Nationals Nation

マックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグ、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、マイケル・コペック、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、戸田真琴ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

1
コール

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_08_miamlb_wasmlb_1&mode=classic

今日はA.J.コールなので負けると思っていたけど、もうちょっとマシな試合をしてくれよ!!
A.J.コールも最速が95.7マイル、平均が93.7マイルとそれなりにいい4シームを投げている。
4シームの空振り率も93.7%と悪くない。
スライダーも空振り率24.0%とシャーザーにも引けを取らない。
それなのに打たれる。

何の知識もなく、投げている球だけを見れば、A.J.コールもメジャーリーグで10勝くらい挙げている投手と比べても遜色ないのにね。
でも、セットポジションに課題があるのか走者を出してセットポジションになると甘い球が多くなる。
走者がいないときはそこそこいいコースに投げているのにね。

そういうのも何か紙一重の差なのだろうけどね。
先日、ホワイトソックスのマイケル・コペックが劇的にコントロールが良くなったのを見て、他の投手だって何かをちょっと良くすれば劇的にいい投手になれるんじゃないかと思うようになってきた。

コペックだって、10日そこらで抜本的に何を変えたわけではないと思う。
わずか10日でそこまであれこれできる訳ではないからね。
ただ、何かのコツを掴んだのだろう。
その何かがA.J.コールにもあれば良かったんだろうけどね。
本当に野球って難しいスポーツだと思う。


ジョー・ブラントン

そして、今日も中継ぎがしっかり抑えてくれていれば、まだ勝ち目もあったんだけど、3点も取られてしまった。
トレードで移籍してきた3人のおかげで勝ちパターンの継投は良くなったけど、それ以外は相変わらずだ。
ブラントンはサッパリで、アルバースは点差があるときだけ好投しやがる。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=8&year=2017&game=gid_2017_08_08_miamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=595918&prevGame=gid_2017_08_08_miamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=88&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/marlins-vs-nationals/2017/08/08/491783?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491783


ジマーマン2

打線も11安打でわずか3点だった。
最近、ジマーマンがブレーキになってきつつあるね。
開幕直後は絶好調で三冠王ペースだったけど、.302、24本、76打点と打率も3割陥落が迫ってきた。
もっとも、シーズン前は.270、20本も打てば万々歳の選手と思っていたけどね(笑)
レンドンも最近失速気味で、.304、21本、74打点とこちらも3割を切りそうだ。

1番と2番の出塁率が低いので、ハーパーの前に走者を置けないのも得点が増えない原因だろう。
ターナー、ワース、イートンの故障は大きいよね。
メジャーリーグ1位だったチーム得点もアストロズに抜かれ、かなり差を付けられてしまった。
夏場に向けて、もうひと踏ん張りして欲しいよね!!


まあ、終わった試合をあれこれいっても仕方がないので、明日からまた頑張るしかないね。
明日はゴンザレスが素晴らしい投球をしますように!!


イチロー2

今日のイチローはスタメンで出場し、4打数0安打だった。
どうせ負けるんだったらイチローが打ちまくって欲しかったなぁ…。
今季の成績は、.226、2本、10打点となっている。

普段、私もマーリンズの試合を観てないから、久しぶりにイチローを1試合通じて観ているとやっぱりイチローも衰えを隠せないと思ったね。
考えてみたら、イチローももう43歳だからね。
こうやってスタメンに名を連ねるのもあと数試合だろうし、1打席1打席を大切に見守っていきたいよね!!
最後まで頑張れイチロー!!


滝川クリステル455

【クリ様の一言】
今日の負けは覚悟していましたけど、打線ももうちょっと点を取って欲しかったですね…。
マーリンズは6安打で7点取ったのにナショナルズは11安打で3点ですからね。
最近、打線が低調なのが気になります…。

5
吉田正尚

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017080806/top

初回、T-岡田の22号ソロでオリックスが先制した。
T-岡田は1番転向後はいい働きをするようになったね!!
本塁打も良く打つようになったし、私が思っていた以上に1番に向いていたみたいだね。
この調子なら30本塁打も狙えるかもしれないね。
T-岡田が新しい1番像を示すことで、野球界に1番打者の革命を起こして欲しいと思う。


安達了一

2回は二死一三塁から安達が三塁打で3-0となった!!
3回表に1点を返されたけど、その裏に無死満塁から中島のタイムリー二塁打で2点を加え5-1となった。
しかし、ここから小島が繰りバントで一死二三塁としたけど、その後に追加点が奪えなかった。
というか4点差もあるのにまだ送りバントが必要かい?


金子千尋

金子は、中島の2個のエラーに泣かされた面があるにしても、内容は本当に良くなかった。
5.0回を7三振、4四球、7安打だった。
自責点こそ2ながらも失点は5だし、5.0回で116球も球数を要したのも不満だ。
やっぱり、全盛期から比べるとかなり力が落ちてきているんだろうね。
オリックスは金子にしろ平野にしろ、複数年契約した投手は劣化する傾向にあるね。


中島宏之

金子が打たれ、5-4と勝負の行方もわからなくなったけど、二死一二塁から中島のタイムリーで1点を追加した。
さらに小島が四球で二死満塁となってから、代打小谷野が走者一掃の三塁打を放った!!
これで9-4と勝負ありだった!!

そして、5回は吉田正が6号2ラン、7回も吉田正が7号ソロを放った!!
吉田正はこれで21試合で、.347、7本塁打、13打点となった!!
1年間このペースで打てるなら三冠王になれるよね!!
山岡がオリックスの小さなエース、吉田正がオリックスの小さな主砲となって欲しいなぁ!!
こういう小さな選手が活躍するとアマチュアの小柄な選手の励みになるよね!!


相手が絶好調の西武だけに5‐4となったときは逆転負けするのかと思ったけど、勝てて良かったよね!!
もう、クライマックスシリーズ出場も絶望的だけど、西武に勝ち越して意地を見せて欲しいよね!!


青山愛186

【めぐたんの一言】
金子投手は良くなかったですけど、その分、打線がカバーしてくれましたね!!
西武相手だけにこの勝利は大きかったですね!!
そして、何よりも吉田正選手の大活躍が嬉しい試合でしたね!!

3
s-マックス・シャーザー

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_07_miamlb_wasmlb_1&mode=classic

まず最初に書いておくと、ナショナルズが勝ったのはいいけど、シャーザーが7.0回を9三振、2四球、5安打、1本塁打、自責点2の好投をしたのに13勝目を挙げられずに残念だった…。
まあ、6点のリードをもらった前回の登板で途中降板してしまい、自ら13勝目を放棄したのも悪かったと思う。
でも、7回で自責点2のときは勝たせて欲しいよね。

シャーザーは、数えてみたら、レギュラーシーズンのギリギリまで投げたとしたら残り10試合の先発で、そうでなければ9試合の先発だ。
現在12勝しかしてないことを考えれば、残り試合をほとんど勝たないと20勝はできない。
残り10試合投げるとしたら、今のペースでかろうじて300三振を達成できる。
防御率はかなり頑張らないと達成は難しい。
やっぱり、今年も20勝、300三振、防御率1点台の同時達成は見れないのかなぁ…。

せっかくドジャースのカーショウがDL入りしているのに、シャーザーはその間の3試合で1勝しかできていない。
勝ち星の差を縮める絶好のチャンスだったのに、その差を縮めることができないのがもどかしいね。

とはいえ、前回、前々回とあまり調子が良くなさそうだったシャーザーが今日はそれなりの投球ができたのは良かったと思う。
今日は、4シームの最速が96.0マイル、平均が94.2マイルと球速は良かった頃に比べてまだ低かった。
しかし、4シームの空振り率は15.1%とかなり良かった。
そして、変化球もスライダーの空振り率22.2%、カーブが18.2%と良かった。
今日のシャーザーは球速こそ上がらなかったものの、調子自体は良かったのだろう。


キンズラー

8回はマドソンではなくて、キンズラーがマウンドに登った。
キンズラーは、1.0回を0三振、1四球、0安打、自責点0で抑えた。
そして、8回裏のナショナルズがリンドのタイムリーで勝ち越したので、キンズラーが勝利投手となった!!


ドゥーリトル

9回は守護神ドゥーリトルが登板し、1.0回を1三振、0四球、1安打、自責点0で抑えて9セーブ目を挙げた!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=7&year=2017&game=gid_2017_08_07_miamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_08_07_miamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=87&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/marlins-vs-nationals/2017/08/07/491772/final/video#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491772


マット・ウィータース

打線は、2回裏一死日二塁からウィータースのタイムリーで1点を先制した!!


ハーパー3

そして、4回にはハーパーの29号ソロで1点を追加して2‐0となった。
しかし、私は、なかなか追加点が取れないので、焦りを感じていた。
案の定、シャーザーが同点に追い付かれてしまい、2番ケンドリックからの6回も5番マーフィーからの7回も点が取れなくて、シャーザーを勝ち投手にできなかった…。


アダム・リンド

シャーザーの13勝目が消えてしまった8回裏の二死二塁からリンドのタイムリーでナショナルズが勝ち越した!!
これが決勝点となって、ナショナルズが3‐2で勝った!!


最近、故障者続出のせいもあるんだろうけど、ナショナルズは、チーム得点がメジャーリーグ1位の頃のような勢いがない。
簡単に完封されるようになってきたし、ここぞという場面で点が取れなくなってきた。
こんな感じだとポストシーズンが厳しくなると思う。
ぜひ、打線には奮起してもらいたいよね!!

野球でいちばん大事なのは投手力だと思うけど、野球は点を取らないと勝てないからね。
明日は先発がA.J.コールなので、打線が爆発して、ナショナルズが大量点を取って勝ちますように!!


イチロー2

今日のイチローは代打で出場し、1四球だった。
今季の成績は、.233、2本、10打点となっている。
このシリーズの間はイチローも大人しくしておきますように!!


滝川クリステル454

【クリ様の一言】
今日は、シャーザー投手が勝ち投手になれなくて残念でしたね…。
試合に勝った嬉しさはありますが、シャーザー投手の13勝目がならなかった分、物足りなさを感じてしまいますね…。

5
エリック・フェッド

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_06_wasmlb_chnmlb_1&mode=classic

今日、フェッドとレスターというマッチアップだから、私も正直なところ勝ち目がないと思っていた。
ところがこれが野球なんだろうね。
今日は予想外の逆転勝利だった!!

去年、カブスに屈辱のスイープをされ、次のシリーズでも1勝2敗と負け越し、シーズンを通じて1勝6敗と一方的にやられてしまった。
ハーパーはことごとく敬遠され、その後ろを打っていたジマーマンはことごとく凡退するという本当に悔しい負け方だった。
これが頭にこびりついているので、私は今年は絶対にカブスに勝ち越して欲しいと思っていた。

しかし、前の4連戦では、3勝1敗の勝ち越しを目前にしながらブルペンが打たれて逆転負けしてしまい、2勝2敗のタイだった。
このシリーズでは、ストラスバーグとロスを欠いているため、ジャクソンとフェッドという信頼性が劣る投手を使わざるを得なかった。
初戦のゴンザレスで勝つのは絶対として、まだ安定しているジャクソンとラッキーのマッチアップで勝つことがカブスに勝ち越す絶対条件だと思っていた。

そのジャクソンの試合で負けてしまい、ナショナルズに対して、2勝1敗、防御率2.53、32.0回で42三振と抜群の相性を誇るレスターが相手となれば、このシリーズの負け越し、そして今年のカブス戦の負け越しも決まったと思っていた。


事実、フェッドは5.1回を7三振を奪う一方で、4四球、8安打と炎上してもおかしくない状態だった。
フェッドは99球中64球がストライクで、ストライク率64.6%と悪くはなかったけど、勝負所でボールが多くなってしまった。
シンカーの最速も96.2マイル、平均も94.4マイルと球速もあり、空振り率9.4%とまずまずだった。
チェンジアップの空振り率も17.4%、カーブも14.3%とまずまずだった。
個々の数値で見ると決して悪い投手ではないけど、なぜか打たれやすい。

メジャーリーグに昇格したてで、緊張していたというならまだいいけど、フォームが見やすいなどの技術的な欠陥があるのではないかと心配になるね。
しかし、表面上の数字はともかく、内容は去年のジオリートよりもいいと思うよ。


キンズラー

今日は、きのうと違ってリリーフが良く頑張ったと思う。
キンズラーはナショナルズ初勝利を挙げたけど、最速95.0マイル、平均94.0マイルのシンカーを中心に打たせて取る投球が素晴らしかった。

ただ、こういう投球の場合、走者がいるときに使いにくいのではないかという懸念がある。
ツインズではクローザーだったから、基本的に9回走者なしの場面から投げるので問題なかったはずだけど、中継ぎならいつも走者なしという訳にはいかないからね。
走者ありの場面に奪三振率の低さがネックになる可能性はあるよね。


ライアン・マドソン

そして、今日からナショナルズのユニフォームの画像になったマドソンとドゥーリトル。
マドソンは今日も打たれる気がしない安定の投球だった。
マドソンの4シームは、最速98.3マイル、平均97.4マイルだけど、全盛期の頃のパペルボンみたいに球速以上の速さを感じるよね。
そういえば、当のパペルボンは今、何をしているんだろう?


ドゥーリトル

ドゥーリトルは、今日は1.0回をパーフェクトリリーフだった。
この調子で安定してくるといいけどね。

ナショナルズもこのトレード3人衆のおかげで勝ちパターンの継投は安定してきたね。
問題は負けているときの継投だよね。
この3人以外の投手ももうちょっと安定感が欲しいよね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=6&year=2017&game=gid_2017_08_06_wasmlb_chnmlb_1%2F&pitchSel=607200&prevGame=gid_2017_08_06_wasmlb_chnmlb_1%2F&prevDate=86&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-cubs/2017/08/06/491768?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491768


レンドン2

打線は1点をリードされたけど、3回表にグッドウィンの犠牲フライで同点となった!!
カブスに再びリードを許してしまい、1-4となったけど、7回無死二塁からレンドンの二塁打とウィータースの犠牲フライで3‐4となった。
これで勝負もわからなくなったよね。


マット・ウィータース

8回は一死満塁でレンドンが四球で押し出しとなって4‐4の同点となった!!
そして、次の打席はウィータースだった。
贅沢はいわないので、犠牲フライでいいと思っていた。
すると案の定犠牲フライを打ってくれたと思っていたら、打球はどんどん伸びて、8号グランドスラムとなった!!
これで勝ったと思ったよ!!


ブライアン・グッドウィン

9回は、グッドウィンが上原から12号ソロを放って、9-4でナショナルズが勝った!!

去年、カブスに一方的に負け越して、悔しい思いをしたけど、これで今季は4勝3敗の勝ち越しだね!!
ポストシーズンで対戦する可能性もあるだけに勝ち越せて本当に良かったよ!!
去年、カブスがブッチギリの独走で地区優勝して、世界一になったので、これからのメジャーリーグはカブスの時代だという人も多かった。

でも、私は去年からいっているように去年のカブスは出来過ぎだと思っていたからね。
実態はこんなものだと思うよ。
投打の軸はナショナルズの方がしっかりしているので、私はナショナルズの方が強いと思っているからね。


イチロー2

今日のイチローは出番がなかった。
今季の成績は、.233、2本、10打点となっている。
明日もイチローが出場して安打を打ちますように!!


a205a758

ところで、前に書いたような気がしないでもないけど、上原ってルパン三世に似ているよね(笑)
私はあのもみあげを見たときにそう思ったんだけど、同じことを考えて、こんな画像加工をしている人もいたんだね!!
でも、私は上原がめちゃくちゃ好きなので、ぜひ来年は上原がナショナルズに来てくれないかなぁ!!


上原がルパンを通り越して柴田勝家みたいになってるけど、何があったくま速
http://kuma2ch.ldblog.jp/archives/3333565.html

ところで、このスレの

>>1
勝家見た事あんのかよ


というレスが大爆笑したよ(笑)


滝川クリステル453

【クリ様の一言】
今日は打線の奮起によって、宿敵のカブスに勝つことができましたね!!
私も本当に嬉しかったですよ!!
フェッド投手もまた打たれてしまって悔しかったでしょうけど、これを糧に頑張って欲しいですね!!

5
西勇輝

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017080604/top

今日は西の打たせて取る投球が見事だったね!!
西が登板するときはいつも打線が打たなかったり、リリーフが逆転されたりして勝ち星が付かないことが多い。
でも、強いチームなら絶対に15勝以上挙げて、最多勝争いもできる投手だと思うよ。

スライダー、チェンジアップ、カーブと変化球の質も高いけど、チェンジアップは130キロ台半ばでカーブは110キロ台と変化球も球速の差に幅があるのがいいね。
速球と同じフォームでチェンジアップを投げて打者のタイミングを崩し、カーブで緩急を付ける投球スタイルだね。
また、西はコマンドがいいところが最高だね!!

今日の見どころは大谷から2三振を奪ったところかな。
今季の大谷は投手としては先日のオリックス戦に投げただけだけど、打者としては30試合で、.300、3本塁打、6打点とまずまずの成績を残している。
でも、私は結局投手としては中途半端になっているので、投手に専念した方がいいと思うけどね。

そういえば、中田が今季FAで移籍先のひとつにオリックスが挙げられているらしいね。
福良監督が日本ハムのコーチをしていたときに中田の師匠のような役割をしていたのが理由らしいね。
私も日本人の長距離砲は欲しいけど、一塁にはマレーロがいるからね。
指名打者には吉田正もいるしね。
現状ではオリックスのポジションも空いてないから微妙だね。


マレーロ

打線は、3回表の二死一塁からマレーロの8号2ランで先制した!!
4回は一死一三塁から安達のタイムリーで1点を追加し、西野が倒れた後、T-岡田の2点タイムリーで5‐0となった。

T-岡田はきのうに続いて走者ありで打てたよね!!
やっぱり1番が向いているんだと思うよ。
この打順にしてから、オリックスも2試合で11点だしね。


吉田正尚

そして、我らが吉田正は4打数2安打で、.328、5本塁打、10打点となった!!
今季はこの調子で打ちまくり、来季こそ本塁打王を狙って欲しいよね!!

私は野球のいちばんの魅力は圧倒的な速球投手だと思っているけど、その次はホームランバッターだと思っているからね。
イチローは別格としても、基本的にはホームランバッターが魅力だと思うよ。
その意味でも吉田正はオリックスの看板選手になれる存在なので、ぜひこれからも頑張って欲しいよね!!


黒木優太

そして、この試合では黒木がセットアッパーに戻っていた。
最速151キロで、速球は甘いコースが多かったり、スライダーが空振りを除けば全てボールになっていたりとまだ課題は多いけど、今日は抑えてくれて良かった。
今日は、1.0回を2三振、0四球、1安打、自責点0だった。
これをキッカケに良かった頃の黒木に戻って欲しいよね!!


ヘルメン

そして、この日も抑えはヘルメンが務めた。
今日も最速152キロの速球とチェンジアップ、スライダーで1.0回を1三振、1四球、0安打m自責点0で2セーブ目を挙げた。
平野が戻ってくるまで頑張って欲しいよね!!




そういえば、2ちゃんねるとかで平野が何で「ワーニン」と呼ばれているか不思議に思っていたんだけど、こういうPVがあったからなんだね。
平野の調子が悪くなってからは炎上警報だと揶揄されていたとか…。
でも、私は平野が二軍で再調整して、オリックスの守護神として戻って来て欲しいけどね。
そして、来季は黒木を先発に回して欲しいと思っているんだよ。


ところで、西武が13連勝して、勝率も6割になり、優勝争いに絡んできたね。
オリックスが西武と3位を争っていた日々が遠く感じられるよね(笑)
でも、4位だけはキープできるようにオリックスも頑張って欲しいよね!!
まずは、その好調西武との3連戦で勝ち越して意地を見せて欲しいね!!
頑張れ、オリックス!!


青山愛185

【めぐたんの一言】
今日は西投手の好投が光りましたね!!
そして、T-岡田選手の1番もなかなかハマっているようです!!
ぜひ、この調子で頑張って欲しいですね!!

5
マイケル・コペック

http://www.milb.com/milb/stats/stats.jsp?gid=2017_08_05_biraax_jaxaax_1&t=g_box&did=milb&sid=t247

今日のナショナルズはまた中継ぎが散々で、ストラスバーグもまた故障で、本当に気持ちが落ち込んでしまう1日だった。
しかし、その暗い気分を晴らしてくれたのがマイケル・コペックだった!!
オールスター休みからブレイクしたコペックだけど、今日も7.0回を11三振、1四球、4安打、自責点0の素晴らしい投球だった!!

オールスター後は、4勝0敗、防御率0.79、34.0回で44三振、6四球、15安打、1本塁打、自責点3だ。
奪三振率は11.65をキープしつつ、与四球率は1.59まで改善されている。
あんなにコントロールが悪かった投手がオールスター休みを境にここまで良くなるとはね!!
『その時歴史が動いた』でこのオールスター休みの間に何が起こったかを特集して欲しいくらいのレベルだよ!!

与四球率6.09の投手がわずか10日間で与四球率1.59になるとはね!!
投手コーチの指導だとしたら、間違いなくメジャーリーグ最高の投手コーチになれるよね!!
平均球速100.6マイルの投手が与四球率1.59とかマンガの世界の話しみたいだね。
こんなゲームみたいな投手は見たことがないよ!!


私は来年の夏くらいにコペックがメジャーリーグにデビューできると思っていたんだけど、2Aとはいえ、これだけ圧倒的な投球ができるなら、今年の9月にメジャーリーグデビューもあるかもしれないね。
飽くまでホワイトソックスの考え方次第だけどね。
今年9月にデビューさせて、来年は開幕からローテーション入りさせて、8月くらいで投球回制限でシーズン終了させてもいいんじゃないかと思うよ。

レッドソックスはクリス・セールが絶好調で、サイ・ヤング賞も最有力候補かもしれないけど、コペックはそのセールすら上回る投手になる可能性があると思うよ。
まだ若いし、球速だけではなくて、変化球やコマンドもこれから伸びる可能性があるからね。
本当に夢がある投手だと思うよね!!
300勝、4,000奪三振、通算防御率2点台を達成して、ロジャー・クレメンスの7回を上回るサイ・ヤング賞を獲得する投手になってくれるといいなぁ!!

やっぱり野球の花は圧倒的な速球投手だよ!!
ぜひ、頑張って欲しいよね!!


滝川クリステル452

【クリ様の一言】
私も1年でこんなに良くなるとは思いませんでしたよ!!
この投手こそメジャーリーグ史上最高の投手になれるかもしれませんね!!
私もめちゃくちゃ期待していますよ!!
頑張れ、コペック投手!!

1
エドウィン・ジャクソン

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_05_wasmlb_chnmlb_1&mode=classic

確かにジャクソンは初回に4失点したかもしれないけど、それ以降は素晴らしい投球をしていたと思う。
そもそもジャクソンはロスの代役であることを考えれば、これくらいの投球ができていれば合格点だろう。
5回が終わった時点で3-4で試合を壊してない分だけフェッドやA.J.コールよりもマシだからね。

この試合に関してはジャクソンに不満はないけど、不満があるのは中継ぎだ。
グレースは、コントレラスに本塁打を打たれて自責点2、アルバースは0.1回を0三振、2四球、1安打、自責点1だった。
いつもカブス戦はブルペンが打たれて負けている。

まあ、グレースもリリーフなのに球威がないから今までが出来過ぎだったんだろう。
そして、アルバースは接戦だといつも打たれてしまい、大量点差がないといい投球ができない。
アルバースは本当に防御率2.23なのかと思う。
大事なところで抑えた記憶が全くない。


s-サミー・ソリス

ソリスは1.2回を4三振のパーフェクトリリーフだったけど、だからといって次にいい場面で使うとたぶん打たれるだろう。


Washington Nationals Salaries and Contracts  Baseball-Reference.com
https://www.baseball-reference.com/teams/WSN/washington-nationals-salaries-and-contracts.shtml

あまりにも不甲斐ないブルペンを補強するためにリリーフを補強し続けた結果、ついにぜいたく税のラインを突破したらしいね。
これがあるから私もトレードには消極的だったのだ。
今までぜいたく税に引っかからないように上手くやりくりしていたんだけど、ついに突破か…。
今年は是が非でも勝たないといけないよね。

来年は年俸2,100万ドルのワースがFAになるけど、ゴンザレスの再契約やレンドンの年俸も上がるであろうことを考えれば余裕はないと思う。
仕方がないとはいえ、リリーフがここまで乱調で、トレードでリリーフをたくさん集めざるを得なかったのは堪えたよね…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=5&year=2017&game=gid_2017_08_05_wasmlb_chnmlb_1%2F&pitchSel=429719&prevGame=gid_2017_08_05_wasmlb_chnmlb_1%2F&prevDate=85&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/nationals-vs-cubs/2017/08/05/491753/final/video#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491753


ハーパー3

打線は、初回、ハーパーの28号ソロでナショナルズが先制した!!
初回裏にレンドンの犠牲フライとウィータースのタイムリーで3-4として、逆転勝利に望みをつないだ。
しかし、中継ぎが失点を重ねて、ナショナルズは4-7で負けた。


明日のマッチアップはフェッドとレスターで勝ち目がないから、どうしても今日勝ちたかったんだけどなぁ…。
リリーフには本当に愛想が尽きるよ。
どれだけ打たれたら気が済むんだよ!!


マイケル・コペック

フェッドも明日は打たれまくるんだろうなぁ…。
誰も未来のことなんてわからないから仕方がないけど、私が2014年にタイムスリップしたら、ドラフトでフェッドではなくてマイケル・コペックを獲得しろと伝えたいよね!!
コペックは今日も好投して、完全に覚醒したみたいだね!!
今、セールが絶好調みたいだけど、コペックはそれ以上の投手になるかもしれないね。

この調子だとホワイトソックスさえその気になれば、9月にコペックのメジャーリーグ昇格があるかもしれないよ。
フューチャーズゲームでは、4シームの最速は101.32マイル、平均球速は100.60マイルという圧倒的な球速だったからね。
この投手はチャップマンを超える4シームでメジャーリーグ史上最高の投手なれるかもしれないよ。


スティーブン・ストラスバーグ

そして、ナショナルズの公式を見たら、当初1試合だけ先発を回避する予定だったストラスバーグだけど、復帰の見通しが立たないらしいよ。
本当にストラスバーグ・クオリティーだわ。
今年もやっぱり、15勝&防御率3点台の壁を越えられないんだろうね。
というか、今年15勝できるのかい?

本当にストラスバーグを見ていたら悲しくなってくるよね。
あの衝撃的なストラスバーグのメジャーリーグ初先発を見たときは、こんな投手になるとは夢にも思わなかったよ…。
明日は何かいいことがあるといいなぁ。


滝川クリステル451

【クリ様の一言】
ナショナルズのファンにとっては何かと厳しいことだらけの1日でしたけど、これが野球なんでしょうね…。
明日は打線が打ちまくって勝てるといいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

5
ロメロ

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017080504/top

3-4とリードされた6回表、オリックスは二死から吉田正が二塁打を放ち、マレーロがタイムリーで同点とした。
そして、オリックスの主役ともいうべきロメロが145キロのど真ん中の速球を捉え、勝ち越しの20号2ランを放った!!
やっぱり、ロメロは格が違うよね!!


オリックス・ロメロと契約延長 来期から新たに3年 - 野球  日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/baseball/news/1866947.html

ロメロは年俸250万ドルで3年契約した。
これでオリックスも打線の軸を確保できたよね!!


この日の試合もロメロの本塁打で決まった訳だし、昭和の時代と違って、シングルヒッターの1番が単打で出塁し、2番がバントで送ってという野球じゃないんだよね。
現代の野球は出塁率の高さと長打力だよ。
オリックスは打線がつながらなくて、得点が奪えずに負けてしまうことが多い。
しかし、それも非力な打者をスタメンで使うからそうなってしまうんだよね。
もっと長打力がある打者を並べていたら、もっと点が入ると思うよ。

ましてや、オリックスのシングルヒッターは四球も多くて出塁率が高い訳でもないし、盗塁が多い訳でもないからね。
他に突出した能力がある訳でもないんだから、そういう選手をスタメンで起用するべきではないよ。
同じシングルヒッターなら、打率が高い武田をスタメンで使うべきだね。


T-岡田

そして、この日、ようやくT-岡田を1番で起用した!!
やっぱり、1番T-岡田は効果があっただろ?
せっかく吉田正とかロメロとかチャンスに強い打者がいるんだから、その前に出塁率が高い選手を置かないとね。

ここまでは吉田正やロメロの前に走者がいなくて、長打力も威力を発揮できなかった。
また、吉田正やロメロが出塁しても、6番や7番を打っているT-岡田がチャンスに弱くて、残塁を重ねることも多かった。
やっぱり、長打力のある打者の前に出塁率が高い打者を置くのは野球の常識だからね。
これでやっと、1番と2番は小技ができる足が速い打者という昭和の野球から脱却できるよね!!


吉田正尚

しかし、吉田正も19試合で.317、5本、10打点と素晴らしい活躍をしているよね!!
個人的には、2番に小谷野か中島を置いて、3番吉田正、4番ロメロ、5番マレーロの方がいいと思うけどね。
しかし、少なくともチャンスに強い吉田正が1番を打つよりも2番の方がいいに決まっているからね。
メジャーリーグのカブスだって、ブライアントを2番に置いているくらいで、2番にいい打者を置くのは流行りだからね。

これからガンガン打ちまくって、来年はぜひ本塁打のタイトルを獲得して欲しいよね!!
頑張れ、吉田正!!


山岡泰輔

この日の山岡は、5.0回を4三振、0四球、6安打、1本塁打、自責点4で3点のリードを守り切れず、勝ち投手になれなかった…。
とはいえ、山岡の場合は、好投しても味方が打てずに勝ち投手になれなかった試合の方が多い。
だから、この試合だけで山岡のことを責められないだろう。
でも、この日は二死から打たれ過ぎたのは反省しなければいけないと思うよ。

勝ち投手になれなくて残念だったけど、10勝&防御率2点台を目指して頑張って欲しいよね!!
今月はシャーザーのオーセンティック・ユニフォームとか買ったので無理だけど、来月は山岡のハイクオリティ・ユニフォームを買おうと思っているんだよ!!
頑張れ、山岡!!


大山暁史

そして、この日の勝ち投手はプロ初勝利の大山だった!!
プロ初勝利、本当におめでとう!!
最初、大山を見たときは速球も140キロ台前半だし、変化球もあまり良くないと思ったんだけど、速球の空振り率が9.38%でスライダーも13.40%とまずまずだったんだね。
しかも、13.2回で18三振で、奪三振率11.85と素晴らしいのだ。

左の中継ぎは貴重だから、ぜひこれをキッカケにブレイクして欲しいよね!!
ナショナルズのオリバー・ペレスみたいな奪三振率が高いリリーフ投手になって欲しいと思う。


ヘルメン

8回途中からヘルメンが登板したけど、9回もイニング跨ぎでヘルメンが投げた。
最速152キロの速球とチェンジアップで1.1回を2三振、0四球、2安打、自責点0に抑えてNPB初セーブを挙げた。

やっぱり、黒木はクローザーに戻さないんだね…。
頑張っていたのに本当にかわいそうだよね。
打たれたのは黒木がクローザーに向いてないのではなくて、これまでの酷使で疲労がたまっていたからだと思うよ。
何とか立ち直って欲しいよね!!

それはそれとして、ヘルメンはNPB初セーブおめでとう!!
これからも頑張ってね!!


次の試合も勝ち運がない西だけど、今度こそ西が勝ち投手になりますように!!


青山愛183

【めぐたんの一言】
今日もロメロ選手の劇的な本塁打で勝負が決まりましたね!!
山岡投手は残念でしたが、これからも頑張って欲しいですね!!

1
FCバルセロナ079

ネイマールがパリSGへの移籍を決断した真の理由とは… (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170805-01642572-gekisaka-socc

まあ、そんなにパリ・サンジェルマンに行きたいなら行けばいいよ。
もう、移籍するから遠慮なく私の意見を書かせてもらうと伴星はどこまで行っても伴星だよ。
格が劣るチームに行ったところで主星にはなれないさ。
リオネル・メッシという輝ける星があったからこそネイマールも輝けたのに、スアレスと違ってそのことをわかってないところが残念だね。

確かにメッシの影に隠れて主役になれなかった面はあるだろう。
しかし、その反面、負けたときに批判の矢面に立つのもメッシで、デメリットだけではなくて、メリットもあったはずなんだよね。
しかも、そのメッシも加齢であと2~3年すれば衰えて、ネイマールが主役になれる時代が来るはずだった。
それなのに出て行くんだから、仕方がないよね。


ネイマールのPSG移籍が加速…? 練習中に同僚と喧嘩  フットボールチャンネル  ワンランク上のサッカーサイト
https://www.footballchannel.jp/2017/07/28/post223985/

私も最初はネイマールに残ってもらいたいと思ったけど、この事件があったからはもう出て行っていいと思ったね。
自分だってバルセロナに世話になっているのに、こういう後ろ足で砂をかけるようなことをするんだからなぁ。
仮にこれでチームに残ったら、不協和音の原因になるからね。

まあ、約290億も移籍金も発生するんだから、CLとかで活躍できなかったら相当叩かれると思うよ。
地球に大型の隕石が衝突することが少ないのは、隕石が地球に衝突する前に木星の重力に捕まり、木星に衝突するからだ。
今までメッシという存在のおかげで叩かれることがなかったネイマールがサポーターから罵声を浴びる可能性があるということだね。
そして、バルセロナと試合して負けようものなら、バルセロナのサポーターからも嘲笑されることもお忘れなく。


FCバルセロナ061

私は、正直にいうとメッシが好きなだけなんだよ。
メッシがいるからバルセロナを応援しているので、そのメッシがいるからバルセロナは嫌だという選手は必要じゃないね。
ネイマールが退団するから正直にいうけど、私はあまりネイマールが好きじゃなかったんだよね。
チームメイトなので応援していただけで、スアレスやラキティッチ、マスチェラーノみたいに好きな選手ではなかったんだよ。

ブラジル人はライバルのアルゼンチン人であるメッシにネイマールが「召使い」として使われることが気に入らなかったしい。
ネイマール自身も心の中ではそう思っていたのかもね。

私はバルセロナにはメッシを盛り立ててくれる選手が入団してくれるといいなと思っているよ。
だって、私にとってのバルセロナはメッシのチームなんだからね。


私は、バルセロナがレアル・マドリーに打ち勝って三冠を獲得し、クリスティアーノ・ロナウドに打ち勝ってバロンドールを獲得できればいいだけなんだよ。
それ以外のことは重要ではないので、それを支えてくれる選手がいてくれればいいと思うだけだからね。


パウロ・ディバラ

アンヘル・ディ・マリア

ネイマール代役を探すバルサ。ディバラ獲得のためMF2人をユーベに譲渡も? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170805-00225105-footballc-socc

まあ、ネイマールの移籍は決まったことなのでいいとしても、代わりの誰を獲得するのかは問題だね。
290億円もあるので、お金の心配はしなくていいけどさ(笑)

まず、FWはディバラがいいよね!!
メッシ二世と呼ばれているくらいの才能があるし、イケメンなのが最高だね!!
アルゼンチン人なのも最高だね!!
メッシといい関係を築けそうだからね!!

そして、MFはディ・マリアがいいな。
アルゼンチン代表で見せたようにメッシとの連携も最高だし、ディバラと同じくアルゼンチン人だしね。
でも、「PSGは放出に応じず」ってどういうことなんだよ。
自分たちはネイマールを引き抜いておいて、それはないよね。

ここがサッカーの契約のわかりにくいところだけど、移籍金さえ払えば誰でも引き抜ける訳じゃないの?
「放出に応じない」が通用するならネイマールのときもそうすればよかったんじゃないの?
私は、少なくともヴェラッティかディ・マリアか1人はパリ・サンジェルマンから引き抜いて、戦力ダウンさせるべきだと思うけどね。


バルサ、ネイマール後継者に20歳FWデンベレを指名? 移籍金は130億円超か  サッカーキング
https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20170805/622064.html

でも、私の希望とは別にドルトムントのデンベレを獲得する話が進んでいるみたいだね。
しかし、仮に獲得できたとしても、開幕まで近いので、チームに合流して連携を深める時間はないよね。


青山愛182

【めぐたんの一言】
これで本当にネイマール選手が移籍してしまいましたね…。
しかし、バルセロナには我らがリオネル・メッシ選手が健在です!!
290億円を有効に使って、FWに偏ったチームをもっとバランスのいいチームに再編するチャンスでもあります。
ぜひ、頑張って欲しいですね!!

4
京都サンガ040

http://www.sanga-fc.jp/games/result/2017080511/

最後まで諦めないということがどれだけ大事が思い知らされた試合だったね。
ケヴィン・オリスのヘディングが後半49分に決まったときは涙が出そうになった!!
プレーオフ出場圏内まで勝ち点の差が5しかなく、5位の横浜FCから14位のサンガまでがこの勝ち点差5の中にひしめき合っているまれに見る激戦だ。
こんな中で負けていたら、勝ち点の差以上にショックが大きかっただろうね。

それにしてもファジアーノのパク・ヒョンジンのFKは本当に上手かったね!!
壁を見事に超えて、あのコースに蹴られてしまうとさすがの菅野でも取れないよね。
あのFKは敵味方を超えて拍手をしたいと思ったね。

このFKも前半13分でまだ逆転できる時間は残されていた。
だから、私も焦りはなかった。
3年前はファジアーノ相手にアディショナルタイムで逆転したこともあったからね。
あのときの大黒は鬼神のような働きだったよね!!


しかし、ファジアーノの守りは固く、なかなか点が入らない。
時間がなくなるにつれて、せめて1点だけでも取って、勝ち点1だけでも確保しておきたいと思っていた。
そんなときに、後半16分に大黒と交代したケヴィン・オリスがアディショナルタイムにヘディングで決めたのだった!!
正に起死回生の一発だった!!
やはり、この試合はサンガの選手たちと勝ちたかったのが本音だけど、負けなくて本当に良かったよ!!


京都サンガ041

そして、第26節の順位表だ。
グランパス、山雅、モンテディオとつい最近までJ1だったチームが3チームもある。
勝て点差は5だけど、サンガの道のりはすごく険しいといわざるを得ない。

でも、最後まで諦めないで頑張って欲しいと思う。
闘莉王のリーダーシップと岩崎の若さに期待するよ!!
頑張れ、サンガ!!


青山愛181

【めぐたんの一言】
最後の最後でサンガは1点を入れて、プレーオフ争いに踏みとどまりましたね。
連勝は止まってしまいましたけど、不敗試合は4で続いています。
ここから最後のスパートでプレーオフ目指して頑張って欲しいですね!!
頑張れ、サンガ!!

このページのトップヘ