Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、フィル・ヒューズ、アービン・サンタナ、イチロー、ホセ・バティスタ、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、吉沢明歩ちゃん、鈴村あいりちゃん、凰かなめちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、かさいあみちゃん、渡辺ももちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

カテゴリ:MLB > MLB2017

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_24_seamlb_wasmlb_1&mode=classic

ロアークは、初回表に2安打を打たれて1点を先制され、2回表も2安打されて、今日も不安定な投球になるのかと心配した。
しかし、これ以降は立ち直り、7.0回を8三振、0四球、8安打、自責点1だった。

直近の6試合で2四球が1回、3四球が3回、4四球が2回とコントロールに苦しんでいたけど、今日は0四球だった。
102球中67球がストライクで、ストライク率65.7%だった。
初回と2回はコマンドも良くなかったけど、3回以降はコマンドも良くなってきた。

今日は、4シームが素晴らしく、最速95.0マイル、平均92.2マイルで、空振り率は29.4%だった!!
とはいえ、4シームは17球だけで、52球が2シームだった。
2シームは、最速94.0マイル、平均92.1マイルで、空振り率は3.8%に過ぎなかったけど、ストライク率は71.2%とコントロールは抜群だった。
102球中69球が4シームと2シームで、変化球は33球だけだったけど、どれも良かった。
中継を観ている感じではスライダーが特に良かったね!!

ここ最近、ロアークが良くなかったので、本当に心配していたよ。
というか唯一良かったシャーザーも打たれたので、投手陣全体が良くなかったんだけど、ストラスバーグの好投以降はナショナルズの先発投手も立ち直ってきたね!!
ぜひ、シャーザー、ストラスバーグ、ロアークが18勝&防御率2点台を達成して、マダックス・グラビン・スモルツみたいなBIG3になって欲しいよね!!
ロアークの好投は本当に嬉しかったよ!!


ロスも戻ってきたし、ナショナルズは打線だけではなくて先発投手陣もメジャーリーグ最高だということを証明しないといけないね!!
ぜひ、明日のゴンザレスもこの流れに続いて欲しいと思う。


コーダ・グラバー

今日は9回にグラバーが登板した。
最速98.3マイル、平均97.7マイルの4シームに最速94.3マイル、平均93.6マイルの高速スライダーを織り交ぜた投球は圧巻だった!!
高速スライダーの空振り率は28.6%だった。
あれは本当に打てないよね!!
この調子で、これからはクローザーで頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=24&year=2017&game=gid_2017_05_24_seamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_05_24_seamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=524&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490798


ダニエル・マーフィー

ナショナルズは1点を先制されたけど、初回裏に一死一三塁からジマーマンの犠牲フライで同点に追い付いた。
さらにマーフィーの二塁打で勝ち越した!!


レンドン2

続くレンドンが8号2ランを放って、4‐1となった!!
さらに2回もターナーのタイムリーで1点を追加し、5‐1でナショナルズが勝った!!


イートンが故障したけど、その穴をテイラーがキッチリ埋めてくれたよね。
テイラーも.275、2本、9打点と予想以上の働きをしている。
ワースも妥当な働きをしているね。
レンドンはどんどん調子が上がってきているので、ぜひレンドンも.300、30本、100打点を狙って欲しいよね。

ターナーだけがスランプだけど、ターナーはスロースターターだからね。
ターナーもこれから調子を上げてくると思うよ。
そして、メジャーリーグ最強のクリーンアップは、全員.330、30本、130打点以上目指して頑張って欲しいよね!!


イチロー2

今日のイチローは9番ライトで出場し、3打数0安打だった。
今季の成績は、.153、1本、3打点だ。


現在、ブレーブスが9回裏で5-5の同点だ。
ぜひ、ブレーブスが負けて、2位ブレーブスとのゲーム差を7.5に広げたいよね!!
そして、3位メッツは負けたので、メッツとのゲーム差は8.5となった。

私は地区優勝するだけではなくて、100勝以上して、メジャーリーグ1位の勝率で世界一になって欲しいと思っている。
早くアストロズやロッキーズの勝率を上回って欲しいと思う。
頑張れ、ナショナルズ!!


滝川クリステル389

【クリ様の一言】
今日はロアーク投手の好投が嬉しかったですね!!
これで先発投手陣も調子を上げ、シーズン100勝を目指して頑張って欲しいと思います。
明日もゴンザレス投手の好投を期待しましょう!!

ジョー・ロス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_23_seamlb_wasmlb_1&mode=classic

私は、あと2~3試合くらいジェイコブ・ターナーが先発するのかと思っていたけど、今日の先発はロスだったね。
今日はそのロスが8.0回を6三振、0四球、5安打、1本塁打、自責点1の素晴らしい投球を見せてくれた!!

ただ、個人的にはこの結果を鵜呑みにするのは時期尚早だと思っている。
ロスは8.0回で101球を投げていたけど、かなり球数が少ない。
投手の球数が少ないときは注意が必要だ。
簡単にバットに当てられるので、球数が少なくなるのである。
本当にかすりもしない球を投げているなら空振りが多くなって、球数は極端に少なくなることはないのだ。

極端に球数が少ないとタイミングが合ってくる2巡目に集中打を浴びることが多くなる。
ただ、今日はナショナルズが4回までに10点を奪ったため、マリナーズが試合を諦め、攻撃が淡白になったことが幸いしたのかもしれない。

今日はスライダーが素晴らしく、空振り率は21.1%だった!!
しかし、シンカーは52球中1球しか空振りが奪えず、空振り率は1.9%に過ぎなかった。
シンカーの球速も最速94.9マイル、平均91.8マイルと去年の最速97.17マイル、平均93.44マイルには及ばない。
ただ、前回に比べると球速も回復している点は安心したね。

今年は、ロスは先発5番手としてフル回転して、15勝、防御率3点台を目指して欲しかった。
しかし、序盤の思わぬ躓きによって、2か月近く出遅れてしまった…。
とはいえ、終わったことをあれこれいっても仕方がないので、これから頑張って、10勝、防御率3点台を目指して欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=23&year=2017&game=gid_2017_05_23_seamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=605452&prevGame=gid_2017_05_23_seamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=523&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490783


レンドン2

打線は、2回一死一塁からレンドンの6号2ランでナショナルズが先制した!!


マット・ウィータース

4回はウィータースのタイムリー、ターナーのタイムリー、ワースの7号2ラン、ハーパーの14号ソロ、レンドンの7号3ランで8点を追加した。
終わってみれば、10-1でナショナルズがマリナーズに圧勝した!!


43試合で246点、1試合平均5.72点はメジャーリーグ1位だ。
DH制はないのに打率.274もメジャーリーグで1位だ。
ここ最近は打線も湿りがちだったけど、今日は久々に「ツァーリボンバ打線」が爆発したね!!
本当に嬉しい勝利だったよ!!


イチロー2

今日のマーリンズはアスレチックス戦で、イチローは9番レフトでスタメンで出場している。
現在、6回表でイチローは3打数1安打2打点だ。
もう1本くらい安打を打ちますように!!


今日はブレーブスの試合がなく、メッツは勝っている。
2位ブレーブスとの差は7.0、3位メッツとの差は7.5となっている。
ナショナル・リーグ東地区1位だけでは不満なので、これから連勝しまくって、メジャーリーグ勝率1位になって欲しいと思う。
頑張れ、ナショナルズ!!


滝川クリステル388

【クリ様の一言】
今日は心配していたロス投手が好投し、湿っていた打線も打ちまくったので、最高の試合でしたね!!
明日もロアーク投手が7.0回を10三振、自責点0くらいの投球をしてくれるといいですね!!
頑張れ、ロアーク投手!!

5
アービン・サンタナ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_23_minmlb_balmlb_1&mode=classic

きのう、ヒューズがDL入りした。
DL入りというのは単なる口実で、事実上はマイナー降格だ。
私はヒューズの大ファンだけど、あの状態では仕方がないだろう。
球速はないのにそれに代わる絶対的な変化球もなく、制球も甘くなっているのではいいところがないからね。

しかし、私はヒューズがマイナー降格になっても、Twitterでサンタナにフォローしてもらったので、ツインズとの縁は切れない。
そして、そのサンタナが絶好調なのだ。
今日も6三振、2四球、2安打の完封勝利だった!!

今日は最速95.4マイル、平均94.3マイルの4シームが素晴らしく、空振り率も13.9%だった。
そして、スライダーがさらに素晴らしく、空振り率は20.0%だった!!
球数も105球と少なく、69球がストライクで、ストライク率は65.7%とまずまずだった。

これで7勝も防御率1.80もアメリカン・リーグ1位だ。
今やメジャーリーグ屈指の好投手の1人になったね!!
ぜひ、この活躍を続けて、ツインズを引っ張ってもらいたいよね!!
サンタナの活躍で、ぜひツインズがアメリカン・リーグ優勝を果たしますように!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=23&year=2017&game=gid_2017_05_23_minmlb_balmlb_1%2F&pitchSel=429722&prevGame=gid_2017_05_23_minmlb_balmlb_1%2F&prevDate=523&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490779


滝川クリステル387

【クリ様の一言】
前回は7.0回を自責点5でしたが、ここから見事に立て直してきましたね!!
これで再びサイ・ヤング賞争いの主役に躍り出ましたね!!
ぜひ、これからも頑張って欲しいですね!!

5
スティーブン・ストラスバーグ4

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_21_wasmlb_atlmlb_1&mode=classic

私は、正直いって、今日は負けるんじゃないかと思っていた。
いつも大事な試合やプレッシャーがかかる試合でストラスバーグが好投した記憶がほとんどないからだ。
しかし、今日の投球は本当に素晴らしかった!!

現地は5月21日なんだけど、この日は私の誕生日なんだよね。
ちなみにウィータースもロスもジェイコブ・ターナーも5月21日生まれなんだよ。
同じチームに誕生日が同じ選手が3人もいるのはすごいよね!!
ロジャー・クレメンスは1997年5月21日に通算200勝を挙げているんだよ。
今日のストラスバーグの勝利は、クレメンスの200勝の次に嬉しい誕生日プレゼントになったよね!!


さて、肝心の投球を振り返ろうか。
今日は何もかもが良くて、全く打たれる感じがしなかった。
4シームは、最速98.3マイル、平均が96.7マイルで、空振り率は12.5%だった。
しかもこの4シームのストライク率は82.1%だった。

さらに良かったのがカーブだった。
今季は故障を防ぐためにスライダーを減らすことになっていた。
このため、私も今後の投球はカーブにかかっていると書き続けてきた。

シーズンが始まるとそのカーブに変化が見られた。
元々は横にも縦にも大きかったストラスバーグのカーブだったけど、それが横にさらに大きく曲がるようになって、縦の落差が小さくなっていたのだ。
ストラスバーグのカーブはデビュー当時からあまりにも大きく変化するため、コマンドしにくそうだった。
しかも曲がりが大きい分、見送られればボールになることが多かった。

今日みたいにデータが豊富になってくるとボールになるためには打者も手を出してこなくなる。
これがストラスバーグが伸び悩んだ原因の一つだったんだけど、去年はスライダーをマスターすることでこの欠点をカバーした。
しかし、そのスライダーが故障の原因になってしまったことで、ストラスバーグも手詰まりになっていた感じだった。


今日のカーブは、横方向の曲がりも小さくして、横7.03インチ、縦-6.08インチの変化で、平均球速はカーブとしては異例の83.4マイルという速さだった。
ストラスバーグのデビュー当時は、横8.10インチ、縦-6.73インチの変化で、平均球速は82.69マイルだったので、曲がりを小さくして球速を上げた感じになっている。

今のメジャーリーグでは、メッツの投手みたいに曲がりが小さくて球速が速い変化球が主流だ。
その流れにストラスバーグも乗ったということだろうね。

そして、このカーブが実にいいところに決まっていたんだよ!!
ストライク率は73.5%と見送られてもストライクになることが多く、かつ空振り率も29.4%とシャーザーのスライダー並みだった!!
4シームで高めに目を慣れさせておいて、落差の大きなカーブを落としてくるので、ブレーブスの打者は高低の揺さぶりで11個の三振を喫してしまったのだった。


惜しむべきは8回のスワンソンの二塁打だね。
まあ、根本的には球数も多かったし、あそこで交代させなかったベイカー監督が悪いんだけど、あそこを抑えていれば、5勝1敗、防御率も2.97で2点台になっていたんだけどなぁ。
それができるかどうかがカーショウとの差なんだよね。
カーショウはそれができるから通算防御率もあんなにいいんだからね。

でも、今日の投球は本当に嬉しかったね!!
こんな投球ができるなら、本当に20勝、250三振、防御率2.50も狙えるんだよね。
シャーザーと2人で20勝、250三振、防御率2.50を達成して、10年代のランディ・ジョンソン&カート・シリングになって欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=21&year=2017&game=gid_2017_05_21_wasmlb_atlmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2017_05_21_wasmlb_atlmlb_1%2F&prevDate=521&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490762


ダニエル・マーフィー

打線は2回にマーフィーの9号ソロで先制した!!
マーフィーもそろそろエンジンがかかってきたね!!
打線が打てなくなってきたときに打てるなんてさすがだよ!!
これでマーフィーも年間34本塁打のペースになってきたね。
ハーパー、ジマーマン、マーフィーで.300、30本、120打点クリーンアップが達成できそうだね!!


ハーパー3

3回はハーパーのタイムリーなどで2点を追加し、終わってみればナショナルズが3‐2で勝った。
ナショナルズは26勝17敗、勝率.605と勝率6割を回復した。


イチロー2

今日のイチローは代打で出場して、1打数0安打だった。
今季の成績は、.157、1本、1打点だ。


今日はメッツも負けているので、2位のブレーブスとは7.0差、3位のメッツとは7.5差となった。
現在、ロッキーズが28勝17敗、勝率.622でナショナル・リーグ首位なので、早くナショナルズがナショナル・リーグ首位を奪い返して欲しいよね!!
今日はストラスバーグの好投が本当に嬉しかった!!
私としては今季のナショナルズのベストゲームだと思ったね!!


イチロー01

オリックス2017  Nationals Nation
http://strasburg37.blog.jp/archives/cat_343468.html

ところで、今日からときどきオリックスの記事も書くことにしたんだよ。
このブログは何を差し置いてもナショナルズ優先なので、オリックスの記事は毎日書けないと思うけど、みんなもぜひ見てね!!


滝川クリステル386

【クリ様の一言】
今日はストラスバーグ投手の素晴らしい投球が光りましたね!!
ぜひ、こんな投球を続けて欲しいですね!!
頑張れ、ストラスバーグ投手!!

1
461833

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_21_kcamlb_minmlb_1&mode=classic

またしてもヒューズがKOされてしまった…。
4.0回を4三振、2四球、6安打、3本塁打、自責点5だ。
今日も4シームの最速は91.0マイル、平均が89.7マイルだった。
この球速のなさを変化球の切れとコマンドで補わなければいけないのに、3本の本塁打はその変化球がいずれも甘く入ったものだ。
正直なところ、こんな投球を続けていれば、メジャーリーグで生き残っていくのは難しいだろう…。

私は、球速低下の原因は故障にあると思っていたので、去年、手術をしたことで球速が蘇るのではないかという期待があった。
しかし、球速が蘇ることはなく、コマンドまで低下してしまった。
元々、絶対的な変化球を持たず、90マイル代半ばの4シーム主体の投球だっただけにこれでは苦しくなってしまうよね。

現地では5月21日で、私の誕生日でもあるので、ストラスバーグと共に勝ち投手となって、私の誕生日プレゼントをして欲しかったのになぁ。
ストラスバーグはいい投球をして、立ち直りの兆しが見えただけに残念だね。


正直なところ、ここまで悪いところだらけになるとどこから手を付けていいかわからなくなるよね。
この調子だとDL入りさせて、マイナーで調整というのもあるかもしれない。
せっかく拾ってくれたツインズのためにも頑張って欲しいと心から思っているんだけどなぁ…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=21&year=2017&game=gid_2017_05_21_kcamlb_minmlb_1%2F&pitchSel=461833&prevGame=gid_2017_05_21_kcamlb_minmlb_1%2F&prevDate=521&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490753


滝川クリステル385

【クリ様の一言】
今日もヒューズ投手は残念な結果に終わりましたね…。
どにかしてこの苦境を脱して欲しいと思っているのですが…。

1
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_20_wasmlb_atlmlb_1&mode=classic

ナショナルズ投手陣で、唯一好投を続けていたシャーザーまでもが打たれてしまうとはね…。
この敗戦のショックは大きいよね…。

シャーザーは4シームの最速が96.2マイル、平均が94.0マイルといつもに比べて球速がなく、空振り率も4.9%に過ぎなかった。
2本の本塁打はいずれもその4シームを打たれたものだった。
伝家の宝刀のスライダーこそ空振り率が27.3%あったけど、投球の中心である4シームがこれではね。
しかも、その4シームはストライク率が60.7%だった。
コントロールも悪かったので、5.0回で球数も106球に達し、ストライクは62球、ストライク率は全体でも58.5%に過ぎなかった。

まあ、シャーザーだって人の子なので、こういうときもあるだろうけど、ナショナルズの他の投手がそろって絶不調だからね。
最後の頼みの綱が切れてしまったダメージは計り知れないね。


ここまで25勝17敗、勝率.595というのは悪い数字ではないけど、4月の絶好調のイメージがあるからその落差で実態以上にひどく感じるんだと思う。
4月に運が良かった反動が5月に出ているのかもしれない。
しかし、それならそろそろ打たれて過ぎているブルペンも調子が上がって来てもいいはずなのにね。


トライネン2

トライネンは今日も打たれた。
走者なしから1.0回を抑えるのはそんなに難しい話ではないのにね。
理論上では、防御率4.50の投手でも2試合に1点しか取られないはずだから、こう毎回毎回失点するのは異常だよね。
まあ、それだから防御率7.78なんだろうけどさ。

BABIP.455、LOB率64.7%とか本当に異常だよね。
FIP4.01、xFIP4.50だから本当はそこまで悪いはずではないんだけどね。
ただ、与四球率4.58で、カウントを悪くして甘い球を痛打されるのはあるからね。
球速もあるのに打たれまくるのはコマンドの問題が大きいのかもね。

それとやっぱりシンカーも悪いのかもね。
4シームと変わらない球速があって、変化は4シームよりも大きいんだから4シームよりもシンカーの方が打ちにくいはずなのだ。
しかし、私が調べた限りでは、4シームもシンカーも投げている投手はシンカーの方がずっと空振り率が低い傾向にある。
私は素人なので、技術的なことはわからないけど、何かの原因はあるのだと思うよ。

日本の野球ではやたら低めに集めることが投球の基本だといわれているけど、高低を使えない低め一辺倒の投球スタイルでは限界なのではないかと思うね。
この点は、マイナー落ちしているロスも同じことがいえるけどね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=20&year=2017&game=gid_2017_05_20_wasmlb_atlmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_05_20_wasmlb_atlmlb_1%2F&prevDate=520&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490747


トレイ・ターナー

打線はターナーとワースのタイムリーによる2点だけ。
打線も湿りっ放しだ…。


イチロー2

今日のイチローは代打で出場して、1打数0安打だった。
今季の成績は、.160、1本、1打点だ。


今日はブレーブスもメッツも勝ったので、2位ブレーブスとの差は6.0、3位メッツとの差は6.5となった。
5月21日は私の誕生日だったのに、散々なトン常備になってしまった…。
明日はいいことがありますように!!


滝川クリステル384

【クリ様の一言】
今日で4連敗、本当に苦しい状態ですね…。
ストラスバーグ投手の好投でこの苦境を打破できるといいのですが…。

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_19_wasmlb_atlmlb_1&mode=classic

またこんな負け方をしたけど、ナショナルズに優秀とまではいわなくてもせめて並みのブルペンがあれば、アストロズを超えてメジャーリーグ最高勝率で突っ走っていただろう。
ゴンザレスは、ここまで表面上はいい防御率だけど、ここまで内容が非常に悪かった。
何とか抑えている間に立て直して、本来の投球ができるようにして欲しかった。

ところが、今日も5.2回を5三振、3四球、9安打、2本塁打、自責点4だった。
ゴンザレスは今季オフにFAになる。
ナショナルズに残留しようと思えば、今季は15勝、防御率3点台は必要だろう。
だから、本当に頑張ってもらいたいんだけどね。


ショーン・ケリー

ケリーは1.0回で3三振で自責点0だったけど、2四球、1安打でアップアップの内容だった。
もっと安心できる内容が求められるよね。


エニー・ロメロ

ロメロは最速101.95マイルという素晴らしい4シームを持っているけど、絶対的な変化球がない。
だから4シーム一本鎗になってしまうのだ。
100マイルの4シームとはいってもそれ一本で通用するほどメジャーリーグは甘くない。

ロジャー・クレメンスはスプリッター、ランディ・ジョンソンはスライダー、ペドロ・マルティネスはチェンジアップと一流といわれる速球投手はメジャーリーグでも最高級の変化球を持っているものなのだ。
そこまでいわないまでも、ある程度のクオリティーがある変化球を持っていれば、ロメロももっと素晴らしい投球ができるはずなのにね。

結局、4シームしかないから打たれてしまうんだよ。
それにいかつい容姿とは裏腹にちょっとハートが弱そうだね。


マット・ウィータース

今日はウィータースが4つも盗塁を許してしまった…。
今季は21回走られて4回しか刺してない。
盗塁阻止率はわずか19.0%に過ぎない。

この惨状を見ていたら、ヤンキースのポサダを思い出したよ。
ポサダも阻止率が良くなくて、2007年には年間102盗塁も許しているのだ。
さらにポサダは肩以外の守備も悪かった。
クレメンスはヤンキース以外では通算防御率も2点台なのに、ヤンキース時代は4点台だ。
私はポサダが悪かったからではないかと思っている。
事実、ランディ・ジョンソンもケビン・ブラウンもポサダと組もうとしなかったしね。

Twitterでは、今季のナショナルズの投手陣の不振はウィータースが原因と指摘している人もいる。
そう考えると攻守共に際立っていたラモスがだれだけ偉大な存在だったかわかるよね…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=19&year=2017&game=gid_2017_05_19_wasmlb_atlmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_05_19_wasmlb_atlmlb_1%2F&prevDate=519&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490732


トレイ・ターナー

打線は2点を先制されたけど、3回表にターナーのタイムリーとブレーブスのエラー絡みで3‐2と逆転した。
しかし、その後はリードするたびにゴンザレスが追いつかれるストレスのたまる試合展開だった。
最後はロメロが打たれて、4‐7でナショナルズが負けた…。


イチロー2

今日のイチローは代打で出場し、1打数0安打だった。
今季の成績は、.163、1本、1打点となっている。


今日は2位のブレーブスに負けたので、ゲーム差は7.0となった。
メッツは勝ち、3位メッツとのゲーム差は7.5となっている。
終わったことをあれこれいっても仕方がないので、明日また頑張ろう!!
明日はいいことがありますように!!


滝川クリステル383

【クリ様の一言】
私もここまでブルペンがひどいとは思いませんでした。
さすがにそろそろ抜本的な対策を立てないといけないのかもしれないですね。

1
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_18_wasmlb_pitmlb_1&mode=classic

5回を終了した時点で106球、すでに3四球、7安打、自責点5とボロボロだったロアークを6回も交代させなかったときは驚いた。
案の定、ロアークは安打と四球を許し、ここでベイカー監督はトライネンを登板させてきた。

今季のブルペンが本当に良くないのは、私もいわれるまでもなくわかっている。
しかし、100球も超えていたし、あの状態のロアークを続投させることが信じられないよ。
ブルペンが良くないとはいえ、今季は先発を引っ張り過ぎじゃないの?
こんな使い方をしていたら、夏場にスタミナきれを起こすんじゃないの?

それにあんなに打たれているトライネンを無死一二塁で登板させる神経が理解できない。
打たれやすいんだから、ロアークを5回で降板させて、6回頭からトライネンを使うべきだったんじゃないの?
先発をズルズル引っ張って、走者を出してからリリーフを登板させるなんて継投が下手過ぎるよ。
何でイニングの頭から使おうとしないんだろう?


今日のロアークは、5.0回を3三振、4四球、8安打、2本塁打、自責点7だった。
5回で降板させてくれれば、自責点は5で済んだのにね。
今季は、ぜひロアークに18勝、防御率2点台を達成してもらいたいので、私もロアークの自責点が増えることには神経質になっているのだ。
これで防御率も4.73とめちゃくちゃ悪化してしまった…。
本当にあの継投ミスが悔やまれるね。

しかし、ロアークも2シームのストライク率が52.6%と最悪だった。
3回には3個の四球を出して2失点とロアークらしからぬ投球だった。
4回にせっかく同点に追い付いてもらったのに、5回に本塁打を打たれて、本来ならここで見切っておくべきだったね。


トライネン2

トライネンは相変わらず。
この前はたまたま抑えただけで、本質的には何も良くなってないんじゃないだろうか?
今日はロメロまで打たれたのがショックだった…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=18&year=2017&game=gid_2017_05_18_wasmlb_pitmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_05_18_wasmlb_pitmlb_1%2F&prevDate=518&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490717


ダニエル・マーフィー

パイレーツに2点を先制されたけど、2回にマーフィーの7号ソロで1点差となった。


アダム・リンド

4回にリンドのタイムリーとエラー絡みで3点を奪い、4‐4の同点となった。
いい感じで追いついたので、流れはナショナルズかと思っていたのだが…。

今日は終わってみればたった6安打だった。
ターナーの打率がついに.236まで落ちてきた。
一時的なスランプだと思っていたけど、メジャーリーグの壁にブチ当たっているのかもしれない。
守備では本当に素晴らしい活躍をしているだけに、打撃も復活して欲しいんだけどなぁ…。


イチロー2

マーリンズは、現在ドジャースと試合中で、イチローはまだ出場していない。


とりあえず、現時点でナショナルズは25勝15敗、勝率.625の1位で、2位のブレーブスとは8ゲーム差だ。
明日はゴンザレスが好投して勝ちますように!!


滝川クリステル382

【クリ様の一言】
今日は負けただけではなくて、ロアーク投手に自責点が7も付いたのがショックですね…。
今日ももう寝ます。
おやすみなさい…。

1
アービン・サンタナ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_18_colmlb_minmlb_1&mode=classic

ここまで6勝1敗、防御率1.50と絶好調だったサンタナだけど、その一方でBABIP.128、FIP4.19、xFIP4.52と良くなかった。
奪三振率も6.83で、与四球率3.50、K/BBも1.95に過ぎない。
要するにかなり運に恵まれていたんだけど、その反動が出てきたみたいだね…。
今日は7.0回を3三振、4四球、6安打、1本塁打、自責点5だった。

今日の4シームは、最速94.8マイル、平均92.6マイルと前回よりも球速が落ちていた。
そのため、前回は11.3%あった空振り率が0.0%まで落ちていた。
チェンジアップの空振り率は12.5%、スライダーは7.4%だった。
今日はどの球種もストライク率は60.0%を切っており、全体でも104球中58球がストライクで、ストライク率55.8%という低さだった。

それでもツインズはダブルヘッダーのもう1試合に勝ったので、20勝17敗、勝率.541で、2位のタイガースに1.0ゲーム差を付けて1位をキープした。
ぜひ、この調子で頑張って、メジャーリーグにツインズ旋風を巻き起こして欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=18&year=2017&game=gid_2017_05_18_colmlb_minmlb_1%2F&pitchSel=429722&prevGame=gid_2017_05_18_colmlb_minmlb_1%2F&prevDate=518&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490711


滝川クリステル381

【クリ様の一言】
今日は負け投手になって残念でしたが、そいでも6勝2敗、防御率2.07は立派な成績ですからね。
ぜひ、ツインズのエースとして、サイ・ヤング賞を狙って欲しいですね!!
頑張れ、サンタナ投手!!

1
ジェイコブ・ターナー

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_17_wasmlb_pitmlb_1&mode=classic

今日の先発はジェイコブ・ターナーだった。
13日と14日はリリーフで登板しており、中2日で今日の先発だった。
今日はそういうコンディションの悪い中でよく投げてくれた方だと思う。

A.J.コールは前回の登板で6.0回を自責点1だったとはいえ、2三振、4四球、6安打と内容はサッパリだった。
A.J.コールは、もはや球速も落ち、3Aでもいい成績が残せない。
残念ながらそろそろ限界も近いんだと思う。

だから、A.J.コールに代わる先発として白羽の矢が立てられたのがジェイコブだ。
今日も2シームの最速は97.1マイル、平均95.3 マイルとさすがにドラフト1巡目の貫禄があるよね。
しかし、チェンジアップが14球で空振りが0球、スライダーが3球で空振りが0球、カーブが17球で空振りが1球だけだった。
変化球を34球も投げているのに空振りはたったの1球なのだ。
2シームの空振りも6.0%しかない。

変化球が良くないという点では、きのう先発したヒューズと非常に似ている。
今はいい変化球がないので、2シームだけを狙われている。
これがいい変化球が身に付けば、2シームだけに的が絞れずに投球は飛躍的に良くなるはずだ。
私はいい変化球さえ身に付ければ、ジェイコブは先発で10勝はできると思っているんだよ。

3Aでも苦戦していたロスが今日は7.0回を6三振、1四球、8安打、自責点1と復調してきているので、もうしばらくすればメジャーリーグに復帰できるだろう。
それまではジェイコブに経験を積ませて、スポットの先発やロングリリーフができる投手として育てて欲しいと思う。
ターナーは上で書いたようにコンディションも良くなかったので5.1回を自責点3でもいいと思うけど、ペレスとアルバースはもうちょっと頑張ってもらいたかったね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=17&year=2017&game=gid_2017_05_17_wasmlb_pitmlb_1%2F&pitchSel=545363&prevGame=gid_2017_05_17_wasmlb_pitmlb_1%2F&prevDate=517&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490706


s-ゲリット・コール

今日は打線がサッパリだったので、ゲリット・コールの話でもしよう。
コールは高校生のときにヤンキースにドラフト1位で指名されたんだけど、その指名を拒否して大学に進学した。
コールはヤンキース・ファンだったらしいけど、大学進学の意志が固かったみたいだね。

コールは学業もかなり優秀らしいけど、今日のクレバーな投球を見ていたらそれもわかるよね。
通常は93~94マイルの4シーム中心の投球だけど、ピンチになったらギアを挙げて98~99マイルになっていた。
最初から98~99マイルの4シームを投げていると打者もプロなので2巡目3巡目でタイミングが合ってくる可能性がある。
そして、最初からこんなに飛ばすと勝負どころの終盤にスタミナが切れて球速が落ちてしまい、痛打される可能性もある。

しかし、93~94マイルで打者に対峙し、勝負どころで球速を上げると打者は上がった球速に対応しにくくなる。
しかもスタミナも温存されているので、終盤に球速が落ちることもない。
この4シームの投げ分けを見るだけでも素晴らしい投手だというのがわかるよね。
去年は7勝10敗、防御率3.88と今一つだったけど、今季はいい成績が残せると思うよ。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=17&year=2017&game=gid_2017_05_17_wasmlb_pitmlb_1%2F&pitchSel=543037&prevGame=gid_2017_05_17_wasmlb_pitmlb_1%2F&prevDate=517&league=mlb


フェリペ・リベロ

そして、今日は懐かしのフェリペ・リベロが投げていた。
私はこの投手が本当に好きだったんだよね!!
今日も左腕から最速101.1マイル、平均100.4マイルという素晴らしい4シームを投げていた。

去年、メランソンを獲得するために放出してしまったけど、移籍先のパイレーツでも頑張っているみたいだね!!
今季も21.2回で22三振、4四球と三振が多く、四球が少ない理想的なリリーフの役割を果たしているね。
もはやメジャーリーグを代表するリリーフ左腕の1人といっても過言ではないね。
これからも活躍して、いつかナショナルズに戻て来てね!!


イチロー2

今日のイチローは代打で出場して、1打数0安打だった。
今季の成績は、.170、1本、1打点だ。

今日もメッツが負けたけど、ブレーブスが勝って2位に浮上し、ナショナルズとのゲーム差は8.0となった。
メッツもこれで7連敗だ。
本当にメッツも苦しいところだね。


滝川クリステル381

【クリ様の一言】
今日は残念でしたが、マッチアップから考えても負けは仕方がありません。
気を取り直して明日からまた頑張りましょう!!

このページのトップヘ