ナショナルズ006

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_13_phimlb_wasmlb_1&mode=classic

9回二死一塁。
延長戦になるとブルペンが薄手のナショナルズには不利だ。
ここで決めて欲しいというのがナショナルズ・ファンの思いだった。

ハーパーはちょうど2,162万5,000ドルで来季の契約を更新したところだった。
ファンはナショナルズの生え抜きのスーパースターが来季もナショナルズでプレーすることを喜んでいた。
その祝砲といわんばかりにハーパーの打球は伸びて行き、バックスクリーンに突き刺さった!!

割れんばかりの歓声に包まれるナショナルズ・パーク。
ハーパーがこのチームと長期契約してくれれば、これからずっとこんな光景を見ることができるだろう。


ハーパーはヤンキース・ファンで、アマチュア時代はヤンキースに入りたいといってたことがある。
私は元々がロジャー・クレメンスのファンで、クレメンスが在籍していたチームを応援していたので、ヤンキースを応援していた時期もあった。
クレメンスが在籍していたときにヤンキースは三連覇を果たしていた。
ワイルドカードが導入されて以降、連覇したチームはなかったのにヤンキースは隙のない野球をして、この偉業を達成したのだ。

しかし、そのヤンキースは他チーム出身の大物選手が活躍しにくい環境にあることは否定できない。
あのメジャーリーグの本塁打記録を更新すると思われていたA-Rodもヤンキース移籍以降は成績が下がって行った。
A-Rodのみならず、ジアンビ、テシェイラとヤンキース入団以降に輝きを失った大物打者は多い。
投手でもあのクレメンスやランディ・ジョンソンもヤンキース在籍時は大きく成績を落としているのだ。


それに比べて、ナショナルズは移籍してきた選手がキャリアハイの成績を出すことが多い。
ワース、マーフィー、シャーザー、ゴンザレスがそうだし、ターナーやロアークもナショナルズが育て、開花させた。
ナショナルズはファンもおおらかで、選手が活躍しやすい土壌があるのだと思う。


そういった状況を考えると、私はハーパーはナショナルズに残り、このチームでプレーした方がいいと思う。
私はハーパーが生まれる前から野球を見ているけど、ナショナルズは私の人生で見たもっとも理想的なチームだ。
圧倒的な先発ローテーションと圧倒的なクリーンアップを兼ね備え、投打の軸がしっかりしているのが素晴らしい。
ファンが口うるさく、ちょっと不振になれば叩かれるヤンキースでプレーするよりも、ナショナルズで伸び伸びとプレーして、メジャーリーグ本塁打記録の更新を目指し、シャーザー、ストラスバーグ、ターナー、マーフィーと一緒にヤンキースの三連覇を超える四連覇を目指した方がいいと思うよ!!

ヤンキースはアメリカでもっとも人気があるチームだけど、アンチも多いからね。
ヤンキースの4番となれば、レッドソックスのファンは絶対にハーパーを応援しないだろう。
しかし、ナショナルズはアンチが少ないからね。
その分、幅広いファンから応援してもらえると思うよ。


今日のサヨナラ本塁打を見ていると、本当にナショナルズに残ってもらいたいよね!!
ハーパーには賢い選択をしてもらいたいね。
ハーパーに残ってもらえるようなチームになるためにも、今季の世界一はぜひ達成したいよね!!


トレイ・ターナー

打線は、4点をリードされたけど、5回二死三塁からターナーが3号2ランを放った!!
さらにワースとハーパーの連続四球の後、ジマーマンが二塁打を放って、4‐4の同点となった!!

今日もメジャーリーグで得点1位のナショナルズ打線が素晴らしい働きをしたよね!!
ターナーはこれをキッカケに調子を上げて、今季は.300、15本、70打点くらい打って欲しいよね。
さらにワースも.303、6本、11打点となった。
1番と2番が打ってくれるとあのクリーンアップなのでナショナルズの得点力は飛躍的に上がるよね。

レンドンも今は.276、6本、23打点だけど、.300、30本、100打点を目指して欲しいよね!!
ウィータースも.270、18本、70打点くらい打ってくれると嬉しいね。
問題はテイラーで、.260、15本、50打点くらい打ってくれれば来季のレギュラーの芽も出てくるんだけどなぁ。
まあ、イートンの怪我はショックだったけど、打線は全体的に100点の出来だよね。


タナー・ロアーク

ロアークは、前回は6.0回を自責点0で勝てなかったので、今日は勝って欲しかった。
しかし、前回同様にコントロールが悪く、110球中63球しかストライクが入らなかった。
ストライク率は57.3%という悪さだ。

ロアークは、2015年に中継ぎに回って以降、球速が上がった代償にコントロールが悪くなってしまった。
しかし、去年からは奪三振率も7.0を超えてきた。
この奪三振率をキープしつつ、与四球率を下げることが求められる。


話しが変わるけど、ここで私の持論を書いておこう。
野球ではことさらに守備力を強調する人が多い。
しかし、私が思うに守備力なんて並みでいいと思うんだよ。
それよりも打撃だよ。

ちょっと昔、ジーターの守備力を問題視し、アダム・エベレットの守備を絶賛している人が多かった。
その当時、私はクレメンスがアストロズにいたのでアストロズを応援していた。
だから、エベレットの守備はジーターよりもはるかに素晴らしいことを知っている。
そのエベレットのUZRは2003年以降、11.8、18.8、14.9、25.7、19.8、11.8だ。
つまりエベレットの全盛期でも平均のURZは17.1なのだ。
1年間で17.1点防いでいるに過ぎない。

同じ期間、ジーターのURZは、-5.5、-0.8、-13.4、-7.8、-18.0、-0.2だ。
明らかにエベレットの方が上手いのがわかる。
しかし、ジーターはこの間に平均.315、15本、73打点、18盗塁だ。
エベレットは平均.226、6本、38打点、9盗塁だ
こういうことをいう人たちはまるで鬼の首でも取ったようにジーターを貶め、エベレットを絶賛していたけど、この打撃成績の差を見てもジータよりもエベレットの方が優れたショートだと思うだろうか?


いってしまえば、守備力で防げる点って普通は10点ちょっとくらいなものなんだよ。
そのために年間600打席もある打撃を犠牲にするなんてのは大間違いだといっているのである。
ジーターの守備が少々悪くても、ショートであれだけ打てる選手はなかなかいないので、チームにとってジーターがいた方がありがたいに決まっているのだ。

私は守備が悪い方がいいといっているんじゃないよ。
もちろん、お金を使いまくって、先発と打線だけではなくて、リリーフも守備も一流にするのがいちばんだよ。
ただ、ヤンキースやドジャースみたいに湯水のようにお金を使えるのではないチームは、優先順位を考えるべきだといっているんだよ。
限られた予算でチームを作る場合、まずは先発、次に打線、その次にリリーフ、最後に守備だよ。

じゃあ、守備が良くないのはどこでカバーすればいいかといえば、奪三振率の高い投手陣でカバーすればいいんだよ。
たくさん三振を取れば守備機会が減るからね。
野球を見だすと細かいところばかりに目が行きがちだけど、もっと視野を広く持つべきだと私は思うよ。

「投手も1人の野手だ。だから体が流れるフォームは良くない」というけど、投手の守備機会は1試合平均1回だよ。
その中で体が流れない投手なら取れて、体が流れる投手なら取れない打球なんて数試合に1回くらいしかないだろう。
その打球が安打となり、それが失点に結びつくのは10試合か20試合に1回で、それが決勝点になるのは年に1回あるかないかだろう。

体が流れた方がいい球が投げられるんだったら、その年に1回あるかないかのために年間3,000球いい球を投げる機会を犠牲にするのかい?
それは確率から考えてバカバカしいだろう。


コーダ・グラバー

ちょっと話が逸れてしまったね。
今日は、グラバーが復帰登板をしていたけど、これからセットアッパーで頑張って欲しいよね!!
将来的にはクローザーになれるように、実績を残して欲しいよね!!


ショーン・ケリー

今日は、ケリーも復帰登板を果たしていた。
無死二塁となったときはヒヤヒヤしたけど、そこから良く踏ん張ってくれたと思うよ。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=13&year=2017&game=gid_2017_05_13_phimlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_05_13_phimlb_wasmlb_1%2F&prevDate=513&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490649


今日はメッツも負けたので、2位のメッツとは7.0ゲーム差となった。
メッツは勢いに乗ると怖いチームなので、10ゲーム差くらい付けないと安心できないよね。


ナショナルズ007

あと、今日はカブスのことを書いておこう。
カブスは今日で18勝18敗ですごく不振だといわれている。
特に投手が不振だといわれている。

しかし、私は去年からカブスの投手は出来過ぎだと書いていたからね。
先発全員がBABIP.250前後、FIPもxFIPも2点台は皆無、LOB率に至っては75%くらいがデフォルトで、レスターとヘンドリクスは80%超え。
こんな幸運が2年も連続で続く訳がない。

今年は不振なのではなくて、これが実力だと思うよ。
むしろ、セイバーメトリクス的には明らかに出来過ぎなのに、去年の成績を鵜呑みにしている方がおかしいと思うけどなぁ。
エプスタインは確かに呪いを解くのが上手いけど、常勝チームを作る手腕が優れている訳ではなさそうだね。


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場して、1打数0安打だった。
今季の成績は、.178、1本、1打点だ。
明日は打って欲しいよね!!


滝川クリステル375

【クリ様の一言】
今日のハーパー選手のサヨナラ本塁打は本当に感動しましたね!!
私もぜひハーパー選手がナショナルズに残って欲しいですね!!