Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、フィル・ヒューズ、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、吉沢明歩ちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

5
オリックス008

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017061901/stats

今日は、あれこれしていたら、時間がないので簡潔に書くよ。
私はパ・リーグTVなので、この試合の中継が観れなかったんだけど、観ていたら本当に面白かっただろうね!!
私が会社に着いて、一段落して途中経過を見てみたら、0-4でオリックスが負けていた。
詳細を見てみたら、エラーで金子が崩れたようだった。

私もエースが崩れて、しかも4点差なら今日は負けたと思ったので、それから仕事に専念した。
仕事が一段落して、途中経過を見てみると仰天してしまった!!
何とオリックスが5-4で逆転していたのだ!!
これには私も驚いて、スポナビで詳細を見ようとしてパソコンをいじっていた手が震えたね!!

オリックスは7回に小谷野の3号3ランで3‐4と1点差として、8回には一死一塁からロメロが11号2ランで5‐4と逆転しているみたいだった!!
私も長年野球を見ているけど、ロメロの勝負強さはデストラーデを超えているんじゃないだろうか?
1点のリードでで心もとないので、追加点が欲しいと思っていたら、二死一三塁から伊藤と西野の連続タイムリーで7‐4となった。


7回から黒木が登板していたけど、8回も黒木が続投した。
確かに黒木は素晴らしい投手なので、使いたくなるのはわかるけど、ちょっと酷使し過ぎるんじゃないの?
こんなハードに使っていたら、黒木は故障してしまうよ!!
私としては、黒木は今季は中継ぎでいいとしても、将来的にはこの圧倒的な速球を武器にして、オリックスのエースになって欲しいと思っているのだ。
だから、故障を招くような酷使は避けて欲しいのだ。

オリックスが8回に二死一三塁となったところで平野が登板した。
このピンチを平野が抑えてくれたのが大きかった。
さらに平野が9回も抑えて、オリックスが連敗を6で止めたのだった。


この試合からやっと福良監督も武田を1番にして、T-岡田を5番にしてくれたよね。
私としては、


(中)武田
(一)中島
(三)小谷野
(右)ロメロ
(左)T-岡田


でいいと思っていたんだけど、2ちゃんねるで同じことを書いている人がいたね。
下位の打順は違ってたけど、この際、下位はどうでもいいんだよ!!
1番から5番までのこの打順が大事なんだよ!!
特に中島2番は考え付く人が少ないと思うので、同じことを思っててくれて、本当に嬉しかったよ!!

T-岡田をクリーンアップから外しておいて、安達が3番とかあり得ないからね。
やっぱり、安達は8番か9番でいいんだよ。


オリックス009

話しが逸れたけど、ロメロは本当に最高の選手だね!!
私はこんね打者がいるのならオリックスはもっと上に行けると思うんだよ!!
他の選手もロメロを見習って、頑張って欲しいよね!!


青山愛159

【めぐたんの一言】
小谷野選手とロメロ選手の本塁打でオリックスが見事な勝利を飾りましたね!!
やっと連敗を止めることができたので、ぜひこれから連敗を取り返せるように連勝して欲しいですね!!
頑張れ、オリックス!!

2
ジョー・ロス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_18_wasmlb_nynmlb_1&mode=classic

きのう、メッツに3連勝した時点でメッツをスイープしたいという欲が出てきたけど、メッツもそうそう甘くはなかった。
ロスは6.0回を4三振、1四球、9安打、1本塁打、自責点2だった。
マーフィーとレンドンに守りのミスが出て、同情すべき面もあったし、予想よりはいい投球だったと思う。

シンカーの最速は94.6マイル、平均が92.8マイルと球速は出てきた。
好成績を残した2015年には最速97.73マイル、平均93.73マイルだったので、それでもまだ完全回復には程遠い。
そして、今日のシンカーの空振り率は1.8%と極端に低かった。
今季のシンカーの空振り率はわずか3.38%であり、被打率も.390と極端に高い。
今季の不調の原因はシンカーにあるのは明白だ。

今日はスライダーの空振り率は27.3%、チェンジアップも23.1%と良かった。
しかし、この変化球の良さを活かせてないのが実情だね。


マット・グレース

今日もグレースが1点を奪われた。
たまにはブルペンが無失点の試合が見たいよね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=18&year=2017&game=gid_2017_06_18_wasmlb_nynmlb_1%2F&pitchSel=605452&prevGame=gid_2017_06_18_wasmlb_nynmlb_1%2F&prevDate=618&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491144


ジマーマン2

今日は、打線がわずか4安打に抑えられ、初回にジマーマンの犠牲フライで1点を取るのが精一杯だった。
まあ、今日の負けは仕方がないので、明日からまた頑張って欲しいと思う。


s-ジェイコブ・デグロム

ノア・シンダーガード
 9試合 2勝4敗 防御率3.60 50.0回 59三振 16四球 42安打 4本塁打 自責点20

ジェイコブ・デグロム
 10試合 4勝3敗 防御率2.95 61.0回 73三振 19四球 49安打 6本塁打 自責点20

マット・ハービー
 14試合 3勝6敗 防御率2.99 84.1回 84三振 24四球 71安打 8本塁打 自責点28

ザック・ウィーラー
 10試合 2勝7敗 防御率4.84 57.2回 51三振 23四球 60安打 7本塁打 自責点31

スティーブン・マッツ
 3試合 1勝2敗 防御率2.86 22.0回 16三振 5四球 18安打 4本塁打 自責点7



上記はメッツの先発投手のナショナルズ戦の成績だ。
今日は、デグロムに負けたとはいえ、ナショナルズはメッツの先発投手に対して好成績を残している。
負け越しているのはデグロムのみで、それもナショナルズから見れば3勝4敗に過ぎない。
これらの投手に対して、22勝12敗、勝率.647、防御率3.47と完全に攻略できているナショナルズの打線は素晴らしいよね!!
そして、メッツの打線を相手にして失点を許さないナショナルズの投手陣の働きも大きい!!

今日は負けてしまったけど、今季もメッツ戦は7勝3敗と大きく勝ち越している。
ぜひ、これからもこの調子で頑張って欲しいと思う。


今日はメッツとブレーブスが勝って、2チームが同率2位で並んでいる。
ナショナルズと2位のメッツ&ブレーブスとのゲーム差は10.5だ。


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場で1打数0安打だった。
これでイチローの連続安打も途絶えた。
まあ、代打で1打席しかないから仕方がないよね。
今季の成績は、.224、2本、7打点となっている。

明日からまた気持ち切り替えて頑張って欲しいと思う。
頑張れ、イチロー!!


ダルビッシュ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_18_seamlb_texmlb_1&mode=classic

今日、ダルビッシュが5.0回を6三振、1四球、8安打、1本塁打、自責点5で負け投手となった。
ダルビッシュはこれでメジャーリーグ通算52勝35敗、勝率.598、防御率3.29となった。
勝率も6割を切った。

以前、ダルビッシュがテレビでストラスバーグの投球を見て、「あいたたた、肘が痛くなる投げ方やな」といって、正しいフォームはこうなんだと解説を始めたときから私はダルビッシュのことが好きではない。
まあ、自分でどう思うかは自由だけど、いくら日本の放送でアメリカ人は見ないとはいえ、公共の電波で他の選手のことをあれこれいうのは他の選手に対して敬意がないと思ったからだ。
しかも、「正しいフォームは…」なんて解説していた自分も肘を故障してトミー・ジョン手術をしているんだから世話ないよね。

筋トレをしてパワーアップを目指していたけど、それに対してイチローは人間は自分の体に適した筋肉量があるといって批判的だった。
だから、私もダルビッシュの肉体改造に注目していたのだ。

私は、通算奪三振率11.08を誇るダルビッシュが今季は奪三振率9.48に落ちている点に注目していた。
その一方で、故障前の2014年には平均93.37マイルあった4シームが今季は94.64マイルまで上昇している。
ここで、故障前と現在の空振り率の変化を見てみよう。


4シーム6.37%→9.51%
シンカー6.05%→5.31%
チェンジアップ16.13%→18.52%
スライダー21.36%→13.12%
カーブ17.55%→16.36%
カッター15.66%→18.42%
スプリッター19.67%→18.18%
スローカーブ12.26%→16.00%



4シームの空振り率が上昇した半面、伝家の宝刀のスライダーの空振り率が大幅に低下しているのがわかる。
変化球に占める割合がもっとも多いスライダーの空振り率の低下が今季の奪三振率の低下の最大の原因だろう。
筋トレしたら球速がアップして、優れた変化球に100マイル近い速球が加わってさらにレベルアップという風に簡単な足し算にはならないんだろうね。
やっぱり、イチローがいってたことって奥が深いんだと今さらながら思うよね。


とはいえ、NPBで通算93勝38敗、勝率.710、防御率1.99という驚異的な成績を残したダルビッシュは私が見た日本人最高の投手であることは間違いがない。
その圧倒的な投手でさえ、メジャーリーグではサイ・ヤング賞や最多勝、最優秀防御率には手が届かないのだから、メジャーリーグのレベルの高さがわかるというものだね。


滝川クリステル407

【クリ様の一言】
さすがに今日のマッチアップでは勝てないですよね。
とはいえ、メッツ相手に3勝1敗は90点を与えてもいいのではないでしょうか?
ロス投手も次は勝って欲しいですね!!

4
スティーブン・ストラスバーグ4

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_17_wasmlb_nynmlb_1&mode=classic

メッツ4連戦で3勝できるかどうかも今日のストラスバーグ次第だった。
ここでストラスバーグに好投してもらって、メッツ4連戦を勝ち越したかった。
そして、防御率が3.27になっていたので、今日は7.0回を自責点0、悪くても自責点1に抑えて、防御率2点台回復への足掛かりにしたかった。

ところが、そのストラスバーグが良くない。
前回の自責点6のときは、打たれた打球がたまたま本塁打になって、運が悪かったという見方もできた。
4シームの空振り率は7.0%、チェンジアップが42.1%、スライダーが20.0%、カーブが24.2%といい球を投げていたからだ。
強いていえば、4シームのストライク率が62.8%と良くなかったくらいだ。

しかし、今回は4シームの空振り率は3.8%、チェンジアップが29.4%、スライダーが0.0%、カーブが15.4%とチェンジアップ以外は大幅に劣化していた。
前回よりも今回の方がはるかに内容は良くなかった。

4シームを散々ファウルにされているのに、さらに4シームを続けて球数を増やしていたところに今回の投球の苦しさを感じたよね。
今日は、それほどまでに変化球に自信がなかったという証拠だからね。

今日は打線が頑張って何とか勝ち投手にしてくれたので、ぜひ今後はストラスバーグがしっかり投げて、チームを引っ張って欲しいよね。
今日の投球で、防御率も3.28まで悪化してしまったので、3試合連続7.0回を自責点1の投球をして欲しいと思う。
それだけやって、やっと防御率も2.90になるからね。

今季こそは、ぜひ20勝&防御率2点台を達成して、シャーザーとツインタワーを形成して欲しいと思う。
シャーザーが素晴らしい投球をしているので、ぜひ負けないように頑張って欲しいよね!!


ジョー・ブラントン

今日はブラントンが打たれた。
ナショナルズのブルペンはあえて打たれて試合を盛り上げる使命を帯びているのか?
本当に継投するとなると心臓の鼓動が止まらないよね。
本当に私が長年野球を見てきた中で最悪のブルペンだわ。


エニー・ロメロ

最後はロメロが頑張ってくれた。
いつもイニングまたぎさせてかわいそうと思うけど、来年、先発できるように長いイニングを投げられるための訓練をしていると思って頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=17&year=2017&game=gid_2017_06_17_wasmlb_nynmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2017_06_17_wasmlb_nynmlb_1%2F&prevDate=617&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491129


トレイ・ターナー

打線は、初回にターナーの7号ソロで先制した!!
2回はロバトンの2号ソロ、3回はマーフィーのタイムリー、4回はメッツのエラーで得点を重ね、4‐0となった。


アダム・リンド

4‐2と詰め寄られたけど、8回に貴重なリンドの6号2ランが出た!!
これがなければ絶対に負けていたと思う。
本当に貴重な2ランだったよね!!
9回もレンドンのタイムリーが出て、結局、7-4でナショナルズが勝った!!


これでメッツ4連戦で3勝で勝ち越しが確定した。
3勝1敗なら充分合格点だけど、せっかくここまで来たならスイープしたいよね!!
というか、今季のナショナルズはシティ・フィールドで6戦全勝なんだよね。
いい換えれば、メッツのファンは本拠地でナショナルズに勝ったのを見たことがないということだ。
メッツ・ファンは本当に頭に来ているだろうなぁ。

今日は2位のマーリンズも負けているので、2位マーリンズとのゲーム差は11.0、3位メッツとの差は11.5となった。
この調子で頑張れ、ナショナルズ!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場で1打数1安打1打点1得点だった。
今季の成績は、.226、2本、7打点となっている。
これでイチローも6試合連続安打だ!!

基本的には代打で1打席しかない中での連続安打は素晴らしいよね!!
マーリンズは外野の層が厚いのでイチローのスタメンは難しいけど、代打でコツコツ頑張って欲しいよね!!
3,000本安打を達成してメジャーリーグの殿堂入りも確実なイチローがこうして代打で文句ひとつもいわずに野球を続けているところに素晴らしさを感じるよ!!
私もイチローと会って話をしたときに、まさかメジャーリーグに移籍して、43歳までプレーし続けるなんて夢にも思わなかったよ。

それでもいつか引退するんだろうけど、その日まで力の限り頑張って欲しいよね!!
ファンはイチローのことを誇りに思っているよ!!


田中将大

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_17_nyamlb_oakmlb_1&mode=classic

今日の田中は、4.0回を10三振、1四球、8安打、3本塁打、自責点5だった。
今季の成績も5勝7敗、防御率6.34だ。
やっぱり、メジャーリーグで1球も投げてないという点ではマイナーリーガーと同様の投手にヤンキースも気前良く年俸2,200~2,500万ドルの7年契約を提示するのが間違いだったと思うよ。

球速のなさに注目が集まるけど、去年の田中の4シームの平均球速は92.01マイル、シンカーが90.37マイルであったのに対し、今年は4シームの平均球速は92.76マイル、シンカーが91.44マイルと上がっているのである。
2016年の各球種と2017年の各球種の空振り率を比較してみよう。


4シーム5.45%→3.75%
シンカー4.69%→4.63%
スライダー17.29%→22.06%
カーブ5.81%→0.00%
カッター11.35%→5.31%
スプリッター17.62%→23.81%



これを被打率で見てみると


4シーム.291→.471
シンカー.269→.358
スライダー.239→.207
カーブ.280→.167
カッター.309→.393
スプリッター.166→.243



元々通用してなかった4シームやシンカーがさらに劣化し、目も当てられないほどの惨状になっているのがわかる。
伝家の宝刀のスプリッターも23.81%の空振り率を誇る一方で、被打率も.243とかなり打たれやすくなったのがわかる。
要するに通用する球がなくなってきているのだ。
しかも、良かったコマンドも劣化し始め、甘いコースの球が多くなってきたことも被本塁打激増の原因となっている。

今季、田中は残りの契約を破棄して、FAになる権利があるけど、とても契約を破棄できる状態ではないだろう。
ヤンキースも田中が契約を破棄した場合は再契約しないといっているみたいだ。
しかし、権利を行使しないとなるととてつもない不良債権と化す恐れがあるね。

しかし、本塁打配球王を名乗るのはまだ早い!!
田中は1試合平均2.47本しか本塁打を打たれてないけど、ケリーは4.50本だからね!!
ケリーがカイオウなら、田中はまだ名もなき修羅レベルだよ(笑)
もっとも、名もなき修羅はかなり強かったんだけどさ(笑)


ヤンキースも一時はすさまじい勢いだったけど、最近は5連敗と失速してきたみたいだね。
田中に足を引っ張られているといえる状態でもなくなってきた。
私が思うに野手だとカストロとかグレコリアスとかヒックスとかあからさまに出来過ぎだと思うし、投手でもサバシアとかモンゴメリーとか出来過ぎと思うよ。
私は、今後、上記の選手たちが大きく成績を落として、ヤンキースも勝率を大きく下げてくると思っているけどね。


滝川クリステル406

【クリ様の一言】
今日のストラスバーグ投手は、今一つでしたが、8勝目を挙げることができて本当に良かったですね!!
野手に助けてもらった分、今度は野手を助けられるような投球をして欲しいですね!!

1
松葉貴大

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017061703/stats

パ・リーグTVってパ・リーグの全試合が観れるのかと思っていたら、交流戦のセ・リーグ主催の試合で、ヤクルト、DeNA、中日、広島が主催の試合は観れないんだね。
結構ショックだね…。

さて、きのうの試合は見ての通り。
松葉は、データを見ていたら先発の能力があるのか疑問だったけど、それが露呈した感じだね。
5.1回を2三振、1四球、6安打、1本塁打、自責点4だった。
私が思うに速球が140キロ前後と非力過ぎるのだ。

かといって、絶対的な変化球もないために三振が奪えず、簡単にバットに当てられてしまう。
だから被安打が多くなって、防御率も悪くなってしまうのだ。


近藤は0.1回を0三振、2四球、3安打、1本塁打、自責点5だった。
近藤がこんなに悪かったのは恐らく疲れのためだろう。
ここ7試合で5試合も登板していたからね。
これは黒木も同じなんだけど、勝ちの展開でも負けの展開でもこの2人は登板するので、こんな使い方をしたら投手は壊れてしまうよ。
福良監督は、もうちょっと、勝ちパターンと負けパターンで投手起用を変えて行くべきじゃないの?


せっかく7連勝して、借金完済まであと一歩まで来たけど、この6連敗で全てを吐き出してしまった。
やっぱり、連敗の原因は打線じゃないかと思うよ。
この試合はともかく、それ以外の試合は途中までは接戦で、最後に投手陣が力尽きたというパターンが多い。
チャンスに1本でもタイムリーが出ていれば違っていたと思うよ。

この試合では安達はスタメン落ちしていたけど、6連敗中の1試合目から5試合目の5試合で、安達は2試合で2番、3試合で3番に起用された。
この間の安達は17打数3安打だ。
2番や3番が打率.176で打線がつながる訳がない。

この間に6番や7番で起用されたT-岡田は.278だよ。
本塁打も打ってるしね。
何でこういう打者を6番や7番に置いて、わざわざ非力な安達を2番や3番に起用するのか意味がわからない。
もちろん、T-岡田がチャンスに弱いのは知っているけど、こういう起用をするからチャンスで打たないといけないと意識過剰になって打てなくなるんじゃないの?


だから、もっと打てる打者を上位に持ってくれば、打線がつながって勝てるんじゃないかと思うよ。
私は、福良監督の現役時代を知っているので、応援したい気持ちがある。
でも、ここまで柔軟性のない硬直化した采配しかできないなら、監督としての能力に疑問を感じるよね。
いかにも下位を打つような打者を1番から3番に置くよりも、1番武田、2番中島、3番小谷野、4番ロメロ、5番T-岡田でいいと思うけどね。

福良監督には福良監督の野球があるんだろうけど、ほとんどの野球ファンが安達の3番を始めとする打順の組み方をおかしいと感じているだろう。
福良監督としては、安達や駿太を一流の選手として育て上げて、チームの軸にしたいという理想があるのかもしれない。
ただ、チームはその理想に押し潰されようとしているのも事実だ。


それにオリックスは、足が速い選手が好きらしいけど、その割には盗塁が多くない。
理由は簡単で、そういう選手が打率も出塁率も低いからだ。
そして、そういう選手は得てして非力で長打力がない。
だから、本塁打も少ない。

イチローの夢を再びと思って、駿太みたいな選手にイチローの幻影を追い求めているのかもしれないね。
しかし、そのイチローだってドラフト4位なのだ。
ドラフト1位で獲得する野手はもっと長打力がある選手を指名した方がいいよ。
イチローみたいな特殊な成功例を追い求めるのではなくて、もっと王道のしっかりしたクリーンアップを作る野球を目指した方がいいと思う。


次くらいは山岡が好投して、オリックスが連敗脱出する姿が見たいと思う。
頑張れ、オリックス!!


青山愛159

【めぐたんの一言】
せっかく7連勝したのに、6連敗したのでは、7連勝したのも調子が最悪だったヤクルトや巨人が相手だったからと思われても仕方がないですよね。
打順にしてももっと合理的な打順を組むべきだと思います。
期待値などで打順を組むのではなくて、もっと勝てる野球をするべきだと思いますよ。

5
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_16_wasmlb_nynmlb_1&mode=classic

メッツとの首位攻防戦に勝ち越すためには、今日は絶対に勝たなければならない試合だった。
しかし、そんなプレッシャーを力に変えるのが我らがエース、マックス・シャーザーだ!!
今日も圧倒的な投球を見せ、8.0回を10三振、2四球、4安打、1本塁打、自責点1の素晴らしい投球だった。
これでシャーザーは5試合連続2ケタ奪三振で、今季は14試合で8回目の2ケタ奪三振になる。

今季、33試合に投げるとしたら、19勝、316三振、防御率2.25のペースだ。
この調子を維持すれば、悲願の20勝、300三振、防御率1点台に手が届く。
今年は、ぜひカーショウを倒してサイ・ヤング賞を獲得してもらいたいよね!!

今日のシャーザーは、4シームが素晴らしかった!!
今季のシャーザーの4シームは、平均94.64マイル、横-6.47インチ、縦8.26インチの変化だ。
しかし、今日は最速98.2マイル、平均96.1マイルと非常に球速があり、横-7.43インチ、縦10.02インチと変化も大きかった。
特に縦の変化が大きく、鋭いバックスピンがかかった4シームは正にホップしてくるような印象を受けただろう。
4シームの空振り率は15.6%と驚異的だった!!

スライダーも空振り率19.4%と高く、4シームで高めを攻め、同じ軌道からスライダーを落とすという投球が見事にハマっていた。
チェンジアップの空振り率も13.3%とまずまずだ。
いつもなら見せ球として使うため、空振り率も高くないカーブも9.1%の空振り率だった。
ただ、レイエスに本塁打されたのはカーブだったので、これは悔やまれるよね。
この本塁打さえなければ、防御率2.19となって、カーショウを抜いてナショナル・リーグの1位になっていたからね。

シャーザーは、118球投げて84球がストライクで、ストライク率は71.2%だった。
無駄なボール球を使わないため、5試合連続2ケタ奪三振の間も8.2回、9回、7回、7.1回、8回と長いイニングを投げている。
シャーザーは三振が多いので、球数が多くなりがちなのが欠点といわれていたけど、その欠点も完全に克服しているよね!!

シャーザーは、普段は93~94マイルの4シームで打者を打ち取って、体力を温存し、ピンチのときだけ96~97マイルの4シームを使うので、長いイニングを投げることができるのだ。
ストラスバーグもシャーザーという素晴らしい教材から学び、シャーザーと同じような成績を残せるように頑張って欲しいよね!!


ショーン・ケリー

それにしてもケリーはまた本塁打を打たれていたね。
シャーザーも99.2回で12本と被本塁打が多いんだけど、ケリーは18.0回で9本なので、シャーザーと同じイニングを投げたら50本も本塁打を打たれるんだよ。
あり得ないだろ!!
私も長年野球を見ているけど、こんなに本塁打を打たれる投手は初めて見たよ…。



【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=16&year=2017&game=gid_2017_06_16_wasmlb_nynmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_06_16_wasmlb_nynmlb_1%2F&prevDate=616&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491114


マット・ウィータース

打線は、3回にウィータースの6号ソロとテイラーの8号ソロで2点を先制した。


レンドン2

6回は一死二塁からレンドンの12号2ランが出て4‐0となった。


ハーパー3

1点を返されて4‐1となったけど、9回にはハーパーとジマーマンのタイムリー、レンドンの押し出しで3点を追加し、最後は7‐2でナショナルズが勝った。
これでナショナルズはメッツとの直接対決で6勝2敗と大きく勝ち越している。


しかし、問題は明日だよね。
あさってはさすがに厳しいと思っているので、3勝1敗になるか2勝2敗で終わるかは明日次第なのだ。
ストラスバーグも前回は散々だったので、明日は8.0回を12三振、自責点0くらいの投球をして欲しいよね!!
頑張れ、ストラスバーグ!!


イチロー2

今日のイチローは、出番がなかった。
今季の成績は.217、2本、6打点となっている。
2日連続の休みになったので、休養も充分だろう。
明日からまたイチローが連続安打を続けますように!!
頑張れ、イチロー!!


メッツはナショナルズに連敗して、3位に転落した。
ナショナルズとメッツのゲーム差は10.5まで広がった。
今日はマーリンズが勝って2位に浮上し、ナショナルズとの差は10.0となっている。
ナショナルズには100勝してもらって、メジャーリーグ最高勝率で優勝してもらいたいので、ぜひこの調子で勝ちまくりますように!!


滝川クリステル405

【クリ様の一言】
今日はエースのシャーザー投手が素晴らしい投球を見せてくれましたね!!
今季は、ぜひカーショウ投手を倒して、「メジャーリーグ最高の右腕」から「メジャーリーグ最高の投手」になって欲しいですね!!
頑張れ、シャーザー投手!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_15_wasmlb_nynmlb_1&mode=classic

今日は、au行ってたり、郵便局に行ってたりしたので、試合を観ることができなかった。
auでスマホの通信量を増やしてもらったんだけど、「スマホ出して下さい」といわれて恥ずかしい思いをしてしまった。
私は、スマホの壁紙を橋本環奈ちゃんにしていたからだ。
環奈ちゃんはあんなにかわいいので、私も環奈ちゃんを壁紙にすることが多いんだけど、私もいい年なので、人に見られるのは恥ずかしいんだよね(笑)


tumblr_oi7ku7qQVr1u1r0yoo2_1280

でも、やっぱり環奈ちゃんはかわいいよね!!
私は環奈ちゃんと中学が一緒なんだよ。
環奈ちゃんが中学にいたときの教頭先生は私の担任だった先生なのだ。
ちなみに女優の水野美紀さんやソフトバンクの孫正義さんも同じ中学なんだよ。


話が脱線したけど、最近は嫌な形で負けが続いて、嫌な形でメッツとの首位攻防戦に入ってしまった。
まあ、ここでメッツにスイープされても首位から陥落することはないんだけど、負け越すとさらに嫌なムードが続くからね。
メッツも先発が万全の状態でそろえばメジャーリーグ屈指の投手陣なので、一挙に差を詰められる可能性もある。
だから、このシリーズでは悪くても2勝2敗、できれば3勝1敗で勝ち越したいところだ。

予告先発を見ると4戦目が不調のロスとデグロムなので、この試合は勝てない可能性が高い。
そう考えると、残りの3試合を全勝しないと3勝1敗にはならないのだ。
なので、ぜひ、今日の試合は勝ちたかった。


ここまでゴンザレスは、防御率こそ良かったけど、コントロールが悪く、四球が多かった。
球数が多くなるので、守りの時間が長くなって、攻撃のリズムも悪くさせて、得点も入りにくくなるし、早いイニングに降板するので、弱体なナショナルズのブルペンが勝ち星を消してしまうことも多くなる。
現状で勝ち星を増やすには、ゴンザレスが7回まで、できれば8回まで投げることが望ましい。

その点、今日のゴンザレスは理想的だった。
7.0回を5三振、0四球、5安打、1本塁打、自責点2で、課題だった四球が0なのがいいね。
106球中70球がストライクで、ストライク率66.0%とかなり良くなっている。
4シームの最速が93.3マイル、平均が92.1マイルと球速も上がって来たし、チェンジアップの空振り率が13.3%、カーブが20.7%と変化球の切れが戻ってきたのも大きい。
やっぱり、野球は投手力が大事だと感じた試合だったね!!


ジョー・ブラントン

しかし、ブラントンは相変わらずだね。
2シームも最速91.9マイル、平均91.2マイルと平凡で8球中1球しか空振りが取れないし、変化球の空振りは皆無だ。
今後、大幅に良くなることもなさそうな気がするね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=15&year=2017&game=gid_2017_06_15_wasmlb_nynmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_06_15_wasmlb_nynmlb_1%2F&prevDate=615&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491099


ハーパー3

打線は、初回、ハーパーの17号ソロで先制した!!
4回は二死二塁からゴンザレスのタイムリーで1点を追加した。

ダニエル・マーフィー

4回裏に1点を返されたけど、5回には一死一三塁からマーフィーの三塁打で2点を挙げた。
さらにレンドンのタイムリーやテイラーの7号2ランでこの回に5点を挙げて試合を決めた。
6回も無死一塁からグッドウィンのタイムリーで1点を追加した。

今日のマーフィーは5打数3安打2打点だった。
ライバルのメッツ戦では圧倒的な強さを誇るよね!!
マーフィーが移籍してくるまでは、ナショナルズは三流投手はボコボコにするけど、一流投手には手も足も出ないことが多かった。
しかし、好投手にも強いマーフィーが入ったことで、ナショナルズの打線は見違えるように良くなった。

しかも、ジマーマンにも的確なアドバイスをして、あのサッパリ打てなかったジマーマンを三冠王クラスの成績にしてしまうんだからね。
マーフィが入団したのはナショナルズのターニングポイントだったと思うよ。
ぜひ、これからも頑張って欲しいよね!!


ブライアン・グッドウィン

それから、最近はグッドウィンがいい働きをしているよね!!
今季も.277、4本、12打点となかなかの成績だ。

元々グッドウィンは評価が分かれる選手で、プロスペクトのときもオールスター級の選手になれるという意見と外野の控えが精一杯という意見があった。
私は、正直なところ後者の意見だった。
しかも、今季は昇格と同時に走塁ミスをしたり、守備でもミスしたりしていて、メジャーリーグで生き残っていくのも難しいのではないかとも思った。
しかし、そこから良くなり始めて、今やテイラーを抜いてワースの後釜の最有力候補になったのだ。

正直なところ、これは本当に予想外だったよ!!
スカスカといわれるナショナルズのマイナーだけど、ロブレスにしろ、ソトにしろ、キーブームにしろ野手は意外と育っているんだよね。
ロブレスは、1A+で.285、6本、21打点、11盗塁、ソトは1Aで.360、3本、14打点、1盗塁、キーブームは1Aで.333、6本、20打点、2盗塁だ。

放出したジオリートが3Aで2勝6敗、防御率4.86であり、63.0回で31四球と全くコントロールが改善されていないし、ロペスも3Aで5勝3敗、防御率3.82であり、66.0回で28四球と同様だ。
この2人はリゾーGMに才能を見限られたので、トレード価値があるうちに放出されたんだと思うよ。

この2人の移籍先のホワイトソックスも期待されていたモンカダがここに来て打率が急降下し、3Aで.271、7本、19打点、13盗塁となっている。
コペックも4勝3敗、防御率2.90ながら、ここ2試合でイニング以上の四球を出している。
62.0回で83三振を奪う一方で、40四球はあまりにも多すぎる。
オフの勝者といわれていたホワイトソックスだけど、今のところはその効果も見えてこないよね。


イチロー2

今日はマーリンズに試合はなかった。
イチローもゆっくり休んで、連続安打を6試合に伸ばして欲しいよね!!
頑張れ、イチロー!!

今日は2位のメッツに勝ったので、メッツとのゲーム差は9.5となった。
試合がなかった3位のマーリンズとのゲーム差は10.0となった。
このまま独走できるように頑張って欲しいよね!!


滝川クリステル404

【クリ様の一言】
ここ最近、負け続きで沈みがちだったチームがゴンザレス投手の好投で救われましたね!!
ゴンザレス投手は、ここまで防御率ほどは良くない投球でしたが、今日は素晴らしかったですね!!
明日は、ぜひエースのシャーザー投手で連勝を飾りたいですね!!

1
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_14_atlmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日はこんな試合だったし、夏風邪をひいてしんどいので簡潔に書こう。
ロアークがこんなに悪いとは思わなかった。
ロアークは、悪くないコースでも簡単に安打を打たれて、試合中に立て直すことができなかった。
今日は何をやってもダメな日だったのかもしれない。

ロアークは、今季、18勝、防御率2点台を達成して、カーショウやシャーザーに次ぐクラスの投手になって欲しかったけど、現状では難しいね。
18勝、防御率2点台も厳しくなってきたので、15勝、防御率3.80くらいが現実的な目標になるのかもしれない。
せっかく、シャーザーやストラスバーグと共にマダックス・グラビン・スモルツみたいなBIG3になって欲しいと思っていたのに、心から残念だ…。


今日はゴットも1.2回を2三振、2四球、5安打、自責点5と散々だった。
藁をもつかむ心境で、ナショナルズの崩壊したブルペンの救世主になって欲しいと思っていたけど、冷静に考えれば、3Aで防御率3.30の投手がメジャーリーグで打者を圧倒できる投球ができるはずもない。

トライネンもまた打たれた。
サンドバッグみたいに打たれ続けるナショナルズのブルペン。
最近、メジャーリーグを観るのが本当につらい…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=14&year=2017&game=gid_2017_06_14_atlmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_06_14_atlmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=614&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491076


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場で1打数1安打だった。
今季の成績は、.217、2本、6打点となっている。
これでイチローも5試合連続安打だ!!
調子も上がってきたみたいだね!!
これからも頑張れ、イチロー!!


今日は2位のメッツが勝ったので、ゲーム差は8.5、3位マーリンズも勝ったので、ゲーム差は9.5となっている。
まだ2位以下とゲーム差はあるけど、ちょっと心配になってきたね。


滝川クリステル403

【クリ様の一言】
今日も残念な試合でしたね…。
最近、私もメジャーリーグを観るのがつらいです。
明日はいいことがありますように!!

5
ジョー・ロス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_13_atlmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日は、あまりにも眠たかったので、夜勤中に会社でブログを書こうと思って寝た。
今日も負けるかと思ったので、勝って本当に良かったと思う。

ロスは前回は7.1回を12三振、0四球、4安打、自責点1という素晴らしい投球だった。
スライダーの空振り率が35.9%と素晴らしかったからだ。
ただ、私はこの日のスライダーが特別に切れていたこと、そしてオリオールズ打線の不調を考えるともうちょっと様子を見るべきだと思っていた。

すると案の定、今日は良くなかった。
前回良かったはずのスライダーが空振り率5.9%まで低下していた。
ルイーズに本塁打を打たれたスライダーも落ちきれなくて真ん中に入ってしまったスライダーだった。
ただ、シンカーの最速が94.0マイル、平均が92.5マイルと球速が回復してきたのは大きかったと思う。
少し時間がかかるかもしれないけど、気長にロスの回復を待つしかないね。


エニー・ロメロ

6回表で3‐5となり、今日も負けるかと思ったけど、その裏に5点取って逆転した。
すると7回からロメロが登板し、2.0回を4三振、1四球、1安打の素晴らしい投球を見せてくれた。
これから経験を積んで自信を付けると同時に変化球の質を磨いて欲しいよね。

今季でゴンザレスの契約が切れるので、退団となった場合は左の先発の確保が急務となる。
ロメロがいい変化球を身に付けて、最速101.95マイル、平均98.36マイルという圧倒的な球速でランディ・ジョンソンみたいな先発になって欲しいというのが私の願いだ。
現在、ロメロはチェンジアップの空振り率が33.33%、カーブが13.16%、カッターが12.00%だ。
いつも使っているサイトでは球種がカーブになっているけど、球の動きでいうとスライダーだね。
スライダー、またはカッターの空振り率が20.00%くらいになれば、先発でも使えるようになるんじゃないかと思うよ。


オリバー・ペレス

9回はケリーが登板したけど、すんなりと試合を終わらせることができず、最後はペレスが登板した。

今日はゴットが昇格していた。
ゴットは3Aで2勝0敗、防御率3.30なので格別優秀ではないけど、少しでも可能性がある投手に賭けるしかない。
トレードでクローザーを獲得するにしても、フェッドやソトでいいクローザーが獲得できるか疑問だ。
一流のクローザーを獲得しようとしたら、相手球団もナショナルズのブルペンの惨状を見て、ロブレス+αくらいは要求してくるのではないだろうか?
果たして、ナショナルズがハーパー退団後の後釜に据えるべきロブレスまで放出できるだろうか?
そう考えるとなかなかクローザー獲得のトレードも難しいのが現状だ。


ハーパー3

トレードついでに書いておくと、私は今季のオフにハーパーの長期契約をオファーして、ハーパーが拒否すればトレードに出すべきだと思っている。
ハーパーとしても今季は好成績を残せそうだし、いい条件で交渉できるだろう。
それでもナショナルズと長期契約できないのであれば、FAで逃げられるよりもトレードで放出して、プロスペクトをたくさん獲得すればいいのである。
あれだけいい選手ならクリス・セール以上にプロスペクトを獲得できるだろうからね。
そして、オフにFAで.270、20本くらいの外野手を獲得すればいいよ。

ハーパーの長期契約に成功すればいちばんだけど、総額5億ドルになるといわれる契約はリスクも大きいからね。
カージナルス時代のプホルスは、11年間で平均.328、40本、121打点の成績を挙げていた。
本塁打だけではなく、高打率を残すメジャーリーグ最高の打者だった。
それがエンゼルスと長期契約した途端に.266、29本、98打点になったことを思い出すといい。

ハーパーの方が若いからリスクが少ないという意見もあるかもしれないけど、若い分だけ期待値で年俸総額が吊り上がることも忘れるべきではない。
生え抜きのハーパーが残るのがいちばんだけど、残って欲しいと思うあまりに決断を先延ばしにしてしまい、結果としてFAで逃げられて見返りもほとんどない状態になるくらいなら、さっさと決断して、トレードで見返りを得た方がいいといっているのである。

ハーパーが抜けても.270、20本くらいの打者を獲得できれば、ナショナルズは依然としてメジャーリーグで平均以上の打線をキープできるし、余ったお金でクローザーや中継ぎを獲得することもできるのだ。
そして、マイナーも一挙に充実するだろう。
私がGMならそうするけどね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=13&year=2017&game=gid_2017_06_13_atlmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=605452&prevGame=gid_2017_06_13_atlmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=613&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491061


ジマーマン2

打線は、初回、一死三塁からハーパーのセカンドゴロで1点を先制した。
そして、復帰したジマーマンが18号ソロ、マーフィーが11号ソロで一挙に3点を奪った。

3‐5と逆転されたけど、6回裏にはハーパーのタイムリー、ジマーマンの19号ソロ、ウィータースのタイムリーなどで5点を奪い、8-5と再逆転した。
7回にマーフィーのタイムリー、8回にターナーのタイムリーが出て、10-5でナショナルズが勝った!!
今日は、ジマーマンとマーフィーが3安打と打ちまくっていた!!


イチロー2

今日のイチローは、代打で出場で1打数1安打だった。
今季の成績は、.207、2本、6打点となっている。
打率も2割を回復できて本当に良かったね!!
この調子でさらに打率を上げて欲しいと思う。
頑張れ、イチロー!!


今日はメッツが3-14で大敗し、マーリンズが勝った。
2位メッツとの差は9.5、3位マーリンズとの差は10.5となった。
4連敗はショックだったけど、これから勝ちまくってメジャーリーグ勝率1位で地区優勝して、世界一を目指して欲しいと思う。
頑張れ、ナショナルズ!!


滝川クリステル402

【クリ様の一言】
今日は見事な逆転勝利でしたね!!
ロス投手は心配ですが、これから何とか立ち直って欲しいですね!!

1
金子千尋

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017061306/stats

起きてみたら、スコアは0‐0だった。
今日からセ・リーグ首位の広島が相手なので、交流戦優勝を目指すためにもぜひ勝ち越したいところだった。
会社に着くとスコアを見る暇もないくらい仕事が忙しくて、一段落して、パ・リーグTVを観ようと思ったら試合が終わっていた。
オリックスが0‐1で負けていた。
広島の先発の薮田に8.0回を11三振、2四球、3安打、自責点0に抑えられ、手も足も出なかったようだ。

まあ、これだけ打てなければどうしようもなかったんだろうけど、せめて1番西野、2番安達はやめて欲しかったよね。
西野は出塁率が.330、安達は.327、武田は.328とほとんど同じだけど、打率は西野が.238、安達が.214、武田が.303だ。

安打で出塁しても四球で出塁しても同じという考えもあるけど、三塁に走者がいたら、安打なら1点入るけど、四球なら1点も入らなんだよね。
だから、打順の上位には点が入るように打率が高い選手を置くべきなんだよ。
何で打率が低い西野や安達を1番、2番にするのか意味不明だわ。
西野や安達は下位を打たせておけばいいんじゃないかと思うけどね。
西野とか安達を1番、2番にしていたら点も取れないし、勝てる試合も勝てなくなると思うよ。


ところで、日曜日にかさいあみちゃんのイベントにオリックスの帽子とオリックスのTシャツで参加していたら、「バファローズ・ファンですね」といわれた。
私は、「バファローズ・ファン」と呼ばれることにすごく違和感を感じた。
私は近鉄ファンではないからだ。

私は阪急の頃からファンだったけど、「阪急一筋」ともいえないし、「ブレーブス一筋」でも、「ブルーウェーブ一筋」でもない。
ましてや「バファローズ一筋」でもない。
私は、合併のときはプロ野球を見てなかったので、自分のことを「バファローズ・ファン」と呼ばれたことがなかったのだ。
そうやって考えると阪急の頃からのファンって自分たちを何と呼んでいいのかわからなくなるよね。
少なくとも私は近鉄ファンではなく、よって「バファローズ・ファン」ではないから、「オリックス・ファン」を自称しているんだけどね。


そういえば、先日、2年くらい通っているラーメン屋で、「私は元オリックス・ファンだったから懐かしくなって、またオリックスを応援することにした」といったら、「オリックスは弱い」とか「オリックスは嫌いだ」とか抜かして、延々とオリックス批判をされたんだよ。

これだからソフトバンク・ファンは反吐が出るくらい嫌いなんだよ!!
ソフトバンクが強いのは知ってるよ。
でもさ、オリックスを応援しているんだという人の前で「オリックスが弱いから」とか「オリックスは嫌いだ」とかそののチームのファンに対して敬意がなさ過ぎじゃないの?
自分たちが好きなチームが強かったら、他のファンに何をいってもいいのかい?
ソフトバンクのファンってこういう人が本当に多いんだよ。

私は、西武ファンや巨人ファンにこんなことをいわれたことがないよ。
自分たちの方が強いと思うのは自由だけど、少なくともよそのファンと話をするときは最低限の敬意が必要なんじゃないの?
それができないから、ソフトバンク・ファンが嫌いなんだよね。
まあ、私もラーメン屋でお金払ってまでオリックス批判を聞きたくないので、もうこのラーメン屋には二度と行かないけどね。


しかし、オリックスもせっかくあと1勝で5割復帰まで来たのに、そこから2連敗とはね…。
本当に強いチームならあと一歩を難なく達成できるんだろうけど、そうじゃないチームはあと一歩が果てしなく遠いんだろうね。
本当にため息が出てしまうよね…。
次は勝ちますように!!


青山愛158

【めぐたんの一言】
金子投手が素晴らしい投球をしていたたので、ぜひ勝ち投手にしてあげたかったですね…。
打線はもっと頑張って欲しいですね!!

1
スティーブン・ストラスバーグ4

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_06_12_atlmlb_wasmlb_1&mode=classic

今日はもう見ての通り。
もう、今日は書く気力がないから勘弁して欲しい。
何、このクソブルペンは!!
いつもいつもフザけるな!!

私も長年野球を見ているけど、ここまでひどいブルペンは見たことがないよ。
最低最悪のブルペンだわ。
今日という今日は堪忍袋の緒が切れたわ!!
7回以降に逆転されて負けたのは今季はもう7回目だぞ!!

メジャーリーグの投手なんでしょ?
プロなんだから、少しはここを修正しました、あそこが良くなりましたというのを見せてくれよ!!
毎回、毎回、何度も、何度も、何回失敗したら気が済むんだよ!!
どいつもこいつも本当に!!
もう、ウンザリやわ!!

オリックスの平野がどれだけ偉いかよくわかったわ。
平野は走者を出しつつも抑えるからね。
それに比べてナショナルズのブルペンは…。
メジャーリーグの投手とは思えないくらい打たれるよね。


ストラスバーグもいい加減にしろよ!!
連敗が続いているんだし、高い年俸をもらっているんだから、こんな試合くらいしっかり投げろよ!!
初回に3点も先制されて、せっかく打線が逆転してくれたのに6点も取られて再逆転されるとはね。


今日は、すいませんが、この記事にコメントしないで下さい。
TwitterもFacebookもコメントしないで下さい。
これ以上、この試合のことを語りたくないので。
恐縮ですが、よろしくお願いします!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=6&day=12&year=2017&game=gid_2017_06_12_atlmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2017_06_12_atlmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=612&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=491051


滝川クリステル401

【クリ様の一言】
最低の試合ですね!!
もう、このブルペンにはウンザリしました!!

このページのトップヘ