若月健矢

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017081105/top

この日はオリックスがディクソン、楽天が岸の先発だった。
共に防御率がパ・リーグ上位にいる好投手同士のマッチアップだった。
ロースコアの投手戦になると思っていたけど、予想外の打撃戦になった。

オリックスは、2回二死満塁からT-岡田が押し出しで1点を先制した。
正直なところ、こういう場面では期待できないT-岡田だったので、押し出しで良かったと思った。
ここで吉田正が打って一挙に試合の流れを掴みたかったけど、空振りの三振だった。

そして、前回もそうだったけど、ディクソンは好投しながら勝ち星が付かないことが多かった。
しかし、この日はディクソンの調子が良くない。
3回表に銀次とアマダーにタイムリーを打たれて、1‐2と楽天に逆転されてしまった。
オリックスの投手陣はアマダーに打たれ過ぎじゃないの?
この日も5打数3安打だったし、入念にスカウティングして弱点とか調べているのか疑問に思うよね。


T-岡田

好投手の岸相手にリードを許すのは厳しいと思ったけど、4回裏の一死二連類の場面で若月がタイムリー二塁打を放って、オリックスが3‐2と逆転した!!
さらにT-岡田がタイムリーを放って、4‐2となった!!

T-岡田は、すでに1点を勝ち越して楽になった場面とかにタイムリーを打つんだよね。
先日みたいに同点の場面とかではなかなか打てない。
もっと、勝負強さが欲しいところだね。
まあ、このタイムリーも貴重だったとは思うけどさ。

吉田正が三振の後、マレーロが10号2ランで6-2となった!!
やっぱり、本塁打の威力は大きいよね!!
出塁率が高い打者を上位に集めた方が本塁打を打ったときに走者がいるので本塁打の威力が増すからね。
この打順は本当にいいと思うよ!!


小島脩平

ディクソンの調子が上がらず、6回途中で降板した。
ディクソンは、5.0回を2三振、1四球、8安打、自責点3だった。
まあ、ディクソンといえどもこういう日もあるだろう。

ヘルメンは2.0回を2三振、1四球、3安打、自責点1だった。
これで6-4とまた勝負の行方はわからなくなってしまった。

そんなとき、7回の二死一二塁から貴重なタイムリーを放ったのが小島だった!!
これで8‐4となってオリックスの勝利が濃厚となった。


近藤大亮

それでもセーブシチュエーションと同じような投手起用をする福良監督。
4点差あるんだから、他の投手を投げさせればいいじゃない。
こういう使い方をするから黒木も平野もバテるんだよ。
よほどの場面でなければ、セットアッパーやクローザーはセーブシチュエーション以外では起用しないというルールを徹底させるべきだと思うよ。


平野佳寿

平野も二軍から上がって来たばかりなので、無理な使い方はやめた方がいいと思う。
こんな使い方をすれば、またバテて打たれてしまうだろう。


福良監督もいい投手を酷使するのではなくて、こういうケースで他の投手にチャンスを与えるべきだよ。
そうしないから、平野、黒木、近藤以外に信頼できる投手が育たないんだと思うよ。
こういうケースで金田とか大山とか小林にチャンスを与えて、成長を促すべきだと思うよね。
オリックスは、クライマックス・シリーズは絶望的なんだから、来季以降に備えて、もっと若手の底上げをすべきだ。
それは、オリックスにとって目先の1勝よりも大事なはずだからね。


中島宏之

そして、今日は中島が4打数4安打の大活躍だった!!
中島が6番というのは本当に怖い打線だよね!!
まあ、欲をいえば、7~9番がまだ弱いと思うけどね。


青山愛188

【めぐたんの一言】
今日は、素晴らしい逆転勝利でしたね!!
これを機に若月選手も打撃海岸になって欲しいですね!!
西武戦に続いて楽天戦も勝ち越したいですね!!
次は山岡投手に期待しましょう!!
頑張れ、オリックス!!