Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、マイケル・コペック、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、鈴村あいりちゃん、石原莉奈ちゃん、大橋未久ちゃん、音市美音ちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃん、辰巳シーナちゃん、藤原亜紀乃ちゃん、三田羽衣ちゃん、恵比寿マスカッツについて語る星鈴のブログです。

3
スティーブン・ストラスバーグ

https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-padres/2018/05/07/529932#game_state=live,game_tab=,game=529932,lock_state=live

本来ならば、今日は7.0回を自責点1か0で収め、次回の登板で防御率2点台になって欲しかった。
ところが、ストラスバーグがピリッとしない。
まずコマンドが悪過ぎる。
4シームは上ずり、チェンジアップがすっぽ抜けて使い物にならなかった。

4シームは最速が97.4マイル、平均が96.0マイルで、空振り率は7.0%だった。
ストライク率こそ72.1%あったものの、狙ったところには投げられてなかった。
チェンジアップは、ストライク率が35.3%、空振り率0.0%とサッパリだった。
伝家の宝刀のチェンジアップがこれでは投球が組み立てられないのも当然だ。

ストラスバーグは前回もチェンジアップのストライク率が38.5%と悪かったけど、パイレーツはチェンジアップを振ってきたので空振り率は30.8%もあった。
しかし、そのデータがパドレスに届いたのか、スイング率29.4%とパドレスの打者が手を出さずに見送るケースが多かった。

4シーム、スライダー、カッター、チェンジアップとメジャーリーグ最高級の持ち球が4つもあるシャーザーと違って、ストラスバーグはチェンジアップしかない。
そのチェンジアップが不調になるとどれだけ投球が苦しくなってしまうかというサンプルみたいな投球だった。
点差もあったんだし、7.0回を自責点1くらいの投球を期待していたんだけどなぁ…。

今日は、スライダーの空振り率もカーブの空振り率も25.0%あった。
スライダーは投げすぎるとまた故障するので、チェンジアップが使えないときはカーブを軸にするという投球ができるまでカーブを磨いて欲しいと思う。

ストラスバーグが早く防御率2点台になるように、2試合連続7.0回自責点0の投球をしてくれないかな?
今季、1回もこれは素晴らしいという投球を見せてないので、そろそろ見せて欲しいよね。
リリーキスト投手コーチになって、ナショナルズの投手が誰か1人でも良くなったという話はない。
やっぱり、マダックス投手コーチと違って、指導力が劣っているのではないかという疑念もあるよね。


トレバー・ゴット

8回はゴットが登板した。
先頭打者に死球、続く打者に四球を与えたときは今日もダメかと思ったけど、ここから粘りを見せた。
サイドスローから大きくシュートするシンカーもなかなか良かったし、空振りを奪ったカーブも良かったと思うよ。
ここまで良くなかったけど、これをキッカケに立ち直って欲しいよね!!

そして、ゴットが投げ終わると寝たので、トレースの投球は観てない。
データを見ていたら、トレースは4シームは良さそうだけど、変化球がサッパリみたいだね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=7&year=2018&game=gid_2018_05_07_wasmlb_sdnmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2018_05_07_wasmlb_sdnmlb_1%2F&prevDate=57&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-padres/2018/05/07/529932#game_state=final,game_tab=videos,game=529932


トレイ・ターナー

打線は、初回、ターナーの3号ソロで先制した!!

今日のパドレスの先発はタイロン・ロスでジョー・ロスのお兄さんだ。
とても弟思いのお兄さんで、ジョーがメジャーリーグ初先発するときはわざわざ観戦しに来たんだよ。
考えてみれば、ターナーもジョーもパドレスからトレードされてきた選手なので、もしトレードされていなければ、ロス兄弟とターナーは一緒にパドレスでプレーしていたんだろうね。

あのトレードは本当に大きかったよね!!
30本塁打でも打率.239と穴が大きいソウザとマイナーの投手1人を放出して、ターナーとロスがもらえるなんて最高のトレードだったと思うよ。


レンドン2

4回裏にストラスバーグが失点して、1‐1の同点となった。
打線もなかなかタイロンを捉えられなかったけど、6回無死一塁からレンドンがタイムリー二塁打で勝ち越した!!


マット・アダムス

続く打者はアダムスだった。
本塁打を打って欲しいと思っていたら、期待に応える9号2ランを放った!!
もはやナショナルズの頼れる4番になったよね!!
さらにケンドリックの二塁打とウィータースのタイムリーでこの回は4点を挙げ、5‐1と勝ち越した!!

7回も一死二三塁からまたしてもアダムスが10号3ランを放って、8‐2となった!!
これで勝負ありだった!!
アダムスは守備でもいいところを見せてくれたよね!!


最終的には8‐5となったけど、ナショナルズが勝った。
これで首位と1.5ゲーム差となった。
4月28日の時点で6.0ゲーム差あったのに、10日で1.5ゲーム差まで縮まるとは思わなかったね。
メッツが大コケしたのもあるけど、早く首位になって欲しいよね!!


マット・ハービー

お騒がせハービーが夜遊びで再び首脳陣の頭痛の種 - 渡辺史敏のアメリカンリポート - MLBコラム  日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/column/watanabe/news/201805030000444.html

そのメッツだけど、先日、ハービーがDFAになったらしいね。
去年、夜遊びしていたらしいけど、性懲りもなく、先日もまた夜遊びしていたらしいよ。
それであの成績なんだから、そりゃあ批判もされるよね。
それで、マイナーリーグ降格をいい渡されたんだけど、拒否してDFAになったみたいだね。


承太郎

アルダーソンGM「さあ!マイナーリーグ降格か!DFAか!ハッキリ言葉に出して言ってもらおうッ!ハービー


o0300031613794213162

ハービー「ヒイイイイイイイイ言ってやるゥゥゥゥ。 おれは最強の先発だァァァァァァ。 DFAになってやるDFAになってやるゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ。 DFA!DFA!DFA!DFA!DFA!DFA

しかし、これでメッツのローテーションも崩壊だね。
デグロムもDL入りしたし、次はシンダーガードがトミー・ジョン手術になりそうな予感がするね(笑)
それにしても、何でメッツってこんなにネタ球団なんだろう?


滝川クリステル77

【クリ様の一言】
今日は勝ちはしましたが、ストラスバーグ投手が良くなかったので、気分も晴れないですね…。
しかし、投手は調子が悪いときに打線の援護で勝ち続けると調子が良くなって来るものです。
ぜひ、次はいい投球を期待したいですね!!

5
イチロー

イチロー 球団特別アドバイザー就任「信じられない」 決断の決め手は“チーム愛”(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000070-spnannex-base

イチロー「喜んで受けようと」「最も幸せな2カ月」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00198254-nksports-base

イチロー会見「喪失感ない。野球の研究者でいたい」(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00198239-nksports-base

イチメーターのフランツさん イチローとの思い出語る 19年日本開幕戦の観戦熱望(スポーツ報知) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000082-sph-base

<イチロー>海外メディアも反応「事実上の引退」(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000076-mai-base

イチローの来春日本開幕戦「可能性高い」GM明言(日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00201931-nksports-base

先日、イチローがマリナーズの球団特別アドバイザーに就任した。
今季はもうメジャーリーグでプレーしないそうだ。
イチローは、現役続行に意欲を見せているけど、事実上、これで引退になるだろう。
ただ、いちばん下の記事にあるように来年のマリナーズ-アスレチックスの日本開幕戦をイチローの引退試合にするつもりではないだろうか?
これで日本人に高いチケットを購入させて、興行的にペイさせようとするつもりではないだろうか?


イチロー01

【イチロー】【MLB2016】 イチローの思い出  Nationals Nation
http://strasburg37.blog.jp/archives/5380364.html

私のイチローの思い出は上の記事で書いているので、ぜひ見てね!!
そこで書いているけど、私はプロ1年目のイチローに会いに行って、サインをもらい、話もしたことがあるんだよ。
「福本豊さんみたいな選手になって下さい!!」とお願いしたイチローは、今や日本史上誰も肩を並べることができないほどの大選手となった。

王貞治や金田正一や張本勲といっても所詮は日本国内のスターだ。
そして、松井秀喜、松坂大輔、ダルビッシュ有、田中将大…。
イチローに続いて、メジャーリーグに挑戦した大物選手はたくさんいるけど、誰1人としてメジャーリーグの殿堂入りしそうな選手はいない。

特に松井ファンがいうような「アメリカではイチローよりも松井の方が評価されている」などということがあるだろうか?
それが本当ならば、松井が殿堂入りしてイチローが殿堂入りしないだろう。
しかし、事実は逆だ。

首位打者を獲得し、シーズンMVPを獲得できた日本人もイチローただ1人だ。
スコット・ブローシャスでも獲れるワールドシリーズMVPとは価値が違うのだ!!

ロジャー・クレメンス、ランディ・ジョンソン、グレッグ・マダックス、バリー・ボンズ、アレックス・ロドリゲス、そしてアルバート・プホルス…。
私が見たメジャーリーグのスーパースターたちと同格に語ることができる唯一の日本人選手がイチローなのだ!!

私はイチローと会い、話をしたことを生涯誇りに思うだろう。
これからイチローがどんな道を歩んで行こうとも私はイチローを応援し続けるよ!!
たくさんの夢をありがとう、イチロー!!

4
FCバルセロナ165

https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/11050054

このブログはメジャーリーグ優先だし、今日はシャーザーが投げていたので、そちらの中継を観ていた。
それでもネットで途中経過だけはチェックしていたけどね。
さすがにセルジ・ロベルトがレッドカードで退場したときは、バルセロナの不敗記録も終わると思っていたけど、後半7分に我らがリオネル・メッシがゴールを決めたのは感動したね!!

ダイジェストは観たけど、あのスアレスと2人だけのカウンターは素晴らしかったね!!
当たり負けしないスアレスのドリブルもすごかったし、包囲された状態からゴールを決めるメッシもすごかったよ!!

後半27分にベイルに決められて同点となり、終わってみれば2-2の引き分けだった。
しかし、後半は10人でプレーしていたことを考えれば、引き分けで充分だと思う。


FCバルセロナ166

バルサ、クラブ史上初のリーグ戦無敗優勝まで後3試合。達成すれば86年振りの大記録(フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180507-00268396-footballc-socc

これでバルセロナは26勝9分となり、シーズン無敗記録を継続した。
シーズン無敗は86年ぶりで、リーガ・エスパニョーラ史上、レアル・マドリーしか達成してない記録らしい。
しかも、当時は18試合と今の半分以下の試合数だから、今のバルセロナの方がはるかに価値が高いことはいうまでもない。

残り試合は6位のビジャレアル、17位のレバンテUD、11位のレアル・シエダだ。
大記録達成のために頑張って欲しいと思う。


FCバルセロナ167

今日はメッシとクリスティアーノ・ロナウドが共に1ゴールだった。
バルセロナもレアル・マドリーも残り3試合で、両者の差は8ゴールなので、逆転はますます厳しくなってきた。
メッシが3試合連続ノーゴールで、クリスティアーノ・ロナウドが3試合連続ハットトリックじゃないと逆転できないからね。

今日、クリスティアーノ・ロナウド怪我で途中交代していたけど、怪我が長引いてチャンピオンズ・リーグに欠場して、レアル・マドリーが負けるといいんだけどなぁ。
さすがにレアル・マドリーが無冠だとクリスティアーノ・ロナウドのバロンドールもないだろうからね。


s-青山愛033

【めぐたんの一言】
今日は、不利な状況の中、良く引き分けに持ち込んでくれたと思いましたよ。
我らがリオネル・メッシ選手もゴールを決めましたし、勝ちに等しい引き分けでしたね!!
あとは、バルセロナがシーズン不敗記録を作ることだけが目標ですね。
頑張れ、バルセロナ!!

3
ナショナルズ044

https://www.mlb.com/gameday/phillies-vs-nationals/2018/05/06/529922#,game_state=live,game_tab=box,game=529922,lock_state=live

1‐0でエースのマックス・シャーザーが15奪三振で降板したが、ソリースとキンツラーが打たれて1-3と逆転された。
フィリーズは8回に1点を加えて、1-4となった。
打線もここまで2安打だったから、正直なところ、もう負けるなと思っていた。

しかし、二死満塁からきのう復帰したレンドンがタイムリーを放って、3-4となった!!
ここで、絶好調のアダムスが打席に立った。
期待のアダムスは三振に倒れたけど、1点差になって、まだ逆転できるのではないかと希望の光が差してきた。

9回、先頭打者のウィータースが内野安打で出塁した。
ここで代走にバティスタが起用された。
今日、走りやすいアリエタが先発ということで積極的に盗塁を仕掛けていたけど、2つとも刺されてしまった。

しかし、また走ってきそうというイメージを持ったのか、しつこく牽制球を投げてきた。
何となく、牽制球を暴投しそうと思っていたら、予想通り暴投した。
バティスタは好走塁を見せて、三塁まで到達した。
動揺したネリースは死球を与え、無死一三塁となった。
続く打者はフリースインガーのテイラーなので、三振するのではないかと心配していたけど、四球を選んで無死満塁となった。

ここで打者はセベリーノになった。
今季のセベリーノは、.250、0本、7打点、1盗塁ながらも出塁率が何と.394もあるのだ!!
ウィータースは、.211、3本、6打点、0盗塁、出塁率.318に過ぎない。
もはや打撃でもセベリーノはウィータースを超えているといってもいいだろう。

ましてや、セベリーノの盗塁阻止率は43%もあるのだ!!
今日もウィータースが7回に盗塁を許したことがシャーザーの勝ち星を消し、逆転を許す原因となっている。
正捕手はセベリーノにするべきだと思うよね。


話しが脱線したけど、セベリーノはここでもしぶとく四球を選び、押し出しでナショナルズは同点に追い付いた。
なおも無死満塁なので、ここで犠牲フライでOKだ。
しかし、この場面でディフォが鮮やかなサヨナラタイムリーを放った!!

ディフォも守備だけは超一流と思われていたけど、今季は打撃も.289、2本、12打点、2盗塁、出塁率.393と素晴らしい成績を残している。
そのディフォがサヨナラタイムリーを放つなんて最高じゃないか!!

守備は長らくナショナルズの弱点だったけど、守備がいいセベリーノとディフォが打撃面で成長し、レギュラーとして定着すれば、ナショナルズは守備も格段に良くなると思うよ。
ターナーがデレク・ジーターみたいな選手に、セベリーノがヤディアー・モリーナみたいな選手に、ディフォがロベルト・アロマーみたいな選手になるという私の夢が実現しつつあるね!!

マーフィーが戻ってきたら、一塁にマーフィー、レフトにアダムス固定でいいんじゃないかと思うよ。
マーフィーは一塁ならすごく上手いし、守備の負担が減ればマーフィーももっと打てると思うしね。

今日は、絶対に負けると思っていたけど、勝てて本当に良かったね!!


マックス・シャーザー

シャーザーは、6.1回を15三振、2四球、5安打、自責点1の好投だった。
降板したときは、勝ち投手の権利を持っていたけど、ソリースが打たれて勝ち星が消えた。

今日は、マルティネス監督の継投失敗だと思う。
6回を投げ切った時点で104球で、シャーザーのスタミナも切れているのは明白だった。
だから、私も当然6回で降板するのだと思っていた。

ところが、7回もシャーザーがマウンドにいるのを見て、嫌な予感がしたんだよね。
案の定、安打を打たれてしまった。
そして、ここで走られるのではないかと思ったら、案の定、肩が弱いウィータースが盗塁を許した。
シャーザーはアルファロを三振に打ち取ったところで降板した。
この走者をソリースが返されてしまい、シャーザーの勝ち星が消えたのだ…。

マルティネス監督は継投が下手過ぎじゃないの?
下手な監督ほど走者を出して、プレッシャーのかかる場面でリリーフを出すんだよね。
私がいつも書いているように、思い切り良く、イニングの頭からスパッと代えろっつーの!!
ナショナルズのリリーフは質が高くないのだから、なおさらそうだわ。
野手出身だから、継投の仕方がわかってないよね。
マルティネス監督のせいで、シャーザーの勝ち星が1つ減ってしまったよ…。


今日のシャーザーは、4シームの最速が96.5マイル、平均が94.3マイル、空振り率は23.0%だった。
チェンジアップの空振り率は22.2%、スライダーは25.0%、カッターが16.7%と正にアンタッチャブルだった。
今季のシャーザーは4シームとスライダーだけではなくて、チェンジアップやカッターもメジャーリーグ最高級の球になっているので、バットに当てることすら難しくなってきた。

結果として奪三振率13.94という先発としてはあり得ないくらいの奪三振率になっている。
ランディ・ジョンソンが2001年に記録したメジャーリーグのシーズン奪三振率の13.41を更新する可能性もある。
しかし、あまりにもバットに当たらない結果、三振が増え過ぎて、球数が多くなり、7回まで投げられないという現象に陥っている。

バットに当たると必然的に被安打も増えるので、この辺は難しいところだね。
とはいえ、最低でも7回までは投げて欲しいと思うので、もうちょっとバランスの取れた投球ができたら最高だね。
今季は、20勝、300奪三振、防御率1点台を達成して欲しいよね!!


サミー・ソリス

ブランドン・キンツラー

この2人はせっかく良くなってきたと書いていたのに、本当に残念だね…。
こういう僅差の場面を抑えてこそリリーフの価値があるんじゃないか!!

2人共走者がいない場面で登板するとまずまずの投球ができるのに、走者を置くと弱いよね…。
たぶん、2人共プレッシャーに弱いタイプなんだろうね。
それならそれで、上でも書いたようにイニングの頭から投げさせるべきだろと思うよ。


ドゥーリトル

ドゥーリトルは、リードされた場面での登板だったけど、2三振のパーフェクトリリーフだった!!
9回に逆転サヨナラだったので、今季初勝利を挙げた!!
去年の序盤と違って、クローザーが安定しているって本当に心強いよね!!


今日は何とか勝って、借金生活に戻らなくて本当に良かったよ。
明日はストラスバーグだけど、シャーザーの試合で勝って、勢いが付くと思った矢先にストラスバーグで負けるパターンが多いからね。
明日はしっかりといい投球をして欲しいと思う。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=6&year=2018&game=gid_2018_05_06_phimlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2018_05_06_phimlb_wasmlb_1%2F&prevDate=56&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/phillies-vs-nationals/2018/05/06/529922?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=529922


ノア・シンダーガード

https://www.mlb.com/gameday/rockies-vs-mets/2018/05/06/529915?#,game_state=live,game_tab=box,game=529915,lock_state=live

今日のシンダーガードは、6.0回を5三振、4四球、6安打、1本塁打、自責点2だった。
前回の登板もそうだったけど、これだけ四球を選んで、安打も打っているんだから、相手ももうちょっと点を取って欲しかったよね。
今季はシンダーガードの通算防御率が3点台になることを期待しているので、取れるときはしっかり点を取ってくれ!!

それにしても、デグロムもDL入りなんて、やっぱりメッツはメッツだね(笑)
「今年のメッツは強いから」と思ったときほどやらかすのがメッツだね。
『Slugger』では相変わらず杉浦さんがメッツを世界一の候補に挙げていたけど、毎年毎年そのネタばかりでもう飽きたんだよ!!
面白くないからもうやめた方がいいと思うよ。


クレイトン・カーショウ

そして、カーショウもDL入りとなっていた。
しかし、去年もカーショウがDL入りして、シャーザーのサイ・ヤング賞も安泰と思ったら、すぐに戻って来て、18勝、防御率2.32で最多勝と防御率の二冠を獲得していたからね。
私も長年メジャーリーグを観ているけど、カーショウほど油断ならない投手は他にいないと思う。
これで安心したらまた痛い目にあいそうだから、カーショウがDL入りしている間にシャーザーが勝ちまくって欲しいと思う。


滝川クリステル76

【クリ様の一言】
今日は素晴らしい逆転サヨナラ勝ちでしたね!!
やっぱりディフォ選手はスターになるべき選手ですね!!
ここで連敗してくれば嫌なムードになるところでしたが、よく頑張ってくれたと思います。
この勢いで明日はストラスバーグ投手が好投して連勝して欲しいですね!!
頑張れ、ストラスバーグ投手!!

1
マイケル・コペック

https://www.milb.com/gameday/knights-vs-clippers/2018/05/06/540183#,game_state=live,game_tab=,game=540183

去年のフューチャーズ・ゲーム以降、覚醒したと思われていたコペックだけど、今日は3.0回を3三振、4四球、1安打、自責点2だった。
66球投げて、ストライクはわずか34球、ストライク率は51.5%に過ぎなかった。
あまりの内容の悪さに3回で降板させられたようだ。

今季の成績は、

 6試合 0勝1敗 防御率3.00 30.0回 38三振 13四球 22安打 0本塁打 自責点10

となった。

与四球率も3.90となって、また制球難に戻ったといわれても仕方がないようになった。
奪三振率は11.40と高いものの、四球も多いので、必然的に球数も多くなり、長いイニングを投げられない。

これがメジャーリーグだともっとボール球を振らないので、四球ももっと多くなると思われる。
ストライクを欲しがった球が甘く入り、大量失点というパターンになりかねない。
マイナーリーグで制球難を克服しておく必要があるだろう。

今季はマイナーリーグで開幕から飛ばし、6月くらいにメジャーリーグ昇格というのが理想だったけど、現実は厳しいね…。
しかし、これほどの速球が投げられる先発投手は他にいないので、ぜひ頑張って欲しいと思う。


滝川クリステル75

【クリ様の一言】
今日は、本当に残念な結果に終わりましたね…。
この悔しさをバネにこれから頑張って欲しいですね!!

ターナー・ロアーク

https://www.mlb.com/gameday/phillies-vs-nationals/2018/05/05/529907#,game_state=live,game_tab=box,game=529907,lock_state=live

今日は、試合開始に起きれず、起きてみたらすでに2点を先制されていた。
ここ最近、打線の調子が良かったので、2点くらい簡単に取り返せると思っていたのだけど、2安打で1点しか取れず、連勝は6で止まった。

ロアークは、6.1回を9三振、3四球、6安打、1本塁打、自責点3だった。
今日は115球で70球、ストライク率が60.9%とロアークにしてはコントロールが悪かった、
しかし、チェンジアップの空振り率が23.5%、カーブが35.0%と非常に高かった。
4シームは最速94.2マイルで、平均が91.1マイルで、空振り率は14.3%、2シームは最速94.0マイル、平均が91.3マイルで、空振り率は8.1%だった。

制球が悪かったとはいえ、空振り率がこれだけ高いなら、調子は悪くなかったと思う。
この変化球の切れをキープしつつ、コントロールが良くなって行けば、インディアンズのクルーバーみたいな投手になれるのではないかと思う。


サミー・ソリス

ソリースは、1.2回を1三振、1四球、0安打、自責点0だった。
ソリースも5月に入って、3.0回を3三振、1四球、1安打、自責点0と調子を上げている。
防御率も4.05まで回復してきた。

特筆すべきは、13.1回で20三振、奪三振率13.50という奪三振率だ。
2シームの空振り率が12.23%、チェンジアップが32.35%、カーブが23.40%と変化球の切れが素晴らしい!!
6四球と多いのが欠点だけど、今度、四球を減らしていけば、メジャーリーグ屈指のリリーフ左腕になるかもしれない。
ぜひ、頑張って欲しいよね!!


ナショナルズ043

3番手はスエーロが投げていた。
1.0回を2四球、1安打で一死満塁にしてしまったけど、その後の投球が素晴らしかった。
ルーキーらしからぬ落ち着きが頼もしかったし、リリーフ向きだと思ったよ。

しかし、きのうPITCHf-xで4シームと判定されていた球は、今日はカッターになっていたね。
やっぱり、球筋も球速もカッターだったからね。
常識的に考えても4シームとスライダーがあれだけ球速の差がないのもおかしいしね。

一死満塁のピンチを切り抜けた後、セルベリーノと2人で仲が良さそうに会話していたのも良かったね。
ここまで3Aで一緒にプレーしてきたのだろうから、仲がいいのかもしれないね。
スエーロは、シャーザーやストラスバーグみたいなエリートじゃないかもしれないけど、何か応援したくなる投手だね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=5&year=2018&game=gid_2018_05_05_phimlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2018_05_05_phimlb_wasmlb_1%2F&prevDate=55&league=mlb

【今日の動画】  
https://www.mlb.com/gameday/phillies-vs-nationals/2018/05/05/529907?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=529907


ウィルマー・ディフォ

今日はわずかに2安打、ディフォのソロ本塁打による1点だけだった。
きのうまで打線が絶好調だっただけに残念だったなぁ…。
8四球も選んでいたけど、逆に荒れ球で狙い球が絞り切れなかったのかもしれないね。

10連勝以上して、一挙にに貯金を殖やしたかったのに残念だ…。
しかし、明日はエースのシャーザーなので、気を取り直して明日からまた7連勝くらいできるように頑張ろう!!


アルバート・プホルス

プホルスが通算3000本安打達成、MLB史上32人目の快挙(AFP=時事) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180505-00000024-jij_afp-base

先日、アルバート・プホルスが3,000本安打を達成した!!
本当におめでとう!!
私が史上いちばん好きな打者がプホルスなのだ!!

プホルスは、カージナルスに在籍していたときは11年間で.328、445本、1,328打点という圧倒的な成績だった。
年平均で、.328、41本、121打点というMVP級の成績を11年連続で残していたことは驚異に値する。
それがエンゼルスに移籍後の6年は、年平均で.262、28本、98打点という並みの打者になってしまった…。
イチロー並みの打率に加えて41本塁打できるというMLB史上最強の打者がこれほど劣化すると誰が予想しただろうか?

いくらプホルスが31歳だったとしても、長期契約がいかに危険かという証明になるだろう。
ましてや、故障とは無縁だったプホルスですら、この様なのである。

確かにハーパーは素晴らしい打者だけど、プホルスほどの才能はないし、プホルスほど故障に強くもない。
いくら若いとはいっても、プホルスにできなかったことがハーパーにできるとは思えない。
私個人の意見だと、長期契約は危険だと思う。
まあ、ファンとしては、ハーパーがナショナルズに残って、メジャーリーグの本塁打記録を更新するのを見てみたいと思うけどね。


滝川クリステル74

【クリ様の一言】
今日は、本当に残念な試合でしたね…。
3点を取られたとはいえ、ロアーク投手がいい投球をしていたので、勝たせてあげたかったのですが…。
明日はシャーザー投手なので、7.0回を13三振、自責点0の投球を期待したいですね!!
頑張れ、シャーザー投手!!

5
ジオ・ゴンザレス

https://www.mlb.com/gameday/phillies-vs-nationals/2018/05/04/529891#,game_state=live,game_tab=box,game=529891,lock_state=live

好調の打線が初回に3点、2回に4点を奪って、早々と勝負ありとなった。
ゴンザレスもリラックスした状態で投げることができた。
ゴンザレスは、雨による中断で4回で降板するかと思ったけど、せっかく7点もリードしているのだから、勝ち星が付く5回までは投げて欲しいと思っていた。
すると、ゴンザレスは5回もマウンドに登り、5.0回を5三振、2四球、5安打、自責点0で4勝目を挙げた。
今季は、悪化すると思われていた防御率もここまで2.33だ。

今日も4シームは最速92.2マイル、平均が90.5マイルと球速は平凡だったけど、空振り率は20.0%と非常に高かった。
2シームは最速90.3マイル、平均が88.8マイルで、空振り率は0.0%だった。
今日は、チェンジアップが素晴らしく、空振り率は20.0%だった。
カーブは9.5%だった。

ゴンザレスがこれくらいの投球を続けてくれるなら、今季はロアークの調子もいいし、ヘリクソンもまずまずなので、ナショナルズはメジャーリーグ最強のローテーションになるよね。
最近、メジャーリーグ最強のローテーションといえばインディアンスを推す声が強いので、ぜひナショナルズがメジャーリーグ最強のローテーションの座を奪い取って欲しいと思う。


トレバー・ゴット

2番手はゴットだったけど、0.1回を0三振、0四球、3安打、2本塁打、自責点3と散々だった。
ゴットは4シームをほとんど投げないので、シンカー中心だけど、そのシンカーが空振り率1.04%と極端に低いからね。
カーブも8.11%と低い。
事実上、持ち球はシンカーとカーブだけで、空振りを奪える球が皆無に近いので、投球も苦しくなってしまうよね…。


ワンダー・スエーロ

3番手はスエーロが投げていた。
球種としては4シームになっていたんだけど、どう見ても球筋がカッターのように見えた。
投球データを見たら、平均球速91.8マイルで、横1.45インチ、縦が6.50インチとカッターといえなくもない球筋だった。
スライダーが平均球速87.3 マイルで、横3.15インチ、縦が2.11インチだ。
4シームとスライダーに球速の差があまりないので、打者は対処しにくいかもしれないね。
持ち球はカーブもあり、平均球速77.2マイルで、横6.23インチ、縦が-6.69インチと比較的大きな変化だ。

スエーロは、去年、マイナーリーグで3勝2敗、防御率1.79、65.1回で 65三振、19四球、51安打、3本塁打、自責点13だった。
この投手は結構面白いかもしれないね。



ライアン・マドソン

8回はマドソンが登板し、先頭打者に安打を打たれてしまった。
また打たれるのではないかと心配したけど、その後は抑えてくれた。
マドソンが立ち直らないと苦しくなるので、ぜひこれから頑張って欲しいよね。

去年、4シームの被打率が.140、シンカーの被打率が.188だったのに、今年は4シームの被打率が.296、シンカーの被打率が500となっている。
速球系が打たれやすくなっているので、これが今後の課題になるだろう。
ただ、BABIPが.408、LOB率が61.5%と極端に悪いので、ただ単に運が悪かった可能性もある。


ブランドン・キンツラー

9回はキンツラーが投げた。
キンツラーは、2~4試合目の登板で7点を失ったけど、その後は12試合連続無失点だ。
12.0回を12三振、4四球、6安打と内容も良くなってきた。
今季は厳しいのではないかと思っていたけど、良く立ち直ってくれたよね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=4&year=2018&game=gid_2018_05_04_phimlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2018_05_04_phimlb_wasmlb_1%2F&prevDate=54&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/phillies-vs-nationals/2018/05/04/529891?#,game_state=final,game_tab=videos,game=529891


ハーパー3

打線は、初回、ハーパーの11号ソロで先制した!!
ハーパーは打順が1番になってから絶好調だね!!
あんな低めの96.3マイルの2シームを流し打ちで本塁打にするなんて、何てパワーだよ!!


ジマーマン2

2者連続四球の後、ジマーマンがタイムリーを放ち、ケンドリックが倒れた後、ウィータースもタイムリーでこの回は3点を挙げた。


マット・アダムス

2回は、無死一塁からまたしてもハーパーが12号2ランを放った!!
今度は86.4マイルの低めのチェンジアップを流し打ちだった。
低めをこれだけ器用に流し打ちできるとなると、今季はかなりいい成績が期待できるかもしれないね。
一時は本当に心配したけど、ハーパーは本当にすごいよね!!

これでハーパーも.264、12本、28打点で、本塁打と打点の二冠王だ!!
後は打率を3割に乗せて欲しいよね。


さらにターナーが安打の後、アダムスが7号2ランを放った!!
アダムスも.297、7本、17打点と絶好調だ!!
一時は深刻なくらい打てなかったけど、このところの打線の爆発ぶりはすごいよね!!
これでマーフィーとレンドンが戻ってきたら、メジャーリーグ最強の打線になるよね!!


終わってみれば、7‐4でナショナルズは6連勝となった!!
11勝16敗で、借金5、首位と6.0ゲーム差だったのに、17勝16敗で、貯金1、首位と3.0ゲーム差になった。
一時は、本気で地区優勝も危ないんじゃないかと心配したよ(笑)
シーズン序盤でつまずいたので、この連勝を10くらいまで伸ばして欲しいと思う。
本当に嬉しい勝利だったよ!!


滝川クリステル73

【クリ様の一言】
今日も投打に渡って素晴らしい活躍でしたね!!
ハーパー選手もいよいよ覚醒してきましたね!!
ぜひ、明日も勝って、エースのシャーザー投手につなげたいですね!!
頑張れ、ロアーク投手!!

5
ジェレミー・ヘリクソン

https://www.mlb.com/gameday/pirates-vs-nationals/2018/05/03/529879#,game_state=live,game_tab=box,game=529879,lock_state=live

きのう、ナショナルズの試合を観た後、ブログを書き、14時からは京都サンガの試合を観ていた。
前半で1点を先制され、後半5分にさらに1点を追加されるともう今日も負けたなと思い、夜勤明けの私の張りつめていた緊張の糸も切れてしまい、眠たくなってきた。
どうしても眠たかったので、10分だけ寝ようと思って寝たけど、さらに眠たくなってまた10分寝た。
これを繰り返していたら試合が終わり、サンガは1-3で負けていた。

この後、歯を磨いて寝たんだけど、ナショナルズの試合開始の時間に起きられなかった。
起きてみたら4時過ぎで、延々と11時間くらい寝ていた(笑)

パソコンを起動してみたら、ナショナルズは3-0で勝っていた。
今日こそヘリクソンが勝ち投手になれるのかと思っていたら、ヘリクソンは5.2回で降板していた。
ヘリクソンが好投しながら勝ち星が付かないのでかわいそうと思ったけど、こんな投球を続けているなら、今季は10勝くらいできるんじゃないかな。

考えてみたら、ヘリクソンは2008年から2014年までレイズでマルティネス監督と一緒だったんだよね。
旧知の中だからやりやすいのかもしれないね。
それにしても、ナショナルズが選手を再生する力って本当にすごいよね!!
ヘリクソンは去年は8勝11敗、防御率5.43だったのに、今季は0勝0敗ながらも防御率3.00だからね。
アダムスだって、去年は.274、20本、65打点だったのが、5月上旬ですでに.295、6本、15打点だからね。

A.J.コールが自責点10とか散々だっただけに、ヘリクソンが心強く思えるよ。
ヘリクソンみたいなタイプは長く引っ張ると相手打線に捕まってしまうんだけど、マルティネス監督はこの点を心得ていて、長く引っ張らないところがいいね。

今季のヘリクソンは4シームの平均が89.73マイル、最速が92.24マイル、シンカーの平均が89.06マイル、最速が91.14マイルと平凡だ。
しかし、4シームの空振り率は12.20%と案外高く、16.42%のチェンジアップを上手く使って投球を組み立てている。
私も防御率3.00のままシーズンを終えられるとは思わないけど、防御率4.20くらいをキープできれば10勝も夢ではないと思うよ。

私はダルビッシュと違って、ヘリクソンに何かされた訳ではないけど、ヤンキース・ファンだった頃にヘリクソンが打てそうで打てないからイライラしていたんだよね。
そのうち、ヘリクソンの顔を見るだけでイライラするようになったんだけど、まさかナショナルズに来て、応援するようになるとは思わなかったなぁ(笑)

私は基本的に速球派で三振が取れる投手が好きなんだけど、先発5番手ならこういう投球もありだと思うからね。
このブログでもヘリクソンのカテゴリも作ったし、応援するので頑張って欲しいよね!!


ブランドン・キンツラー

2番手はソリースが投げて、0.1回を無失点に抑え、3番手はキンツラーが1.0回を無失点に抑えた。
キンツラーはこれで防御率3.94と3点台になった。
キンツラーも開幕直後は今季はダメじゃないかと思っていたけど、良く持ち直してくれたよね。


ライアン・マドソン

しかし、今季も素晴らしい活躍をすると思っていたマドソンがいつまでも良くならないのは意外だったね。
今日も早速打たれてしまい、ドゥーリトルを8回1アウトから投入する羽目になってしまった。


ドゥーリトル

ドゥーリトルは、1.2回をパーフェクトで6セーブ目を挙げた。
マドソンとドゥーリトルを獲得したときは、去年までクローザーをしていたマドソンがクローザーになると思っていた。
ところが、クローザーになったのはドゥーリトルだった。
これを決めたのはベイカー監督なのかマダックス投手コーチなのかわからないけど、今から思えば見る目があったよね。
たぶん決めたのはマダックス投手コーチだと思うけどね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=3&year=2018&game=gid_2018_05_03_pitmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=476451&prevGame=gid_2018_05_03_pitmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=53&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/pirates-vs-nationals/2018/05/03/529879?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=529879


トレイ・ターナー

6回表まで0‐0が続いたけど、6回裏、一死一塁からターナーが2号2ランを放った!!
ターナーも本当に調子が良くなってきたね!!


ジマーマン2

アダムスが倒れた後、また4番になっていたジマーマンが5号ソロ本塁打を放った。
また、こうやって中途半端に打つとマルティネス監督が勘違いして4番に置き続けるじゃないか!!
私がいいたいのは同点とか、大事な場面で打てないから4番に置くなということなんだけどね。
どうしても使うというなら6番か7番で使って欲しいと思う。


イチロー

イチロー岐路に GM「長期間マリナーズのメンバーで」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180504-00000021-asahi-spo

イチロー本人は引退を否定しているけど、これが事実上の引退になるだろうね。
イチローは思い入れが深いので、あさってくらいにブログで記事を書くことにするよ。
楽しみにしててね!!


滝川クリステル72

【クリ様の一言】
今日はヘリクソン投手がいい投球をしていたので、勝たせてあげたかったですね…。
しかし、ナショナルズが5連勝できたのは良かったですね!!
これで勝率5割ですから、明日からも連勝を伸ばし続けて、首位になって欲しいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

5
スティーブン・ストラスバーグ

https://www.mlb.com/gameday/pirates-vs-nationals/2018/05/02/529866#game_state=live,game_tab=box,game=529866,lock_state=live

今日、夜勤明けで帰宅すると、パイレーツが初回に1点を先制していた。
早速、ストラスバーグが打たれてしまったのかと暗い気持ちになった。
しかし、その1失点はターナーのエラーによるもので、ストラスバーグの自責点ではないのでホッとした。
ナショナルズがその裏に2点を奪って逆転し、これでストラスバーグがいい投球をしてくれるといいなと思っていた。

ところが、ストラスバーグがピリッとしない。
コマンドが悪く、大きく外れるボールが多く、甘く入ったストライクは安打を打たれまくった。
3回に1点を失い、2‐2となったときに、ナショナルズがリードしては失点していた前回のストラスバーグの登板を思い出してしまった。
このピンチを救ってくれたのは打線だった。
3回に1点を奪って勝ち越すと、4回も1点、5回も4点を奪って試合を決めたのだ。

これで楽になったストラスバーグは、6回にセルベリに5号ソロを打たれたものの、7.0回を11三振、1四球、7安打、1本塁打、自責点2で3勝目を挙げた。
正直なところ、この結果ほど内容が良かった印象はなく、接戦でプレッシャーがかかる展開ならばもっと失点していた可能性もある。
大量点差が付き、パイレーツが試合を諦めたからこの結果に終わったのではないだろうか。

とはいえ、状態が良くないときに勝てたのは大きい。
次回までに調子を上向きにして、誰から見てもいい投球だったといわれるような投球を見せて欲しいよね。


今日は、4シームの最速は98.7マイル、平均が96.4マイルで空振り率は9.1%だった。
チェンジアップの空振り率は30.8%とこの数字だけ見れば良かったけど、ストライク率が38.5%と非常に悪く、チェンジアップがあまり使えなかった。
その代わりに試合の途中からスライダーとカーブを多投したけど、スライダーの空振り率が50.0%、カーブが26.3%と素晴らしかった。
4回以降はいい投球ができたのはこの2球種によるところが大きい。

きのうブログに書いた通り、シャーザーは4シームだけではなく、チェンジアップ、スライダー、カッターもメジャーリーグ屈指の持ち球になっている。
しかし、ストラスバーグはチェンジアップしかない。
今日の序盤みたいにそのチェンジアップが良くないと苦しい投球になってしまう。

ストラスバーグは、スライダーを投げ過ぎると2016年みたいに故障するので、カーブの空振り率をもっと上げてくれるといいなと思う。
カーブが15.0%以上の空振り率になれば、もっと投球の幅が広がり、サイ・ヤング賞も狙えると思うのだ。
そういう観点から見ると、今日の投球は今後につながる投球だったかもしれないね。


トレバー・ゴット

8回はゴットが登板した。
2シームの最速が96.7マイルで平均が96.2マイル、4シームの最速が96.4マイルで平均が96.1マイルだった。
このところ、いい投球が続いていて、0勝1敗、防御率3.48で、10.1回を6三振、4四球、7安打、自責点4だ。
奪三振率を上げつつ、与四球率を下げ、シーズン防御率は2点台を狙って欲しいと思う。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=2&year=2018&game=gid_2018_05_02_pitmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2018_05_02_pitmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=52&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/pirates-vs-nationals/2018/05/02/529866#game_state=final,game_tab=videos,game=529866


ハーパー3

初回表に1点を先制されたものの、その裏にハーパーの10号ソロとアダムスの6号ソロで逆転した。
きのうからハーパーとアダムスのコンビがすごいよね!!


マット・アダムス

同点にされた3回裏には、無死一三塁からアダムスのタイムリーで1点を勝ち越し、3-2となった!!
4回もハーパーのセカンドゴロで1点を加えて4-2となった。
5回は無死満塁からエラーやハーパーのタイムリーなどで4点を加え、8-2となって、勝負ありとなった!!


今日はハーパーが5打数3安打1本塁打3打点で、.268、10本、25打点、4盗塁となった。
アダムスは、3打数2安打1本塁打2打点で、.316、5本、13打点、0盗塁となった。
ケンドリックは、5打数3安打で、.300、4本、11打点、1盗塁となった。
今日はいい気分なので、あえて名前を出さないけど、某一塁手はもうスタメンはく奪でいいんじゃないの?(笑)


これで借金も1となり、最大6.0あった首位メッツとのゲーム差も3.5まで縮まった。
明日の先発はヘリクソンだけど、打ち勝って、勝率5割に戻したいよね!!
一時はどうなることかと思ったけど、予想よりも早く5割に戻せそうで安心したよ。


ペドロ・セルベリーノ

今日はセルベリーノの強肩も光ったね!!
通算の盗塁阻止率42%は伊達じゃないね!!
この守備を見るとますます正捕手はセルベリーノがふさわしいと思うよ。
ナショナルズのマイナーも手薄になっているので、トレードで捕手を確保しようとするのではなく、セルベリーノを育てて欲しいと思う。


イバン・ノバ

今日のパイレーツの先発は、私が嫌いなノバだった。
ストラスバーグが連勝を止めて、ナショナルズがノバを打てずに負けるんじゃないかとヒヤヒヤしていたよ。
しかし、ノバが大乱調で終わってみればワンサイドゲームだったね!!

ノバとセルベリのバッテリーを見ていたら、私もヤンキース・ファンだった頃を思い出したよ。
それにしても、今季のセルベリは絶好調だね!!
セルベリは結構好きな選手だったので、これからも頑張って欲しいよね!!


ダルビッシュ有

https://www.mlb.com/gameday/rockies-vs-cubs/2018/05/02/529859?#,game_state=live,game_tab=,game=529859,lock_state=live

今日は、ダルビッシュが4.1回を8三振、3四球、7安打、3本塁打、自責点5でKOされていた。
ストラスバーグは勝ったし、ノバも負けたし、ダルビッシュも負けたし、今日は最高の1日だね!!


ダルビッシュVSノヴァVSシャーザー
https://awabi.5ch.net/test/read.cgi/mlb/1343987410/

昔、2chでこういうスレがあったんだけど、今やシャーザーは成層圏外になったよね(笑)
だから、ダルビッシュとノバが生涯のライバルということでいいんじゃないかな。
ダルビッシュの方が三振は多いけど、勝ち星や防御率はいい勝負しているしね。


というか、私は、元々はダルビッシュのことは割と好きだったんだけど、テレビでダルビッシュがストラスバーグのことをあれこれいっているのを見て、嫌いになったんだよね。
ストラスバーグのフォームを見て、「あ痛たたたー!!肘の痛くなる投げ方やな!!」といって、正しいフォームは横から腕を出すのではなくて、頭の方から腕を隠して出した方がいいといっていた。

正しいフォームのはずのダルビッシュもトミー・ジョン手術をしたのはご承知の通りで、ダルビッシュがメジャーリーグに移籍した2012年以降の通算成績は、56勝44敗、防御率3.51、1,058三振だ。
この間、ストラスバーグは81勝44敗、防御率3.13、1,226三振だ。
どちらの方がいい投球をしているか一目瞭然だろう。

そして、ダルビッシュは、プホルスの動画を観て、外角にスライダーを投げていれば三振に打ち取れるといっていた。
私が大ファンのストラスバーグとプホルスのことをあれこれいわれて、本当にダルビッシュが嫌いになった。

確かに、いちいちストラスバーグやプホルスを引き合いに出して、「どう思いますか?」と聞くテレビ局がいちばん悪いんだけど、ダルビッシュも公共の電波で他の選手のことをあれこれ語るのも他の選手に対して敬意がなさ過ぎるんじゃないかと思うよ。
本心でどう思おうと勝手だけど、「素晴らしい選手ですね」くらいの社交辞令はいえないのかね?


ダルビッシュ001


ダルビッシュ002

今日はダルビッシュのメジャーリーグ移籍直後のデータと現在のデータを比較してみよう。
上がメジャーリーグに移籍した2012年のデータで、下が今季のデータだ。
2012年は4シームの平均球速が93.73マイルだったけど、トミー・ジョン手術後の筋トレの成果で94.71マイルまで上がっている。
しかし、空振り率は9.86%から3.91%に低下し、極めてバットに当たりやすくなった。
被打率も.268から.333まで悪化している。

2012年は、実の8つもの持ち球があり、スライダーは22.55%、カーブは24.10%、スプリッターは23.47%と高い空振り率を誇っていた。
しかし、今季は事実上、4シーム、シンカー、スライダー、カッターの4球種しか投げていない。
伝家の宝刀のスライダーの空振り率は16.38%まで低下し、被打率は.122から.242まで悪化している。
注目すべきはいい当たりを示す数値であるISOが.072から.303と極度に悪化していることだ。
つまり、2012年はメジャーリーグでも一流だったスライダーが劣化し、平凡な変化球になっているのだ。

カーブはボール率が53.85%と極めて高く、ストライクが入らないために使えなくなって、スプリッターは肘を痛めるために封印したのだろう。
つまり、現状では絶対的な持ち球がないのである。


ダルビッシュに限らず、田中将大も松坂大輔もそうだけど、日本人投手の致命的な欠点は耐久性がないことなのだ。
中4日に耐えられず、肘を故障して劣化してしまう。
これが活躍しても長続きしない最大の原因だと思う。
メジャーリーグで活躍し続けることがどれだけ大変なことなのか良くわかっただろう。

大谷も今は大いにもてはやされているけど、高校野球から酷使され続けているので肘のリスクはあるし、ルーズショルダーの可能性もある。
日本人の野球ファンももう少し客観的に日本人投手を見守る必要があるのではないかと思うよ。


滝川クリステル71

【クリ様の一言】
今日はストラスバーグ投手も好投しましたし、打線も調子が上がってきたので本当に嬉しいですね!!
さらにノバ投手に勝ったのが最高ですね!!
これでストラスバーグ投手の調子も上がってくれると嬉しいのですが。
明日も勝って、勝率5割に戻したいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

5
マックス・シャーザー

https://www.mlb.com/gameday/pirates-vs-nationals/2018/05/01/529851#game_state=live,game_tab=,game=529851,lock_state=live

ここに来て、やっとエンジンがかかってきたナショナルズ。
今日はエースのシャーザーが先発なので、当然3連勝を狙うしかない。
今日は3回と4回に1点ずつ奪い、5回に4点を奪った時点で6‐0となって勝負ありだった。
残る興味はシャーザーの無失点だけだったけど、惜しくも7回に2ランを打たれてしまった。

とはいえ、6.1回を8三振、2四球、3安打、1本塁打、自責点2の投球は見事だった。
これでハーラートップの6勝1敗で、防御率は1.79だ。
今日のシャーザーは、4シームの最速が96.4マイル、平均が94.5マイル、空振り率は12.7%だった。
チェンジアップの空振り率は17.6%、スライダーは23.5%だった。


20180502-01

シャーザーの4シームの平均球速は2016年以降、95.23マイル→94.40マイル→94.29マイルと落ち続けている。
しかし、2016年は12.53%だった4シームの空振り率は19.68%まで上がっている。
シャーザーの場合、4シームだけではなく、チェンジアップの空振り率が18.28%、スライダーが25.33%、カーブが4.65%、カッターが18.09%と見せ球のカーブを除けばいずれもクオリティーが高い。

この優れた変化球と組み合わせるからこそ、4シームも活きてきて、球速以上の空振り率があるのだろう。
そして、シャーザーの絶妙なコマンドも効果的であることはいうまでもない。
今季で34歳になるシャーザーだけど、今が最盛期だといっても過言じゃないだろうね。
今季は、ぜひ20勝、300奪三振、防御率1点台を達成し、4回目のサイ・ヤング賞に輝いて欲しいよね!!


サミー・ソリス

2番手は、メジャーリーグ初登板のスエーロが投げた。
しかし、球速も平凡で、これといった特徴もなかった。

3番手はソリースが投げ、1.0回を2三振、0四球、1安打、自責点0だった。
今日は2シームの空振り率が11.1%、ナックルカーブが42.9%だった。
貴重な左の中継ぎなので、ぜひこの調子で頑張って欲しいよね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=1&year=2018&game=gid_2018_05_01_pitmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2018_05_01_pitmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=51&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/pirates-vs-nationals/2018/05/01/529851/final/video#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=529851


ウィルマー・ディフォ

打線は、3回にディフォの1号ソロで先制した。


マット・アダムス

4回はアダムスの4号ソロで2‐0となった。
今日のアダムスは、4打数3安打2本塁打3打点だった。
今季の成績も.296、5本、13打点、出塁率.396という素晴らしさだ!!

もう、こんなに打っているんだから、一塁のレギュラーで使おうよ。
ジマーマンは今季はずっとあの調子だと思うよ。
実績に捉われず、調子がいいアダムスを使った方が勝てると思うよ。
それにしても、去年のリンドといい、ナショナルズは移籍してきた選手が良く働くよね!!


ハーパー3

5回は一死一二塁からハーパーが9号3ランを放った!!
ハーパーも不振が続いていたけど、これで調子を取り戻してくれると嬉しいなぁ!!
さらにこの回はアダムスの5号ソロも出て、6-0と勝負ありとなった。


ジマーマン2

6回もシャーザー、ターナー、アダムスのタイムリーが出て、11-0となった。
ここで打席はジマーマンだった。
またマルティネス監督は性懲りもなくジマーマンを4番に戻していたんだけど、このどうでもいい場面では帳尻合わせのタイムリーを放つのが憎い!!
もっと僅差のときに打てよ!!

これを見て、ジマーマンは調子が上がってきているとでも思うのかね?
もうアダムスが打ちまくっているんだから、アダムスを一塁のレギュラーにして、4番を任せようよ!!
まだ4番に固定するなら打線もここで途切れてしまうよ!!


ノア・シンダーガード

https://www.mlb.com/gameday/braves-vs-mets/2018/05/01/529841?#game_state=live,game_tab=box,game=529841,lock_state=live

今日、メッツはシンダーガードが先発で、6.0回を3三振、1四球、10安打、自責点3で負け投手になっていた。
これだけ安打を打っているならもうちょっと点を取って欲しかったけど、負けたので良しとしよう。

シンダーガードもサイ・ヤング賞を何度も獲得するような投手になると期待されていたけど、肝心な試合で勝てないし、どことなくストラスバーグみたいになりそうな感じがするね。
シンダーガードもシャーザーやカーショウと比べると何かが足りないような気がするからね。


クレイトン・カーショウ

https://www.mlb.com/gameday/dodgers-vs-d-backs/2018/05/01/529846?#game_state=live,game_tab=box,game=529846

今日はカーショウも先発していて、6.0回を6三振、1四球、6安打、2本塁打、自責点2で勝利投手の権利を持って降板した。
しかし、リリーフが逆転されて、カーショウの勝ち星が消えた。

カーショウは1勝4敗、防御率2.86だけど、この防御率で1勝4敗とはひど過ぎるね…。
まあ、カーショウは例年追い込みがすごいので、終わってみれば18勝、防御率2.30くらいは達成するんだろうけどさ。

私は、シンダーガードやデグロムがシャーザーのサイ・ヤング賞争いのライバルになるとは思っていない。
唯一のライバルはカーショウだと思っているので、そのカーショウが足踏みしている間に勝ち星で差を付けることができたのは大きいよね!!


滝川クリステル69

【クリ様の一言】
今日は、シャーザー投手が6勝目を挙げましたし、打線も爆発したので実にいい気分ですね!!
しかし、ここ2試合ともシャーザー投手が勝った後でストラスバーグ投手が負けてしまい、勢いに乗ることができませんでした。
しかも、明日は私も大嫌いなノバ投手とのマッチアップです。
ノバ投手に負けて、連勝を止めてしまうなど、絶対にあってはならないことです。

明日こそ、ストラスバーグ投手は好投して勝って欲しいと思います。
頑張れ、ストラスバーグ投手!!

このページのトップヘ