Nationals Nation

マックス・シャーザー、スティーブン・ストラスバーグ、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、マイケル・コペック、イチロー、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、鈴村あいりちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、戸田真琴ちゃん、波多野結衣ちゃん、かさいあみちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_15_anamlb_wasmlb_1&mode=classic

今日のゴンザレスは、4シームの最速が90.9マイル、平均が89.1マイルで空振り率が3.2%、2シームの最速が89.9マイル、平均が88.5マイルで空振り率が0.0%だった。
変化球の空振り率も良くなく、チェンジアップが0.0%、カーブが4.0%だった。
ストライク率で見れば、4シームが67.7%、2シームが65.0%ある一方で、チェンジアップが53.3%、カーブが28.0%と変化球のストライク率が良くなかった。

今日は91球中49球がストライクで、ストライク率は53.8%と極めて良くなかった。
そんな中で6.0回を4三振、3四球、2安打、自責点0にまとめたのがベテランの味なのだろう。
エンゼルスも荒れ球で的が絞りにくかったのかもしれない。

ゴンザレスもこれで防御率2.49となり、カーショウ、シャーザーに次いで堂々の3位だ。
この調子でいけば、自己ベストを大きく更新するのは間違いないので、ぜひ頑張って欲しいよね!!


マット・アルバース

7回はアルバースが1.0回を0三振、0四球、0安打で自責点0のパーフェクトリリーフだった。
しかし、最近はマドソンが投げないけど、どこか悪いのだろうか?
DLには入ってないので、悪いとしても大きな故障ではないと思うけどね。


ブランドン・キンズラー

今日は、キンズラーがナショナルズ移籍後、初失点を喫した。
しかし、「今日も」失点したと「今日は」失点したの違いって大きいよね。
今まではナショナルズのブルペンが失点するのはデフォルトだったからね。
メジャーリーグ最低のブルペンだったのに、あの3人は本当にいい補強だったと思うよ。
交換相手も惜しくなる若手もいなかったしね。


ドゥーリトル

今日のドゥーリトルはめずらしく1人も走者を許さなかった。
いつもこんな感じだといいんだけどなぁ。
でも、これも今だからいえる贅沢だよね(笑)
ちょっと前なら頻繁にBSがあったんだからね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=15&year=2017&game=gid_2017_08_15_anamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_08_15_anamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=815&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/angels-vs-nationals/2017/08/15/491881/final/video#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491881


ハウィー・ケンドリック

打線は、3回にケンドリックの5号ソロでナショナルズが先制した!!
相変わらずケンドリックは良く打つよね!!
やっぱり、この選手は何か持っているよね!!

そして、5回もまたケンドリックが6号ソロを打った!!
つーか、こんなに本塁打を打つ選手だったの?(笑)
本当に今年のケンドリックは何かやりそうな気がするよね!!

6回にはプホルスのエラーでナショナルズが1点を追加して、3‐0となった。
キンズラーが1点を失ったけど、ナショナルズが3‐1で勝った。


現在、打線はメジャーリーグ最高だったころの勢いを失っているけど、その分、投手陣が安定してきたね。
やっぱり、野球は投手陣が安定すると強いよね。
私もド派手に打ち合う野球よりも投手陣がしっかり抑える野球の方が好きなので、今の方が落ち着いて見れるよ。

現在、アストロズの負けが込んできたので、ナショナルズがアストロズを勝率で抜き去るまであとわずかになってきた。
アストロズもこれまで出来過ぎだったからなぁ。
これだけ故障者続出になるとドジャースを抜くのは難しくなったけど、まあ、その分はポストシーズンで勝てば良しとしよう。
ドジャースも116勝したときのマリナーズみたいにポストシーズンであっさり負けそうな気がするけどね。


イチロー2

今日のイチローは代打で出場し、1打数1安打だった。
今季の成績は、.241、2本、11打点となっている。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル464

【クリ様の一言】
最近、打線が今一つですが、投手陣が頑張っていますよね!!
シーズン序盤とは逆の展開になっていますが、ポストシーズンに向けて投打共に絶好調になるように調整したいですね!!
頑張れ、ナショナルズ!!

5
        

来生さんの曲で3番目に好きなのは『セーラー服と機関銃』だね。
大ファンの橋本環奈ちゃんバージョンで掲載するよ。
ちなみに私は環奈ちゃんの『セーラー服と機関銃』の映画のDVDも持っているんだよ!!




来生さんの曲で2番目に好きなのは『はぐれそうな天使』だね。
私は岡村孝子さんの大ファンなんだけど、来生さんの曲ながらも岡村さんのイメージにすごく合ってていいと思うんだよね。
この曲は本田の「トゥデイ」のCMに使われていたらしいけど、私はなぜか「森永エンゼルパイ」のCMに使われていたようなイメージがあるんだよ。
ネットで調べてみても森永エンゼルパイのCMに使われていたとは書いてないので、記憶違いなんだろうけどさ。
なんでそういうイメージがあるんだろう?

 


来生たかおさんの最高の名曲ってやっぱり『スローモーション』だと思うんだよね。
中森明菜さんを代表する曲って私はこの曲だと思っているしね。
この曲を聞いただけでノスタルジーを感じるよね!!

4

ハウィー・ケンドリック

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_13_sfnmlb_wasmlb_2&mode=classic

ダブルヘッダーの2戦目、試合は延長11回裏だった。
ナショナルズは無死満塁のチャンスを迎え、打席にはケンドリックが立った。
両チーム共に体力の限界に達しているので、犠牲フライで充分だった。
形はどうでもいい、とにかく勝って試合を終わらせたかった。

ジャイアンツのスアレスがカウント2-2から投じた6球目のスライダーは真ん中付近に甘く入り、ケンドリックは思い切り引っ張った!!
打った瞬間に犠牲フライには充分だとわかる当たりだった!!
ナショナルズはサヨナラ勝ちを収めたのだ!!

安心して見守った打球は予想よりもどんどん伸びて行った!!
そして、その打球はスタンドに突き刺さったのだ!!
劇的なサヨナラグランドスラムだ!!

ケンドリックは移籍して来たときから何か大きな仕事をする予感がしていたけど、まずはド派手なサヨナラグランドスラムを放ったね!!
私は、それだけではなくて、10年後くらいに2017年を振り返ったときに「あの年はポストシーズンにケンドリックが打ちまくってナショナルズが世界一になったよね!!」といわれるくらいの大活躍をするような予感がするんだよ。

まるで1998年のヤンキースのスコット・ブローシャスみたいに「自分の人生はこの1年のためにあったんだぜ!!」と思えるくらいの活躍をしそうな気がするのだ。
その序章が今日のグランドスラムになりそうだ。
本当に素晴らしい本塁打だったね!!
やっぱりサヨナラ本塁打は野球の醍醐味だよ!!


ダニエル・マーフィー

打線は、3回にマーフィーの20号ソロで先制した!!


ジマーマン2

ナショナルズは同点に追いつかれたけど、6回裏にはジマーマンの27号ソロで2-1となった。
しかし、シャーザーが7回に追いつかれて、2‐2で延長戦に入った。

最近、本当に打線が点を取れないよね…。
まあ、故障者がこんなに多くなってしまうと仕方がない面もあると思うけどさ。
でも、今日のジャイアンツの先発は、3勝12敗、防御率5.71のムーアなんだから、3~4点は取って欲しかったよね。
おかげで、またシャーザーが勝ち投手になれなかったじゃないか!!

確かにケンドリックのサヨナラは嬉しかったけど、シャーザーが勝ち投手になって勝った方がはるかに嬉しかったんだよ!!
本当にガッカリだね…。


s-マックス・シャーザー

今日のシャーザーは、4シームの最速が95.2マイル、平均が93.6マイルと球速が回復してなかった。
やっぱり、万全ではないのだろう。
そんな中でエースだから頑張って投げているんだよ。
その気持ちを野手は感じて欲しいんだよね。

それにいうまでもなくカーショウとサイ・ヤング賞を争っているんだよ!!
あんなに勝ち星でリードされているんだから、カーショウがDLに入っている間に追いつきたいんだよ。
あれだけの投手が相手なんだから、取りこぼしは許されないんだよ。
もう何回QSで勝てない試合があって、何回ブルペンが勝ち星を消したのさ!!

また勝てなかったので、ストレスも爆発だよ!!
本当にもう頼むよ!!
これ以上書きたくないので、シャーザーのことはこれで終わりだ!!


ブランドン・キンズラー

今日は8回はマドソンじゃなくてキンズラーが投げていた。
今日からキンズラーもナショナルズのユニフォームになったよ!!


ドゥーリトル

9回はもう負けると思ったよ(笑)
ドゥーリトルは、一死三塁のピンチをよく無失点で凌いでくれたよね!!


マット・アルバース

10回はマドソンが投げるのかと思ったら、アルバースだった。
こういう大事な試合ではやらかしそうな気がしたけど、2.0回を無失点で抑えて勝ち投手になった。
すでに6勝目なので、この勝ち運をシャーザーに分けてあげて欲しいと思う。


まあ、この試合は勝つには勝ったけど、何か割り切れない思いを抱いたのも事実だ。
次の登板ではシャーザーが勝ちますように!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=13&year=2017&game=gid_2017_08_13_sfnmlb_wasmlb_2%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_08_13_sfnmlb_wasmlb_2%2F&prevDate=813&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/giants-vs-nationals/2017/08/13/491832?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491832


コール

【MLB2017】 Game115 A.J.コールが6.0回を自責点3で3敗目…  Nationals Nation
http://strasburg37.blog.jp/archives/17925117.html

ダブルヘッダー1試合目の記事も書いているので、読んでね!!


滝川クリステル463

【クリ様の一言】
ケンドリック選手のサヨナラグランドスラムは感動しましたけど、シャーザー投手に勝たせてあげたかったですね…。
こんなに勝ち星が伸びないとサイ・ヤング賞獲得も難しくなってしまいますよね…。
サヨナラ勝ちは野球の醍醐味ですけど、今一つ喜べないですよね…。

1
コール

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_13_sfnmlb_wasmlb_1&mode=classic

A.J.コールは、前回、4シームの最速が95.7マイル、平均が93.7マイルと球速があったけど、今日は最速が93.9マイル、平均が91.8マイルと元に戻っていた。
4シーム、チェンジアップ、スライダー、カーブはいずれも空振り率は10.0%を超えていたけど、裏を返せばこれといった決め手に欠けるということだろう。

メジャーリーグで生き残っていくにはもっと絶対的な武器が必要なのではないかと思う。
球速がないなら空振り率20.0%を超えるような変化球があるとか、コマンドがいいとか、球速に代わるような武器がないのが苦しいところだね。
せめて球速があれば、リリーフでも使えるんだけどね。

今日のA.J.コールは、6.0回を6三振、3四球、6安打、自責点3だった。
思っていたよりも悪くなかったけど、ジャイアンツがチャンスで畳みかけていれば炎上していてもおかしくなかった。


マット・グレース

ナショナルズは、ソリース、グレースと継投した。
グレースは、7月は防御率2.51と好調だったけど、8月は防御率8.10と大乱調だ。
元々が球速もないし、絶対的な変化球もないので、7月が出来過ぎだったんだろうけどね。



【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=13&year=2017&game=gid_2017_08_13_sfnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=595918&prevGame=gid_2017_08_13_sfnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=813&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/giants-vs-nationals/2017/08/13/491862?#,game_state=final,game_tab=videos,game=491862


レンドン2

打線は、レンドンの22号2ランによる2点だけだった。
ハーパーがいない間くらい他の選手で力を合わせて打って欲しかったんだけどなぁ…。

そのハーパーは、靭帯断裂という最悪のケースは避けられたみたいだね。
ポストシーズンには間に合いそうだから本当に良かったよ!!

しかし、イートン、ハーパー、ターナー、ワース、ドリュー、ストラスバーグ、ロス、ロメロ、クラバー、ケリーと故障者多過ぎだよね。
もうちょっとトレーナーを何とかした方がいいんじゃないの?


田中将大

でも、故障者でいうとヤンキースも大概だね。
田中もDLに入ったし、ピネダは今季絶望、サバシアも最悪の場合は今季絶望でこのまま現役引退もあり得るらしいからね。
バード、カストロ、フレイザー、ホリディもDLだ。

特にローテーション投手が3人も欠けてしまうとなると本当に苦しいだろうね。
田中は今季契約を破棄して、FAにならないことは確実なので、不良債権と化す可能性が出てきたね。
そして、サバシアも2011年に契約を破棄して、再契約したけど、ここから6年間で56勝50敗、906.1回で自責点426、防御率4.23とエースの働きには程遠かった。

この再契約をしたときに、ヤンキースは絶対にやめた方がいいと書いていたんだけど、案の定だったね。
サバシア再契約に反対とブログに書いたら、しつこいくらいサバシアは素晴らしい投手だとコメントしてくる人がいたけど、やっぱり私の予想の方が当たったよね。

ヤンキースの打線も本当に失速して来たよね。
まあ、シーズン序盤が出来過ぎだったんだと思うけど、ジャッジも弱点を攻められるようになると脆さができてきたね。
ああいうパワーヒッターは、諸刃の剣だからなぁ。

チャップマンもまさか1年目からこんなに悪くなるとは思わなかったけど、速球派のクローザーは落ち目になると早いから、5年契約もしたら不良債権になるだろうと書いていたからね。
チャップマンの契約もあと4年残っているんだよ。

また、グレイも失敗すると思っていたんだよ。
ヤンキースの悪い癖なんだけど、中途半端にトレードで出し惜しみするから、獲得する選手もそれなりの選手になってしまうんだよね。
メジャーリーグ屈指のプロスペクトを放出してまでクリス・セールを獲得したレッドソックスと対照的だよね。

そもそも、ロジャー・クレメンスやランディ・ジョンソン、ケビン・ブラウンといったメジャーリーグ屈指の好投手ですらヤンキースでは防御率4点台がデフォルトだったんだから、ヤンキースは移籍した投手が活躍しにくい環境なのだと思うよ。
それ以下のグレイなんだから、私は防御率4点台になるんじゃないかと思うね。

ハビアー・バスケスは、2003年にエクスポズで13勝12敗、防御率3.24だったけど、ヤンキースに移籍してきたら14勝10敗、防御率4.91と大幅に成績が下がった。
そして、ハビアー・バスケスは、2009年にブレーブスで15勝10敗、防御率2.87だったんだけど、再度ヤンキースにトレードされて10勝10敗、防御率5.32と大幅に成績が下がった。

まあ、ここまで悪くならないとしても、グレイもこんな感じで期待外れになるような気がするけどね。
私はイオバルディも活躍できないと予想していたけど、案の定ヤンキースから解雇されたからね。
サバシアも田中もチャップマンもイオバルディも私の予想通りだったんだから、グレイの予想も当たると思うよ。


イチロー2

今日はイチローの出番はなかった。
今季の成績は、.238、2本、11打点となっている。
頑張れ、イチロー!!


ハウィー・ケンドリック

【マックス・シャーザー】【MLB2017】 Game116 ハウィー・ケンドリック が延長戦でサヨナラグランドスラム!! 
http://strasburg37.blog.jp/archives/17926429.html

ダブルヘッダー2試合目の記事も書いているので、読んでね!!


滝川クリステル462

【クリ様の一言】
最近、故障者続出のせいもあるんでしょうけど、打線が打てませんね…。
メジャーリーグ最強打線と言ってた頃が懐かしいですね…。

3
エドウィン・ジャクソン

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_12_sfnmlb_wasmlb_1&mode=classic

エドウィン・ジャクソンは、代役なのに本当に良く頑張っているよね!!
少しはA.J.コールやフェッドにも見習って欲しいと思う。
フェッドは1年目だから仕方がない面はあるけど、A.J.コールはメジャーリーグに昇格してから何年も経過しているんだから、ちょっとは成長の証を見せて欲しいんだけどね。

そのジャクソンは、最速97.8マイル、平均93.6マイルの4シームを軸に空振り率16.0%のスライダーを織り交ぜて、6.0回を5三振、2四球、5安打、自責点1の投球だった。
試合を作ってくれているし、先発4番手あるいは5番手の働きは充分していると思う。


キンズラー

そういえば、キンズラーって、肩を故障してドラフト指名されたパドレスを解雇されて、独立リーグでプレーしたらしいね。
苦労している分、すごく誠実でいい人らしいよ。
ロアークもそうなんだけど、エリート選手ばかりではなくて、雑草の強さを持った選手もいないとチームは成り立たないからね。
こういう選手は本当に頑張って欲しいよね!!


ライアン・マドソン

マドソンは一死から二塁打を打たれたけど、その後を落ち着いて投げた。


ドゥーリトル

ドゥーリトルは、1.0回を2三振のパーフェクトリリーフだった!!
私は、なぜクローザーの経験があるマドソンをセットアッパーにして、ドゥーリトルをクローザーにしたのか理由を知りたいよね。
何はともあれ、こういう僅差の試合でも安心して観戦できるようになったのは大きいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=12&year=2017&game=gid_2017_08_12_sfnmlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=429719&prevGame=gid_2017_08_12_sfnmlb_wasmlb_1%2F&prevDate=812&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/giants-vs-nationals/2017/08/12/491847?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491847


ハーパー3

初回、ジャイアンツに1点を先制されたけど、その裏に一死二塁のチャンスを得た。
ここで打席にはハーパーが立ったけど、走塁中に膝を怪我したみたいだった。
まだ、MRIの検査を待たなければ詳細がわからないけど、大きな故障になってなければいいけどね…。
本当に今季は故障者が多過ぎだよね。
最悪の場合でもポストシーズンには間に合って欲しいよね。

そもそもストラスバーグもいつ戻って来るんだい?
最初は、念のために1試合休ませるといってただけなのに、今や見通しが立たないらしいからね。
本当に故障が多過ぎだよ!!
ストラスバーグが情けなくなってくるよ…。

超一流の選手って、故障しないのがいちばんの条件だと思うんだよ。
少なくとも私が見た300勝投手で1シーズンを棒に振るような投手は1人もいなかったからね。
ストラスバーグのメジャーリーグのデビューを見たときに300勝できるんじゃないかと思ったけど、この調子ではその半分の150勝できるかも怪しいんじゃないかと思うよ。


ジマーマン2

話が脱線したけど、ハーパーのファーストゴロで一死三塁となった。
そして、ジマーマンとマーフィーの連続タイムリーで2点を奪い、ナショナルズが2-1と逆転した!!


アダム・リンド

6回は無死一塁からリンドの二塁打で3-1とした。

今日のナショナルズは11安打、3四球だったにも関わらず、わずか3点だった。
得点圏で11打数2安打ではそうなってしまうよね。
何か今一つ打線の調子が上がってこない。
こんなときにハーパーが今季絶望とか本当にやめてくれよ…。

今日は勝ったのは嬉しいけど、ハーパーが気になるので、気分は星3つにしておくよ。
ハーパーが無事でありますように!!


1502300649840569

ところで、先日、依頼していたユニフォームなどが輸入代理店に到着したみたいだ。
これはシャーザーのオーセンティック・ユニフォームだ


1502300720949702

これは、ナショナルズのオーセンティック・キャップだ。


1502300834320464

シャーザーのTシャツ。


1502300844510185

ハーパーのTシャツ。


1502300916607757

マーフィーのTシャツ。

商品価格は、408.95ドルで、日本円で46,743円、これに輸入代理店の手数料が10%かかって4,674円で合計51,417円払ったんだよ。
これとは別にアメリカから私の家までの送料が3,940円が着払いになるんだよ。
それと現時点でかかるかどうかわからないけど、関税がかかる可能性もあるのだ。
以前、ストラスバーグのユニフォームを買ったときは2,000円ちょっとかかったので、今回もかかりそうな気がするね。
届くのがめちゃくちゃ楽しみだね!!


イチロー2

今日のイチローは代打で出場し、1打数0安打1打点だった。
今季の成績は、.238、2本、11打点となっている。
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル461

【クリ様の一言】
今日はジャクソン投手の好投が光りましたね!!
しかし、その一方でハーパー選手の故障が心配です。
大事になっていなければいいのですが…。

5
マイケル・コペック

https://www.milb.com/gameday/lookouts-vs-barons/2017/08/12/501472?#,game_state=final,game_tab=,game=501472

今日は味方打線が点を取れなかったので勝ち投手にはなれなかったけど、今日も素晴らしい投球だったみたいだね!!
7.0回を10三振、2四球、3安打、自責点0だった。
これで防御率も2.87と2点台になった。
防御率2点台は感無量だね!!

オールスター後は、4勝0敗、防御率0.66、41.0回で54三振、8四球、18安打、1本塁打、自責点3だ。
奪三振率が11.85、与四球率が1.76、K/BBが6.75という素晴らしさだ!!
ここまで圧倒的な内容なら3A昇格してもいい頃だと思うし、9月は思い切ってメジャーリーグでデビューさせてもいいんじゃないかと思うよ。
9月にデビューさせて、来年は開幕からローテーション入りさせて、160.0回くらいで投球回制限でシーズン終了でもいいんじゃないかと思うけどね。

先発投手としては、シンダーガード以上の球速が出るんじゃないかと思うけど、こんなに球速があると肘が心配になるよね。
ここ最近、メジャーリーグの速球投手は次々とトミー・ジョン手術をしているからね。
若いから勢いに任せて100マイル連発の投球をするのかもしれないけど、故障を避けるためにも、普段は94~95マイルで抑えておいて、要所だけ100マイルの速球を使うような投球スタイルにして欲しいなぁ。
ネットで見た意見だと人間の肘は100マイル連発には耐えられないらしいからね。

トミー・ジョン手術で1年ないしは1年半を棒に振るというのは全くの時間の無駄だからね。
投手の側でも故障しないような工夫も必要だと思うよ。


あと、メジャーリーグデビューをするとしたら、ホワイトソックスもオフに打線を強化して欲しいと思う。
現状では、チーム得点がメジャーリーグ全体で26位だから、コペックが好投しても勝ち投手になれないことが多くなってしまうからね。
ブルペンに関してはホワイトソックスは9位なので、そこそこはいいみたいだね。
ちょっと前のナショナルズならブルペンに勝ち星を消されまくったけど、ホワイトソックスはそこまで心配しなくていいかもね。

私も長年野球を見てきたけど、こんなにデビューが待ち遠しいのはストラスバーグ以来だね!!
心の底から思うけど、ストラスバーグみたいな故障体質にはならないで欲しいよね。
超一流選手の条件は、まずは故障しないことだと思うよ。
ペドロ・マルティネスを見ればわかるように、いくら才能があっても故障体質の投手が300勝なんて絶対にできないからね。
ロジャー・クレメンスやランディ・ジョンソンみたいに故障しない丈夫な投手になりますように!!
次の登板も本当に楽しみだね!!


滝川クリステル460

【クリ様の一言】
今日もコペック投手が素晴らしい投球をしましたね!!
この調子だと本当に9月のメジャーリーグデビューがあるかもしれませんね!!
頑張れ、コペック投手!!

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_10_miamlb_wasmlb_1&mode=classic

この日、夜勤から帰宅してみると0‐2でナショナルズが負けていた。
ロスが今季絶望で、ストラスバーグがDL入りという厳しい状況なので、不振のロアークに立ち直って欲しいというのがナショナルズ・ファンの切なる願いだった。
しかし、そのロアークが良くない。

ロアークは、6.0回を4三振、5四球、4安打、1本塁打、自責点2だった。
自責点こそ2ながら、5四球とコントロールが良くなかった。
107球で66球がストライクで、ストライク率は61.8%に過ぎなかった。
特に2シームのストライク率が良くなく、ストライク率はわずか57.9%に過ぎなかった。

ロアークは、今季は開幕から今一つで、もしかしたらWBCに出場した影響もあったのかもしれない。
キャンプのトレーニングが不十分なまま出場したので、年間を通したリズムが崩れているのかもね。
とはいえ、もう開幕して4か月が経過しているんだし、ナショナルズかが年俸を払っているんだから、もう「WBCの影響で…」とはいえないと思う。
ポストシーズンも近いんだし、そろそろロアーク本来の投球をしてもらわないと。


キンズラー

そして、7回からはナショナルズの勝利の方程式が始まり、まずはキンズラーが登板した。
キンズラーは、最速94.1マイル、平均92.9マイルのシンカーで、1.0回を1三振、0四球、1安打、自責点0に抑えた。


ライアン・マドソン

8回はマドソンが登板した。
マドソンは、最速99.4マイル、平均97.5マイルの4シームの空振り率が28.6%、最速97.4マイル、平均96.7マイルのシンカーの空振り率が25.0%、カーブの空振り率が25.0%といずれの球も素晴らしかった!!
今やナショナルズのブルペンでもっとも安定している投手だね!!


ドゥーリトル

9回はドゥーリトルが登板した。
ドゥーリトルは最速96.4マイル、平均95.2マイルの4シームで、1.0回を0三振、0四球、1安打、自責点0に抑えて10セーブ目を挙げた。

かつてメジャーリーグ最低だったナショナルズのブルペンも勝ちパターンの継投に関しては安定してきたよね。
ナショナルズは、もうちょっと他のリリーフも頑張ってもらって、せめてメジャーリーグ平均レベルのブルペンになって欲しいと思う。
私も長年野球を見てきて、これほどまでにブルペンが大事だと思わされた年はなかったね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=10&year=2017&game=gid_2017_08_10_miamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_08_10_miamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=810&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/marlins-vs-nationals/2017/08/10/491812?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491812


ハーパー3

このところナショナルズの打線は本当に低調で、この日もマーリンズの先発のストレイリーを打ちあぐねた。
ストレイリーもそこまでいい投手とも思えないのにね。
6回にようやく一死三塁からグッドウィンがタイムリーを放ち、1‐2となった。
ディフォがセンターフライに倒れ、続くハーパーが二塁打で2‐2の同点となった!!


ブライアン・グッドウィン

勝利の方程式が健在である9回までに得点しないとナショナルズの勝ち目は薄くなってしまう。
7回に無死一塁のチャンスを活かせずに焦っていたら、8回にグッドウィンが13号ソロを放った!!
この一打は本当に大きかったよね!!
今季は故障者続出だったけど、グッドウィン、テイラー、ディフォと若手野手が次々と育ってきたのが大きいよね!!
若手投手もこれくらい出て来てくれれば良かったんだけどね。

結局、この1点を守り切って、ナショナルズが3‐2で勝った!!
明日は打線が打ちまくって勝ちますように!!


イチロー2

前日、イチローが打ちまくっていたので、かすかにこの日もスタメンじゃないかと期待していたけど、それはなかった(笑)
それどころか、この日は代打で出番もなかった。
やっぱり、あの外野ではなかなかスタメンでは出られないよね。


滝川クリステル459

【クリ様の一言】
今日は、ブルペンの踏ん張りによってナショナルズが勝ちましたね!!
このブルペンが最初からあればと思ってしまいますよね(笑)
私は、野球で大事なのは先発投手で次に打線だと思っていましたけど、ブルペンも本当に大事ですよね!!

5
若月健矢

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017081105/top

この日はオリックスがディクソン、楽天が岸の先発だった。
共に防御率がパ・リーグ上位にいる好投手同士のマッチアップだった。
ロースコアの投手戦になると思っていたけど、予想外の打撃戦になった。

オリックスは、2回二死満塁からT-岡田が押し出しで1点を先制した。
正直なところ、こういう場面では期待できないT-岡田だったので、押し出しで良かったと思った。
ここで吉田正が打って一挙に試合の流れを掴みたかったけど、空振りの三振だった。

そして、前回もそうだったけど、ディクソンは好投しながら勝ち星が付かないことが多かった。
しかし、この日はディクソンの調子が良くない。
3回表に銀次とアマダーにタイムリーを打たれて、1‐2と楽天に逆転されてしまった。
オリックスの投手陣はアマダーに打たれ過ぎじゃないの?
この日も5打数3安打だったし、入念にスカウティングして弱点とか調べているのか疑問に思うよね。


T-岡田

好投手の岸相手にリードを許すのは厳しいと思ったけど、4回裏の一死二連類の場面で若月がタイムリー二塁打を放って、オリックスが3‐2と逆転した!!
さらにT-岡田がタイムリーを放って、4‐2となった!!

T-岡田は、すでに1点を勝ち越して楽になった場面とかにタイムリーを打つんだよね。
先日みたいに同点の場面とかではなかなか打てない。
もっと、勝負強さが欲しいところだね。
まあ、このタイムリーも貴重だったとは思うけどさ。

吉田正が三振の後、マレーロが10号2ランで6-2となった!!
やっぱり、本塁打の威力は大きいよね!!
出塁率が高い打者を上位に集めた方が本塁打を打ったときに走者がいるので本塁打の威力が増すからね。
この打順は本当にいいと思うよ!!


小島脩平

ディクソンの調子が上がらず、6回途中で降板した。
ディクソンは、5.0回を2三振、1四球、8安打、自責点3だった。
まあ、ディクソンといえどもこういう日もあるだろう。

ヘルメンは2.0回を2三振、1四球、3安打、自責点1だった。
これで6-4とまた勝負の行方はわからなくなってしまった。

そんなとき、7回の二死一二塁から貴重なタイムリーを放ったのが小島だった!!
これで8‐4となってオリックスの勝利が濃厚となった。


近藤大亮

それでもセーブシチュエーションと同じような投手起用をする福良監督。
4点差あるんだから、他の投手を投げさせればいいじゃない。
こういう使い方をするから黒木も平野もバテるんだよ。
よほどの場面でなければ、セットアッパーやクローザーはセーブシチュエーション以外では起用しないというルールを徹底させるべきだと思うよ。


平野佳寿

平野も二軍から上がって来たばかりなので、無理な使い方はやめた方がいいと思う。
こんな使い方をすれば、またバテて打たれてしまうだろう。


福良監督もいい投手を酷使するのではなくて、こういうケースで他の投手にチャンスを与えるべきだよ。
そうしないから、平野、黒木、近藤以外に信頼できる投手が育たないんだと思うよ。
こういうケースで金田とか大山とか小林にチャンスを与えて、成長を促すべきだと思うよね。
オリックスは、クライマックス・シリーズは絶望的なんだから、来季以降に備えて、もっと若手の底上げをすべきだ。
それは、オリックスにとって目先の1勝よりも大事なはずだからね。


中島宏之

そして、今日は中島が4打数4安打の大活躍だった!!
中島が6番というのは本当に怖い打線だよね!!
まあ、欲をいえば、7~9番がまだ弱いと思うけどね。


青山愛188

【めぐたんの一言】
今日は、素晴らしい逆転勝利でしたね!!
これを機に若月選手も打撃海岸になって欲しいですね!!
西武戦に続いて楽天戦も勝ち越したいですね!!
次は山岡投手に期待しましょう!!
頑張れ、オリックス!!

5
吉田正尚

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017081006/top

西武の先発は菊池、オリックスは松葉とサウスポー対決だった。
方やプロ野球屈指の左腕である菊池で、方やオリックスでも西、ディクソン、山岡、金子に次いで5番手投手である松葉のマッチアップなので、私は正直なところ勝ち目が薄いと思っていた。


近藤大亮

しかし、会社に着いて途中経過を見てみると2-1でオリックスが勝っていた。
松葉が菊池に投げ勝つとなれば、松葉にとって大きな自信となり、投手として一歩成長できるのではないかと思ていた。
ところが、8回にセットアッパーとしてマウンドに登った近藤が浅村に痛恨の13号同点ソロを打たれてしまった…。

近藤も本当にいい球を投げているんだけど、セットアッパーとして起用されてプレッシャーがあったんだろうね…。
近藤は素晴らしい速球を投げるけど、カッターの空振り率が20.90%、フォークが13.73%、スライダーが20.00%と素晴らしいので、もうちょっと変化球を織り交ぜた投球をした方がいいね。
そうすれば、もっといい成績が残せると思うし、セットアッパーやクローザーも充分に務められると思うよ。


黒木優太

近藤は近藤でいいとしても、クローザーで2試合失敗したからといって、黒木をセットアッパーからも外すのはいただけないなぁ。
福良監督は、安達はあれだけ打てなくても起用し続けるのに、黒木には冷たいんじゃないの?
こういうときこそ投手を信じて起用し続けるべきじゃないの?


T-岡田

2-2と同点にされたオリックスだったけど、大城が四球を選び、安達がバントを決めて一死二塁となった。
さらに伊藤が四球を選んで一死一二塁となった。
ここで打席にはT-岡田が入った。
私は、T-岡田が三振して、吉田正が打ちそうと思った。

すると案の定、T-岡田が三振だった。
あのど真ん中を空振りするとは本当にここぞというチャンスに弱いよね…。

そして、打席に期待の吉田正が入った!!
吉田正は菊池の外角の速球を逆らわずに見事な流し打ちを見せてくれた!!
吉田正は、パワーだけではなくて、こういう技術の高さも持っているから高打率も残せるんだよね!!
これは本当に嬉しい勝ち越しタイムリーだったね!!

オリックスは菊池に相性が悪いらしいけど、その菊池から4点も取って勝ったのは大きな自信になると思うよ。
これで松葉に勝ち星が付いていればなお良かったんだけど、これは仕方がないね。


平野佳寿

9回はオリックスの守護神である平野がマウンドに登った。
私は打たれたときも書いていたようにオリックスのクローザーは平野が適任だと思っているからね。
この日も二塁打を打たれてしまったけど、本当にクローザーに向いてない投手はここで動揺して打たれてしまうからね。
平野には、走者を出しても落ち着いて投げられる強心臓があるのだ!!

先日の黒木を見ても、いい球を投げられればクローザーができる訳ではないことは明白なんだよ。
クローザーにいちばん必要なのはこの強心臓なんだよ。
これからも、オリックスの守護神として平野には頑張ってもらいたいよね!!


青山愛187

【めぐたんの一言】
今日は、吉田正選手の素晴らしい勝ち越しタイムリーでオリックスが勝つことができましたね!!
明日からの楽天戦もぜひこの調子で勝ち越してもらいたいですね!!
頑張れ、オリックス!!

5
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_08_09_miamlb_wasmlb_1&mode=classic

今日は、ちょっと時間がないので簡潔に書くね。
今日のゴンザレスは、7.0回を6三振、0四球、7安打、自責点1の素晴らしい投球だった。
4シームの最速は90.8マイル、平均は89.4マイルで、空振り率は3.2%といつものゴンザレスよりも低かった。
チェンジアップは空振り率14.3%だったけど、カーブは6.3%と高くなかった。
ゴンザレスは空振りが少なかった分、打たせて取る投球を心掛けていた。
ただ、イチローの打席だけは球が甘く入ってしまい、唯一のタイムリーを打たれてしまったのが悔やまれるね。

ゴンザレスが投げているときは打線の援護が少なかったり、リリーフが逆転されたりして、勝ち星が付かないことが多かった。
しかし、これでやっと10勝目を挙げることができた!!
順調に投げられれば、残り8試合なので5勝以上挙げて、最低でも今季は15勝はして欲しいよね!!

また、ゴンザレスは、これで防御率が2.59となり、2012年の2.89を更新するキャリアハイを挙げる可能性も高い。
ナショナル・リーグでもドジャースのカーショウ、我らがエースのシャーザーに次いで防御率は3位だ。
メジャーリーグ全体でもカーショウ、シャーザーに加えて、レッドソックスのセールに次いで4位だ。
私もゴンザレスがここまでいいとは夢にも思わなかったよ!!


ジョー・ブラントン

ゴンザレスが降板した後は、ブラントンとグレースが登板したけど、点差があるとこの2人はいい投球ができるね(笑)


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=8&day=9&year=2017&game=gid_2017_08_09_miamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_08_09_miamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=89&league=mlb

【今日の動画】 
https://www.mlb.com/gameday/marlins-vs-nationals/2017/08/09/491798?#,game_state=final,lock_state=final,game_tab=videos,game=491798


ジマーマン2

打線は、2回、ジマーマンの25号ソロでナショナルズが先制した!!


ハーパー3

3回は一死三塁からハーパーとジマーマンの連続タイムリーで2点を追加して3‐0となった。
4回に1点を返されたけど、またまたジマーマンのタイムリーが出て、ケンドリックにもタイムリーが出て5‐1となった。
この後もジマーマンの26号2ランなどで5点を取って、終わってみれば10-1でナショナルズが圧勝だった!!

現在、ナショナルズのチーム得点はメジャーリーグ2位の604点だ。
1位のアストロズは661点と差があるし、1位を奪い返すのは難しいだろう。
とはいえ、ナショナルズはDH制がないナショナル・リーグなので、仮にDH制があればDHにリンドを固定して、そのアストロズともいい勝負をしていたと思うよ。

個人的には野球のいちばんの魅力は速球投手だと思うけど、一般的には野球の魅力は本塁打だからね。
そういう意味では、30本塁打を4人も出せそうなナショナルズは本当に魅力的なチームだよね!!
明日もこれくらい打ちますように!!


イチロー2

今日のイチローはスタメンで出場し、4打数3安打1打点だった。
ナショナルズは勝ったし、イチローは打ちまくったし、今日は最高の1日だったね!!
まあ、イチローが打ったってナショナルズが勝てば問題ないんだよね。

今日の3安打は全てど真ん中の速球もしくはシンカーだったけど、相手の失投を見逃さかったところは良かったね。
イチローも毎日スタメンで出場させてもらえたらこれくらいは打てるんだけどね。
まあ、マーリンズの外野はあまりにも層が厚いのでそれは無理だとは思うけどさ。
今季の成績は、.241、2本、11打点となっている。
シーズンが終わるまでに打率が.260くらいまで回復してくれると嬉しいね、
頑張れ、イチロー!!


滝川クリステル456

【クリ様の一言】
今日はゴンザレス投手が素晴らしい投球を見せてくれて、ジマーマン選手が打ちまくってくれて、最高の試合になりましたね!!
ゴンザレス投手は15勝、防御率2点台をジマーマン選手は.310、35本、120打点くらいを目指して頑張って欲しいですね!!
明日もロアーク投手の好投でナショナルズが勝ちますように!!

このページのトップヘ