Nationals Nation

マックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグ、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、マイケル・コペック、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、戸田真琴ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

2016年06月

5
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_06_29_nynmlb_wasmlb_1&mode=classic

不利と思われていたメッツとの3連戦で、特に不利と思われていたのがシンダーガードの投げる1戦目とジオリートが先発する2戦目だった。
その2試合をナショナルズ・ファンですら考え付きもしなかった勝ち方で連勝した。
こうなるとエースのシャーザーが投げる3戦目も勝ちたくなるのが人情というものだ。
この試合で勝てば、ナショナルズが7連敗中に縮まったメッツとのゲーム差を広げる絶好のチャンスになるのだ。


そのシャーザーは、7.1回を10三振、1四球、2安打、0本塁打、自責点0の好投だった。
108球中75球がストライクとストライク率も良かった。
4シームは最速が97.5マイル、平均が95.4マイルで空振り率は12.3%と4シームにしてはまずまずだった。
今日はチェンジアップの空振り率が11.8%だっただけで、スライダーが 22.2%、カーブが45.5%、カッターが20.0%と4シームだけではなくて、変化球も切れまくっていたのだ!!
シャーザーはどの球でもストライクが取れるのがいいよね!!

これでシャーザーも9勝5敗と勝ち星も増えてきたし、防御率2点台も見えてきたね!!
シャーザーは、20勝、250三振、防御率2点台はやって欲しいよね!!


s-ショーン・ケリー

今日は、2点のリードをロペス、シャーザー、ケリーのリレーで守り切った。
9回にはケリーが2点を失ったけど、8回裏のマーフィーの14号2ランが出てなければ危なかったよね。

投手がいいときは投手が野手の手助けをして、野手がいいときは投手の手助けをするのが理想的だと私は思う。
そんな展開で見せてくれたメッツとの3連戦は本当に見ごたえがあったと思う。
本当に気分のいいスイープだったね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=29&year=2016&game=gid_2016_06_29_nynmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2016_06_29_nynmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=629&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/v874701183/62916-nats-complete-the-sweep-as-scherzer-fans-10/?game_pk=448040


ダニエル・マーフィー

打線は2回裏にマーフィーの13号ソロで先制した。
3回は一死一三塁からワースの犠牲フライで1点を追加した。
その後はなかなか点が入らない展開になったけど、8回裏の一死一塁からマーフィーの14号2ランで勝負を決めた!!


メッツとの3連戦ではナショナルズ打線も本当に素晴らしい働きをしたよね!!
この調子でシーズンが終わるまで打ち続けて欲しいよね!!

そして、これでメッツとのゲーム差は6.0、マーリンズとの差は5.5まで差が開いた。
この両チームがモタモタしている間に10.0ゲーム差くらいまで広げられるといいよね。


s-イチロー

日のイチローは、代打で出場で5打数2安打1打点だった。
今季の成績は、.342、0本、10打点、7盗塁だ。
通算2,988安打で、メジャーリーグ通算3,000本安打まであと12本だ。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル146

【クリ様の一言】
今日はシャーザー投手の素晴らしい投球のおかげでメッツをスイープすることができましたね!!
これで4連勝となり、7連敗の穴もかなり埋めることができましたね。
この勢いで10連勝くらいして欲しいですね!!

1
20160630-01

http://www.sanga-fc.jp/games/result/2016062902/

私は夜勤なので、平日の試合は基本的に中継が観れない。
いつもなら帰宅してスカパーオンデマンドで試合を観たりするんだけど、7月3日は司法書士の試験なので、観る暇がない。
そして、中止分の試合なので、マッチデーハイライトのハイライトもない。
しかし、今日中にこの記事を書いておかないとこれから忙しいので、一応書いておこう。

得点シーンだけ観たけど、ウッチーのロングシュートは見事だったね!!
ウッチーはすごくイケメンなので、私もすごく好きな選手なんだよね!!
せっかくプロ初ゴールを決めたんだから、勝って花を持たせてあげたかったなぁ…。

最近、点を取っても追いつかれることが多いね。
この日も5分後に同点にされたしね。
4月から破竹の勢いで9勝2分1敗と絶好調だった分、相手チームも研究してきたのかもしれないね。
そこから1分2敗になってしまった。
そして、決定力がないのも大きいね…。

でも、長いシーズンで考えると調子が落ちてくる時期は必ずあるからね。
今はちょっと我慢の時期なのかもね。


それにしてもロアッソは素晴らしいね!!
震災前は調子が良くて、プレーオフも狙える位置にいた。
そこからあの震災になってしまったんだけど、そのハンディに負けずにすごく良く頑張っているよね。
あの過密日程のことを考えると本当にかわいそうになってくるけど、文句もいわずに頑張っているんだからね。

私はうまかなに2回行ったことがあるんだけど、あそこで見たサポーターたちも本当に素晴らしいサポーターたちだったんだと思うよ。
私も11月に行けそうだったらまたうまかなに行こうと思っているので、少しでもロアッソの増収に協力できたらいいなと思う。


今日は手短だけど、この辺で。
次のFC岐阜戦は絶対に勝ちたいよね!!


s-青山愛73

【めぐたんの一言】
今日もリードを守り切れずに残念でしたね…。
今度こそ勝って、再度自動昇格枠に入りたいですね!!

5
s-ルーカス・ジオリート

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_06_28_nynmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日は、いよいよあのルーカス・ジオリートのメジャーリーグ初登板の日だ。
ジオリートに関しては、きのう書いた通り、個人的にはまだメジャーリーグ昇格は早いと思っていた。
でも、現時点でどれくらいの投球ができるのか見てみたい気はしていた。
22歳と11ヶ月でデビューはストラスバーグと同じだ。
しかも2人共6月にデビューしたのも同じだ。


20160629-02

初回にマウンドに立ったジオリート。
オープン戦のときに生やしていた髭は剃っているんだね。


20160629-03

メジャーリーグ初打席に立ったジオリート。


20160629-01

ストラスバーグは笑顔でスコアブックを記入しながらジオリートを見守っていた。
ストラスバーグがこんなに笑っているのって初めて見た気がするね。
つーか、ストラスバーグはツイッターでゴンザレスからフォローされているのに、フォロバしてないので、チームに上手く馴染めているのかと心配になるんだよね。
ちょっと内向的な感じがするので、こういう笑顔を見せるのはめずらしいよね。


20160629-04

シャーザーもジオリートの投球を笑顔で見守っていた。
シャーザーは兄貴肌なので、ジオリートの面倒も見てくれそうだね。
考えてみたら、ナショナルズにいるとマダックス投手コーチだけではなくて、シャーザーやストラスバーグにもアドバイスしてもらえるんだよなぁ。
そう考えると、ストラスバーグが復帰してもナショナルズに残して欲しくなるよね!!


20160629-05

そんな中、ロスだけはこの真剣な眼差しでジオリートを見つめていた。
年が離れているシャーザーやストラスバーグにしてみれば、弟を見るような目線になるんだろうけど、1歳しか変わらないロスにしてみれば、未来のナショナルズのエースを争うライバルと思っているんだろう。
こういう競争がますますナショナルズを強くしていくだろう。


20160629-06

息子のMLB初登板を見に来たジオリートのお母さん。
ジオリートはお父さんもお母さんも俳優らしいね。


さて、肝心の投球を振り返ろうか。
正直な感想をいうと、2Aで時々打ち込まれているのも納得かなという内容だった。
4シームの最速は95.9マイル、平均が93.9マイルと予想よりも球速がなかった。
去年、フューチャーズゲームでは最速99.11マイル、平均97.39マイルという圧倒的な球速があったけど、今日の試合ではそれが見られなかった。

まあ、球速に関しては、そこまでの球速があれば2Aでもっと圧倒的な投球ができるはずなので、球速が下がっているのは織り込み済みだった。
しかし、それにしても最速98マイル、平均95マイルはあると思っていたので、この球速はちょっとガッカリだったね。
ただ、伸びはあるので、球速以上の威力はあるかもしれない。

4シームは、横-4.88インチ、縦8.90インチの変化だった。
横の変化が小さく、縦が大きいのは左右の違いこそあれ、カーショウと似ている。
カーブに関しても横2.34インチ、縦-8.72インチの変化で、横の変化が小さく、縦が大きいのもカーショウと似ている。
カーブは現状でも良さそうだと思ったね。

懸念していたコマンドに関しては、かなりガッカリだった。
4シームですらラモスの構えているところに行く球はほとんどなく、4シームは上ずって、高めに浮く球が多かった。
Twitterのナショナルズ仲間もメッツの打ち損じで助かったといってたよ。

それは4回まで投げているのに45球だったことにも表れていると思う。
極端に球数が少ないのは、打者に簡単にバットに当てられるからなのだ。
一巡目まではタイミングが合わずに打ち損じてくれても二巡目、三巡目となるにつれてタイミングが合ってきて、捕まって大量失点することが多いのだ。
なので、ジオリートが5回まで投げてMLB初勝利を飾って欲しかった気持ちもあるけど、4回で降板したことで、炎上を避けられてほっとした気持ちもあった。


正直な感想を書けば、同じ21歳11ヶ月で昇格してきたときのストラスバーグと比べたら、球速、コマンド、変化球いずれもが大きく及ばない感じがするね。
MLB公式のスカウティンググレードが速球80の最高評価だったので、球速くらいはあると思っていたんだけどなぁ。

まあ、しかし、若いんだし、これからの投手なので、球速を取り戻しつつ、コマンドの向上、変化球の向上と、メジャーリーグでたくさんのことを学んで欲しいよね。
上でも書いた通り、マダックス投手コーチもいるし、シャーザーをはじめ手本になる投手はたくさんいるからね。
ぜひ、近い将来、シャーザー、ストラスバーグと共にマダックス・グラビン・スモルツを上回る史上最強のBIG3を形成して欲しいと思う。


【ジオリートの投球のダイジェスト動画】
http://m.mlb.com/video/v870014983/nymwsh-giolito-goes-four-scoreless-innings-in-debut/?game_pk=448024


オリバー・ペレス

今日は、6回表の一死満塁のピンチで登板したペレスの投球も大きかった。
ここでローニーを三振に仕留めたのが良かったね!!
3‐0だったので、二塁打なら同点にされる可能性もあったし、犠牲フライで2点差になれば、プレッシャーが大きくなって安打を打たれる可能性もあったからね。

ここ最近、打ち込まれることが多かったペレスだけど、あの切れのいい変化球があれば、それなりの成績は残せるはずだ。
ここで自信を取り戻して、これからも頑張って欲しいよね!!


s-サミー・ソリス

ソリスはまたしてもイニングまたぎになったけど、今日も抑えてくれた。
26.2回で31三振、WHIP0.97と素晴らしい投球を続けている。
この調子で頑張れば、ゴンザレスとの契約を破棄した場合には先発転向の可能性もあるかもしれないね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=28&year=2016&game=gid_2016_06_28_nynmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=608337&prevGame=gid_2016_06_28_nynmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=628&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/v870977683/62816-harpers-homer-lifts-nats-in-giolitos-debut/?game_pk=448024


レンドン2

打線は2回裏二死一塁からレンドンの三塁打で1点を先制した。
レンドンは最近、二死からの貴重なタイムリーが多いよね!!
この打球もグランダーソンが処理をもたついたので助かったよね。


ラモス

7回裏には二死一二塁からラモスの二塁打で2点を追加した!!
最近、二死からのタイムリーが多いね!!
打線が粘り強くなってきた結果だと思う。

終わってみれば、ナショナルズが5‐0でメッツに連勝した!!


s-イチロー

今日のイチローは、スタメンで出場で4打数2安打1四球だった。
今季の成績は、.340、0本、9打点、7盗塁だ。
通算2,986安打で、メジャーリーグ通算3,000本安打まであと14本だ。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル145

【クリ様の一言】
きのうに引き続き、今日も見事な勝利でしたね!!
ジオリート投手はMLB初勝利を挙げることができずに残念でしたが、これから頑張ってサイ・ヤング賞が獲得できるような投手になって欲しいですね!!
明日は、エースのシャーザー投手で勝ってメッツをスイープしたいですね!!

5
ジョー・ロス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_06_27_nynmlb_wasmlb_1&mode=classic

きのう、予告先発を見て仰天した。
何とジオリートが先発になっているではないか!!
これはさすがにナショナルズのファンも予想できなかったのではないだろうか?

話が前後するけど、ストラスバーグのDL入りは本当にガッカリしたよ。
せっかくカーショウもアリエタもシンダーガードも打たれたのに、この間に好投して差を縮めるどころか指をくわえて眺めているしかできないんだからね。
今季こそ20勝してブレイクして欲しいと思っていたのに、これがストラスバーグクオリティーなの?
自分でも悔しくないのかい?
期待外れとかいわれて、後からデビューしたフェルナンデスとかシンダーガードとかゲリット・コールにも抜かれて、見返してやろうとか思わないのか?

例えば、若い頃のリオネル・メッシも故障が多かったけど、トレーニング方法を工夫したり、食事に気を付けたりして、故障を減らす努力をしているじゃないか。
こんなに故障が多いと、そういう工夫をしてないんじゃないかと思ってしまうよ。
デビュー当時はストラスバーグに注目するファンも多かったけど、今じゃごく少数派になってしまった。
私は今でも応援しているんだから、今年くらいは期待に応えて欲しかったよね。
去年ハーパーがブレイクしたみたいに、今年はストラスバーグがブレイクして欲しかったよ…。


s-ルーカス・ジオリート

話が脱線したけど、ジオリートは本当に予想外だったよ。
前々回の7.0回を12三振、1四球、4安打、自責点0のときならいざ知らず、前回は7点のリードがあるのに4.2回を自責点5でKOされているんだからね。
ナショナルズの考えが今一つ理解できない。

しかし、メリットがない訳でもない。
ジオリートが2Aに昇格して以降、コントロールが荒れ始め、ずっと改善できなかった。
2Aの投手コーチの指導もあったはずだともうけど、今のところ効果があるようには思えない。
だから、メジャーリーグに昇格して、マダックス投手コーチの指導を受ければ、このコントロールが改善するかもしれないという期待があるのだ。

個人的には時期尚早ではないかと思うけど、昇格した以上はぜひ好投して勝ち投手になって欲しいよね!!
めちゃくちゃいい投球をして、ゴンザレスに代わってローテーションに入るくらいの投球をしてくれると嬉しいよね!!
まあ、仮にそうなったとしても、今季は投球回制限がかかると思うけどね。


20160625-02

前置きが長くなったけど、今日は夜勤明けに買い物して帰ったので、帰宅が遅くなった。
パソコンを起動して、試合を観てみると0-4だった。
相手投手はあのシンダーガードなので、もう勝てないだろうと思って、大橋未久ちゃんの『女教師レイプ輪姦 大橋未久』を観ていた。
私は女教師が犯されるAVがめちゃくちゃ好きなんだけど、その女教師役を大ファンの大橋未久ちゃんが演じるという最高のAVなのだ!!


ハーパー3

AVを観た後に風呂に入って、MLB.TVを観たら、一瞬何が起こっているのかわからなかった。
しかし、ナショナルズが6-4で勝っているではないか!!

3回裏、まずは無死一二塁からハーパーのタイムリーで1点を返した。
その後、マーフィーのときにフィルダースチョイスで1点、ラモスの安打で一死一二塁となった。
シンダーガードのワイルドピッチで一死二三塁にチャンスが広がった。
ここでジマーマンはやっぱり三振だった。
こんな場面では本当に役に立たないよね…。

しかし、レンドンのタイムリーで同点となった!!
勢いに乗るナショナルズはレンドンが盗塁を決めて、二死二塁となった。
ここでエスピノーザがタイムリーを放って、5‐4と逆転したのだった!!

シンダーガードから5点取って逆転するとか夢にも思わなかったよ(笑)
シンダーガードはこの回でマウンドを降りた。


ダニエル・マーフィー

4回はマーフィーのタイムリーで1点を追加した。
5回は一死からレンドン以下が3連打した。
リビアはフィルダースチョイスで、ワースとハーパーが連打で、この回も4点を挙げた。
6回もレンドンの犠牲フライで1点を追加し、メッツとの首位攻防戦初戦は11‐4の圧勝だった!!

シンダーガードに勝つだけでもビックリなのに、17安打で11点とかどこのチームですか?(笑)


ジョー・ロス

ロスも3回までに4点取られたけど、その後はよく抑えてくれたよね。
こういう粘り強さは本当に大事だよね!!
前回は勝ち投手にしてあげられなかった分、今度は勝ち星をプレゼントできて良かったね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=27&year=2016&game=gid_2016_06_27_nynmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=605452&prevGame=gid_2016_06_27_nynmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=627&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/v866340383/62716-nats-offensive-onslaught-trump-the-mets/?game_pk=448010


KIMG0074_20160627212329

でも、ナショナルズの本当の勝因は何か知ってるかい?
それは、私のヒロインのRちゃんがストラスバーグのユニフォームを着てくれたからだよ!!
このユニフォームは、私がアメリカから個人輸入で買って、Rちゃんにプレゼントしたんだよ!!
Rちゃん、このユニフォームが似合っていて、めちゃくちゃかわいいんだよ!!

Rちゃんには、これを機会に日本初のナショナルズ女子になってもらおうと思っているんだよ!!
今日の勝利もRちゃん効果だよね!!
Rちゃん本当にありがとう!!


s-イチロー

今日のイチローは、試合がなかった。


滝川クリステル144

【クリ様の一言】
今日は素晴らしい勝利でしたね!!
今までのナショナルズの勝利の中で最高の勝利だったと思います!!
こんな勝利を見せられると明日のジオリート投手も好投できそうな気がしますね!!
頑張れ、ジオリート投手!!

5
ロアーク2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_06_26_wasmlb_milmlb_1&mode=classic

私は、連敗を止めるのはシャーザーだと思っていた。
しかし、その役割を果たしたのはロアークだった。
ロアークは、当初ドラフトにすらかからなかった。
毎年1,000人を超える指名を受ける中で自身は指名されなかったことにガッカリしたに違いない。
しかし、夢を諦めなかったロアークは大学卒業後に独立リーグでプレーし、メジャーリーグを目指した。

その結果、レンジャースの指名を受けるが、その順位はMLBドラフト25巡目(全体753位)という低い順位だった。
それでも夢への足掛かりを掴んだロアークは入団を決意した。
そして、2010年7月にナショナルズにトレードされた。

2013年は3Aで9勝3敗、防御率3.15の成績を残し、悲願のメジャーリーグ昇格を果たした。
昇格後は、7勝1敗、防御率1.51という好成績を残し、翌年は15勝10敗、防御率2.85とMLB屈指の好投手の1人となった。

しかし、FAでサイ・ヤング賞を獲得したマックス・シャーザーを獲得したナショナルズはロアークを中継ぎに回すという措置を取った。
せっかく悲願のメジャーリーグ昇格を果たし、そのメジャーリーグで先発となって好成績を残したのに、という思いがあったことは想像に難くない。
モチベーションが下がったロアークは調子を落とした。
そして、中継ぎで三振が取れるようにと思って球速を挙げた結果、制球が乱れてしまったことも不調の一因となった。

ジョーダン・ジマーマンとダグ・フィスターの退団により、ロアークは再びローテーションに戻った。
そして、上がった球速でも制球を向上させることに成功したため、1~2年目を上回る安定感を発揮してきたのだ。


私はサラリーマン金太郎というマンガが好きなんだけど、そのマンガでもいちばん好きなエピソードを紹介しよう。
ヤマト建設の黒川社長は、日本の不況の原因の一つに日本の雇用システムを挙げていた。
大手企業は一流大学を卒業した学生を採用している。
しかし、こういった学生の多くが、人生を順風で過ごしてきて、逆境を乗り越えた経験がないというのだ。
だから、日本の不況という逆境を乗り越える術を知らないと続けた。
例えば、商社であれば、大学を卒業したばかりの世間知らずな人よりも海外を10年間放浪していた人の方が海外の知識があるはずだともいった。

私は、連敗を止めるべく力強い投球を続けるロアークを観ていて、黒川社長の話を思い出したのだ。
ロアークにとってみれば、7連敗くらいの試練はどうということもなかっただろう。
ドラフトにもかからなかったロアークが、メジャーリーグに昇格できる保障もないのに独立リーグでまでプレーしたのだ。
そのロアークからいわせれば、メジャーリーグに昇格できているからこそ、7連敗も経験できるのだ。
ドラフトにかからないという大きな試練を乗り越えたロアークが、ナショナルズに7連敗という試練を乗り越えさせたのだ!!

私は、人生で負けたことなく勝ち続けている人が偉いのではないと思う。
本当に偉いのは、逆境を乗り越えた人たちだと思う。


ノーラン・ライアンは制球難を乗り越えて大投手になった。
ロジャー・クレメンスは肩の手術を乗り越えて大投手になった。
ランディ・ジョンソンも
制球難乗り越えて大投手になった。
ペドロ・マルティネスは小さな体というハンディを乗り越えて大投手になった。


こういう投手こそ大投手になれるのではないだろうか?
対照的に高校時代から負け続けることなくスターにのし上がった松坂大輔を見るといい。
失敗することなくメジャーリーグに挑戦したが、ここで人生で初めて試練にブチ当たってしまった。
故障も重なった松坂は試練を乗り越える術を持たなかったのだ…。


今日のロアークは技術どうのこうのではなくて、彼の人生観が表れた投球だったように思われる。
人間の本当の強さとか何かということを教えてもらったような気がする。

野球を好きじゃない人にこんなことをいうと大げさと思われるかもしれないけど、野球とは人生そのものだ。
ロジャー・クレメンスは私のヒーローだった。
クレメンスが人生の全てとまではいえないけど、私の人生の半分はクレメンスだった。
私が落ち込んでいる年は必ずサイ・ヤング賞を獲得してくれた。
私の人生は常にクレメンスと共にあったのだ!!

そして、今日、ロアークに試練を乗り越える術を教えてもらった。
ありがとう、ロアーク!!
この連敗ですっかり気が滅入っていたけど、先の見えない暗闇からメジャーリーグ昇格という光を見出した彼が、暗い闇に落ちていたナショナルズに光を与えてくれたのだ!!

戦いはこれからだ!!
みんなでロアークに続け!!
7連敗した分を取り返せるように、これから7連勝を目指そう!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=26&year=2016&game=gid_2016_06_26_wasmlb_milmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2016_06_26_wasmlb_milmlb_1%2F&prevDate=626&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=448004


s-イチロー

今日のイチローは、スタメンで出場で4打数0安打1四球だった。
安打が打てなくて残念だったね…。
今季の成績は、.336、0本、9打点、7盗塁だ。
通算2,984安打で、メジャーリーグ通算3,000本安打まであと16本だ。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル143

【クリ様の一言】
今日はロアーク投手が素晴らしい投球を見せてくれましたね!!
私も気分が落ち込んでいましたが、これで元気が出ましたよ!!
また明日から頑張りましょうね!!

1
20160626-13

http://www.sanga-fc.jp/games/result/2016062607/

私は、この戦いだけは絶対に勝って欲しかった。
これまで4分2敗でサンガは山雅に勝ったことがないからだ。

私がJリーグを観戦し始めたのは2013年の3月からだった。
それまで、スポーツといえばMLBしか観ておらず、サッカーは2006年にアビスパ福岡‐FC東京のチケットをもらって、1回だけ観戦したことがあるだけだった。
私は同人誌といってアマチュアが自費出版するマンガを描いていたんだけど、その同人仲間のヤノ君がサンガのサポーターだった。
そのヤノ君がアビスパとの試合を観戦するために福岡に来たので、私も一緒にレベスタで観戦したのだ。

これ以降、Jリーグに興味を持つようになったんだけど、試合を観ようにもテレビ中継がなかった。
どうしても観たかった私はスカパーオンデマンドを契約したのだ。
そして、初めて買ったサッカーの雑誌がJ2マガジンだった。
創刊号の次から買い始めたんだけど、そのときに反町監督のインタビューを見た。

反町監督のインタビューは、サッカーのド素人である私から見ても他の監督とは次元が違うなと感じた。
どんな人なのかと興味を持って、反町監督のキャリアを調べたら、その印象も納得だった。
高校サッカーで全国大会優勝しつつ、一般入試で慶応大学に合格するという文武両道を絵にかいたような人だから素人でもすごさがわかる監督になれたのだと思ったね。

そして、そのインタビューでは、「サンガは理想を追いすぎる。もっと現実にあったサッカーをすればJ2で優勝できる」といってた。
つまりは、サンガの選手を高く評価していたが、サンガの戦術はその選手たちを活かし切ってないという趣旨だろう。
その後に、安藤、酒井、工藤と当時のサンガの主力を獲得していることはその言葉を裏付けているよね。

私は、反町監督の「等身大のサッカー」という考え方が非常に好きで、サッカーの雑誌で反町監督のインタビューが載っていれば、覚えてしまうくらい何度も読んでしまうのだ。
海外でいちばん好きな監督はシメオネ監督だけど、日本なら絶対に反町監督だね!!




そして、その年、ヤノ君は京都からアルウィンに観戦に行った。
アルウィンは松本駅から遠く、交通手段はバスしかないそうだ。
試合後、ヤノ君は電車に間に合うかどうか心配しながらバス待ちの長い行列に並んでいたそうだ。
すると、それを見た山雅サポーターが松本駅まで車で送ってくれたらしいよ。
見ず知らずのサンガサポーターを駅まで送ってくれるなんて、山雅サポーターの親切さには感動してしまうよね!!

そして、ヤノ君からは山雅サポーターのすごい応援の話も聞かせてもらった。
私も村山がゴールを決めた動画を観たんだけど、このゴールもさることながら、この圧倒的な応援に私は圧倒されたんだよ!!
私は働きながら司法書士の勉強をしているので、なかなか遠征は行けないけど、合格したら私もアルウィンに行きたいなぁ!!

つーか、来月、本城に山雅が来るから観に行こうかと思っているんだよね。
私がネットで見た都市伝説では、「本城のギラヴァンツサポーターよりアウェイの山雅サポーターの方が多い」というのがあって、これを確かめてみたいんだよ(笑)


こんな理由があって、私は山雅というチームも山雅のサポーターもすごく尊敬しているのだ。
しかし、このチームを乗り越えていかない限り、サンガも自動昇格に入れないだろう。
だから、山雅の壁を乗り越えて、J1昇格を目指して欲しいと思っていた。
サンガも石丸監督になってチームもまとまり、菅野や堀米たちの加入によって強くなったはずだ。
だから、今まで勝てなかった山雅に勝って、それを証明したいと思っていた。

ところが、その思惑も試合が始まると大きく外れてしまった…。
これまでは、サンガがポゼッション率で上回り、山雅がカウンターで応酬するという展開だったのだが、工藤の加入で山雅はポゼッション率でもサンガを上回っていたからだ。

その上であの堅い守りは健在だった。
ゴール前の守りが本当に堅い。
ポゼッションで山雅を振り回し、体力を消耗させた上で後半勝負に出るという策が取れなくなってしまった。
それでも、前半は0-0だった。
前半逃げ切りが多い山雅に対して、後半にチャージをかけるサンガという構図からして、前半で0-0は上出来ではないかと私は思っていた。


しかし、後半21分、宮阪のコーナーキックから飯田にヘディングで先制点を許してしまった…。
守備でもいい働きをされ、サンガのチャンスを潰されていた飯田にゴールまで決められるとはね。
早く同点に追いつきたいと思っていたけど、後半31分にまたしても飯田に決められてしまった…。
アディショナルタイムに山瀬が1点を返したけど、焼け石に水だった。

山雅との差を縮めたと思っていたけど、逆に山雅との差は大きくなっていた。
形はどうでもいいので、とにかく山雅に勝ってもらいたかった私にはダメージが大きかった。
本当に悔しかったけど、この敗戦をこれからに活かしてもらいたいと思う。
次回の対戦では山雅に勝てますように!!
そして、山雅と一緒にJ1に昇格して、来年もJ1で山雅と戦えるように頑張って欲しいと思う。


最後に私もファンである田中隼磨が早くピッチに戻ってこれるようにサンガサポーターも心から祈っております!!


s-青山愛72

【めぐたんの一言】
本当に悔しい負けでしたね…。
この悔しさを糧にこれからもっと強くなって欲しいですね!!

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_06_25_wasmlb_milmlb_1&mode=classic

きのう負けた時点で今日の7連敗は覚悟していたけどね。
打線が頑張って最後まで追いすがったけど、ゴンザレスが悪すぎた。

今日もストライク率は62.3%と高くなかった。
四球こそ1つだけど、2つの死球を出していた。
今日はラモスと組んだけど、そのラモスでもゴンザレスにいい投球をさせることはできなかった。
4シームの最速が92.3マイル、平均が90.9マイルに過ぎないので、いいコースをついても簡単に安打にされてしまう。
球速がなさ過ぎるため、変化球も簡単に対応されてしまう。
開幕当初悪いとは思っていたけど、ベテランだし、ある程度で収まることを期待していたんだけど、どんどん悪くなる一方だね…。

ナショナルズが独走して、7月くらいにゴンザレスをトレードに出して、ジオリートとターナーが昇格したらスカスカになるプロスペクトを獲得するのがベストだと思っていた。
しかし、このままだと買い手がつかないよね。
もう、疲労を理由にしてDLに入れて、マイナーで調整させることも検討し始めていいくらいじゃないか?
唯一の左腕だから、その点が厳しいけど、もう甘いことはいってられなくなってきたからね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=25&year=2016&game=gid_2016_06_25_wasmlb_milmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2016_06_25_wasmlb_milmlb_1%2F&prevDate=625&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=447989


ハーパー3

今日はマーフィーとラモスは当たっていたけど、ハーパーはまだ低空飛行している。
もうレギュラーシーズンの折り返しが近くなってきたのに、まだ.252、15本、43打点だ。
.300、30本、100打点もピンチになってきた。

きのうまでは連敗に怒りを感じていたけど、今日になると脱力感を感じてきた…。
こういう悪い流れになったときにチームを導けるリーダーがいないのが良くないね。
本当だったら、生え抜きのジマーマンがその役割を果たすべきだけど、それにふさわしい実績も残せてないし、そういうタイプの性格でもない。

去年も6月に失速したけど、今年もそうなるのかい?
本当に変えていこうという姿勢を見せてくれよ!!
見ててメンタルが弱すぎるような気がするよ。

こんな状態であさってからメッツと首位攻防戦とか最悪だな。
去年の9月のメッツ戦みたいにみじめなスイープだけはやめてもらいたいよね。
本当に野球を観るのがしんどい…。


s-イチロー

今日のイチローは、スタメンで出場で4打数1安打1四球だった。
今日は盗塁も決めた。
今季の成績は、.345、0本、9打点、7盗塁だ。
通算2,984安打で、メジャーリーグ通算3,000本安打まであと16本だ。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル142

【クリ様の一言】
ついに7連敗ですか…。
悪い流れになったときに止められる選手がいないのがこのチームの弱点かもしれませんね…。

1
20160626-12

http://www.sanga-fc.jp/games/result/2016061902/

先週の日曜日に自宅のパソコンが壊れてしまった。
月曜日に新しいパソコンを買ったけど、届いたのはきのうだった。
画像を使い回ししているMLBは夜勤中に会社でも記事を書けるけど、画像加工があるサッカーの記事は書けなかった。
私もさすがに愛用の画像編集ソフトを会社のパソコンにインストールするのは気が引けるからね(笑)

立ち上がりは予想外にもヴェルディペースだった。
押され気味の展開を試合が進むにつれ京都が徐々に押し返していった。
イ・ヨンジェのシュートは惜しくも外れたけど、佐藤のロングパスは素晴らしかった。
このパスはまるでバルセロナのイヴァン・ラキティッチのパスのようだった。
こういうロングパスを多用した攻めができれば、京都の攻撃にもバリエーションが増えていいと思うよ。

そして、前半32分、堀米のパスを受けたエクスデロが相手DFとGKを見事にかわしてゴールを決めた!!
このゴールは観てて思わず「上手い!!」と叫んでしまったよ!!
当たり負けしないしっかりとした体幹があるし、技術もあるし、本当に素晴らしいFWだと思うね!!

しかし、この後はストレスのたまる展開だった…。
イ・ヨンジェがGKと1対1を外してしまった。
ここは、焦らずに讃岐戦の堀米みたいに落ち着いてループシュートを放っていれば確実に1点入っていたね。
そして、それ以上に惜しかったのがアンドレイのシュートがバーに当たった跳ね返りを石櫃が外したことだった。
GKはいない無人のゴールだっただけにこれは決めて欲しかったよ。
サンガは何か気持ちばかり前に行き過ぎて、体がついて行ってないような印象を受けたね。


「こういうのを決めれなかったら、流れはヴェルディに行くよ」とヤノ君にメールしたら、案の定そうなってしまった…。
後半19分に澤井にゴールを決められて同点となったのだ。

しかし、まだ時間はあるので、点を取って勝てると思っていた。
その思いを引き裂くかのようなヴェルディの攻撃が続き、後半30分には井林のヘディングが絶妙なコースと高さで飛んでいき、決まってしまったのだ…。

私も嫌な流れになるとメールしたけど、それは同点に追いつかれて引き分けに終わることを想定したものであって、負けることまでは考えてなかった。
いい流れで来ていたので、このまま勝って山雅との対戦を迎えたかったんだけどね…。
本当に悔しい敗戦だったね…。
まあ、GKの鈴木の堅い守りとチャンスを逃さないヴェルディの攻撃が見事だったと相手を褒めるしかないね。


次はいよいよ山雅との直接対決だ。
サンガはこれまで山雅に勝ったことがない。
勝っていても最後に追いつかれたりして、最終的には引き分けに終わり、いつも勝てない。
いい試合とかじゃなくていい、とにかく勝って欲しい。
山雅を乗り越えないとJ1自動昇格なんて無理だし、J1に昇格してもすぐに降格するだろう。

山雅というチームの素晴らしさと反町監督の偉大さを知りつつもあえていいたい。
絶対に勝ってくれ、と。


s-青山愛71

【めぐたんの一言】
先制点を取った試合は負けないというジンクスもついに破れてしまいましたね…。
次はいよいよ山雅との試合ですね!!
私もぜひ勝ってもらいたいと思います!!

1
20160626-11

http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2016061808

6月18日にレベスタに川崎フロンターレが来たので、試合を観に行った。
川崎フロンターレは、私が応援しているタレントのmarie.ちゃんが大ファンのチームなんだよ。
私はサンガサポーターだし、普段はJ2しか観ていない日が浅いサポーターなのだ。
だから、J1のことは詳しくないんだけど、サンガからは原川が移籍したし、コンサドーレにいた奈良、ジェフに森本は中継で観たことがあるんだよ。
それに、大久保と中村は私も知っていたからね。
これを機に私もフロンターレに詳しくなろう!!


DSC01613

今日のスタグルは、ミックス丼を食べた。
味は良かったけど、900円という値段を考えれば、もうちょっとボリュームが欲しかったね。


DSC01615

私はサンガサポーターといっても、地元は福岡でレベスタから自転車で15分のところに住んでいるのだ。
私はもともと同人誌という自費出版のマンガを描いていて、京都に住んでいる同人仲間と一緒にレベスタでサンガの試合を観たのがキッカケでサンガサポーターになったんだよ。
2013年からサンガを応援しているけど、それまで私はスポーツはMLB以外はほとんど観てなかったので、サッカーの知識は素人レベルなんだよ。


DSC01621

DSC01624

試合開始前のフロンターレーサポーターの皆さん。


DSC01627

DSC01634

練習中のフロンターレの選手たち。


DSC01636

DSC01637

そして、お目当ての原川を見つけた!!
フロンターレのような強豪チームからオファーがあったなんて、やっぱり、原川はすごい選手だったんだなぁ…。
ぜひ、フロンターレでもレギュラーになってもらいたいよね!!


DSC01639

DSC01642

DSC01644

DSC01651

私は、J1の試合は、この試合を除けば、FC東京‐アビスパ福岡(2006年)とサガン鳥栖‐横浜F・マリノス(2015年)しか観たことがなかったんだよ。
だから、J1を観るのは新鮮だったね。


DSC01659

DSC01663

DSC01668

大久保の写真が撮れたと思って感動したけど、後でもっといいのが撮れたんだよね!!


DSC01669

DSC01675

やっぱり、フロンターレの選手って強豪の風格があるよね!!


DSC01681

試合は、1stステージ優勝の気負いがあったのか、フロンターレの選手の意識が前のめりになっている気がした。
そこをアビスパのカウンターが襲った。
前半9分に金森のゴールでフロンターレが先制点を許してしまたのだ…。

この試合で勝てば優勝のフロンターレは、早く同点にしようという気持ちが焦りを生んだような気がした。
さらに前半15分に金森に追加点のゴールを決められ、0-2となってしまった…。


DSC01689

これがこの試合で撮ったベストショットだ!!
一瞬、大久保とレスターの岡崎かと思ってしまうよね(笑)
この選手は登里というのか。
覚えておこう。


DSC01696

大久保の写真が撮れると嬉しいよね!!
大久保の地元は福岡らしいね。


DSC01700

DSC01720

2点リードを許されてからは、いい意味で開き直って、フロンターレらしいサッカーができたみたいだった。
前半42分には小林がゴールを決めて、前半を終えた。
これは見事なループシュートだったよね!!


DSC01721

DSC01726

後半になるとフロンターレが押しまくるけど、イ・ボムヨンの壁が厚かった。
そんな中、後半27分には大久保がPKを決めて、ついに同点に追いついた。
この後もアビスパを押しまくったけど、ゴールを決めることができず、引き分けに終わってしまった…。
私もフロンターレを応援していたので、本当に残念だった…。


そして、きのう、アントラーズが勝ったので、1stステージの優勝はアントラーズとなった。
フロンターレは奮戦及ばず勝ち点差1の2位となった。

しかし、まだ2ndステージがあるしこれからも頑張って欲しいと思う。
フロンターレの優勝を目の前で見れなくて残念だったけど、フロンターレのサッカーは面白かったし、大久保や原川が見れて最高の1日だったと思う。


s-青山愛70

【めぐたんの一言】
フロンターレの奮戦も一歩届かず、1stステージは2位に終わってしまいました。
しかし、戦いはこれからです。
2ndステージ優勝、そして年間優勝に向けて頑張って欲しいですね!!

1
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_06_24_wasmlb_milmlb_1&mode=classic

きのうの朝の10時過ぎにパソコンが届き、セキュリティーツールの設定やソフトのインストールをした。
11時に土曜日恒例の一楽にラーメンを食べに行き、イオンモールでBIGを買った。
今週までBIGは1等10億円なので、当たるといいなと思った。

その道中でナショナルズの途中経過を見ていたけど、ナショナルズはまた負けた。
帰宅して、ブログを書く体力は残っていたけど、気力がなかった。
6連敗…。
最後の希望であったシャーザーまで散った…。

ナショナルズのいいところはことごとく打ち砕かれた。
去年も6月から失速し、夏場には無残な状態になっていた。
また同じ過ちを繰り返すつもりかね?


シャーザーもシャーザーだよ。
こんなときに抑えて勝つのがエースじゃないか!!
本塁打を打たれ過ぎなんだよ!!
いい球と投げて、いい投球をしていても肝心なところでやらかしてしまう。

打線も打線だよ!!
いつになったらハーパーは調子が上がるんだよ!!
こんなことしていたら、「去年は出来過ぎだった、やっぱりハーパーはMLBでいちばん過大評価されている選手だ」といわれてしまうじゃないか!!


日曜日にパソコンが壊れて試合が観れなかったことが幸いだったよ。
こんな惨状をリアルタイムで観ていたら、きっと激怒していただろうからね。
今日からまた観るので、せめてプロらしい試合を観せて欲しい。
今日は、あれこれ書いても愚痴ばかりになるので、また明日…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=24&year=2016&game=gid_2016_06_24_wasmlb_milmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2016_06_24_wasmlb_milmlb_1%2F&prevDate=624&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=447974


s-イチロー

今日のイチローは、代打で出場で1打数0安打だった。
今季の成績は、.348、0本、9打点、6盗塁だ。
通算2,983安打で、メジャーリーグ通算3,000本安打まであと17本だ。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル140

【クリ様の一言】
本当に厳しい状態になってしまいましたね…。
私も言葉もありません…。

このページのトップヘ