Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ジョー・ロス、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、フィル・ヒューズ、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、凰かなめちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

カテゴリ:MLB > ジオ・ゴンザレス

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_27_wasmlb_colmlb_1&mode=classic

今日のゴンザレスは、6.2回を5三振、3四球、7安打、1本塁打、自責点2だった。
106球中ストライクはわずか60球、ストライク率が56.6%と非常に悪かった。
途中までロッキーズの打者が若いカウントから積極的に打ってきたので助かったけど、じっくり球を見極める作戦に出ていたら危なかったと思う。

ロッキーズの打線もイケイケみたいなので、ああいう打線は打つときは打つけど、好投手が出て来たらサッパリ打てなくなる打線だね。
つい最近までナショナルズもフリースインガーが多くてそんな感じだったけどね。
デスモンドとかエスピノーザとか本塁打は多いけど、三振が多くて、ポストシーズンに出てくるような好投手は全然打てなかった。

今ではマーフィーやターナーような好打者が入ったので、好投手でも難なく打てるようになったのが大きいよね。
ポストシーズンに強いのは四球を選んだり、難しいボールをファウルで粘ったりできる打者がたくさんいるチームだと思う。
三連覇していた頃のヤンキースもジーターやバーニーのような好打者をそろえた打線だったからね。

こういう打線に軸となるべき圧倒的な強打者が加われば最高と思っていたけど、ナショナルズはその役割をハーパーが担っている。
そして、ヤンキースが持てなかった圧倒的な先発ローテーションもあるので、私はナショナルズは三連覇当時のヤンキースをも凌駕した圧倒的なチームになれる可能性があると思っているんだよ。

話しが脱線したけど、ロッキーズの打線に助けられたおかげでゴンザレスも助かったと思う。
まあ、こういう試合もあると思うので、次はキッチリとした投球を期待したいよね!!


ジョー・ブラントン

そして、今日もブラントンが打たれた。
最初に出てきて、3.0回を無失点で抑えていたときもこの投手は防御率4点台クラスの投手と思ったからね。
突出した武器がないのが苦しいよね。
まあ、今が底で、もう少し落ち着いて来るとは思うけど、打者を圧倒するような投球は期待できないと思う。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=27&year=2017&game=gid_2017_04_27_wasmlb_colmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_04_27_wasmlb_colmlb_1%2F&prevDate=427&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490429


s-ウィルマー・ディフォ

ナショナルズは初回に1点の先制を許したけど、打線は2回一死一二塁からディフォのタイムリーで同点に追い付いた。
3回はマーフィーのサードゴロで1点を挙げ、2‐1となった。


アダム・イートン

再び同点に追い付かれ、2‐2となったけど、イートンの2号ソロで3‐2となった。
5回はゴンザレスのタイムリーで4‐2となった。


ハーパー3

6回はロッキーズの守備の乱れで1点を追加し、そこから3連打で、ウィータースが倒れた後、ディフォが敬遠されるもゴンザレスとイートンが連続押し出し四球となった。
ターナーがタイムリーの後、ハーパーが3ラン、マーフィーとリンドの連打で15‐2となった!!


ダニエル・マーフィー

9回はマーフィーの5号ソロも出て、結局16‐5で勝った!!


このシリーズが始まるまで、ナショナルズは13勝5敗、ロッキーズが13勝6敗で、ナショナル・リーグの勝率1位と2位の対決となっていた。
ナショナルズはこのシリーズに3勝1敗と勝ち越した。
そして、ナショナルズはこのシリーズで46得点というすさまじい爆発力を発揮したのだった!!


20170428-01

ナショナルズは16勝6敗、勝率.727でメジャーリーグ全体で1位、139得点もメジャーリーグ全体で1位だ!!
DH制がないのにチーム打率.284もメジャーリーグで1位だしね!!
本当に圧倒的な強さだね!!
ブルペンはまだ改善の余地があるけど、先発と打線は最高だね!!
明日からのメッツ戦もこの勢いで勝ち越して欲しいと思う。
頑張れ、ナショナルズ!!


イチロー2

今日のマーリンズはフィリーズ戦だった。
ナショナル・リーグ東地区は2位がフィリーズなので、フィリーズが負けて欲しかったけど、フィリーズが3‐2で勝った。
イチローは代打で出場し、1打数0安打だった。
イチローの打率は.167となった。


今日は最大のライバルのメッツも負けていた。
メッツはこれで6連敗だ。
今日はハービーが4.1回を1三振、5四球、5安打、1本塁打、自責点5でKOされていた。
ハービーも手術してから何かが足りなくなった気がするね。

これで2位フィリーズとのゲーム差は4.0、最下位のメッツとは7.5差となった。
メッツは先発投手がいいので、一度波に乗ると大型連勝もあり得る。
だから、明日からの直接対決も気を抜かず、勝ち越してメッツとの差を広げて欲しいと思う。


滝川クリステル359

【クリ様の一言】
今日も打線が素晴らしい働きをしましたね!!
これでまた3連勝ですが、明日からのメッツ戦も頑張って欲しいですね!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_22_wasmlb_nynmlb_1&mode=classic

今日のゴンザレスは、4シームの最速は93.1マイル、平均91.7マイルだったけど、空振り率は7.0%あった。
今日はチェンジアップが良く、空振り率も22.2%もあった。
その一方でカーブが良くなく、空振り率は4.2%に過ぎなかった。

また、今日はコマンドが良くなく、107球投げて66球がストライクで、ストライク率は61.7%だった。
特に4シームのストライク率が53.5%、カーブが58.3%と良くなかった。
ゴンザレスの調子も良くなかったけど、そんな中でも6.1回を6三振、6三振、3四球、2安打、自責点1に抑えたのはさすがだったね!!


トライネン2

2番手のトライネンは、クローザーをしていたときにかなり打ち込まれ、自信を喪失しているんじゃないかと心配していた。
しかし、今日は0.2回をパーフェクトに抑えていた。


エニー・ロメロ

そして、今日もロメロが好投した!!
今日も圧倒的な4シームは最速99.5マイル、平均が98.4マイルだった。
そして4シームの空振り率は圧巻の22.2%だった!!
甘いコースもあったけど、あの圧倒的な球速が成せる業だろう。


やっぱり、球速があるということはこういうことなんだよね。
球速があれば、変化球との緩急が付くので変化球も活きてくるしね。

あと三振が奪えるのも大きいよね。
いうまでもなく無死三塁だと外野フライやボテボテの内野ゴロでも1点入るけど、連続三振に仕留めれば失点しないからね。

仮に奪三振率10.0の投手と奪三振率5.0の投手を比較してみよう。
セイバーメトリクスにBABIPという指標がある。
これは野球を統計学的に分析したセイバーメトリクスが開発した指標で、インフィールドの打球は投手の力量に関係なく打率3割になるというものだ。

奪三振率5.0の投手は奪三振率10.0の投手に比べるとざっくりと5つインフィールドの打球が増えると仮定しよう。
ファウルフライでアウトのケースもあるけど、ここでは考慮しないことにする。
するとBABIP.300だと1.5本被安打が増えることになる。
ここで1.5本の安打の後にさらに打席が増えたり、ゲッツーになることもあるけど、ここもざっくりと1試合1.5本増えると考えることにする。

すると年間32試合の先発で48本被安打が増えるのだ。
ここもざっくりと30%にホームインを許したとすると年間の自責点は14点増えることになる。
年間200.0回投げたとすると防御率は0.63悪化するのである。
野球は細かい流れの積み重ねなので、必ずしも上の過程が当てはまる訳ではないけど、三振を取れる投手が有利だということはわかると思う。


打たせて取る投手が球数が少なくていいというけど、打たせて取る投手だって1打者当たり1~2球で打ち取れる訳ではないし、安打を打たれたら対戦打者の数も増えて、結果的に球数も増えるのだ。
ましてや、打たせて取る投手が完全に打球をコントロールできる訳でもない。
運悪く野手の間を抜ける可能性もあるし、エラーする可能性もある。
三振が取れる投手に比べて運任せの面が大きくなるのだ。
特にナショナルズみたいに守備が良くないチームは三振が取れる投手の方がありがたいに決まっているしね。


BABIPは一時的に低かったとしても、長い目で見れば3割に近づいて行くので、BABIPが低い投手は運が良く、いずれは揺り返しで打ち込まれる可能性が高い。
去年BABIPが.250だったカブスのヘンドリクスは、FIPも3.20、xFIPも3.59でありながら、シーズン防御率は2.13だった。
セイバーメトリクス的には明らかに「出来過ぎ」なのがわかる。
案の定、今季は防御率6.19と打ち込まれている。

またヘンドリクスのように球速がない投手だとちょっと手元が狂って甘いコースに投げてしまうと長打を打たれてしまう。
100マイルの投手なら甘いコースに投げても打たれないことがあるけど、球速がない投手はその可能性が少ない。
球速がない投手が打ち込まれると、長打を打たれまいとしてもっとコーナーを狙おうとした結果、四球が増えることがある。
今季のヘンドリクスが正にその状態で、去年の与四球率は2.08だったけど、今季は3.94まで悪化している。

このように技巧派タイプの投手は、いったん落ち目になると大崩れすることが多いのである。
この点、フィリーズのヘリクソンも同じで、現在、BABIP.164と極端に低く、FIPも3.77、xFIPも5.40で、一言でいえば運がいいだけなのだ。
今後、反動が出て、シーズンが終わってみれば、良くても防御率3点台後半に落ち着くだろう。
このように運がいいだけで、表面的に良くなった成績に惑わされずに選手の実力を正しく評価するためにセイバーメトリクスは存在するのである。

仮に去年のヘンドリクスみたいに1シーズン運がいいまま終わったとしても、もっと長いスパンで見れば、落ち着くところに落ち着くのだ。
今の成績だけ見て、いいとか悪いとか騒いでみたりするのではなくて、もっと長い目で野球を見た方がいいと思うよ。


コーダ・グラバー

話しが長くなったけど、最後の1人はグラバーが抑えて、グラバーがメジャーリーグで初セーブを挙げた!!
おめでとう、グラバー!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=22&year=2017&game=gid_2017_04_22_wasmlb_nynmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_04_22_wasmlb_nynmlb_1%2F&prevDate=422&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490365


マット・ウィータース

今日のメッツの先発はデグロムだったけど、ナショナルズは5.2回で10個の三振を喫しながら6四球を選び、デグロムから3点を奪った。
好投手を攻略するには味方投手も相手打線を最少失点に抑え、打線も四球を選んだり、ファウルで粘ったりして、相手投手の球数を増やし、早く降板させるのがいちばんなのだ。
そういう意味では、昨日も今日もいいナショナルズは攻め方ができたよね!!
こういう試合ができるようになるとポストシーズンでも勝てるようになると思うよ。

打線は、4回に一死満塁からウィータースのタイムリーで先制した!!


トレイ・ターナー

さらに5回に一死二塁からターナーのタイムリー二塁打で1点を追加した。
ハーパー敬遠の後、ジマーマンが打席に立った。
また凡退するのではないかと思ったけど、今日はタイムリーを放った!!
まだまだ信頼できないけど、ジマーマンも良くなりつつあるのかもしれないね。


きのうと今日と得点は少なかったけど、ハービーやデグロム相手に3点取った点は評価すべきだね。
明日は、エースのシャーザーなので、ぜひメッツをスイープして、7連勝を飾ろう!!
明日もぜひ勝ちますように!!


イチロー2

今日、マーリンズはパドレス戦だ。
まだ試合は始まってないけど、ぜひ今日も安打を打ちますように!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル352

【クリ様の一言】
今日もナショナルズは、メッツの先発相手に3点を奪い、好投手からでも点が取れることを証明しましたね!!
リリーフも良くなってきましたし、ぜひこのまま100勝&メジャーリーグ最高勝率での地区優勝を目指して頑張って欲しいですね!!
明日はエースのシャーザー投手の好投でメッツをスイープしましょう!
頑張れ、シャーザー投手!!

5
20170417-05

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_16_phimlb_wasmlb_1&mode=classic

ナショナルズは、またしてもブルペンが乱れた。
セットアッパーのグラバーが同点タイムリーを浴び、9回表に同点の場面で登板したクローザーのトライネンも打たれ、3-4となっていた。
必死に追いすがるナショナルズは、一死からハイジーが四球、イートンが安打で一二塁とした。

ここで勝負強い3番のハーパーが打席に入った。
外角の速球が2球続けていいところに決まり、0-2と追い込まれた。
ところが、ここで大きく沈むチェンジアップをしっかりと見逃すことができた。
私は、追い込まれても落ち着いてボールを見極めているので、これはチャンスがあるなと思った。

自信を持って投げたはずのチェンジアップを見送られたことで、フィリーズのクローザーであるベノアが精神的に追い込まれてしまった。
内角と外角に投げた速球は大きく外れてしまい、3‐2となった。
ここでハーパーを歩かせてしまうと先日サヨナラ安打を放ったマーフィーが打席に入る。
今季は.396、2本、10打点という絶好調のマーフィーをシングルヒット1本で逆転サヨナラという場面では迎えなくない。
さらに追い詰めたれたベノアが投げた速球は97マイルながらもど真ん中に入ってしまった。

ハーパーはそんなベノアの隙を見逃さなかった。
同点タイムリーかと思った打球はどんどん伸びて行く。
滞空時間の長い打球。
「入れー!!」と思うナショナルズ・ファンたち。
ファンの思いを乗せた打球はバックスクリーンに突き刺さった!!
何という劇的な逆転サヨナラ3ランだろう!!


やっぱりハーパーは生まれつきのスーパースターだね!!
そして、MVPを獲得した2014年と違って、4番にマーフィーがいることが大きいと思う。
うかつにハーパーを歩かせることができなくなり、ハーパーと勝負するしかない場面が増えたからだ。
今やハーパーとマーフィーの3番・4番コンビはメジャーリーグ最強だといっても過言ではない。

ナショナルズは選手が活躍しやすい土壌があるので、シャーザー、マーフィー、ワース、ゴンザレス、ロアークとこのチームでキャリアハイを出した選手は多い。
ターナーやロスもナショナルズでデビューして一流の選手になろうとしているし、今季移籍してきたウィータースやイートンも打率3割と好調だ。
ナショナルズは、今や先発投手陣だけではなく、打線でもメジャーリーグ最強を目指しつつあるのだ!!

ハーパーはぜひこのチームに残って欲しいよね!!
このチームで1998‐2000年のヤンキースの三連覇を超える歴史を作って欲しいと思う。
A-Rod、ジアンビ、テシェイラとヤンキースに移籍した強打者たちがどんな末路をたどったか思い出すといい。
プレッシャーが大きい名門球団よりもファンも温厚で環境がいいナショナルズでプレーした方が絶対にいいと思うよ。


レンドン2

打線は、初回の無死二塁からレンドンのタイムリー二塁打で同点とした。
3回は二死一塁からハーパーの2ランで勝ち越した。
ハーパーは、今日、5打数3安打5打点の大活躍だった!!


ゴンザレス

今日の先発はゴンザレスだった。
今日のゴンザレスは序盤に制球が乱れ、厳しい状態になるのではないかと思っていた。
ところが中盤から持ち直し、かなり良くなってきた。
試合途中で持ち直せるのがベテラン投手の強みだね!!

しかし、8回に続投させたのは私も驚いてしまった。
いくらナショナルズのリリーフが不安定だとはいえ、93球も投げていて、序盤の疲労も大きかったであろうゴンザレスを続投させるよりもイニングの頭からリリーフを登板させた方がいいと思ったのだ。
私はここですごく嫌な予感がした。


コーダ・グラバー

案の定、ゴンザレスは一死から連打を許してしまい、グラバーが登板した。
グラバーも経験不足なんだから、充分な経験を積むまでは極力イニングの頭の走者なしから登板させるべきなのだ。
そうして、自信を付けさせるのが上手い育成だと思う。
それでなくても、走者を出してから登板させるのは下策だといわざるを得ない。

グラバーもせっかく三振を奪って二死までこぎつけたんだから、もう1人頑張って欲しかったよね。
というか、今季のナショナルズは勝負所で二死からの被安打が多過ぎるよね。


トライネン2

そして、9回はトライネンがサッパリだった。
いきなり二塁打を打たれ、一死三塁からフィルダースチョイスで1点を失った。
さらに良くないのがこの後にも安打を打たれ、盗塁を許し、四球まで与えたことだ。
ここで降板となり、ケリーがマウンドに登った。

こういうときだからあえていうけど、9回走者なしから1イニング投げるだけのクローザーってそこまで難易度の高い仕事ではないんだよね。
それなりにいい投球ができる投手なら誰でもできる仕事だと思う。
しかし、ここまでヘロヘロの投球を見ているとトライネンも完全に自信を失っているみたいだね。


きのうの話の続きになるけど、やっぱりハーパーみたいな大物選手と契約延長しようと思えば、ナショナルズの予算規模から考えてもリリーフにはそんなにお金はかけられないのだ。
だからこそ、こういう状態になっても粘り強く今のリリーフを育てて行く必要があると思う。
トライネンも困難に屈することなく頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=16&year=2017&game=gid_2017_04_16_phimlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_04_16_phimlb_wasmlb_1%2F&prevDate=416&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490279


イチロー2

今日、マーリンズはメッツ戦だった。
イチローは1打数0安打1三振だった。
メッツは9回に2点を奪い、同点に追い付いたけど、マーリンズが9回裏にサヨナラ本塁打で勝った。
このおかげで、ナショナルズは首位に返り咲いた。

今日もイチローは打てなかったけど、次は打ちますように!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル346

【クリ様の一言】
今日のハーパー選手は最高でしたね!!
ハーパー選手が打席に入ったときから何かあると思ってましたよ!!
サヨナラ本塁打は野球の花形だと思いましたね!!
今季は、ぜひ.300、40本、130打点目指して頑張って欲しいですね!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_11_slnmlb_wasmlb_1&mode=classic

去年までは、brooksbaseball.netのデータはMLB公式の球速表示よりも早かったんだけど、今季はMLB公式よりもずっと遅く表示されるね。
MLB公式だと最速94.0マイルで、92マイルの4シームもたくさんあった。
しかし、brooksbaseball.netでは4シームの最速は92.5マイル、平均は90.5マイルとなっていた。

4シームの空振り率は11.4%とまずまずで、チェンジアップは同14.3%、カーブは同8.0%だった。
元々、コマンドには難があるゴンザレスだけど、今日はゴンザレスにしてはコマンドがいい方で、いいコースに決まっていた球も多かった。
この調子を維持できれば、目標の15勝、防御率3.50は達成できそうだね!!


ジョー・ブラントン

ブラントンは、前回は3.0回を自責点0だったけど、今日は1.0回を1三振、0四球、1安打、1本塁打、自責点1だった。
ここまで見た感じでは、シーズン防御率4.00くらいの投手かなと思うね。


トライネン2

トライネンは5点差があったけど9回に登板していた。
僅差の試合でいきなり登板させるのは危険なので、大量点差で登板させて、自信を持たせようというつもりだったのだろう。
しかし、前にもいったけど、先頭打者に四球を出すのは良くないね。
結果的に併殺だったけど、1点差しかない場面なら致命傷になる可能性もあるんだからね。

それにしても、トライネンが全くスライダーを投げないのは気になるね。
何か理由があるんだろうか?

いずれにしても、私はトライネンはメジャーリーグで30セーブできる力はあると思っているので、少しずつ自信を付けて行って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=11&year=2017&game=gid_2017_04_11_slnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_04_11_slnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=411&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490213


ダニエル・マーフィー

今日はマーフィーのための試合だった!!
まずは1点をリードされた3回裏の二死二三塁から逆転2点タイムリーを放った!!


s-ジェイソン・ワース

再び同点とされたが、ワースの3号ソロ、ウィータースの1号ソロで4‐2となった。
そして、5回無死一塁からマーフィーの2号2ランで6-2となった!!
7回はジマーマンのタイムリー、8回はまたしてもマーフィーのタイムリーで8‐3と圧勝した!!

去年のマーフィーは出来過ぎという意見もあったけど、私はおととしのポストシーズンでマーフィーが覚醒し、去年はその進化を見せた年だと思っている。
つまり、去年は打者として成長したというのが私の認識で、今年もMVP級の好成績を残せると思っていたんだよね。
まだまだ気が早いけど、この調子で打率4割を狙って欲しいよね!!

マーフィーが打率4割を狙うとなれば日本でもたくさん報道されるだろうし、日本人のナショナルズ・ファンも増えるだろうからね。
メジャーリーグでは、わずか13回、8人の打者しか達成したことがない4割打者だけど、ぜひ狙って欲しいなぁ!!


イチロー2

今日マーリンズはブレーブスと対戦だったけど、イチローの出番はなかった。
明日はぜひ安打を放って欲しいよね!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル340

【クリ様の一言】
今日はマーフィー選手の大活躍でナショナルズが連勝しましたね!!
オープン戦で勝てなかった強豪のカージナルスに連勝して本当に嬉しかったですよ!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_06_miamlb_wasmlb_1&mode=classic

今日は、本当に悔しい敗戦だった…。
一言でいえば、ナショナルズの弱点だったブルペンのせいで負けたんだろうけど、私は采配ミスだと思うなぁ。
クローザーはトライネンでいくと決めたんだから、何で9回頭からトライネンを使わないのさ。
クローザーの経験が少ないんだから、走者を背負ってから投げさせるよりも頭から使って走者なしから投げさせないと。
下手な投手交代って、常に走者を背負ってからの交代になるんだよね。

まあ、トライネンもあと一死だけだったから、落ち着いて投げれば良かったんだけど、これが経験の浅いクローザーと経験豊富なクローザーの差なんだろうね。
しかし、何であの場面でスライダーを使わなかったんだろう?
トライネンのシンカーは空振り率7.80%に過ぎないけど、スライダーは22.15%とシャーザーのスライダーに匹敵するからね。


ゴンザレスは、4シームの最速が91.6マイル、平均が90.2マイルとすっかり球速が落ちてしまったけど、チェンジアップの空振り率が20.0%と素晴らしく、カーブも12.5%とまあまあだった。
球速の低下に歯止めがかからないので、変化球を主体にした投球で生き残りを賭けて行くしかない。

今季の成績が悪ければ、ナショナルズを退団することになると思うので、15勝、防御率3.50くらいを目標に頑張ってもらいたいよね。
今日は、6.0回を7三振、1四球、7安打、自責点0といい投球をしていたので、ぜひ勝ち星を付けてあげたかったなぁ…。


コーダ・グローバー

グラバーは、コマンドがアバウトだけど、最速97.5マイル、平均96.3マイルのシンカーは威力充分だった。
ナショナルズの薄手のブルペンの救世主になって欲しいと思う。
将来的には、メジャーリーグ屈指のクローザーになれると思うよ!!


ショーン・ケリー

ケリーも去年は4シームの平均球速は93.29マイルだったのに、今日は最速が92.9マイル、平均が91.4マイルだった。
開幕してからまだ3試合だけど、ロアークといいゴンザレスといいケリーといい球速が大幅に落ちているのは何故だろうか?
ケリーが本塁打を打たれたのは甘く入ったスライダーだった。
球速がない分、スライダーだけでもいいところに決まってくれると良かったんだけどね。


ジョー・ブラントン

ブラントンは、これといって突出した武器がないのが苦しいよね。
球速がない分、絶対的な変化球でもあればいいんだけどね。



【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=6&year=2017&game=gid_2017_04_06_miamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_04_06_miamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=46&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490141


ダニエル・マーフィー

今日の野手でいちばん印象深かったのはマーフィーかな。
ハーパー敬遠の後の安打は最高だったね!!
ハーパーが敬遠されてもサッパリ打てないジマーマンと違うところを見せることができて、マーフィーのファンとしては最高だったね!!


ジマーマン2

それに比べてジマーマンは何なのさ!!
8回こそ勝ち越しのソロ本塁打を打ったけど、他はことごとくチャンスを潰していたからね。
本当にジマーマンのここぞという場面の勝負弱さはウンザリしてしまうね…。

ナショナルズのファンでもジマーマンは頼りにならないと思っている人は多いだろうね。
今季、.417、2本とはいえ、わずか2打点だし、いつもチャンスには打てない。
もうリンドにレギュラーを譲って欲しいよね!!


レンドン2

レンドンがまた今季初安打を放ってないけど、レンドンが.280、25本くらい打ってくれるとナショナルズの打線もメジャー最強の打線になると思うんだけどなぁ。


今日は悔しいことばかりなので、もう寝るよ。
明日はシャーザーが好投して、気分良く勝ちますように!!


イチロー2

今日のイチローは代打で出場でグローバーと対戦して、結果はセカンドゴロだった。
95マイルの真ん中の4シームだったけど、安打にできなかった。
今日でナショナルズの試合も終わりなので、明日から気兼ねなく打ちまくって欲しいね。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル334

【クリ様の一言】
今日は本当に悔しい負け方でしたね…。
気持ちを切り替えて、明日からまた頑張りましょう!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_03_26_houmlb_wasmlb_1&mode=classic

このブログは、カテゴリの横に印があって、その印をクリックすると子カテゴリが出てくるのだ。
MLBのカテゴリだとその下にスティーブン・ストラスバーグやマックス・シャーザーという子カテゴリがあるんだよ。
当初はストラスバーグとヒューズのカテゴリしかなかったんだけど、徐々に増えてきて、先日、ゴンザレスのカテゴリも作ったんだよ。


【ジオ・ゴンザレス】【MLB好投手列伝2017】 No.5 ジオ・ゴンザレス(ワシントン・ナショナルズ) 
http://strasburg37.blog.jp/archives/11222929.html

ゴンザレスも契約が切れるので、そろそろ復活をアピールして、契約延長を勝ち取って欲しいところだね。
球速が落ちてきているのが事実だけど、上記のリンク先で私が書いたように変化球のクオリティーは高い。
もうちょっとコマンドを向上させて、変化球を軸にした投球をすればいいと思う。
そのためにもカーブのコマンドの向上は必須だけどね。

今季32歳になるので、投手としても曲がり角だ。
上手くモデルチェンジしてここを乗り切れば40歳近くまでいい成績を残せるだろうけど、乗り切れないとこのまま下降線になりかねない。

ゴンザレスもオープン戦は、ここまで良かったんだけど、今日は5.0回を5三振、2四球、6安打、2本塁打、自責点5だった。
本塁打を2本打たれたのが良くなかった。
本当に今季は勝負の年なので頑張って欲しいよね!!


ジョー・ブラントン

今日は、ブラントンが1.0回を2三振、0四球、0安打だった。
今季は中継ぎで頑張って欲しいよね!!


トライネン2

そういえば、ベイカー監督が誰をクローザーにするか決めたらしいね。
候補は、ケリー、トライネン、クラバーの3人になるんだろうけど、最近の起用法を見ているとトライネンっぽいね。
ゴンザレスはアスレチックスからトレードされて、ナショナルズでブレイクし21勝して最多勝を獲得した。
トライネンもアスレチックス出身者なので、ゴンザレスに続いてタイトル獲得となると嬉しいね。
案外35セーブくらいしそうな気もするけどね。

少なくともヤンキースと契約したチャップマンやジャイアンツと契約したメランソンみたいにクローザーに年俸1,500万ドルも払うよりはコスパがいい働きができると思うよ。
やっぱり、年間70.0回程度しか投げない投手に年俸1,500万ドルは高過ぎると思うからね。


【今日の投球】


【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=510029


ハーパー3

打線は今日も寒い。
東京の3月の最高気温が20℃に達しないのは19年ぶりとかニュースでいってたけど、ナショナルズの打線はもっと寒い。
今日もハーパーの犠牲フライで1点を取っただけで、わずか5安打だ。
そろそろ本気で心配になってきた。
いくらオープン戦とはいえ、いい加減打って欲しいよね!!


イチロー2

今日のイチローは、3打数2安打だった。
絶不調と思われたオープン戦も最近は打ちまくっていて、ついに打率も.316となった。
イチローも去年でメジャーリーグ通算3,000本安打も達成しているし、今季は何を目標にするのかと思っていた。
3,000本安打を達成したイチローはモチベーションが維持できるのかと心配になっていたのだ。

しかし、やっぱりイチローは私みたいな凡人の考えを超越しているんだろうね。
今季のイチローも本当に楽しみだね!!


滝川クリステル323

【クリ様の一言】
今日はゴンザレス投手が打たれ、打線も沈黙で散々な試合でしたね…。
明日はシャーザー投手が先発なので、ぜひスカッとした試合が観れますように!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_03_21_atlmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日はWBCを観ていたので、夜勤の私はもう寝る時間だ。
WBCのことは明日ゆっくり書くので、今日はオープン戦の結果だけ簡潔に振り返ろう。

今日はゴンザレスが4.1回を2三振、1四球、3安打、1本塁打、自責点1の好投だった。
ケリーも1.0回を2三振、1四球、0安打、自責点0で、ソリースも1.0回を3三振、1四球、0安打、自責点0と良かったみたいだね。
マーティンも1.0回を1三振、0四球、0安打、自責点0と好調を維持している。
マーティンは何とか開幕ロースターに入れてあげたいよね。
メジャーリーグでもそれなりに好投できると思うんだよね。


【今日の投球】


【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=510026


s-ウィルマー・ディフォ

打線は、2回にディフォーの犠牲フライで1点を先制した。
4回に同点に追いつかれるも、7回にセルベリーノのタイムリーで勝ち越し、ロビンソンが続いて3‐1と突き放してナショナルズが勝った。


タナー・ロアーク

でも、今日の主役はゴンザレスでもセルベリーノでもなく、ロアークだったと思う。
本当に素晴らしい投球だったよね!!


イチロー2

今日のイチローは3打数1安打だった。
打率も.207とようやく2割に届いた。
まあ、まだオープン戦だけど、これで調子も上向きになるといいね!!


じゃあ、手短だけど寝る時間なのでおやすみなさい!!


滝川クリステル314

【クリ様の一言】
今日のWBCではロアーク投手はなかなかの投球を見せてくれましたね!!
私もアメリカが勝つと思ってましたけど、予想以上の接戦でしたね。
アメリカ優勝に向けて、明日も勝って欲しいですね!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_03_16_nynmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日は、ゴンザレスが5.0回を2三振、1四球、0安打、自責点0だった。
数字だけ見ると非常に良かったみたいだね。
やっぱり、ナショナルズ唯一の先発左腕なので、ぜひ頑張って欲しいよね!!
ゴンザレスが15勝、防御率3.50くらいの成績を残してくれるとナショナルズの先発ローテーションも万全になるね。


バンス・ウォーリー

ところで、何でウォーリーってあんなゴーグルしているんだろうね。
コンタクトにするかもっとカッコいいゴーグルをしたら印象も違うのにね。
A.J.コールがダメっぽいので、先発投手に故障者が出たときのためにウォーリーも頑張って欲しいと思う。
あと、マーティンが地味にいい働きをしているよね!!


コーダ・グローバー

グローバーは、1.0回を2三振、0四球、0安打、自責点0でオープン戦初セーブを挙げた。
オープン戦では、6.0回を10三振、1四球、1安打、自責点0、防御率0.00だ。
この調子なら、ヤンキースに移籍したチャップマンやジャイアンツに移籍したメランソンみたいに年俸1,500万ドルも払わずにコスパのいい働きが期待できそうだね。

今日は、ナショナルズの投手陣がメッツを1安打で1失点に抑えた。
きのうも書いたけど、今年もメッツは得点力不足に悩まされそうだね。


【今日の投球】


【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=510022


ハーパー3

とはいえ、ナショナルズもわずか5安打だった。
ナショナルズは、初回にハーパーのオープン戦6本目のソロ本塁打で先制した。
ハーパーは本当に良く打っているんだけど、今季、ハーパーが打ちまくるのも微妙だね。
今季、来季と連続して.330、50本、150打点とかだとFAになったときに天文学的な契約総額になってしまうからね。
そうなるとナショナルズに残留する可能性は低くなると思うからだ。

今季と来季は.270、30本、100打点くらいにしておいて、長期契約を結んでから三冠王を獲得するような働きをしてくれるのがベストだね!!
まあ、そう都合良くいかないだろうけどさ(笑)
2回にはドリューのタイムリー、4回にはジマーマンのタイムリーで加点し、結局3‐1で勝った。

ところで、セルベリーノは.400打ってるね。
セルベリーノもラモスみたいに強肩強打でメジャーリーグを代表するようなキャッチャーになって欲しいよね!!


イチロー2

今日はマーリンズの試合がないので、イチローも休みだ。
そういえば、最近、イチローは今日は何のTシャツとか書かれていることが多いね。
イチローはあの手のTシャツが好きなんだろうなぁ(笑)


ダニエル・マーフィー

http://www.wbc2017.jp/score/game2017031612/table.html

ところできのうのアメリカ-ベネズエラはアメリカが2本の本塁打で逆転勝ちしていたね!!
私も何となくアメリカが勝つような気がしていたんだよ。
しかし、プエルトリコやドミニカの試合が残っているので、まだまだ油断できないよね。

そえにしても、マーフィーを出して欲しいよね!!
あと、決勝戦まで進んだときはぜひロアークの好投で勝って欲しいよね!!
これまであんなに活躍しながら主役になれなかったので、ぜひWBCはロアークが主役になった欲しいと思う。


滝川クリステル308

【クリ様の一言】
今日は、ゴンザレス投手の好投が光りましたね!!
打線は心配ですが、ハーパー選手の好調ぶりは朗報ですね!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_03_10_slnmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日も中継がなかったので、結果だけ見て書こう。
ゴンザレスは。、3.0回を4三振、1四球、4安打、自責点1だった。
今のところ、ナショナルズの先発で調子が良さそうなのはロアークくらいだね。
まあ、メジャーリーグの開幕まであと3週間あるので、開幕にピークを持ってくるつもりで調整しているのかもしれないけどさ。


今日は、ゴットが0.1回を0三振、1四球、3安打、自責点3(失点4)と良くなかった。
ゴットの潜在能力は高いという意見も見たことがあるけど、去年はマイナーリーグでも3勝4敗1セーブ、43.1回で35三振、13四球、51安打だ。
マイナーでも三振が少なく、イニング以上の安打を打たれているので、メジャーリーグではメッタ打ちされるのは当然だろう。
マイナーリーグでイニング以上の三振が取れない投手はメジャーリーグでもリリーフはできないと思うよ。

ジョー・ブラントンは、去年、ドジャースで7勝2敗0セーブ、80.0回で80三振、26四球、55安打の好成績を残していた。
しかし、ドジャースタジアムは極端な投手有利の球場なので、ちょっと割り引いて考えた方がいいと思う。
今季は、防御率2点台をキープできれば上出来だろう。

コーデロは、いい4シームを持っているけど、メジャーリーグで投げるのはコマンドが必要だね。
こういう投手はマイナーリーグにたくさんいるんだろうけどさ。


コーダ・グローバー

グローバーは、今日も無失点だった。
オープン戦も4.0回で7三振と素晴らしい。
今季は期待できそうだね!!


【今日の投球】


【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=510018


ハーパー3

打線は相変わらず寒い…。
ハーパーとディフォとバティスタしか安打を打ってない。
ちょっと心配になってきた…。

今季はブルペンが弱いので、打線に頑張ってもらいたいんだよ!!
オープン戦とはいえ、ここまで打てないと不安になるので、明日は打ちまくって欲しいよね!!


そういえば、WBCはアメリカが勝って良かったね!!
延長10回で3‐2と苦しい試合だったみたいだけど、まずは勝ったことが大きいよ。
マーフィーは4打数0安打だったみたいだけど、次は打って欲しいよね!!
頑張れ、マーフィー!!
頑張れ、アメリカ!!


滝川クリステル302

【クリ様の一言】
今日もサッパリの内容でしたね…。
明日は快勝を期待したいですね!!

3
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_03_04_wasmlb_slnmlb_1&mode=classic

今日は中継があったけど、カメラの位置が低過ぎて見にくいことこの上なかったね…。
いつもは制球に難があるゴンザレスだけど、今日は比較的いいコースに投げていた。
シーズン通してこのコマンドがあれば、変化球はいいので15勝も狙えるかもしれないね。
ゴンザレスやロスが15勝、防御率3.50くらいの成績を挙げてくれれば、ナショナルズの先発ローテーションはメジャーリーグ最強という評価を受けると思うよ。
まあ、私は今でもレッドソックスのローテーションがメジャーリーグ最高だとは思ってないけどね(笑)


ジョー・ネイサン

ネイサンはコマンドが良くない感じはするけど、戦力になってくれるといいね。
去年も4シームの平均球速は92.12マイルと平凡だけど、空振り率は18.33%と非常に高かった。
スライダーがもっと良くなってくれば、まだメジャーリーグでも通用すると思うよ。

ゴットはもっと変化球を磨かないとダメだね。
シンカーの最速は97.35マイル、平均は94.82マイルあるけど、空振り率は8.05%だし、チェンジアップは0.00%、カーブも6.45%だからね。
今季もマイナーからのスタートになると思うよ。


今日は打線もわずか3安打だった。
野球は打たないと勝てないし、若手はアピールのチャンスなので、もっと頑張って欲しかったね…。
明日に期待しよう。


【今日の投球】


【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=509947


滝川クリステル297

【クリ様の一言】
今日は若手野手主体の出場でしたが、もう少し活躍する姿が見たかったですね。
ゴンザレス投手は3.0回を無失点だったのが嬉しいですね!!
レギュラーシーズンでも13勝、防御率4.00は達成して欲しいですよね!!

このページのトップヘ