Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ジョー・ロス、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、フィル・ヒューズ、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、凰かなめちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

カテゴリ: MLB

1
スティーブン・ストラスバーグ4

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_29_nynmlb_wasmlb_1&mode=classic

エースで負けた翌日にキッチリ勝って劣勢を挽回するのが2番手の役割なのに、それができなかった。
去年はメッツ相手に3勝0敗、防御率1.83、19.2回で30三振と勝負強く、地区優勝の原動力になっていた。
しかし、今日みたいな投球しかできず、肝心な試合では勝てないとなるとまた不満ばかりが募る「ストレスバーグ」に逆戻りだよ。

今日はチェンジアップのストライク率が47.1%、カーブが47.4%とストライクが取れなかった。
このため、4シームに的を絞られてしまったので、4シームの空振り率も7.4%に留まった。
7.0回を2三振、0四球、6安打、1本塁打、自責点3で負け投手となり、防御率も3.09と3点台になってしまった…。
5回のピンチもフィルダースチョイスは仕方がないとしても、2アウト取った後のコンフォートの2ランは防いで欲しかったよね。

去年もサイ・ヤング賞を獲得できそうな勢いだったのに、故障して、終わってみれば15勝、防御率3.60と才能が開花したとはいい難い成績だった。
一体、いつまで待てばいいのかね?
メジャーリーグ史上最高の投手になるどころか、エースの座は移籍してきたシャーザーに奪われ、若手投手同士で比較してもシンダーガードに抜かれ、デグロムに抜かれ、どんどん地位が低下しているじゃないか。
もっと意地を見せて欲しいんだよね。


エニー・ロメロ

ロメロもケリーも大事なところで本塁打を打たれなければ、ナショナルズが勝っていた可能性もあるのにね。
まあ、今までが上手く行き過ぎていたので、その反動が出てきているのかもしれないけど、大事なメッツとの試合なので、もうひと踏ん張りが欲しかったね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=29&year=2017&game=gid_2017_04_29_nynmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2017_04_29_nynmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=429&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490453


ジマーマン2

打線は、初回、二死二塁からジマーマンのタイムリーで1点を先制した。
3点を奪われて、1-3と逆転された5回には二死三塁からまたしてもジマーマンのタイムリーで2‐3となった。
8回もジマーマンの11号ソロが出るも、3‐5でナショナルズが負けた…。


ナショナルズ001

これでジマーマンは、.410、11本、27打点でナショナル・リーグ三冠王だ!!
一体、誰がこんな展開を予想しただろうか?(笑)
ジマーマンが仮にこのペースで打ちまくってくれると、ハーパーやマーフィーとメジャーリーグ最強クリーンアップを形成できるよね!!
しかも、ハーパーも歩かされなくなるのは大きいよね!!


アダム・イートン

しかし、ここで残念なお知らせが…。
今季、トレードで移籍してきて、.297、2本、13打点、3盗塁、出塁率.393と素晴らしい活躍をしていたアダム・イートンが前十字靭帯断裂で今季絶望となった…。

ここまでいい働きをしていただけに残念だね…。
イートンが1番に定着すれば、長打力があるターナーを2番に固定できるので、本塁打による打点も増えてナショナルズの得点力も上がると思っていたのにね。
まあ、こうなったら仕方がないので、怪我が治るまでじっくりと治療して欲しいと思う。


テイラー

イートンの代役で出場したテイラーは5打数3安打だった。
テイラーもせめて.260、18本くらい打ってくれれば、今季オフで契約が切れるワースに代わって、来季はレギュラーの座を獲得できると思う。
そして、センターをテイラー、レフトをイートンにすれば、外野の守備力もアップするだろう。

ナショナルズにとってイートンの離脱は痛手だけど、テイラーにとってはチャンスのはずだ。
ぜひ、このチャンスを活かして欲しいと思う。


このメッツ戦連敗はショックだったけど、それでも16勝8敗、勝率.667は依然としてナショナル・リーグで1位だ。
去年のワールドチャンピオンのカブスだって13勝10敗、勝率.565なのだ。
野球は3勝2敗なら、大体地区優勝も固いし、ポストシーズンもNLDSは3勝2敗、NLCSとワールドシリーズは4勝3敗でいいのである。
気にしないで、明日からまた気持ちを入れ替えて頑張って欲しいと思う。


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場し、1打数0安打だった。
これで打率も.148まで低下した。
今季はなかなか厳しい出足だね…。


滝川クリステル361

【クリ様の一言】
メッツ相手にエースと2番手で連敗は痛いですね…。
明日は苦しい試合になりますが、ぜひ打線の援護で勝って欲しいですよね…。

1
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_28_nynmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日は、夜に会社の食事会があるので、夜勤明けの私はブログを早く済ませて、早く寝ないといけない。
なので、今日は簡潔に済ますよ。

今日のシャーザーは自慢の4シームが振るわなかった。
いつもなら10%以上の空振り率を誇るのに、今日はわずか4.2%だった。
4シームの最速は96.8マイル、平均は94.8マイル、横の変化-4.47インチ、縦の変化8.09インチだった。
去年の平均球速が95.23マイル、横の変化-7.54インチ、縦の変化8.35インチだから、球速と変化量は去年に比べると劣っていた。

今日は6.0回を7三振、1四球、9安打、2本塁打、自責点5だった。
せっかく防御率1点台だったのに、2点台ギリギリになった。
シャーザーは、去年31本の本塁打を打たれていた。
WHIPは低いので、本塁打を15本以下に抑えてくれると防御率1点台も見えてくるのにね。
被本塁打の多さがなければ、カーショウと比較されるようメジャーリーグ最高の投手になれるのになぁ…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=28&year=2017&game=gid_2017_04_28_nynmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_04_28_nynmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=428&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490438


ジマーマン2

ナショナルズは2回に2点を先制されたけど、その裏にジマーマンの9号ソロとウィータースの2号2ランで3‐2と逆転した。
3-5と再逆転され、追加点も許し、3-7となって勝負ありかと思われたけど、ジマーマンの10号2ランで5-7と追いすがった。
ジマーマンは本当に良く打つね!!

9回は無死満塁とし、逆転サヨナラの期待も膨らんだけど、ターナーが三振、ハーパーが併殺打で万事休すだった。
本当に残念だったけど、気持ちを入れ替えて明日からまた頑張って欲しいと思う。


エースで負けて、嫌な空気が流れているので、こういうときこそストラスバーグがしっかりした投球をして、連敗を食い止めて欲しいと思う。
明日はストラスバーグが素晴らしい投球をして、マーフィーが打ちまくって勝ちますように!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場し、その後にレフトに入った。
2打数0安打だった。
打率も.154ととなってしまった…。
今日は打てなかったけど、明日は安打が打てますように!!


滝川クリステル360

【クリ様の一言】
今日は最後の反撃も及ばず、本当に残念でしたね…。
明日はストラスバーグ投手が好投して勝ちますように!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_27_wasmlb_colmlb_1&mode=classic

今日のゴンザレスは、6.2回を5三振、3四球、7安打、1本塁打、自責点2だった。
106球中ストライクはわずか60球、ストライク率が56.6%と非常に悪かった。
途中までロッキーズの打者が若いカウントから積極的に打ってきたので助かったけど、じっくり球を見極める作戦に出ていたら危なかったと思う。

ロッキーズの打線もイケイケみたいなので、ああいう打線は打つときは打つけど、好投手が出て来たらサッパリ打てなくなる打線だね。
つい最近までナショナルズもフリースインガーが多くてそんな感じだったけどね。
デスモンドとかエスピノーザとか本塁打は多いけど、三振が多くて、ポストシーズンに出てくるような好投手は全然打てなかった。

今ではマーフィーやターナーような好打者が入ったので、好投手でも難なく打てるようになったのが大きいよね。
ポストシーズンに強いのは四球を選んだり、難しいボールをファウルで粘ったりできる打者がたくさんいるチームだと思う。
三連覇していた頃のヤンキースもジーターやバーニーのような好打者をそろえた打線だったからね。

こういう打線に軸となるべき圧倒的な強打者が加われば最高と思っていたけど、ナショナルズはその役割をハーパーが担っている。
そして、ヤンキースが持てなかった圧倒的な先発ローテーションもあるので、私はナショナルズは三連覇当時のヤンキースをも凌駕した圧倒的なチームになれる可能性があると思っているんだよ。

話しが脱線したけど、ロッキーズの打線に助けられたおかげでゴンザレスも助かったと思う。
まあ、こういう試合もあると思うので、次はキッチリとした投球を期待したいよね!!


ジョー・ブラントン

そして、今日もブラントンが打たれた。
最初に出てきて、3.0回を無失点で抑えていたときもこの投手は防御率4点台クラスの投手と思ったからね。
突出した武器がないのが苦しいよね。
まあ、今が底で、もう少し落ち着いて来るとは思うけど、打者を圧倒するような投球は期待できないと思う。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=27&year=2017&game=gid_2017_04_27_wasmlb_colmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_04_27_wasmlb_colmlb_1%2F&prevDate=427&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490429


s-ウィルマー・ディフォ

ナショナルズは初回に1点の先制を許したけど、打線は2回一死一二塁からディフォのタイムリーで同点に追い付いた。
3回はマーフィーのサードゴロで1点を挙げ、2‐1となった。


アダム・イートン

再び同点に追い付かれ、2‐2となったけど、イートンの2号ソロで3‐2となった。
5回はゴンザレスのタイムリーで4‐2となった。


ハーパー3

6回はロッキーズの守備の乱れで1点を追加し、そこから3連打で、ウィータースが倒れた後、ディフォが敬遠されるもゴンザレスとイートンが連続押し出し四球となった。
ターナーがタイムリーの後、ハーパーが3ラン、マーフィーとリンドの連打で15‐2となった!!


ダニエル・マーフィー

9回はマーフィーの5号ソロも出て、結局16‐5で勝った!!


このシリーズが始まるまで、ナショナルズは13勝5敗、ロッキーズが13勝6敗で、ナショナル・リーグの勝率1位と2位の対決となっていた。
ナショナルズはこのシリーズに3勝1敗と勝ち越した。
そして、ナショナルズはこのシリーズで46得点というすさまじい爆発力を発揮したのだった!!


20170428-01

ナショナルズは16勝6敗、勝率.727でメジャーリーグ全体で1位、139得点もメジャーリーグ全体で1位だ!!
DH制がないのにチーム打率.284もメジャーリーグで1位だしね!!
本当に圧倒的な強さだね!!
ブルペンはまだ改善の余地があるけど、先発と打線は最高だね!!
明日からのメッツ戦もこの勢いで勝ち越して欲しいと思う。
頑張れ、ナショナルズ!!


イチロー2

今日のマーリンズはフィリーズ戦だった。
ナショナル・リーグ東地区は2位がフィリーズなので、フィリーズが負けて欲しかったけど、フィリーズが3‐2で勝った。
イチローは代打で出場し、1打数0安打だった。
イチローの打率は.167となった。


今日は最大のライバルのメッツも負けていた。
メッツはこれで6連敗だ。
今日はハービーが4.1回を1三振、5四球、5安打、1本塁打、自責点5でKOされていた。
ハービーも手術してから何かが足りなくなった気がするね。

これで2位フィリーズとのゲーム差は4.0、最下位のメッツとは7.5差となった。
メッツは先発投手がいいので、一度波に乗ると大型連勝もあり得る。
だから、明日からの直接対決も気を抜かず、勝ち越してメッツとの差を広げて欲しいと思う。


滝川クリステル359

【クリ様の一言】
今日も打線が素晴らしい働きをしましたね!!
これでまた3連勝ですが、明日からのメッツ戦も頑張って欲しいですね!!

1
エリック・フェッド

https://www.milb.com/gameday/fightin-phils-vs-senators/2017/04/26/497771?#=undefined,game_state=final,game_tab=box,game=497771

2Aの開幕から快進撃を続けてきたフェッドだけど、きのうは7.0回を5三振、2四球、4安打、2本塁打、自責点4と良くなかった。
とはいえ、ここまで4試合で1勝2敗ながら防御率は1.80、25.0回で22三振、8四球、16安打、2本塁打、自責点5と内容は非常に良い。
まあ、調子が悪いときもあると思うので、気にしないで次の試合で頑張って欲しいと思う。
6月か7月くらいに3Aに昇格して、9月にメジャーリーグに昇格、消化試合で先発という流れになって欲しいね。



s-ビクター・ロブレス

ロブレスは、現在、7日間のDLに入ったままだ。
ここまでの成績は、8試合で.333、1本、3打点、4盗塁、出塁率.394だ。


ホアン・ソト

ソトは1Aで、19試合、.371、2本、12打点、1盗塁、出塁率.450という素晴らしい成績を残している。
2016年のドラフト1位のキーブルームは、1Aで、18試合、.303、2本、9打点、2盗塁、出塁率.395だ。
2015年のドラフト2位のスティーブンソンは、2Aで、17試合、.338、0本、11打点、1盗塁、出塁率.416だ。
ここ最近獲得した若手も順調に育っているみたいだね。


滝川クリステル358

【クリ様の一言】
フェッド投手は自責点4で残念でしたが、次はいい投球を期待したいですね!!

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_26_wasmlb_colmlb_1&mode=classic

今日は、ロアークが7.0回を無失点に抑えて、防御率2点台になって欲しいと思っていた。
ところが、今日のロアークは制球が乱れていて、5.0回を4三振、4四球、5安打、自責点2とアップアップの内容だった。
中継ぎに回った2015年以降、球速が上がる一方で、制球が悪化し始めた。
昔はこんなに四球を出す投手ではなかったんだけどね。

今日のロアークは4シームの最速が94.7マイル、平均が92.8マイル、2シームの最速が94.6マイル、平均が92.9マイルだった。
4シームの空振り率は3.8%、2シームが7.3%だった。
変化球の空振り率は、チェンジアップが25.0%、スライダーが20.0%、カーブが22.2%と軒並み良かった。
しかし、伝家の宝刀のスライダーのストライク率が55.0%と低かったのが今日の制球難の大きな要因だった。


トライネン2

今日もトライネンが打たれていて、1.2回を1三振、1四球、1安打、自責点2だった。
いずれは立ち直ると思っていたけど、予想以上に状態が悪いみたいだね。
こんなに点差がある状態でも失点するのは厳しいよね…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=26&year=2017&game=gid_2017_04_26_wasmlb_colmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_04_26_wasmlb_colmlb_1%2F&prevDate=426&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490419


アダム・イートン

打線は、2回二死満塁からイートンの二塁打で2点を先制した!!


トレイ・ターナー

5回はターナーの2号ソロ本塁打で3‐0となった。
今日のターナーは、5打数3安打1本塁打2打点で、気が付いてみたら.326、2本、11打点、3盗塁だ。
開幕直後は不振だったのに、あっという間にこの成績だからね。
やっぱり、ターナーはジーター2世だと思うよね!!


ジマーマン2

さらに5回の攻撃は続き、ハーパーが四球の後、ジマーマンが8号2ランを放った!!
これでジマーマンも.387、8本、21打点だ!!
不良債権と思われていたあのジマーマンが今やハーパーに引けを取らない好成績を挙げているとはね(笑)
これでターナー、ハーパー、ジマーマン、マーフィーと3割打者が4人もいるよ!!


ダニエル・マーフィー

7回は一死一二塁からジマーマンのタイムリーの後、マーフィーの4号3ランが出た!!
やっぱり、去年の成績は出来過ぎではなかったと証明しつつあるよね!!
私は去年の成績はマーフィーの才能が開花したからだと思っていたからね!!
今季も去年並みの成績は残せると思っているよ。

8回もターナーとハーパーのタイムリーで2点を追加して、11-2でナショナルズが勝った!!
先発投手だけではなくて、打線もメジャーリーグ最強になりつつあるよね!!
これでレンドンも.280、25本くらいの打者に成長してくれれば、打線もカブス以上になるよね!!
今日は本当に嬉しい勝利だったね!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場して、1打数0安打だった。
イチローの打率は.174となった。
マーリンズは4‐7で負けた。


滝川クリステル357

【クリ様の一言】
今日も勝って、15勝6敗、勝率.714はメジャーリーグ全体でも1位ですね!!
今日も打線が素晴らしかったと思います。
この勢いで明日も勝って欲しいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

ジョー・ロス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_25_wasmlb_colmlb_1&mode=classic

今日はただでさえ西地区の試合なのに、雨で遅れて試合が始まったので、最後まで観れない。
きのうも健康診断で遅く帰宅した後でブログを書いたので、14時に寝ている。
あまり寝てなくて眠いので、今日はもう寝ることにしたよ。
夜に会社で加筆するので、楽しみにしててね!!
今日はナショナルズが勝ちますように!!


結局、ターナーの2ランまで中継を観てて、10-5になったので寝た。
余裕で勝っているのかと思ったけど、起きてスコアを見てみたら15-12というヒヤヒヤの勝利だった(笑)
クァーズ・フィールドは打球が飛び過ぎだよ(笑)
あんなに打球が飛んで本塁打になるなら、ラメイヒューだって首位打者になるのも当然だわ。


しかし、今日のロスが勝利投手目前で4.2回を2三振、2四球、7安打、2本塁打、自責点5でKOされたのはクァーズ・フィールドだけのせいではない。
ロスは、前の今季初登板ではシンカーの最速が95.7マイル、平均が93.3マイルあったのに、今日は最速が94.1マイル、平均が91.0マイルと明らかに球速が落ちていた。
ただでさえ低いシンカーの空振り率も3.6%にまで低下していた。

スライダーの空振り率は18.5%だったけど、シンカーがあれだけ良くないとスライダーが活きてこない。
その上、打球が飛んで2本塁打もされたら自責点5もやむを得ないだろう。


ジョー・ブラントン

さらに私が寝た後にグラバーが2失点、ブラントンが4失点、ケリーが1失点していた。
中継を観ていたら心臓に良くなかったと思うので、寝てて良かったかもしれない(笑)


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=25&year=2017&game=gid_2017_04_25_wasmlb_colmlb_1%2F&pitchSel=605452&prevGame=gid_2017_04_25_wasmlb_colmlb_1%2F&prevDate=425&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490404


ハーパー3

初回、ハーパーとマーフィーのタイムリーで幸先よく2点を先制した!!


トレイ・ターナー

2回二死一二塁からターナーのタイムリーで2点を追加し、4‐0となった。
さらにハーパー、ジマーマンが連続四球で満塁として、マーフィーがタイムリー三塁打を放った!!
これで7‐0となって試合の大勢は決定付けられた。
ロッキーズが2回と3回に1点ずつを返して、7-2となったけど、5回に再びマーフィーのタイムリーが出て8-2となった。

この後のターナーの2ランまで観ていたんだけど、直後に夜勤に備えて寝た。
すると7回に5点取っていて、ターナーが三塁打を放って、サイクルヒットを達成していたようだった!!
おめでとう、ターナー!!

これでターナーも勢いに乗るだろうね!!
開幕直後は打率も上がらなかったけど、ターナーはマイナー時代からスロースターターなんだよ。
ターナーもフルシーズン出場すれば、.300、20本、60打点、50盗塁くらいできそうだね。
ナショナルズも現状だとハーパー、マーフィー、ジマーマンと合せると3割打者が4人も生まれそうだね。
まあ、ジマーマンは終わってみれば3割切っていると思うけど(笑)


これで、14勝6敗、勝率.700でアストロズと並んでメジャーリーグ最高勝率だ!!
そして、1試合平均5.6点もメジャーリーグ1位だ。
DH制がないのに打率.272は素晴らしいよね!!

しかし、いくら打ちまくっても投手がこんなに打たれるのは嫌だよね…。
私は、投手がキッチリ抑える野球が好きなので、ぜひ明日はロアークが素晴らしい投球をして、ロアークの防御率が2点台になりますように!!


イチロー2

今日のマーリンズは雨天中止だった。
ゆっくり休んで、明日はイチローが安打を打ちますように!!


滝川クリステル356

【クリ様の一言】
ターナー選手のサイクルヒットは本当に嬉しかったですね!!
ぜひ、打率3割と盗塁王を目指して頑張って欲しいですね!!
ナショナルズもシーズン100勝とメジャーリーグ最高勝率を目指して欲しいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

1
ジェイコブ・ターナー

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_24_wasmlb_colmlb_1&mode=classic

ヒューズの記事にも書いているけど、今日は夜勤の後に会社の健康診断があったので、帰宅したのは11時だった。
試合もあまり観れてないし、もう13時13分で寝る時間を過ぎているので簡潔に書くよ。

それと今季からブログを見てくれている人のために書いておくと、私は夜勤で13時には寝るので、西地区で開催される試合は最後まで見れないことが多々ある。
それでなくても、遅い時間に終わるから、ブログを書く時間が取れないのだ。
なので、西地区の試合はいつも軽めの記事になるから覚えておいてね。


さて、今日は、本来ロスが先発予定で、明日はストラスバーグの予定だった。
ところが、今日の先発はターナーになっていて、明日の先発がロスになっていた。
またストラスバーグが故障したのかと思ったけど、ストラスバーグに2人目の子供が生まれるので、ストラスバーグが休暇を取ったらしいのだ。
私はまたストラスバーグがDL入りしたんじゃないかとヒヤヒヤしたよ(笑)


ジェイコブ・ターナー - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC

このターナーという投手について調べてみたら、ストラスバーグと同じ2009年のドラフトの1巡目(全体9位)でタイガースに指名された投手らしかった。
しかし、プロ入り後は伸び悩み、トレードされたマーリンズではDFAにされ、その後に在籍したカブスやホワイトソックスではメジャーリーグ昇格すらできなかった苦労人だ。

そしてナショナルズへと移籍してきた訳だけど、今日、ちょっとだけ見た感じではいい球を投げていたと思うよ。
6回に2ランを打たれたのは残念だったけど、それでも6.0回を6三振、0四球、6安打、1本塁打、自責点3のQSだったからね。
今日の投球を見ていたら、ドラフト全米9位なのも納得だったけどね。

4シームの最速は97.3マイル、平均は95.2マイルとなかなかの球速だった。
ただ、課題も見えていて、こんな球速があるのに空振り率はわずか1.8%だった。
スライダーの空振り率は25.0%だったけど、スライダーは8球しか投げてなかった。
同様にカーブの空振り率も33.3%だったけど、カーブも3球しか投げてなかった。

要するに球速の割には4シームも当てやすく、自信を持って投げられる変化球もないために必然的に4シームが多くなるということだろう。
しかし、去年のA.J.コールや今年のガスリーよりははるかにいいと思ったね。


話しが変わるけど、このターナーは5月21日生まれで、私と同じ誕生日なんだよ。
ナショナルズは、ロスとウィータースも5月21日生まれなんだよね。
同じチームに同じ誕生日の選手が3人もいるって珍しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=24&year=2017&game=gid_2017_04_24_wasmlb_colmlb_1%2F&pitchSel=545363&prevGame=gid_2017_04_24_wasmlb_colmlb_1%2F&prevDate=424&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490389


ジマーマン2

打線は、6回にイートンとレンドンの連続タイムリーとジマーマンの2ランでナショナルズが4-1と逆転した。
しかし、ターナーが2ランを打たれ、その後、ロメロとトライネンが打たれてナショナルズが4-8で負けてしまった。


イチロー2

今日はマーリンズの試合がなかったので、イチローもお休みだった。


滝川クリステル355

【クリ様の一言】
ジマーマン選手の2ランが出たときは買ったと思いましたけどね…。
しかし、ターナー投手の好投は収穫でしたね!!
気を取り直して、また明日から頑張りましょう!!

5
461833

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_24_minmlb_texmlb_1&mode=classic

今日は夜勤明けに健康診断に行って、11時前に帰ってきたから、試合も全然観れなかった。
しかも、私はいつも13時になるのにもう12時20分なので、今日は簡潔に書くことにするよ。

まず、今日は何よりも勝てて良かった。
6.0回を2三振、1四球、6安打、自責点2で3勝目を挙げた!!
今日は2シームを27球投げ、最速91.1マイル、平均89.5マイルだった。

86球中54球がストライクで、ストライク率は62.8%と良くなかった。
さらに良くないのは、カッターが1球だけ空振りが取れただけで、他は全く空振りがなかったことだ。
今日は運良くレンジャースが打ち損じてくれたけど、次回までに変化球の切れだけでも修正しておきたいところだね。

しかし、3勝目を挙げられたのは自信になるよね。
防御率も4.71と4点台を回復したしね。
今季は、最終的には15勝、防御率3.80くらいを目標にして欲しい。


ヒューズは2回と4回に1点ずつ失ったけど、ツインズは5回二死満塁からドージャーの走者一掃のタイムリーで3‐2と逆転した。
いつも思うけど、ツインズはいつも点の取り方が効果的だよね。

ツインズも頑張って、メジャーリーグの目玉になって欲しいよね!!
頑張れツインズ!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=24&year=2017&game=gid_2017_04_24_minmlb_texmlb_1%2F&pitchSel=461833&prevGame=gid_2017_04_24_minmlb_texmlb_1%2F&prevDate=424&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490385


滝川クリステル355

【クリ様の一言】
今日は内容的には良くなかったみたいですが、ヒューズ投手が勝てて本当に良かったですね!!
調子が良くないときは勝ち星が何によりも薬になります。
ぜひ、次はいい内容で4勝目を挙げて欲しいですね!!

5
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_23_wasmlb_nynmlb_1&mode=classic

宿敵メッツをスイープして、7連勝だね!!
メッツは本当に先発投手がいいし、強敵なので勝てるうちに勝っておかないとね。
これでナショナルズの13勝5敗、勝率.722はメジャーリーグ全体でも1位だし、ナショナル・リーグ東地区でも2位のマーリンズに3.5差を付けて1位だ。
メッツは4位でナショナルズとは5.5ゲーム差だ。
開幕直後はリリーフが打ち込まれて心配だったので、4月は5割で、6月くらいからスパートでもいいかなと思っていたんだけどね。

リリーフに関しては、ずっと書いていたようにいずれは立ち直ると思っていたからね。
1シーズン長いんだから、長い目で見ないとね。
開幕から数試合でリリーフが悪いからといってトレードをしていたら、若手がごっそりいなくなってしまうよ(笑)


さて、今日もシャーザーの投球から振り返ろうか。
今日のシャーザーは、4シームの最速が97.2マイル、平均が95.3マイルだった。
4シームの空振り率は18.2%と非常に高かった。
チェンジアップの空振り率も21.1%、スライダーも27.3%と高かった。
ストライク率も70.0%と非常に良かった。

惜しむべきは2本の本塁打だった。
今季はここまで被本塁打がなかったので、防御率も1.37と非常に良かった。
シャーザーの最大の課題は被本塁打の多さで、サイ・ヤング賞を獲得した去年も31本も打たれている。
奪三振率の高さや与四球率の低さ、WHIPの低さを考えると防御率1点台も可能なシャーザーが2点台後半しかできない最大の要因が被本塁打の多さなのだ。
逆にいえば、被本塁打の多ささえクリアすれば、シャーザーもペドロ・マルティネスやクレイトン・カーショウ級の成績が残せるはずなのだ。

特にカーショウに関しては、去年のサイ・ヤング賞もカーショウがいなかったからシャーザーが獲得できたのだと思われているに違いない。
だから、今季は防御率1点台を達成して、カーショウを倒してサイ・ヤング賞を獲得して欲しいと思っているんだよ。
このメジャーリーグ最強ローテーションのエースとして、「メジャーリーグ最高の右腕」ではなくて、「メジャーリーグ最高の投手」として君臨してもらいたいのである。

私は好きな投手ほど注文が多くなるので、シャーザーにもあれこれいってしまうけど、シャーザーはそれに応える才能があるからね。
ぜひ、今季は20勝、防御率1点台を達成して欲しいよね!!

今日のシャーザーは、8.0回を9三振、1四球、5安打、自責点3だった。
8回まで投げたので、防御率1.95と1点台をキープできたのは嬉しかった。


そして、シャーザー、ストラスバーグ、ロアーク、ゴンザレス、ロスの成績の合計は10勝1敗、防御率2.53となった。
114.0回で107三振、29四球、84安打、8本塁打と完璧な内容だ!!
誰だい、メジャーリーグ最強のローテーションはレッドソックスだとかいった人は?(笑)
私は、レッドソックスよりもメッツの方がはるかに上だと思うけどね。


コーダ・グラバー

9回は、ペレスが先頭打者に安打を許したけど、グラバーが後続を断って2セーブ目を挙げた!!
グラバーは、シンカーの最速が98.4マイル、平均が96.3マイル、スライダーの最速が95.5マイル(!!)、平均が94.3マイル(!!)と球は走っていた!!
グラバーもちょっとずつ経験を積んで、絶対的なクローザーの道を歩んで欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=23&year=2017&game=gid_2017_04_23_wasmlb_nynmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_04_23_wasmlb_nynmlb_1%2F&prevDate=423&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490380


ダニエル・マーフィー

打線は、初回にいきなり無死満塁のチャンスを迎える。
ここで打席にはジマーマンを迎えた。
ここまでは素晴らしい成績を残しているジマーマンだけど、4番なんかにしたら絶対に打たないだろうと思っていた。
すると、案の定三振だった。

やっぱり、4番はマーフィーの方がいいと思い、マーフィーならきっと先制タイムリーを打ってくれると思っていた。
するとマーフィーは予想を上回るグランドスラムを放ったのだ!!
Gamedayでは真ん中低めになっているけど、どう見ても難しい内角低めの96マイルの4シームじゃないか!!
あんな球を本塁打にするとはね!!
やっぱり、マーフィーの打撃技術の高さは本物だよね!!
これでメッツのスイープとナショナルズの7連勝が濃厚になったと思ったよ!!


ジマーマン2

ところがシャーザーが3点を失い、4‐3と試合もわからなくなってしまった。
リリーフのことを考えれば、追加点が欲しいところだ。

8回二死一塁で打席にはジマーマンが入った。
また打てないんだろうなと思ったけど、何とここで2ランを放ったのだ!!
これで勝負ありとなって、6‐3でナショナルズが勝った!!

正直なところ、あのジマーマンがこんなに好調とか信じられないんだけど(笑)
でも、あえて書いておくけど、私はジマーマンの好調が1シーズン続くとは思えない。
私は、絶対にマーフィーを4番に戻した方がいいと思うよ。
殊勲打を打ったときにこんなことを書くのも何だけどさ。


まあ、何はともあれ、ナショナルズは今日も勝った。
明日は、遠征でクアーズ・フィールドでの試合になる。
ロッキーズも絶好調だけど、ぜひナショナルズが勝ちますように!!


イチロー2

今日のイチローは、パドレス戦に代打で出場して、1打数0安打だった。
打率も.182と2割を切ってしまった…。
今日は打てなかったけど、明日は安打が打てますように!!


滝川クリステル354

【クリ様の一言】
今日はマーフィー選手のグランドスラムに尽きますね!!
ハーパー選手と同じチームにマーフィー選手がいるなんて、ナショナルズは先発ローテーションだけではなくて打線もメジャーリーグ最強じゃないですか!!
マーフィー選手のおかけで今日もビールが美味しいですね!!
ぜひ、マーフィー選手が首位打者を獲得して、ナショナルズが世界一になりますように!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_22_wasmlb_nynmlb_1&mode=classic

今日のゴンザレスは、4シームの最速は93.1マイル、平均91.7マイルだったけど、空振り率は7.0%あった。
今日はチェンジアップが良く、空振り率も22.2%もあった。
その一方でカーブが良くなく、空振り率は4.2%に過ぎなかった。

また、今日はコマンドが良くなく、107球投げて66球がストライクで、ストライク率は61.7%だった。
特に4シームのストライク率が53.5%、カーブが58.3%と良くなかった。
ゴンザレスの調子も良くなかったけど、そんな中でも6.1回を6三振、6三振、3四球、2安打、自責点1に抑えたのはさすがだったね!!


トライネン2

2番手のトライネンは、クローザーをしていたときにかなり打ち込まれ、自信を喪失しているんじゃないかと心配していた。
しかし、今日は0.2回をパーフェクトに抑えていた。


エニー・ロメロ

そして、今日もロメロが好投した!!
今日も圧倒的な4シームは最速99.5マイル、平均が98.4マイルだった。
そして4シームの空振り率は圧巻の22.2%だった!!
甘いコースもあったけど、あの圧倒的な球速が成せる業だろう。


やっぱり、球速があるということはこういうことなんだよね。
球速があれば、変化球との緩急が付くので変化球も活きてくるしね。

あと三振が奪えるのも大きいよね。
いうまでもなく無死三塁だと外野フライやボテボテの内野ゴロでも1点入るけど、連続三振に仕留めれば失点しないからね。

仮に奪三振率10.0の投手と奪三振率5.0の投手を比較してみよう。
セイバーメトリクスにBABIPという指標がある。
これは野球を統計学的に分析したセイバーメトリクスが開発した指標で、インフィールドの打球は投手の力量に関係なく打率3割になるというものだ。

奪三振率5.0の投手は奪三振率10.0の投手に比べるとざっくりと5つインフィールドの打球が増えると仮定しよう。
ファウルフライでアウトのケースもあるけど、ここでは考慮しないことにする。
するとBABIP.300だと1.5本被安打が増えることになる。
ここで1.5本の安打の後にさらに打席が増えたり、ゲッツーになることもあるけど、ここもざっくりと1試合1.5本増えると考えることにする。

すると年間32試合の先発で48本被安打が増えるのだ。
ここもざっくりと30%にホームインを許したとすると年間の自責点は14点増えることになる。
年間200.0回投げたとすると防御率は0.63悪化するのである。
野球は細かい流れの積み重ねなので、必ずしも上の過程が当てはまる訳ではないけど、三振を取れる投手が有利だということはわかると思う。


打たせて取る投手が球数が少なくていいというけど、打たせて取る投手だって1打者当たり1~2球で打ち取れる訳ではないし、安打を打たれたら対戦打者の数も増えて、結果的に球数も増えるのだ。
ましてや、打たせて取る投手が完全に打球をコントロールできる訳でもない。
運悪く野手の間を抜ける可能性もあるし、エラーする可能性もある。
三振が取れる投手に比べて運任せの面が大きくなるのだ。
特にナショナルズみたいに守備が良くないチームは三振が取れる投手の方がありがたいに決まっているしね。


BABIPは一時的に低かったとしても、長い目で見れば3割に近づいて行くので、BABIPが低い投手は運が良く、いずれは揺り返しで打ち込まれる可能性が高い。
去年BABIPが.250だったカブスのヘンドリクスは、FIPも3.20、xFIPも3.59でありながら、シーズン防御率は2.13だった。
セイバーメトリクス的には明らかに「出来過ぎ」なのがわかる。
案の定、今季は防御率6.19と打ち込まれている。

またヘンドリクスのように球速がない投手だとちょっと手元が狂って甘いコースに投げてしまうと長打を打たれてしまう。
100マイルの投手なら甘いコースに投げても打たれないことがあるけど、球速がない投手はその可能性が少ない。
球速がない投手が打ち込まれると、長打を打たれまいとしてもっとコーナーを狙おうとした結果、四球が増えることがある。
今季のヘンドリクスが正にその状態で、去年の与四球率は2.08だったけど、今季は3.94まで悪化している。

このように技巧派タイプの投手は、いったん落ち目になると大崩れすることが多いのである。
この点、フィリーズのヘリクソンも同じで、現在、BABIP.164と極端に低く、FIPも3.77、xFIPも5.40で、一言でいえば運がいいだけなのだ。
今後、反動が出て、シーズンが終わってみれば、良くても防御率3点台後半に落ち着くだろう。
このように運がいいだけで、表面的に良くなった成績に惑わされずに選手の実力を正しく評価するためにセイバーメトリクスは存在するのである。

仮に去年のヘンドリクスみたいに1シーズン運がいいまま終わったとしても、もっと長いスパンで見れば、落ち着くところに落ち着くのだ。
今の成績だけ見て、いいとか悪いとか騒いでみたりするのではなくて、もっと長い目で野球を見た方がいいと思うよ。


コーダ・グラバー

話しが長くなったけど、最後の1人はグラバーが抑えて、グラバーがメジャーリーグで初セーブを挙げた!!
おめでとう、グラバー!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=22&year=2017&game=gid_2017_04_22_wasmlb_nynmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_04_22_wasmlb_nynmlb_1%2F&prevDate=422&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490365


マット・ウィータース

今日のメッツの先発はデグロムだったけど、ナショナルズは5.2回で10個の三振を喫しながら6四球を選び、デグロムから3点を奪った。
好投手を攻略するには味方投手も相手打線を最少失点に抑え、打線も四球を選んだり、ファウルで粘ったりして、相手投手の球数を増やし、早く降板させるのがいちばんなのだ。
そういう意味では、昨日も今日もいいナショナルズは攻め方ができたよね!!
こういう試合ができるようになるとポストシーズンでも勝てるようになると思うよ。

打線は、4回に一死満塁からウィータースのタイムリーで先制した!!


トレイ・ターナー

さらに5回に一死二塁からターナーのタイムリー二塁打で1点を追加した。
ハーパー敬遠の後、ジマーマンが打席に立った。
また凡退するのではないかと思ったけど、今日はタイムリーを放った!!
まだまだ信頼できないけど、ジマーマンも良くなりつつあるのかもしれないね。


きのうと今日と得点は少なかったけど、ハービーやデグロム相手に3点取った点は評価すべきだね。
明日は、エースのシャーザーなので、ぜひメッツをスイープして、7連勝を飾ろう!!
明日もぜひ勝ちますように!!


イチロー2

今日、マーリンズはパドレス戦だ。
まだ試合は始まってないけど、ぜひ今日も安打を打ちますように!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル352

【クリ様の一言】
今日もナショナルズは、メッツの先発相手に3点を奪い、好投手からでも点が取れることを証明しましたね!!
リリーフも良くなってきましたし、ぜひこのまま100勝&メジャーリーグ最高勝率での地区優勝を目指して頑張って欲しいですね!!
明日はエースのシャーザー投手の好投でメッツをスイープしましょう!
頑張れ、シャーザー投手!!

このページのトップヘ