Nationals Nation

スティーブン・ストラスバーグ、マックス・シャーザー、タナー・ロアーク、ダニエル・マーフィー、ブライス・ハーパー、トレイ・ターナー、フィル・ヒューズ、アービン・サンタナ、イチロー、ホセ・バティスタ、ワシントン・ナショナルズ、佐倉絆ちゃん、友田彩也香ちゃん、星美りかちゃん、天使もえちゃん、吉沢明歩ちゃん、鈴村あいりちゃん、凰かなめちゃん、大橋未久ちゃん、石原莉奈ちゃん、音市美音ちゃん、かさいあみちゃん、渡辺ももちゃん、アタッカーズ、橋本環奈ちゃんについて語る星鈴のブログです。

5
タナー・ロアーク

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_24_seamlb_wasmlb_1&mode=classic

ロアークは、初回表に2安打を打たれて1点を先制され、2回表も2安打されて、今日も不安定な投球になるのかと心配した。
しかし、これ以降は立ち直り、7.0回を8三振、0四球、8安打、自責点1だった。

直近の6試合で2四球が1回、3四球が3回、4四球が2回とコントロールに苦しんでいたけど、今日は0四球だった。
102球中67球がストライクで、ストライク率65.7%だった。
初回と2回はコマンドも良くなかったけど、3回以降はコマンドも良くなってきた。

今日は、4シームが素晴らしく、最速95.0マイル、平均92.2マイルで、空振り率は29.4%だった!!
とはいえ、4シームは17球だけで、52球が2シームだった。
2シームは、最速94.0マイル、平均92.1マイルで、空振り率は3.8%に過ぎなかったけど、ストライク率は71.2%とコントロールは抜群だった。
102球中69球が4シームと2シームで、変化球は33球だけだったけど、どれも良かった。
中継を観ている感じではスライダーが特に良かったね!!

ここ最近、ロアークが良くなかったので、本当に心配していたよ。
というか唯一良かったシャーザーも打たれたので、投手陣全体が良くなかったんだけど、ストラスバーグの好投以降はナショナルズの先発投手も立ち直ってきたね!!
ぜひ、シャーザー、ストラスバーグ、ロアークが18勝&防御率2点台を達成して、マダックス・グラビン・スモルツみたいなBIG3になって欲しいよね!!
ロアークの好投は本当に嬉しかったよ!!


ロスも戻ってきたし、ナショナルズは打線だけではなくて先発投手陣もメジャーリーグ最高だということを証明しないといけないね!!
ぜひ、明日のゴンザレスもこの流れに続いて欲しいと思う。


コーダ・グラバー

今日は9回にグラバーが登板した。
最速98.3マイル、平均97.7マイルの4シームに最速94.3マイル、平均93.6マイルの高速スライダーを織り交ぜた投球は圧巻だった!!
高速スライダーの空振り率は28.6%だった。
あれは本当に打てないよね!!
この調子で、これからはクローザーで頑張って欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=24&year=2017&game=gid_2017_05_24_seamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=543699&prevGame=gid_2017_05_24_seamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=524&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490798


ダニエル・マーフィー

ナショナルズは1点を先制されたけど、初回裏に一死一三塁からジマーマンの犠牲フライで同点に追い付いた。
さらにマーフィーの二塁打で勝ち越した!!


レンドン2

続くレンドンが8号2ランを放って、4‐1となった!!
さらに2回もターナーのタイムリーで1点を追加し、5‐1でナショナルズが勝った!!


イートンが故障したけど、その穴をテイラーがキッチリ埋めてくれたよね。
テイラーも.275、2本、9打点と予想以上の働きをしている。
ワースも妥当な働きをしているね。
レンドンはどんどん調子が上がってきているので、ぜひレンドンも.300、30本、100打点を狙って欲しいよね。

ターナーだけがスランプだけど、ターナーはスロースターターだからね。
ターナーもこれから調子を上げてくると思うよ。
そして、メジャーリーグ最強のクリーンアップは、全員.330、30本、130打点以上目指して頑張って欲しいよね!!


イチロー2

今日のイチローは9番ライトで出場し、3打数0安打だった。
今季の成績は、.153、1本、3打点だ。


現在、ブレーブスが9回裏で5-5の同点だ。
ぜひ、ブレーブスが負けて、2位ブレーブスとのゲーム差を7.5に広げたいよね!!
そして、3位メッツは負けたので、メッツとのゲーム差は8.5となった。

私は地区優勝するだけではなくて、100勝以上して、メジャーリーグ1位の勝率で世界一になって欲しいと思っている。
早くアストロズやロッキーズの勝率を上回って欲しいと思う。
頑張れ、ナショナルズ!!


滝川クリステル389

【クリ様の一言】
今日はロアーク投手の好投が嬉しかったですね!!
これで先発投手陣も調子を上げ、シーズン100勝を目指して頑張って欲しいと思います。
明日もゴンザレス投手の好投を期待しましょう!!

ジョー・ロス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_23_seamlb_wasmlb_1&mode=classic

私は、あと2~3試合くらいジェイコブ・ターナーが先発するのかと思っていたけど、今日の先発はロスだったね。
今日はそのロスが8.0回を6三振、0四球、5安打、1本塁打、自責点1の素晴らしい投球を見せてくれた!!

ただ、個人的にはこの結果を鵜呑みにするのは時期尚早だと思っている。
ロスは8.0回で101球を投げていたけど、かなり球数が少ない。
投手の球数が少ないときは注意が必要だ。
簡単にバットに当てられるので、球数が少なくなるのである。
本当にかすりもしない球を投げているなら空振りが多くなって、球数は極端に少なくなることはないのだ。

極端に球数が少ないとタイミングが合ってくる2巡目に集中打を浴びることが多くなる。
ただ、今日はナショナルズが4回までに10点を奪ったため、マリナーズが試合を諦め、攻撃が淡白になったことが幸いしたのかもしれない。

今日はスライダーが素晴らしく、空振り率は21.1%だった!!
しかし、シンカーは52球中1球しか空振りが奪えず、空振り率は1.9%に過ぎなかった。
シンカーの球速も最速94.9マイル、平均91.8マイルと去年の最速97.17マイル、平均93.44マイルには及ばない。
ただ、前回に比べると球速も回復している点は安心したね。

今年は、ロスは先発5番手としてフル回転して、15勝、防御率3点台を目指して欲しかった。
しかし、序盤の思わぬ躓きによって、2か月近く出遅れてしまった…。
とはいえ、終わったことをあれこれいっても仕方がないので、これから頑張って、10勝、防御率3点台を目指して欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=23&year=2017&game=gid_2017_05_23_seamlb_wasmlb_1%2F&pitchSel=605452&prevGame=gid_2017_05_23_seamlb_wasmlb_1%2F&prevDate=523&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490783


レンドン2

打線は、2回一死一塁からレンドンの6号2ランでナショナルズが先制した!!


マット・ウィータース

4回はウィータースのタイムリー、ターナーのタイムリー、ワースの7号2ラン、ハーパーの14号ソロ、レンドンの7号3ランで8点を追加した。
終わってみれば、10-1でナショナルズがマリナーズに圧勝した!!


43試合で246点、1試合平均5.72点はメジャーリーグ1位だ。
DH制はないのに打率.274もメジャーリーグで1位だ。
ここ最近は打線も湿りがちだったけど、今日は久々に「ツァーリボンバ打線」が爆発したね!!
本当に嬉しい勝利だったよ!!


イチロー2

今日のマーリンズはアスレチックス戦で、イチローは9番レフトでスタメンで出場している。
現在、6回表でイチローは3打数1安打2打点だ。
もう1本くらい安打を打ちますように!!


今日はブレーブスの試合がなく、メッツは勝っている。
2位ブレーブスとの差は7.0、3位メッツとの差は7.5となっている。
ナショナル・リーグ東地区1位だけでは不満なので、これから連勝しまくって、メジャーリーグ勝率1位になって欲しいと思う。
頑張れ、ナショナルズ!!


滝川クリステル388

【クリ様の一言】
今日は心配していたロス投手が好投し、湿っていた打線も打ちまくったので、最高の試合でしたね!!
明日もロアーク投手が7.0回を10三振、自責点0くらいの投球をしてくれるといいですね!!
頑張れ、ロアーク投手!!

5
アービン・サンタナ

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_23_minmlb_balmlb_1&mode=classic

きのう、ヒューズがDL入りした。
DL入りというのは単なる口実で、事実上はマイナー降格だ。
私はヒューズの大ファンだけど、あの状態では仕方がないだろう。
球速はないのにそれに代わる絶対的な変化球もなく、制球も甘くなっているのではいいところがないからね。

しかし、私はヒューズがマイナー降格になっても、Twitterでサンタナにフォローしてもらったので、ツインズとの縁は切れない。
そして、そのサンタナが絶好調なのだ。
今日も6三振、2四球、2安打の完封勝利だった!!

今日は最速95.4マイル、平均94.3マイルの4シームが素晴らしく、空振り率も13.9%だった。
そして、スライダーがさらに素晴らしく、空振り率は20.0%だった!!
球数も105球と少なく、69球がストライクで、ストライク率は65.7%とまずまずだった。

これで7勝も防御率1.80もアメリカン・リーグ1位だ。
今やメジャーリーグ屈指の好投手の1人になったね!!
ぜひ、この活躍を続けて、ツインズを引っ張ってもらいたいよね!!
サンタナの活躍で、ぜひツインズがアメリカン・リーグ優勝を果たしますように!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=23&year=2017&game=gid_2017_05_23_minmlb_balmlb_1%2F&pitchSel=429722&prevGame=gid_2017_05_23_minmlb_balmlb_1%2F&prevDate=523&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490779


滝川クリステル387

【クリ様の一言】
前回は7.0回を自責点5でしたが、ここから見事に立て直してきましたね!!
これで再びサイ・ヤング賞争いの主役に躍り出ましたね!!
ぜひ、これからも頑張って欲しいですね!!

1
金子千尋

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017052305/stats

きのうの金子は4.2回を3三振、1四球、11安打、3本塁打、自責点8と散々だった。
本塁打を打たれたのはいずれも甘いコースだった。
宇宙戦艦ヤマトで例えるときのうの金子は正にこんな感じだった…。




星野コーチ「楽天より入電。『オリックスに告ぐ。直ちに降伏せよ』。返信はどうしますか?」

福良監督「馬鹿め、といってやれ」

星野コーチ「は?」

福良監督「馬鹿め、だ!!」

星野コーチ「こちらオリックス。『馬鹿め』。どうぞ」


(試合開始)


福良監督「奴らにはこの戦力では勝てない…」

福良監督「もうこれまでだな。撤退しよう…」

福良監督「金子、ワシに続け…」

金子「監督、僕は嫌です。ここで撤退したらファンに顔向けできません」

福良監督「いいか金子、ここで今、全滅してしまってはオリックスを守って戦う者がいなくなってしまうんだ。明日の為に今日の屈辱に耐えるんだ。それが男だ」

金子「福良さん、男だったら戦って戦って戦い抜いて、一人でも多くの打者を打ち取って死ぬべきじゃないんですか?福良さん、僕はどうしても逃げる気になりません。見逃して下さい。お元気で…。オリックスのことをよろしくお願いします」

福良監督「死ぬなよ、金子…」


ここまで絶好調と思われていた金子だけど、私はかなり危ないのではないかと思っていた。
5勝1敗、防御率1.80と一見文句の付けどころがない成績だけど、60.0回で35三振、22四球、36安打、4本塁打だった。
奪三振率が5.25でありながら、60.0回で35安打は少なすぎる。
NPBはFanGraphsみたいなサイトがないので、正確な数字はわからないけど、BABIPが相当低いのではないかと思った。
しかも与四球率が3.30とコントロールも良くない。
K/BBが1.59と低いので、恐らくFIPやxFIPも良くないはずだ。

こういうところから、私はそろそろ揺り戻しが来て打たれるんじゃないかと思っていた。
しかも、この試合前で5連敗とプレッシャーがかかる試合なのでなおさらだ。
すると案の定打たれた。
まあ、私もここまで極端に打たれるとは思ってなかったけどね。

それでも今季は5勝2敗、防御率2.78と好成績を残しているけど、実際には防御率3.50~3.80くらいの状態ではないかと思う。
配球を見る限りでは、球速はそれなりにあるけどコマンド(コントロールはストライクを取る能力、コマンドは狙ったところに投げる能力)が悪いのかもしれないね。
今後は三振を増やして、四球を減らしていき、今季は15勝、防御率2点台を達成してくれるといいなと思う。


打線は、今月は最高でも4点しか取れなかったけど、この日は6点取れた。
しかし、負けが濃厚なある意味気楽な打席だったので、打線が上向きになったとはいえない。
勝つか負けるかわからないプレッシャーがかかった打席で打てるようにならないと意味がない。


1495591342396

これでオリックスは6連敗で、私がチェックし始めてから2勝16敗だ…。
しかし、今日、通販でオリックスの帽子とTシャツが届いたので、気合を入れて応援するよ!!
次こそ連敗が止まりますように!!


青山愛142

【めぐたんの一言】
きのうの金子投手は本当に残念でしたね…。
オリックスは厳しい状態ですが、今日は勝って連敗を止めて欲しいですね!!

5
s-20151129-15

先日、Twitterで見たけど、おいっちゃんこと音市美音ちゃんがAVで復活するらしいよ。
新作は8月に出るらしいよ。
私はおいっちゃんの大ファンなので、本当に嬉しいよね!!


s-20151129-18

s-20151129-26

s-20151129-27

s-20151129-30

この画像でわかるとおり、おいっちゃんは本当に色白でスタイルが良くて綺麗な女の子なんだよ!!


s-20151129-23

しかも、すごく清楚な女の子なのにエッチのときはこんな風にすごくエロい表情になるのが最高だね!!
清楚な外見とのギャップが最高だよね!!


DAPAtEmUAAE_FCL

私は、基本的に20歳ちょっとの若い女優よりも20代後半の落ち着いた大人の女優さんの方が好きなんだよ。
だから、私は引退間際の大橋未久ちゃんとか石原莉奈ちゃんとかがタイプなんだよ。
昔のおいっちゃんもすごく綺麗だったけど、今のおいっちゃんは綺麗さに加えて色っぽさがあるから、私は今のおいっちゃんの方が好きなんだよ。

ショートも良かったけど、ロングで落ち着いた大人のおいっちゃんは最高だよね!!
しかもあの頃よりも体つきもエロさが増していて、よりセクシーになっているしね!!
アタッカーズで主婦役とかしてくれないかなぁ。
おいっちゃんがAV復活とか本当に嬉しいよね!!
発売日が本当に楽しみだね!!

5
スティーブン・ストラスバーグ4

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_21_wasmlb_atlmlb_1&mode=classic

私は、正直いって、今日は負けるんじゃないかと思っていた。
いつも大事な試合やプレッシャーがかかる試合でストラスバーグが好投した記憶がほとんどないからだ。
しかし、今日の投球は本当に素晴らしかった!!

現地は5月21日なんだけど、この日は私の誕生日なんだよね。
ちなみにウィータースもロスもジェイコブ・ターナーも5月21日生まれなんだよ。
同じチームに誕生日が同じ選手が3人もいるのはすごいよね!!
ロジャー・クレメンスは1997年5月21日に通算200勝を挙げているんだよ。
今日のストラスバーグの勝利は、クレメンスの200勝の次に嬉しい誕生日プレゼントになったよね!!


さて、肝心の投球を振り返ろうか。
今日は何もかもが良くて、全く打たれる感じがしなかった。
4シームは、最速98.3マイル、平均が96.7マイルで、空振り率は12.5%だった。
しかもこの4シームのストライク率は82.1%だった。

さらに良かったのがカーブだった。
今季は故障を防ぐためにスライダーを減らすことになっていた。
このため、私も今後の投球はカーブにかかっていると書き続けてきた。

シーズンが始まるとそのカーブに変化が見られた。
元々は横にも縦にも大きかったストラスバーグのカーブだったけど、それが横にさらに大きく曲がるようになって、縦の落差が小さくなっていたのだ。
ストラスバーグのカーブはデビュー当時からあまりにも大きく変化するため、コマンドしにくそうだった。
しかも曲がりが大きい分、見送られればボールになることが多かった。

今日みたいにデータが豊富になってくるとボールになるためには打者も手を出してこなくなる。
これがストラスバーグが伸び悩んだ原因の一つだったんだけど、去年はスライダーをマスターすることでこの欠点をカバーした。
しかし、そのスライダーが故障の原因になってしまったことで、ストラスバーグも手詰まりになっていた感じだった。


今日のカーブは、横方向の曲がりも小さくして、横7.03インチ、縦-6.08インチの変化で、平均球速はカーブとしては異例の83.4マイルという速さだった。
ストラスバーグのデビュー当時は、横8.10インチ、縦-6.73インチの変化で、平均球速は82.69マイルだったので、曲がりを小さくして球速を上げた感じになっている。

今のメジャーリーグでは、メッツの投手みたいに曲がりが小さくて球速が速い変化球が主流だ。
その流れにストラスバーグも乗ったということだろうね。

そして、このカーブが実にいいところに決まっていたんだよ!!
ストライク率は73.5%と見送られてもストライクになることが多く、かつ空振り率も29.4%とシャーザーのスライダー並みだった!!
4シームで高めに目を慣れさせておいて、落差の大きなカーブを落としてくるので、ブレーブスの打者は高低の揺さぶりで11個の三振を喫してしまったのだった。


惜しむべきは8回のスワンソンの二塁打だね。
まあ、根本的には球数も多かったし、あそこで交代させなかったベイカー監督が悪いんだけど、あそこを抑えていれば、5勝1敗、防御率も2.97で2点台になっていたんだけどなぁ。
それができるかどうかがカーショウとの差なんだよね。
カーショウはそれができるから通算防御率もあんなにいいんだからね。

でも、今日の投球は本当に嬉しかったね!!
こんな投球ができるなら、本当に20勝、250三振、防御率2.50も狙えるんだよね。
シャーザーと2人で20勝、250三振、防御率2.50を達成して、10年代のランディ・ジョンソン&カート・シリングになって欲しいよね!!


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=21&year=2017&game=gid_2017_05_21_wasmlb_atlmlb_1%2F&pitchSel=544931&prevGame=gid_2017_05_21_wasmlb_atlmlb_1%2F&prevDate=521&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490762


ダニエル・マーフィー

打線は2回にマーフィーの9号ソロで先制した!!
マーフィーもそろそろエンジンがかかってきたね!!
打線が打てなくなってきたときに打てるなんてさすがだよ!!
これでマーフィーも年間34本塁打のペースになってきたね。
ハーパー、ジマーマン、マーフィーで.300、30本、120打点クリーンアップが達成できそうだね!!


ハーパー3

3回はハーパーのタイムリーなどで2点を追加し、終わってみればナショナルズが3‐2で勝った。
ナショナルズは26勝17敗、勝率.605と勝率6割を回復した。


イチロー2

今日のイチローは代打で出場して、1打数0安打だった。
今季の成績は、.157、1本、1打点だ。


今日はメッツも負けているので、2位のブレーブスとは7.0差、3位のメッツとは7.5差となった。
現在、ロッキーズが28勝17敗、勝率.622でナショナル・リーグ首位なので、早くナショナルズがナショナル・リーグ首位を奪い返して欲しいよね!!
今日はストラスバーグの好投が本当に嬉しかった!!
私としては今季のナショナルズのベストゲームだと思ったね!!


イチロー01

オリックス2017  Nationals Nation
http://strasburg37.blog.jp/archives/cat_343468.html

ところで、今日からときどきオリックスの記事も書くことにしたんだよ。
このブログは何を差し置いてもナショナルズ優先なので、オリックスの記事は毎日書けないと思うけど、みんなもぜひ見てね!!


滝川クリステル386

【クリ様の一言】
今日はストラスバーグ投手の素晴らしい投球が光りましたね!!
ぜひ、こんな投球を続けて欲しいですね!!
頑張れ、ストラスバーグ投手!!

1
461833

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_21_kcamlb_minmlb_1&mode=classic

またしてもヒューズがKOされてしまった…。
4.0回を4三振、2四球、6安打、3本塁打、自責点5だ。
今日も4シームの最速は91.0マイル、平均が89.7マイルだった。
この球速のなさを変化球の切れとコマンドで補わなければいけないのに、3本の本塁打はその変化球がいずれも甘く入ったものだ。
正直なところ、こんな投球を続けていれば、メジャーリーグで生き残っていくのは難しいだろう…。

私は、球速低下の原因は故障にあると思っていたので、去年、手術をしたことで球速が蘇るのではないかという期待があった。
しかし、球速が蘇ることはなく、コマンドまで低下してしまった。
元々、絶対的な変化球を持たず、90マイル代半ばの4シーム主体の投球だっただけにこれでは苦しくなってしまうよね。

現地では5月21日で、私の誕生日でもあるので、ストラスバーグと共に勝ち投手となって、私の誕生日プレゼントをして欲しかったのになぁ。
ストラスバーグはいい投球をして、立ち直りの兆しが見えただけに残念だね。


正直なところ、ここまで悪いところだらけになるとどこから手を付けていいかわからなくなるよね。
この調子だとDL入りさせて、マイナーで調整というのもあるかもしれない。
せっかく拾ってくれたツインズのためにも頑張って欲しいと心から思っているんだけどなぁ…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=21&year=2017&game=gid_2017_05_21_kcamlb_minmlb_1%2F&pitchSel=461833&prevGame=gid_2017_05_21_kcamlb_minmlb_1%2F&prevDate=521&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490753


滝川クリステル385

【クリ様の一言】
今日もヒューズ投手は残念な結果に終わりましたね…。
どにかしてこの苦境を脱して欲しいと思っているのですが…。

1
吉田正尚

https://baseball.yahoo.co.jp/npb/game/2017052104/stats

私は、小学生の時に神戸から引っ越して、福岡に来た。
神戸では家庭環境が悪く、私も引っ込み思案で、友達もほとんどいなかった。
その数少ない友達がI君だった。
その当時の神戸では、もしかしたら今でもそうかもしれないけど、阪神ファンがほとんどだった。
私もそうだった。
でも、I君は阪急ファンだった。

そんなとき、今はなき平和台球場に西武-阪急の試合を観に行った。
福岡は元々西鉄の本拠地だったので、その名残で西武ファンが多かった。
しかし、神戸に住んでいた私には関東の西武はなじみがなく、そしてI君の思い出がある阪急の方が親しみがあった。
阪急の帽子を買うお金は持ってなかったので、阪急の鉢巻きを張って、それを頭に巻いて阪急の選手を見守っていたのだ。

守備練習のときに日本の盗塁記録を持つ福本を見つけた。
福本はI君がいちばん好きな選手だった。
福本はどんどん私に近づいてきて、何と私の前まで来たのだった。
「ぼく、こっちで阪急応援してるなんてめずらしいな。一生懸命応援してな」と私に話しかけてくれた。
私は雲の上にも上る気持ちで、思わず「握手して下さい」とお願いした。
福本は、金網の間から指を突っ込んでくれて、私と握手してくれたのだった。
このときの感動が忘れられなくて、私はI君と同じ阪急ファンになった。


しかし、この年のリーグ優勝を境に阪急は福本や山田らのベテランの力に陰りが見え始め、長い低迷が始まった。
そして、近鉄が10月19日の死闘を演じている陰でひっそりと阪急の身売りが報じられた。
私のヒーローだった福本、そして山田という阪急を支え続けた投打の柱が引退を発表したのだった。


イチロー01

オリックスは素晴らしい打線を誇ったけど、投手力が弱かった。
そして、西武や近鉄の全盛期と被ったせいで優勝には手が届かなかった。
そんなとき、この球団にイチローが入ってきた。


【イチロー】【MLB2016】 イチローの思い出  Nationals Nation
http://strasburg37.blog.jp/archives/5380364.html

イチローの思い出は別に書いているので、ぜひこの記事を読んで欲しい。
イチローのおかげで、オリックスはついに日本一になった。
悲願だった日本一を達成して、私も燃え尽き症候群になった。

そして、97年と98年は私の人生でもっとも好きな野球選手であるロジャー・クレメンスがブルージェイズでサイ・ヤング賞を獲得していた。
衛星放送でメジャーリーグの中継を観始めた時期でもあったので、私の関心は徐々にメジャーリーグへと移り始めていた。

さらに2000年のオフにはイチローがポスティングでマリナーズに移籍した。
これで私の興味は完全にメジャーリーグへと移ってしまったのだ。
それでも2001年はまだオリックスの試合を観ていたけど、仰木監督が退任し、石毛監督になってからオリックスの暗黒時代が始まった。

2002年は最下位になり、2003年も最下位だった。
さらに我慢ならなかったのは、チーム防御率5.95という崩壊した投手陣だった。
私は、オリックスでは福本とイチローが好きな選手のツートップなんだけど、基本的には投手が好きなのだ。
だから、見たこともないようなレベルでの投手陣の崩壊は私には耐えられなかった。

3番目に好きな星野伸之もすでに阪神に移籍していたし、4番目に好きな野田浩二も引退、2002年には5番目に好きだった藤井康雄も引退した。
オリックスで好きだった選手はみんないなくなったのだ。




それから十数年の歳月が流れた。
私はメジャーリーグのナショナルズを応援していた。

サイ・ヤング賞を獲得したマックス・シャーザーを中心とするローテーションはメジャーリーグ最強で、ブライス・ハーパーを中心としたクリーンアップもメジャーリーグ最強だ。
投打の軸がしっかりしている私好みのチームだった。
私はこのブログでナショナルズの全試合でレビューを書いているのだ。

すると、Twitterでナショナルズのファン仲間からあることを教えてもらった。
オリックスの吉田正尚は、ブライス・ハーパーのファンで、バッティングフォームもハーパーそっくりだという話だった。
私は、youtubeで吉田の動画を観た。




確かにハーパーに似ているよね。
私は吉田の活躍を見たいと思ったけど、吉田は故障しているらしい。
それから、いつになったら復帰するのかと思って、ときどきオリックスのことをチェックするようになった。

オリックスは16勝8敗で、2位になった。
こんなに強いなら、吉田がいなくても毎日チェックしようと思った。
しかし、ここからオリックスの低迷が始まった。
毎日チェックしようと思った日から4連敗、1勝してまた6連敗、1勝してまた5連敗…。
私が毎日チェックし始めてから何と2勝15敗なのである。

私もオリックスを応援しなくなってからもときどきはオリックスのことをチェックしていた。
しかし、毎回、私がチェックし始めると負け始めるのだ。
私はきっとオリックスの疫病神なんだと思って、また見なくなるのが常だった。


1_1

1_3

でも、今回はそれでも見続けてみようと思ったんだよ。
毎日オリックスのことをチェックしていると色んな思い出が蘇ってきた。
オリックスは私の青春だったのだ。
あの当時は一生懸命応援していたから、好きというだけの気持ちではなくて、悔しさやむなしさも入り混じった複雑な思い出だけと、確かに私の青春だったのだ。

昔みたいに熱心じゃないし、超ヌルいファンにしかなれない。
私はナショナルズの試合をほとんど毎試合観て、毎試合でレビューを書いているので、オリックスの試合は時々しか観れないし、レビューもときどきしか書けないだろう。
でも、私なりにまたオリックスを応援してみようと思う。




福良監督「ダメだ、もう今は防げない。我々にはあのホームランを防ぐ力は無い。あれが我々の母なるオリックスの姿だとはなぁ
ここから吉田がヤマトみたいに希望の星となって、イスカンダル(日本一)にたどり着くのを期待しているぞ!!
頑張れ、オリックス!!

ちなみに日本一となった1996年以来、21年ぶりにオリックスの帽子とTシャツを買ったよ!!
オールスターまでにAクラスになれていたら、レプリカユニフォームも買うから、ぜひ頑張ってね!!
今日は、全然試合のレビューをかけなかったけどまあいいや(笑)
来月からはパ・リーグTVを契約して試合を観るからね。
ヌルい応援しかできないけど、これからよろしくお願いします!!


青山愛141

【めぐたんの一言】
正に「オリックス滅亡の日まであと365日」的な始まり方をするこのブログの一言コメントを担当する青山愛です。
みなさん、これからよろしくお願いしますね!!

1
マックス・シャーザー2

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_20_wasmlb_atlmlb_1&mode=classic

ナショナルズ投手陣で、唯一好投を続けていたシャーザーまでもが打たれてしまうとはね…。
この敗戦のショックは大きいよね…。

シャーザーは4シームの最速が96.2マイル、平均が94.0マイルといつもに比べて球速がなく、空振り率も4.9%に過ぎなかった。
2本の本塁打はいずれもその4シームを打たれたものだった。
伝家の宝刀のスライダーこそ空振り率が27.3%あったけど、投球の中心である4シームがこれではね。
しかも、その4シームはストライク率が60.7%だった。
コントロールも悪かったので、5.0回で球数も106球に達し、ストライクは62球、ストライク率は全体でも58.5%に過ぎなかった。

まあ、シャーザーだって人の子なので、こういうときもあるだろうけど、ナショナルズの他の投手がそろって絶不調だからね。
最後の頼みの綱が切れてしまったダメージは計り知れないね。


ここまで25勝17敗、勝率.595というのは悪い数字ではないけど、4月の絶好調のイメージがあるからその落差で実態以上にひどく感じるんだと思う。
4月に運が良かった反動が5月に出ているのかもしれない。
しかし、それならそろそろ打たれて過ぎているブルペンも調子が上がって来てもいいはずなのにね。


トライネン2

トライネンは今日も打たれた。
走者なしから1.0回を抑えるのはそんなに難しい話ではないのにね。
理論上では、防御率4.50の投手でも2試合に1点しか取られないはずだから、こう毎回毎回失点するのは異常だよね。
まあ、それだから防御率7.78なんだろうけどさ。

BABIP.455、LOB率64.7%とか本当に異常だよね。
FIP4.01、xFIP4.50だから本当はそこまで悪いはずではないんだけどね。
ただ、与四球率4.58で、カウントを悪くして甘い球を痛打されるのはあるからね。
球速もあるのに打たれまくるのはコマンドの問題が大きいのかもね。

それとやっぱりシンカーも悪いのかもね。
4シームと変わらない球速があって、変化は4シームよりも大きいんだから4シームよりもシンカーの方が打ちにくいはずなのだ。
しかし、私が調べた限りでは、4シームもシンカーも投げている投手はシンカーの方がずっと空振り率が低い傾向にある。
私は素人なので、技術的なことはわからないけど、何かの原因はあるのだと思うよ。

日本の野球ではやたら低めに集めることが投球の基本だといわれているけど、高低を使えない低め一辺倒の投球スタイルでは限界なのではないかと思うね。
この点は、マイナー落ちしているロスも同じことがいえるけどね。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=20&year=2017&game=gid_2017_05_20_wasmlb_atlmlb_1%2F&pitchSel=453286&prevGame=gid_2017_05_20_wasmlb_atlmlb_1%2F&prevDate=520&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490747


トレイ・ターナー

打線はターナーとワースのタイムリーによる2点だけ。
打線も湿りっ放しだ…。


イチロー2

今日のイチローは代打で出場して、1打数0安打だった。
今季の成績は、.160、1本、1打点だ。


今日はブレーブスもメッツも勝ったので、2位ブレーブスとの差は6.0、3位メッツとの差は6.5となった。
5月21日は私の誕生日だったのに、散々なトン常備になってしまった…。
明日はいいことがありますように!!


滝川クリステル384

【クリ様の一言】
今日で4連敗、本当に苦しい状態ですね…。
ストラスバーグ投手の好投でこの苦境を打破できるといいのですが…。

1
ゴンザレス

http://mlb.mlb.com/mlb/gameday/index.jsp?gid=2017_05_19_wasmlb_atlmlb_1&mode=classic

またこんな負け方をしたけど、ナショナルズに優秀とまではいわなくてもせめて並みのブルペンがあれば、アストロズを超えてメジャーリーグ最高勝率で突っ走っていただろう。
ゴンザレスは、ここまで表面上はいい防御率だけど、ここまで内容が非常に悪かった。
何とか抑えている間に立て直して、本来の投球ができるようにして欲しかった。

ところが、今日も5.2回を5三振、3四球、9安打、2本塁打、自責点4だった。
ゴンザレスは今季オフにFAになる。
ナショナルズに残留しようと思えば、今季は15勝、防御率3点台は必要だろう。
だから、本当に頑張ってもらいたいんだけどね。


ショーン・ケリー

ケリーは1.0回で3三振で自責点0だったけど、2四球、1安打でアップアップの内容だった。
もっと安心できる内容が求められるよね。


エニー・ロメロ

ロメロは最速101.95マイルという素晴らしい4シームを持っているけど、絶対的な変化球がない。
だから4シーム一本鎗になってしまうのだ。
100マイルの4シームとはいってもそれ一本で通用するほどメジャーリーグは甘くない。

ロジャー・クレメンスはスプリッター、ランディ・ジョンソンはスライダー、ペドロ・マルティネスはチェンジアップと一流といわれる速球投手はメジャーリーグでも最高級の変化球を持っているものなのだ。
そこまでいわないまでも、ある程度のクオリティーがある変化球を持っていれば、ロメロももっと素晴らしい投球ができるはずなのにね。

結局、4シームしかないから打たれてしまうんだよ。
それにいかつい容姿とは裏腹にちょっとハートが弱そうだね。


マット・ウィータース

今日はウィータースが4つも盗塁を許してしまった…。
今季は21回走られて4回しか刺してない。
盗塁阻止率はわずか19.0%に過ぎない。

この惨状を見ていたら、ヤンキースのポサダを思い出したよ。
ポサダも阻止率が良くなくて、2007年には年間102盗塁も許しているのだ。
さらにポサダは肩以外の守備も悪かった。
クレメンスはヤンキース以外では通算防御率も2点台なのに、ヤンキース時代は4点台だ。
私はポサダが悪かったからではないかと思っている。
事実、ランディ・ジョンソンもケビン・ブラウンもポサダと組もうとしなかったしね。

Twitterでは、今季のナショナルズの投手陣の不振はウィータースが原因と指摘している人もいる。
そう考えると攻守共に際立っていたラモスがだれだけ偉大な存在だったかわかるよね…。


【今日の投球】
http://www.brooksbaseball.net/pfxVB/pfx.php?month=5&day=19&year=2017&game=gid_2017_05_19_wasmlb_atlmlb_1%2F&pitchSel=461829&prevGame=gid_2017_05_19_wasmlb_atlmlb_1%2F&prevDate=519&league=mlb

【今日の動画】
http://m.mlb.com/video/?game_pk=490732


トレイ・ターナー

打線は2点を先制されたけど、3回表にターナーのタイムリーとブレーブスのエラー絡みで3‐2と逆転した。
しかし、その後はリードするたびにゴンザレスが追いつかれるストレスのたまる試合展開だった。
最後はロメロが打たれて、4‐7でナショナルズが負けた…。


イチロー2

今日のイチローは代打で出場し、1打数0安打だった。
今季の成績は、.163、1本、1打点となっている。


今日は2位のブレーブスに負けたので、ゲーム差は7.0となった。
メッツは勝ち、3位メッツとのゲーム差は7.5となっている。
終わったことをあれこれいっても仕方がないので、明日また頑張ろう!!
明日はいいことがありますように!!


滝川クリステル383

【クリ様の一言】
私もここまでブルペンがひどいとは思いませんでした。
さすがにそろそろ抜本的な対策を立てないといけないのかもしれないですね。

このページのトップヘ