マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_04_18_wasmlb_atlmlb_1&mode=classic

これぞエースの投球だったと思う。
今日のシャーザーはコマンドが良くなかったけど、7.0回を7三振、3四球、2安打、自責点0の好投だった。
6回で101球投げていたけど、ナショナルズのブルペンの弱さがあるので7回まで投げ切ったところも正にエースだった。
メジャーリーグ最高の右腕の名に恥じない投球だったと思う。

今日のシャーザーは4シームが素晴らしかった。
4シームの最速は97.5マイル、平均は94.6マイルで空振り率は驚異的な17.1%だった。
先発投手の4シームの空振り率がここまで高いのはめったにお目にかかれない。
また、伝家の宝刀のスライダーも圧倒的な空振り率33.3%だった。

これが本来のスライダー投手なんだよ。
4シームで高めを攻めておいて、打者の目線を高めに慣れさせておき、同じ高めの軌道からスライダーを落とすのだ。
高めに慣れた打者の目線は同じ軌道から急激に沈むスライダーに対応しにくい。
逆に低めのスライダーを意識すれば、高めの速球にに対応しにくくなる。
この高低を上手く使った投球がスライダー投手を活かす配球だと思う。


トライネン2

この逆を行くのがトライネンだ。
この話は、もう何度もした話だけど、最近このブログを読むようになった読者も多いので、再度させてもらうことにするよ。

トライネンの最大の武器はスライダーで、空振り率は26.32%に達する。
そして、4シームの空振り率は12.50%に対し、シンカーはわずか4.00%に過ぎない。
4シームは、平均95.76マイル、横-8.04インチ、縦8.79インチの変化をする。
シンカーは、平均95.60マイル、横-10.25インチ、縦4.99インチの変化をする。

シンカーは球速と変化量の大きさの割には非常にバットに当たりやすい球なのだ。
4シームもシンカーも投げる投手で比較してもらうとわかると思うけど、4シームに比べてシンカーの方が極端に空振り率が低いのだ。

そして、トライネンのスライダーは、平均88.05マイル、横0.48インチ、縦0.50インチの変化だ。
スライダーが最大の武器の投手がシンカーを使うと打者は低めだけ山を張っておけばいい。
つまりシャーザーみたいに高低差を使った攻め方ができない。
しかも、シンカーは当てやすいので、難しいコースは簡単にファウルにできる。

せっかく100マイル近い球速があるんだし、4シームの空振り率は12.50%もあるんだから、高めの4シームとスライダーを使えば、もっといい投球ができるはずなのだ。
これはトライネンと配球が似ているロスにもいえることだ。

あとの問題はメンタルだね。
ストライクも入らないし、完全に自信を失っているね。
能力はあると思うので、4シーム主体の投球に切り替えてみてはどうだろうか?


ショーン・ケリー

今日はケリー様々だったね。
一死満塁のピンチからよく凌いでくれたと思うよ。
ケリーもスライダーが伝家の宝刀だけど、今日はその裏をかいて高めの4シームを振らせていたね。
最初の打者のボニファシオには3球連続で高めの4シームで攻めてライトのファウルフライに仕留めた。
その上で、2人目のダーノウには4シームを意識させておいて、スライダーを上手く使って三振に仕留めた。

今日のケリーの4シームは最速93.9マイル、平均92.8マイルと平凡だったけど、高めの4シームと低めのスライダーを組み合わせれば、4シームも空振り率33.3%に達するのだ。
トライネンはこういう投球を参考にするべきだろうね。


s-サミー・ソリス

ソリスはワイルドピッチが2つもあったけど、4シームの最速が96.6マイル、平均94.7マイルとかなり球速も出てきたね。
この調子で頑張って欲しいよね。


まあ、ブルペンが開幕からいきなり最悪の状態でスタートしたので、必要以上に心配してしまうよね。
でも、長いシーズンを過ごしていくうちに徐々に実力に見合った成績に収束していくと思うよ。
他のリリーフもきっとこれから良くなってくるだろうね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=4&day=18&year=2017&game=gid_2017_04_18_wasmlb_atlmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_04_18_wasmlb_atlmlb_1%2F&prevDate=418&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490309


s-ウィルマー・ディフォ

打線は、5回表の無死二塁からディフォのタイムリーで1点を先制した。
シャーザーがバントで送り、そこからイートンがタイムリーで2点を先制した。

そういえば、前回書くのを忘れていたんだけど、シャーザーは得点圏で22打数8安打、打率.363ととチャンスに滅法強いんだよ。
以前、シャーザーは「自分が打席に立つよりも最強のDHであるオルティスが打席に立った方が面白い」といってたけど、シャーザーがチャンスで打席に入るとめちゃくちゃ期待してしまうんだよね。
私としてはオルティス以上にシャーザーの打席が楽しみだけどなぁ(笑)


ジマーマン2

8回表は一死二塁からジマーマンがタイムリーを放って、3‐0とした。
終わってみれば、3‐1でナショナルズが勝った!!
今日はメッツが負けたので、ゲーム差も1.0に広がった。


イチロー2

マーリンズはマリナーズとの試合してて、現在7回裏だけど、まだイチローは出場していない。
ぜひ、代打で出場して、安打を放って欲しいよね!!
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル347

【クリ様の一言】
今日もシャーザー投手が素晴らしい投球をしてくれましたね!!
最後はヒヤヒヤしましたけど、ケリー投手も良く頑張りましたね!!
明日もナショナルズが勝ちますように!!