Nationals Nation

マックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグ、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、マイケル・コペック、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、戸田真琴ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

1
s-ルーカス・ジオリート

【ルーカス・ジオリート】
http://www.milb.com/player/index.jsp?sid=t547&player_id=608337#/career/R/pitching/2016/ALL

所属:2A

http://www.milb.com/gameday/index.jsp?gid=2016_05_14_akraax_haraax_1&mode=gameday

ジオリートは、5.2回を4三振、5四球、3安打、自責点0だった。
前回、コントロールに改善が見られたのかと思って嬉しかったんだけど、元の木阿弥になっていた…。
最後も6.0回を自責点0といっても、これだけ四球が多いのでは中身がないとしかいい様がない。

いくら100マイルの4シームとカーショウ並みのカーブがあってもこのコマンドではメジャーリーグで使えないだろうね。
実際に2Aでも防御率3.86なんだしね。
もうちょっとここを改善していますというのが見えてくる投球をして欲しいよね。


ルーカス・ジオリートの投球分析
http://strasburg37.blog.jp/archives/328156.html


s-トレイ・ターナー

【トレイ・ターナー】
http://www.milb.com/player/index.jsp?sid=t552&player_id=607208#/career/R/hitting/2016/ALL

所属:3A

34試合で、.316、3本、16打点、14盗塁だ。
打率もちょっと上がったし、1本塁打、2盗塁していたんだね。
期待していたリビアもさっぱりだったので、昇格したら、2番ではなくて1番で起用されるかもしれないね。
1~2番の出塁率が低いとハーパーの打点も伸びず、チーム得点も増えないので、ターナーにかかる期待は大きいよね!!


s-ビクター・ロブレス

【ビクター・ロブレス】
http://www.milb.com/player/index.jsp?sid=t563&player_id=645302#/career/R/hitting/2016/ALL

所属:1A

33試合で、.336、3本、17打点、12盗塁と素晴らしい成績を残している。
打率をやや落とし、本塁打と盗塁は増えてない。
じっくりと大きく育って欲しいね。


s-滝川クリステル93

【クリ様の一言】
今日もジオリート投手は残念でしたね…。
期待していただけに物足りなさを感じてしまいますよね…。

5
スティーブン・ストラスバーグ4

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_05_14_miamlb_wasmlb_1&mode=classic

今日のストラスバーグは、4シームの最速が97.3マイル、平均球速が95.2マイル、ストライク率は70.8%、空振り率は8.3%だった。
ところが伝家の宝刀のチェンジアップが最悪だった。
ストライク率が27.3%と制球が悪かったのだ。
このため、チェンジアップが11球しか投げられず、3球しか空振りも奪えなかった。
最大の武器を失ったので、スライダーを28球と多投したけど、このスライダーも前々回の空振り率31.3%、前回の27.3%には遠く及ばない10.7%の空振り率に留まっていた。

苦しい投球になってしまったストラスバーグだけど、何とか6.0回を自責点3に留め、6勝目を挙げた。
ここ5試合、内容が良くなくて防御率も4.05となっているけど、調子が良くないときに打線の援護で勝てると投手の調子も上がってくるからね。
少々打たれても打線が取り返してくれるという安心感もあるから、開き直った投球もできるからだ。

これに対して、いい投球をしていても打線の援護がなくて勝てないと、1点も与えられないと萎縮した投球となって、かえって大量失点を招いてしまう。
そういう意味では、ストラスバーグが開幕6連勝できて本当に良かったと思うよ。
ただ、大型契約もしたんだし、次からはその契約に相応しい投球を見せて欲しいと思う。


s-フェリペ・リベロ

リベロが今日も打たれてしまった…。
特に期待している投手でもあり、将来的にはナショナルズの最強ローテーションの一角を占める投手になって欲しいと願っているだけに、このところの不振がショックでならない。
この試合の前までは、奪三振率11.42、与四球率2.60なので悪いとも思えない。
どこに原因があるのかを考えてみたいと思う。


20160515-05

4シームの平均球速は96.12マイルと去年の95.75マイルからさらに上がっている。
全球種で平均球速が上がっており、今季から持ち球にカーブが加わっている。


20160515-06

各球種の変化量を見てみると4シームの変化は大きくなっていて、チェンジアップはほぼ同じ、スライダーの落差が-4.34インチから-1.63インチに小さくなっている。
これはスライダーの変化を小さくすることで、コマンドしやすくしているためだと思われる。


20160515-07

空振り率で見ると、

4シーム 10.30%→13.41%
チェンジアップ 34.29%→39.34%
スライダー 14.18%→23.08%

とむしろ進化していることがわかる。
チェンジアップはもはやMLB最強クラスであり、スライダーも超一流だ。


20160515-08

気になるのは、走者なしで.154なのに、走者ありで.269と被打率が1割以上も上がることだろうか。
とはいえ、全体的にいい球を投げており、序盤はちょっと打たれると防御率が爆発的に悪くなってしまうために5.09という防御率になっているだけだと思う。
終わってみれば、防御率2点台に落ち着くだろう。
改めて見ると本当に中継ぎにしておくにはもったいないよね。

中途半端に野球に詳しくなると、必要以上にブルペンを重視するようになるけど、200.0回投げる先発投手よりも70.0回しか投げない中継ぎ投手の方が大事ということはあり得ないからね。
ヤンキースを見てみるといい。
ブルペンがあれだけ良くても先発があれだけボロボロだと最下位になってしまうんだからね。
なので、私はリベロが順調に成長を続けてくれて、将来的にはゴンザレスに代わる左の先発になって欲しいと思っているんだよ。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=14&year=2016&game=gid_2016_05_14_miamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2016_05_14_miamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=514&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=446932


ダニエル・マーフィー

1点を先制された1回裏、マーリンズ先発のニコリーノは立ち上がりからいきなり3者連続四球を与えてしまった。
このチャンスにマーフィーとジマーマンが連続犠牲フライを放ち、ワースのタイムリーもあって、一挙に3-1と逆転した。

3-2と1点差に迫られた5回裏にはレンドンのタイムリーで1点を追加して4-2となった。
その後、二死満塁となり、ここで1本出れば勝負が決まるところだったけど、ワースは打てなかった。
6回にラモスが4号ソロを打っているし、打率もいいので、5番ラモス、6番ジマーマン、7番ワースにした方がいいと思うよ。
そして、8回にはテイラーのタイムリー二塁打で、1点を追加し、最終的には6-4で勝利した。


s-イチロー

今日のイチローは、6回に代打で出てきた。
注目のストラスバーグとの対決は、セカンドゴロでストラスバーグの勝ちだった。
打率も.295と3割を割ってしまったけど、ナショナルズとの対戦が終ったら、また打ちまくって欲しいよね!!


s-滝川クリステル92

【クリ様の一言】
まずは、ダブルヘッダーの初戦を勝ちましたね!!
ストラスバーグの調子が上がらない中、打線がよく頑張ってくれたと思います!!
この調子で2試合目も勝ちたいですね!!

5
s-20160515-03

http://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10788173

グラウンドに駆け寄る選手たち。
我らがバルセロナがリーガ・エスパニョーラの連覇を達成した瞬間だった!!
苦しいときもあったけど、24回目の優勝を果たしたのだ!!

前半22分、ジョルディ・アルバのスルーパスを絶妙の飛び出しで受けたスアレスが流し込んで先制点を挙げた。
リーガ・エスパニョーラの得点王が事実上決まった瞬間だった。
この飛び出しのときの駆け引きの上手さがさすがスアレスだと思うよね!!

前半38分には、アウヴェスがロングパスをかろうじてフィールドに残し、これをスアレスがヘディングで押し込んだ!!
後半41分にはネイマールがドリブルで相手DFを引き付けておいて、スアレスにパスを出し、これをスアレスが決めてハットトリックを達成した!!
そして、スアレスの得点王とバルセロナのリーガ・エスパニョーラ優勝が決まったのだ!!


今季は、残念ながらCLの準々決勝でアトレティコ・マドリーに敗れ、2年連続の三冠はならなかった。
しかし、このリーガ・エスパニョーラの優勝を心から喜ぼう。
本当におめでとう!!
そして、来週の国王杯にも勝って、二冠を目指して欲しいと思う。


今季、レアル・マドリーがCL決勝で敗れると、クリスティアーノ・ロナウドが放出されると噂されており、その際にはネイマールがレアル・マドリーに移籍するという噂もある。


クルトゥワ、バルサ移籍を希望か テア・シュテーゲンの後釜に? - Goal.com
http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2016/05/03/23076422/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%AF%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B5%E7%A7%BB%E7%B1%8D%E3%82%92%E5%B8%8C%E6%9C%9B%E3%81%8B-%E3%83%86%E3%82%A2%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%86%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%BE%8C%E9%87%9C%E3%81%AB

また、シュテーゲンも退団が噂されているけど、クルトワがバルセロナに移籍希望という記事もあるからね。
個人的は、私が人生で見た最高のGKであるクルトワが来てくれた方がいいんだけどなぁ。


そういえば、ハメス・ロドリゲスも退団が濃厚らしいね。
バイエルンが獲得を希望しているらしいけど、バイエルンにはいかないで欲しいなぁ。
ハメス・ロドリゲスはすごく好きな選手なので、大嫌いなレアル・マドリーやバイエルンに入団して欲しくないからね。
個人的には、もしバルセロナに移籍させてくれるなら、ネイマールをあげてもいいんだけど(笑)
私はネイマールよりハメス・ロドリゲスの方が好きだからね。


まあ、今季も次の国王杯で終わるので、最後まで全力で頑張って欲しいよね!!


s-青山愛64

【めぐたんの一言】
リーガ・エスパニョーラ優勝、おめでとうございます!!
スアレス選手も得点獲得おめでとうございます!!
来週もぜひ頑張って下さいね!!

5

ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_05_13_miamlb_wasmlb_1&mode=classic

私は夜勤なので、土曜日になると眠気が限界に達してしまう。
土曜日は11時になるとラーメンを食べに行くんだけど、帰宅したらあまりの眠さに寝てしまうのだ。
なので、土曜日のブログの更新は夜になってしまうんだよ。

今日もゴンザレスは良くなかった。
わずか5.0回で106球も投げてしまい、ストライクは65球に過ぎなかった。
防御率が1.93、与四球率も結果的に2.57だけど、これは相手チームが荒れ球に的を絞り切れず、運も重なって好成績を残しているに過ぎない。
BABIP.262、FIP2.95、xFIP4.12とセイバー系の数値は今の成績が幸運に恵まれていることを示している。

運に恵まれているうちに投球を立て直して欲しいと思っているが、今日の投球も本当に苦しかった。
4シームのストライク率が58.3%、シンカーが53.6%、カーブが38.5%とストライクを取ることも四苦八苦する状態だった。
唯一、チェンジアップだけが82.6%と良かった。

2015年の速球の球速平均球速は92.82マイルだったけど、今年は90.94マイルまで落ちている。
4シームやシンカーなどの速球系の空振り率が落ちるのはもちろん、緩急が付けられなくなったことによって、全球種で空振り率が下がっている。
奪三振率も8.66から7.50まで低下している。
とはいえ、ナショナルズ唯一の左腕なので、ローテーションから外すことはできないのが実情だ。

今日は、5回に守備の乱れが絡んで2失点したけど、自責点は0だった。
しかし、到底自責点0といえるような内容ではなかった。
今後、これまでの揺り戻しが来ることが予想されるけど、その揺り戻しを最低限に抑えつつ、15勝、防御率3.30くらいの成績を残して欲しいと思う。
そのためにもコマンドの修正が必要だろう。


s-ヤスメイロ・ペティット

今日の試合の勝敗を分ける最大のポイントは、6回の無死満塁のピンチだったと思う。
2点をリードされて、これ以上離されるとナショナルズの打線では逆転が難しくなってしまう。
ここでゴンザレスを降板させて、ペティットが登板した。

ペティットは、初球がスライダーで、そこから4シームを3球続けた。
この4球はいずれも外角のストライクとボールのギリギリの際どいコースだった。
そして、5球目は同じ軌道から大きく外角に逃げるカーブだった。
外角ギリギリの際どいコースを打者の脳裏に焼き付けておいて、同じ軌道から今度は大きく外に逃げるカーブを投げてくるとはね。
これはいい配球だったと思うよ。


オリバー・ペレス

ペティットはそこでお役御免で、そこからペレスが登板した。
2球続けてボールで不安を感じたけど、3球目は91マイルのシンカーを見逃しのストライクを奪った。
3球目は同じ軌道から同じ91マイルの4シームを投げてきた。
3球目は見逃して甘く入ったストライクになったので、打者はこれを振りに行くが、今度はシンカーではなく4シームなので沈まないのだ。
このためバットに引っかけてしまい、併殺打に打ち取ることができたのだった。
この無死満塁のピンチを乗り切ったのは、ロバトンのリードが大きかったと思う。


s-ジョナサン・パペルボン

8回、ケリーを登板させず、なぜかトライネンにイニングまたぎさせて1点を失った。
あのイニングまたぎは疑問だった。
9回もパペルボンが登板せず、リベロを登板させたのも驚きだった。
クローザーなのだから、左打者が来ても9回の頭からパペルボンでいいと思うけどね。
まあ、最終的にはパペルボンが10セーブ目を挙げてナショナルズが勝った。


://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=13&year=2016&game=gid_2016_05_13_miamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2016_05_13_miamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=513&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=447397


s-スティーブン・ドリュー

打線は、2点をリードされた6回裏に二死一塁から代打のドリューが2ランを放って同点となった。
ドリューも他の控えもそうだけど、ナショナルズの代打はいいところで本塁打が出るよね!!


ハーパー3

7回は無死一塁からハーパーが11号ソロを放った!!
マーフィーを4番にして以降、ハーパーは5打数4安打だ。
やっぱり後ろが安定しているとハーパーも安心して打てるね!!


クリス・ハイジー

1点差に詰め寄られた8回にはハイジーが4号ソロを放った!!
もう、一塁はロビンソンで、レフトはハイジーでいいんじゃないの?

これでナショナルズは単独首位に返り咲きとなった。
カブスに4連覇したときは気分も真っ暗位になったけど、これで回復したね!!


s-イチロー

今日はイチローが代打で出てきたけど、安打はなかった。
イチローもあの年で.302も打って、2盗塁もしているんだからすごいよね!!
何とか今季中に3,000本安打を達成して欲しいなぁ!!
マーリンズは若手の外野手が充実しているので、出番は少ないだろうけど、ぜひ頑張って欲しいよね!!


s-滝川クリステル91

【クリ様の一言】
今日は見事な逆転勝利でしたね!!
今日のMVpはハーパー選手でしょうけど、個人的にはペティット投手とペレス投手を褒めてあげたいですね!!

5
s-20160426-07

s-20160426-15

s-20160426-52

s-20160426-53

s-20160426-55

s-20160426-62

s-20160426-63

s-20160426-65

s-20160430-91

s-20160430-93

s-20160430-96

s-20160508-07

s-20160508-19

ガルパンダZを観ていると改めてきずぽんは本当にかわいいなと思うよね!!
私は、ガラス越しにパパを見ているシーンがいちばん好きだね!!


ガルパンダZ  Nationals Nation
http://strasburg37.blog.jp/archives/cat_125755.html

ここでガルパンダZのレビューを書いているので、みんなもぜひ見てね!!

5
乙葉ななせ

きのうは、シャーザーの20奪三振に興奮して、15時過ぎまで発泡酒を6本飲み、18時45分に起きて夜勤に行ったんだよ。
なので、あまり寝ておらず、家に帰ってからすぐ寝てしまったんだよ。
今日はナショナルズの試合もなかったしね。

そういえば、今日、ツイッターでななせちゃんにいいねをしてもらったんだよ!!
「今日、ストラスバーグが勝ち投手になったら大阪の乙葉ななせちゃんのイベントに行くぞ!!」というツイートをしていたら、それにいいねしてくれたんだよ。
結局、ストラスバーグは勝ち投手になれなくて、大阪は行かないことになったんだけど、夏に東京に行くつもりなので、そのときにななせちゃんのサイン会に行こうと思っているんだよ!!
ななせちゃん、そのときはぜひよろしくお願いしますね!!

5
s-20160512-02

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_05_11_detmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日は、夜勤明けに外食に行こうと思っていたので、仕事帰りにすき屋に行って、納豆朝食のご飯大盛りを食べた。
さらに、入浴剤もなかったので、トライアルに買い物に行った。
寄り道していたので、帰宅が遅くなり、パソコンを起動してみると、5回で1-1の同点で、シャーザーが11個の三振を奪っていた。
しかし、この時点では20奪三振を達成するとは思ってなかった。

私は、何を差し置いてもこの試合に勝ってもらいたかった。
ナショナルズ・ファンなら誰でも知っているように、今日のタイガースの先発投手は、元ナショナルズのエースのジョーダン・ジマーマンだ。
そのジマーマンは、ナショナルズの長期契約のオファーを断った。
このため、タイガースをFAとなっていたマックス・シャーザーにオファーを出し、ナショナルズに入団したのだ。

シャーザーが7年総額2億1,000万ドルの大型契約を結ぶ一方で、好成績を残してFA市場に打って出るつもりだったジマーマンは成績を落した。
結果的にタイガースと5年総額1億1,000万ドルの契約を結んだけど、ジマーマンの思惑よりも下回っていたであろうことは想像に難くない。


私は、2010年に初めてシャーザーの投球を見たんだけど、見た瞬間に18勝、防御率3.20以上の成績を残せる投手だと思ったんだよ。
だから、シャーザーがサイ・ヤング賞を獲得したときは私が才能を見抜いていた投手が獲得したことがとても嬉しかった。
そんな経緯があったので、シャーザーが予想外のナショナルズ入団を果たしたときは本当に嬉しかった。
そして、この素晴らしい投手が伸び悩んでいるストラスバーグの師となり、この2人であの伝説のランディ・ジョンソンとカート・シリングのような強力なツインタワーになって欲しいと思ったのだ!!

奇しくもエース同士をトレードした形となったナショナルズとタイガースなだけに、お互いにこのエース対決には負けたくなかっただろう。

そして、私が常々いっているように、エース級と対戦するときは、まずは1点を取ることが大事なのだ。
1点取れば、ナショナルズの投手は優秀なので勝てる可能性があるからだ。
1点も取れないと野球は勝てないのだ。
だから、まずは1点を取って欲しい。
あのカーショウだって、防御率を見れば、7.0回投げれば1点は取れるはずなのだ。


ダニエル・マーフィー

私が試合を観始めたときは1-1の同点だったので、次の1点をどちらが取るかが注目された。
6回裏、無死一三塁でマーフィーが打席に立った。
今日からライアン・ジマーマンに代わって4番に入ったのだが、早速、初回にタイムリーを放っていた。
そのマーフィーはこの打席でもタイムリーを放ち、2-1と勝ち越したのだった!!

しかし、そのマーフィーは一二塁間に挟まれてアウトとなり、ジマーマン四球後、ワースはダブルプレーに打ち取られ、追加点を奪えなかったのが悔やまれた。


エスピノーザ

シャーザーは6回終了時で13奪三振だったけど、7回に2三振を奪い、15奪三振としても私はMLB記録の20奪三振のことは考えてなかった。
7回に一死二三塁で外野フライやボテボテの内野ゴロでも同点というピンチを迎えた。
ここで三振が欲しいという場面で、シャーザーは三振を奪い、その後も三振に仕留めた。
その裏にエスピノーザのまさかの本塁打が出て、3-1と試合に勝てそうな雰囲気が出てきた。


8回表、先頭打者のイグレシアスを三振に打ち取り、続くサルタラマッキアを三振に仕留めた時点で初めて20奪三振が脳裏をかすめた。
そして、キンズラーまで三振に仕留め、5者連続三振になった時点で、これは20奪三振を狙えるかもしれないと思った。
8回裏のナショナルズの攻撃は上の空だった。


9回、シャーザーがマウンドに立った。
しかし、先頭打者のJ.D.マルティネスにソロ本塁打を打たれて3-2となってしまった…。
その後には、あのミゲル・カブレラが打席に立った。
今季は.288、4本、14打点の不振だけど、それでもミゲル・カブレラはメジャーでいちばん恐い打者だ。
そのカブレラを三振に仕留めて、19奪三振に達したときに20奪三振を達成できることを確信した。

次の打者は、これまた強打者のビクター・マルティネスで、この打席は安打を打たれてしまったけど、その次の打者は三振が多いジャスティン・アップトンだ。
これで私は20奪三振はイケると思っていた。

アップトンは、4シームを2球続けてファウルにした。
球数も増えてきて、94マイル、93マイルと球速も落ちてきた上にど真ん中だったこの2球を続けてファウルにしてくれたことでカウント0-2と簡単に追い込むことができた。
ここでスライダーを投げれば必ず空振りをすると思っていたけど、案の定そうだった!!
MLBタイ記録の20奪三振達成だ!!


しかし、シャーザーは驚くほど落ち着いていた。
そう、試合はまだ終わってないのだ!!
メジャー新記録の21奪三振を狙って、マッキャンへの初球は4シームで空振りを奪ったけど、2球目のスライダーを当てられて、サードゴロにされてしまった…。

メジャーリーグ新記録はならなかったけど、ロジャー・クレメンス(2回)、ランディ・ジョンソン、そしてケリー・ウッドに並ぶ20奪三振達成は本当に見事だったと思う。


そして、ジョーダン・ジマーマンとのエース対決に完勝したことで、ナショナルズがジョーダン・ジマーマンに固執せず、シャーザーと大型契約したことが正しかったことが証明されて、本当に嬉しかった!!
ストラスバーグのナショナルズ残留も決まったことだし、この2人でランディ・ジョンソンとカート・シリングのツインタワーを超えるMLB史上最強のツインタワーを形成して欲しいと思う。
その上で、ジオリートを加えたBIG3でマダックス、グラビン、スモルツのBIG3を超えて欲しい。
さらに、ロスとリベロを加えたBIG5で1998年のブレーブスを超えるMLB史上最強のBIG5になって欲しい。


ナショナルズがシャーザーを獲得したことは本当に歴史的快挙だったと思う。
シャーザーは、これからもMLBの歴史を塗り替えるであろうナショナルズの最強エースとして君臨し続けて欲しいと思う。
私は、そんなエースを誇りに思うよ!!

5月21日は私の誕生日だ。
ちょっと早いけど、シャーザーからの素敵な誕生日プレゼントを感謝するよ!!
素敵な思い出を本当にありがとう!!
おめでとう、シャーザー!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=11&year=2016&game=gid_2016_05_11_detmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2016_05_11_detmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=511&league=mlb


【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=447372


s-滝川クリステル92

【クリ様の一言】
シャーザー投手、おめでとうございます!!
本当に素晴らしい投球でしたね!!
これでナショナルズの先発5本柱の合計は、16勝8敗、防御率2.77という素晴らしい成績を残しています。
217.2回で220三振とイニングを上回る奪三振数も魅力的ですね!!
今季はストラスバーグ投手と一緒に20勝&300奪三振を狙って下さいね!!
頑張れ、シャーザー投手!!

1
461833

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_05_11_balmlb_minmlb_1&mode=classic

今日は、仕事中にチラ観していたけど、2回の2ランはカッターが甘く入ったけど、4回の2本の本塁打はいずれも悪い球ではなかった。
今日は、4シームの最速が94.0マイル、平均が92.2マイルだったし、横-5.26インチ、縦8.38インチと変化量もまずまずだったと思う。
見ている感じでは、4シームは良かったような気がしたんだけどね。
しかし、実際には空振り率が6.1%と低くかった。

今日は、カーブの変化を小さくする代わりに最速80.5マイル、平均78.9マイルと球速を上げてきた。
この成果があって、空振り率は19.0%とまずまずだった。
ところが、ヒューズがツインズから移籍した年に多投して成果を挙げたカッターの精度が悪く、13球投げて1球も空振りを奪えなかった。

今季のヒューズはBABIPが高いので、去年のストラスバーグみたいに後半良くなる可能性もある。
ただ、36.1回で本塁打7本は多過ぎると思う。

今日で1勝6敗、防御率6.44とヤンキース最終年と変わらないような成績になってきた。
ヤンキース・ファンにバカにされないように、ぜひこれから巻き返して欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=11&year=2016&game=gid_2016_05_11_balmlb_minmlb_1%2F&pitchSel=461833&prevGame=gid_2016_05_11_balmlb_minmlb_1%2F&prevDate=511&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=447369


s-滝川クリステル91

【クリ様の一言】
今日は、また残念な結果になってしまいましたね…。
ぜひ、次回こそはいい投球をして欲しいですね!!

1
ジョー・ロス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_05_10_detmlb_wasmlb_1&mode=classic

ここまで3勝1敗、防御率1.23とはいえ、BABIPが.250、FIPが2.63、xFIPが3.90だから、これまでは出来過ぎだといえた。
だから、そろそろ反動が来るんじゃないかと思っていたんだよね。
1点台前半の防御率なんて、あのカーショウでもできないからね。

今日はシンカーが良くなかった。
ストライク率51.8%とコマンドが不安定で、空振り率もわずか1.8%だった。
トライネンのところにも書いたけど、ロスも個人的にはシンカーを投げるよりも4シームを使って高めを使った投球に切り替えた方がいいと思うんだよね。
昔は、とにかく低めに球を集めてというのがセオリーだったけど、今は外角高めの速球を決め球に使うことが多い。
打者から遠い外角に力強い速球を投げれば、打者がこれを打ち返すのは難しいからね。

そして、スライダーを武器とする投手は、高めの速球で打者の目線を高めに慣れさせておいて、同じ軌道でスライダーを投げて、そこからスライダー変化させて低めに落とした方が空振りを奪いやすいのだ。
スライダーも低め、シンカーも低めだと打者は低めだけに山を張ることができるので、的を絞られてしまうからね。

それにシンカーという球種は、いくら球速があって、変化が大きかったとしても空振り率は低いのが一般的だ。
ロスもシンカーの平均球速は93.30マイルもあるのに、空振り率はわずか4.09%だからね。
4シームだと球速を考えれば8.00%は取れると思うし、上記の通り決め球のスライダーを活かす投球ができるので、4シームを使った方がいいと思うんだけどなぁ。

また、今日はスライダーの曲りも小さく、空振り率も14.3%と今季平均の21.86%を下回っていた。
これも、今日の不調の原因だった。


s-サミー・ソリス

20150511-01

ソリスは苦しい場面もあったけど、良く頑張ったと思う。
でも、ソリスって顔といい体格といいジャイアンに似ているよね(笑)


s-ショーン・ケリー

ケリーは本当に素晴らしい働きをしているよね!!
不安定なトライネンに代えて、セットアッパーはケリーにした方がいいと思うよ。
10.2会で14三振、2四球というのも素晴らしいしね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=10&year=2016&game=gid_2016_05_10_detmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=605452&prevGame=gid_2016_05_10_detmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=510&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=447357


ジマーマン2

今日は、ジマーマンが2本塁打を放った。
しかし、9回にはまたハーパーが歩かされて、三振してしまい、敗因の一つとなった。
こんなにチームの足を引っ張っているジマーマンなのに、ベイカー監督は4番を代えようとはしない。
今日、変に打ってしまったので、ますますジマーマンを4番から動かそうとしなうだろう。

でも、9回の三振が全てなんじゃないの?
2本塁打されても、相手はハーパーを敬遠し、ジマーマンと勝負に出て、ナショナルズは負けてしまうのだ。
ジマーマンのために何試合負けなくてはならないのか?

マーフィーだと左打者が続くのが嫌だというなら、ラモスが4番でもいいんだよ。
とにかくジマーマンを4番から外して欲しいと思う。


やっぱり、タイガースはいい打線だね!!
ナショナルズは3割打っているのが2人いるけど、2割ちょっとがデフォルトの打線では得点力が物足りないからなぁ。
もうちょっとメジャーリーグらしい打者が欲しいよね。


s-滝川クリステル90

【クリ様の一言】
ロス投手は良くなく、ジマーマン選手も肝心なところでは三振といいところがない試合でしたね…。
明日は勝ちますように!!

5
ストラスバーグ2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2016_05_09_detmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日は、何よりもストラスバーグの再契約を喜びたいと思う。


http://espn.go.com/mlb/story/_/id/15496192/stephen-strasburg-washington-nationals-agree-7-year-175m-extension

ここで書かれてあるように、7年契約、1億7,500万ドルで再契約したのだ。
ツイッターのナショナルズ仲間もいってたけど、予想以上に安く再契約できたよね。
私は、開幕から5連勝しているし、ボラスも強気にFA市場に打って出るかと思っていたんだよ。

しかし、ナショナルズの長期契約を断ったデスモンドやジョーダン・ジマーマンは、好成績を残してさらなる大型契約を狙おうとしたけど、FAの年に大きく成績を落とし、ナショナルズが提示した条件以下での移籍を余儀なくされた。
考えてみれば、デスモンドやジョーダン・ジマーマンと長期契約しなかったからこそ、ストラスバーグと再契約する資金が残っていたのかもしれないので、あの2人と再契約しなくて良かったよね!!

これで、シャーザー、ストラスバーグ、ジオリートのBIG3が結成されることになって、本当に嬉しいよね!!
ぜひ、あの伝説のマダックス、グラビン、スモルツを上回る夢のBIG3になって欲しいなぁ!!
そして、リベロを先発に回して、シャーザー、ストラスバーグ、ジオリート、ロス、リベロの史上最強BIG5を結成して欲しいよね!!
全員98マイルの速球が投げられる夢のBIG5だよね!!

私の究極の夢は、先発5人全員が20勝することなんだよ!!
ぜひ、その夢に近づいて欲しいなぁ!!


そのストラスバーグだけど、今日は2ランを2本も打たれてしまった…。
どっちも内角の速球で悪い球ではなかったけど、相手打者のレベルの高さに負けてしまった。
4シームのストライク率は70.4%だったけど、チェンジアップが40.0%、スライダーが59.1%と変化球の制球が良くなかった。
結果として、3四球も出してしまった。

とはいえ、11奪三振が示す通り、速球も変化球も切れがあったのも事実だった。
個人的には自責点4というほど悪くはなかったんじゃないかと思う。


s-フェリペ・リベロ

リベロはこの前乱打されたおかげで、防御率5点台まで悪化した。
しかし、左腕で100マイル投げられること自体が貴重な存在なのだし、変化球もコマンドも悪くはないのだ。
自信を失わずに頑張って欲しいよね!!
私は、本当にナショナルズの先発5本柱になって欲しいと思っているので、今季はコツコツと中継ぎで結果を残して欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=9&year=2016&game=gid_2016_05_09_detmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2016_05_09_detmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=59&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=447344


ジマーマン2

打線は、昨日のことがあったにも関わらず、ジマーマンが相変わらず4番を打っていることに驚いた。
ベイカー監督はきのうの試合を観てたのかい?




あれじゃあ、「LOVEマシーン」ならぬ「LOBマシーン」じゃないか!!
2試合で19LOBとかフザけているのか!!


だから、きのう書いた通り、4番マーフィー、5番ラモス、6番ロビンソンなら、ストラスバーグも勝ち投手になれたんじゃないの?
案の定、この2人は打ってるし!!
しかも、今日もハーパーが敬遠されて、ジマーマンが凡退しているじゃないか!!
ジマーマンが4番だと打線が途切れるし、ハーパーも敬遠されて宝の持ち腐れになるから!!
何で.227、1本、12打点の奴に4番を打たせるの?


ダニエル・マーフィー

ロビンソン

それに比べて、マーフィーもロビンソンも本当に素晴らしい打者だね!!
LOBマシーンと大違いだわ!!
明日は本当にLOBマシーンをスタメンから外してロビンソンを使ってくれよ!!


s-滝川クリステル89

【クリ様の一言】
今日は、ストラスバーグ投手の再契約が発表されて最高の1日でしたね!!
ぜひ、今季はサイ・ヤング賞を目指して頑張って欲しいですね!!
ストラスバーグ投手の再契約で、ナショナルズ・ファンの夢がますます広がりますね!!

このページのトップヘ