Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、マイケル・コペック、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃん、辰巳シーナちゃん、恵比寿マスカッツについて語る星鈴のブログです。

2017年08月

5
ナショナルズ031

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_30_miamlb_wasmlb_1&mode=classic

私は、きのうの時点でストラスバーグが7.0回を自責点0くらいの好投をして勝てるんじゃないかと思っていた。
ところが、試合が始まるといきなりゴードンに打たれて、今日は調子が良くなさそうだと思った。
しかし、ロバトンがゴードンの盗塁を刺してくれたのがとてつもなく大きかったと思う。
これでストラスバーグが落ち着いたからだ。

2回も一死からリアルミュートに二塁打を打たれてピンチを迎えたけど、レフトフライとセカンドフライに仕留めてピンチを凌いだ。
3回と4回は三者凡退に仕留めたけど、5回は無死から三塁打を打たれてしまった。
これが今日の山場だったと思う。

今日はマーフィーとウィータースが欠場しているので、打線に多くは期待できない。
できれば先制点は許したくない場面だ。
ここでストラスバーグはディートリックとエリスを連続三振に仕留めた!!

普段、私がしつこいくらい三振が取れる投手が大事だというのはこういうところなのだ。
ここで打たせて取る投手なら外野フライや内野ゴロで失点してしまう可能性があるからだ。
そういう失点は年間を通じてかなりの点数になり、シーズンの防御率が大きく変わってしまう可能性がある。
そして、ポストシーズンだと相手投手も好投手なので、その1点が勝敗を分ける可能性もある。
奪三振率が高い投手はその1点を防ぐことができるのだ!!
この違いは大きいよね!!

今日のストラスバーグは決して良くはなかったけど、勝負所で三振を奪えたのは素晴らしかったよね!!
しかも、5回の決め球はどちらも4シームだった。
96マイルの外角の4シームは球速以上に威力があったんだろうね!!

今日はあのスタントンを4打数0安打、イエリッチを4打数1安打、オズーナを4打数0安打とマーリンズの主力打者を完全に封じた。
イチローとの対決もチェンジアップで空振りの三振に仕留めた!!


今日は、4シームの最速が96.9マイル、平均が95.6マイル、空振り率が5.6だった。
伝家の宝刀のチェンジアップも空振り率は14.3%、スライダーが30.0%、カーブが0.0%だった。
4シームも変化球もデータ的にはそこまで良くない。
しかし、そんな中で9.0回を8三振、1四球、6安打、自責点0に抑えたことに価値があると思う。
悪いときでもこうやって抑えることができるなら、シーズンを通じて安定した投球ができるはずだからね。

私はストラスバーグのメジャーリーグ初完封も観ていたんだけど、あれって2013年だったんだね。
もう4年も前なのか…。
感慨も深いよね。
でも、今日の完封の方が嬉しいかなぁ。

今年もまた故障して、20勝、250三振、防御率2点台の夢は潰えたけど、せめて防御率2点台だけは達成して欲しいよね!!
ゴンザレスだってロアークだって防御率2点台を達成したことがあるのに、ストラスバーグだけがないなんて許されないからね!!

でも、通算防御率はシャーザーが3.28、ゴンザレスが3.59、ストラスバーグが3.14、ロアークが3.35とストラスバーグがいちばんいいんだよ。
ストラスバーグは、抜群に防御率が良かった年がない代わりに悪かった年がないからね。


ナショナルズ029

シャーザーが防御率2.21、ゴンザレスが2.40、ストラスバーグが2.90でナショナル・リーグの2~4位を占めている。
この3人は世界最強の先発三本柱だよね!!

これはエクスタシーを感じるよね!!
鈴村あいりちゃんとセックスしてもこんなに興奮しないと思うよ!!
私はこういう野球が見たかったんだよ!!
ナショナルズは、私の人生で最高の野球を見せてくれるチームだね!!

このチームのファンになることができて本当に良かったと思う。
このチームに欠けているのは世界一だけなので、ぜひ今季はワールドシリーズ制覇を達成して欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=30&year=2017&game=gid_2017_08_30_miamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2017_08_30_miamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=830&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/marlins-vs-nationals/2017/08/30/492084?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492084


ナショナルズ030

打線は、なかなかチャンスを活かせずにイライラする展開が続いた。
しかし、5回、何とストラスバーグが自ら本塁打を放って、先制点を挙げた!!
今季2号で、通算3号だ!!
私はストラスバーグの初完封もリアルタイムで観ているけど、ストラスバーグの本塁打も3本全部リアルタイムで観ているんだよ!!


s-ウィルマー・ディフォ

さらにディフォも5号ソロを放って、ナショナルズが2‐0とリードした!!


レンドン2

7回はレンドンがタイムリーを放って、3‐0となった!!
これでナショナルズの勝利はほぼ確実となった!!
残る興味はストラスバーグが完封するかどうかだ!!


C9R8rYPU0AAAwuM

しかし、6時半になって副社長が来た。
私は、夜勤で21時過ぎから基本的に1人になるけど、6時半になると副社長が来るのだ。
いつもならここで試合を観るのをやめるんだけど「副社長、ストラスバーグが素晴らしい投球をしていますよ!!」とかいって中継を観続ける私(笑)
だって観たかったんだもん!!

副社長は本当にいい人なので、文句はいわないのだ。
それをいいことに仕事中にメジャーリーグの試合をネットで見続ける私。
8回はパスボールで1点を加え、4‐0とますますナショナルズの勝利は確実となってきた。


9回は先頭打者のイエリッチに安打を打たれて、無死一塁となったけど、後続を断って、ストラスバーグは自身2度目の完封勝利を挙げた!!
これは本当に感動したよね!!

仕事中なのに何をいわずにメジャーリーグの中継を観せてくれた副社長、本当にありがとう!!
今度、お礼に副社長が好きな天使もえちゃんのAVをプレゼントするからね(笑)

感動したわ!!
めちゃくちゃこの試合は感動したわ!!
今季のベストゲームだよ!!


ナショナルズは本当に素晴らしいチームだよね!!
シャーザー、ゴンザレス、ストラスバーグ、ハーパー、マーフィー、レンドン、ジマーマン、ターナー、ワースが同じチームにいるってどういうことよ!!
こんなに素晴らしい選手をそろえたチームが他にあっただろうか?
ナショナルズは最高のチームだよ!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場し、1打数0安打だった。
今季の成績は、.253、3本、15打点となっている
明日から頑張れ、イチロー!!

メジャーリーグの代打安打記録まであと5本…。


滝川クリステル479

【クリ様の一言】
今日は投打に渡ってストラスバーグ投手が主役の試合でしたね!!
先制本塁打も本当に素晴らしかったと思います!!
やっぱり、野球のいちばんの魅力は圧倒的な速球投手ですね!!
これからも世界最強三本柱でワールドシリーズ制覇に向けて突き進んで欲しいですね!!
頑張れ、ストラスバーグ投手!!

5
吉田正尚

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017083006/top

会社に着いて、スコアを見てみたら、2‐2の同点だった。
起きたときは2-0でリードしていたのに、金子が打たれて同点に追い付かれたみたいだった。

オリックスは初回、二死一二塁から中島がタイムリーを放って1点を先制した。
さらに3回、一死三塁から吉田正が犠牲フライを放って、2‐0となった。
しかし、ここからロッテの反撃が始まった。
金子が吉田裕太に1号ソロを打たれ、4回は髙濱にタイムリーを打たれて同点にされていたのだった。

もはや全盛期の力がない金子は。これまでもリードした試合をひっくり返され、オリックスが勝ちを逃した試合がいくつかあった。
今日も金子がつかまるのではないかという懸念があったので、早くリードを奪い、継投で逃げ切りたいと思っていた。
しかし、5回、6回とオリックスは走者を出すものの得点することができない。

そうこうしているうちに金子が失点してしまうのではと心配していたら、7回、一死一二塁から吉田正がタイムリーを放って、オリックスが勝ち越した!!


T-岡田

続くロメロが三振、中島が四球で二死満塁となって、打席にはT-岡田が入った。
今季、私がオリックスの試合を観始めたときはチャンスで全く打てなかったT-岡田だけど、最近はチャンスで打てるようになってきた。
ここは吉田正が勝ち越しタイムリーを放って、1点はリードしている分、楽に打てるはずだった。
だから、贅沢はいわないので、シングルヒットを打って欲しいと思っていた。

ところがT-岡田は予想を上回るグランドスラムを放ったのだ!!
これは本当に予想外だったよね!!
いつもこの勝負強さがあるなら、吉田正とクリーンアップが打てるのにね。

今日はド派手なグランドスラムを見せてくれたT-岡田を記事のタイトルにしようかと思ったけど、やっぱり吉田正の勝ち越しタイムリーがあったからこそ気楽に打席に入れた部分があったからね。
今日は吉田正をタイトルにしておくよ。


金子千尋

途中でKOされるのではないかと思っていた金子は完投で10勝目を挙げた!!
9.0回を4三振、1四球、5安打、自責点2だった。
正直なところ、そこまでいい投球のようには見えなかったけど、自責点2に抑えてくれたのは大きかった。
今季は残り試合で3勝くらい挙げて、13勝、防御率3.30くらいの成績は残して欲しいよね。


しかし、今日勝ってもロッテに9勝12敗と負け越しているね。
ソフトバンクと楽天に大きく負け越し、最下位のロッテにも負け越しているのでは、4位も仕方がないよね。
来季は苦手を作らず、どの球団でも悪くとも5割近い勝率を残せるようにならないとダメだね。


青山愛193

【めぐたんの一言】
今日は、吉田正選手のタイムリーが大きかったですね!!
T-岡田選手のグランドスラムと金子投手の完投勝利とオリックスにとっては収穫が大きかった勝利だったと思います。
次も勝ちますように!!
頑張れ、オリックス!!

5
エドウィン・ジャクソン

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_29_miamlb_wasmlb_1&mode=classic

今日のマーリンズの先発のバンス・ウォーリーは、ナショナルズのキャンプの招待選手で、オープン戦はナショナルズで投げていた。
しかし、ナショナルズに残れず、今季はマーリンズに所属することになった。
ウォーリーは、8月2日と8日にナショナルズ戦で先発し、2勝されて、13.0回を5三振、3四球、8安打、自責点1に抑えられていた。
防御率5.31の投手に完全に抑えられて悔しいことこの上なかった。

今日はそのリベンジのため、絶対にウォーリーに勝ちたかった。
そのためにもまずは先制点を与えないことだと思っていた。

ところが、夜勤終えて帰宅するとジャクソンがさっそく1点を先制されていた。
3回と4回にナショナルズが3点を奪い3‐1となったけど、またジャクソンが1点を失い、3-2と勝負の行方はわからなくなった。
さらにナショナルズが5回に2点を奪い、5‐2となった時点で今日は勝てると思っていた。

しかし、7回無死一塁から、イチローが安打を放って、無死一二塁となった。
イチローには本当に嫌な場面で打たれたよね。
さらに、送りバントをジャクソンが送球エラーして、1点を返されて5‐3となった。
そして、.295、51本、110打点のスタントンを敬遠して無死満塁となってジャクソンは降板した。

今日のジャクソンは、この後のブルペンの踏ん張りによって6.0回を5三振、4四球、6安打、1本塁打、自責点2で5勝目を挙げることができた。
今日は103球中60球がストライクで、ストライク率は58.3%と低かった。

球種別で分析すると4シームの最速は95.4マイル、平均が92.9マイルだったけど、空振り率は0.0%だった。
しかし、スライダーの空振り率は26.9%と非常に高かった。
4シームのストライク率は64.8%、スライダーは61.5%だったけど、チェンジアップとカーブのストライク率が33.3%と極端に低く、これが今日のコントロールの悪さの原因となっていた。

とはいえ、充分に先発5番手の役目は果たしていると思うよ。
悪いなりにも炎上しなかった分、フェッドよりも頑張っているよ。


オリバー・ペレス

しかし、今日のMVPはブルペンだよね!!
無死満塁で登板したペレスはイエリッチをサードゴロに打ち取り、本塁封殺で一死を奪った。


マット・アルバース

ペレスはここで降板して、アルバースが登板した。
アルバースはオズーナを見逃しの三振に仕留め、続くリアルミュートをショートゴロに仕留めたのだ!!

私も無死満塁だったから、最低でも1点は取られると思っていたよ。
しかも、ここ最近ブルペンが打たれ続けていたので、安打を打たれて同点または逆転されるのではないかと心配していた。
1点でも取られていたら5‐4となって、勝負の行方はわからなくなっていたんだよね。
本当にペレスとアルバースが良く頑張ってくれたと思うよ。


ブランドン・キンズラー

7回にナショナルズが3点を追加したので、セーブシチュエーションではなかったけど、キンズラーが登板した。
2試合連続で打たれて心配していたけど、今日はキッチリと抑えてくれた。


ドゥーリトル

9回はドゥーリトルが登板した。
2安打を打たれてしまったけど、終わってみれば自責点も0だった。
防御率3.12なので、早く防御率2点台に戻したいよね!!

やっぱり、ブルペンが打たれて逆転負けというのは野球の中でも最悪の負け方だからね。
今日はしっかり仕事してくれて良かったと思う。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=29&year=2017&game=gid_2017_08_29_miamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=429719&prevGame=gid_2017_08_29_miamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=829&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/marlins-vs-nationals/2017/08/29/492069?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492069


ダニエル・マーフィー

ナショナルズは1点のリードを許していたけど、3回二死二三塁からマーフィーのタイムリーで逆転した!!


レンドン2

4回も無視二塁からレンドンのタイムリーで1点を追加した。
3‐2となった5回裏にはディアザとジマーマンのタイムリーで2点を追加して5‐2となった。

7回裏には二死満塁からまたしてもレンドンが走者一掃の二塁打を放った!!
レンドンは3打数2安打4打点の大活躍だった!!
今季の成績も.303、22本、85打点と素晴らしい成績だ!!
ぜひ、100打点目指して頑張って欲しいと思う。


トレイ・ターナー

さらに、今日からターナーが復帰した。
今日は4打数1安打だったけど、3割目指して頑張って欲しいと思う。


これで今季中に戻ってこれそうなのは、マドソン、ロメロ、グッドウィン、ハーパーで、戻ってこれないのがグラバー、ロス、ドリュー、イートン、レイバーンだね。
もうかなり戻ってきたような印象があるけど、まだまだじゃないか!!
この故障者の多さはメジャーリーグ最多じゃないの?


まあ、何はともあれ、明日はストラスバーグが7.0回を10三振、0四球、3安打、自責点0の投球をして、11勝目&防御率2点台を達成しますように!!
頑張れ、ストラスバーグ!!


イチロー2

イチロー、今季23本目の代打安打! MLB記録へ残り5本、田沢は3失点 (ベースボールキング) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00129718-baseballk-base

今日のイチローは、代打で出場し、1打数1安打だった。
今季の成績は、.255、3本、15打点となっている。

イチローは、先日マーリンズの代打安打記録を作っていたけど、これで今季の代打での安打が23本となって、メジャーリーグ記録にあと5本となったみたいだね!!
まだレギュラーシーズンは31試合残っているから、ぜひ記録達成目指して頑張って欲しいよね!!
明日はストラスバーグが先発だから打たなくてもいいけどね(笑)


そして、今日はアストロズが負けたので、ナショナルズは勝率.611となって、メジャーリーグで勝率2位となった。
残り試合を勝ちまくって、シーズン100勝を達成して欲しいよね!!
頑張れ、ナショナルズ!!


滝川クリステル478

【クリ様の一言】
今日はブルペンの頑張りが光りましたね!!
無死満塁のピンチからペレス投手とアルバース投手が無失点で切り抜けてくれたのが勝敗の分かれ道だったと思います。
シーズン序盤のメジャーリーグ最低ブルペンの時代ならあの場面で逆転されて負けていたでしょうね。
この調子でポストシーズンもいい仕事をして欲しいですね!!

5
s-マックス・シャーザー

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_28_miamlb_wasmlb_1&mode=classic

やっぱり、シャーザーが勝ち投手になるのは嬉しいよね!!
今季は色々と運が悪かったシャーザーだけど、これからその反動で勝ちまくれればいいね!!
このままだと最大6試合先発することができる。
全部勝って、防御率でカーショウを逆転すれば、まだサイ・ヤング賞の芽もあるだろう。
メジャーリーグ最強投手を決める戦いはまだ終わってないのだ!!
何とか奇跡を起こしたいよね!!

そのシャーザーは序盤から打線の援護に恵まれ、比較的楽に投げられたと思う。
今日は、7.0回を10三振、2四球、5安打、1本塁打、自責点1と故障上がりの投手とは思えない投球だった。
100球を投げて69球がストライクで、ストライク率69.0%もなかなか良かった。

今日のシャーザーは、4シームの最速が96.2マイル、平均が93.8マイルといつものシャーザーに比べて球速がなかった。
4シームの空振り率も7.7%とシャーザーにしては平凡だった。
しかし、変化球の切れが抜群で、チェンジアップの空振り率が41.7%、スライダーが28.6%、カーブが37.5%だった。
シャーザーのカーブは見せ球で使うことが多いので、こんなに空振り率が高いのは初めて見た気がするよ。

今をときめくスタントンとの注目の対決も、1打席目はサードゴロの併殺打、2打席目はスライダーで空振りの三振、3打席目は96マイルの4シームで空振りの三振とシャーザーの圧勝だった!!
この対決はしびれたよね!!
そして、イチローとの対決でも91マイルの内角の4シームでショートフライに仕留めたのだ!!
4シームの球速ですら球速を変化させてくるシャーザーにイチローも困惑したんだろうね。
こういう駆け引きの上手さもシャーザーのすごさだ!!

イエリッチに16号ソロを打たれたのは残念だったけど、4連勝で勝率5割を超えてきた好調マーリンズ相手にこの投球は立派だったと思うよ。

これでシャーザーも13勝目だね!!
せかっくシャーザーのオーセンティック・ユニフォームを買ったんだから、ぜひ今年もサイ・ヤング賞を獲得して欲しいよね!!
頑張れ、シャーザー!!


マット・グレース

8回はグレースが登板したけど、1.0回を1三振、1四球、2安打、自責点1だった。
点差もあるんだし、こういうときくらいは無失点で抑えて欲しかったなぁ。
おかげでブルペンが失点する試合がまた続いてしまったじゃないか!!


s-サミー・ソリス

ソリスは、1.0回を2三振、0四球、1安打だった。
貴重な左の中継ぎなので、立ち直って、一線級の左のリリーフになって欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=28&year=2017&game=gid_2017_08_28_miamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_08_28_miamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=828&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/marlins-vs-nationals/2017/08/28/492057?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492057


レンドン2

打線は、初回、二死一三塁からレンドンのタイムリーで1点を先制した!!
さらに3回一死一三塁からジマーマンのショートゴロで1点を追加し2‐0となった。


s-ジェイソン・ワース

4回表にイエリッチの本塁打で1点を返され、2‐1となったけど、その裏、無死一塁からワースの9号2ランで4‐1となった!!
ワースも、今日、故障から復帰してきたけど、復帰早々いい仕事をしてくれたよね!!
シャーザーもそうだけど、復帰するなりこんな仕事をしてくれるなんて嬉しいじゃないか!!


ハウィー・ケンドリック

ナショナルズの猛攻は止まらず、6回、一死満塁からケンドリックが走者一掃の三塁打を放った!!
しかし、あれは普通にセンター前ヒットだったのがイエリッチが打球を後ろにそらしてしまったので三塁打になっただけだった。
まあ、でも、一死満塁でキッチリとタイムリーを打てるケンドリックは素晴らしいよね!!
本当にチャンスに強い打者だわ。


ダニエル・マーフィー

続くテイラーは倒れたけど、マーフィーがタイムリーを放ち、ジマーマンが安打、レンドンが四球で続き、ウィータースが2点タイムリーを放った!!
これでナショナルズは11‐1となった。
メジャーリーグ最強打線といってた頃の勢いが戻ってきたみたいだね!!
今日は、特に12勝しているウレーナから5点も取れたのが大きかったね!!

エースがしっかりと抑えて、打線が打ちまくる。
こういう野球が見たかったのだ!!
今日は最高の1日だよ!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場し、1打数0安打だった。
今季の成績は、.250、3本、15打点となっている。
ナショナルズ戦が終わるまで、イチローが大人しくしておきますように(笑)
ナショナルズ戦が終わったらまた応援するからね!!


滝川クリステル477

【クリ様の一言】
今日は故障から復帰したシャーザー投手とワース選手の活躍で素晴らしい勝利でしたね!!
打線も打ちまくって、メジャーリーグ最強打線が復活ですね!!
これからターナー選手やハーパー選手も戻ってくれば、投打共に世界一を狙えるメンバーがそろうでしょうね!!
明日も勝ちましょう!!

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_27_nynmlb_wasmlb_2&mode=classic

あれこれしていたら、こっちの試合は観れなかったんだけど、途中経過を見ていたら、ナショナルズが2‐0で勝っていた。
そこでラーメン屋に行って、戻ってきたら4‐3になっていた。
2‐0のままロアークが抑えて勝つのではないかと希望的観測を持っていたら、ロアークが6回表に3点取られて逆転されていたみたいだった。
しかし、その裏のナショナルズが2点取って再逆転したので、ロアークは勝ち投手になり、11勝目を挙げた。

今日のロアークは、6.0回を9三振、0四球、5安打、1本塁打、自責点3だった。
6回に本塁打を含む3連打で3点を失ったけど、調子自体は悪くなかったのだろう。

今日は2シームの最速が94.3マイル、平均が91.8マイルで、空振り率が3.8%だった。
変化球の空振り率もチェンジアップが14.3%、スライダーが16.7%、カーブが17.4%とまずまずだったみたいだね。
もうポストシーズンが近づいてきているので、そろそろ15勝級の投球に戻って欲しいと思う。


ショーン・ケリー

7回はアルバースが投げたけど、ダブルヘッダー第1試合で痛い目にあったばかりなのに8回にケリーやブラントンを投げさせるベイカー監督。
私はきのう打たれたといってもキンズラーを投げさせるべきだったと思うよ。
キンズラーがダメなら、左右関係なしにペレスで良かったのでは?
結果的にケリーとブラントンは抑えたけど、これは褒められた継投ではないと思う。


ドゥーリトル

8回裏から試合を観ていたので、ドゥーリトルの投球も見ていたけど、二死からのレイエスの打球はテイラーが捕球しないとダメだよね。
あれはテイラーのエラーでいいと思うけどなぁ。
あれを自責点にされるとドゥーリトルがかわいそうだよ。
防御率2点台になるか否かの瀬戸際だけにあの自責点は痛いよね…。

まあ、でも何とか16セーブ目を上げることができて良かったと思う。
最近、メジャーリーグ最悪だったナショナルズのブルペンの悪い部分がキンズラーやドゥーリトルに伝染してるみたいで嫌だね…。
せめて、移籍組くらいはしっかりと投げて欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=27&year=2017&game=gid_2017_08_27_nynmlb_wasmlb_2%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_08_27_nynmlb_wasmlb_2%2F&prevDate=827&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/mets-vs-nationals/2017/08/27/491372?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491372


レンドン2

打線は4回無死一三塁からレンドンのタイムリーで1点を先制した!!
さらにリンドの犠牲フライでナショナルズが2‐0とした!!


テイラー

6回表に逆転を許し2‐3となったけど、その裏、一死満塁からテイラーとスティーブンソンが連続押し出しで4‐3と逆転した!!


アダム・リンド

8回はリンドの11号ソロで1点を追加し、終わってみればナショナルズが5‐4で勝った!!


やっぱり、ダブルヘッダー連勝は難しいというのが野球の定理だからね。
この試合は勝つと思っていたよ。
最近、調子が悪かった打線が打てるようになって嬉しかったね!!


しかし、せっかくアストロズに勝って、メジャーリーグ勝率2位を確保したのに、また3位に戻ってしまったのは残念だね…。
これから7連勝くらいして、メジャーリーグ勝率2位を確固たるものにしたいよね!!


イチロー2

今日のイチローは出番がなかった。
今季の成績は、.252、3本、15打点となっている。
明日からはナショナルズ戦なので、イチローが大人しくしておきますように(笑)


滝川クリステル476

【クリ様の一言】
2試合目は勝てて良かったですね!!
明日はシャーザー投手が復帰するので、ぜひ勝ち投手になって欲しいですね!!
頑張れ、シャーザー投手!!

1
エリック・フェッド

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_27_nynmlb_wasmlb_1&mode=classic

この試合は、先発がフェッドなので厳しいと思っていた。
というか、先発に限らず、野手もそうだけど、故障者が続出しているために本来ならメジャーリーグに昇格できないレベルの選手がたくさん昇格している。
フェッドも3Aで苦戦しているんだから、メジャーリーグで先発できる投手ではない。

今日のフェッドはシンカーの最速が93.8マイル、平均が92.7マイル、4シームの最速が93.7マイル、平均が92.4マイルとなっている。
ところが下記のリンク先ではシンカーが11球、4シームが11球で、チェンジアップが70球となっている。
いくらなんでもそれはないと思う。

PITCHf-xはコンピューターが球種を自動判定するので、球速が遅いシンカーか4シームがチェンジアップとして識別されただけだろう。
以前、ヤンキースの田中将大のシンカーが遅すぎてスプリッターと判定されていたのと同じだ。

今日のフェッドは、6.0回を5三振、2四球、7安打、2本塁打、自責点5だった。
6.0回で112球も投げ、ストライクは67球、ストライク率は59.8%に過ぎなかった。
甘いコースだと打たれてしまうので、コーナーを狙うけど、コマンドが悪いのでボールになってしまったのだろう。
まあ、でも本来は3Aで投げている投手をナショナルズの都合で昇格させて先発させているだけなので、仕方がないだろう。


ジョー・ブラントン

文句をいいたいのはブラントンだ。
せっかく同点に追い付いたのに、あっさりと本塁打を打たれてしまうんだからね。

まあ、いちばん悪いのは同点の8回にブラントンを登板させるベイカー監督だと思うけどね。
何でアルバースかキンズラーじゃないの?
キンズラーはきのう打たれていたからという理由で登板させないなら、消去法でアルバースでしょ?
わざわざ防御率6点台の投手を同点の8回に登板させる意味がわからないよね。
それで負けている場面でアルバースを投入するんだからますます意味不明だわ。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=27&year=2017&game=gid_2017_08_27_nynmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=607200&prevGame=gid_2017_08_27_nynmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=827&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/mets-vs-nationals/2017/08/27/492046?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492046


s-ウィルマー・ディフォ

ナショナルズは0-5とリードされたけど、5回にディフォのタイムリーで1点を返した。
6回はディアザのタイムリーとケンドリックの犠牲フライで2点を返し、3‐5となった。
7回はテイラーのタイムリーとディアザの犠牲フライで同点となった。
せっかく5点差を追いつき、勝てるムードが出てきたところでブラントンが本塁打を打たれて水を差された。
野球はこういう流れを活かせないと勝てないスポーツだと思う。

この裏、ケンドリックの意表を突いたセイフティーバントで無死一二塁となったけど、ここでディフォがバントを失敗した。
一死二三塁にしておけば、犠牲フライでも同点になり、単打でも逆転できる可能性もある。
ディフォみたいな選手は主軸が打って打点を稼げるようにするのが役目だ。
こういう場面で送りバントもできないようではレギュラーはつかめないよ。

本当にいい流れだったのに、ブラントンとディフォの不甲斐ない働きで勝ち星が逃げてしまったと思う。
9回も本塁でタッチアウト。
観ていてストレスのたまる試合だったと思う。


滝川クリステル475

【クリ様の一言】
本当に惜しい試合でしたね…。
しかし、ポストシーズンで勝つためにもこういう試合に競り勝つようにならないといけませんね。
次の試合はナショナルズが勝ちますように!!

2
マイケル・コペック

https://www.milb.com/gameday/knights-vs-braves/2017/08/26/498598?#,game_state=final,game_tab=,game=498598

フューチャーズゲーム以降、圧倒的な投球を続けていたコペックだけど、3A昇格以降はパッとしない投球に戻ってしまった。
きのうも5.0回を6三振、3四球、2安打、自責点1だった。
5.0回で102球も投げてしまい、ストライクは63球でストライク率は61.8%だった。
ボール球が多い上にファウルで粘られるなどして球数が多くなったんだろうね。

やっぱり、制球難はそう簡単に治るものではないらしい。
球速だけなら先発投手としてはメッツのシンダーガードを上回るメジャーリーグ最速なんだろうけど、その他の物が足りないんだろうなぁ。
まあ、でも、まだ21歳だし、私はめちゃくちゃ期待しているよ!!
何よりも投手の魅力は速球だからね!!

しかも、コペックの速球は速さだけではなくて、回転数もすごいらしいね。
速球で2,800回転するのはメジャーリーグの投手と比べても史上最高らしいよ。
シャーザー以上の速球なんだから、ますます期待してしまうよね!!

今季は3Aに昇格できたことで良しとして、オフに頑張って、来季の夏くらいにメジャーリーグに昇格できるように頑張って欲しいと思う。


滝川クリステル474

【クリ様の一言】
私も2Aの圧倒的な勢いのまま3Aも卒業し、9月にメジャーリーグデビューを果たせると思っていたのですが、3Aで壁に当たっている感じですね。
これで9月のメジャーリーグデビューは厳しくなったかもしれませんね…。

1
京都サンガ041

http://www.sanga-fc.jp/games/result/2017082705/

サンガは下位に沈み、浮上の気配さえ感じられない。
4試合連続で勝ってないサンガが、プレーオフ圏内に入っているV・ファーレンに勝てないとは思っていたけどさ。
本当に厳しいシーズンだね。

サンガもV・ファーレンも決定的なシーンで外していたけど、試合が終わるまでに決められるのがV・ファーレンであり、それができないのがサンガだ。
サンガは開幕からいきなりコケたけど、今季は盛り上がるところがないまま終わろうとしている。
何度も書いてきたことだけど、プレーオフに進出させた石丸監督を切って、わざわざ新人監督にしたのが間違いだと思う。
私はあれだけ石丸監督を留任させるべきと書いてきたのに、案の定失敗したじゃないか!!
本当にJ1昇格を狙うなら、せめて経験豊富なベテラン監督にすべきだったと思うよ。

私は石丸監督がすごく好きだったので、正直なことろ、今季は少し醒めていたんだよね。
あれだけ苦しい時期にサンガの監督を引き受けてくれて、降格争いをしていたサンガをプレーオフ圏内まで導いた功労者を解任するんだから当たり前じゃないか!!

新人監督に闘莉王や大黒、菅野みたいな百戦錬磨のベテランをまとめられるだろうか?
私はその点も疑問に思っていた。
今のサンガはまとまりが感じられないよ。

私は布部監督よりも布部監督を選んだ人たちの責任の方が大きいと思うよ。
シーズン終了後に布部監督を解任して終わりにするのではなくて、まずはフロントを刷新しないとサンガは良くならないんじゃないの?

サンガが強かったら、私も福岡から長崎まで試合を観に行こうと思っていたんだけどね。
観に行っていたらブルーになったと思うので、行かなくて良かったと思うよ。
同じ負ける中でも今回はこれが良くなったというのが見えてくればいいんだけど、それがない。
本当に厳しいシーズンだね…。


青山愛192

【めぐたんの一言】
今日も本当に悔しい試合でしたね…。
もう、今季は若手主体に切り替えて、来季以降を見据えた戦いをした方がいいと思いますよ。

5
627513109_640

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017082705/top

オリックスの先発の松葉がピリッとしない。
初回に西武に秋山の犠牲フライ、浅村のタイムリー、山川の本塁打で3点を献上した。
2回に小島と宮崎のタイムリーでオリックスが同点に追い付くも、松葉は立ち直ることがなく、2.0回を2三振、1四球、7安打、1本塁打、自責点5でKOされた。
やっぱり、私の見立て通り松葉は力不足だね…。
速球が非力すぎるし、それを補えるだけのコマンドもないからね。
さらにオリックスは金田が1点を失い、3-6となった。


吉田正尚

6回、オリックスは一死二塁から代打の西野がタイムリーを放ち、大城が安打で続いた。
ここで打席には我らが吉田正尚が入った!!
そして、吉田正は9号3ランを放ち、オリックスが7-6と逆転した!!
本当に吉田正はすごい打者だよね!!


黒木優太

これで勝ったと思ったんだけど、7回裏の二死満塁から黒木がタイムリーを打たれ、7-8と再逆転を許してしまった…。
今日の黒木は、1.0回を2三振、2四球、1安打、自責点2だった。
やっぱり、1年目なのに福良監督に酷使されて体力的にも厳しくなり、かつクローザーの失敗で自信もなくしているんだろうね。
才能がある投手なので、ぜひ立ち直って欲しいよね!!
それにしても、センターもあの打球は取れなかったのかなぁ?


ここで負けを覚悟したけど、一死一三塁から小谷野が6号3ランを放って、オリックスが10-8と再々逆転をしたのだった!!
小谷野は本当にチャンスに強いよね!!
私は、1番にT-岡田を固定して、2番は中島か小谷野にするべきだと思うんだよ。
そうすれば、吉田正の打点はもっと増えて、オリックスのチーム得点も飛躍的に伸びると思うよ!!


平野佳寿

9回は平野が登板した。
平野は山川に本塁打を打たれて1点を失ったけど、23セーブ目を挙げて、オリックスが10-9で勝った。
本当にハラハラドキドキの試合だったよね!!
勝って本当に嬉しかったよ!!


青山愛191

【めぐたんの一言】
西武の猛攻にさらされ、苦しい試合でしたけど、オリックスの打者が本当に良く頑張りましたね!!
特に吉田正選手と小谷野選手の本塁打は素晴らしかったですね!!
その反面、黒木投手と平野投手が心配ですね…。

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_26_nynmlb_wasmlb_1&mode=classic

シャーザーのサイ・ヤング賞獲得が厳しくなってしまった以上、ぜひともゴンザレスにサイ・ヤング賞を獲得してもらいたいというのがナショナルズ・ファンの願いだろう。
カーショウが9月上旬に復帰するという話なので、ぜひ今日は勝って、勝ち星の差を詰めておきたいところである。
カーショウも故障上がりなので、万全だとは限らないし、故障で投球回数が少ない分、勝ち星や防御率で多少上回っていてもマイナス評価になるだろう。
ぜひ、ゴンザレスに頑張ってもらいたいよね!!


さて、そのゴンザレスは、6.2回を2三振、1四球、6安打、自責点2だった。
4シームの最速は89.9マイル、平均88.8マイルで空振り率も0.0%、2シームの最速は90.3マイル、平均88.4マイルで空振り率も3.6%と速球系の球は良くなかった。
変化球もチェンジアップの空振り率が11.1%、カーブが0.0%だった。
要するに今日は突出した球がなかったということだ。

しかし、そんな中でも粘って好結果を出せるのが今季のゴンザレスだ。
今日も打たせて取る投球に徹し、見事チームトップの13勝目を挙げた!!
ぜひ、この勢いで勝ちまくって欲しいよね!!


ブランドン・キンズラー

しかし、今日もキンズラーが1.0回を0三振、0四球、4安打、自責点2と打ち込まれてしまったのは心配だ。
マドソンもいつ戻ってくるかわからないので、キンズラーが立ち直らないと厳しいからね。
暑くて体力的にも厳しいと思うけど、ぜひ頑張って欲しいよね!!


オリバー・ペレス

点差が開いたので、9回はペレスが登板した。
一死から三塁打を打たれてしまったので、1点は取られるかもしれないと思ったけど、無失点でしのげたのは大きかったね!!
これでペレスの防御率も3.14となり、2点台が目前となった。

ドゥーリトル、マドソン、キンズラー、ペレス、アルバースの5人は防御率2点台を達成して欲しいよね!!
確実に抑えられる投手を5人くらいはキープしておかないとポストシーズンが苦しくなるからね。
ロメロは復帰すれば防御率3点台の可能性はあるけど、グレース、ブラントン、ケリーは3点台は無理だろう。
でも、最低でも4点台はキープして欲しかったよね…。

しかし、シャーザー、ストラスバーグ、ゴンザレス、ロアーク、ジャクソンの先発ローテーションはメジャーリーグ最高といってもいいんじゃないの?
故障が多いからなかなか全員そろわないけどさ(笑)


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=26&year=2017&game=gid_2017_08_26_nynmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_08_26_nynmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=826&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/mets-vs-nationals/2017/08/26/492031?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=492031



テイラー

打線は、初回、ワイルドピッチとエラーで2点を奪い、さらにテイラーのタイムリーとサンチェスのタイムリーも加わって、一挙に4点を先制した!!


アダム・リンド

2回もリンドのタイムリーで1点を追加し、5‐0となった!!


レンドン2

3回に1点を返されたけど、レンドンのタイムリーで1点を加えて、6‐1となった。
この時点で楽勝かと思っていたのだが…。


エイドリアン・サンチェス

しかし、キンズラーが打たれたりして、メッツに3点を返され、スコアは6-4となった。
嫌な空気になってきたけど、ナショナルズはサンチェスなどのタイムリーで3点を追加し、終わってみれば9-4の圧勝だった!!
久しぶりに打線が打てて良かったよ!!

レンドンやリンドもさることながら、テイラーやディフォの若手が打ったのが嬉しかったよね!!
この2人は本当に頑張って欲しいよね!!


ノア・シンダーガード

それにしても、メッツも怪我人が多過ぎるよね。
シンダーガードもいつになったら戻って来るんだろう?
シンダーガードもハービーみたいに使い物にならなくなるんじゃないかと思ってしまうよね。
速球投手は野球の花形だけど、球速の上昇に耐えられるようなトレーニングが開発されない以上、速球投手も球速だけに頼らない投球ができるようにならないといけないと思うよ。


イチロー2

イチロー球団の代打安打記録を更新、MLB記録にも「6」 田澤純一は3勝目 (Full-Count) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00010011-fullcount-base

今日のイチローは代打で出場し、1打数1安打だった。
今季の成績は、.252、3本、15打点となっている。

さて、上記の記事の通り、イチローは代打で22安打を放って、マーリンズの球団記録に並んだらしいね。
イチローもコツコツ頑張ってきた甲斐があったよね!!
ちなみにメジャーリーグ記録は28本で、あと6本だそうだ。
これを達成すれば、またイチローに新しい記録が加わるよね!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル473

【クリ様の一言】
今日はゴンザレス投手も好投しましたし、打線も打ちましたし、久々の会心の勝利でしたね!!
イチロー選手もマーリンズで代打の安打記録も作りましたし、最高の1日だったと思います。
明日もいい日でありますように!!

このページのトップヘ