Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、フィル・ヒューズ、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、吉沢明歩ちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_06_wasmlb_lanmlb_1&mode=classic

今日は、早く寝るどころか最後まで試合を観てしまった(笑)
夢中になって観てしまったので、ブログも書けなかったよ。
まあ、シャーザーにあんな投球を見せられてしまってはそれも仕方がないだろう。

正に付け入る隙もない圧倒的な投球だった!!
4シームの最速は96.8マイル、平均が94.7マイルといつものシャーザーよりも球速は遅かったけど、空振り率は13.0%と非常に高かった。
そして、魔球ともいえるスライダーが切れまくり、空振り率は圧巻の33.3%を誇った。
この日はチェンジアップも素晴らしく、空振り率は15.0%だった。

しかも、実にいいコースに決まっていた。
今日は味方のエラーもあったけど、それを帳消しにしてくれる正にエースの投球だった!!
ポストシーズンでナショナル・リーグ制覇を賭けて争うであろうドジャース相手だっただけにこの投球は大きかったと思う。


ナショナルズ017

そして、シャーザーは7勝3敗、防御率2.35、114三振となった。
今日、ロッキーズのセンザテリアが勝って8勝2敗となったため、ハーラートップではなく、2位タイだ。
防御率はカーショウの2.28に次いで2位で、奪三振はブッチギリの1位だ。

シャーザーは、ぜひ20勝、300三振、防御率1点台を狙って欲しいよね!!
私は長年野球を見ているので、シーズン20勝もシーズン300三振もシーズン防御率1点台も見たことがあるけど、シーズン20勝、300三振、防御率1点台を同時達成する投手を見たことがないのだ。
ロジャー・クレメンスも、ランディ・ジョンソンも、ペドロ・マルティネスも、そしてクレイトン・カーショウも達したことがない高みに連れて行って欲しい!!

やっぱり、シャーザーは最高の投手だね!!
去年は、カーショウが故障したからサイ・ヤング賞を獲得できただけと思っている人が多いだろうから、ぜひ今年はそのカーショウを倒してサイ・ヤング賞を獲得して欲しいよね!!


クレイトン・カーショウ

明日は、カーショウとストラスバーグとのマッチアップだ。
カーショウを倒してドジャースをスイープすればナショナルズにとってもストラスバーグにとっても大きな自信になるだろう。
そして、明日はカーショウから1点でも多くとって、シャーザーを防御率1位にして欲しいよね。
ストラスバーグにとっては乗り越えなければいけない大きな壁なので、ぜひ頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=6&year=2017&game=gid_2017_06_06_wasmlb_lanmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_06_06_wasmlb_lanmlb_1%2F&prevDate=66&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490978


トレイ・ターナー

打線は、初回ターナーが安打で出塁し、二盗と三盗を決めて無死一塁となった。
グッドウィンが倒れたけど、ハーパーが犠牲フライを放って1点を先制した!!


ダニエル・マーフィー

1回裏にエラー絡みで同点となったけど、4回一死三塁からマーフィーの犠牲フライで2-1と勝ち越した。



イチロー2

今日のイチローは、代打で出場で1打数0安打だ。
今季の成績は、.181、1本、4打点となっている。
マーリンズはチーム解体の噂で意気消沈しているのか2-10の大敗だった。


イバン・ノバ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_06_pitmlb_balmlb_1&mode=classic

パイレーツは4-1でリードしていたけど、7回裏にノバが2者連続本塁打を打たれた。
ノバは6.0回を4三振、1四球、5安打、3本塁打、自責点3で勝利投手の権利を持って降板した。
パイレーツは9回にも1点を追加したけど、オリオールズが土壇場の9回に2点を取って同点に追い付いた。
オリオールズは、延長戦の末、6-5で勝った。
ノバはKOされて敗戦投手にならないのは残念だっだけど、6勝目が消えて、防御率も3.04と3点台になったのは嬉しかったね。


田中将大

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_06_bosmlb_nyamlb_1&mode=classic

田中は今日も5.0回を2三振、1四球、5安打、3本塁打、自責点5で負け投手になった。
やっぱり本塁打を打たれ過ぎだよね。
ヤンキースも本当に高い買い物をしてしまったと思う。
これでオフは田中もFA権を行使しないだろう。
ヤンキースは今季でやっとサバシアの契約が終わるのに、また新しい不良債権を抱え込む可能性が出てきたんだね。


s-ジェイコブ・デグロム

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_06_nynmlb_texmlb_1&mode=classic

今日は、デグロムが4.0回を2三振、1四球、10安打、2本塁打、自責点8で炎上していた。
これでデグロムの防御率も4.75になってしまった。
メッツって期待されているときほどいい成績を残せないよね。

そしてメッツの若手はドワイト・グッデンやダリル・ストロベリーに代表されるようにデビュー当時の期待の大きさには程遠い成績しか残せない選手も多い。
シンダーガードやハービー、そしてデグロムもその道を歩むのだろうか?
ここまで悪くなるとメッツも終戦モードになっているだるからね。
もうシンダーガードが戻って来てもポストシーズンは難しいかもしれないね。


ナショナルズ016

ナショナルズは2位のブレーブスとメッツに12.5ゲーム差を付けて独走態勢に入った。
ナショナルズの勝率.649はナショナル・リーグ首位だ。
今日、さらに連勝が続くと思われたアストロズが逆転負けして連勝もストップした。
ぜひ、アストロズを抜いて、メジャーリーグ1位で世界一になりたいよね!!


滝川クリステル395

【クリ様の一言】
今日はエースのシャーザー投手の投球に尽きますね!!
メジャーリーグ最高の右腕からカーショウ投手を倒してメジャーリーグ最高の投手となる日も近いですね!!
さあ、明日はカーショウ投手に勝ち、ドジャースをスイープしましょう!!
頑張れ、ナショナルズ!!

1
金子千尋

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017060605/stats

きのう会社に行く前にスマホで途中経過を確認したら、2-0でオリックスが勝っていた。
エースの金子が投げているし、今日も勝ってオリックスは8連勝、そして借金も1と5割目前になる姿を想像していた。
ところが会社に着いてみると2‐6になっているではないか!!
しかも、仕事をバタバタ片付けているうちにさらに失点を重ねて11-2となった。
やっと時間ができたけど、もうパ・リーグTVで中継を観る気力もなく、スポナビで途中経過だけを確認しただけだった。

調べてみたら、金子は3回は二死二塁から6点も奪われたみたいだった。
ここから二塁打、安打、四球、安打、本塁打だった。
せめて連打くらいで止めていれば、オリックスも15安打も出ていたので勝ち目もあったのだ。
エースで7連勝を止めるとか本当にガッカリだよね…。

この日の金子は5.2回を5三振、4四球、8安打、1本塁打、自責点8だった。
金子は、2014年に16勝5敗、防御率1.99の成績を挙げているけど、この年は191.0回で199三振を奪っている。
そして、四球はわずか42個だ。
奪三振率は9.38、与四球率は1.98と非常に優秀だ。
三振を四球で割ったK/BBは4.74である
K/BBは4.0以上だと理想的だといわれているけど、それを大きく上回っている完璧な投手だったのだ。

しかし、今や奪三振率は5.47まで低下し、与四球率は3.14まで悪化している。
K/BBは1.74に過ぎない。
要するに投げているボールに空振りを奪えるほどの力がない。
甘いコースに投げれば痛打されるので、コーナーを狙うけど、そのコーナーに投げられるほどのコマンドがないために四球が多くなっているのだろう。

これは金子の調子が悪いというよりも金子が衰えてきた可能性が高い。
投手は30歳くらいから衰えが出てくるので、金子もその時期に差し掛かっている。
力の衰えを技でカバーできるようにならないと成績もどんどん悪化していくだろうね。


大山は速球も変化球も突出したモノがないので、1四球、1安打で一死も奪えずに降板した。
たぶん、これからよほどの変化がないとプロ野球で生き残っていくのは難しいと思う。
ヘルメンも1.2回で2三振の一方で2四球、2安打だ。
こんなにコマンドが悪いのでは、ヘルメンもプロ野球で生き残っていくのは難しいだろう。


駿太

打線は、阪神を上回る15安打を放ちながらわずか4得点だった…。
1番に据えた駿太が4打数0安打で、8番の武田が4打数4安打というちぐはぐさ。
普通に1番に武田、2番に中島、3番に小谷野、4番にロメロ、5番にT-岡田でいいんじゃないかと思うけどなぁ。
T-岡田が7番とか意味不明だわ。

福良監督は何でこう奇をてらった打順が好きなんだろうね?
もっとオーソドックスに打線を組めばいいのに。
こんな変な打順じゃなければ、もっと点は取れていたと思うよ。


まあ、終わったものは仕方がないので、今日から気持ちを入れ替えてまた頑張って欲しいと思う。


青山愛153

【めぐたんの一言】
エースで必勝を期していたのですが、予想外の展開でしたね…。
金子投手の実績は素晴らしいとは思いますが、そろそろ下り坂に入ってきたのかもしれませんね。
連敗が途切れてしまいましたが、こういう試合は次が大事です。
気持ちを切り替えて、また連勝できるように頑張りましょう!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_05_wasmlb_lanmlb_1&mode=classic

今日も例によって西地区の試合は最後まで観れない。
夜勤の私は寝る時間だからね。

ドジャースはポストシーズンで対戦する可能性も高いので、とても大事な試合だ。
メジャーリーグ最高の投手であるカーショウもいるし、ナショナルズにとって、ナショナル・リーグ制覇の最大の障害になるチームであるのは間違いがない。
まずは初戦とシャーザーが投げる2戦目に勝って、カーショウにプレッシャーを与えた状態で3戦目に臨みたいと思っている。

先発のゴンザレスは、107球中63球がストライクで、ストライク率58.9%と荒れ球なのはいつものことだ。
そんな中で6.0回を5三振、2四球、4安打、自責点2に抑えてくれたのは大きかったね。
今日は、チェンジアップがいいところに決まっていたと思う。


エニー・ロメロ

ロメロが7回に登板してきたけど、いきなりストレートの四球を出したときはまたかと思ってヒヤヒヤした。
しかし、その後を何とか抑えることができたので本当に良かった。
ロメロがせめて人並みのコマンドがあればすごくいい投手になれるんだけどなぁ…。


それじゃあ、寝るよ。
ナショナルズが勝ちますように!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=5&year=2017&game=gid_2017_06_05_wasmlb_lanmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_06_05_wasmlb_lanmlb_1%2F&prevDate=65&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490963


レンドン2

打線は、2回レンドンの11号ソロでナショナルズが先制した。
大事な初戦で先制点を取れたのは大きかった。
レンドンも絶好調になってきたので、打率3割も目前だ。
ハーパー、ジマーマン、マーフィーに次いで、レンドンまでもが3割、30本、100打点をクリアできる可能性があるね。
3割、30本、100打点が4人になれば、間違いなくメジャーリーグ最強打線だね!!


マット・ウィータース

4回には二死二三塁からウィータースが2点タイムリーを放った!!
ウィータースもきのうの時点で.278、5本、20打点、1盗塁と素晴らしい働きをしている。
一時は走られ放しだったので心配していたけど、盗塁阻止率も28%まで持ち直している。
ラモスが攻守共に素晴らしい捕手だったので、比較されて大変だとは思うけど、本当に良く頑張っているよね!!


ハーパー3

5回は二死三塁からハーパーがタイムリーを放って4‐0となった!!



イチロー2

今日のイチローは、代打で出場で1打数1安打だ。
今季の成績は、.183、1本、4打点となっている。
マーリンズは夏でチーム解体の噂が出ているね。
やっぱり、エースのフェルナンデスが亡くなってしまい、絶対的なエースがいなくなってしまったからね。
まあ、仕方がない二かもしれないね。


今日はブレーブスとマーリンズが負けた。
メッツは試合がない。
ナショナルズが勝って、2位以下とのゲーム差を広げておきたいよね。


滝川クリステル394

【クリ様の一言】
試合は8回表で4-2でナショナルズが勝っています!!
このままナショナルズが勝ちますように!!

3
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_04_wasmlb_oakmlb_1&mode=classic

今日は本当に疲れる勝利だった…。
まあ、負けるよりはずっといいのだけど、今季の35勝のうちもっとも嬉しくなかった勝利だね。
18勝、防御率2点台を狙って欲しいロアークは勝ち投手になれたのは良かったけど、4点も取られて防御率も3.95まで悪化したし、クローザーに定着しつつあったグラバーは5点も取られたし、ケリーもグランドスラムを打たれてしまった。
せっかく土曜日にナショナルズのチーム防御率が3.98と3点台になったのに、そこから2日連続で10失点だよ…。


まずはロアークから語ろうか。
今日のロアークは、7.2回を4三振、1四球、5安打、1本塁打、自責点4だった。
ロアークは105球を投げて72球がストライクで、ストライク率は68.6%とまずまずだった。
2シームの最速は94.6マイル、平均が92.9マイルで、空振り率は5.3%だった。
変化球はチェンジアップが空振り率18.2%、スライダーが16.7%、カーブが13.6%とまずまずだった。

まあ、要するにロアークの状態は悪くなかったのだ。
打たれた球も甘い球ではなくて、割といいコースだった。
運がなかったということだろうね。

それでも何とか6勝目を挙げることができたのは幸いだったね。
18勝、防御率2点台に目標を設定すると残り21試合で12勝、1試合平均6.0回を投げたとしたら、126.0回で自責点34、防御率2.43で2点台に手が届く。
まだまだ達成可能な範囲なので、頑張って欲しいよね!!


コーダ・グラバー

ロアーク以上に痛かったのがグラバーだ。
8回二死二塁から登板してきたけど、そのピンチを断ち切った。

私は今日打たれたからいう訳ではないけど、クローザーを8回から投入するのは反対だ。
ポストシーズンとかなら仕方がないけど、こういう使い方をしたら疲労で成績が悪化したり、故障したりするからだ。
出番を9回走者なしからと決めておいた方が本人もリズムを作りやすいしね。
8回は走者なしからセットアッパー、9回は走者なしからクローザーで固定した方がいいと思うよ。

話が逸れたけど、グラバーも勝つか負けるかギリギリのせめぎあいから一転9回表に大量点が入って緊張がゆるみ、また味方の長い攻撃で間延びしてしまったんだろうね。
こういうところに経験のなさが表れてしまったんだと思う。

とはいえ、私はグラバーをクローザーで固定するべきという意見に変わりはない。
この失敗を糧にして大きく成長して欲しいと思う。


ショーン・ケリー

ケリーが登板したときは、ここでグランドスラムを打たれてもまだ勝てると思っていたけど、本当にグランドスラムを打たれるとは思わなかったよ…。
マット・ジョイスって本当に嫌な選手だなぁ…。
それにしてもケリーも15.0回で7本塁打はあんまりだよね。

しかし、こういうのってあと一歩になってからが難しいんだよね。
最初のうちはどうせ負けると思って気楽に打席に立っているけど、あと一歩で同点となると打者にもプレッシャーがかかってくるからね。
案の定、アスレチックスもここから二者連続で凡退していたしね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=4&year=2017&game=gid_2017_06_04_wasmlb_oakmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_06_04_wasmlb_oakmlb_1%2F&prevDate=64&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490956


トレイ・ターナー

打線はアスレチックスの先発のグレイを攻めあぐねていたけど、6回無死一二塁からターナーの三塁打で逆転した。
そこからグッドウィンの犠牲フライで1点を追加して3‐1となった。


ジマーマン2

7回裏にロアークが打たれてしまい、3‐3の同点となった。
ロアークに勝ち星を付けるためにも8回表に点を取って欲しかった。

この回は、ターナーが安打で出塁し、一死後、盗塁を決めた。
一塁が開いたのでハーパーが敬遠されたけど、ここでナショナルズは予想外のダブルスチールを成功させたのだ!!
これは私も全く考えてなかったよ!!
これでマドソンも動揺したのだろう。
チェンジアップが甘く入ってしまい、ジマーマンに決定的な16号3ランを打たれてしまったのだ。


マット・ウィータース

9回は無死一塁からウィータースの5号2ラン、テイラーの6号ソロなどで5点を追加した!!
これで楽勝と思っていたんだけどね(笑)
今日は本当にしんどい試合だったね…。


イチロー2

今日のマーリンズはダイヤモンドバックス戦で、イチローは代打で出場して1打数0安打だ。
今季の成績は、.171、1本、4打点となっている。
なかなか調子が上がらず苦しいところだけど、頑張れイチロー!!


今日はメッツは1-11の大敗だった。
メッツはシンダーガードが故障しているだけではなくて、他にも故障者続出で、しかもデグロムやハービーも調子は良くない。
まだ100試合以上残っているとはいえ、今季のメッツはもうダメかもしれないね。

一方、ブレーブスはレッズとの乱打戦を制して勝った。
ブレーブスはフリーマンやケンプの調子がいいね。
これでブレーブスがメッツに代わって2位に浮上した。
メッツはマーリンズと並んで同率3位となった。
2位ブレーブスとの差は10.5となり、3位メッツ及びマーリンズとの差は11.0となった。

ナショナルズは、ナショナル・リーグ1位をキープしているけど、メジャーリーグ1位のアストロズはまた勝って41勝16敗、勝率.719だ。
さすがにそこまで強いとは思えないので、本当に運がいいんだろうね。


カイル・ヘンドリクス

今日はカブスのヘンドリクスが4.0回を3三振、3四球、4安打、1本塁打、自責点4だった。
前に書いたように、今の投手はある程度の球速がないと活躍しても長続きしないんだと思う。
仮に球速がないとしても、打たせて取る投球をするのではなくて、アストロズのカイクルみたいに20%を超える空振り率がある変化球で三振をたくさん取れる投手じゃないと成績が安定しないと思う。
さすがにカイクルも防御率1点台をキープできるとは思えないけど、それでもあの変化球があれば防御率2点台は維持できると思うよ。


滝川クリステル393

【クリ様の一言】
今日は勝って良かったと思ういますが、しんどい勝利でしたね…。
ロアーク投手は次回はしっかり抑えて勝って欲しいですね!!

5
オリックス001

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017060401/stats

先日、Twitterで「好きな投手が好投したかった試合は大橋未久ちゃんのAVよりも興奮する」というツイートをしたんだよ。
しかし、野球が好きじゃない人にはこれがわからないらしいね。
マックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグ、そして山岡泰輔。
メジャーリーグ、そして日本プロ野球の好投手の素晴らしい投球を見たら私はエクスタシーを感じるのだ!!

先週の日曜日に山岡の投球を見て、その素晴らしさに圧倒された。
私はこの投手の投球をずっと見守りたいと思ったので、パ・リーグTVを契約したんだよ。
その途端にオリックスの連勝が始まった。
私はオリックスも日本のプロ野球もご無沙汰していたんだけど、その凍った心を溶かしてくれたのが山岡だったんだよ。
山岡の投球を見たとき、私はシャーザーやストラスバーグと同じように山岡を応援しようと思ったんだよ。

今日も素晴らしい投球だったよね!!
内角と外角に素晴らしいコマンドで綺麗に投げ分け、速球もスライダーも抜群に良かったからね。
巨人の打線を完全に抑えていたからね!!

やはり投手というのは大きな体の投手の方が有利な面があるのは否めない。
普段、メジャーリーグばかり見ている私から見れば、山岡のフォームはやや大きく感じられる。
これが体が大きいメジャーリーグの投手なら小さなテイクバックでもすごい速球を投げられるんだろうけど、体が小さな山岡はテイクバックを大きく取らないと威力がある速球が投げられないのだろう。

当然ながら、テイクバックを大きく取ればそれだけフォームが大きくなってしまう。
投球フォームが大きくなるほど、振れ幅も大きくなってしまい、リリースポイントがバラけてしまい、コマンド(狙ったところに投げる能力のこと。「コントロール」はストライクを取る能力のこと)が安定しなくなる。
しかし、山岡はテイクバックを大きく取りながらコマンドが安定しているところが素晴らしい。
速球も150キロ出るし、スライダーの切れも抜群だと思うけど、それ以上にすごいのがこの点だと思う。

こんな小さな体なのに大柄なダルビッシュや田中将大に負けないような投球を投球をしているんだよ。
本当に素晴らしいことだよね!!


私が久しぶりにオリックスの試合を観るようになったのは、吉田正尚が私が応援しているナショナルズのハーパーのファンだったからだ。
しかし、実際に試合を観ていると、投手好きの私の血が騒ぎ、山岡のファンになってしまったよね(笑)
夏のボーナスが出たらオリックスのユニフォームを買おうと思っているんだけど、私は山岡のユニフォームを買うよ!!


今日は黒木のリリーフも最高だったね!!
ドラフト1位と2位のリレーはしびれたよ!!


駿太

打線は、初回表に駿太の1号ソロで1点を先制した。
初回裏に山岡が1点を失い、1‐1の同点になったけど、3回表に一死一三塁から安達の内野安打で勝ち越し、小谷野が倒れた後、中島のタイムリーで3‐2となった。

駿太はあのバックホーム以降、打撃も好調になって今日も5打数3安打だった。
中島も3打数2安打で、打率も.296となった。
その反面、T-岡田が打率.295と3割を切ってしまった。
T-岡田がもっとここぞというチャンスに強くなって、3番小谷野、4番T-岡田、5番中島、6番吉田正というのが理想なんだけどね。


まあ、これでオリックスは7連勝となって、巨人は10連敗となった。
巨人をスイープするとか気分は最高だね!!
さらに楽天とソフトバンクが負けて、西武が引き分けと上位チームは総崩れだった。
オリックスも借金2になったので、さっさと借金を返して、西武を抜いてAクラスに進出して欲しいと思う。
山岡の好投によって始まったこの連勝がこれからも続きますように!!
頑張れ、オリックス!!


青山愛152

【めぐたんの一言】
今日は山岡投手の素晴らしい投球に尽きますね!!
やっぱり野球は投手力ですからね!!
これでオリックスも7連勝で、借金も2ですよ。
9連敗したときはどうなるかと思いましたけど、さっさと借金を返済して上位に進出したいですね!!
頑張れ、オリックス!!

1
ジョー・ロス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_03_wasmlb_oakmlb_1&mode=classic

やっぱり、ロスの復帰登板で思った通り、ロスはまだまだだったんだね…。
今日は3.0回を5三振、2四球、6安打、2本塁打、自責点6と散々だった。
シンカーのストライク率が55.0%とサッパリで、ストライクを欲しがって投げた球が甘く入り、痛打された。
スライダーの空振り率は23.7%と非常に高かったけど、それを活かす投球ができてない。

きのう、あれだけ点差があってプレッシャーがない状態でもトライネンは失点した。
トライネンもロスも素晴らしいスライダーを持っているのも、4シーム主体ではなくシンカー主体なのも同じだ。
この2人が苦しんでいるのを見ていると、本当にシンカー&スライダーという組み合わせは良くないのだと思う。
しかもこの2人は球速もあるんだから、ここまでシンカーに固執する理由もないだろう。
何度もいうように4シームで高めを攻めて、その高めの軌道からスライダーを落とした方がいい投球ができると思う。

現在、ナショナルズは2位と差も広がっているのだし、先発5番手は捨て試合覚悟でジェイコブ・ターナーに任せて、ロスは完全に良くなるまでマイナーで調整した方がいいと思うよ。
その調整期間にシャーザーみたいに4シーム&スライダーで打者を攻める投球に切り替えた方がいいね。
トライネンも一緒にマイナーで調整した方がいいね。

私は、長いメジャーリーグ生活なので、ここで数か月、あるいは今季をマイナーで過ごすことになったとしても、今後10年以上メジャーリーグで素晴らしい成績を残せるようになった方がいいと思う。
中途半端にメジャーリーグに残って、中途半端な投手になるよりもずっとそっちの方がいいと思う。

私はロスに悪くても15勝、防御率3.50くらいの投手になってもらいたいし、できれば18勝、防御率2点台の投手になってもらいたいのだ。
しかし、こんな投球を続けていても何も身に付かないのは事実だと思うからね。
まだ24歳で先は長いのだから、ちょっとぐらい回り道してもいいはずだ。


ジェイコブ・ターナー

ジェイコブ・ターナーも頑張ったとは思うけど、せめて人並みの変化球をマスターしないとね。
今日はスライダーを12球投げて3球空振りが取れたけど、これをいつも投げられるようにしないと成長できないだろう。
本塁打を打たれたのは2本とも4シームだ。
質が低い変化球しかないと打者もわかっているので、4シームだけに的を絞られているからね。


エニー・ロメロ

その点はロメロも同じだ。
今日は3球投げた変化球はいずれもボールで打者に見送られてしまった。
28球中25球も4シームなのは変化球のコマンドに自信がないからだろう。
質が高いスライダーとチェンジアップを身に付け、コマンドを向上させれば、先発でも使える才能があるだけにもったいないよね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=3&year=2017&game=gid_2017_06_03_wasmlb_oakmlb_1%2F&pitchSel=605452&prevGame=gid_2017_06_03_wasmlb_oakmlb_1%2F&prevDate=63&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490941


クリス・ハイジー

4点を先制されたけど、打線は2回にドリューの犠牲フライで1点を返した。
やっぱり、ディフォでは打撃が弱いので、それなりに打てるドリューが戻ってきたのは大きいと思う。


アダム・リンド

3回にはリンドの4号3ランで4‐6としたけど、ブルペンがさらに打たれて反撃もこれまでだった…。


イチロー2

今日のマーリンズはダイヤモンドバックス戦だったけど、イチローは出番がなかった。
イチローも次からまた頑張って欲しいと思う。


今日はメッツもブレーブスも勝っているので、2位メッツとの差は10.0、3位ブレーブス10.5となった。
まあ、今日1敗したところで大勢に影響がある訳でもない。

ただ、アストロズが今日も勝ったので、40勝16敗、勝率.714となった。
私が思うにアストロズは投手陣も打線もそこまでいい選手ばかりそろっている訳でもないので、今のアストロズの勝率は運によるところが大きいと思う。
長いシーズンでいずれ落ちてくると思うので、投手力も打線も突出しているナショナルズが抜けると思うよ。


滝川クリステル392

【クリ様の一言】
今日は完敗でしたけど、こんな日もありますよ。
ぜひ、気持ちを切り替えて明日からまた頑張って欲しいですね!!

5
スティーブン・ストラスバーグ4

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_02_wasmlb_oakmlb_1&mode=classic

この日は16時から近所のAVショップで波多野結衣ちゃんのサイン会があった。
いつも通り8時からの試合なら、私も夜勤明けに試合を観て、試合後にラーメンを食べに行って、12時半くらいに寝て、15時半に起きてサイン会に行けたのだ。
しかし、こういうときに限って11時15分から試合だった。
仕方がないので、先にラーメンを食べに行って、14時過ぎまで試合を観て、そこからオリックス戦をちょっと観て寝ないままサイン会に行こうと思った。
ストラスバーグが素晴らしい投球をして勝って、気分良くはたちゃんのサイン会に行きたいと思っていた。

この日のストラスバーグは、100球中64球がストライクだったけど、4シームのストライク率は61.8%あったものの、チェンジアップは56.3%、カーブは50.0%と悪かった。
前々回の先発から内容が良くなり始めたのは、カーブが決まるようになったからだ。
カーブがこれだけストライクが入らないと投球は苦しくなるよね。
それでも4シームの空振り率は10.9%、チェンジアップは37.5%という高い空振り率を誇ったけど、前回ほどの三振を奪えなかったのは、見逃しの三振が1つしかなかったからだ。

とはいえ、投手が絶好調と思える試合は年に数試合だと元オリックスの星野伸之の本にも書いてあった。
だから、こういう調子が良くないときにどう上手くまとめるかも投手の力量の一つだ。
その点、今日のストラスバーグはジョイスに2ランを打たれたものの、アスレチックス打線を7.0回で7三振、3四球、4安打、1本塁打、自責点2に抑えられたのは大きかったと思う。

ところで、ジョイスはレイズ時代に当時ヤンキースに所属していたヒューズが無失点の好投を続けていたのに終盤で3ランを放ったことがある。
あれでヒューズは一転負け投手になったのだ。
あれは本当に嫌な思い出になったので、この日の2ランであの悪夢を思い出してしまったよね。


ナショナルズ011

これでナショナルズは34勝19敗、勝率.642で2位メッツに11.0ゲーム差、3位ブレーブスに11.5ゲーム差をつけて東地区の首位を独走中だ。
ナショナル・リーグ全体でも首位だ。
しかし、アストロズが39勝16敗、勝率.709と突っ走っているので、ぜひアストロズを抜き去り、メジャーリーグで勝率1位で世界一になりたいよね!!


ナショナルズ012

そして、ストラスバーグは7勝でカーショウらと並んでハーラートップとなった。
防御率も4位となり、憎きノバを抜き去った(笑)
まあ、リークとかリンとかはシーズンを通じて防御率2点台を維持できる投手ではないので、今季のサイ・ヤング賞はカーショウと我らがツインタワーであるシャーザーとストラスバーグで争われることになるだろう。
ぜひ、カーショウを倒して、ツインタワーの時代をそしてナショナルズの時代を築き上げて欲しいよね!!
さらに、この日はダルビッシュが負け投手になって、防御率も3点台になったのが良かったね!!


ナショナルズ013

そして、打者もジマーマンが三冠王に準じたペースで打ちまくっている。
最近、ちょっとハーパーの調子が下がってきたので、出場停止で休んで調子を取り戻して欲しいよね。
そしてここに来てマーフィーが調子を上げてきたね。
ターナーの調子も良くなってきたので、本当にナショナルズの打線も素晴らしい打線になってきたよね!!


ナショナルズ014

チーム防御率もナショナルズは9位の3.98と3点台になったね!!
ここに来てやっとナショナルズ投手陣本来の力が出てきたよね!!
ドジャースやアストロズは出来過ぎの面があると思うので、ぜひチーム防御率も1位を狙って欲しいと思う。


ナショナルズ015

打線はアストロズと1位タイになっているけど、実質的には試合数が少ないナショナルズが1位だ。
ジマーマンがブレイクしたことで、本当に素晴らしい打線になったと思う。
DH制がないのにチーム得点が1位とかすごいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=2&year=2017&game=gid_2017_06_02_wasmlb_oakmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2017_06_02_wasmlb_oakmlb_1%2F&prevDate=62&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490926


テイラー

打線は2回にテイラーの5号ソロでナショナルズが先制した!!
3回にはマーフィーの10号ソロで2‐0となった!!


マット・ウィータース

3回裏に同点に追い付かれたけど、4回表に無死二塁からウィータースのタイムリーなどで4点を奪い、6-2と試合を決めた!!


ダニエル・マーフィー

この日はさらに猛攻が続き、終わってみれば20安打、5本塁打、13得点だった。
特にマーフィーが6打数4安打2打点1本塁打と当たっていた。
これでマーフィーも.335、10本、38打点と絶好調だ。
ぜひ、これからもメジャーリーグ最強クリーンアップの一角として頑張って欲しいよね!!


DSC03166

そして、AV界屈指の人気女優の波多野結衣ちゃんにあやかってストラスバーグがブレイクできるようにと思って、ストラスバーグのユニフォームで2ショット写真を撮ってきたよ!!
ぜひ、はたちゃんのパワーがストラスバーグの下に届き、サイ・ヤング賞を獲得しますように!!


イチロー2

今日のイチローは代打で出場して、1打数0安打だった。
今季の成績は、.174、1本、4打点だ。
次はイチローが打ちますように!!


滝川クリステル391

【クリ様の一言】
今日は悪いなりにストラスバーグ投手が頑張ってくれたので良かったですね!!
ぜひ、今年はサイ・ヤング賞を狙って欲しいですね!!
そして、打線も素晴らしい働きをしてくれたと思います。
本当に最高の勝利でしたね!!

5
T-岡田

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017060301/stats

私は夜勤なので、朝の8時半くらいに帰宅するんだけど、この日は近所のAVショップで波多野結衣ちゃんのサイン会が開催されるのだ。
だから、帰宅してからバタバタ金曜日の巨人戦の大逆転劇の記事を書こうと思っていた。
その後、ラーメンを食べに行って、次にBIGを買いに行こうと思ってた。

なかなかの忙しさで11時45分くらいに帰宅し、そこからストラスバーグが先発するナショナルズの試合を観た。
この試合が終わるくらいにオリックスの試合が始まるので、その試合を15時半くらいまで観て、それからはたちゃんのサイン会に行こうと思っていた。

しかし、6回を過ぎるとあまりの眠さにウトウトしてきた。
8回表に4点を追加して13-2となり、8回裏にストラスバーグに代えてトライネンが登板した時点で1時間半くらい寝ようと思った。
ナショナルズの勝利も確定的だし、ストラスバーグの勝ち投手も確実だったからね。
14時前だったので、起きてオリックス戦の途中経過を確認してイベントに行けるようにパ・リーグTVを付けてから寝た。

起きてみたら、オリックスが4‐0で勝っていて、5回一死一二塁から中島のタイムリーで1点を追加し、T-岡田が四球で一死満塁となった。
勝利を確実にするためにもここで犠牲フライでいいのでもう1点追加しておきたかった。
ところがここで大城が併殺打に倒れた。
とはいえ、5-0からひっくり返されることはないだろうと思って、安心してはたちゃんのイベントに行った。


DSC03159

はたちゃんは本当に綺麗でスタイルも良く、ファン対応もいい最高の女優さんだった!!
近いうちにこのブログでイベントレポートの記事を書くので楽しみにしててね!!


そして、イベントが一段落したところで、スマホでオリックス戦の結果を確認した。
すると結果は5‐4ではないか!!
際どい勝利にまた平野が打たれたのかと思ってしまった。
調べてみたら、6回裏に松葉が村田にグランドスラムを打たれたようだ。
心配していた平野は9回をパーフェクトリリーフだった。


松葉貴大

松葉は前にも書いたように、速球に威力がなく、かつコマンドも良くないので、四球も多い。
そして、ストライクを欲しがった投げた球が甘く入るという苦しい投球になっている。
個人的にはかなり厳しい状態なのではないかと思う。
これから先発で生き残っていくためには、コマンドを良くして、15~20%くらいの空振り率を確保できる変化球が欲しいところだね。
金子だけではなくて、西、ディクソン、山岡はかなりいいと思ったけど、松葉は先発で生き残りにはかなりの変化が必要だと思ったね。


打線はセ・リーグの防御率1位だった田口から立ち上がりに連打を浴びせ、小谷野のセカンドゴロで先制点を挙げた。
さらに中島が安打で続き、T-岡田が13号3ランを放ったのだった!!

しかし、勝ったからいいけど、今の打順って疑問を感じるなぁ。
安達が好調なのはわかるけど3番ってどうかと思うよ。
私は3番に最強打者を置いた方がいいと思うので、

1番 武田
2番 安達
3番 小谷野
4番 T-岡田
5番 中島

でいいんじゃないかと思うけどね。
いくら不振でも.302、13本、29打点の打者に6番はないわ。
こんなことをしていたら本人のモチベーションも下がるし、ここぞという場面で「ここで打てないと4番に戻れない」という無用のプレッシャーを与えてしまうからね。


巨人はこれで9連敗だそうだ。
これまで散々巨人に負けてきたんだから、今日も勝って巨人に10連敗させて欲しいと思う。
今世紀になってからほとんどメジャーリーグしか観てなかったけど、日本の野球も本当に面白いよね!!
山岡の好投で今日もオリックスが勝ちますように!!


青山愛151

【めぐたんの一言】
最後は巨人の追撃を振り切ってオリックスが見事な6連勝を飾りましたね!!
巨人に連勝は本当に気分がいいですね!!
今日も打線が打ちまくってオリックスが勝ちますように!!

5
安達了一

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017060201/stats

会社に着いて、パソコンを開いてみたら、オリックスが1‐0で勝っていた。
交流戦で巨人に勝った記憶がなかったけど、調べてみたら5年間で2勝15敗1分と一方的に巨人にやられていたみたいだった。
私も人気がなかった頃のパ・リーグのファンなので、いつもテレビ中継があって、スポーツニュースでも大きく取り上げられる巨人はやっかみの対象だった。

今みたいにこうしてネットでオリックス戦を全試合観戦できる時代でもなかったし、ネットで見なくても地元の福岡だとソフトバンク戦ならいつも地上波で観ることもできる。
昔から思えば、今はいい時代になったよね。

話しが逸れたけど、私は巨人とソフトバンクにだけは絶対に負けて欲しくないのだ。
だから、このシリーズも絶対に勝ち越して欲しかったし、できればスイープして欲しいのだ!!


7回、ここまで好投していた西が先頭打者を四球で歩かせた。
何度も書いているけど、先頭打者に四球を出すとホームインされる確率が50%になる。
だから、イニングの先頭打者の四球は避けなければいけない。
案の定、続く村田に低めの速球を本塁打にされて1‐2と逆転されてしまった…。

ここで踏ん張ってくれれば良かったけど、一死後、さらに連打を浴びたりして降板した。
西は良く投げてくれたので、勝ち投手にするためにももっと打線の援護が欲しかったね。
内容は充分に勝利投手だったと思うからね。


二死二三塁となったところで大山が登板したけど、11球粘られて阿部に四球を出してしまった。
大山は速球もスライダーもまずまずかもしれないけど、絶対的な持ち球がないのが苦しかった。
だからファウルであんにに粘られてしまうのだ。

この後さらにヘルメンに投手交代したけど、そのヘルメンが2球連続のボールだった。
押し出しは避けたい心理が働いてしまい。、甘く入った速球を打たれ、1‐4となってしまった。


ロメロ

9回も二死になって、やっぱり今回も巨人に負けるのかと思っていたら、代打のロメロが本塁打を放った!!
155キロの速球を力負けせずに本塁打を放ったのだ!!
本当にパワーがある選手だよね!!

さらに西野が安打を放ち、安達がタイムリー二塁打を放って3-4となった!!
ここでやっと同点に追い付けるかもしれないという希望を持った。
そして、打席には小谷野が入った。

私も1ヶ月くらいしかオリックスのことをチェックしてないけど、小谷野のチャンスにおける強さは半端じゃないね!!
私はこのチャンスでも小谷野が打ちそうな気がしていた!!
すると153キロの速球に逆らわない見事な流し打ちを見せてくれたのだ!!
ついにこれで同点となった!!

アウェイでもあるし、こういう試合は間髪おかずに畳みかけた方がいいので、一挙に勝ち越したかった。
しかし、中島は三振に倒れた。


9回裏、またしても平野が劇場を開いて二死満塁のピンチを迎える。
結果的には抑えたけど、もうちょっと信頼できるクローザーになって欲しいよね。


10回表のチャンスも活かせず、勝負は11回表にもつれ込んだ。
すると一死走者なしから予想もしなかった安達の1号ソロが出た!!
今季1本も本塁打を打ってない選手がここで打つとはね!!
さらに小谷野、中島が連打で続き、T-岡田が四球で二死満塁となった。
ここで武田がダメ押しのタイムリーを放って、6-4となった。


11回裏は近藤が登板し、本塁打で1点を失い、さらにピンチを迎えたけど、最後の打者をライトフライに仕留めてゲームセットとなった。
これでオリックスは5連勝、巨人は8連敗となった。

今日は、ここまで打撃が今一つだった安達が6打数4安打と爆発し、決勝本塁打まで放った!!
誰から見ても今日のMVPは安達だろう!!
ありがとう、安達!!
明日もぜひオリックスが勝ちますように!!


青山愛150

【めぐたんの一言】
今日は安達選手の素晴らしい働きのおかげでオリックスが勝ちましたね!!
しかし、素晴らしい投球をした西投手と同点タイムリーを放った小谷野選手の活躍も見逃せませんね!!
本当に素晴らしい感動をありがとうございました!!
オリックスは最高ですね!!

5
ディクソン

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017060105/stats

きのう、パ・リーグTVを契約した。
とはいえ、私の仕事は20時からで、21時40分くらいまでは出発するドライバーとかがいるので、野球に集中できない。
チラ見しかできなかったけど、レビューを書いて行こう。

ディクソンの成績を見ていたら、そこまでいい投手には思えなかったけど、投球を見てみたらかなりいい投手だった。
速球は150キロ近く出ているし、カーブは134キロとストラスバーグ並みの球速だった。
しかもカーブの切れもなかなか良かった。
このカーブは、落差はあまり大きくなく、横の変化が大きな特徴的なカーブだった。
フォームがやや大きいので、制球はあまり良くなさそうだと思った。
まあ、あれだけの速球とカーブを投げて、制球まで良かったら、きっとオリックスではなくメジャーリーグで投げていただろうね(笑)

ディクソンは7.0回を6三振、0四球、4安打、1本塁打、自責点2の素晴らしい投球だった。
本塁打はバレンティンに打たれたものだけど、あの低めの球をあんなに上手くすくい上げて打てるなんて、さすが60本塁打打っただけのことはあるよね。


ロメロ

ディクソンがいい投球をしていたので、何とか勝ち投手にしてあげたいところだ。
打線は、1点を先制された初回裏の二死二塁からロメロがタイムリーを放って同点となった。

1-2で迎えた6回裏の二死一塁から、由規が3者連続四球を出して、押し出しで同点となった。
ここでヤクルトは投手を交代させ、平井を登板させたけど、その平井も四球を出して、さらに押し出しとなって3-2とオリックスが逆転した!!
まあ、形は何であれ、点を取って勝てたことは大きかったね!!
オリックスはこれで4連勝となった!!


今季もオリックスは私が試合結果をチェックし始めると連敗が始まった。
例年ならここでオリックスのチェックを止めていたんだけど、今季は和製ハーパーといわれている吉田正を見るまではチェックし続けようと思っていた。

しかし、ここから地獄が始まった。
私がチェックし始めてから4連敗、1勝して6連敗、1勝して9連敗…。
普通なら野球はいくら弱くても1勝2敗のペースは維持できるはずだ。
だから、最初は私もいずれ勝つだろうという楽観的な気分だった。

ところが、全く勝てる気配がない。
だんだん、私も意地になってきた。
いつも私が見るたびにオリックスは負け始めるので、私はオリックスの疫病神ではないかと気にしていたのだ。
だから、そのレッテルを引きはがすためにも勝つまで見ようと思ったのだ。


そして、日曜日の山岡の先発の中継を観て、その素晴らしい投球に心を打たれた。
オリックスも9連敗を止めた。
オリックスが勝った試合の中継を観たのなんて神戸に住んでいたとき以来、15年ぶりだと思う。
色んな思い出が走馬灯のように思い出されて、胸が熱くなった。
このとき、来月になったらパ・リーグTVに加入して、時間があるときは中継を観ようと決意したのだった。

あれだけ負け続いて苦しい思いをしただけに、この4連勝は本当に嬉しかったよね!!
まだまだ借金関西には程遠いけど、頑張って欲しいよね!!
1週間で1ゲーム差ずつ縮めて行って、オールスターまでに西武を抜いてAクラスに浮上できますように!!
今日は、巨人戦で、西が先発だ。
西が好投して5連勝しますように!!


青山愛149

【めぐたんの一言】
今日はディクソン投手の好投が光りましたね!!
娘さんと一緒のヒーローインタビューも感動的でしたね!!
ぜひ、今日は西投手の好投を期待したいですね!!
頑張れ、西投手!!

このページのトップヘ