Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、フィル・ヒューズ、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、吉沢明歩ちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

カテゴリ:MLB > ジオ・ゴンザレス

1
 ジマーマン2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_26_chnmlb_wasmlb_1&mode=classic

本当にジマーマンは悔しくないのかね?
去年、マドン監督にバカにされたようにハーパー敬遠、ジマーマン勝負では全て凡退して、ナショナルズがカブスにスイープされる原因を作ったのに、今年も同じことを繰り返すのか?
9回の打席の3球目は完全にボールじゃないか!!
あそこで2-1になるのと1-2になるのでは全然違ったと思うよ!!
デービスも一杯一杯だったのに、あれでデービスを楽にさせてしまった。

8回も二死一二塁からサードゴロ。
二死なので単打でも1点入るし、二塁打なら同点になる。
去年の悔しさをここで晴らすこともできたのに、力ばかり入って全然打てない。
.344、19本、59打点とはいっても、この試合で打てなきゃ意味ねーじゃん!!
クソマドンにバカにされて悔しくないのか!!
9回もせっかく他の打者が頑張って1点差まで詰め寄って、ジマーマンのためにお膳立てしたのに、当の本人が打てないんじゃ意味ねーじゃん!!




「お前たち、悔しくないのかーっ!!」
悔しいです!!」くらいいってくれよ、ジマーマン!!!

ナショナルズに必要なのは滝沢先生だと思ったよ!!
ジマーマンは滝沢先生に鉄拳制裁をしてもらった方がいいよ!!
本当に悔しくねーのかよ!!


s-20160413-03

ジマーマンだけではなくて、ベイカー監督も最悪やわ。
9回は2点差なのに何でペレスじゃなくてグレースなの?
結果として、グレースが3点も取られていなければ、ナショナルズが勝つ可能性があったんじゃないの?

グレースは、防御率2.92とはいえ、12.1回で三振はわずか4、3四球、12安打、WHIP1.22だ。
それに比べて、ペレスは6月は5.1回で9三振、1四球、1安打、WHIP0.38だよ。
どう考えてもあの場面はペレスじゃないか!!

マドンが老獪にもコマンドに難があるゴンザレスに対して徹底的な待球作戦に出て、ゴンザレスを6回で降板させて、脆弱なナショナルズのブルペンを攻めて行こうという作戦を採用したのに対して、わざわざベイカーは質の低いリリーフを出すんだからね。
メジャーリーグ屈指の監督とそうではない監督の差が出てしまったよね。

リゾーGMは優秀なGMだけど、監督の選び方は本当に下手だと思う。
今日は監督の差で負けたと思うよ。


ゴンザレス

ゴンザレスも6.0回を自責点1と頑張ったけど、ここまでブルペンが悪いとなると、せめて7回まで投げないと勝ち投手にはなれないよ。
防御率は良くても、制球難というあからさまな弱点を持っていると、そこを突かれてしまうんだよね。
ゴンザレスが防御率の割に勝ち星が伸びないのは、球数が多くなって、守りの時間が長くなって、攻撃のリズムを崩してしまうことと、そして早いイニングで降板するので、脆弱なブルペンがリードを守り切れないのが理由だと思う。

ゴンザレスも今季でナショナルズと契約が満了するので、ナショナルズに残留したいのであれば、今の防御率に満足するのではなくて、制球難を改善しないといけないと思うよ。
本当に頑張って欲しいよね!!


まあ、いいたいことはたくさんあるけど、終わったことをあれこれいっても仕方がない。
このシリーズの目標は3勝1敗だったので、明日から3連勝すればいい。
今季のカブスは勝率5割ちょっとなので、そこまで強い訳でもない。
ぜひ、メジャーリーグ最強チームはナショナルズであることを証明して欲しいと思う。
頑張れ、ナショナルズ!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=26&year=2017&game=gid_2017_06_26_chnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_06_26_chnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=626&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491243


滝川クリステル414

【クリ様の一言】
本当にカブスもマドン監督も憎たらしいですね!!
この悔しさを明日の試合で晴らして欲しいと思います!!
頑張れ、ナショナルズ!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_20_wasmlb_miamlb_1&mode=classic

きのうは、心配していたロアークがわずか2.2回でKOされてしまい、6-0から負けてしまうというショックが大きな敗戦だった。
ロアークは、シャーザーとストラスバーグの次に神経質になる投手なので、防御率が5点台目前になったのはダメージが大きかった。

このKOでロアークのシーズン防御率2点台達成が難しくなった。
残り18試合で6.0回ずつ投げたとしても、108.0回で自責点17、防御率1.42だと194.2回、自責点64で防御率2.96と2点台に手が届くけど、今の調子を考えると到底無理だろう。
実際には防御率3点台になれば上出来だろうね。


さて、そんなショックを引きずったまま今日の試合になったんだけど、今日はゴンザレスがまずまずの投球を見せてくれた。
前回の試合から制球が安定してきたけど、今日も101球中71球がストライクでストライク率70.3%と見違えるように良くなってきた。

今日は4シームの最速が93.2マイル、平均が90.8マイルで空振り率が8.6%だったけど、2シームが素晴らしく、最速が92.0マイル、平均が90.2マイルながら空振り率が15.6%だった!!
さらにカーブが抜群に良く、空振り率26.1%だった。
ゴンザレスのカーブがここまで良かったのは初めて見た気がするね!!

ゴンザレスは、開幕からずっと制球が不安定で、セイバーメトリクスの数値も壊滅状態だったので、去年と同じようにシーズン途中で崩れてくるのではないかと思っていた。
しかし、短期間で見事に立て直してきたよね。
私もここまで良くなるのは予想外だったね。
この調子でストラスバーグ、ロアーク、ロスも良くなって欲しいよね。


トライネン2

今日は登板時には4点差あったので、比較的余裕を持って投げることができたトライネン。
今日はシンカーの最速が99.9マイル、平均が99.2マイルと球は走っていた。
こんな球が投げられる人が防御率6.00とかおかしいよね。
本当にトライネンは才能を無駄遣いしていると思う。


マット・アルバース

アルバースも落ち着いて投げればクローザーができるはずなのにね。
ナショナルズの投手がクローザーをすると意識過剰になって、萎縮してしまうんだろうね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=20&year=2017&game=gid_2017_06_20_wasmlb_miamlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_06_20_wasmlb_miamlb_1%2F&prevDate=620&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491170


ハーパー3

打線は、3回一死一塁からテイラーが二盗を決めた。
ターナーが四球で一二塁となると、ここからダブルスチールを決めた!!
ナショナルズは長打だけではなく、足も絡めた攻撃ができるのが素晴らしいよね!!
グッドウィンは三振したけど、続くハーパーがタイムリーを放ち2点を先制した!!


ブライアン・グッドウィン

マーリンズに1点を返されて2-1となったけど、5回二死二塁からグッドウィンのタイムリーで3-1となった。
ハーパーが敬遠されたけど、ジマーマンがタイムリーを放ったのは痛快だったね!!
もう、去年のジマーマンとは違うのにね(笑)
さらにマーフィー敬遠で、ドリューがタイムリーを放った!!
今日のマーリンズは敬遠策が失敗しまくりだったね。


ダニエル・マーフィー

5回裏に2点を返され、6-3となっていた。
ナショナルズにとって3点差はセーフティーリードではない。
追加点が欲しいと思っていたら、8回にマーフィーの貴重な12号ソロが出た!!
これで私も勝ったと思ったよ!!


ナショナルズ019

マーフィーは今季の成績を.346、12本、49打点として、打率もジマーマンに次いで2位に浮上した。
今季はチームメイトとの争いになるけど、ぜひ首位打者を獲得して欲しいよね!!

9回もジマーマン、マーフィー、ドリューの連続タイムリーとウィータースのセカンドゴロで5点を挙げて、12‐3でナショナルズが勝った!!
最近、ドリューも打ちまくっているね!!
何気に最近は野手の控えも層が厚くなってきたよね!!


ナショナルズ018

そういえば、きのう、カーショウが6.1回を10三振、1四球、6安打、4本塁打、自責点6だったね。
ドジャースの打線が打ちまくったので、カーショウがハーラートップの10勝を挙げたのが残念だったけどさ。
カーショウが負けていれば、最低でも勝ち星が付いてなければ、シャーザーが明日勝てば9勝で並んでいたのにね。
しかし、防御率はカーショウが2.61で2位に後退したので、、シャーザーが単独1位となったのは嬉しかったね。
今季は、ぜひカーショウを倒してサイ・ヤング賞を狙うぞ!!


ストラスバーグ「メジャーリーグNO.1の看板は今日限りでおろしてもらう」
カーショウ「お前にゃ無理だストラスバーグ」
ストラスバーグ「オレじゃない。ウチのシャーザーがやる」



むなしい…。
ストラスバーグもサイ・ヤング賞に加わって欲しいよね!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場で1打数0安打だった。
今季の成績は、.218、2本、7打点となっている。
明日もシャーザーが先発なので、イチローが打ちませんように。
その代わり、あさってから打ちまくってね!!


今日は2位のブレーブスが負けたので、ブレーブスとのゲーム差は10.5となった。
マーリンズとメッツが3位で並んで、ゲーム差は11.0だ。
メッツは試合中だけど、0-4で負けているので、今日も負ける可能性が高い


滝川クリステル409

【クリ様の一言】
きのうの鬱憤を晴らすような快勝でしたね!!
明日は大事な大事なシャーザー投手の先発です。
今日と同じくらい打って、シャーザー投手のサイ・ヤング賞獲得を援護したいですね!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_15_wasmlb_nynmlb_1&mode=classic

今日は、au行ってたり、郵便局に行ってたりしたので、試合を観ることができなかった。
auでスマホの通信量を増やしてもらったんだけど、「スマホ出して下さい」といわれて恥ずかしい思いをしてしまった。
私は、スマホの壁紙を橋本環奈ちゃんにしていたからだ。
環奈ちゃんはあんなにかわいいので、私も環奈ちゃんを壁紙にすることが多いんだけど、私もいい年なので、人に見られるのは恥ずかしいんだよね(笑)


tumblr_oi7ku7qQVr1u1r0yoo2_1280

でも、やっぱり環奈ちゃんはかわいいよね!!
私は環奈ちゃんと中学が一緒なんだよ。
環奈ちゃんが中学にいたときの教頭先生は私の担任だった先生なのだ。
ちなみに女優の水野美紀さんやソフトバンクの孫正義さんも同じ中学なんだよ。


話が脱線したけど、最近は嫌な形で負けが続いて、嫌な形でメッツとの首位攻防戦に入ってしまった。
まあ、ここでメッツにスイープされても首位から陥落することはないんだけど、負け越すとさらに嫌なムードが続くからね。
メッツも先発が万全の状態でそろえばメジャーリーグ屈指の投手陣なので、一挙に差を詰められる可能性もある。
だから、このシリーズでは悪くても2勝2敗、できれば3勝1敗で勝ち越したいところだ。

予告先発を見ると4戦目が不調のロスとデグロムなので、この試合は勝てない可能性が高い。
そう考えると、残りの3試合を全勝しないと3勝1敗にはならないのだ。
なので、ぜひ、今日の試合は勝ちたかった。


ここまでゴンザレスは、防御率こそ良かったけど、コントロールが悪く、四球が多かった。
球数が多くなるので、守りの時間が長くなって、攻撃のリズムも悪くさせて、得点も入りにくくなるし、早いイニングに降板するので、弱体なナショナルズのブルペンが勝ち星を消してしまうことも多くなる。
現状で勝ち星を増やすには、ゴンザレスが7回まで、できれば8回まで投げることが望ましい。

その点、今日のゴンザレスは理想的だった。
7.0回を5三振、0四球、5安打、1本塁打、自責点2で、課題だった四球が0なのがいいね。
106球中70球がストライクで、ストライク率66.0%とかなり良くなっている。
4シームの最速が93.3マイル、平均が92.1マイルと球速も上がって来たし、チェンジアップの空振り率が13.3%、カーブが20.7%と変化球の切れが戻ってきたのも大きい。
やっぱり、野球は投手力が大事だと感じた試合だったね!!


ジョー・ブラントン

しかし、ブラントンは相変わらずだね。
2シームも最速91.9マイル、平均91.2マイルと平凡で8球中1球しか空振りが取れないし、変化球の空振りは皆無だ。
今後、大幅に良くなることもなさそうな気がするね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=15&year=2017&game=gid_2017_06_15_wasmlb_nynmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_06_15_wasmlb_nynmlb_1%2F&prevDate=615&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491099


ハーパー3

打線は、初回、ハーパーの17号ソロで先制した!!
4回は二死二塁からゴンザレスのタイムリーで1点を追加した。

ダニエル・マーフィー

4回裏に1点を返されたけど、5回には一死一三塁からマーフィーの三塁打で2点を挙げた。
さらにレンドンのタイムリーやテイラーの7号2ランでこの回に5点を挙げて試合を決めた。
6回も無死一塁からグッドウィンのタイムリーで1点を追加した。

今日のマーフィーは5打数3安打2打点だった。
ライバルのメッツ戦では圧倒的な強さを誇るよね!!
マーフィーが移籍してくるまでは、ナショナルズは三流投手はボコボコにするけど、一流投手には手も足も出ないことが多かった。
しかし、好投手にも強いマーフィーが入ったことで、ナショナルズの打線は見違えるように良くなった。

しかも、ジマーマンにも的確なアドバイスをして、あのサッパリ打てなかったジマーマンを三冠王クラスの成績にしてしまうんだからね。
マーフィが入団したのはナショナルズのターニングポイントだったと思うよ。
ぜひ、これからも頑張って欲しいよね!!


ブライアン・グッドウィン

それから、最近はグッドウィンがいい働きをしているよね!!
今季も.277、4本、12打点となかなかの成績だ。

元々グッドウィンは評価が分かれる選手で、プロスペクトのときもオールスター級の選手になれるという意見と外野の控えが精一杯という意見があった。
私は、正直なところ後者の意見だった。
しかも、今季は昇格と同時に走塁ミスをしたり、守備でもミスしたりしていて、メジャーリーグで生き残っていくのも難しいのではないかとも思った。
しかし、そこから良くなり始めて、今やテイラーを抜いてワースの後釜の最有力候補になったのだ。

正直なところ、これは本当に予想外だったよ!!
スカスカといわれるナショナルズのマイナーだけど、ロブレスにしろ、ソトにしろ、キーブームにしろ野手は意外と育っているんだよね。
ロブレスは、1A+で.285、6本、21打点、11盗塁、ソトは1Aで.360、3本、14打点、1盗塁、キーブームは1Aで.333、6本、20打点、2盗塁だ。

放出したジオリートが3Aで2勝6敗、防御率4.86であり、63.0回で31四球と全くコントロールが改善されていないし、ロペスも3Aで5勝3敗、防御率3.82であり、66.0回で28四球と同様だ。
この2人はリゾーGMに才能を見限られたので、トレード価値があるうちに放出されたんだと思うよ。

この2人の移籍先のホワイトソックスも期待されていたモンカダがここに来て打率が急降下し、3Aで.271、7本、19打点、13盗塁となっている。
コペックも4勝3敗、防御率2.90ながら、ここ2試合でイニング以上の四球を出している。
62.0回で83三振を奪う一方で、40四球はあまりにも多すぎる。
オフの勝者といわれていたホワイトソックスだけど、今のところはその効果も見えてこないよね。


イチロー2

今日はマーリンズに試合はなかった。
イチローもゆっくり休んで、連続安打を6試合に伸ばして欲しいよね!!
頑張れ、イチロー!!

今日は2位のメッツに勝ったので、メッツとのゲーム差は9.5となった。
試合がなかった3位のマーリンズとのゲーム差は10.0となった。
このまま独走できるように頑張って欲しいよね!!


滝川クリステル404

【クリ様の一言】
ここ最近、負け続きで沈みがちだったチームがゴンザレス投手の好投で救われましたね!!
ゴンザレス投手は、ここまで防御率ほどは良くない投球でしたが、今日は素晴らしかったですね!!
明日は、ぜひエースのシャーザー投手で連勝を飾りたいですね!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_10_texmlb_wasmlb_1&mode=classic

おととい、夜勤明けで3時間足らずしか寝てない中でかさいあみちゃんのイベントに参加していた。
帰宅してからすぐに寝て、そのまま朝まで起きれなかったので、この試合は観てない。


DSC03196

DSC03197

DSC03209

あみちゃんのイベントは最高だったよ!!
さらに日曜日はあみちゃんのオフ会にも参加したのだ!!


DSC03211

あみちゃんともつ鍋&カラオケは最高だったよ!!
日曜日も帰宅してからすぐに寝たので、ブログを更新できなかったんだよ。
なので、この試合は簡単にレビューを済ますね。


ゴンザレスは、105球中59球がストライクで、ストライク率が56.2%と今日も荒れ球だった。
しかし、そんな中で6.0回を9三振、1四球、3安打、自責点1と素晴らしい投球を見せてくれた。
これでゴンザレスは、ナショナル・リーグ8位の防御率2.91となったのに、13試合でわずか5勝と勝ち星に恵まれていない。
防御率2点台はメジャーリーグ全体でも16人しかいないのに5勝は最低タイだ。
この日も勝ち投手の権利を持って降板したのに、ブルペンが打たれて勝ち星を逃した。


コーダ・グラバー

グラバーは3-1の9回に登板したけど、秋にど真ん中のチェンジアップを本塁打にされた。
さらに、そこから安打、四球、二塁打で1点を失い、同点とされた。
後続は打ち取ったけど、2回目のBSだった。

やっとグラバーがクローザーで定着できると思ったのに、本当に厳しいよね。
やっぱり、クローザーをやれる投手って特殊な投手なのかもしれないね。
今更だけど、結果としてはイートンを獲得するんならクローザーを獲得しておいた方が良かったね。


ショーン・ケリー

そして、ケリーも相変わらずだ。
いくら何でも本塁打を打たれ過ぎなので、確率から考えればもうそろそろ収まりそうなんだけどなぁ。
しかし、被本塁打の嵐が収まる気配が全くない。
この日も二死から二塁打を打たれて、敬遠、そして3ランと最悪のパターンだ。

15.2回で8本塁打も打たれ過ぎだし、9四球、17安打で、WHIP1.66だからね。
もう、ケリーもダメかもしれないね…。



【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=10&year=2017&game=gid_2017_06_10_texmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_06_10_texmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=610&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491034


アダム・リンド

打線はレンジャースを上回る10安打を放ったけど、得点は6回の3点だけだった。
6回に3点入ったときはゴンザレスも勝ち投手になれると思ったんだろうけどね…。
本当にダメージの大きい敗戦だったけど、気持ちを切り替えて頑張るしかないね!!


滝川クリステル399

【クリ様の一言】
本当にショックが大きい敗戦ですね…。
ブルペンは何とかトレードなしでやりくりして欲しいと思っていましたけど、マイナーが枯渇するのを覚悟のうえでトレードするしかないのかもしれませんね。

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_05_wasmlb_lanmlb_1&mode=classic

今日も例によって西地区の試合は最後まで観れない。
夜勤の私は寝る時間だからね。

ドジャースはポストシーズンで対戦する可能性も高いので、とても大事な試合だ。
メジャーリーグ最高の投手であるカーショウもいるし、ナショナルズにとって、ナショナル・リーグ制覇の最大の障害になるチームであるのは間違いがない。
まずは初戦とシャーザーが投げる2戦目に勝って、カーショウにプレッシャーを与えた状態で3戦目に臨みたいと思っている。

先発のゴンザレスは、107球中63球がストライクで、ストライク率58.9%と荒れ球なのはいつものことだ。
そんな中で6.0回を5三振、2四球、4安打、自責点2に抑えてくれたのは大きかったね。
今日は、チェンジアップがいいところに決まっていたと思う。


エニー・ロメロ

ロメロが7回に登板してきたけど、いきなりストレートの四球を出したときはまたかと思ってヒヤヒヤした。
しかし、その後を何とか抑えることができたので本当に良かった。
ロメロがせめて人並みのコマンドがあればすごくいい投手になれるんだけどなぁ…。


それじゃあ、寝るよ。
ナショナルズが勝ちますように!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=5&year=2017&game=gid_2017_06_05_wasmlb_lanmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_06_05_wasmlb_lanmlb_1%2F&prevDate=65&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490963


レンドン2

打線は、2回レンドンの11号ソロでナショナルズが先制した。
大事な初戦で先制点を取れたのは大きかった。
レンドンも絶好調になってきたので、打率3割も目前だ。
ハーパー、ジマーマン、マーフィーに次いで、レンドンまでもが3割、30本、100打点をクリアできる可能性があるね。
3割、30本、100打点が4人になれば、間違いなくメジャーリーグ最強打線だね!!


マット・ウィータース

4回には二死二三塁からウィータースが2点タイムリーを放った!!
ウィータースもきのうの時点で.278、5本、20打点、1盗塁と素晴らしい働きをしている。
一時は走られ放しだったので心配していたけど、盗塁阻止率も28%まで持ち直している。
ラモスが攻守共に素晴らしい捕手だったので、比較されて大変だとは思うけど、本当に良く頑張っているよね!!


ハーパー3

5回は二死三塁からハーパーがタイムリーを放って4‐0となった!!



イチロー2

今日のイチローは、代打で出場で1打数1安打だ。
今季の成績は、.183、1本、4打点となっている。
マーリンズは夏でチーム解体の噂が出ているね。
やっぱり、エースのフェルナンデスが亡くなってしまい、絶対的なエースがいなくなってしまったからね。
まあ、仕方がない二かもしれないね。


今日はブレーブスとマーリンズが負けた。
メッツは試合がない。
ナショナルズが勝って、2位以下とのゲーム差を広げておきたいよね。


滝川クリステル394

【クリ様の一言】
試合は8回表で4-2でナショナルズが勝っています!!
このままナショナルズが勝ちますように!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_30_wasmlb_sfnmlb_1&mode=classic

夜勤の私はもう寝る時間だ。
例によって、西地区の試合は記事も尻切れトンボで終わるよ。
それでも気になることがあれば、明日の記事にでも書くことにするよ。

現在、5回が終わって、6‐2でナショナルズが勝っている。
ゴンザレスは、5.0回を4三振、2四球、6安打、自責点2で前回よりも状態はいいみたいだね。
点差もあるし、今日は勝つだろう。

ゴンザレスは防御率2点台をキープして欲しいので、残りイニングで点を取られませんように。
ゴンザレスは球数からいって7回まで投げるかどうか微妙なので、8回のアルバース、9回のグラバーにつなぐまでブルペンが踏ん張りますように!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=30&year=2017&game=gid_2017_05_30_wasmlb_sfnmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_05_30_wasmlb_sfnmlb_1%2F&prevDate=530&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490888


ジマーマン2

打線は、初回、二死三塁からジマーマンとマーフィーの連続タイムリーで2点を先制した。
2回はゴンザレスのタイムリーで1点を追加し、さらにサマージャを攻め立てて一死満塁にするけど、ハーパーとジマーマンが連続三振に倒れてしまった。


テイラー

追加点が欲しい5回にはテイラーの2点タイムリーとワースの押し出しで3点を追加して6‐2となった。


イバン・ノバ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_30_wasmlb_sfnmlb_1&mode=classic

今日は、ノバが7.0回を3三振、1四球、6安打、自責点3で負け投手になった。
これでノバは5勝4敗、防御率2.92となった。
今日は、ノバらしく甘いコースに投げまくっていたけど、ダイヤモンドバックスが打ち損じるケースが多かった。
本来なら5点くらい取られてKOされるくらいの投球内容だったと思う。

それでもストラスバーグよりも防御率がいいのが忌々しいけど、次回のストラスバーグの登板で抜き去るだろう。
それにノバもこれから打ち込まれて防御率が悪くなると思うしね。


イチロー2

今日のマーリンズはフィリーズ戦で、イチローは途中出場で2打数0安打だ。
今季の成績は、.169、1本、4打点となっている。
明日はイチローが打ちますように!!

今日はメッツが延長12回で5‐4で勝った。
ブレーブスは2-9で負けているので、今日はもう負けだろう。
今日はロッキーズも負けているので、このまま勝てばナショナルズがナショナル・リーグ勝率1位になる。
ぜひ、メジャーリーグ勝率1位を目指して頑張って欲しいよね!!


滝川クリステル387

【クリ様の一言】
現在、5‐2でナショナルズが勝っていますが、このままナショナルズが勝って欲しいですね!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_25_seamlb_wasmlb_1&mode=classic

ストラスバーグの好投以降、ロス、ロアークが続いたので、さらにゴンザレス、シャーザーと続き、ローテーション投手のそろい踏みをして欲しかった。
しかし、今日もゴンザレスの制球難は改善されなかった。
開幕戦は6.0回を2四球、2試合目は7.0回を0四球だったけど、それ以降の7試合で3四球が4回、4四球が2回、7四球が1回となっている。

今日も4シームのストライク率は52.2%に過ぎなかった。
基本となる4シームでストライクが取れないのは厳しいよね。
2シームも45.0%、チェンジアップも46.2%、カーブだけが64.7%とまともだった。

四球を出しまくっても三振をたくさん奪うことで失点を防いだ。
しかし、こんな投球で96球中50球しかストライクが取れないのでは、球数も多くなって5.1回で降板するのも仕方がない。
ここ最近は、ナショナルズの先発投手が長いイニングを投げることで弱点であるブルペンの弱さを克服してきた。
ところが、5.1回で降板してしまうと不安があるリリーフを登板させるしかない。


ジェイコブ・ターナー

ゴンザレスの後を継いだジェイコブ・ターナーは4シームは素晴らしいけど、変化球がサッパリだ。
4シームを3球続けてカウント2-1にした後、スライダーを本塁打された。
球種はスライダーになっていたけど、画面で見てもほとんど変化していない。
あれでは打たれて当然だ。

これ以降、変化球は1球しか投げなかった。
打者は4シームだけを待っていればいいのだから、1.0回で4安打も打たれるのは当然だ。
いい4シームなんだけど、これを活かす変化球がないとこの4シームも宝の持ち腐れになってしまう。


マット・アルバース

グレースも1人くらい抑えて欲しかった。
トライネンも調子は良くなさそうで、運良く抑えることができただけという印象を受けた。
アルバースだけが1.2回を3三振、0四球、1安打と素晴らしい投球をしていた。

またしてもブルペンが逆転されたとなると、先発が7回まで投げて、8回アルバース、9回グラバーのリレーで逃げ切るしかないよね。
しかし、頼みの綱のアルバースを1.2回も使ってしまうと明日の試合が心配だね…。


エリック・フェッド

ところで、2Aではフェッドをリリーフで使うようになった。
レベルが高いナショナルズの先発ローテーションに入るのは難しいし、リリーフも不足しているので、まずはリリーフで使いたいのだろう。
球速も最速97マイルくらい出そうだし、スライダーもなかなかいいので、案外使えるかもしれないね。
信頼できるリリーフは1人でも欲しいので、頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=25&year=2017&game=gid_2017_05_25_seamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_05_25_seamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=525&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490811


レンドン2

打線は、5回にレンドンの9号ソロでナショナルズが1点を先制した。
さらにワースのタイムリーで1点を追加し、2‐0としたけど、それが精一杯だった。

マリナーズは先発はいい投手がいなかったけど、ブルペンはいい球を投げる投手が多かった。
かつて、マリナーズは若手投手の宝庫といわれ、99マイル投げていた頃のピネダを放出しても問題がないと思われていた。
ところが、その若手投手が全然育たなかったよね。
パクストンも今一つで、ウォーカーはダイヤモンドバックスに放出された。

結局、いちばん良かったピネダをヤンキースに放出し、代わりに獲得したモンテロも使い物にならなかったといういかにもマリナーズらしいトレードになってしまった。
こうやって考えると、ナショナルズのトレードの上手さって本当にすごいよね!!


イチロー2

今日はマーリンズの試合はなかった。


今日はブレーブスもメッツも負けた。
2位のブレーブスとの差は7.5、3位メッツとの差は8.5となった。

明日はエースのシャーザーなので、好投して勝って欲しいね!!
ぜひ、シャーザーとストラスバーグが好投して、2人共防御率が2点台になりますように!!


滝川クリステル390

【クリ様の一言】
きのうまでの先発が好投する流れにゴンザレス投手も乗って欲しかったですが、残念でしたね…。
幸いブレーブスもメッツも負けたので、明日から気持ちを入れ替えてまた頑張りましょう!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_19_wasmlb_atlmlb_1&mode=classic

またこんな負け方をしたけど、ナショナルズに優秀とまではいわなくてもせめて並みのブルペンがあれば、アストロズを超えてメジャーリーグ最高勝率で突っ走っていただろう。
ゴンザレスは、ここまで表面上はいい防御率だけど、ここまで内容が非常に悪かった。
何とか抑えている間に立て直して、本来の投球ができるようにして欲しかった。

ところが、今日も5.2回を5三振、3四球、9安打、2本塁打、自責点4だった。
ゴンザレスは今季オフにFAになる。
ナショナルズに残留しようと思えば、今季は15勝、防御率3点台は必要だろう。
だから、本当に頑張ってもらいたいんだけどね。


ショーン・ケリー

ケリーは1.0回で3三振で自責点0だったけど、2四球、1安打でアップアップの内容だった。
もっと安心できる内容が求められるよね。


エニー・ロメロ

ロメロは最速101.95マイルという素晴らしい4シームを持っているけど、絶対的な変化球がない。
だから4シーム一本鎗になってしまうのだ。
100マイルの4シームとはいってもそれ一本で通用するほどメジャーリーグは甘くない。

ロジャー・クレメンスはスプリッター、ランディ・ジョンソンはスライダー、ペドロ・マルティネスはチェンジアップと一流といわれる速球投手はメジャーリーグでも最高級の変化球を持っているものなのだ。
そこまでいわないまでも、ある程度のクオリティーがある変化球を持っていれば、ロメロももっと素晴らしい投球ができるはずなのにね。

結局、4シームしかないから打たれてしまうんだよ。
それにいかつい容姿とは裏腹にちょっとハートが弱そうだね。


マット・ウィータース

今日はウィータースが4つも盗塁を許してしまった…。
今季は21回走られて4回しか刺してない。
盗塁阻止率はわずか19.0%に過ぎない。

この惨状を見ていたら、ヤンキースのポサダを思い出したよ。
ポサダも阻止率が良くなくて、2007年には年間102盗塁も許しているのだ。
さらにポサダは肩以外の守備も悪かった。
クレメンスはヤンキース以外では通算防御率も2点台なのに、ヤンキース時代は4点台だ。
私はポサダが悪かったからではないかと思っている。
事実、ランディ・ジョンソンもケビン・ブラウンもポサダと組もうとしなかったしね。

Twitterでは、今季のナショナルズの投手陣の不振はウィータースが原因と指摘している人もいる。
そう考えると攻守共に際立っていたラモスがだれだけ偉大な存在だったかわかるよね…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=19&year=2017&game=gid_2017_05_19_wasmlb_atlmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_05_19_wasmlb_atlmlb_1%2F&prevDate=519&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490732


トレイ・ターナー

打線は2点を先制されたけど、3回表にターナーのタイムリーとブレーブスのエラー絡みで3‐2と逆転した。
しかし、その後はリードするたびにゴンザレスが追いつかれるストレスのたまる試合展開だった。
最後はロメロが打たれて、4‐7でナショナルズが負けた…。


イチロー2

今日のイチローは代打で出場し、1打数0安打だった。
今季の成績は、.163、1本、1打点となっている。


今日は2位のブレーブスに負けたので、ゲーム差は7.0となった。
メッツは勝ち、3位メッツとのゲーム差は7.5となっている。
終わったことをあれこれいっても仕方がないので、明日また頑張ろう!!
明日はいいことがありますように!!


滝川クリステル383

【クリ様の一言】
私もここまでブルペンがひどいとは思いませんでした。
さすがにそろそろ抜本的な対策を立てないといけないのかもしれないですね。

1
ショーン・ケリー

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_14_phimlb_wasmlb_1&mode=classic

酷い試合だったね…。
いつかは立ち直るだろうと思っていたのにケリーが今日も背信投球。
11.1回で本塁打6本とか打たれ過ぎだろ!!
統計的にフライの10本に1本が本塁打になるから、これだけ本塁打を打たれた揺り戻しが来て、本塁打を打たれにくくなるんじゃないかと思っていたのにね。
全然、回復する気配がない。

これだったらアルバースかグラバーをクローザーにした方がいいかもしれない。
トライネンもそうなんだけど、ここまで悪いとなったら少しでもマシな投手を使っていくしかないからね。


ゴンザレス

ゴンザレスは、112球中63球しかストライクが取れず、ストライク率はわずか56.3%だった。
それでも何とか6.2回を5三振、3四球、4安打、1本塁打、自責点1に抑えていた。
ゴンザレスの4勝目が見えていたのに、本当に残念だね…。

ゴンザレスは、4シームのストライク率は66.7%ながら、チェンジアップが41.2%、カーブが41.2%と変化球でストライクが取れなかったのが厳しかったね。
今季はFAになるので、ナショナルズと契約するためにも、今後はコントロールを改善して技巧派投手への変身を遂げる必要がある。
何とか頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=14&year=2017&game=gid_2017_05_14_phimlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_05_14_phimlb_wasmlb_1%2F&prevDate=514&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490664


ハーパー3

打線は、初回にハーパーの12号ソロで1点を先制した!!
5回はターナーの4号2ランで3‐0となったときはナショナルズが勝つと思っていたんだけどなぁ…。


今日のヘリクソンならもっと点が取れそうだと思っていたんだけど、もう1点か2点あれば勝っていたと思うよ。
まあ、今季は打線はメジャーリーグ最高の働きをしているので、これ以上望むのは酷だけどね。
今日はダブルヘッダーでもう1試合あるので、気を取り直して次を頑張ろう!!
シャーザーが好投して勝ちますように!!


イチロー2

今日のイチローは出番がなかった。
打率も良くないので、代打で出場の機会も減って来るのではないかと心配になるよね…。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル376

【クリ様の一言】
またしてもブルペン崩壊での敗戦は堪えますね…。
しかし、それだけブルペンが打たれて負けても勝率.639あるのは素晴らしいですね!!
終わったものは仕方がないので、次の試合を頑張りましょう!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_08_wasmlb_balmlb_1&mode=classic

今日もゴンザレスは6.0回を2三振、4四球、7安打、3本塁打、自責点6の大乱調だった。
今日も制球難が克服できず、108球中ストライクは60球、ストライク率は55.6%に過ぎず、前回の55.2%とほぼ同じだった。
2シームのストライク率が54.5%、4シームが55.2%、チェンジアップが68.0%、カーブが42.9%だったけど、速球系でストライクが取れないのは厳しいね。

この試合が始まるまでは、3勝0敗、防御率1.64と表面的には素晴らしい成績を残していた。
しかし、BABIP.257、FIP4.07、xFIP4.31と明らかに運に恵まれた成績であり、内容的には防御率4点台だった。
去年も序盤は幸運に恵まれていて、8試合目までは3勝1敗、防御率1.86だったのだ。
9試合目以降にその反動が出て、その後は8勝10敗、防御率5.58となり、終わってみれば11勝11敗、防御率4.57だった。

ゴンザレスは球速の低下によって甘いコースが痛打されるようになった。
このためコーナーを狙って投げようとするけど、コマンドが悪いために狙ったところに投げることができずに四球が増えているのだ。
今季はFAなんだし、ここでコマンドを向上させていい投球をしないと今後の契約が難しくなるだろう。
ぜひ、立ち直って欲しいよね!!


トライネン2

トライネンは、今日は1.0回を2三振、0四球、0安打、自責点0だった。
今日は2-6と負けているある意味気楽な場面での登板だった。
しかし、求められているのはもっと緊迫した場面での好投なのだ。
トライネンがプレッシャーがかかる場面で失敗続きなのはメンタルの問題も大きいのかもしれないね。


ジョー・ブラントン

ブラントンは結果的に自責点0だったものの、1.0回で3安打されていた。
まだまだ厳しいみたいだね…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=8&year=2017&game=gid_2017_05_08_wasmlb_balmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_05_08_wasmlb_balmlb_1%2F&prevDate=58&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490582


テイラー

0-6となったナショナルズは、5回二死二塁からテイラーがタイムリーを放って1-6となった。


ハーパー3

6回にハーパーのタイムリー、8回にハーパーの10号ソロで3-6となった。
9回に一死一二塁からウィータースのタイムリーで1点を返し、なお一死二三塁で一打同点の場面となった。

しかし、代打にグッドウィンが立った。
そして、ウィータースの代走にターナーを使った。

グッドウィンは3Aでも25試合で、.256、2本、11打点なんだよ。
いくらターナーが不振でもグッドウィンを代走で使ってターナーを代打にするべきじゃないの?
案の定、グッドウィンはファーストゴロだった。
そして、ターナーが飛び出してダブルプレーとなって、試合終了だった。
何ともお粗末な終わり方だった…。

正直なところ、グッドウィンも外野の控えが薄手だから昇格できただけで、メジャーリーグレベルの選手ではないような気がするよね。
きのうからベイカー監督の采配の迷走ぶりが目立つよね…。


イチロー2

今日のマーリンズはカージナルス戦で、イチローは代打で出場し、1打数1安打だった。
今季の成績は.175、1本、1打点、0盗塁となった。


ノア・シンダーガード

【MLB】メッツのN.シンダーガード、広背筋の部分断裂で復帰未定に (ISM) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170502-00000210-ism-base

現在、メッツはジャイアンツ戦で4‐3で勝った。
ナショナルズとのゲーム差は5.5となった。

そういえば、シンダーガードがDL入りしていたね。
私が前からいってた肘ではなかったけど、やっぱり人間の体は100マイルの速球の連投には耐えられないのかもしれないね。
あんな4シームを投げているんだから、体の負担も相当大きいだろうしね。

ストラスバーグも故障が多いけど、メッツの投手も相当だね。
やっぱり、シャーザーみたいに要所だけ球速を上げて、それ以外の場面では球速を抑えながら投球する必要があるんだろうなぁ。


滝川クリステル370

【クリ様の一言】
今日はゴンザレス投手の乱調が痛かったですね…。
明日はエースのシャーザー投手で連敗を止めて欲しいですね!!

このページのトップヘ