Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、フィル・ヒューズ、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、吉沢明歩ちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

カテゴリ:MLB > MLB2017

1
s-マックス・シャーザー

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_07_21_wasmlb_arimlb_1&mode=classic

ナショナルズがメジャーリーグ全体で勝率1位になるためにも、シャーザーがカーショウに勝って、サイ・ヤング賞を獲得するためにも、この試合でシャーザーが無失点で勝つことが望ましかった。
しかし、そのシャーザーが良くない。
立ち上がりから3者連続で本塁打を打たれ、さらに1四球と2安打で4点を失った。
さらに2回も連打で1点を失った。

この日は、5.0回を9三振、2四球、8安打、3本塁打と打ち込まれ、サイ・ヤング賞争いからは大きく後退してしまた。
さらにシーズン20勝と防御率1点台も苦しくなってきた。
この投球は予想外だったよね…。

まあ、シャーザーにしてみたら、好投していながら打線やリリーフのせいで勝てない試合が多く、この差でカーショウとの勝ち星に差が付いてしまった。
勝ち星で大幅にリードしているカーショウは気楽に投げられるのに対して、シャーザーはこれ以上離されてはいけないというプレッシャーがあるからね。
このプレッシャーに押しつぶされた感じがするよね。

ドジャースも確かに強いんだろうし、カーショウもいい投手なんだろうけど、それ以上に今季はこの両者はツキがあるよね。
アストロズもそうだと思うけど。
それに比べてシャーザーは運が悪すぎるよ。
ここまでシャーザーがこうとした試合にキッチリ勝てていたらこの試合もかなり違った結果になっていたと思うよ。

ただ、気になるのがシャーザーの球速だ。
この日も4シームの最速が95.8マイル、平均が93.7マイルと球速が落ち、空振り率も8.7%に過ぎなかった。
4シームの威力が落ちているため、スライダーの効果も半減し、空振り率は17.9%に過ぎなかった。


エニー・ロメロ

ロメロも4シームばかり投げないで、もうちょっと変化球を使えよ!!
いくら102マイルの4シームがあっても、4シームばかり続けていたら打たれるって!!
カッターは空振り率9.73%に過ぎないから使いにくいかもしれないけど、チェンジアップは25.00%、カーブは14.63%あるんだからね。
こういう変化球を効果的に使えないから、防御率も3.77なんだよ。

メジャーリーグで生き残っていくには102マイルの4シームだけではダメなんだよ。
もっと変化球を磨いて欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=21&year=2017&game=gid_2017_07_21_wasmlb_arimlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_07_21_wasmlb_arimlb_1%2F&prevDate=721&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-d-backs/2017/07/21/491546?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491546


ダニエル・マーフィー

打線もせっかく5点差を追いついてくれたのにね…。
この日はマーフィーが4打数3安打と頑張ってくれたのが朗報だ!!
ドジャースのジャスティン・ターナーが首位打者になったけど、ジャスティン・ターナーは打数が少ない分、落ち始めると早いからね。
それにジャスティン・ターナーはBABIPが.387と異常に高いので、いずれ落ちてくると思うからね。
ぜひ、今季はマーフィーに首位打者を獲得してもらいたいよね!!


嫌な形で連敗してしまったけど、次はロアークの好投でナショナルズが連敗を止めますように!!
頑張れ、ロアーク!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場して1打数0安打だった。
今季の成績は、.226、2本、9打点となっている。
なかなか打率も上がらずに苦しいシーズンとなっているけど、頑張って欲しいよね。
私が思うにイチローも今季で引退するだろう。
イチローの最後の輝きをこの目で見守りたいと思う。


この日は2位のブレーブスが勝ったので、ブレーブスとの差は10.0となった。
メッツも勝って、メッツとの差は12.5となっている。


滝川クリステル434

【クリ様の一言】
この日は本当に残念な試合でしたね…。
これが野球の厳しさでしょうね。
気持ちを切り替えて、また頑張るしかないですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_07_19_wasmlb_anamlb_1&mode=classic

きのう、ロスの代役で急遽先発したジャクソンが好投したので、この連勝もかなり伸びるのではないかと思っていた。
しかし、これが野球というものなんだろうね。
今季、エースのシャーザーに次いで安定していたゴンザレスが5.2回を自責点4で、打線はわずか1安打で負けた。

今日のゴンザレスは制球が安定せず、107球中61球がストライクでストライク率は57.0%に過ぎなかった。
4シームは最速91.7マイル、平均90.2マイルと球速もなく、30球中空振りが1球もなかった。
2シームも最速91.5マイル、平均89.8マイルと球速もなく、31球中空振りが2球だけだった。
この2シームのストライク率が51.6%と特に悪く、これが今日の投球を苦しくしてしまった。

ゴンザレスは、開幕当初は防御率こそ良かったものの、内容は防御率4点台クラスだった。
去年と同じようにここから崩れるのかと思っていたけど、今季はそこから持ち直し、いい投球が続いていた。
だから、今日もゴンザレスだから、連勝も続くと思っていたんだけどね。
まあ、でも、今日の敗戦だけで今までの好投が消える訳でもないので、次から気持ちを切り替えてまた頑張って欲しいと思う。


ジョー・ブラントン

9試合連続無失点だったブラントンは、0.1回を1三振、0四球、3安打、1本塁打、自責点3だった。
変化球が良くなってきたので、これから良くなるかと思って期待し始めた矢先にこれだよ。
まあ、本当にいい投手ならここまで防御率も悪くならないからね。


マット・アルバース

アルバースは1.0回を2三振、1四球、0安打、自責点0だった。
これからセットアッパーがマドソン、クローザーがドゥーリトルと固定できるので、6回とか7回のピンチの場面でアルバースを投入できるようになる。
僅差の場面でブラントンとかを投げさせなくていいのは大きいよね。


エニー・ロメロ

ドゥーリトルが入団したので、左のリリーフはロメロとペレス、グレースを併せて4人となった。
右がアルバース、ブラントン、マドソンと3人だ。
私も長年メジャーリーグを見ているけど、左のリリーフの方が多い球団とか初めて見たよ(笑)


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=19&year=2017&game=gid_2017_07_19_wasmlb_anamlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_07_19_wasmlb_anamlb_1%2F&prevDate=719&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-angels/2017/07/19/491522?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491522


ブライアン・グッドウィン

DH制なしでチーム打率.280、141本塁打、チーム得点525を誇るメジャーリーグ最強打線も今日はグッドウィンの1安打のみだった…。
まあ、これが野球なのだろう。
次は打線が爆発しますように!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場して1打数0安打だった。
今季の成績は、.228、2本、9打点となっている。
頑張れ、イチロー!!


今日は2位のブレーブスも負けたので、ブレーブスとの差は11.5のままだ。
メッツが勝って3位に浮上し、メッツとの差は14.0となっている。


滝川クリステル433

【クリ様の一言】
今日は残念な負けでしたね…。
しかし、明日はゆっくり休んで、あさってからまた気持ちを入れ替えて頑張って欲しいですね。

5
エドウィン・ジャクソン

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_07_18_wasmlb_anamlb_1&mode=classic

先日書いていたように、私はジャクソンの先発もあるんじゃないかと思っていた。
もはやA.J.コールは限界で、マイナーですら通用しなくなってきている。
そして、ジェイコブ・ターナーも速球だけの投手なので、最低限の試合も作れそうにない。
そうやって考えるとメジャーリーグで94勝を挙げ、今季はマイナーでも2勝0敗、防御率1.77、40.2回で39三振と好成績を残しているジャクソンを先発にした方がいいと思ったのだ。

そうは思っていたものの、予想以上の好結果を残してくれたよね。
4シームは最速97.2マイル、平均93.8マイルと力強く、空振り率も11.3%とまずまずだった。
変化球はスライダーが25球で空振り率が4.0%、チェンジアップが4球で空振り率が25.0%、カーブが7球で空振り率が14.3%だった。
4シームは文句がないけど、球数が多かったスライダーの空振り率が低く、チェンジアップとカーブの空振り率が高いけど球数が少ないので参考になりにくい面があった。
要するに今後は変化球が課題になると思う。

私としては、過度な期待はできないので、3試合に1試合くらい勝てる投手であればいいかなと思っていた。
しかし、今日の投球を見る限りでは、2試合に1試合は勝てそうだ。
これは思わぬ拾い物だったよね!!

私は、ストラスバーグが入団して以降、ずっとナショナルズをチェックしていたので、2012年にジャクソンがナショナルズで投げているのも知っている。
あのときはジャクソンはそれなりにいい投球はしていたんだけど、ナショナルズの打線と噛み合わせが良くなくて10勝11敗と負け越していた。
2013年はカブスに移籍し、これ以降急速に成績が悪化していたんだけど、今日の投球を見る限りでは結構良かったよね。
ぜひ、これから頑張って欲しいと思う。


ライアン・マドソン

そして、8回はマドソンが登板した。
4シームは98.7マイルの1球だけで、2シーム主体の投球だったけど、その2シームは最速が97.3マイル、平均が96.8マイルと素晴らしかった。
チェンジアップもなかなか良さそうだった。
15球中11球がストライクというのも良かった。
ぜひ、これから頑張ってもらいたいよね!!


ショーン・ドゥーリトル

私はマドソンがクローザーでドゥーリトルがセットアッパーになるのかと思っていた。
ところが、今日はドゥーリトルがクローザーを務めていた。
9回はいきなり四球を出して、嫌な予感がしたんだけど、一死後、当たりの二塁打を打たれたときは、一瞬、本塁打で同点になったかと思ったよ…。
一死二三塁となって、ショートゴロで1点を返され、なお二死二塁のときは生きた心地がしなかったね(笑)
まあ、何とか抑えてくれて良かったけどね。

ドゥーリトルは、4シーム一本鎗で、最速が97.2マイル、平均が95.9マイル、空振り率は14.3%だった。
今日はヒヤヒヤしたけど、明日からはキッチリ抑えて欲しいと思う。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=18&year=2017&game=gid_2017_07_18_wasmlb_anamlb_1%2F&pitchSel=429719&prevGame=gid_2017_07_18_wasmlb_anamlb_1%2F&prevDate=718&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-angels/2017/07/18/491507?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491507


ハーパー3

打線は、初回、ハーパーの24号ソロで先制した!!


レンドン2

1‐2と逆転されたものの、7回にレンドンの20号ソロで同点となった!!


ジマーマン2

8回は無死三塁からジマーマンのタイムリーで勝ち越した!!


アダム・リンド

9回はリンドの8号ソロで4‐2となった!!
リンドもレギュラーで使ってあげれば、今季はキャリアハイの成績を残せたかもしれないね。
今季のナショナルズは、野手に関しては本当に控えが大活躍しているよね。
私も長年野球を見ているけど、ここまで控えが充実しているチームもなかなかないよね。

そして、早くターナーとテイラーに戻て来てもらって、アストロズからメジャーリーグのチーム得点1位の座を取り戻して欲しいと思う。


ロバートソン

ところで、私が大ファンのロバートソンはヤンキースにトレードされた。
ホワイトソックスが満足するようなプロスペクトを差し出せなかったから仕方がないけど、ナショナルズに来て欲しかったなぁ。
ロバートソンもナショナルズに来ればブレイクできそうだけど、ヤンキースならまたパッとしない成績になりそうだからね。

せっかくクローザーになったのに、ヤンキースならまた中継ぎに逆戻りだ。
ロバートソンは本当に好きな投手なので、心から惜しいよね…。


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場して1打数1安打だった。
今季の成績は、.230、2本、9打点となっている。
やっぱり、悪くとも今季も.250は目指して欲しいよね。
頑張れ、イチロー!!


今日は2位のブレーブスが負けたので、ブレーブスとの差は11.5となった。
3位のマーリンズも負けたので、マーリンズとの差は14.5だ。


滝川クリステル432

【クリ様の一言】
今日はロス投手の代役のジャクソン投手が頑張ってくれましたね!!
これで6連勝ですので、ぜひメジャーリーグ最高勝率を目指して頑張って欲しいですね!!
私も最近、本当に野球を観るのが楽しいです!!

5
スティーブン・ストラスバーグ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_07_17_wasmlb_cinmlb_1&mode=classic

今までのパターンからして、せっかく4連勝しているのにストラスバーグが自責点6でKOされて連勝ストップとかになるんじゃないかとヒヤヒヤしていた。
ところが、打線は1回表からいきなり5点を先制してくれた。
これでストラスバーグの気が楽になったと思う。

今日のストラスバーグは圧倒的だった。
4シームの最速は98.8マイル、平均は97.4マイルで、空振り率はシャーザーの4シームにも負けない14.0%だった!!
さらに伝家の宝刀のチェンジアップも空振り率は圧倒的な41.7%だった!!
カーブは15.8%、スライダーが5.6%だった。
今日はスライダーを18球投げていたけど、去年みたいにスライダーが原因で故障してはいけないので、もうスライダーは投げないで欲しいよね。

Gamedayで確認しても97マイル以上の速球は26球もあった。
こんなに球速が出ているのはデビュー当時を除けば初めてじゃないの?
本当にこういう投球をして欲しかったんだよ!!
何度もいってきたことだけど、この投球が続けられるなら20勝&防御率2点台も達成できると思うよ!!

今日は105球投げて68球がストライクで、ストライク率64.8%だった。
コマンドが良くない場面もあったけど、これだけ球速があって、変化球が切れていたら少々コマンドが悪くても打者を完全に抑えられるからね。

やっぱり、野球で最高の価値は圧倒的な力で相手チームを封じ込める投手だと思うよ。
本当にシャーザーと2人で20勝、200三振、防御率2点台のツートップを形成して欲しいよね!!
ナショナルズにはさらに3割、30本、100打点カルテットもあるからね!!
投げてはメジャーリーグ最強のツートップで、打ってはメジャーリーグ最強カルテットなんて最高のチームじゃないか!!


ジョー・ブラントン

ブラントンは今日も投げて9試合連続無失点となった。
4シームの平均球速は90.90マイルだけど、空振り率は14.65%と高い。
チェンジアップの空振り率が23.08%、スライダーが16.45%と変化球も良くなってきた。
もしかしたら、このまま良くなる可能性もあるだろう。


マット・グレース

9回はグレースが登板した。
グレースは、4シンカーの平均球速は91.52マイルと低く、空振り率も5.39%と高くない。
しかし、スライダーは14.29%とまずまずなので、走者がいないイニングの頭からは使える投手だ。
いずれにしてもこのチームでは防御率3点台のリリーフは貴重なので頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=17&year=2017&game=gid_2017_07_17_wasmlb_cinmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2017_07_17_wasmlb_cinmlb_1%2F&prevDate=717&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-reds/2017/07/17/491492?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491492


ハーパー3

打線は、初回、無死一三塁からハーパーが23号3ランを放った!!
ハーパーは、一時は打率も3割を切りそうになって、本塁打も出なくなっていたけど、後半戦から調子が上がってきたね!!
ぜひ、.330、40本、130打点くらい打って欲しいよね!!


ジマーマン2

そして、ジマーマンも20号ソロで続いた。
ジマーマンも最近打てなかったので、この本塁打は本当に嬉しかったよね!!
今日のジマーマンは、5打数3安打1本塁打1打点だった。
ぜひ、ジマーマンも.320、30本、120打点くらい打って欲しいと思う。

さらにこの回はウィータースの犠牲フライも出て、一挙に5点を先制した!!


ブライアン・グッドウィン

6回にはグッドウィンの8号ソロも出た!!
グッドウィンも最近打率が下がっていたので、この本塁打で調子が上がってくるといいね!!


現在、チーム得点1位はアストロズの544点で、ナショナルズは515点で2位だ。
しかし、ナショナルズの方が1試合少ないし、ナショナルズはDH制がない。
リンドがDHになれば、絶対にチーム得点がアストロズを上回り、メジャーリーグ1位になると思うよ。

野球でいちばん魅力があるのは圧倒的な速球投手だけど、2番目は圧倒的な打線だからね。
ターナー、イートン、ワース、テイラーと故障者がこんなにいなければ、DH制がなくてもチーム得点は1位になれるだろう。
ターナーだけでも早く戻って来て欲しいよね!!


話が逸れたけど、これでナショナルズも5連勝だ!!
ぜひ、このまま勝ちまくって、世界一になりますように!!


イチロー2

今日はナショナルズとレッズの試合だけがデーゲームだったので、マーリンズの試合もまだ始まってない。
きのうに続いて、今日もイチローが安打を打ちますように!!
頑張れ、イチロー!!


ブレーブスとメッツの試合も始まってないので、暫定で2位ブレーブスとの差は10.0、3位メッツとの差は13.5だ。


滝川クリステル431

【クリ様の一言】
今日は、ストラスバーグ投手の投球が見事でしたね!!
これでナショナルズも5連勝です!!
シーズン100勝とメジャーリーグ最高勝率を達成しての地区優勝目指して頑張りましょう!!

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_07_16_wasmlb_cinmlb_1&mode=classic

ロアークは、ここ5試合で0勝3敗、防御率、21.2回で16三振、11四球、32安打、4本塁打、自責点25と散々だった。
それまでは6勝3敗、防御率3.87とまずまずのペースだっただけにこの失速が痛かった。

2014年から50万ドルちょっとで推移してきた年俸が今季は431万5,000ドルとなった。
これでぜいたくしなければ一生食べて行けるだけの貯金もできただろう。
独立リーグで食うや食わずの生活をしてきたロアークには一種の達成感もあったのかもしれない。
そして、WBCに出場したことで調整のペースも乱れたのかもしれない。
色んな要素が重なって、今季の不調につながった。

しかし、今季、好成績を残せばナショナルズと長期契約の話も出てくるだろうし、本当に大事なのはこれからだからね。
ここで達成感を感じるのではなくて、もう一歩踏み出して、メジャーリーグ屈指の好投手となって、さらなる進化を見てみたいというのがファンの希望だ。

今日は2回までに4点を取ってもらって、比較的投げやすかったはずだ。
しかし、3回裏にエラーも重なって2点を失ったときは、6点のリードを吐き出したときの悪夢が蘇った。
5回もエラー絡みで1点を失ったけど、今日は6.0回を5三振、3四球、4安打、自責点0だった。
これで防御率も5点台を脱出し、4.98となった。

今日は4シームの最速が97.4マイル、平均が94.8マイル、空振り率が19.2%と球が走っていた。
2シームも最速が96.0マイル、平均が94.4マイル、空振り率が9.1%だった。
チェンジアップの空振り率が20.0%、スライダーが37.5%、カーブが5.6%と変化球の切れも素晴らしかった。
四球は3つあったけど、101球中65球がストライクで、ストライク率は64.4%とそこまで悪い訳でもなかった。
今日はナショナルズの大量点に守られた面はあると思うけど、この好投を糧にこれから良くなって欲しいよね。


エニー・ロメロ

今日は、ロメロが1.0回を2三振、1四球、2安打、自責点1だった。
ロメロもいい球を投げているので、もう一歩成長して、防御率2点台をキープできるようになって欲しいよね。


ジョー・ブラントン

ブラントンもこれで8試合連続無失点だ。
といっても6.1回を4三振、1四球、4安打なので、打者を圧倒しているという感じでもないけどね。
8試合連続無失点なのに防御率は7.04って、今までどれだけ打たれていたんだよって思うよね(笑)


トレバー・ゴット

今日のゴットは、1.0回を1三振、1四球、0安打、自責点0だった。
ゴットは96マイルの球も88マイルの球もGamedayでは全部速球になっているんだけど、これはどういうことだ?


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=16&year=2017&game=gid_2017_07_16_wasmlb_cinmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_07_16_wasmlb_cinmlb_1%2F&prevDate=716&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-reds/2017/07/16/491479?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491479


ダニエル・マーフィー

打線は、初回、二死二塁からマーフィーの15号2ランで先制した!!
きのうといい、今日といい、マーフィーはいい形で先制打を打ってくれたよね!!
2回もハイジーのタイムリーとディフォのファーストゴロで2点を追加して4-0となった。

3回に2点を返されて4‐2となったけど、無死一二塁からまたしてもマーフィーの16号3ランが出た!!
これで7-2となった!!


アダム・リンド

さらにこの回、レンドンが安打を放った後、リンドの7号2ランが出て、9-2となり、これで勝負ありだった!!


レンドン2

レッズに細かく点を返されるものの、7回はレンドンの19号ソロとロバトンの2号3ランで3点を加えた。
そして、8回もレンドンとリンドのタイムリーで2点を加えて、終わってみれば14-4の圧勝だった!!


マーフィーは、打率.348で2位のジャイアンツのポージーの.328に大差を付けて首位打者を独走している。
さらに打点でも1位のロッキーズのアレナドの73打点に次いで2位の71打点だ。
今季こそタイトルを獲得して欲しいよね!!
レンドンも.316、19本、63打点とメジャーリーグを代表する三塁手になってきたね!!
ハーパーやジマーマンと共に.300、30本、100打点カルテットを形成して、メジャーリーグ最強打線を目指して欲しいよね!!


ショーン・ドゥーリトル

https://www.baseball-reference.com/players/d/doolise01.shtml
http://www.brooksbaseball.net/landing.php?player=448281

ところで、ナショナルズはアスレチックスとトレードを行い、ショーン・ドゥーリトルとライアン・マドソンを獲得した。
ナショナルズは、バラク・トライネン、ヘスス・ルザード、シェルドン・ヌネスを放出した。


ドゥーリトルは、30歳の左腕で、今季は1勝0敗3セーブ、防御率3.38だ。
21.1回で31三振を奪うなど高い奪三振率を誇っている。
今季の最速は97.46マイル、平均は94.83マイルだ。
投球の87.16%が4シームで、空振り率は15.75%と高く、スライダーも空振り率29.41%と素晴らしい。
ぜひ、ナショナルズの中継ぎの柱として頑張って欲しいよね!!


ライアン・マドソン

https://www.baseball-reference.com/players/m/madsory01.shtml
http://www.brooksbaseball.net/landing.php?player=425492

マドソンは、36歳の右腕で、今季は2勝4敗1セーブ、防御率2.06だ。
39.1回で39三振、6四球と制球は安定しているようだ。
今季の4シームの最速は98.35マイル、平均は95.60マイルと球速もある。
4シームの空振り率は14.48%、シンカーの空振り率は7.63%、チェンジアップは23.58%で主にこの3球種で勝負している。
ぜひ、頑張って欲しいよね!!


トライネン2

私もこんな交換要員でドゥーリトルとマドソンを獲得できたのは驚いたけど、アスレチックスにしてみれば、今季0勝2敗、防御率5.73ながら、100マイルを超えるシンカーを持つトライネンの再生に自信があるということなんだろうね。
ルザードは、ルーキーリーグで1勝0敗、防御率1.32、13.2回で15三振、0四球、14安打の好成績を残している。
ヌネスは、1Aで.291、9本、51打点、12盗塁だ。

まあ、去年、メランソンを獲得するときに放出したリベロがパイレーツで才能を開花させて、4勝2敗6セーブ、防御率0.70、48.1回で56三振になったり、フィスターの交換要員で放出したロビー・レイがダイヤモンドバックスで才能を開花させて8勝4敗、防御率2.97で106.0回で141三振と化けた例もある。
しかし、そんなことをいい出したらトレードなんてできないからね。
それよりも喉から手が出るほど欲しかった安定したリリーフを獲得できたことを喜ぼう。


今度、数少ないプロスペクトを守るためにドゥーリトルとマドソンの獲得で手打ちにするのかそれともフェッドだけでなくロブレスまで放出して一流のクローザーの獲得を目指すのかはわからない。
個人的には、ロブレスだけは残しておいて欲しいと思っているけどね。


ジョー・ロス

また、ロスのトミー・ジョン手術が決まった。
今季は球速が上がらないと思っていたけど、肘が悪かったんだね…。
こうなった以上は治療に専念して、また来年か再来年に頑張ってもらいたいよね。

現在、マイナーにいい若手がいる訳でもないので、5番手はジェイコブ・ターナーだろうか?
3Aでエドウィン・ジャクソンが好投しているので、ジャクソンになる可能性もある。
A.J.コールは3Aでも4勝4敗、防御率6.00なので、もはやメジャーリーグで投げれるレベルではない。

せっかく、ロアークも良くなってきたし、ブルペンも強化されたのに今度はロスが手術とはね…。
野球は本当に難しいスポーツだね…。


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場して1打数1安打1打点だった。
久しぶりの打点だね!!
今季の成績は、.225、2本、9打点となっている。
明日も安打が打てますように!!
頑張れ、イチロー!!


今日は2位のブレーブスが勝ったので、ブレーブスとの差は9.5のままだ。
メッツは負けたので、メッツとの差は13.0だ。


滝川クリステル430

【クリ様の一言】
今日はロアーク投手が好投し、マーフィー選手が大爆発しての4連勝は最高でしたね!!
この勢いをぜひストラスバーグ投手が引き継いでもらいたいですね!!
頑張れ、ストラスバーグ投手!!

5
s-マックス・シャーザー

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_07_15_wasmlb_cinmlb_1&mode=classic

初回にレッズの先発のルイス・カスティーヨが投げた4シームは9球あったけど、そのうち7球が98マイル以上あり、100マイルが2球もあった。
こんな投手が相手なら今日も点が取れないのではないかという気がした。
シャーザーも先制点を許すと厳しくなるので、なるべく無失点で抑えて欲しいと思っていた。

ところが、初回、俊足のハミルトンに二塁打を許してしまった。
さらにコザートに四球を与え、無死一二塁のピンチを迎えてしまった。
1点くらいは仕方がないと思っていたけど、ここから我らがマックス・シャーザーは三者連続三振に仕留めたのだった!!
カスティーヨが良さげだっただけに、ここで先制点を許していたら全く違った展開になっていたと思う。

2回も先頭打者に四球を出したけど、そこから三者連続三振だった。
3回も先頭打者に安打を許し、さらに四球を許して無死一二塁となったけど、そこから三振、ショートフライ、三振だった。
4回も5回も走者を許したものの、今日のシャーザーは粘りの投球を見せて、6.0回を10三振、4四球、3安打、自責点0に抑えていた。

今日のシャーザーは、4四球を出したけど、95球中67球がストライクで、ストライク率は70.5%と非常に良かった。
ただ、4シームのストライク率が55.0%と良くなかった。
4シームの最速も95.9マイル、平均も94.2マイルと球速もいつもよりも低かった。
その分、スライダーは空振り率33.3%、チェンジアップが38.9%に達し、95球中21球が空振りというすさまじい投球だった。

打線は予想外にも4回に3点、7回に7点を取ってくれた。
95球だったので、7回も続投かと思っていた。
しかし、今日の調子からして7回まで続投させると危ないなと思っていた。
勝ち投手になるのは間違いないだろうけど、防御率が悪くなるのを懸念していたのだ。


ナショナルズ025

するとベイカーにしてはめずらしく6回でシャーザーを降板させていた。
ここ最近、引っ張り過ぎて自責点を増やしているし、ポストシーズンに向けて疲れを残さないためにも早め早めの継投を心掛けた方がいいからね。

これでシャーザーは、今季11勝5敗、防御率2.01となった。
次も自責点0で勝ち投手となって、20勝、300奪三振、防御率1点台のペースを回復して欲しいよね!!
カーショウは勝ち星で先行されているけど、内容はシャーザーの方がいい。
このペースを維持すれば、勝ち星で少々負けていてもサイ・ヤング賞を狙えると思うので、ぜひ頑張って欲しいよね!!
今季は、カーショウを倒して、シャーザーがメジャーリーグ最高の投手と呼ばれるようになりますように!!


エニー・ロメロ

2番手はロメロで、今日も最速99.5マイル、平均98.2マイルの4シームが唸りをあげた!!
4シームの空振り率は25.0%で、スライダーも25.0%で、1.0回を3三振のパーフェクトリリーフだった!!
このときはナショナルズが楽勝だと思っていたのだが…。


しかし、7回にメジャーリーグ初昇格だったオースティン・アダムスが登板すると流れが変わった。
先頭打者をショートのサンチェスがエラーして出塁を許すと続く打者に四球を与えてしまった。
さらにワイルドピッチで無死二三塁とし、そこから死球で無死満塁となった。
ここでまた四球で押し出しとなり、さらに安打も許して、アダムスは1アウトも奪えないまま降板となった。

アダムスは、今季は3Aで4勝1敗3セーブ、防御率2.50、36.0回で53三振を奪う一方で、29四球を与えていた。
今日の投球は、そのコントロールの悪さが露呈した試合だったね。
しかし、今日はメジャーリーグ初登板の緊張もあったと思うので、落ち込むことなく頑張って欲しいと思う。


むしろ情けなかったのはゴットで、一死も奪えずに5連打を食らって5点を奪われていた。
トレードされてきた当時は将来のクローザーといわれていたのに、今は3Aでも防御率3.34とパッとしないからね。
もうちょっといい投手だと思っていたのに残念だね…。



マット・グレース

10‐0だったのに最後はグレースにセーブが付くという異常事態だった。
まあ、シャーザーは勝ち投手になって、自責点も0なので何も文句はないけど、もうちょっと若手投手は頑張って欲しいと思うね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=15&year=2017&game=gid_2017_07_15_wasmlb_cinmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_07_15_wasmlb_cinmlb_1%2F&prevDate=715&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-reds/2017/07/15/491464?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491464


ダニエル・マーフィー

レッズのカスティーヨは圧倒的な4シームで押しまくっていて、点を取るのは困難だろうと思っていた。
しかし、4回、二死一塁からマーフィーの二塁打でナショナルズが先制点を挙げた!!
今日はどうしても2本塁打したレンドンに注目してしまいがちだけど、こういう好投手相手にキッチリと先制点を挙げることができるマーフィーへの称賛も忘れてはならないよね。
ナショナルズはまたシャーザーのときに打てないんじゃないかという懸念もあったけど、この先制点でチーム全体の気が楽になったからね。

マーフィーが移籍するまでは、ナショナルズで好投手が打てるのはハーパー1人で、そのハーパーが歩かされてナショナルズが負けるというパターンが多かった。
しかし、マーフィーは好投手からでも貴重なタイムリーを量産し、ナショナルズの打線をメジャーリーグ最高の打線へと変貌させたのだ。
マーフィーの価値は、打率や本塁打、打点だけにあるのではなくて、こういう勝負所で打てるところにもあるのだ!!

この一打で、カスティーヨに大きなプレッシャーを与えることができたと思う。
つまり、シャーザー相手に先制点を許してしまったので、これ以上は絶対に点を与えられないと思わせたのだ。
このプレッシャーがカスティーヨを押しつぶした。


レンドン2

レンドンはそんなカスティーヨから決定的な17号2ランを放った!!
これで私もシャーザーの11勝目を確信したね!!


ナショナルズ025

さらに7回はレイバーンの2号ソロが出て、ハーパーとマーフィーのタイムリーで3点を追加し、6‐0となった。
そして、レンドンの18号グランドスラムも出て、ナショナルズが10‐0とリードした!!

レンドンの爆発も止まらないよね!!
レンドンは、.315、18本、61打点とハーパー、ジマーマン、マーフィーと並び称される打者になって来たよね!!
開幕直後はレンドンだけ打てなかったんだけど、もう誰もそんなことは覚えてないよね(笑)
ぜひ、来年はレンドンもオールスターに出場しますように!!


最後はグダグダになってしまったけど、今日もナショナルズが勝って嬉しかったね!!
明日は、不調のロアークが好投ししてナショナルズが4連勝しますように!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場して1打数0安打だった。
今季の成績は、.218、2本、8打点となっている。
イチローもなかなか厳しいね…。


今日は2位のブレーブスが勝ったので、ブレーブスとの差は9.5のままだ。
マーリンズは負けたので、3位はメッツと入れ替わり、メッツとの差は12.0だ。


滝川クリステル429

【クリ様の一言】
今日は、シャーザー投手の粘りの投球とレンドン選手の2本の本塁打が最高でしたね!!
これでナショナルズも3連勝になって、勝率6割を回復しましたよ!!
ぜひ、ドジャースを抜き去って、メジャーリーグ最高勝率で地区優勝したいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_07_14_wasmlb_cinmlb_1&mode=classic

今季の目標はシーズン100勝以上で、メジャーリーグ最高勝率で地区優勝して、世界一を達成することだった。
しかし、ブルペンは極度の不振で、シャーザーが投げた試合では点が取れなかったりとちぐはぐな面もあって、勝率6割も切ったのは予想外だった。
その分、後半戦はバシッと勝って欲しいと思っていた。

後半戦はゴンザレスからスタートした。
そのゴンザレスは、8.1回を6三振、2四球、4安打、自責点0の素晴らしい投球だった。
4シームの最速は92.6マイル、平均は89.8マイルで空振り率は6.1%だった。
チェンジアップの空振り率は10.0%、カーブは6.8%と空振り率は高くなかったけど、上手く打たせて取り、8.1回を113球と少ない球数で投げ切れたのが良かったと思う。

ナショナルズは先発が勝ち投手になろうと思うなら、可能な限り長く投げないといけない。
6回で降板してしまうとブルペンが追いつかれたり、逆転されたりするからね。
やっぱり、最低でも7回まで投げないと勝ち星が大幅に減ってしまうよね。


マット・アルバース

アルバースも5点差もあるし、1イニングだけなんだから、もっとしっかり投げないと。
今までアルバースがBSしたときは、今季好調のアルバースがたまたま乱調だったんだと思っていた。
しかし、こんな点差がある試合ですら1イニングを投げ切れないとなると、9回に投げるという重圧に押し潰されて、萎縮しているんじゃないかと思うより他にない。
きっと、アルバースは中継ぎでしか力を発揮できないタイプなんだろう。


エリック・フェッド

ナショナルズは、トレードでクローザーを獲得するつもりなのかもしれないけど、考えれば考えるほど難しいね。
フェッドをトレードの駒にするべきと思っていたけど、そのフェッドは3Aで1勝1敗、防御率6.19と散々だからね。
ソトは23試合に出場し、.360、3本、14打点、1盗塁だけど、まだ1Aだし、現在はDL入りしている。
キーブームは29試合に出場し、.333、6本、20打点、1盗塁だけど、キーブームもまだ1Aだし、現在はDL入りしている。
要するに駒にできる若手は防御率6点台の投手と故障持ちの1Aの野手だけなのだ。


s-ビクター・ロブレス

やっぱり、クローザーを確保しようと思うなら、ロブレスまで放出しないと厳しいかもね。
ロブレスは、1A+で77試合に出場し、.393、7本、31打点、16盗塁と素晴らしい活躍をしている。
もちろん、ロブレスは出したくないんだけど、他の球団だってクローザーを獲得しようとするから、放出する球団も少しでもいい見返りを求めるからね。
私は、クローザーの獲得はかなり難航するんじゃないかと思うよ…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=14&year=2017&game=gid_2017_07_14_wasmlb_cinmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_07_14_wasmlb_cinmlb_1%2F&prevDate=714&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-reds/2017/07/14/491449?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491449


s-スティーブン・ドリュー

打線は、初回、二死一三塁からドリューとレンドンの連続タイムリーで2点を先制した。


ハーパー3

3回は、無死一塁からハーパーの21号2ランで4‐0となった。
さらに5回にはハーパーの22号ソロも出て、5‐0でナショナルズが完勝だった!!

ハーパーも一時は打率も3割切りそうになって、本当に心配していたんだけど、もう大丈夫そうだね!!
最近、ジマーマンの勢いに陰りが見えてきたので、その分まで打ちまくって欲しいよね!!


レンドン2

レンドンは今日も3打数2安打で、.308、16本、55打点で、.300、30本、100打点のペースをキープしている。
私も長年メジャーリーグを見ているけど、同じチームに.300、30本、100打点が4人いるとか見たことがないからね。
ターナーやイートンも故障しなければ3割打ててたかもしれないと思うと本当に惜しいよね…。
野球で同じチームに3割打者が6人とか見たことがないからね。


thumbLTZSSMUO

http://www.mlbshop.com/Max_Scherzer_Gear/Mens_Washington_Nationals_Max_Scherzer_Majestic_Home_White_Flex_Base_Authentic_Collection_Player_Jersey

ところで、今日、シャーザーのオーセンティック・ユニフォームを買おうと思って、通販のページを見てみたんだよ。
すると40サイズは売り切れていたのだ…。
私は身長が164センチなので、40サイズでもちょっと大きいのだけど、これより小さいサイズはないからね。
もしかしたら、アメリカ人は大きいので、元々40サイズは数が少なかったのかもね。

アメリカって品切れになっても数か月間欠品のままというのがザラにあるからね。
最悪、来年まで品切れのままという事態もあるかもしれないなぁ。


thumbW6HS7H2A

http://www.mlbshop.com/catalog/product/Mens_Washington_Nationals_New_Era_Red_Game_Authentic_Collection_On-Field_59FIFTY_Fitted_Hat?ab=RR_TLP_Carousel_4_POS_3&p_src=TLP_RichRec

あと、この帽子と


thumbRYRW1O3O

http://www.mlbshop.com/catalog/product/Mens_Washington_Nationals_New_Era_Red_Game_Authentic_Collection_On-Field_Low_Profile_59FIFTY_Fitted_Hat

この帽子って何が違うんだろう?
どっちもオーセンティック・キャップみたいだけどね。
上の帽子の方がつばの部分が小さくてカッコ悪い感じがするよね。


thumbGNQD7H1D

http://www.mlbshop.com/Max_Scherzer_Gear/Mens_Washington_Nationals_Max_Scherzer_Majestic_Red_Official_Name_and_Number_T-Shirt

インナーにTシャツも買おうと思っているんだよ。


個人輸入、海外通販、ロジスティックならインポートスクエア  海外通販を楽しむ個人輸入代行サービス「インポートスクエア」。 アメリカ・ヨーロッパ・中国での買い付けや転送代行を個人・法人様のご依頼によりいろんな商品の輸入をお手伝いします。
http://www.importsquare.com/?gclid=CIuW7bjZttICFQ8EKgodAJQG6g

購入は、MLBショップなどで買うよりも上記のような輸入代理店を使って、MLBの通販サイトから直接買った方がいいと思うよ。
品ぞろえも違うし、たくさん買うなら値段もそっちの方が安いんだよ。
特に上記の輸入代理店はオレゴン州にあるので消費税がかからないし、連絡も迅速だからオススメだよ。
みんなも機会があれば、ぜひ使ってみてね!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場して死球だった。
今季の成績は、.220、2本、8打点となっている。
しかし、今日くらいはマーリンズがドジャースに勝つと思っていたのに、9回表に逆転されたのはガッカリだわ。
明日はイチローが打って、マーリンズが勝ちますように!!


今日は2位のブレーブスが勝ったので、ブレーブスとの差は9.5のままだ。
マーリンズは負けたので、マーリンズとの差は11.5となった。


滝川クリステル428

【クリ様の一言】
今日はゴンザレスの投手の好投が光りましたね!!
打ってもハーパー選手の2本塁打が出て、後半戦は順調な滑り出しを見せてくれました。
明日も勝って勝率6割を回復したいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

3
マックス・シャーザー

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_07_11_aasmlb_nasmlb_1&mode=classic

今日は、帰宅してからメジャーリーグのオールスターを観ていたんだけど、9回が始まったところで耐えられないくらい眠たくなったので、30分だけ寝ようと思って寝た。
30分後に目覚ましで起きたけど、めちゃくちゃしんどいので、また寝てしまった。
夜に起きてみると、最後はカノの本塁打でアメリカン・リーグが勝っていた。
私は今でもカノがマリナーズにいることに違和感を感じるね。
カノはヤンキースのイメージが強いからね。

私的には、いちばん盛り上がったのは、シャーザーがヤンキースで売り出し中のアーロン・ジャッジを三振に打ち取ったところかな。
今日のシャーザーは、4シームの最速が97.3マイル、平均が96.3マイルで、空振り率が28.6%、スライダーの空振り率が50.0%と絶好調だった。
スプリンガーも三振に打ち取り、1.0回を2三振、0四球、1安打、自責点0の好投だった。


ハーパー3

ダニエル・マーフィー

ジマーマン2

今日は、シャーザーの他、ハーパー、マーフィー、ジマーマンがスタメンで出場していた。
ナショナルズから4人もスタメンで出れるって本当にすごいよね!!
もうちょっと早くからレンドンが打ち始めていれば、レンドンもスタメンになっていたと思うので、そうすればナショナルズから5人でていたことになるね。

来年は、シャーザー、ハーパー、マーフィー、ジマーマン、レンドン、ターナーでスタメンになれるようにしたいよね。
そうなれば、内野は全員ナショナルズじゃないか!!


カルロス・マルティネス

印象に残った選手はカージナルスのカルロス・マルティネスだね。
最速100.9マイル、平均99.8マイルの4シームと空振り率55.6%のスライダーで2.0回を4三振、1四球、1安打、自責点0に抑えたのは圧巻だったよ!!


クリス・セール

あと、レッドソックスのクリス・セールもすごかったね!!
最速99.7マイル、平均97.5マイルの4シームと空振り率28.6%のスライダーは見事だった!!
レッドソックスが横槍を入れてこなければ、この投手がナショナルズに来ていたのになぁ…。
今の先発ローテーションにセールがいればメジャーリーグ史上最強のローテーションになっていたと思うよね。


今回のオールスターは投手戦になって、投手が目立っていたけど、やぱpり野球の花形は投手だと思ったね。
まあ、明日とあさってはゆっくり休んで、後半からナショナルズが猛スパートで勝ちまくりますように!!
頑張れ、ナショナルズ!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=11&year=2017&game=gid_2017_07_11_aasmlb_nasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_07_11_aasmlb_nasmlb_1%2F&prevDate=711&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/al-all-stars-vs-nl-all-stars/2017/07/11/491434?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491434]


滝川クリステル427

【クリ様の一言】
今日のシャーザー投手は、本当に見事でしたね!!
ナショナル・リーグが負けたのとジマーマンが安打を打てなかったのが残念でしたが、いい試合だったと思いますよ。
後半戦も頑張って下さいね!!

5
ジョー・ロス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_07_09_atlmlb_wasmlb_1&mode=classic

前半戦最後の先発はロスだった。
ここ最近はいい投球が続いていて、防御率も4点台になっていた。
今日、好投して、防御率も4点台半ばに収め、後半戦は頑張ってシーズン防御率3点台を目指して欲しいと思っていた。
今日は、幸先良く3点を先制したので、7.0回を自責点2の投球をして、6勝3敗、防御率4.66くらいになってくれればいいと思った。

しかし、今日はそのロスが良くなかった。
ロスは、シンカーの最速が90.8マイル、平均が89.7マイルと全く球速がなかった。
前々回は最速95.2マイル、平均93.4マイルだった球速もどんどん落ちてきているのが気がかりだ。
シンカーの球速が落ちたことでスライダーも効果が薄れてしまい、空振り率は15.0%に過ぎなかった。

これだけ球速がないと甘い球は痛打されてしまう。
そして、打たれたくない一心でコーナーを突こうとするけど、そこまで細かいコマンドもない。
その典型のような投球だった。
結果は3.1回を3三振、2四球、3安打、自責点3だった。
3点のリードも吐き出して、防御率も5.01と5点台に戻ってしまった…。


マット・グレース

ロスの降板の後は、グレースが投げた。
2.2回を1三振、1四球、2安打、1本塁打、自責点1といい投球ではなかったけど、最低限の仕事はしてくれたと思う。


ジョー・ブラントン

ブラントンが登板したときにヒヤヒヤしたけど、実はブラントンは6月25日以降は無失点なのだ。
といっても、今日を含めて5.1回だけどね。
その内容は、1三振、1四球、3安打で三振を奪いまくって打者を圧倒している訳でもないので、たまたまだと思うけどね。
ブラントンは防御率9.72だったから、5.1回を自責点0でも防御率は7.36にしかならないんだね(笑)


エニー・ロメロ

8回に登板したロメロは、先頭打者に二塁打を許したけど、その後、連続三振とショートゴロでピンチを切り抜けた。
今日の最速は100.8マイル、平均は99.5マイルと圧倒的な4シームだった!!
やっぱり、野球の花形は速球投手だよね!!
本当に見てて楽しかったよ!!

今季、すい星のごとく現れたロメロだけど、今季の4シームの最速は101.95マイル、平均は98.35マイルとメジャーリーグでも屈指の速球投手となっている。
左腕としてはチャップマンの次に速いのではないだろうか?

4シームの空振り率は10.67%で、カーブが20.92%、カッターが17.17%と変化球も良くなってきた。
今季は中継ぎで頑張ってもらうとして、将来的にはぜひ先発に回して欲しいよね。


マット・アルバース

9回はペレスが打たれた後にすぐさまアルバースに投手交代した。
5点差もあるのに果たしてこんなに細かい継投が必要だろうか?
明日からオールスター休暇に入るから、アルバースの登板はいいとしても、5点差もあるなら9回のイニングの頭からでも良かったのでは?
相変わらず意味不明な継投だよね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=9&year=2017&game=gid_2017_07_09_atlmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=605452&prevGame=gid_2017_07_09_atlmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=79&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/braves-vs-nationals/2017/07/09/491419/final/video#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491419


レンドン2

打線は、初回、無死満塁からジマーマンの犠牲フライで1点を先制し、マーフィーが倒れた後、レンドンが二塁打を放って3-0となった!!


クリス・ハイジー

同点に追い付かれたナショナルズは、4回、無死一二塁からハイジーの二塁打で4‐3として1点を勝ち越した。


マット・ウィータース

5回は一死満塁からウィータースのタイムリーで2点を追加した。
ナショナルズはブレーブスに2点を奪われて、6‐5となったけど、7回も一死三塁からウィータースの儀鵜性フライで1点を追加して7-5となった。


ハーパー3

8回も一死一三塁からハーパーがタイムリーを放ち、ジマーマンが倒れた後、マーフィーもタイムリーを放って10‐5となってナショナルズが勝った!!


前半を終えて、2位のブレーブスに9.5ゲーム差はまずまずだろう。
ライバルのメッツが4位と低迷し、12.0ゲーム差なのはナショナルズにとっては幸運だったと思う。

シャーザーがもっと打線やリリーフの援護に恵まれて、ハーラートップで防御率1点台になってもらいたかった。
ストラスバーグも10勝以上して、防御率2点台になってもらいたかった。
もっとリリーフに頑張ってもらって、せめてメジャーリーグ平均レベルのブルペンになって欲しかった。
ターナーとイートンが故障せず、ハーパー、ジマーマン、マーフィー、レンドンと共に3割打者6人を達成して、アストロズを上回るメジャーリーグ最強打線を目指して欲しかった。
などなど、細かい希望をいえばキリがないけど、まあ、全体として70点はあげていいかなと思う。

後半はバシバシ勝ちまくって、シャーザーのサイ・ヤング賞、ストラスバーグの20勝&防御率2点台、マーフィーの首位打者、ハーパーの本塁打王&打点王、そしてナショナルズのメジャーリーグ最高勝率での地区優勝を達成して欲しいと思う。
頑張れ、ナショナルズ!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場で1打数0安打だった。
今季の成績は、.220、2本、8打点となっている。
前半を振り返ると、さすがにイチローも43歳なので、加齢による衰えには逆らえないんだろうという感じがするね。

しかし、先日、イチローはロッド・カルーの通算安打記録を更新し、アメリカ人以外のメジャーリーグ通算安打数でトップに立った。
あの平和台で私と話をした青年がここまでやるとはね。
イチローと合えたことは私の人生の誇りだよ!!

日本人最高の野球選手を見れるのもあとわずかだろう。
我々はその姿を目に刻み付けておく必要がある。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル426

【クリ様の一言】
嬉しいことも悔しいこともたくさんあった前半戦が終わりました。
それぞれに思うところはあるでしょうけど、後半もぜひ頑張って欲しいですね!!
まずは前半戦はお疲れさまでした!!
オールスターに出る選手は頑張って下さいね!!

1
スティーブン・ストラスバーグ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_07_08_atlmlb_wasmlb_1&mode=classic

ストラスバーグの前半戦の最後の試合がこんなクソ試合になるとはね…。
せっかくここ2試合は良くなって、防御率も3.28と2点台を狙える位置まで来たのに、この好調さを維持できない。
まあ、これがストラスバーグ・クオリティーなんだろうけどさ。
2010年のメジャーリーグ・デビューから7シーズンでブレイクできなかった投手が8年目でブレイクするはずがない。
頭ではそうわかっていても、私もファンだから「今年こそ!!」という思いはあるんだよ。

ストラスバーグは、通算で78勝44敗、防御率3.20だから、メジャーリーグでも一流投手だといえる。
でも、メジャーリーグにデビューしたときにファンが期待したのはこういう成績ではなかったと思う。
何度も20勝して、ロジャー・クレメンスみたいに何度もサイ・ヤング賞を獲得して、ランディ・ジョンソンみたいに何度も奪三振王を獲得して、ペドロ・マルティネスみたいに圧倒的な投球を期待したはずなのだ。
それが現実には15勝が精一杯、防御率も3点台が精一杯なんだから、現実というものはシビアなんだろうね。


まあ、それでもマーク・アペルやブレイディ・エイケン、ルーカス・ジオリート、マイケル・コペックと比べたらずっといいんだろうけどね。
アマチュアやマイナーでいくら評価が高くてもメジャーリーグに上がることすらできない投手はいくらでもいるからね。
それだけメジャーリーグは厳しい世界だし、野球は難しいスポーツだということなんだろうね。


タナー・ロアーク

今日はロアークにもガッカリだわ。
そろそろ長期契約の話も出てくるはずだったのに、今季の低迷で全くそんな話も出てこないからね。
契約金も二束三文だっただろうから、やっと今から稼げるようになったのにね。
ここまで打ち込まれてしまうと立ち直って抑える姿が想像できないよ。
かなり重症で、立ち直るのもかなり難しいだろうなぁ…。


s-サミー・ソリス

ソリスもサッパリだ…。
もう打撃投手みたいに打たれてしまう。
今やブラントンやケリー以上に悪く、手の施しようもない惨状だね…。


今日はしんどいので、これで終わりにするよ。
皆さん、今日は野球のことは忘れて良い休日をお過ごし下さいね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=8&year=2017&game=gid_2017_07_08_atlmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2017_07_08_atlmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=78&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/braves-vs-nationals/2017/07/08/491404?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491404


滝川クリステル425

【クリ様の一言】
世界一を目指すならもっとしっかりした試合をするべきです!!
この地区は強力な競争相手もいないので、独走でかなり気が緩んでいるような気がしますね…。

このページのトップヘ