子が良くなかったみたいですが、ぜひ次回はいい投球を期待したいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_31_wasmlb_milmlb_1&mode=classic

きのう、ストラスバーグが完封したのが嬉しくて、14時半まで飲んでいた。
私は18時半には起きるので、4時間しか寝ないで会社に行った。
仕事中も大概眠たかったんだけど、帰宅後、風呂に入って、食事をしたらいよいよ我慢できなくなって、30分だけ寝ようと思ったんだよ。
で、30分寝たんだけどますます眠たくなって、また30分寝たんだよ。
するとさらに眠たくなって、もうダメだと諦めて18時半まで寝たんだよ。

まあ、私は30分だけ寝ようと思って、本当に30分で起きれることは少ないからね。
30分寝ようと思って時点で「今日はもうダメだ」と心のどこかで思っているんだよ(笑)
明日は、14時からオリックスの試合があってファンの山岡が先発するし、18時から京都サンガの試合もある。
今日は8時間くらい寝たので、明日はナショナルズの試合を観た後にブログを書き、オリックスの試合とサンガの試合を観よう。

土曜日は、いつもなら睡眠不足で疲労がたまっている。
土曜日の11時に一楽志免店というラーメン屋に行って、スーパーにある宝くじ売り場でBIGを買って帰ってくると眠さが限界に達するんだよ。
ブログでメジャーリーグの記事だけ書いて寝ようと思うんだけど、ウトウトしながら風呂に入り、上がった時点でもうダメだと諦めて寝てしまうパターンが多いんだよね。


さて、今日の試合を振り返ろうか。
私は、ゴンザレスが3回裏にタイムリーを打たれて、2-3と逆転されたところまで観たんだよ。
そこから、さらにゴンザレスが5回に2ランを打たれて、終わってみれば6.0回を7三振、3四球、8安打、1本塁打、自責点5だった。
今日は115球を投げて65球がストライクで、ストライク率が56.5%と良くなかった。

4シームの最速は92.1マイル、平均90.4マイルで空振り率は6.3%、2シームの最速は91.7マイル、平均90.1マイルで空振り率は3.7%だった。
今日は、4シームのストライク率が43.8%、2シームが59.3%と速球系の球のコントロールが悪かった。
チェンジアップとカーブのストライク率は共に62.5%と速球系の球ほど悪くなかった。

まあ、今日はゴンザレスの調子が良くなかったんだろうけど、次からまた頑張って欲しいよね。
ゴンザレスは、あと5回か6回先発があると思う。
キャリアハイの20勝を超えるのは不可能だけど、自己2位の16勝の更新は可能だ。
防御率に関してはキャリアハイの2.89を大幅に更新する可能性が高い。
シャーザー、ストラスバーグと共に防御率のキャリアハイを達成して、ナショナルズが世界一になる原動力になって欲しいよね!!


マット・グレース

8回はグレースが投げて、1.0回を0三振、0四球、4安打で自責点1だった。
グレースは7月の防御率は2.51だったけど、8月は6.46と散々だった。
これという武器がないので、7月がたまたま良かっただけだろうね。



【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=31&year=2017&game=gid_2017_08_31_wasmlb_milmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_08_31_wasmlb_milmlb_1%2F&prevDate=831&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-brewers/2017/08/31/492102?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492102


トレイ・ターナー

打線は3回にターナーとワースのタイムリーで2点を奪い、逆転に成功した。
しかし、その後に逆転され、終わってみれば、今季16勝のデービス以下のブリュワーズ投手陣に7安打、3点に抑えられた。

デービスは防御率3.85で16勝か。
ナショナルズもDH制なしであることを考えれば、得点力はメジャーリーグ最高のはずなのに先発投手に勝ち星が付かないよね。
シャーザーとストラスバーグはDL入りしていたから仕方がない面もあるけど、ゴンザレスはDLに入ってないのに防御率2.85で13勝だからね。
これが野球なのかもしれないけど、もうちょっと先発に勝ち星が付いて欲しいよね。

話が脱線したけど、今日はターナーが3安打だった。
この調子で頑張って、ポストシーズンでも大活躍して欲しいよね!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場し、1打数0安打だった。
今季の成績は、.252、3本、15打点となっている
メジャーリーグの代打安打記録まであと5本だ!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル480

【クリ様の一言】
今日は残念でしたけど、明日からまた頑張って欲しいですね!!
ロアーク投手はポストシーズンも近いので、7回自責点2くらいの投球ができるようになって欲しいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

このページのトップヘ