Nationals Nation

マックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグ、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、マイケル・コペック、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、戸田真琴ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

2016年07月

1
レイナルド・ロペス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_07_30_wasmlb_sfnmlb_1&mode=classic

今日は、朝から乙葉ななせちゃんのサイン会に行ったので、試合は3-0でリードしていたところまでしか観てなかった。
でも、あの後、逆転負けしていたんだね…。

ロペスは、92球でストライクは51球、ストライク率は55.4%に過ぎなかった。
特に4シームが51.9%と悪かった。
最速は98.7マイル、平均は97.2マイルと素晴らしかっただけに、コントロールの悪さがもったいなかったね。
チェンジアップのストライク率は61.5%、カーブのストライク率は60.0%と4シームほどは悪くなかったけど、ジオリートと同じであんなに4シームのコントロールが悪いと投球が組み立てられない。

ジオリートに続き、ロペスまで制球難となるとマイナーの育成組織はどうなっているんだと思うよね。
何でこの制球難をマイナーのときに調整しなかったんだろう?
特に2Aと3Aの投手コーチはいいコーチを雇った方がいいと思う。
ここにいいコーチを就任させて、ジオリートとロペスが開花すれば、FAに大金を投入するよりもはるかに少ないお金で戦力UPができるはずだからね。

それにしても、メジャーリーグで活躍するのって、本当に難しいことなんだろうね。
昇格するだけでも難しいのに、その中で活躍できる選手なんてごく一握りだしね。
シャーザーやストラスバーグがどれくらいすごい投手なのか本当に良くわかるよね。


s-ヤスメイロ・ペティット

今日は、ペティットが7回に力尽きた…。
ここまで良く頑張ってくれていたペティットだけど、そのペティットも疲れが出てきているみたいだね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=30&year=2016&game=gid_2016_07_30_wasmlb_sfnmlb_1%2F&pitchSel=625643&prevGame=gid_2016_07_30_wasmlb_sfnmlb_1%2F&prevDate=730&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/v989668083/73016-giants-outlast-the-nationals-53/?game_pk=448422


レンドン2

打線は、3回二死一塁からレンドンの2ランで先制した。
そして、4回無死一塁からエスピノーザの二塁打で3‐0となった。
この時点で勝つと思っていたんだけどね…。
本当に惜しい試合だったと思う。


s-イチロー

今日のイチローは、スタメンで出場で4打数0安打だった。
今季の成績は、.328、0本、12打点、9盗塁だ。
通算2,998安打で、メジャーリーグ通算3,000安打まであと2本だ。
頑張れ、イチロー!!

マーリンズが勝ったので、ナショナルズとのゲーム差は5.0だ。
今日はメッツは負けたのでメッツとの差は7.5のままとなっている。


滝川クリステル189

【クリ様の一言】
今日でジャイアンツ戦も2勝1敗となりましたね。
ぜひ、明日は勝って3勝1敗で勝ち越してもらいたいですね!!
ゴンザレス投手にはぜひ頑張ってもらいたいですね!!

5
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_07_29_wasmlb_sfnmlb_1&mode=classic

ロペスとクエトのマッチアップを制して勢いに乗るナショナルズだけど、今日のマッチアップはシャーザーとサマージャだった。
ジャイアンツも次々と好投手を繰り出してくるね。
やっぱり西地区の首位だけあって、いい先発投手をそろえているよね。

2回に先制点を許したシャーザーだったけど、その後は7回まで無失点で切り抜けた。
4シームの最速は98.9マイル、平均は95.9マイルといつもより速かった。
ところが、空振り率は6.1%といつもほどは高くなかった。
今日の投球の軸はスライダーだった。
空振り率46.2%と猛威を振るい、ジャイアンツの打線を封じ込めた。
7.0回を6三振、2四球、5安打、自責点1と素晴らしい投球で11勝目を挙げたのだった。

今季の残り先発は11試合になるけど、そこで9勝しないと20勝には届かない。
QSしながら勝てなかった数々の試合が悔やまれるよね…。
しかし、まだ20できる可能性は残っているので、諦めずに最後まで頑張って欲しいと思う。

そして、今季は初の奪三振王のタイトルもかかっている。
フェルナンデスが驚異的な奪三振率だけど、負けずに頑張ってもらいたいよね!!


ショーン・ケリー

シャーザー降板後は、バタバタした継投になったけど、最後はケリーが締めた。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=29&year=2016&game=gid_2016_07_29_wasmlb_sfnmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2016_07_29_wasmlb_sfnmlb_1%2F&prevDate=729&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/v987888083/72916-scherzer-shuts-down-giants-in-nats-win/?game_pk=448407


s-ジェイソン・ワース

打線は4回表の一死二塁からワースのタイムリーで同点となった。
5回は一死三塁からリビアのタイムリーで勝ち越した。
リビアが盗塁し、ハーパーが凡退の後にマーフィーが三塁打で3‐1と突き放した。

ハーパーはついに.235、20本、56打点か…。
もう、不振というレベルではなくて、去年が出来過ぎだったと思われても仕方がないレベルになってきたね…。
去年の実績があるから仕方がないのかもしれないけど、2番ではなくて、下位を打たせた方がいいと思うけどね。
1番ターナー、2番レンドン、3番マーフィー、4番ラモス、5番ハーパー、6番ワース、7番リビア、8番エスピノーザでいいと思うよ。

また、マーフィーの三塁打は打った瞬間入ったと思ったのにね。
あの当たりで入らないとかさすがAT&Tパークだと思ったよ。
6回にはレンドンにもタイムリーが出て、4‐1で勝った。


最近のナショナルズを見ていると、メジャーリーグ屈指の好投手でも点が取れるようになってきたね!!
昔なら強い相手には為す術もなく簡単に負けていたし、好投手には1点も取れずにアッサリ負けることが多かった。
しかし、最近は好投手でも点を確実に取ってくれて、その得点をナショナルズの投手が守り切って勝てるパターンになっている。
この点は非常に評価すべきだと思う。

去年までのナショナルズなら、このシリーズも4連敗してもおかしくなかったからね。
カブスとトドジャースにスイープされたときは去年と変わってないと思ったけど、その悔しさを糧にして、今季は成長したと思う。
この調子でレギュラーシーズンの残り試合とポストシーズンも頑張ってもらいたいよね!!


s-イチロー

今日のイチローは、スタメンで出場で4打数0安打だった。
今季の成績は、.328、0本、12打点、9盗塁だ。
通算2,998安打で、メジャーリーグ通算3,000安打まであと2本だ。
頑張れ、イチロー!!

マーリンズが負けたので、ナショナルズとのゲーム差は6.0だ。
今日はメッツも負けたのでメッツとの差は7.5となっている。


滝川クリステル188

【クリ様の一言】
おととしポストシーズンで完敗したジャイアンツが相手でしたが、シャーザー投手がエースらしい素晴らしい投球を見せてくれましたね!!
このシリーズは3戦目、4戦目のマッチアップは不利ではありますけど、ぜひ3勝1敗で勝ち越してもらいたいと思っています。
明日は、ぜひロペス投手の好投を期待したいですね!!

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_07_28_wasmlb_sfnmlb_1&mode=classic

私は、20時から翌日8時までの12時間勤務の運送会社の事務員だ。
事故や故障がなければ暇な仕事で、会社で6時間くらい司法書士の勉強もできるくらいだ。
18時45分に起きるので、13時前には寝る。
つまり、西地区の試合は最後まで中継を観れないのだ。
だから、西地区の試合はいつも夜の更新になるからね。


今日のロアークはコマンドが安定せず、苦しい立ち上がりだった。
2回にはせっかく3点のリードをもらったのに、その裏に先頭打者に二塁打を打たれしまった。
この後に二者連続で四球を出して、無死満塁にしたのが良くなかった。
しかし、ウィリアムソンを高めの94マイルの速球で空振り三振に仕留めたのが大きかった。
中継ぎに回ったことで速球の球速が上がったことが活かされていた。
一塁ゴロで1点を失ったけど、このピンチを最少失点で切り抜けられたのが良かった。

今日のロアークはストライク率57.7%と荒れていたけど、それでもきのうブログに書いていた7.0回を自責点1のノルマを果たしてくれたのが嬉しかったね!!
これで、10勝6敗、防御率2.96だ。
ローテーションに防御率2点台が3人もいるのがエクスタシーを感じるね!!

ロアークも今季は17勝、防御率2.70くらいを目指して欲しいよね!!
これくらいの成績を残せば、メジャーリーグでも屈指の好投手と認められるだろうね。
エース級の成績を残しながら、ナショナルズにいるために3番手扱いになるけど、シャーザーやストラスバーグと切磋琢磨して頑張って欲しいと思う。


ロアークの援護射撃のおかげで、クエトは負け投手となった。
そして、今日はフェルナンデスも先発し、5.0回を9三振、2四球、6安打、2本塁打、自責点5で負け投手になっていた。


ストラスバーグ 14勝1敗 127.2回 155三振 防御率2.68
フェルナンデス 12勝5敗 125.2回 184三振 防御率2.79
バムガーナー 10勝6敗 150.2回 170三振 防御率2.09
クエト 13勝3敗 147.1回 131三振 防御率2.63
アリエタ 12勝4敗 127.1回 135三振 防御率2.76
シンダーガード 9勝5敗 117.1回 144三振 防御率2.45
デグロム 6勝5敗 112.2回 109三振 防御率2.56

ストラスバーグのライバルたちが負けたおかげで、現状ではサイ・ヤング賞争いはストラスバーグが一歩リードという感じになってきたね。
それにしてもフェルナンデスの奪三振率13.18はすごいよね。
ランディ・ジョンソンのシーズン記録である奪三振率13.41も狙えるんじゃないの?


s-ジョナサン・パペルボン

それにしても、パペルボンも本当にダメになってきたね…。
まあ、これくらいダメな方がクローザーも外しやすいからね。

2007年にメジャーリーグ昇格を果たしたパペルボンは、デビュー当時は平均球速も96.04マイルだったけど、2013年には92.92マイルと急激に落ち込んできた。
今季に至っては91.73マイルに過ぎない。
やっぱり、速球派のクローザーは寿命が短いね。
チャップマンだって今は飛ぶ鳥を落とす勢いだけど、数年後には目も当てられないくらい劣化している可能性も高いと思うよ。


s-ロバートソン

今、いくつかトレードの話があるけど、私の意見を書いておこう。
例えば、ウェイド・デービスの獲得の話もある。
確かにデービスは文句の付けどころのないくらいいいクローザーだ。
それだけに交換要員もかなり要求されることは想像に難くない。

そこで、私は2ちゃんねるにも書いてあったけど、ロバートソンがいいのではないかと思う。
ロバートソンくらいならターナー、ロス、ロペスも出さずに獲得できる可能性もあるしね。

ロバートソンは平凡な成績だけど、奪三振率は抜群にいい。
平凡な成績なのはコントロールが悪いからだ。
ここを修正すれば、防御率2点台、35セーブはできる投手になれる。
マダックス投手コーチがいるのだから、私はロバートソンを開花させることはできると思う。


確かに今季も大事なんだけど、ここでプロスペクトを出してしまうとスカスカのマイナーが壊滅状態になるので、数年後のナショナルズはボロボロになってしまう可能性もある。
現状では勝率も高くなるので、ドラフトでもいい選手を指名できる可能性も低いことも考えれば、目先のポストシーズンのことだけではなくて、数年後も見据えたバランスのいい補強をするべきだと思う。

ナショナルズは他のチームから移籍してきた選手を開花させ、キャリアハイを出させることが多い球団なので、ロバートソンを獲得して開花させるのも一考の価値があると思うけどね。
それに私はロバートソンの大ファンだしね!!
平均球速こそ92.38マイルだけど、初速と終速の差が6マイルちょっとしかないので、奪三振率もいいからね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=28&year=2016&game=gid_2016_07_28_wasmlb_sfnmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2016_07_28_wasmlb_sfnmlb_1%2F&prevDate=728&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/v983811983/72816-roark-pitches-nationals-past-giants/?game_pk=448392


エスピノーザ

打線は、2回二死一二塁からエスピノーザのタイムリーで先制し、ロアークとターナーも続いて一挙に3点を奪った。
しかし、不安定なクエトからその後は点を取ることができなかった。
サイ・ヤング賞のこともあるので、少しでも点を取って、防御率を悪くしておきたかったのだが…。
6回にはハーパーのタイムリーで4‐2でナショナルズが勝った。

ターナーは今日も2安打で、打率も.333だ。
このまま1番で定着しそうだね!!


s-イチロー

今日のイチローは、代打で出場で1打数1安打だった。
今季の成績は、.335、0本、12打点、9盗塁だ。
通算2,998安打で、メジャーリーグ通算3,000安打まであと2本だ。
頑張れ、イチロー!!

マーリンズが負けたので、ナショナルズとのゲーム差は5.0だ。
今日はメッツも負けたのでメッツとの差は6.5となっている。


滝川クリステル187

【クリ様の一言】
今日はロアーク投手が素晴らしい投球を見せてくれましたね!!
イチロー選手も3,000本安打まであと一歩なので、頑張って欲しいですね!!

5
スティーブン・ストラスバーグ4

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_07_27_wasmlb_clemlb_1&mode=classic

今日勝ったのは本当に大きかった!!
大型連勝の後は、得てして連敗があるものなんだけど、1敗で留めることができたのは本当に良かった。


7月3日の司法書士の試験の自己採点をしたら落ちていたし、最近は気分が落ち込むことばかりだった。
そこで、来年こそは絶対に合格しようと思って、色んなモノを捨てようと思ったんだよ。
それでも、私にはどうしても捨てられないモノが2つある。
その一つがMLBで、もう一つが同人だ。
この2つだけは私が生きていくために必要不可欠なモノなのだ!!

同人に関しては、司法書士の勉強中は活動休止しているので(合格したら活動再開する予定)、何も変わることはないんだけど、MLBだけは現状維持しようと思っている。
それ以外のモノは合格までお預けにすることにしたんだよ。


1997年、1998年、そして2000年、2004年は私の人生の転機だった。
これらの年に頑張ったから、今の私があると思っている。
私が頑張ることができたのは、ロジャー・クレメンスが獅子奮迅の投球を見せてくれて、サイ・ヤング賞を獲得してくれたからだった。
「あんなにクレメンスは頑張っているんだから、私も頑張ろう」‐そう思わせてくれたから私も成長できたのだ!!
偉大な野球選手とはそんな存在なのだ!!


2007年クレメンスが引退して以降、私の心は空っぽになった。
私は9年待った!!
待ちくたびれて、もうクレメンスみたいな投手は現れないと思ったことも何度もあった。
しかし、今、やっとクレメンスの後継者が降臨したのだ!!

ストラスバーグは素晴らしい投球をして、私に勇気をくれる。
どんなに無理して勉強をしても、ストラスバーグが好投して勝ち投手になれば癒されるのだ!!
今日も死ぬほど勉強したけど、本当に疲れも吹き飛ぶよね!!
司法書士の自己採点後は陰鬱な気分になっていたのに、めちゃくちゃ気分が良くなったよ!!


jojo03

私はストラスバーグが勝ったらこんな表情になるんだよ!!


20160728-02

今日でハーラートップの14勝だし、防御率も8位になったね!!
現1位のカーショウは手術で規定投球回に達することはできないと思うので、2位のバムガーナーが事実上の1位だ。
防御率のタイトルは、2.30前後の争いになると思うので、ストラスバーグもこれくらいを目標に頑張ってもらいたいと思う。

ストラスバーグは故障で3試合ほど先発を回避しているので、イニング数が少なくなってしまう。
このため、勝ち星の多さで他の投手に差をつける必要がある。
クエトは失速すると思っているし、アリエタも現状維持が精一杯と思う。
シンダーガードとデグロムは勝ち星が少なすぎる。
となると、ライバルはバムガーナーとフェルナンデスになるのではないだろうか?
フェルナンデスは『Slugger』9月号で比較された相手だけに絶対に勝ちたいよね!!


前置きが長くなったけど、今日の試合を振り返ろう。
今日は、何よりも4シームが良かったね!!
ストライク率も68.7%だったし、空振り率も11.9%だった。

しかし、チェンジアップのストライク率が53.8%、カーブが44.4%と良くなかった。
このため、 ストライク率が66.7%と安定していたスライダーを多投した。
2016年は4シームの空振り率が10.16%、チェンジアップが23.85%だけど、スライダーは13.38%とカーブの9.21%を上回っている。
曲がりが大きすぎてコマンドしにくいカーブよりもコマンドしやすいスライダーにシフトした感じだね。

まあ、今季は絶好調のカラスコとのマッチアップに勝てて本当に嬉しかったよ!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=27&year=2016&game=gid_2016_07_27_wasmlb_clemlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2016_07_27_wasmlb_clemlb_1%2F&prevDate=727&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/v977703883/72716-turner-strasburg-get-the-nationals-a-win/?game_pk=448384


ターナー

今日は、2回表の二死満塁からターナーの2点タイムリーで先制した。


ダニエル・マーフィー

6回表にはマーフィーの20号ソロで1点を追加した。
マーフィーは本当にいい打者になったね!!
しかも、ただ打つだけではなくて、いい場面で打てるのがいいよね!!

私は打率至上主義なので、こういう高打率の打者は本当に好きなんだよね!!
私は50本塁打しても打率.250の打者とか大嫌いだからね。
私は歴代の打者でいちばん好きなのはアルバート・プホルスなんだけど、全盛期のプホルスはあれだけ本塁打を打ちながら、通算打率が.330あったところが好きだったんだよ。

よく安打も四球も同じという人がいるけど同じ訳がないんだよね。
三塁に走者がいれば、安打が出れば1点入るけど、四球なら点は入らないんだからね。


そして、7回にはまたしてもターナーのタイムリーが出て、4‐1で勝った!!
ターナーは4打数3安打3打点の大活躍だった!!
これでターナーも今季は.319、0本、6打点、5盗塁の大活躍だ。
いよいよナショナルズのジーターの本領を発揮し始めたね!!


s-イチロー

今日のイチローは、出場なしだった。
今季の成績は、.332、0本、12打点、9盗塁だ。
通算2,997安打で、メジャーリーグ通算3,000安打まであと3本だ。
偉大な金字塔まであと一歩だ!!
頑張れ、イチロー!!


20160728-01

今日はマーリンズもフィリーズに勝ったので、2位のマーリンズとのゲーム差は4.0のままだ。
メッツはカージナルスに負けたので、3位メッツとのゲーム差は5.5となった。
マーリンズもメッツも得失点差から考えると大きな連勝もなさそうなので、この間に差を広げておきたいところでだね。


s-20160515-33

【ミリガの一言】
今日は素晴らしい投球を見せてくれましたね!!
これでハーラー単独トップの14勝目ですよ!!
この調子でサイ・ヤング賞を狙って欲しいですよね!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_07_26_wasmlb_clemlb_1&mode=classic

フザけるなよ、パペルボン!!
2試合続けて無様な投球をして、本当に情けない!!
だから、先頭打者に四球を出すと50%の確率でホームインするんだからダメなんだって!!
もう、全然コマンドがなってないじゃないか!!
クローザー獲得の噂があるから、パペルボンもやる気がないのかい?

ジマーマンもジマーマンだよ!!
もう顔も見たくないから、戻って来て欲しくなかったのに、打てば4打数0安打、大事な場面でエラーとかフザけるなよ!!

本当にいい加減にして欲しいよね!!
イライラがピークだよ!!
また、8月に失速するの?

せっかくサラザーから4点も取ってインディアンスに勝てると思ったのに、こんな情けない負けかたをするとはね!!
本当に情けないわ!!
もう、寝るよ!!
おやすみ!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=26&year=2016&game=gid_2016_07_26_wasmlb_clemlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2016_07_26_wasmlb_clemlb_1%2F&prevDate=726&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=448369


s-イチロー

今日のイチローは、スタメンで出場で5打数1安打だった。
今季の成績は、.332、0本、12打点、8盗塁だ。
通算2,997安打で、メジャーリーグ通算3,000安打まであと3本だ。
頑張れ、イチロー!!

今日はマーリンズが勝って、メッツがダブルヘッダーで1勝1敗だった。
ゲーム差は4.0に縮まった…。


滝川クリステル057

【クリ様の一言】
パペルボン投手とジマーマン選手にはレッドカードですね!!

5
s-DSC00595

「絵にかくとすれば、こうか……」
林豪は懐紙をとりだし、しばらく構図を考えていたが、やがて三度筆をうごかして奇妙な図をかいた。───図のなかの男は誤って断崖から落ちたらしい。ところが、崖の途中に若松があり、それをつかんだ。下は千尋の谷底である。と、林豪は筆を放して、
「若松をつかみはしたが、崖の上にのぼれる見込みはまったくない。見込みがないくせに松にしがみついている。いつか、力が尽きて下へ落ちるだろうが、とにかく懸命にしがみついている。どうじゃ、苦しげにみえぬか」
「林豪どのなら、この男にどう声を掛けるか」
「松を放せという」
「落ちるではないか」
「あたりまえじゃ。落ちろとわしはいう。盛親どのだけではなく、世のだれもが、このような益体もない松につかまって苦しんでいる。手を離せば、なるほど谷底へ落ちよう。死ぬかもしれぬし、生きるかもしれぬ。
死ぬにせよ、生きるにせよ、人間さしたることはないと目ざめたとき、手を離す一大勇猛心がおこるのじゃ。手を離した瞬間、無碍自在の境地がひらけよう」


ずっと前、私は博多駅のアニメの専門学校の前を通った。
その学校では学園祭が開かれているらしく、学生たちが笑顔で出てきた。
その笑顔を見ると、私はひどくみじめな気分になった。

「いいなぁ、あいつらは。自分の好きな道で仕事できて素敵な人生を歩んでいくんだろうな」

私はプログラマーだった。
大学を卒業して、私は信用金庫に就職した。
一見、華やかそうな金融業だけど、旧態依然とした体質に嫌気が差し、私は自分の力で稼げるようになろうと思ってプログラマーを目指した。
面接のときには「頑張ったらこれくらいは稼げるよ」といわれ、最初は給料も安いけど頑張ってみようと思って転職したのだった。

しかし、それは口約束だった。
就職してみれば、誰もそんな給料をもらっておらず、残業手当すら出ないブラック企業だったのだ。
同じ時間コンビニでバイトした方がはるかにマシという薄給で、朝から深夜まで仕事だった。


私は同人作家だった。
しかし、同人誌は売れず、100冊印刷した同人誌が1冊しか売れないこともあった。

私は子供の頃から母親に虐待されていた。
母は私を連れて男と駆け落ちした。
母は義父の母、つまりは私の義理の祖母と折り合いが悪く、ストレスがたまるたびに私をそのストレスのはけ口にした。
木刀で叩かれて全身紫に腫れ上がった。
靴ベラで叩かれ、皮膚が裂けて血まみれになった。

私が泣けばさらに暴力はエスカレートした。
何が悪いかわからないけど、私が謝ってもさらに暴力はエスカレートした。
虐待をいちばん早く終わらせるのは黙って耐えることだった。
どんなに痛くても声を出してはいけない。
泣いたり痛いといえば、あの女はさらに激高して激しい暴力を振るうのだ。


こんな思いをするなら、何で生まれてきたのだろうと何度も思った。
生まれてこない方が良かったと何度も思った。

そして、妹が生まれた。
妹は義父の子供だった。
妹を虐待すれば、義父の報復が待っていた。
だから、狡猾なあの女は盾になってくれる人が誰もいない私だけを虐待したのだ。
それは、誰も助けてくれない暗闇だった。


私なりに頑張ったつもりの同人だったけど、同人誌は売れず、ここでも私は必要とされてないのだと思った。
会社も朝の9時から夜の10時まで仕事で、同人を描く暇もなかった。
そんなとき、アニメ専門学校の学園祭を見たのだった。
夢に向かっている学生たちと、みじめなサラリーマン生活を送る私が、そして誰からも必要とされてない私があまりにも対照的だった。
たまたま、その日だけ定時上がりだったのだが、沈みゆく薄暗い夕焼けがまるで私の人生のように感じられた。
私は、自分のみじめさに泣いた。


そんなとき、司馬遼太郎先生の『戦雲の夢』を読んだ。


「あたりまえじゃ。落ちろとわしはいう。盛親どのだけではなく、世のだれもが、このような益体もない松につかまって苦しんでいる。手を離せば、なるほど谷底へ落ちよう。死ぬかもしれぬし、生きるかもしれぬ。
死ぬにせよ、生きるにせよ、人間さしたることはないと目ざめたとき、手を離す一大勇猛心がおこるのじゃ。手を離した瞬間、無碍自在の境地がひらけよう」


このときに、この本を読まなければ、私の人生は全く違ったものになっていたと思う。
私の人生は崖の上にのぼれる見込みがないくせに松にしがみついている人生だったのだ。
松を離してみようと思った。
崖の上にのぼれる見込みがない人生なら、フリーターをした方がマシという人生なら、フリーターをしながらマンガを描けばいいではないかと思ったのだ。
私は会社を辞めようと思ったのだった…。


つづく…

1
ルーカス・ジオリート3

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_07_24_sdnmlb_wasmlb_1&mode=classic

最低な試合だね。
ここまでのジオリートの投球を見て、何でこの日も先発させようと思ったのか理解できない。
メジャーリーグで経験を積ませるためだと球団関係者に反論されるかもしれないが、こんな状態で投げさせて何か得られるモノがあるとは思えない。
どこが悪いここが悪いという前に、いいところが何もなく、全部が悪いとしかいい様がないからだ。

そもそも変化球でストライクが取れない。
チェンジアップは5球投げて1球しかストライクが取れず、カーブは13球投げて4球しかストライクが取れない。
4シームはというとストライク率は64.6%だけど、球が高めに浮き、狙ったところに行かない。
4シームの最速も95.9マイル、平均が93.5マイルと平凡だ。
変化球でストライクが取れないので、打者は4シーム1本に狙い球を絞ることができるし、その4シームも球速がない上に高めの打ちごろのコースに来るんだから、この結果も当然だろう。


前回に引き続き、今回もナショナルズがリードした直後に失点しているんだけど、これはジオリートがリードを守れなかったという以前の話だと思う。
一言でいえば、ジオリートの能力が低いからだ。

今日も初回8球、2回は12球と球数が少なかった。
これは簡単にバットに当てられてしまうからで、現に今日も4シームは48球投げて空振りは0、チェンジアップも5球投げて空振りは0、カーブが13球投げて空振りは1だった。
つまり66球も投げて空振りはわずか1しかなかったのだ。

今日は66球中ストライクが36球で、ストライク率54.5%の惨状だった。
普通なら、これだけ荒れ球になると的が絞りにくくなって、被安打は減るはずなのだが、それでも簡単に安打を打たれてしまうところに問題の根深さを感じてしまうよね。
100マイルの速球、平均以上のコマンド、カーショウ級のカーブという売り込みだったけど、実際には最速96マイル、アマチュア並みのコマンド、ストライクすら取れないカーブというのがジオリートの真の姿だった。


ここからは私の推測で書くんだけど、2014年は1Aで10勝2敗、防御率2.20、98.0回で110三振、28四球と素晴らしい成績を残していた。
奪三振率10.10、与四球率も2.57と悪くない。
いくら1Aとはいっても、今のジオリートがこの成績を残せるとは思えない。

2015年に2Aに昇格してからは、4勝2敗、防御率3.80、47.1回で45三振、17四球、奪三振率8.56、与四球率も3.23と悪化している。
これは単に1Aから2Aに昇格したのが原因ではなくて、ここら辺で手術をしない程度の故障や違和感、フォームを崩すなどの原因があって、劣化したのではないかと思うのだ。

今の状態のジオリートを見て、どんな人でもプロスペクト最高の投手なんて思う訳がないからね。
それは良かった頃のジオリートのことを書いているのではないかと思うのだ。


いずれにしても、これだけ悪いとトレードの駒にも使えないね。
逆の立場になればわかりやすいけど、この投手を獲得するために主力選手を放出するかい?
これくらいの投手ならどのチームの1Aにでもたくさんいるでしょ?
そんな投手をわざわざトレードで獲得するはずがないよ。

せめて100マイルの球速だけでもあるなら、少しコマンドと変化球を修正すればクローザーで使えると思うかもしれないけど、その球速もないんだからね。
ジオリートが絶対的なエースになるどころかメジャーリーグ定着も難しいということになれば、ナショナルズの未来予想図は大きく変わってくるだろうね。


ショーン・ケリー

ケリーは、2者連続本塁打を打たれて、リードを吐き出してしまった。
開幕直後の神通力は失われ、その反動が出ている気がするね。


s-ジョナサン・パペルボン

さらにひどかったのがパペルボンだった。
0.2回で1四球、4安打で4点を失い、試合を壊してしまったからね。


ストラスバーグの連勝は途切れ、シャーザーは好投しても勝てず、ハーパーも沈む一方、そしてジオリートも期待外れとなったナショナルズ。
八方塞がりになったけど、去年と同じく、また8月に失速するのかい?
今年は違うぞというところを見せてくれよ!!
この空気を変えるには勝つしかない!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=24&year=2016&game=gid_2016_07_24_sdnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=608337&prevGame=gid_2016_07_24_sdnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=724&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=448339


s-イチロー

今日のイチローは、代打で出場で1打数0安打だった。
今季の成績は、.339、0本、12打点、8盗塁だ。
通算2,996安打で、メジャーリーグ通算3,000安打まであと4本だ。
頑張れ、イチロー!!

今日はメッツがマーリンズに勝って、2位とのゲーム差のままだった。
一時は調子を落としていたマッツが復調してきたのが痛い。
このままメッツは失速して欲しかったのだが…。


滝川クリステル186

【クリ様の一言】
今日の試合は私もガッカリですね…。

1
20160725-01

http://www.sanga-fc.jp/games/result/2016072410/

前半は、両者共にいい攻撃を見せていた。
小池のシュートは完全にやられたと思ったけど、クロスバーの上で九死に一生を得た。
やっぱり、レノファはいい攻撃をしていると思う。
前回の試合も3-0だったけど、スコアほどの力の差があるとは思えなかったからね。

後半開始直後には、エスクデロがまたしても決められなかった。
前半も2回のチャンスを決めきれなかったからね。
1回でもエスクデロが決めていれば、この試合もかなり違った展開になったのではないだろうか?

後半18分には福満のスルーパスを小池がフリーで受けて、ゴールを決めた。
小池ってめちゃくちゃいい選手だね!!
いい動きをするし、DFとは思えないような攻撃のセンスがあるしね。

しかし、後半23分にはエスクデロのパスを受けた有田が抜け出してゴールを決めた!!
このパスの受け方と抜け出し方、そしてシュートの上手さは最高だったね!!
有田は頑張っているのに、なかなかゴールが決められない面がある。
だから、私はいつも有田にゴールを決めてもらいたいと思っているんだよね。
それだけにこのゴールは、気分も最高だったよ!!

菅沼といい、下畠といい、惜しいシュートが続くけど、なかなか決めきれない。
次第に私も焦りを感じてきた。
アディショナルタイムのアンドレイのヘディングもセーブされてしまい、またしても引き分けに終わってしまった…。


今日はセレッソが負けていたので、勝っておきたかったのに、引き分けで1しか差が縮まらなかった。
そして、山雅、ファジアーノ、エスパルスが勝った。
サンガはファジアーノに抜かれて5位に転落してしまった…。

4月からは9勝2分1敗だったので、このままサンガが突っ走ると思っていたけど、そこから2勝3分3敗だ。
惜しかった、もうちょっとで勝てていたでは前に進めないんだよ。
何かを変えていかないとチームは勝てないと思う。


次は宿敵セレッソとの試合だ。
正直なところ、こんな状態でセレッソに勝てるのかという気持ちの方が強い。
しかし、セレッソに勝ては、流れも大きく変わるだろう。
ぜひ、勝ってもらいたいと思う。


s-青山愛77

【めぐたんの一言】
今日もあと一歩のところでゴールを決めきれずに引き分けに終わりましたね…。
正直なところ、次のセレッソとの試合は不安の方が大きいですね…。

3
20160724-04

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_07_23_sdnmlb_wasmlb_1&mode=classic

9回、先頭打者のレンドンが出塁するが、エスピノーザが送りバントを失敗して、結局三振に倒れた。
こういうところはちゃんとやろうよ。
こういう大事な場面で細かいミスをするからダメなんだと思うよ。
ポストシーズンになれば好投手が投げてくるんだから、チャンスはそうそうないんだよ。
だから、こういうミスを減らして、チャンスは確実にモノにするべきだと思うよ。

このミスを救ってくれたのがドリューだった。
フェンス直撃の三塁打を放って、ナショナルズがサヨナラ勝ちを収めたのだ!!


それにしても、せっかくシャーザーが7.0回を自責点2の好投を見せたのに、それに応えられない打線が情けないよね。
メッツ戦のときは、今年の打線は違うと見直していたけど、元の木阿弥じゃないか!!

ハーパーの打率はついに.245まで落ちた。
これでは、また「メジャーリーグでいちばん過大評価されている選手」といわれてしまうじゃないか!!
ここまで来たら、きのういったみたいに、5番に打順を落とすしかないと思うよ。


マックス・シャーザー2

今日のシャーザーは、7.0回を10三振、0四球、4安打、1本塁打、自責点2だった。
4シームの最速は98.3マイル、平均が95.1マイルで、空振り率は18.0%と本当に素晴らしかった!!
スライダーも空振り率が36.8%と最高級だったし、チェンジアップも16.7%とまずまずだった。
本塁打を打たれたのはど真ん中の95マイルの速球だったけど、あれ以外は完璧な投球だった。

この前書いたように、20勝するのは残り13試合で10勝しないといけないのに、今日もQSで勝てなかった。
さすがに12試合で10勝は難しいだろうなぁ…。
本当にストレスがたまる打線だな!!
今日は勝ったのに全然嬉しくないよ!!

7回を投げて自責点2以下のときは勝たせてくれよ!!
同じQSでも6回で自責点3のときと意味が違うんだよ!!
こういう好投をしているときに勝てないと、1点もやれないと委縮した投球になって、調子を落としてしまうんだからさ!!


s-ジョナサン・パペルボン

9回はパペルボンが走者を出して、冷や冷やしたけど、ピンチでも落ち着いて投げられるのはさすがベテランだね!!
やっぱり、クローザーは度胸と経験が大事だと思うよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=23&year=2016&game=gid_2016_07_23_sdnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2016_07_23_sdnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=723&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/v963443883/72316-nats-walk-off-in-9th-on-drews-rbi-triple/?game_pk=448324


s-イチロー

今日のイチローは、代打で出場で1打数0安打だった。
今季の成績は、.339、0本、12打点、8盗塁だ。
通算2,996安打で、メジャーリーグ通算3,000安打まであと4本だ。
頑張れ、イチロー!!

今日のメッツ対マーリンズは、フェルナンデスが7.0回を7三振、2四球、7安打、自責点2の好投を見せてマーリンズが勝った。
私はメッツの投手力は脅威だと思うので、ポストシーズンにメッツが出てこない方がいいと思っている。
だから、メッツが負け続けて、どんどん勝率を落としてもらいたいと思っているのだ。
マーリンズは勝ったところでポストシーズンでメッツ以上の脅威にはならないと思うからね。


滝川クリステル185

【クリ様の一言】
せっかくエースのシャーザー投手が好投しているのに、打てない打線が歯がゆいですね!!

1
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_07_22_sdnmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日のロアークもきのうのストラスバーグと同じで球速がなかった。
最速は94.7マイル、平均が91.7マイルだった。
2本の本塁打は、いずれも90マイルちょっとの真ん中やや高めの甘い球だった。

やっぱり、ロアークはストラスバーグのことを意識しているんだと思う。
2歳違いで年も近いし、方や全米1位の鳴り物入りで入団したエリートであり、方やドラフトにもかからずに独立リーグでプレーして、やっとの思いでドラフト25巡目(全体753位)で入団した雑草だしね。

きのう、ストラスバーグが打たれて13連勝でストップし、防御率も悪化したので、ロアークとしては差を縮めるチャンスだった。
ロアークはそれを意識し過ぎて固くなったような感じがするね。
せっかく、前回で防御率2点台になって、私もブログでロアークのカテゴリまで作ったのに、残念だったね…。


そして、暑さのせいか、先発がみんな球速が落ちているのが気になる。
一時的なモノなのか、体力が落ちているせいなのかは不明だけど、持ち直さないと地区優勝も黄色信号になってしまうね。
それでなければ、先発はみんないい変化球を持っているので、ラモスも速球主体の投球から切り替えて、もっと変化球を増やすリードを試みてもいいんじゃないかと思う。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=22&year=2016&game=gid_2016_07_22_sdnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2016_07_22_sdnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=722&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/v959245783/72216-kemp-perdomo-lift-padres-over-nationals/?game_pk=448309


s-フェリペ・リベロ

今日もリベロが素晴らしい投球をした。
4シームの最速は99.5マイル、平均は97.5マイルだった。
4シームの空振り率は17.6%、チェンジアップの空振り率は14.3%だった。

今季の4シームの最速は100.31マイル、平均96.22マイルと自己最高を記録している。
4シームの空振り率は10.03%と素晴らしく、チェンジアップに至っては32.04%とメジャーリーグでも最高のチェンジアップだ。
スライダーも15.19%とまずまずだ。

今日の収穫はリベロが良かったことだけだね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=7&day=22&year=2016&game=gid_2016_07_22_sdnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=553878&prevGame=gid_2016_07_22_sdnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=722&league=mlb


ハーパー3

打線は防御率7点台のパドレスの先発のペルドモから7.0回で2点しか取れなかった…。
ハーパーは打率.250すら切ってしまった。
私はいずれ調子を取り戻すと思っていたけど、そろそろ認識を改めるときが来たと思う。
期待することも大事だけど、現実に即した対処をすることはもっと大事だと思うからね。

3番マーフィー、4番ハーパーだと左の中継ぎを使われやすいのもあるから、3番マーフィー、4番ラモスに切り替えるべきだと思う。
そして、5番ハーパー、6番レンドンでいいんじゃないかと思う。
ジマーマンはもう戻ってこなくていいよ。


20160724-01

今季のハーパーは、上記の通り、低めの球と外角の球の打率が低くなっており、甘い球と内角高めの球しか打ててない。


20160724-02

左投手の場合は、それがさらに顕著だ。
外角低めの球は54打数1安打と壊滅的だ。
去年、左投手の外角低めのスライダーやカーブを振らずに我慢できたことが飛躍につながったけど、元に戻ってしまったみたいだね。
だから、成績も元に戻ってしまったのだ。
ここまで全く修正できていないので、劇的に成績が向上するのは難しいかもしれないね。


今日はメッツが勝ったので、2位のマーリンズとのゲーム差は4.5となった。
一時はこのまま独走態勢に入ると思ったのに、あれから低迷して4.5差まで迫られたことに危機感を感じるね。
気を取り直して、明日はエースのシャーザーの好投で勝ちますように!!


s-イチロー

今日のイチローは、代打で出場で1打数0安打だった。
今季の成績は、.341、0本、12打点、8盗塁だ。
通算2,996安打で、メジャーリーグ通算3,000安打まであと4本だ。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル184

【クリ様の一言】
ストラスバーグ投手に続いて、ロアーク投手まで乱打されたのはショックでしたね…。
この悪い空気をエースのシャーザー投手の好投で振り払えますように!!

このページのトップヘ