ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_15_wasmlb_nynmlb_1&mode=classic

今日は、au行ってたり、郵便局に行ってたりしたので、試合を観ることができなかった。
auでスマホの通信量を増やしてもらったんだけど、「スマホ出して下さい」といわれて恥ずかしい思いをしてしまった。
私は、スマホの壁紙を橋本環奈ちゃんにしていたからだ。
環奈ちゃんはあんなにかわいいので、私も環奈ちゃんを壁紙にすることが多いんだけど、私もいい年なので、人に見られるのは恥ずかしいんだよね(笑)


tumblr_oi7ku7qQVr1u1r0yoo2_1280

でも、やっぱり環奈ちゃんはかわいいよね!!
私は環奈ちゃんと中学が一緒なんだよ。
環奈ちゃんが中学にいたときの教頭先生は私の担任だった先生なのだ。
ちなみに女優の水野美紀さんやソフトバンクの孫正義さんも同じ中学なんだよ。


話が脱線したけど、最近は嫌な形で負けが続いて、嫌な形でメッツとの首位攻防戦に入ってしまった。
まあ、ここでメッツにスイープされても首位から陥落することはないんだけど、負け越すとさらに嫌なムードが続くからね。
メッツも先発が万全の状態でそろえばメジャーリーグ屈指の投手陣なので、一挙に差を詰められる可能性もある。
だから、このシリーズでは悪くても2勝2敗、できれば3勝1敗で勝ち越したいところだ。

予告先発を見ると4戦目が不調のロスとデグロムなので、この試合は勝てない可能性が高い。
そう考えると、残りの3試合を全勝しないと3勝1敗にはならないのだ。
なので、ぜひ、今日の試合は勝ちたかった。


ここまでゴンザレスは、防御率こそ良かったけど、コントロールが悪く、四球が多かった。
球数が多くなるので、守りの時間が長くなって、攻撃のリズムも悪くさせて、得点も入りにくくなるし、早いイニングに降板するので、弱体なナショナルズのブルペンが勝ち星を消してしまうことも多くなる。
現状で勝ち星を増やすには、ゴンザレスが7回まで、できれば8回まで投げることが望ましい。

その点、今日のゴンザレスは理想的だった。
7.0回を5三振、0四球、5安打、1本塁打、自責点2で、課題だった四球が0なのがいいね。
106球中70球がストライクで、ストライク率66.0%とかなり良くなっている。
4シームの最速が93.3マイル、平均が92.1マイルと球速も上がって来たし、チェンジアップの空振り率が13.3%、カーブが20.7%と変化球の切れが戻ってきたのも大きい。
やっぱり、野球は投手力が大事だと感じた試合だったね!!


ジョー・ブラントン

しかし、ブラントンは相変わらずだね。
2シームも最速91.9マイル、平均91.2マイルと平凡で8球中1球しか空振りが取れないし、変化球の空振りは皆無だ。
今後、大幅に良くなることもなさそうな気がするね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=15&year=2017&game=gid_2017_06_15_wasmlb_nynmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_06_15_wasmlb_nynmlb_1%2F&prevDate=615&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491099


ハーパー3

打線は、初回、ハーパーの17号ソロで先制した!!
4回は二死二塁からゴンザレスのタイムリーで1点を追加した。

ダニエル・マーフィー

4回裏に1点を返されたけど、5回には一死一三塁からマーフィーの三塁打で2点を挙げた。
さらにレンドンのタイムリーやテイラーの7号2ランでこの回に5点を挙げて試合を決めた。
6回も無死一塁からグッドウィンのタイムリーで1点を追加した。

今日のマーフィーは5打数3安打2打点だった。
ライバルのメッツ戦では圧倒的な強さを誇るよね!!
マーフィーが移籍してくるまでは、ナショナルズは三流投手はボコボコにするけど、一流投手には手も足も出ないことが多かった。
しかし、好投手にも強いマーフィーが入ったことで、ナショナルズの打線は見違えるように良くなった。

しかも、ジマーマンにも的確なアドバイスをして、あのサッパリ打てなかったジマーマンを三冠王クラスの成績にしてしまうんだからね。
マーフィが入団したのはナショナルズのターニングポイントだったと思うよ。
ぜひ、これからも頑張って欲しいよね!!


ブライアン・グッドウィン

それから、最近はグッドウィンがいい働きをしているよね!!
今季も.277、4本、12打点となかなかの成績だ。

元々グッドウィンは評価が分かれる選手で、プロスペクトのときもオールスター級の選手になれるという意見と外野の控えが精一杯という意見があった。
私は、正直なところ後者の意見だった。
しかも、今季は昇格と同時に走塁ミスをしたり、守備でもミスしたりしていて、メジャーリーグで生き残っていくのも難しいのではないかとも思った。
しかし、そこから良くなり始めて、今やテイラーを抜いてワースの後釜の最有力候補になったのだ。

正直なところ、これは本当に予想外だったよ!!
スカスカといわれるナショナルズのマイナーだけど、ロブレスにしろ、ソトにしろ、キーブームにしろ野手は意外と育っているんだよね。
ロブレスは、1A+で.285、6本、21打点、11盗塁、ソトは1Aで.360、3本、14打点、1盗塁、キーブームは1Aで.333、6本、20打点、2盗塁だ。

放出したジオリートが3Aで2勝6敗、防御率4.86であり、63.0回で31四球と全くコントロールが改善されていないし、ロペスも3Aで5勝3敗、防御率3.82であり、66.0回で28四球と同様だ。
この2人はリゾーGMに才能を見限られたので、トレード価値があるうちに放出されたんだと思うよ。

この2人の移籍先のホワイトソックスも期待されていたモンカダがここに来て打率が急降下し、3Aで.271、7本、19打点、13盗塁となっている。
コペックも4勝3敗、防御率2.90ながら、ここ2試合でイニング以上の四球を出している。
62.0回で83三振を奪う一方で、40四球はあまりにも多すぎる。
オフの勝者といわれていたホワイトソックスだけど、今のところはその効果も見えてこないよね。


イチロー2

今日はマーリンズに試合はなかった。
イチローもゆっくり休んで、連続安打を6試合に伸ばして欲しいよね!!
頑張れ、イチロー!!

今日は2位のメッツに勝ったので、メッツとのゲーム差は9.5となった。
試合がなかった3位のマーリンズとのゲーム差は10.0となった。
このまま独走できるように頑張って欲しいよね!!


滝川クリステル404

【クリ様の一言】
ここ最近、負け続きで沈みがちだったチームがゴンザレス投手の好投で救われましたね!!
ゴンザレス投手は、ここまで防御率ほどは良くない投球でしたが、今日は素晴らしかったですね!!
明日は、ぜひエースのシャーザー投手で連勝を飾りたいですね!!