Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、フィル・ヒューズ、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、吉沢明歩ちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

カテゴリ:MLB > マックス・シャーザー

5
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_27_chnmlb_wasmlb_1&mode=classic

まあ、勝ってホッとしたというのが正直な感想だね。
去年、カブスにスイープされたのは本当にトラウマになっていたからね。
シャーザーも抜群の調子という訳でもなさそうだったけど、勝つことが大事だったからね。
連続二桁奪三振は途切れたけど、エースの働きは充分してくれたと思うよ。

そのシャーザーは、4シームの最速が96.2マイル、平均が94.1マイルと球速がなかった。
4シームの空振り率は9.3%だったけど、スライダーは34.4%と非常に高かった。
とはいえ、このスライダーの空振り率の高さが奪三振には結びつかなかった。
しかし、結果的には6.0回を6三振、0四球、2安打、自責点0で9勝目を挙げた!!
2回以降は二塁打1本しか許さなかった。

前回、シャーザーが好投しながら負けたショックは大きかった…。
シャーザーが勝っていれば、9勝目を挙げてカーショウの10勝に肉薄し、防御率では差を付けて、カーショウに相当なプレッシャーを与えていたはずだった。

しかし、逆に負けてしまったことでカーショウを楽にしてしまい、カーショウに6.0回を8三振、1四球、4安打、自責点0の好投を許してしまった。
本当にメジャーリーグ最高の投手であるカーショウ相手に取りこぼしは許されないんだと思ったよ。

やっぱり、あのカーショウ相手に勝つのは本当に大変だね。

今日は、シャーザーが7回まで投げるとそこで本塁打を打たれそうな気がしていたけど、6.0回93球でベイカー監督が投手交代を命じた。
これは私も驚いたね。

でも、ポストシーズンに疲れを残さないためにも、いつもいつも120球近くまで投げさせない方がいいと思うよ。
ここで酷使して、ポストシーズンで疲労が極限に達し、打たれてしまうのは本末転倒だからね。
今日は、シャーザーは万全の調子ではなさそうだったけど、悪いなりにいい投球をしてくれて本当に嬉しかったよ!!
防御率も2.06となって、ナショナル・リーグ1位をキープしたよ!!
ありがとう、シャーザー!!


エニー・ロメロ

7回はロメロが登板した。
1.0回を0三振、1四球、0安打、自責点0だった。
防御率も3.19と2点台目前になった来たね!!

不安定なナショナルズのブルペンだけど、アルバースの他にペレスとロメロだけは良くなってきたね。
ロメロはこのまま防御率2点台になって、自信を付けて欲しいよね!!


マット・アルバース

トライネンはまだ油断できないけど、ペレスとアルバースは安定の投球だったね!!
やっと最悪の時期を脱して、安定してきたかなという感じだね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=27&year=2017&game=gid_2017_06_27_chnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_06_27_chnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=627&league=mlb

【今日の動画】
https://www.mlb.com/gameday/cubs-vs-nationals/2017/06/27/491252?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491252


トレイ・ターナー

初回表に1点をリードされたけど、その裏にターナーが安打で出塁すると、すかさず二盗、三盗を決めた!!
やっぱり、ターナーの足はすごいよね!!
足の速さだけならハミルトンの方が上かもしれないけど、盗塁のセンスにかけてはターナーの方が一枚上手だよね!!
これだけ三盗を簡単に決められるのが素晴らしいよね!!
ターナーの盗塁のおかげで、グッドウィンの単打で同点に追い付いた!!

3回もターナーは四球で出塁し、二盗、三盗を決めた。
ジマーマンが四球で二死一三塁となり、マーフィーがエラーでセーフとなって、ターナーがホームインして2‐1と1点を勝ち越した。
ナショナルズの2点はいずれもターナーの盗塁のおかげだった。


レンドン2

4回はレンドンが安打で出塁し、すかさず二盗を決めた!!
まさかレンドンまで走らすとは夢にも思わなかったよ(笑)

ウィータースが倒れて、テイラーが安打を放ち、一死一三塁となった。
ここでもテイラーを走らせて、一死二三塁となった。
打席にはシャーザーが立っていたけど、今季のシャーザーは打率は低いけど、ここぞという場面で良く打っている。
私も打ちそうな気がしていたけど、案の定打った!!

この後、さらにテイラーが三盗をしたけど、送球エラーでテイラーがホームインして4‐1となった!!
5回もテイラーのタイムリーで6‐1となってナショナルズが勝った!!


今日は7盗塁とカブスの弱点を突いて勝ったことに満足したよ!!
去年、マドンはナショナルズをバカにしたような勝ち方をしていたので、ちょっとはリベンジできたかな。
しかし、去年やられた分はやり返さないといけないので、明日も明後日もナショナルズが圧勝して欲しいと思う。


スティーブン・ストラスバーグ4

こういう展開で空気を読まずに6失点KOされるのがストラスバーグ・クオリティーだけど、明日は絶対に7.0回を12三振、自責点1くらいで勝ちますように!!
頼むぞ、ストラスバーグ!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場で1打数1安打1打点だった。
今季の成績は、.208、2本、8打点となっている。
久々の安打は本当に嬉しかったね!!
頑張れ、イチロー!!


今日は2位のブレーブスは試合中で、暫定のゲーム差は9.0だ。
3位のマーリンズは勝ったので、ゲーム差は10.0のままだ。

メジャーリーグ最高勝率のアストロズは負けて、ナショナルズと5.5ゲーム差だ。
ナショナル・リーグ勝率1位のドジャースも勝って、ナショナルズと5.0ゲーム差となっている。


滝川クリステル415

【クリ様の一言】
今日は、本当に嬉しい勝利でしたね!!
カブスを翻弄する盗塁攻撃は最高でしたね!!
明日もストラスバーグ投手がいい投球をして勝ちますように!!

1
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_21_wasmlb_miamlb_1&mode=classic

リンドがエラーしたとか、ロバトンがワイルドピッチを取れなかったとか、そういうことじゃないんだよ。
本当に悪いのはどこか考えて欲しい。
私は、今日のスタメンを見たときに顔面蒼白になったんだよ。

テイラーは故障しているので仕方がないにしても、マーフィー、ジマーマン、ウィータースと3人も主力を休ませる必要があるのか?
明日は試合がないんだよ。
その後に17連戦があるとはいえ、明日が休みなのに3人もまとめて休ませるのはおかしくないか?
マーリンズを舐め過ぎじゃないかと私は思ったんだよ。

ただでさえ打線が爆発した翌日は打てなくなるのが普通だし、それでなくても今季のシャーザーはランサポートが4.00と低く、14試合中6試合が3点以下だったのだ。
これだけ主力を抜いてしまうと打線が点を取れずに勝ち星が付かないんじゃないかと心配したんだよ。

去年、シャーザーは素晴らしい成績を挙げてサイ・ヤング賞に輝いた。
しかし、多くのメジャーリーグ・ファンがドジャースのカーショウが故障したからシャーザーがサイ・ヤング賞を獲得できたのだと思っている。
それだけではなくて、2ちゃんねるのナショナルズのスレですらシャーザーは「棚ぼたサイヤング」とか書いている人がいたからね。
自チームのエースが頑張ってサイ・ヤング賞を獲得したのに「棚ぼたサイヤング」は失礼だろ!!


これは話が長くなるけど、語っておく必要があると思うので、語っておくよ。
いくらすごい投球をしていても、故障なく1年間投げた投手がいちばん偉いんだよね。
10勝、防御率1.50でシーズンの半分しか投げなかった投手よりも20勝、防御率2.80の投手の方が貯金をたくさん作っているんだからチームとしてはありがたいに決まっているじゃないか。

以前、ペドロ・マルティネスとランディ・ジョンソンのどちらが優れた投手なのかという話をしたことがあるんだよ。
ペドロはシーズン防御率1点台を2回しているけど、ジョンソンは防御率1点台がないとか、シーズン防御率の突出度がペドロの方が優れているとか、通算防御率もペドロの方が優れているとかいう理由で、ペドロを推している人がいた。

しかし、考えて欲しい。
ペドロは何回DLに入って、何回先発回避したのかと。
調子が悪くなってきたり、苦手のヤンキース戦になったら、「あそこが痛い、ここが痛い」といい出して、登板回避することが多かったからね。
ジョンソンが15回もシーズン200イニングを投げているのにペドロは半分以下の7回だからね。
その積み重ねがジョンソンの通算303勝とペドロの219勝という差になって表れているんじゃないかと思うよ。
都合がいい1シーズンの成績だけ切り取って、ペドロの方が優れていたというのは間違いだと思うよ。

これと同じで、故障して1シーズン投げれなかった時点でカーショウの負けなんだよ。
内容が良かったら「12勝>20勝」になるのかい?
それはないと思うよ。


でも、私としてもカーショウが故障してなかったらシャーザーはサイ・ヤング賞を獲得できなかったといわれるのは本当に悔しい。
シャーザー本人はもっと悔しいだろう。
だから、今年は内容でもカーショウに勝ち、シャーザーがメジャーリーグ最高の投手だと示す必要があるんだよ。

そのシャーザーがこんなに頑張っているんじゃないか!!
内容ではあの圧倒的なカーショウを上回っているのに、何でカーショウが10勝2敗で、シャーザーが8勝5敗なんだよ!!
チームでエースを支えて行こうという考えはないのか?
今季、シャーザーがカーショウを圧倒して、サイ・ヤング賞が確定になるような成績を挙げることができれば、ポストシーズンで直接対決しても自信になるじゃないか。
そんなこともベイカー監督はわからないのか!!

ベイカー監督としては、「シャーザーは好投するからここで主力を休ませて、失点が多いロスのときにフルメンバーで打ち勝てばどっちも勝ててラッキー」くらいの安直な考えだったんだと思うよ。
しかし、カーショウはここまでQSして勝ち星が付かなかったのは1回だけだけど、シャーザーは今日で5回目なんだよ。
エースに勝ち星がプレゼントできるように最善を尽くそうという考えないのかね?

野球は勝率6割なら大体優勝できるんだよ。
今のナショナル・リーグ東地区なら勝率6割あれば確実だよ。
勝てる試合に確実に勝って行けば、今のナショナルズなら勝率6割は取れるはずだ。
それをわざわざシャーザーの試合で主力野手をたくさん休ませて、他の試合で使って全部勝とうとするから失敗するんだよ。
「二兎を追うものは一兎も得ず」になってしまうんだよね。

主力野手を休ませるなら、ロスの先発ときにすればいいんだよ。
ナショナルズの1試合平均得点は5.53だけど、ロスの防御率は5.98だから、普通にやっていれば負けるんだよ。
それを欲をかいて、シャーザーは抑えるから主力野手をたくさん休ませた上で勝って、ロスのときに主力野手を勢ぞろいさせて勝ってやろうとか思うから失敗するんだろ!!

私はミリタリーが好きなんだけど、戦争の基本は戦力の集中なんだよね。
分散配置をすると大抵の場合は負けるんだよ。


不幸な内野安打が出てノーヒッターができなかったことが不幸なんじゃないだろ?
シャーザーはノーヒッターは2回しているんだから、今さらノーヒッターを逃してもそんなに悔しくないって。
それよりも今季、カーショウを倒して「棚ぼた」じゃないサイ・ヤング賞を獲得して、名実共にメジャーリーグ最高の投手と認められる方がはるかに嬉しいに違いないよ。

シャーザーは、ノーヒッターを逃したときに、このままだと勝ち星も逃してしまうかもしれないと思って焦ったんだろうね。
あのメジャーリーグ最高のカーショウが相手なんだから、ここで1勝を逃したことが致命傷になる可能性があるからね。
ノーヒッターを逃しても、リンドがエラーしても、ロバトンがワイルドピッチを抑えられなくても、この時点で3点差あれば勝ち投手になれると思って、ゆとりを持って投げられたはずなのだ。
それをベイカーが主力野手を出し惜しみして、1点しか取れなかったから、この試合も負けて、シャーザーもサイ・ヤング賞争いから後退したんじゃないか!!


リンドやロバトンのせいで負けたのではなくて、ベイカー監督の采配ミスだよ!!
フザけんな、マジで!!
本当にベイカー監督の采配ミスには腸が煮えくり返る思いだよね。
こんなんだから、ベイカー監督はポストシーズンでも勝てないんだよ!!

カーショウに勝つって本当に難しいんだよ!!
監督なら、そのために全力でサポートしてやれよ!!
主力3人も休ませる場合か、バーカ!!


もう、機嫌が悪いから寝るよ。
おやすみなさい!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=21&year=2017&game=gid_2017_06_21_wasmlb_miamlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_06_21_wasmlb_miamlb_1%2F&prevDate=621&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491185


滝川クリステル410

【クリ様の一言】
ベイカー、マジでフザけんな!!

5
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_16_wasmlb_nynmlb_1&mode=classic

メッツとの首位攻防戦に勝ち越すためには、今日は絶対に勝たなければならない試合だった。
しかし、そんなプレッシャーを力に変えるのが我らがエース、マックス・シャーザーだ!!
今日も圧倒的な投球を見せ、8.0回を10三振、2四球、4安打、1本塁打、自責点1の素晴らしい投球だった。
これでシャーザーは5試合連続2ケタ奪三振で、今季は14試合で8回目の2ケタ奪三振になる。

今季、33試合に投げるとしたら、19勝、316三振、防御率2.25のペースだ。
この調子を維持すれば、悲願の20勝、300三振、防御率1点台に手が届く。
今年は、ぜひカーショウを倒してサイ・ヤング賞を獲得してもらいたいよね!!

今日のシャーザーは、4シームが素晴らしかった!!
今季のシャーザーの4シームは、平均94.64マイル、横-6.47インチ、縦8.26インチの変化だ。
しかし、今日は最速98.2マイル、平均96.1マイルと非常に球速があり、横-7.43インチ、縦10.02インチと変化も大きかった。
特に縦の変化が大きく、鋭いバックスピンがかかった4シームは正にホップしてくるような印象を受けただろう。
4シームの空振り率は15.6%と驚異的だった!!

スライダーも空振り率19.4%と高く、4シームで高めを攻め、同じ軌道からスライダーを落とすという投球が見事にハマっていた。
チェンジアップの空振り率も13.3%とまずまずだ。
いつもなら見せ球として使うため、空振り率も高くないカーブも9.1%の空振り率だった。
ただ、レイエスに本塁打されたのはカーブだったので、これは悔やまれるよね。
この本塁打さえなければ、防御率2.19となって、カーショウを抜いてナショナル・リーグの1位になっていたからね。

シャーザーは、118球投げて84球がストライクで、ストライク率は71.2%だった。
無駄なボール球を使わないため、5試合連続2ケタ奪三振の間も8.2回、9回、7回、7.1回、8回と長いイニングを投げている。
シャーザーは三振が多いので、球数が多くなりがちなのが欠点といわれていたけど、その欠点も完全に克服しているよね!!

シャーザーは、普段は93~94マイルの4シームで打者を打ち取って、体力を温存し、ピンチのときだけ96~97マイルの4シームを使うので、長いイニングを投げることができるのだ。
ストラスバーグもシャーザーという素晴らしい教材から学び、シャーザーと同じような成績を残せるように頑張って欲しいよね!!


ショーン・ケリー

それにしてもケリーはまた本塁打を打たれていたね。
シャーザーも99.2回で12本と被本塁打が多いんだけど、ケリーは18.0回で9本なので、シャーザーと同じイニングを投げたら50本も本塁打を打たれるんだよ。
あり得ないだろ!!
私も長年野球を見ているけど、こんなに本塁打を打たれる投手は初めて見たよ…。



【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=16&year=2017&game=gid_2017_06_16_wasmlb_nynmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_06_16_wasmlb_nynmlb_1%2F&prevDate=616&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491114


マット・ウィータース

打線は、3回にウィータースの6号ソロとテイラーの8号ソロで2点を先制した。


レンドン2

6回は一死二塁からレンドンの12号2ランが出て4‐0となった。


ハーパー3

1点を返されて4‐1となったけど、9回にはハーパーとジマーマンのタイムリー、レンドンの押し出しで3点を追加し、最後は7‐2でナショナルズが勝った。
これでナショナルズはメッツとの直接対決で6勝2敗と大きく勝ち越している。


しかし、問題は明日だよね。
あさってはさすがに厳しいと思っているので、3勝1敗になるか2勝2敗で終わるかは明日次第なのだ。
ストラスバーグも前回は散々だったので、明日は8.0回を12三振、自責点0くらいの投球をして欲しいよね!!
頑張れ、ストラスバーグ!!


イチロー2

今日のイチローは、出番がなかった。
今季の成績は.217、2本、6打点となっている。
2日連続の休みになったので、休養も充分だろう。
明日からまたイチローが連続安打を続けますように!!
頑張れ、イチロー!!


メッツはナショナルズに連敗して、3位に転落した。
ナショナルズとメッツのゲーム差は10.5まで広がった。
今日はマーリンズが勝って2位に浮上し、ナショナルズとの差は10.0となっている。
ナショナルズには100勝してもらって、メジャーリーグ最高勝率で優勝してもらいたいので、ぜひこの調子で勝ちまくりますように!!


滝川クリステル405

【クリ様の一言】
今日はエースのシャーザー投手が素晴らしい投球を見せてくれましたね!!
今季は、ぜひカーショウ投手を倒して、「メジャーリーグ最高の右腕」から「メジャーリーグ最高の投手」になって欲しいですね!!
頑張れ、シャーザー投手!!

1
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_11_texmlb_wasmlb_1&mode=classic

ストラスバーグがカーショウに負けて以降、ナショナルズはすっかりツキも落ちてしまったようだ。
ここ最近は野球を見るのがつらい。
エースのシャーザーが投げているので、せめて今日くらいは勝って欲しかったのに今日も勝てなかった。
しかも、打線が点を取らず、レンドンのエラーが負けの原因だった。
シャーザーは素晴らしい投球をしているだけに本当に悔しかった。

今日もシャーザーは絶好調だった!!
4シームの98.5マイル、平均は95.2マイル、空振り率は12.1%とかなり良かった。
スライダーも空振り率21.1%と良かった。
7.1回を10三振、1四球、3安打、1本塁打、自責点2。
打線が点を取ってくれていれば、8勝目を挙げて、8.0回を11三振、自責点1くらいで終わっていただろうから、サイ・ヤング賞レースでも一歩リードできたのにね。
心の底から悔しいよね…。


オリバー・ペレス

ペレスは左投手なのに簡単に盗塁を許し、四球を与えてあえなく降板した。


トライネン2

トライネンに交代するもウィータースがパスボールで一死二三塁となった。
トライネンもせめて犠牲フライの1点くらいで抑えておいてくれれば良かったのに、三塁打を打たれて、さらに犠牲フライまで打たれた。
もう、マトモなリリーフはアルバースしかいない…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=11&year=2017&game=gid_2017_06_11_texmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_06_11_texmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=611&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491049


ブライアン・グッドウィン

今日はグッドウィンの2号ソロによる1点だけ。
3安打で野球が勝てるはずもない。
メジャーリーグ最強打線も最近は湿りっ放しだ…。
今日のレンジャースの先発は特にいい投手でもなかったので、悪くても3点は取って欲しかったよね…。


イチロー2

今日のイチローは、スタメンで出場で3打数1安打だ。
今日は今季2本目の本塁打を放った!!
今季の成績は、.198、2本、6打点となっている。
しかし、今日のマーリンズは憎きノバに負けてしまい、ノバに6勝目を献上し、ノバの防御率も2.83とせっかく3点台になった防御率も2点台になってしまった…。


ストラスバーグがカーショウに負けて以来、ナショナルズも失速してしまったね…。
土曜日以降は、メジャーリーグを見るのが本当につらい…。
もう、これ以上書きたくないので、今日はこれで終わりにするよ。
おやすみなさい。


滝川クリステル400

【クリ様の一言】
今日も負けて、レンジャース相手にまさかのスイープをされてしまいましたね…。
明日こそスカッと勝って欲しいですね…。

マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_06_wasmlb_lanmlb_1&mode=classic

今日は、早く寝るどころか最後まで試合を観てしまった(笑)
夢中になって観てしまったので、ブログも書けなかったよ。
まあ、シャーザーにあんな投球を見せられてしまってはそれも仕方がないだろう。

正に付け入る隙もない圧倒的な投球だった!!
4シームの最速は96.8マイル、平均が94.7マイルといつものシャーザーよりも球速は遅かったけど、空振り率は13.0%と非常に高かった。
そして、魔球ともいえるスライダーが切れまくり、空振り率は圧巻の33.3%を誇った。
この日はチェンジアップも素晴らしく、空振り率は15.0%だった。

しかも、実にいいコースに決まっていた。
今日は味方のエラーもあったけど、それを帳消しにしてくれる正にエースの投球だった!!
ポストシーズンでナショナル・リーグ制覇を賭けて争うであろうドジャース相手だっただけにこの投球は大きかったと思う。


ナショナルズ017

そして、シャーザーは7勝3敗、防御率2.35、114三振となった。
今日、ロッキーズのセンザテリアが勝って8勝2敗となったため、ハーラートップではなく、2位タイだ。
防御率はカーショウの2.28に次いで2位で、奪三振はブッチギリの1位だ。

シャーザーは、ぜひ20勝、300三振、防御率1点台を狙って欲しいよね!!
私は長年野球を見ているので、シーズン20勝もシーズン300三振もシーズン防御率1点台も見たことがあるけど、シーズン20勝、300三振、防御率1点台を同時達成する投手を見たことがないのだ。
ロジャー・クレメンスも、ランディ・ジョンソンも、ペドロ・マルティネスも、そしてクレイトン・カーショウも達したことがない高みに連れて行って欲しい!!

やっぱり、シャーザーは最高の投手だね!!
去年は、カーショウが故障したからサイ・ヤング賞を獲得できただけと思っている人が多いだろうから、ぜひ今年はそのカーショウを倒してサイ・ヤング賞を獲得して欲しいよね!!


クレイトン・カーショウ

明日は、カーショウとストラスバーグとのマッチアップだ。
カーショウを倒してドジャースをスイープすればナショナルズにとってもストラスバーグにとっても大きな自信になるだろう。
そして、明日はカーショウから1点でも多くとって、シャーザーを防御率1位にして欲しいよね。
ストラスバーグにとっては乗り越えなければいけない大きな壁なので、ぜひ頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=6&year=2017&game=gid_2017_06_06_wasmlb_lanmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_06_06_wasmlb_lanmlb_1%2F&prevDate=66&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490978


トレイ・ターナー

打線は、初回ターナーが安打で出塁し、二盗と三盗を決めて無死一塁となった。
グッドウィンが倒れたけど、ハーパーが犠牲フライを放って1点を先制した!!


ダニエル・マーフィー

1回裏にエラー絡みで同点となったけど、4回一死三塁からマーフィーの犠牲フライで2-1と勝ち越した。



イチロー2

今日のイチローは、代打で出場で1打数0安打だ。
今季の成績は、.181、1本、4打点となっている。
マーリンズはチーム解体の噂で意気消沈しているのか2-10の大敗だった。


イバン・ノバ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_06_pitmlb_balmlb_1&mode=classic

パイレーツは4-1でリードしていたけど、7回裏にノバが2者連続本塁打を打たれた。
ノバは6.0回を4三振、1四球、5安打、3本塁打、自責点3で勝利投手の権利を持って降板した。
パイレーツは9回にも1点を追加したけど、オリオールズが土壇場の9回に2点を取って同点に追い付いた。
オリオールズは、延長戦の末、6-5で勝った。
ノバはKOされて敗戦投手にならないのは残念だっだけど、6勝目が消えて、防御率も3.04と3点台になったのは嬉しかったね。


田中将大

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_06_bosmlb_nyamlb_1&mode=classic

田中は今日も5.0回を2三振、1四球、5安打、3本塁打、自責点5で負け投手になった。
やっぱり本塁打を打たれ過ぎだよね。
ヤンキースも本当に高い買い物をしてしまったと思う。
これでオフは田中もFA権を行使しないだろう。
ヤンキースは今季でやっとサバシアの契約が終わるのに、また新しい不良債権を抱え込む可能性が出てきたんだね。


s-ジェイコブ・デグロム

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_06_nynmlb_texmlb_1&mode=classic

今日は、デグロムが4.0回を2三振、1四球、10安打、2本塁打、自責点8で炎上していた。
これでデグロムの防御率も4.75になってしまった。
メッツって期待されているときほどいい成績を残せないよね。

そしてメッツの若手はドワイト・グッデンやダリル・ストロベリーに代表されるようにデビュー当時の期待の大きさには程遠い成績しか残せない選手も多い。
シンダーガードやハービー、そしてデグロムもその道を歩むのだろうか?
ここまで悪くなるとメッツも終戦モードになっているだるからね。
もうシンダーガードが戻って来てもポストシーズンは難しいかもしれないね。


ナショナルズ016

ナショナルズは2位のブレーブスとメッツに12.5ゲーム差を付けて独走態勢に入った。
ナショナルズの勝率.649はナショナル・リーグ首位だ。
今日、さらに連勝が続くと思われたアストロズが逆転負けして連勝もストップした。
ぜひ、アストロズを抜いて、メジャーリーグ1位で世界一になりたいよね!!


滝川クリステル395

【クリ様の一言】
今日はエースのシャーザー投手の投球に尽きますね!!
メジャーリーグ最高の右腕からカーショウ投手を倒してメジャーリーグ最高の投手となる日も近いですね!!
さあ、明日はカーショウ投手に勝ち、ドジャースをスイープしましょう!!
頑張れ、ナショナルズ!!

5
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_31_wasmlb_sfnmlb_1&mode=classic

夜勤の私はもう寝る時間だ。
例によって、西地区の試合は今日も尻切れトンボで終わるよ。

現在、シャーザーは6.0回を7三振、0四球、4安打、自責点だ。
まだ74球しか投げていないので、順当に行けば8回まで、もしかしたら完投もあるかもしれない。
私は余力を持たせて8回で降板させた方がいいと思うけどね。
8回まで自責点1で投げ切れば防御率2.59、完投すれば2.56になる。


ナショナルズ010

サイ・ヤング賞を争っているカーショウが7勝2敗、防御率2.37なので、シャーザーが6勝3敗、防御率2.59になるとかなり近づくことができるね。
ストラスバーグも防御率が6位で、6勝1敗、防御率2.94なのはいいけど、ノバが4位の防御率2.92なのが気に入らないよね。
ノバは早く3点台になって欲しいなぁ。
絶対にノバは出来過ぎだろ!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=31&year=2017&game=gid_2017_05_31_wasmlb_sfnmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_05_31_wasmlb_sfnmlb_1%2F&prevDate=531&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490903


ジマーマン2

打線は、初回、一死一三塁からジマーマンが15号3ランを放った!!
初回を見ていたら、ケインは調子も良くなさそうなので、大量得点ができるかと思っていたら、その後は5回まで1点も取れなかった。


イチロー2

今日のマーリンズはフィリーズ戦で、イチローはスタメンで出場して3打数1安打だ。
今季の成績は、.176、1本、4打点となっている。
1安打出て本当に良かったね!!


s-ジェイコブ・デグロム

今日はメッツのデグロムが大乱調で、4.0回を6三振、5四球、8安打、2本塁打、自責点7だった。
今季の成績も4勝2敗、防御率3.97とデグロムにしては良くない。
そして、メッツも1-7で負けているので、ナショナルズがこのまま勝てば9.5ゲーム差となる。

メッツはシンダーガードが故障しただけではなくて、そのシンダーガードも1勝2敗、防御率3.29、ハービーも4勝3敗、防御率4.95、ウィーラーも3勝2敗、防御率3.83と全体的に調子が悪い。
ここまで悪いとなると、チーム全体で何らかのトラブルがあるんじゃないかと勘繰ってしまうよね。


田中

そして、田中は今日も炎上して、5.2回を4三振、2四球、9安打、1本塁打、自責点7だった。
これで今季は5勝5敗、防御率6.34、61.0回、56三振、17四球、76安打、14本塁打だ。
安打を打たれ過ぎなのはもちろん、本塁打が極端に多い。

このブログでも田中の勝率は素晴らしいので、田中を獲得して良かったとコメントしている人がいた。
しかし、防御率が特別にいい訳でもないので、たまたま田中が投げていたときに打線の援護がたくさんあったから勝ち星に恵まれただけだと思う。
しかも、勝率は良くても規定投球回に届いたのが1回しかないので、シーズン14勝が最高だしね。

まあ、一言でいえば、これまでスプリッターの多投でメジャーリーグの打者を打ち取ってきたけど、肘を痛めたからスプリッターをあまり使えなくなったら通用する球がなくなったということじゃないの?
だから、あんな契約は結ばない方が良かったと私もブログに書いていたのにね。
その私でもまさかここまで悪くなるとは思わなかったけどね。

だから、メジャーリーグで投げたことがない投手とあんな契約は結ばない方がいいと思うよ。
いくらすごい球を投げていても大谷だって同じことだよ。
それに日本の投手は、高校野球で酷使されているので、松坂、ダルビッシュ、田中と同じで肘に時限爆弾を抱えていることも覚えていた方がいいよ。


滝川クリステル390

【クリ様の一言】
いいところで気になりますが、これ以上中継を観ていると夜勤のときに眠たくなりますからね。
このままナショナルズが勝ちますように!!

5
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_26_sdnmlb_wasmlb_1&mode=classic

ナショナルズは、ストラスバーグの好投以降、実にいい流れになっていたけど、またしてもブルペンが崩壊し、連勝もストップしてしまった。
そんなときに頼りになるのがエースのシャーザーだ!!

私は、最近、オリックスの試合をチェックしている。
毎日、ナショナルズの試合ばかり観ていると、これが当たり前に感じてしまうけど、オリックスと比べるとどれだけナショナルズが素晴らしいチームなのかが良くわかるよね。
シャーザーみたいに20勝できる絶対的なエース、2番手以降もストラスバーグ、ロアーク、ゴンザレスと15勝できる投手をそろえ、5番手のロスも10勝できそうだ。
クリーンアップは、全員が.330、20本、130打点狙えそうだし、それ以外の選手も.270、15本はクリアできそうだ。

こんなぜいたくなチームが他にあるだろうか?
私はオリックスを見ることで、このチームのありがたさを再認識しているよ!!


メジャーリーグ最高の右腕と呼ばれるシャーザーは、初回からパドレスの打者を圧倒した!!
4シームは、最速97.5マイル、平均94.5マイルといつもよりも球速が遅かったけど、空振り率は12.5%と高かった。
これも空振り率38.7%という極めて高いスライダーのとの組み合わせが抜群だったからだ。
4シームで高めを攻めて、スライダーで低めを攻める高低の揺さぶりが効いたのだ。

さらに今日はチェンジアップも空振り率37.5%と最高だった。
いつも見せ球に使っているカーブは7.7%だったけど、スライダーとチェンジアップが切れ味抜群だったので、4シームも活きていたのだ。
こういうコンビネーションがピッチングなのだと思う。
トライネンもいい球は投げているけど、こういう攻め方ができない分、シャーザーに及ばないのだ。
トライネンに限らず、ナショナルズの投手はぜひシャーザーに学んでもらいたいよね

今日のシャーザーは、制球も素晴らしく108球中81球がストライクで、ストライク率は実に75.0%だった!!
108球で8.2回も投げることができたのも積極的にストライクを投げたからだと思う。


コーダ・グラバー

9回はベイカー監督お得意の引っ張り過ぎだった。
試合終盤は、先発投手も疲れているので、早めの交代が望ましい。
シャーザーは球数も少なかったので、9回も続投したのはいいとしても、1人走者を出した時点で、悪くとも2人目の走者を出した時点で交代させるべきだった。
いつもベイカー監督は継投がワンテンポ遅い。

満塁とされてグラバーが登板したけど、グラバーは本当に落ち着いていて頼もしかった。
カウント1‐1から95マイルのスライダーと96マイルのスライダーで連続空振りを奪って、三振に仕留め、試合終了となった。
先日のストラスバーグみたいにめちゃくちゃ良くても最後に継投して失点し、防御率が悪化するというパターンに陥らなくて良かったと思う。
これというのもグラバーのおかげだ。

個人的にはこのままナショナルズのクローザーになって欲しいと思う。
せっかく頑張っているんだし、ナショナルズのマイナーもスカスカで、これ以上若手を放出するとお先真っ暗になってしまうからね。
それに、私もグラバーの96マイルのスライダーはチャップマンの速球に引けを取らないと思っているからね。
ぜひ、グラバーがこれから30セーブを達成しますように!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=26&year=2017&game=gid_2017_05_26_sdnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_05_26_sdnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=526&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490824


トレイ・ターナー

打線は、初回、ターナーの5号ソロで1点を先制した。
ターナーも2年目のジンクスで苦しんでいるけど、私は今からでも充分3割は狙えると思っているからね。
今は我慢のしどころだと思うけど、この本塁打をキッカケにブレイクして欲しいよね!!


テイラー

4回表にシャーザーが本塁打を打たれて1-1の同点になったけど、その裏の無死一塁からテイラーが3号ソロを放ってナショナルズが勝ち越した!!
イートンが故障したときは、イートンは23試合に出場していて、.297、2本、13打点、3盗塁だった。
そのとき、テイラーは.095、0本、1打点、0盗塁だった。
誰がその後のテイラーの活躍を予想しただろうか?

才能はありながらもなかなか結果が残せず、本人もきっと苦しい思いをしてきたに違いない。
しかし、今となっては、このメジャーリーグ最強打線の中にあって立派なレギュラーとして定着してきたのだ。
本当に強いチームって、故障者が出てもこうやって控えの選手がそのチャンスを活かして素晴らしい成績を残せるんだよね。
今はまだイートンの打撃に及ばないけど、センターの守備はイートンを上回っているし、若さもあるので、将来は.280、30本、100打点、30盗塁できるような選手になって欲しいよね!!


ハーパー3

ブルペンの弱さを考えたら、追加点が欲しいところだったけど、7回一死一塁からハーパーが15号2ランを放った!!
やっぱり、いい打者ってこういう場面で打てる打者なんだよね。
金曜日のオリックスの試合で、T-岡田が2度も決定的なチャンスに打てずにオリックスはサヨナラ負けしていた。
その姿を見るたびに、ここはハーパーなら絶対に打っていただろうと思っていた。

カージナルズ時代のアルバート・プホルスもそうだったけど、一流の打者ってこういう場面で打てる打者だと思う。
いくらいい成績を残していても、こういう場面で打てない打者は三流なんだよ。
こんなエースとこんな主砲がいるナショナルズは最高のチームじゃないか!!
本当にこのチームにはエクスタシーを感じるよね!!
私は、ナショナルズはヤンキースの三連覇を破る力があると思うよ!!


イチロー2

今日のイチローは代打で出場して、1打数0安打だった。
今季の成績は、.150、1本、3打点だ。


今日はブレーブスもメッツも勝ったので、2位ブレーブスとの差は7.5、3位メッツとの差は8.5となった。
考えてみれば、前回のストラスバーグの先発からいい流れになってきた。
ぜひ、明日もストラスバーグで勝って、このまま独走態勢に入り、シーズン100勝して世界一になりますように!!


滝川クリステル384

【クリ様の一言】
今日はエースのシャーザー投手が好投して、主砲のハーパー選手が本塁打を放つ最高の試合でしたね!!
早くメジャーリーグ最高勝率を奪還したいですね!!
そのためにも明日からもずっと勝ち続けて欲しいと思います。
頑張れ、ナショナルズ!!

1
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_20_wasmlb_atlmlb_1&mode=classic

ナショナルズ投手陣で、唯一好投を続けていたシャーザーまでもが打たれてしまうとはね…。
この敗戦のショックは大きいよね…。

シャーザーは4シームの最速が96.2マイル、平均が94.0マイルといつもに比べて球速がなく、空振り率も4.9%に過ぎなかった。
2本の本塁打はいずれもその4シームを打たれたものだった。
伝家の宝刀のスライダーこそ空振り率が27.3%あったけど、投球の中心である4シームがこれではね。
しかも、その4シームはストライク率が60.7%だった。
コントロールも悪かったので、5.0回で球数も106球に達し、ストライクは62球、ストライク率は全体でも58.5%に過ぎなかった。

まあ、シャーザーだって人の子なので、こういうときもあるだろうけど、ナショナルズの他の投手がそろって絶不調だからね。
最後の頼みの綱が切れてしまったダメージは計り知れないね。


ここまで25勝17敗、勝率.595というのは悪い数字ではないけど、4月の絶好調のイメージがあるからその落差で実態以上にひどく感じるんだと思う。
4月に運が良かった反動が5月に出ているのかもしれない。
しかし、それならそろそろ打たれて過ぎているブルペンも調子が上がって来てもいいはずなのにね。


トライネン2

トライネンは今日も打たれた。
走者なしから1.0回を抑えるのはそんなに難しい話ではないのにね。
理論上では、防御率4.50の投手でも2試合に1点しか取られないはずだから、こう毎回毎回失点するのは異常だよね。
まあ、それだから防御率7.78なんだろうけどさ。

BABIP.455、LOB率64.7%とか本当に異常だよね。
FIP4.01、xFIP4.50だから本当はそこまで悪いはずではないんだけどね。
ただ、与四球率4.58で、カウントを悪くして甘い球を痛打されるのはあるからね。
球速もあるのに打たれまくるのはコマンドの問題が大きいのかもね。

それとやっぱりシンカーも悪いのかもね。
4シームと変わらない球速があって、変化は4シームよりも大きいんだから4シームよりもシンカーの方が打ちにくいはずなのだ。
しかし、私が調べた限りでは、4シームもシンカーも投げている投手はシンカーの方がずっと空振り率が低い傾向にある。
私は素人なので、技術的なことはわからないけど、何かの原因はあるのだと思うよ。

日本の野球ではやたら低めに集めることが投球の基本だといわれているけど、高低を使えない低め一辺倒の投球スタイルでは限界なのではないかと思うね。
この点は、マイナー落ちしているロスも同じことがいえるけどね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=20&year=2017&game=gid_2017_05_20_wasmlb_atlmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_05_20_wasmlb_atlmlb_1%2F&prevDate=520&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490747


トレイ・ターナー

打線はターナーとワースのタイムリーによる2点だけ。
打線も湿りっ放しだ…。


イチロー2

今日のイチローは代打で出場して、1打数0安打だった。
今季の成績は、.160、1本、1打点だ。


今日はブレーブスもメッツも勝ったので、2位ブレーブスとの差は6.0、3位メッツとの差は6.5となった。
5月21日は私の誕生日だったのに、散々な誕生日になってしまった…。
明日はいいことがありますように!!


滝川クリステル384

【クリ様の一言】
今日で4連敗、本当に苦しい状態ですね…。
ストラスバーグ投手の好投でこの苦境を打破できるといいのですが…。

3
ナショナルズ008

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_14_phimlb_wasmlb_2&mode=classic

今度はジェイコブ・ターナーが打たれて逆転されてしまった…。
ブルペンがしっかりしていたら、今頃はアストロズを上回るメジャーリーグ最高勝率だったと思うよ。
終盤に劇的な逆転勝利やサヨナラ勝利が多いというのは、ブルペンが逆転されたり同点に追い付かれたりした試合が多いという証拠なんだよね。

前回に続いて、今回もシャーザーが勝ち星を逃してしまったので、勝ったといえどもあまり嬉しくはないね。
ブルペンはしっかりしてくれよ、本当に!!
本当にイニングの頭に四球を出さないでくれ!!
イニングの頭に四球を出すと50%という高い生還率になるんだからね。

まあ、それでも負けるよりは勝った方がいいに決まっているからね!!
三振ばかりしてて、なかなか打率が伸びないテイラーが4-5から逆転2ランを打ってくれたのは嬉しかったね!!
同じことを何度も何度もいってきたけど、これをキッカケにひと皮むけてくれよ!!

個人的にはテイラーみたいな身体能力が高い選手は好きなのだ。
三振ばかりせず、バットに当たるようになれば.270は打てると思うし、それくらい安打が出れば20本塁打はできるはずだ。
せっかくいい素質があるんだから、ぜひ才能を開花させて欲しいよね!!


ハーパー3

打線は、3回一死二塁からハーパーのタイムリーで1点を先制した!!
1-2と逆転されるもターナーの犠牲フライとハーパーのタイムリーで3-2と再逆転した!!

さらに3-3と同点に追い付かれるも、6回裏にグッドウィンのタイムリーで1点を勝ち越した!!
6回表にはターナーのファインプレーでフィリーズの勝ち越しを阻止したときは、6回裏に勝ち越す予感がしていた。
案の定そうなって、私のテンションも最高になった!!
しかし、ターナーが打たれてシャーザーの勝ち星が消え、私のテンションは再度落ちてしまった…。


マックス・シャーザー2

今日のシャーザーは、序盤はほとんどスライダーを使わず、今日の試合でもわずか19球と少なかった。
空振り率こそ26.3%ながら、スライダーが良くなかったのだろう。
それでも、最速97.0マイル、平均94.1マイルの4シームを中心に組み立て、3回までは無失点だった。

ところが4回に打球処理の際に足を痛めてしまった。
シャーザーはエースらしく続投したけど、やはり万全ではなかったのだろう。
ここから3本の安打を打たれて、2点を失った。
足を痛めなければ、という悔しさは残るよね。

5回のハーパーの2点タイムリーのときも勝てると思ったし、6回のグッドウィンのときも勝てると思った。
しかし、シャーザーの5勝目が果てしなく遠い…。
ナショナルズは勝ったけど、シャーザーに勝ち星が付かなかったので喜びも小さくなってしまうよね…。


ジェイコブ・ターナー

ジェイコブ・ターナーはいい4シームを投げるけど、質の高い変化球を身に付ける必要があるね。
いい変化球がないから4シームに的を絞られるんだと思うよ。
もっといい変化球があれば、4シームも活きてきて、メジャーリーグで先発で10勝以上できる素質があると思うんだけどなぁ。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=14&year=2017&game=gid_2017_05_14_phimlb_wasmlb_2%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_05_14_phimlb_wasmlb_2%2F&prevDate=514&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490634


田中将大

今日、田中が1.2回を3三振、1四球、7安打、4本塁打、自責点8でKOされた。
だから、私が前のブログでヤンキースは田中と大型契約しない方がいいと書いていたのにね。

やっぱり、中4日で投げたことがない投手にサイ・ヤング賞級の待遇を与えるのはリスクが大きすぎるんだよ。
いくらすごい成績を残したといってもそれは日本の打者を相手にしたものだからね。

そして、年俸2,200万ドルの年俸はシャーザーの年俸2,214万ドルとほぼ同額だ。
仮にナショナルズに田中が入団していたら、これまでサイ・ヤング賞や最多勝を獲得してきたシャーザーは、メジャーリーグで何の実績もない田中がいきなり自分と同じ待遇になることを快く思わないだろう。
そして、メジャーリーグで46勝を挙げながら年俸432万ドルのロアークに至っては「メジャーリーグで46勝した自分はメジャーリーグで1球も投げていない投手よりも劣るのか」と不満に思うことだろう。
こういった契約はチームに不協和音をもたらすに違いない。


しかも、前のブログで書いた通り、人間の肘は25歳まで成長するので、25歳までに肘を酷使すると故障のリスクが高まるのだ。
ノーラン・ライアン、ロジャー・クレメンス、ランディ・ジョンソンといった40歳を過ぎても100マイル近い4シームを投げていた投手は、25歳まであまり投げておらず、25歳を過ぎてからバリバリと投げだしたことが投手寿命を長くしているのだ。

その逆を行くのが高校野球で、体ができているメジャーリーグの投手でさえ中4日で投げるのに、10代の投手に連投させるとか論外だろう。
だから、高校野球で活躍した松坂、ダルビッシュ、田中はいずれも肘に故障を抱えているのだ。

肘に時限爆弾を抱えていて、しかもメジャーリーグで投げたことすらない投手に年俸2,000万ドル以上の7年契約とかリスクが大きすぎるんだよね。
しかも、実際に田中は規定投球回を投げたのは1回だけだからね。

こういう契約は日本人選手にしか興味がない日本人には受けがいいと思うけど、長年メジャーリーグを観戦し続けていた私には非常にリスキーな契約に思えたんだよ。
今季の開幕前には、田中がサイ・ヤング賞級の成績を残して、今季オフにある契約破棄条項を行使して、さらなる大型契約を手にすると予想するメディアもあったけど、私はそれはないと思っていたよ。

私は思うんだけど、日本人に都合がいいことばかり書くマスコミもマスコミだけど、深いところを知ろうとしない日本人も日本人だよ。
こんな島国根性ばかり持っているとグローバル化に取り残されると思うよ。
野球に限らず、政治、経済、軍事、その他の全てにおいてね。


s-ジョン・レスター

そして、今日もカブスは負けている。
エプスタインがGMをしていたレッドソックスに雰囲気が似てきたと思う。
エプスタインはレッドソックスでも呪いを破ったけど、2011年には2位に大差を付けて独走しながら、9月に7勝20敗と失速してポストシーズン進出を逃してしまった。
このとき、レスター、ラッキー、ベケットが試合中にクラブハウスでチキンを食べながらビールを飲み、テレビゲームをしていたらしい。
これがチームの雰囲気を悪くして、レッドソックスの失速の原因となり、監督のフランコーナは辞任に追い込まれてしまった。

私は、レスターを心から尊敬していた。
がんを克服し、メジャーリーグで大活躍する姿はがん患者に生きる希望と勇気を与えるからだ。
しかし、そのレスターが試合中に飲酒していたなんて心から失望した。
私はすっかりレスターが嫌いになったのだ。

確かに去年のカブスの投手陣は出来過ぎだったけど、アリエタの乱調ぶりはおかし過ぎるのではないだろうか?
一度あることは二度あるという感じで、アリエタを巻き込んでまたレスターとラッキーが悪さをしているのではないかと勘繰りたくなるよね。
まあ、強力なライバルはポストシーズンに出てこない方が望ましいので、ぜひカブスはこのまま失速し続けて欲しいと思っているけどね。


s-ジェイコブ・デグロム

また、今日、メッツは7‐1からの逆転負けで、デグロムも6.0回を自責点4だった。
これでデグロムも3勝1敗、防御率4.07、ハービーは2勝3敗、防御率5.63、シンダーガード(DL入り)は1勝2敗、防御率3.28とローテーションが崩壊している。
メッツ・ファンの苦悩に比べれば、ブルペンがちょっと打たれたくらいで文句をいえるナショナルズ・ファンは恵まれているのかもしれないね(笑)

私もメジャーリーグで唯一ナショナルズに対抗できるローテーションを持つメッツがこの惨状になるとは夢にも思わなかったよ。
レッドソックスといい、カブスといい、今季は世界一の候補と思われていたチームが苦戦しているよね。


滝川クリステル377

【クリ様の一言】
今日はシャーザー投手がまたしても5勝目を逃して残念でしたね…。
勝つには勝ちましたが、ブルペンの整備が必要だと感じたダブルヘッダーでしたね。
あさっては、ストラスバーグ投手がキッチリと勝ち投手になって勝ちたいですね!!

1
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_09_wasmlb_balmlb_1&mode=classic

今季でいちばん悔しい負けだね。
何がいちばん悔しいかって、シャーザーがエースらしい素晴らしい投球をしていたのに勝ち星が消えたことだよ。
8.0回を11三振、2四球、4安打、自責点2だった。

4シームは最速97.3マイル、平均95.3マイル、空振り率は9.8%だった。
今日は、前回と同様に変化球が素晴らしく、スライダーが驚異の39.0%、チェンジアップも20.0%だった。
チームが2連敗という状態で最高のパフォーマンスを発揮してくれる姿は本当に頼もしい。
そんなシャーザーに勝ち星を付けられなかったのが本当に悔しい!!

シャーザーは2年連続サイ・ヤング賞を狙っているのだ。
その最大のライバルであるカーショウが先日勝っていて、5勝2敗、防御率2.40となっている。
だから、シャーザーも遅れないように5勝目を挙げて欲しかったのにね。
本当に頭に来るわ!!


エニー・ロメロ

ロメロも経験不足だから仕方がない面があるにしろ、2点差あるんだからもっと落ち着いて投げて欲しかったね。
落ち着いて投げれば、102マイルも出るんだから抑えられるはずだ。
結果的にはアウトになったとはいえ、グッドウィンの落球で浮足立ったのかもしれないね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=9&year=2017&game=gid_2017_05_09_wasmlb_balmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_05_09_wasmlb_balmlb_1%2F&prevDate=59&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490597


ダニエル・マーフィー

打線は2回にマーフィーの6号ソロで1点を先制した!!


アダム・リンド

6回に同点とされたけど、8回に一死一二塁からリンドが3号3ランを放った!!
リンドは本当にいいところで打つよね!!
本来なら、一塁のレギュラーのはずだったのに予想外にジマーマンがいいために控えになってしまった。
でも、不平不満をいわずに良く頑張ってくれているよね!!
本当にありがたい選手だよ!!


でも、今日はグッドウィンには頭に来た。
本来、メジャーリーグに昇格できるレベルの選手ではないから、メジャーリーグの投手が打てなかったとかいうことで責めるつもりはない。
ただ、結果的にはアウトになったけど守備で落球して慣れないクローザーをしているロメロを動揺させたり、バントを失敗したり、走塁ミスをしたり、基礎的なミスを乱発していることに腹が立つよ。
安打を打つとか、盗塁するとかよりも、もっと基礎的なことをしっかりやってくれよ!!

テイラーもレギュラー定着直後は打ちまくったけど、また元のテイラーに戻ってしまった。
なにかと不満の残る試合。
きょうはもう終わりにするよ。


イチロー2

イチローは途中出場で、3打数1安打だった。
今季の成績は、.186、1本、1打点となった。


今日はメッツが勝ったので、2位とのゲーム差は4.5となった。
これでチームは3連敗…。
本当にこういうときこそストラスバーグがしっかりと勝って、悪い流れを食い止めて欲しいと思う。


滝川クリステル371

【クリ様の一言】
本当に後味の悪い試合でしたね…。
明日こそスカッと勝って欲しいですね!!

このページのトップヘ