Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、マイケル・コペック、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃん、辰巳シーナちゃん、恵比寿マスカッツについて語る星鈴のブログです。

カテゴリ:MLB > タナー・ロアーク

5
タナー・ロアーク



【Wikipedia】
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%AF

【成績】
http://www.fangraphs.com/statss.aspx?playerid=8753&position=P
http://www.baseball-reference.com/players/r/roarkta01.shtml

【投球分析】
http://www.brooksbaseball.net/landing.php?player=543699

【PITCHf/xとは】
https://ja.wikipedia.org/wiki/PITCHf/x

タナー・ロアークは、イリノイ大学在学中はドラフトにかからず、独立リーグでプレーして、メジャーリーグへの夢を追った。
2008年にMLBドラフト25巡目(全体753位)でレンジャースに指名されて入団。
2010年7月にナショナルズにトレードされた。
2013年にメジャーリーグデビューを果たし、7勝1敗、防御率1.51の好成績を挙げた。
2014年のオープン戦ではロス・デトワイラーとローテーションの5番手を争い、これに勝って15勝10敗、防御率2.85と素晴らしい成績を挙げた。

ところが、2015年オフにFAでマックス・シャーザーが移籍してきた。
この後、ジョーダン・ジマーマンがトレードされると思われたが、トレードは行われず、15勝投手のロアークが中継ぎになるという不可解なチーム編成になった。
この結果、ロアークは不慣れな中継ぎと故障者で穴が開いたときのスポット的な先発をさせられるなどたらい回しにされて、リズムを崩してしまった。

しかし、逆境をバネにして、2016年はローテーション投手の座を奪い返し、16勝10敗、防御率2.83というキャリアハイの成績を残したのだ。
2017年はWBCでも日本代表相手に素晴らしい投球を見せ、レギュラーシーズンでもサイ・ヤング賞級の投球を期待されたが、大乱調となり、期待を裏切ってしまった。
2018年は復活が期待される。


20171112-13

【平均球速】
2016年は4シームの平均球速が93.18マイル、シンカーが92.83マイルだった。
しかし、2017年は球速が落ちてしまい、4シームが92.78マイル、シンカーが92.46マイルだった。
今のメジャーリーグで安定した成績を残すためには、ある程度の球速と奪三振率の高さが欠かせない。
2016年並みの球速を取り戻して、18勝、200三振、防御率2点台を達成して欲しいと思う。


20171112-14

【最速】
4シームの平均球速は落ちたが、最速は97.14マイルと自己最速を記録した。
シンカーの最速は95.82マイルだ。
やはり投球の基本は速球系の球なので、ぜひこの球速を維持して欲しいと思う。


20171112-15

【配球】
4シーム 20.39%
シンカー 36.11%
チェンジアップ 11.92%
スライダー 14.67%
カーブ 15.07%
カッター 1.80%

平均球速が低下したために4シーム、シンカーの速球系の割合が減り、56.50%になった。
しかし、奪三振率は7.37から8.24と上昇した。
いうまでもなく、無死あるいは一死三塁の場合、外野フライや内野ゴロを打たれると失点する可能性が高いので、三振を奪える投手が有利だ。
この奪三振率をキープしつつ、与四球率を下げることができれば、サイ・ヤング賞級の投球も期待できるだろう。

チェンジアップは横-7.53インチ、縦5.46インチと落差は小さく横の変化が大きくなっている。
スライダーもあまり落差が大きくない。
ただ、カーブは横7.10インチ、縦-7.69インチと昔のストラスバーグみたいな大きなカーブとなっている。


20171112-16

【球種】
2017年に奪三振率が向上したのはチェンジアップが良くなったおかげだ。
2016年のチェンジアップの空振り率は15.10%だったが、2017年は20.51%とストラスバーグのチェンジアップやシャーザーのスライダーに匹敵する持ち球となった。

4シームの空振り率6.60%、シンカーの空振り率4.83%と平凡で、4シームの被打率.277、シンカーの空振り率.293と速球系が打たれやすかったのが不調の原因だろう。
スライダーが空振り率14.79%、カーブが16.63%、カッターが15.25%と変化球はいずれもレベルが高い。


20171112-17

【対左打者・対右打者】
2016年は対左打者が.213、右打者が.236だった。
2017年は対左打者が.283、右打者が.222と左打者に打たれやすくなった。
左打者に対してシンカーが.339と打ち込まれたのが原因だろう。


20171112-18

【ピンチにおける強さ】
走者なしでは.230、走者ありで.283、得点圏に走者ありで.280と走者を置いた方が打たれやすかった。
もっと粘り強さが欲しいところだね。


2008年にやっとドラフトにかかったロアークは2013年にメジャーリーグデビューを果たした。
これに対してストラスバーグは2009年に全米1位で指名され、マイナー生活もわずか3か月足らずだった。
そのストラスバーグは2010年6月のメジャーリーグデビュー以降は故障や伸び悩みのせいで思ったような成績を挙げることができず、2016年までは通算69勝41敗、防御率3.17だった。
ロアークはメジャーリーグデビュー以降は順調で、42勝28敗、防御率3.01だった。

それにも関わらず、ストラスバーグは2016年までの年俸合計額は3,545万ドルで、ロアークはわずか157万9,100ドルと20分の1以下であった。
雑草魂を持つロアークは、超エリートのストラスバーグに年俸では負けても成績では勝っているのが誇りだったに違いない。

ところが、2017年はついにストラスバーグの才能が開花し、カーショウやシャーザーに次ぐ地位を得たのに対し、ロアークは平凡な先発投手に成り下がってしまった。
ロアークとしてもこのままストラスバーグに負けたくはないだろう。
ぜひ、意地を見せて、ロアークもシャーザーやストラスバーのような好成績残して欲しい。

私は、ナショナルズの先発3本柱にブレーブス黄金期を支えたマダックス、グラビン、スモルツのような先発3本柱になってもらいたいと思っている。
シャーザーやストラスバーグと共に不屈の雑草魂で頑張れロアーク!!

1
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_09_27_wasmlb_phimlb_1&mode=classic

今日もつまらない試合だった…。
せっかく打線が逆転してくれたのにロアークがリードを守り切れない。
ロアークは、独立リーグからメジャーリーグを目指していた。
ロアークは、2013年のメジャーリーグ初昇格から去年までの間に42勝28敗、防御率3.01の活躍をしていたけど、去年までの年俸の合計額はわずか約157万ドルだった。

しかし、今季の年俸は約431万ドルになった。
それまでは生きていくためにがむしゃらにやってきたけど、ここでぜいたくをしなければ一生生きていけるお金を手にして心に隙が生まれたのかもしれない。
そして、WBCに出場して、準決勝の日本戦でいい投球を見せた代償として調整が遅れ、ベストの状態には達しないままレギュラーシーズンも終わろうとしている。

今日は2回に3点を失い、5回はせっかく打線が5点を奪って逆転してくれたのに、その裏に再逆転を許して負け投手になってしまった。
4.2回を3三振、5四球、7安打、自責点6といいところがなかった。
104球中56球しかストライクが入らず、ストライク率は53.8%だった。
ロアークの投球の中心となる2シームのストライク率がわずか50.0%なのが投球を苦しくしていた。


ロアークは常にストラスバーグの一歩先を歩んでいた。
ドラフトにもかからなかったロアークと違って、ストラスバーグはエリート中のエリートだった。
しかし、そんなエリートには負けないという気迫がロアークの投球にはあった。
今季はそれが感じられないよね。

私はストラスバーグとロアークという対極的な2人にはライバルでいて欲しいし、切磋琢磨してナショナルズをもっと強くして欲しいと思っている。
ストラスバーグは今季はキャリアハイの成績になりそうだけど、こんなロアークに勝っても嬉しくはない。
ロアークはエリートには負けないという意地を見せて、常にストラスバーグの前を走り続けて欲しいのだ。
ストラスバーグは、そんなロアークに追い付き、追い越すために頑張り、それがナショナルズの勝ち星を増やすという展開が理想的なのだ。


ロアークはこれがレギュラーシーズン最後の先発だった。
レギュラーシーズンで不完全燃焼だった分、ポストシーズンで頑張ってくれよ!!
頼んだぞ、ロアーク!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=9&day=27&year=2017&game=gid_2017_09_27_wasmlb_phimlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_09_27_wasmlb_phimlb_1%2F&prevDate=927&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-phillies/2017/09/27/492473?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492473


トレイ・ターナー

テイラー

今日は、ターナーとテイラーが共に3安打と頑張ってくれた。
ナショナルズは、一時は3点差を逆転してくれたけど、ロアークが不甲斐ない投球でそれを吐き出してしまった…。
投打の噛み合わせが悪く、本当にちぐはぐな試合をしている。


ところで、ナショナルズもポストシーズンに向けて投打の状態を上向きにさせなければいけないときなのに、ベイカー監督は明日もジャクソンを先発させるらしい。
打たれるとわかっている投手を先発させて、わざわざ負ける必要があるの?
地区優勝は決まったかもしれないけど、ジャクソンが早々に打たれて、投打共にだれた試合をする意味があるの?
しかも、ジャクソンが早い回にKOされたらリリーフが酷使されるよね?

そういうことを考えれば、この段階でジャクソンを先発させる意味が見い出せない。
レギュラーシーズンは地区優勝も決まっているんだし、負けてもいいから残り試合は適当にやっておけばいいよ!!でもポストシーズンはしっかりね!!」なんて考えで、ポストシーズンからいきなりちゃんと戦えるものなのかね?
私はポストシーズンに向けて今からしっかりと準備するべきと思うけどね。

ドジャースだってカブスだって、ここに来て勝ち星を増やしてチームの状態が良くなってきている中で、ナショナルズは「明日も負けてもいいよ(笑)」みたいなことをしてていいの?
本当にベイカー監督の考えは理解できないよね。


イチロー2

今日のイチローは代打で出場し、1打数0安打だった。
今季の成績は、.257、3本、20打点となっている
メジャーリーグの代打安打記録まであと2本だ!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル505

【クリ様の一言】
今日はロアーク投手が残念な投球でしたね…。
ゴンザレス投手に引き続き、ロアーク投手まで制球難になってしまうなんて、ポストシーズンも心配になりますね。
明日はキッチリ勝って欲しいのに、明日はジャクソン投手ですからね。
本当に心配です…。

1
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_09_21_wasmlb_atlmlb_1&mode=classic

4回の守備がね…。
ウィータースとジマーマンがミスしなければ、もっと違った試合になっていたと思うよ。
今日のロアークは、7.0回を7三振、0四球、6安打、自責点3だったけど、内容は良かった。

ロアークは101球を投げて71球がストライクで、ストライク率は70.3%だった。
2シームの最速は94.1マイル、平均は92.5マイル、空振り率は5.7%だった。
今日は変化球が良く、チェンジアップの空振り率が36.4%、スライダーが21.1%、カーブが35.3%だった。
守備の乱れのために自責点3になったけど、ポストシーズンに向けて調子は上がってきているのではないかと思う。

ロアークの今季の先発は残り1試合と思われるので、15勝は消滅してしまったね…。
防御率は良くないながらも15勝だけは達成して欲しかったけどね。
レギュラーシーズンは60点くらいの内容だと思うので、この分は、ポストシーズンで借りを返して欲しい。
ナショナルズの三本柱はメジャーリーグ最強なので、シャーザー、ストラスバーグ、ゴンザレスで勝ちまくって、ロアークもあまり出番がないかもしれないけど、ポストシーズンで2~3勝はして欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=9&day=21&year=2017&game=gid_2017_09_21_wasmlb_atlmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_09_21_wasmlb_atlmlb_1%2F&prevDate=921&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-braves/2017/09/21/492388?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492388


ジマーマン2

ナショナルズは、初回に1点を先制されたけど、2回にジマーマンの34号ソロで同点に追い付いた。
しかし、ナショナルズの守備に乱れが出て、1‐3と逆転され、ウィータースのタイムリーでもう1点を奪うのが精一杯だった。

ディッキーはシャーザーとのマッチアップのときに抑えられた印象が強かったので、ナショナルズは苦手なのだと思っていた。
ところが、調べてみたら、今日の試合を含めても今季は1勝2敗、防御率5.01らしいね。
ディッキーを打ち込んだ記憶はないけどなぁ(笑)
それにしてもナショナルズの打線は元気がなさ過ぎるよ!!

これで、今季のブレーブスとの対戦成績も10勝9敗となった。
シャーザーの完全試合を阻まれ、その後に4点を失って負けた記憶が鮮明だなぁ。
ブレーブス戦はやられた印象が強いよね。


今日はドジャースも勝ったので、4.5ゲーム差に広がってしまった。
メジャーリーグ最高勝率で優勝したかったけど、残り試合を考えると苦しくなってきたね。

このままだとNLDSはカブスとの対戦になるね。
まあ、ポストシーズンはどのチームと対戦しても強いチームしかないので、どこと対戦しても大して変わらないだろう。
とにかく勝つだけだよ!!
私が見た史上最高のチームの本領を発揮して欲しいよね!!


イチロー2

今日のイチローは、試合がなかった。
メジャーリーグの代打安打記録まであと2本だ!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル499

【クリ様の一言】
今日は勝って欲しかったですけど、これが野球の難しさなのでしょうね…。
明日からまた気持ちを消えり変えて頑張るしかないですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_09_14_atlmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日は、忙しくて試合が観れなかった。
しかし、先発のロアークは、6.0回を7三振、1四球、4安打、1本塁打、自責点2で13勝目を挙げていた。
108球中64球がストライクで、ストライク率は59.3%だった。

コントロールは悪かったみたいだけど、球の質は高かったみたいだった。
2シームの最速は95.2マイル、平均が93.2マイルと球速があった。
2シームの空振り率は6.5%だけど、チェンジアップが23.5%、スライダーが37.5%と変化球が素晴らしかった。
これでコントロールが良くなって来ればベストの状態になるのだろうね。

これでロアークも13勝9敗、防御率4.43となった。
目標の15勝も見えてきたよね!!
本当は18勝、防御率2点台半ばの成績を挙げ、メジャーリーグ屈指の好投手の仲間入りを果たして欲しかったけど、最低限の目標は達成できそうで良かったよ。

シーズン防御率4点台は不満だけど、その分、ポストシーズンで頑張って欲しいよね!!
シャーザーの調子が良くないので、その分、ロアークが頑張って欲しいと思う。


ドゥーリトル

7回からアルバース、マドソン、ドゥーリトルのリレーだった。
ドゥーリトルはこれで21セーブ目で、防御率も2.72と良くなってきた。
ホストシーズンはいつもにも増してクローザーの役割が大事になってくるので、ぜひ頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=9&day=14&year=2017&game=gid_2017_09_14_atlmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_09_14_atlmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=914&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/braves-vs-nationals/2017/09/14/492284?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492284


s-ジェイソン・ワース

今日もマーフィーなどの主力を多く休ませていた。
ポストシーズンまでに休ませて疲労を残さないようにしているんだろうけど、ここまで休ませないといけないのかね?
あまり休ませても試合勘とか鈍るんじゃないかと思うんだけど、どうなのかね?

それはともかく、初回、無死二塁からワースのタイムリーで1点を先制した!!


ビクター・ロブレス

4回は、一死一塁からロブレスのタイムリー三塁打で1点を追加した。
さらにサンチェスが四球で、セルベリーノのショートゴロの間にもう1点を追加して、3‐0となった。


エイドリアン・サンチェス

6回表に2点を返されたけど、その裏の一死二三塁からサンチェスがタイムリーを放って、5‐2となり、勝負ありだった。
明日からはドジャース戦なので、主力をスタメンに復帰させて、勝ち越して欲しいよね!!


ハーパー3

ところで、今日、ハーパーが外野をジョギングしてたね。
もうジョギングできる状態ならあと2週間以上あるからポストシーズンも間に合いそうだね。
最近の3Aみたいなスタメンを見てたら心細いよね。
ハーパーが帰ってきて、メジャーリーグ最強打線が復活し、ガンガン打ちまくる野球が見たいよね!!


イチロー2

今日のイチローは、スタメンで出場し、3打数2安打だった。
今季の成績は、.263、3本、16打点となっている
メジャーリーグの代打安打記録まであと2本だ!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル493

【クリ様の一言】
今日は、連敗を止めることができて本当に良かったですね!!
ロアーク投手もコントロールが回復して、万全な状態でポストシーズンを迎えられるといいですね!!
頑張れ、ロアーク投手!!

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_09_07_phimlb_wasmlb_1&mode=classic

インディアンスやダイヤモンドバックスの影に隠れているけど、ナショナルズもここ12試合で9勝3敗と調子がいい。
現在、ドジャースが1-9で負けているので、このまま試合が終わればナショナルズとは6ゲーム差となる。
ドジャースもこの失速ぶりならナショナルズが逆転して、ナショナルズがメジャーリーグ最高勝率で優勝する可能性も出てくるよね。
やっぱり、シーズン100勝&メジャーリーグ最高勝率で、誰が見ても完璧なワールドチャンピオンになりたいよね!!


さて、今日の試合を振り返ろうか。
今日のロアークは、6.0回を6三振、1四球、7安打、2本塁打、自責点3だった。
前回は、7.0回を10三振、1四球、5安打、1本塁打、自責点1という素晴らしい投球をしながら負け投手になっていたので、今日はとにかく勝ち星が欲しかった。
そういう意味では、自責点3ながらも12勝目を挙げることができて本当に良かった。

今日のロアークは、2シームの最速が93.5マイル、平均が91.9マイルと球速はなかったけど、空振り率は10.8%と良かった。
チェンジアップの空振り率は33.3%、スライダーが25.0%と良かった。
球の切れに関しては、かなり良かったのではないだろうか?

今日は100球投げて64球がストライクで、ストライク率64.0%だった。
去年から球速が上がった代償として、制球が悪くなっていることを考えれば、これくらいがロアークの平均値かもしれない。

ロアークの残りの先発は3試合か4試合だろうけど、何とか15勝して欲しいよね。
防御率4点台は確定っぽいけど、15勝すれば最低限の仕事はしたという感じがするからね。
それに、シャーザー、ゴンザレス、ストラスバーグと共にナショナルズ四天王がそろって15勝したとなれば、見栄えも違うしね。
4人で目標を達成して、気分良くポストシーズンに臨みたいよね!!


ブランドン・キンズラー

4‐3と1点差の7回にキンズラーが登板したけど、ブランコの当たりは完全に本塁打で、ロアークの12勝目も決めたと思った。
ところが、ここでテイラーが完全に本塁打の当たりをジャンプしてもぎ取ったのだ!!
このキャッチは見事だったよね!!
これで息を吹き返したキンズラーはこの回をパーフェクトに抑えた!!


ライアン・マドソン

8回はマドソンが登板したけど、今日の4シームは97.2マイル、平均95.8マイルで、空振り率28.6%と素晴らしかった。
マドソンの4シームは、横-6.63インチ、縦9.58インチと平均的な変化だけど、動画で見るとかなりシュートしているように見えるね。
だから、打者も戸惑って高い空振り率になるのかもしれないね。
マドソンが投げていると全く打たれる気がしないよね!!


ドゥーリトル

9回はドゥーリトルがパーフェクトリリーフで締め括って19セーブ目を挙げた!!
移籍当初は不安だったけど、今や信頼できるナショナルズのクローザーになったよね!!

同じ左腕でもチャップマンに5年8,600万ドルも出して契約しなくて良かったと思うよね。
私もさすがに1年目からダメになるとは思わなかったけど、速球派のクローザーは危険だと書いていたからね。
だから、チャンプマンもいつかこんな日が来ると思っていたよ。
やっぱり、クローザーはそこそこの投手をとっかえひっかえするのが正解だよ。
マリアーノ・リベラみたいに支配的で息が長いクローザーを見つけるのは雲をつかむような話だからね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=9&day=7&year=2017&game=gid_2017_09_07_phimlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_09_07_phimlb_wasmlb_1%2F&prevDate=97&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/phillies-vs-nationals/2017/09/07/492199?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492199


トレイ・ターナー

打線は、2回、二死二塁からディアザのタイムリーで1点を先制した!!
しかし、フィリーズが小刻みに3点を奪い、1‐3と逆転された。
ロアークは6回で100球に達したので、ロアークを勝ち投手にするには6回裏に3点取らなければならなかった。

そして6回裏は一死二塁からウィータースのタイムリー二塁打で1点を返した。
さらにケンドリックの四球、バティスタの安打で一死満塁となった。
ここで打席に入ったターナーが見事な逆転タームリーを放ち、これが決勝点となったのだ!!

最近のナショナルズは本当にいい野球をするよね!!
打線が打てないときは投手陣がカバーして、投手陣が打たれたときは打線がカバーする。
本当に理想的な野球だよ!!
私も長年メジャーリーグを見てきたけど、三連覇当時のヤンキースをも上回る最高のチームだと思うね!!

でも、最高のチームであることはポストシーズンで自分たちの力で証明しなければならないのだ!!
頑張れ、ナショナルズ!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場し、1打数1安打1打点だった。
今季の成績は、.259、3本、16打点となっている
メジャーリーグの代打安打記録まであと2本だ!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル487

【クリ様の一言】
今日は、ここぞという場面で素晴らしい攻撃を見せてくれた打線に感謝ですね!!
今日はカーショウ投手も打たれたので、ぜひ明日はシャーザー投手が好投して、防御率1位を奪還して欲しですよね!!
そして、シャーザー投手は残り試合を全部勝ってサイ・ヤング賞を狙って欲しいと思います。
頑張れ、シャーザー投手!!

2
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_09_01_wasmlb_milmlb_1&mode=classic

私は、シャーザー、ストラスバーグ、ゴンザレスがキャリアハイで防御率2点台を達成し、この3人にロアークを加えた4人で15勝を達成してもらいたいと思っている。
つまり、防御率2点台が3人、15勝が4人というメジャーリーグ最強の四天王でポストシーズンを戦いたいということだ。
防御率に関しては3人共すでに2点台だし、現状維持すればキャリアハイ達成なので実現は充分に可能だ。
しかし、勝ち星に関しては、13勝を挙げているシャーザーとゴンザレスはともかく、11勝のストラスバーグとロアークは残り5~6試合で4勝とかなりハードルが高い。
だからこそ、打線の援護が欲しかったんだけどね…。

さて、今日のロアーク投球を振り返ろうか。
brooksbaseball.net PITCHf-x Toolのサイトでは、"FA (Fastball)"と"SI (Sinker)"になっているけど、これは4シームと2シームのことだろう。
4シームの最速が95.2マイル、平均が93.9マイル、空振り率が3.8%だった。
2シームの最速は95.2マイル、平均が93.2マイル、空振り率が5.3%だった。
球速に関しては、去年の良かったときと同じくらいだ。

変化球は、チェンジアップの空振り率が20.0%、スライダーが15.4%、カーブが25.0%だった。
今日は変化球も良かったみたいだ。
ウォーカーに甘く入ったカーブを本塁打にされただけで、他は完璧な投球だった。
今日は10個の三振を奪ったけど、そのうち5個が見逃しの三振だった。
今日はコマンドも良かった。

まあ、負け投手にはなったけど、ブリュワーズ相手に7.0回を10三振、1四球、5安打、1本塁打、自責点1に抑えられたのは収穫だったと思う。
ここまで不安定な投球が続いていたので、ポストシーズンが不安だったからね。
今日で防御率も4.48まで改善されたので、これから好投を続けて、4.20くらいを目標にしたいよね。
何とか15勝を達成して、15勝9敗、170三振、防御率4.20くらいの成績になると嬉しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=9&day=1&year=2017&game=gid_2017_09_01_wasmlb_milmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_09_01_wasmlb_milmlb_1%2F&prevDate=91&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-brewers/2017/09/01/492117/final/video#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492117


ハーパー3

そういえば、ナショナルズの公式サイトにハーパーがポストシーズンに間に合わないかもしれないという記事が出ていたね。
私は、ナショナルズの関係者じゃないから、ハーパーの故障の詳細は知らないんだけど、ハーパーは強運の持ち主だから、ポストシーズンに間に合って、大活躍するような気がするけどね。
私の勘はよく当たるんだよ!!


ナショナルズは、そのハーパーが故障でいないし、ポストシーズンに向けて故障者を出したり、疲労を蓄積させないためなのか野手をたくさん休ませている。
だから、ベストメンバーが組めないのはわかる。
しかし、それを差し引いても打てなさ過ぎだ!!

今日はブリュワーズの先発のネルソンに7.0回を11三振、3四球、3安打、自責点0に抑えられてしまった。
得点が0では野球は勝てないよ。
せっかくロアークが好投していたのに、見殺しにしてしまった…。


何度も書くけど、ポストシーズンではこういう投手ばかり先発してくるんだよ。
こういう投手から1点も取れないとまたポストシーズンで敗退するよ。
1点でも取れば、ナショナルズの先発は優秀だから、先発が0点に抑えて勝てる可能性もあるんだよ。
だから、まずは1点は取ろうよ!!
簡単に完封負けなんかしないでくれよ!!

最近、地区優勝がほぼ決まったせいか攻撃が淡白になり過ぎなんだよ!!
もっと勝利に対して貪欲な姿勢を見せて欲しい。
それがないとポストシーズンでも勝てないと思うよ!!
先発だけではなくて、ぜひ打線もメジャーリーグ最強であってくれ!!
でも、今日はロアークの好投が嬉しかったので、気分は星2つにしておくよ!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場し、1打数0安打だった。
今季の成績は、.250、3本、15打点となっている
メジャーリーグの代打安打記録まであと5本だ!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル481

【クリ様の一言】
今日はせっかくロアーク投手が好投したのに勝てなくて残念でしたね…。
ロアーク投手も2年連続15勝がかかっているので、打線が援護して欲しかったですね…。
明日こそナショナルズの打線が火を噴きますように!!

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_27_nynmlb_wasmlb_2&mode=classic

あれこれしていたら、こっちの試合は観れなかったんだけど、途中経過を見ていたら、ナショナルズが2‐0で勝っていた。
そこでラーメン屋に行って、戻ってきたら4‐3になっていた。
2‐0のままロアークが抑えて勝つのではないかと希望的観測を持っていたら、ロアークが6回表に3点取られて逆転されていたみたいだった。
しかし、その裏のナショナルズが2点取って再逆転したので、ロアークは勝ち投手になり、11勝目を挙げた。

今日のロアークは、6.0回を9三振、0四球、5安打、1本塁打、自責点3だった。
6回に本塁打を含む3連打で3点を失ったけど、調子自体は悪くなかったのだろう。

今日は2シームの最速が94.3マイル、平均が91.8マイルで、空振り率が3.8%だった。
変化球の空振り率もチェンジアップが14.3%、スライダーが16.7%、カーブが17.4%とまずまずだったみたいだね。
もうポストシーズンが近づいてきているので、そろそろ15勝級の投球に戻って欲しいと思う。


ショーン・ケリー

7回はアルバースが投げたけど、ダブルヘッダー第1試合で痛い目にあったばかりなのに8回にケリーやブラントンを投げさせるベイカー監督。
私はきのう打たれたといってもキンズラーを投げさせるべきだったと思うよ。
キンズラーがダメなら、左右関係なしにペレスで良かったのでは?
結果的にケリーとブラントンは抑えたけど、これは褒められた継投ではないと思う。


ドゥーリトル

8回裏から試合を観ていたので、ドゥーリトルの投球も見ていたけど、二死からのレイエスの打球はテイラーが捕球しないとダメだよね。
あれはテイラーのエラーでいいと思うけどなぁ。
あれを自責点にされるとドゥーリトルがかわいそうだよ。
防御率2点台になるか否かの瀬戸際だけにあの自責点は痛いよね…。

まあ、でも何とか16セーブ目を上げることができて良かったと思う。
最近、メジャーリーグ最悪だったナショナルズのブルペンの悪い部分がキンズラーやドゥーリトルに伝染してるみたいで嫌だね…。
せめて、移籍組くらいはしっかりと投げて欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=27&year=2017&game=gid_2017_08_27_nynmlb_wasmlb_2%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_08_27_nynmlb_wasmlb_2%2F&prevDate=827&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/mets-vs-nationals/2017/08/27/491372?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491372


レンドン2

打線は4回無死一三塁からレンドンのタイムリーで1点を先制した!!
さらにリンドの犠牲フライでナショナルズが2‐0とした!!


テイラー

6回表に逆転を許し2‐3となったけど、その裏、一死満塁からテイラーとスティーブンソンが連続押し出しで4‐3と逆転した!!


アダム・リンド

8回はリンドの11号ソロで1点を追加し、終わってみればナショナルズが5‐4で勝った!!


やっぱり、ダブルヘッダー連勝は難しいというのが野球の定理だからね。
この試合は勝つと思っていたよ。
最近、調子が悪かった打線が打てるようになって嬉しかったね!!


しかし、せっかくアストロズに勝って、メジャーリーグ勝率2位を確保したのに、また3位に戻ってしまったのは残念だね…。
これから7連勝くらいして、メジャーリーグ勝率2位を確固たるものにしたいよね!!


イチロー2

今日のイチローは出番がなかった。
今季の成績は、.252、3本、15打点となっている。
明日からはナショナルズ戦なので、イチローが大人しくしておきますように(笑)


滝川クリステル476

【クリ様の一言】
2試合目は勝てて良かったですね!!
明日はシャーザー投手が復帰するので、ぜひ勝ち投手になって欲しいですね!!
頑張れ、シャーザー投手!!

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_22_wasmlb_houmlb_1&mode=classic

ロアークは、2シームの最速が94.5マイル、平均が92.7マイル、空振り率は1.9%だった。
前回と同様に、2シームの空振り率は低くても変化球が素晴らしかった。
チェンジアップの空振り率が15.4%、スライダーが9.5%、カーブが32.1%だった。
またカーブの空振り率が30.0%を超えていたね。
今日は、5.2回を7三振、1四球、6安打、2本塁打、自責点2だった。

ただ、今日のロアークは5.2回で115球も投げていた。
ストライクは75球でストライク率は65.2%だった。
当てやすい2シームを散々ファウルにされたので、無駄に球数が多くなったのだ。
やっぱり、投手にとって速球は基本なので、2シームといえどもある程度の空振り率は欲しいところだね。


ジョー・ブラントン

6回二死でペレスが登板し、7回一死からブラントンが登板した。
僅差なので、ここは不安定なブラントンではなくて、アルバースの方がいいのではないかと思った。
案の定、安打を許し、四球も与えて、一死一二塁となった。

ここで前半戦のメジャーリーグ最低だったころのブルペンを思い出した。
あの頃なら確実に逆転されていたと思う。
しかし、ここからブラントンが粘り、ブレグマンを三振、アルトゥーベをセンターフライに打ち取ってピンチを脱した!!
今日のブラントンは、スライダーを7球投げ、ストライクが5球、空振りが4球と素晴らしかった!!


ブランドン・キンズラー

8回はキンズラーが登板したけど、先頭から二者連続安打を浴びてしまい、ここから送りバント、敬遠で一死満塁のピンチを迎えた。
一死なので、外野フライやボテボテの内野ゴロでも同点になってしまう。
祈るような気持だったけど、キンズラーは併殺打に仕留めてピンチを脱した!!

ナショナルズ・ファンはこういう場面で疑い深くなっているので、今日も負けるんじゃないかとヒヤヒヤしながら観ていたよ(笑)
やっぱり安定したブルペンって本当にいいよね!!


ドゥーリトル

最後はドゥーリトルが1.0回を1三振、0四球、0安打、自責点0のパーフェクトリリーフだった!!
本当に安定したブルペンはいいわ!!
普通に抑えてくれるだけでも涙が出てきそうだよ(笑)
もう7回以降に逆転される野球は見たくないよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=22&year=2017&game=gid_2017_08_22_wasmlb_houmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_08_22_wasmlb_houmlb_1%2F&prevDate=822&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-astros/2017/08/22/491980?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491980


ハウィー・ケンドリック

2点をリードされた3回表、二死一三塁からケンドリックが同点となるタイムリー三塁打を放った!!
ケンドリックは本当にいいところで打つよね!!


マット・ウィータース

3回裏にまた1点をリードされてしまったけど、4回表の二死二塁からウィータースが9号2ランを放って、ナショナルズが4‐3と勝ち越した!!
結局、これが決勝点となって、ナショナルズが勝った!!
ナショナルズはわずか6安打だったけど、効率良く点が取れたと思う。


そして、ナショナルズは75勝48敗、勝率.610となった。
アストロズは76勝49敗、勝率.608となって、ナショナルズがメジャーリーグ全体で勝率2位となった!!
こんなに故障者続出ではドジャースは抜けないと思うけど、せめてメジャーリーグ2位の勝率で世界一になりたいよね!!
ドジャースは勝ちまくっているけど、かつて116勝したカブスもマリナーズもポストシーズンで負けているからね。
本当はメジャーリーグ勝率1位で世界一になりたいけど、今年は2位でも我慢しよう。
その分、ポストシーズンで頑張って欲しいと思う。

この対戦でワールドシリーズが行われる可能性もあるので、ぜひこのシリーズは勝ち越して欲しいよね!!
頑張れ、ナショナルズ!!


イチロー2

今日のイチローは代打で出場し、3号3ランを放った!!
今季は、去年と比べて本塁打をよく打つよね!!
これで、今季の成績は、.248、3本、15打点となった。
明日もこの調子で打ちますように!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル469

【クリ様の一言】
最近のナショナルズのブルペンは本当に安定していますね!!
特にピンチでも落ち着いて投げられるところがいいですね!!
ぜひ、アストロズとのシリーズは勝ち越したいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

1
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_16_anamlb_wasmlb_1&mode=classic

今日は休みで夜中は寝ていたので、試合を観れなかった。
今日はデータだけ見てブログを書くよ。
ロアークは、2シームの最速が94.4マイル、平均が91.6マイルだった。
2シームの空振り率は2.1%だった。

しかし、今日は変化球の切れが抜群で、チェンジアップの空振り率が33.3%、カーブが39.1%だった。
いつものロアークなら、変化球はスライダーが多いんだけど、今日のスライダーはストライク率37.5%とコントロールが極めて悪く、空振り率も0.0%だった。
スライダーが悪かったとしても、それを補なうくらいチェンジアップとカーブが良かったので、全体的な調子は良かったのではないかと思う。

今日は、7.0回を3三振、2四球、4安打、2本塁打、自責点3だった。
2本の本塁打はいずれも甘く入った2シームを打たれたものだった。
これさえなければすごくいい投球だったと思うんだけどね。

ロアークは良かったり、悪かったりを繰り返しているけど、今日の調子は悪くなかったと思うので、この調子で頑張って欲しいね。
ただ、やっぱりQSしているので勝ち星を付けてあげたかったけどね。


s-サミー・ソリス

ソリースは、1.2回を2三振、0四球、0安打、自責点0だった。
今日は、最速95.6マイル、平均94.5マイルの4シームは空振り率38.5%だった。
ソリースは、8月5日以降、5.1回を6三振、1四球、1安打と好投が続いている。
97マイル出る貴重な左腕なので、ぜひこのまま立ち直って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=16&year=2017&game=gid_2017_08_16_anamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_08_16_anamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=816&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/angels-vs-nationals/2017/08/16/491896?#,game_state=final,game_tab=videos,game=491896


ジマーマン2

打線は、ジマーマンの28号2ランによる2点だけ。
結局、2‐3で負けた。
最近、打線が本当に打たない。
最近のナショナルズはメジャーリーグの平均以下の得点力しかないと思う。


DSC00038

ところで、今日はシャーザーのオーセンティック・ユニフォーム、ナショナルズのオーセンティック・キャップ、シャーザーのTシャツ、マーフィーのTシャツ、ハーパーのTシャツが届いたよ。
前、書いた通り、品物の合計額が日本円で46,743円、これに輸入代理店の手数料が10%かかって4,674円で合計51,417円、アメリカからの送料が3,940円、関税が2,700円、消費税が2,200円かかったよ。
合計で60,257円だったね。

それはそれとして、アメリカで買ったものを日本に送ってもらっているだけなのに何で日本の消費税がかかるのさ?
日本国内で買っているのではないのにおかくしくない?


DSC00033

荷物はこういう感じで送られてくるんだよ。
アメリカから私の家まで3,940円って安くない?


DSC00039

2014年にストラスバーグのユニフォームを買ったんだけど、並べて写真を撮ってみたよ。
ユニフォームはマイナーチェンジされていたよ。
まず、最初の違いは、ストラスバーグのユニフォームはボタンの縫い付けが甘く、ボタンが取れそうな気がするんだけど、シャーザーのは逆で、ボタンの縫い付けが固すぎて取れそうな感じがするんだよ。
高いんだから、もっと適度の縫い付けにして欲しいよね。

2つ目はストラスバーグのユニフォームは脇の下だけがメッシュなんだけど、シャーザーのは脇から腰までサイドの部分が全部メッシュなんだよ。
そして、名前や背番号はプリントではなくて縫い付けなんだけど、文字の色がシャーザーのユニフォームの方が色が濃いんだよ。
写真ではわかりにくいけど、目で見たらすぐにわかるよ。

3つ目はストラスバーグのユニフォームの生地は薄いクリーム色っぽい感じだけど、シャーザーのは真っ白だね。
4つ目は同じ40サイズなのにシャーザーのユニフォームの方が丈が長いんだよ。
みんなもぜひナショナルズのユニフォームを買って、ナショナルズを応援しようね!!


イチロー2

今日のイチローは代打で出場し、1打数1安打1打点だった。
今季の成績は、.247、2本、12打点となっている。
打率もあと一歩で.250だね。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル465

【クリ様の一言】
最近、打線の調子が悪いですね…。
今日も防御率5点台のノラスコ投手が相手だったんですから、もっと点を取って勝ちたかったですよね…。
野球は点を取らないと勝てないのですから、打線も頑張ってもらいたいですね。

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_10_miamlb_wasmlb_1&mode=classic

この日、夜勤から帰宅してみると0‐2でナショナルズが負けていた。
ロスが今季絶望で、ストラスバーグがDL入りという厳しい状況なので、不振のロアークに立ち直って欲しいというのがナショナルズ・ファンの切なる願いだった。
しかし、そのロアークが良くない。

ロアークは、6.0回を4三振、5四球、4安打、1本塁打、自責点2だった。
自責点こそ2ながら、5四球とコントロールが良くなかった。
107球で66球がストライクで、ストライク率は61.8%に過ぎなかった。
特に2シームのストライク率が良くなく、ストライク率はわずか57.9%に過ぎなかった。

ロアークは、今季は開幕から今一つで、もしかしたらWBCに出場した影響もあったのかもしれない。
キャンプのトレーニングが不十分なまま出場したので、年間を通したリズムが崩れているのかもね。
とはいえ、もう開幕して4か月が経過しているんだし、ナショナルズかが年俸を払っているんだから、もう「WBCの影響で…」とはいえないと思う。
ポストシーズンも近いんだし、そろそろロアーク本来の投球をしてもらわないと。


キンズラー

そして、7回からはナショナルズの勝利の方程式が始まり、まずはキンズラーが登板した。
キンズラーは、最速94.1マイル、平均92.9マイルのシンカーで、1.0回を1三振、0四球、1安打、自責点0に抑えた。


ライアン・マドソン

8回はマドソンが登板した。
マドソンは、最速99.4マイル、平均97.5マイルの4シームの空振り率が28.6%、最速97.4マイル、平均96.7マイルのシンカーの空振り率が25.0%、カーブの空振り率が25.0%といずれの球も素晴らしかった!!
今やナショナルズのブルペンでもっとも安定している投手だね!!


ドゥーリトル

9回はドゥーリトルが登板した。
ドゥーリトルは最速96.4マイル、平均95.2マイルの4シームで、1.0回を0三振、0四球、1安打、自責点0に抑えて10セーブ目を挙げた。

かつてメジャーリーグ最低だったナショナルズのブルペンも勝ちパターンの継投に関しては安定してきたよね。
ナショナルズは、もうちょっと他のリリーフも頑張ってもらって、せめてメジャーリーグ平均レベルのブルペンになって欲しいと思う。
私も長年野球を見てきて、これほどまでにブルペンが大事だと思わされた年はなかったね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=10&year=2017&game=gid_2017_08_10_miamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_08_10_miamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=810&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/marlins-vs-nationals/2017/08/10/491812?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491812


ハーパー3

このところナショナルズの打線は本当に低調で、この日もマーリンズの先発のストレイリーを打ちあぐねた。
ストレイリーもそこまでいい投手とも思えないのにね。
6回にようやく一死三塁からグッドウィンがタイムリーを放ち、1‐2となった。
ディフォがセンターフライに倒れ、続くハーパーが二塁打で2‐2の同点となった!!


ブライアン・グッドウィン

勝利の方程式が健在である9回までに得点しないとナショナルズの勝ち目は薄くなってしまう。
7回に無死一塁のチャンスを活かせずに焦っていたら、8回にグッドウィンが13号ソロを放った!!
この一打は本当に大きかったよね!!
今季は故障者続出だったけど、グッドウィン、テイラー、ディフォと若手野手が次々と育ってきたのが大きいよね!!
若手投手もこれくらい出て来てくれれば良かったんだけどね。

結局、この1点を守り切って、ナショナルズが3‐2で勝った!!
明日は打線が打ちまくって勝ちますように!!


イチロー2

前日、イチローが打ちまくっていたので、かすかにこの日もスタメンじゃないかと期待していたけど、それはなかった(笑)
それどころか、この日は代打で出番もなかった。
やっぱり、あの外野ではなかなかスタメンでは出られないよね。


滝川クリステル459

【クリ様の一言】
今日は、ブルペンの踏ん張りによってナショナルズが勝ちましたね!!
このブルペンが最初からあればと思ってしまいますよね(笑)
私は、野球で大事なのは先発投手で次に打線だと思っていましたけど、ブルペンも本当に大事ですよね!!

このページのトップヘ